5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

北方三国志・第十五幕

1 :趙雲子竜:2009/01/08(木) 20:52:27
休もう、張飛。スレッド住民がもたん。第十四幕が埋まるまで。

過去スレ
第十四幕 http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1215062337
第十三幕 http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1196766568
第十二幕 http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1166355601
第十一幕 http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1146230397
第十幕  http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1126047777
第九幕  http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1118023831/
第八幕  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1112550575/
第七幕  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1107877650/
第六幕  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1089045582/
第五幕  http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1076927988/
第四幕  http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1060961447/
第三幕  http://hobby.2ch.net/warhis/kako/1051/10518/1051803014.html
第二幕  http://curry.2ch.net/warhis/kako/1021/10215/1021526273.html
第一幕  http://curry.2ch.net/warhis/kako/1003/10032/1003229239.html


2 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/08(木) 21:21:30
そんな、兄者はいつもスレ立てが早いって叱るじゃねえか

3 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/08(木) 23:49:36
俺は

4 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/09(金) 07:40:54
よせ、男が一度決めた事なのだ

5 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/10(土) 00:55:18
習字の先生やってる婆ちゃんから北方三国志貰ったんだが直筆サイン入りだった。
今年の俺はついてる気がする。
http://imepita.jp/20090110/029820

6 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/12(月) 00:23:31
6。

7 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/14(水) 08:51:13
第十四幕が過去スレに堕ちたぞ。
>>1000盗り合戦じゃぁー!!」
とか言っていたどっかの足軽大将は討ち死にしたみたいだ。


8 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/14(水) 12:12:36
敗戦では無い

9 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/14(水) 16:51:42
堕ちたのは、スレだけではない。
男の誇りも、堕ちたのだ。

10 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/16(金) 13:07:57
>>1が考える以上にスレッド住民のテイタラクぶりは進んでいた。


11 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/17(土) 11:54:12
今年は東大紛争から40年でキューバ革命から50年で、それに関係した
テレビ番組をよくみる。
そうすると、去年NHKでみた北方水滸伝の番組を思い出す。

12 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/17(土) 12:51:55
>>1
「焦れるな。まったく」

13 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/17(土) 14:18:38
趙雲がそばに立って、そう言った。

14 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/17(土) 15:04:46
ていうか北三て「〜だけだ」って文末大杉

15 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/17(土) 15:23:46
「進発」
趙雲の声。月が、頭上の梢にかかっている。兵が、のろのろと腰をあげた。

16 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/17(土) 19:46:47
北謙ではないのか。思ったが、どうでもいいことだった。

17 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/18(日) 22:29:38
養老孟が、現実と仮想の区別がつかない若者がどうしようもない犯罪を
犯すようになった、と評論していた。
そもそも、何が現実といえるのか。9.11テロをみて映画かCGのように
感じた。また、アポロ月面着陸は現実だったのか。
つまるところ、自分自身に影響があるものが現実で、そうでないものが
仮想だ、と、言ってもいいだろう。
飛行機のエンジンに鳥が突っ込んで、川に墜ちたとか、
そんなことは、どうでもいいから、
ソープにでも行ってとびきりいい女のおっぱいを揉めばいいのである。

昨日、林冲が死んだ。扈三娘を助けて。
「女の命も救えない男に、俺をしないでくれ。」
小説を読むことで、自分の感受性が研がれる。価値観が変化する。
北方が描いた呂布、曹操、劉備、林冲、ケ飛、樊瑞。
学生時代、部活のトレーニングに音をあげて二週間で退部した奴
よりもむしろ、こうした男たちこそ、俺にとっては現実なのである。
句読点を多く含む文体の印刷物であろうとも。

18 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/18(日) 22:45:46
申し訳ありません、張飛将軍。私は、ほとんど字を知らないのです

19 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 02:02:35
草原が燃えていた

20 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 02:11:41
>>17の心は、もうソープでは、どうにもならないところまで、来ていた

21 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 07:23:59
水滸伝の登場人物の名前の漢字、>>18には難しくて読めんだろ。

22 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 14:43:00
>>21
ひどいこと言うなよ〜

23 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 18:36:40
15幕まできたのか・・
細々と続いてるもんだ

24 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 18:37:11
誰か、>>18に、読んで聞かせてやれ
頭は悪くは、ないのだ

25 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 19:04:27
二百の兵しか率いていない私に、軍議に出る資格はありません

26 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 19:16:00
林冲 リンチュウ
安道全 アンドウゼン
白勝 ハクショウ

ケ飛 トウヒ
孟康 モウコウ
楊林 ヨウリン

李袞 リコン
項充 コウジュウ
樊瑞 ハンズイ

燕順 エンジュン
王英 オウエイ
鄭天寿 チテンジュ

朱武 シュブ
楊春 ヨウシュン
陳達 チンタツ

男三人の友情っていいよな。


27 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 19:24:17
>>23
傍観ばかりせず、諸王の星、P-165あたりを読み返したらどうだ。

28 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 19:52:49
率いる兵200はいらないから、親友2人欲しい。

29 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 21:12:15
>>28
以前は一人の名も無きぼっちだった
それが、今では、200の名無しの一人
そう考えればいいではないですか

30 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 22:24:38
>>17
>つまるところ、自分自身に影響があるものが現実で、そうでないものが
>仮想だ、と、言ってもいいだろう。

どんだけ論理が飛躍してんだw
「つまるところ」ではなく、「思うに〜ではないか」だったら分かるが?
文章力ねえの?????wwwwwwwwwwwwwwwwwww

31 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/19(月) 23:32:23
>>30
爪を切ってくれぬか?

32 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/20(火) 02:58:36
>>30
器が小さい男は、大業を成せぬ

33 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/20(火) 05:04:33
離れたところから、策が率いる旗本を見てみたくて、先に行かせたのだ

34 :30:2009/01/20(火) 06:03:45
>>32
悔しいんすかw

35 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/20(火) 12:17:36
自分が失禁していることに、>>34はようやく気がついた。

36 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/20(火) 13:03:48
自分を映す鏡を心の中に持て。

37 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/20(火) 15:47:29
>>26

× チテンジュ
○ テイテンジュ

38 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/20(火) 20:00:29
趙雲「焦れるな。」
張飛「俺もだ。」

   一方

許褚は、慌てていない。慌てていれば、早い段階で馬を潰し、
そして追いつかれたはずだ。

趙雲張飛よりも許褚のほうが一枚上手ということを秘かに
示した対比なのだろうか。

39 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/20(火) 20:25:49
>>20 ソープでもどうにもならない状態になると、文章力が低下するわけか。
北方水滸伝第16巻の吉川晃司の解説みたいに。

40 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/20(火) 20:31:35
>>38
どうだろう。趙雲も張飛も外見は見せてなかったかもしれんし、許褚も内面は
焦ってたかも。そこで互角だったとしても劉備軍は曹操の頸を狙い、虎痴はい
ざとなれば自ら足止めをするつもりでいた。結果的にぎりぎり運を拾ったって
のでいいと思う。

41 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/21(水) 20:26:29
北方の文体はクセが多い。また、テレビ出演を見てきた者なら気
づいているだろうが、しゃべり言葉にも、様々な口癖がみられる。

「三国志演義というのは、説話の寄せ集め。小説。・・・小説、と、
言ってもいいでしょう。」

「曹操という人はマキャボラリスト、・・・マキャボラリスト、と、
言ってもいいでしょう。」

という表現がある。
三国志演義というものをどう評価するか、小説というものをどう定義
するか、そして、三国志演義が小説だと言い切れるか。人によって意見は
様々だろう。それでも、北方は熟慮した上で、>>30のようなどうでもいい
反論が出てこようとも、自分は三国志演義を小説の一つだと主張する。
そういう決意をも含めた表現だ。
まあ、NHK番組での語りと、宇梶やら吉川やらを相手に対談やってるときで、
またしゃべり言葉は違うけどな。


42 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/21(水) 20:33:59
宇梶は、大河の新撰組で西郷隆盛を演じた。
吉川は、大河の天地人で織田信長を演じる。
北方、なんかやれ。

43 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/21(水) 21:51:07
北方センセは普段はアクが強いけど話好きな普通のオッサンだよ
要するに変にカッコつけてるだけ、だ

44 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/21(水) 22:10:23
劉備 リュウビ
関羽 カンウ
張飛 チョウヒ

北方 キタカタ
宇梶 ウカジ
吉川 キッカワ

男三人の友情っていいよな。

45 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/22(木) 18:04:09
許チョはロボットです 製作者は曹操
試作一号機の典韋は人間ベースで作ったため酒で失敗しました


46 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/22(木) 18:12:16
許褚。虎痴と呼ばれている男。知っている者は、どこかに畏怖をこめ、
知らない者は軽い侮蔑をこめて、そう呼ぶ。寡黙で、怒りすらも表情
に出さない。それでも、怒った時は、なにも言わず眼の前の人間を両断
したりする。虎痴。曹操自身は、そう呼んだことはない。しかし、いい
呼び名ではないか。虎の痴は、裏切りを知らない。怯懦も知らない。虎
の強さを自覚することもない。ひたむきに、おのが生き方を貫こうと
するだけだ。

この許褚の描写も赤壁の追撃をかわす場面で出てきたのだった。
写経するって言ってたヤツ、進んでるんだろうか。

47 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/22(木) 19:57:05
曹操しか虎痴って呼ぶのを許されなかったんじゃないのか
だから我慢できなくなって斬られた奴もいる

48 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/22(木) 21:29:29
許 は自分の部下の親衛兵の調練はいつしてたんだろう?
24時間365日、曹操の警護してる感じだけど

49 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/23(金) 02:26:06
多分、25時間目に調練していたんだよ

50 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/23(金) 05:25:45
>>46
元日から始めた者だが、まだ一巻の半分にも達していない。

だが、必ず今月中に、一巻は書き上げるつもりだ。

51 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/23(金) 14:06:57
>>50
そのペースなら来年の1月末には全巻分完成するわけだ。
頑張れー。でも違法うpだけは勘弁なw

52 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/23(金) 14:20:52
前スレッドの写経君は昨年12月から始めてたっていってたけど。
>>50は別人さん?写経やってるの二人いるわけ?

53 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/23(金) 19:33:52
>>52
その通り

54 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/23(金) 19:54:09
>>51
何とかして年内に十三巻を書き上げたい

55 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/23(金) 20:37:03
オレも後追いだがやろう、と思う
しかし手元には7巻までしかない
やはり、これは諦めるしかない
そう思うと下を向くしかなかった

56 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/23(金) 23:32:51
砂塵遠く の時だったか、曹操が身を伏せていた際、孫子の兵法を編集
したりあれこれしていた。身の丈ほどの書物も読んだ、ともあった。
俺も本棚の一度読んだ本を縦積みにすると、身の丈を越える。
しかし、その9割の内容は忘れている、と、言ってもいいだろう。
忘れていても、潜在意識の中には生きていて、日々の行動選択・意志決定
に何気なく働いている、のではないだろうか。
「男には命をかけても守らねばならぬものがある。それが信義だと私は思っている。」
「何かに自分自身をかけてみたい。それが男というものだ。」
「戦わずして敗れた諸君と決別す。」
一度、4000ページにわたる北方三国志・全十三巻を完読したとはいえ、どこにどんな
場面があったか、再度確認して意識に留めたい。
俺は写経はせんが、何かそのための動きをとってみたい。

57 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 00:18:46
>>56
ふーんそれで?

58 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 09:23:49
一巻からでもどこからでも再読はしてみよう。

59 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 15:01:37
もう少し、赤壁後の追撃の話をしようではないか。
「虎痴、私を丞相と呼ぶな。」
「はい、丞相。」
こんなやりとりがあったのもこの場面である。
許褚の背に負われた曹操が夢をみる。
西園八校尉としてそばに袁紹がいた。二人とも何かに
慌てていた。洛陽である。
目覚めて思い出せたのはそれだけだった。

「私を丞相と呼ぶなと言ったはずだ。」
「まことに。」
「こんな時に戯れ言を言うか。」
「はい、殿。」
「お前が張飛と趙雲を止めるか。」
「はい。」
「死ぬな、虎痴。おまえが死ぬと私は虎痴と呼ぶものがいなくなる。」
「はい。」
「いいな、おまえの返事は短くて。」

60 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 15:20:34
>>59殿、私は

61 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 15:28:37
スレ違いだが、水滸伝を今日読み終えた。

ラスト、どう思った?

「替天行道」って実在するのか?そんなに人の心を揺るがす文章が。
孔明の「出師の表」を読んで涙しない者は人にあらず。なんて言われたが。

替天行道は、宋江が語り、魯智深が書留め、?譲が清書して、金大堅が彫り。
これを多くの者が読み、心揺るがせた、暗唱した者も少なくない。
国の在り方、人の生き方について触れたものだというが、具体的な中身の
表現については、最後まで書かれなかった。

そうすることで、神聖さをもたせたのか。が、ラストでは、宋江が読者の心を
揺るがす、国家観、人生観を語るべきだったのではないのか。
楊令が心の中に黒い怒りか恨みか、という物を抱きながらラストを迎えた。
楊令伝が続くからこれを読め。と、いうのが出版社や北方、一部の読者の
声かもしれないが、それは答えにならない。

まあ、俺も楊家将を読んだ後、楊令伝も読もうかと思っているがな。
そんなことはどうでもいい。

おまいら、ラスト、どう思った?


62 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 15:51:02
>>61
どうでもいい書き込みっすねw

63 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 16:00:43
>>61
スレ違いだと分かっているなら、最初から該当スレへ書け。

64 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 16:50:16
>>59
曹操は親しみを込めて殿って呼んでほしいんだよな。 そんなかわいらしいとこが曹操の魅力の一つだね
兵の健気さに心打たれる自分を律したり、 友達作るのを自ら禁じたり、自分の優しい部分を殺して生きたんだな。
でもやっぱり一人くらい(許ちょ)には素の自分を知ってほしかったのかもね。と言うより素の自分を出したかったのかな?



65 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 20:57:31
スレチですみません。
ちくま学術文庫から出ている正史三国志を読んだことある人いますか?井波さんとかが訳してる本です。
感想をお聞かせいただければと思ってます。

66 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 21:01:28
読んだ事あるよ 呉がひときわ面白かったです 笑えるって意味で
けど誤植とか多いらしいです
こんなモンでいいかな?

67 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/24(土) 22:32:04
旗を楊令に渡せてよかった。これで楊令伝に繋がる。

68 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/25(日) 02:04:39
>>63の器の小ささだけが浮き彫りになったのは、その日の深夜のことだった。

69 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/25(日) 02:13:57
>>66
孫権の酒乱伝説と孫権と張昭の喧嘩の話は聞いたことあるけど他にもあるの?

70 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/25(日) 03:34:50
>>68
悔しいんすかw

71 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/25(日) 05:14:05
誰か、>>70の首を刎ねよ

72 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/25(日) 09:37:56
>>69
虞翻もなかなかの気違いっぷりを発揮してる
他いろいろ 読んでみろ

73 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/25(日) 21:41:42
みなさん、ありがとうございます。
いたたまれず正史三国志買いました。
一巻(偽書@)と五巻(食書)です。
スレチすみませんでした。

74 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/26(月) 15:27:51
俺も一巻買ったけど失敗だったかなぁ…
曹操・董卓・猿紹以外は後回しにしたい人物ばっかりだ

75 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/26(月) 20:50:51
>>74
俺は全館持ってるけど、感想としては最初から最後まで読破する本ではないと思う。
掲示板でのネタとかゲームやってたりして、ふと気になったことを調べたりするときに諜報する。

76 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/26(月) 22:05:45
そうだね 人物図鑑みたいなモンだしな

77 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/26(月) 23:51:49
はあw
正史は原文?にあたるのもよいよ
高校で習った漢文の知識がいかせるよ

78 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/27(火) 02:11:59
写本と平行して正史の当該部分読みたいけど
12,600円も出して全巻一気買いする勇気がないw

79 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/27(火) 13:43:22
謙三の孫権嫌いは異常だ 天下統一の意思がない人間は三国時代には不要なのか

80 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/27(火) 14:39:07
不要といっても、それは結果論じゃね?
その下で飼い殺される陸遜や凌統のキャラが立って、物語的には○だと思うんだが。

81 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/27(火) 20:18:59
そもそもタイプの違う君主3人がたってんのが面白いんじゃあないか
権がいたから関羽や張飛の死が盛り上がる

82 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/27(火) 21:37:34
魏延の扱いがとてもGOOD!本当にうれしい。


83 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/29(木) 19:58:47
>>82
生粋の軍人っていいよねー

84 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/29(木) 21:37:26
孔融がまったく出てこない。ヒドス

85 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/29(木) 22:36:06
>>84
いらんやろ

86 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/29(木) 22:57:40
キチガイとしては虞翻のほうが出てきて欲しかったな

87 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/30(金) 16:28:13
でーこー

88 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 00:19:47
>>85
帝や袁紹や儒教に対する、曹操や荀ケとの考え方の違いを北方
視点で採り上げて欲しかった

89 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 00:21:12
清廉潔白な孔融が登場します

90 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 20:46:06
基地外を語るスレッドですか?

孔融と曹操か。
曹操が宦官の家系ということに横山三国志と吉川三国志は触れていなかった。
少なくとも詳しくは触れていなかった。北方三国志では曹操の峻烈さの源は
宦官の家系であるというコンプレックスだということで度々触れていた。
孔子は宦官を嫌い、同じ牛車にも乗らないほどに毛嫌いしていた。で、孔融は孔子
の血をひくというではないか。
ならば、曹操の孔融への毛嫌いぶりも見どころだったかもな。

91 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 21:04:59
正史三国志では虞翻の吉外ぶりがかかれているのか。誰か、kwsk。
横山三国志を読んで、張松のアホぶりには驚いた。曹操に面と向かって
孟徳新書をコケおろして、棒打ちをくらって追放された。曹操の悪玉ぶりが
表現された、というよりは張松の変わり者ぶりが目立った。
また、吉川三国志ではなんといっても、禰衡の吉外ぶりに愕然とした。
>>87も 禰衡のことをいっているのか? これは デーコー と読むのか?
講談社の吉川三国志では ネイコウ とふりがながついているが。
第三巻の「奇舌学人」p-297あたりから読むと、その吉外ぶりがわかる。
どの時代にも変わった人間はいるものなのだろうが、正史にこんな内容を
残す必要があったのか?演義で誇張されたのか?

92 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 21:25:32
しかし、三国一の吉外は、曹操ではないだろうか。
吉川三国志を読み進めると、小説として三国志のストーリーが語られるのは
馬岱が魏延の首を刎ねるところまでである。そのあとは、吉川が三国志を
論じ評している形となる。そのなかで、

一言でいえば、三国志は曹操に始まって孔明に終わる二大英傑の成敗争奪の
跡を叙したものといってもさしつかえない。
この二人を文芸的に観るならば、曹操は詩人であり、孔明は文豪といえると
思う。
痴や、愚や、狂に近い性格的欠点も多分に持っている英雄として、人間的な
面白さは、遥かに、孔明以上なものがある曹操・・・
(吉川三国志第八巻p-375)

とある。
痴・愚・狂、とはよく言ったものだ。確かに曹操はヤバイ奴だったに
ちがいない。

93 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 21:32:36
今日は1月31日だ。第一巻の写経はおわったのか。

94 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 22:02:39
虞翻は孫策の時代は片鱗はあったもののまだ大人しかったが
孫権の代になってからは自分の功績や学者としての名声を盾に気違いっぷりをいかんなくを発揮
いい加減にぶち切れた孫権に何度も殺されそうになったが最終的に左遷することで落ち着き
僻地にて生涯を終えるが死ぬ間際に自分の今までを反省し孫権も左遷した事を多いに嘆いた

95 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 23:27:26
>>93
眠らない限り、今日は終わらず、したがって今月も終わらない、と>>95は思うことにした。

96 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 23:31:11
いや、悪いけど寝ようが起きようが日付は変わるから

97 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 23:43:36
目標とは、夢とは、日付じゃなく、心の中にあるものなのだ。

98 :無名武将@お腹せっぷく:2009/01/31(土) 23:54:34
四の五の言わずにやれ。

99 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/01(日) 10:25:49
以上、爆笑問題のお二人でした〜

100 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/01(日) 21:04:32
>>92
そうだな。英雄ってのはどっかずれとる。良いほうにも悪いほうにも。
やばい奴は凡人には窺いしれん


101 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/02(月) 09:09:08
>>97が、手枷足枷牢獄の中で心中の夢を語っている自分の気付いたのは
二日後の朝のことだった。

102 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/02(月) 09:11:57
>>97が、手枷足枷牢獄の中で心中の夢を語っている自分の気付いたのは
二日後の朝のことだった。

103 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/02(月) 16:03:58
気にしはじめると、>>101-102はしつこいところがある。この男の
欠点は、これぐらいのもの・・・





・・・と言おうとして、言葉を飲み込んだ。

104 :97:2009/02/02(月) 23:16:16
いま、恥じております

105 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/03(火) 20:50:51
もうよい。
以後、軍議でこの話をすることを、禁ずる。

106 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/03(火) 22:24:01
殿、私は

107 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/03(火) 23:32:29
勃起しますたwwwwwwwwwwwwwwwwww

108 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/04(水) 06:32:13
>>107は、腐刑に処された。

109 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/05(木) 21:03:10
お前らは本当に話せるヤツらだ
そう思ったがうまく言えなかった

110 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/05(木) 21:07:51
この私は勃起しない、斬る、そう思い剣に手をかけようとしたが
>>108>>107を、殴り飛ばしていた。

111 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/05(木) 22:47:04
おまいら、アホかっ!?

112 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/05(木) 23:18:42
>>10が考える以上にスレッド住民のテイタラクぶりは進んでいた。

113 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/05(木) 23:21:21
天狼の星・洛陽内外2
董卓に狙われた曹操が洛陽を脱出する。
洛陽内の治安を守る執金吾として、丁原と、その下についた都尉の呂布が
ここで登場する。p-140からの呂布の生立ち。登場人物の生立ちは北方オリジナル
ストーリーが含まれ、史実かどうか戸惑う事も多い。しかし、そんなことは
どうでもいいから、ここは読み返すに値する。

十二歳の時に、戦に出て人を殺した。殺さなければ、生きて帰れなかった。
必ず生きて帰れ、と母に言われていたのだ。戦で死んではならぬ、とも母に
言われた。

母が喜ぶ顔を見たくて、文字を学び、何冊かの書物も読んだ。

母が死んだのは十四歳になろうとしていたころだ。泣きはしなかった。
泣くのは男ではない、というのも母の教えだった。

母が生まれた匈奴の山に死骸を埋めに行った。殺し合いをした匈奴の者
たちもいたが、誰も呂布に手を出さなかった。

いくら学問をしても喜ぶ母はいないので、呂布はそれからは戦のなかで
暮らしてきたようなものだった。


114 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/05(木) 23:27:02
砂漠生まれ、砂漠育ちの心に闇を持ったマザコン少年が、母の遺体を
砂漠に埋める。後に黒装束のツワモノとなり、養父を殺す。
ジョージ・ルーカスは北方三国志を読んで、アナーキン・スカイウォーカー
のキャラクターを決めた、としか思えない。

115 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/06(金) 00:54:18
諸侯参集
を、読み進めて面白い場面。・・・・・水関。
華雄が関羽に討たれる。史実と違う、やはり、北方三国志は演義ベースか。
と、思われる典型的場面。だが、そんなことはどうでもいい。

華雄に苦戦する連合軍。劉備が兵二百で出陣するという。失笑が起きる。
二百での出陣の成算を問われる。
「華雄を討ちとるだけなら。二百で出るなら、せいぜい五百六百で応じる
でしょう。ただ、背後に二万の孫堅軍が堅陣を敷いています。敵はそれを
無視できません。」
劉備がいう。
なるほど、この大耳野郎、と孫堅は思った。

俺はたまたま、今日、楊家将 を読んでいた。上巻p350あたりを。
宋軍・楊業の四男・延朗が北平寨を三千で固める。遼軍・耶律休哥が
二百で対する。ただ金秀の一万が背後で堅陣を敷く。

華雄は簡単に青竜偃月刀の錆になったが、耶律休哥の戦いは読みごたえ
がある。楊家将、立ち読みでもしてみては。
関羽に対する華雄の呆気なさはいかにも演義だが、孫堅の劉備を見る目
は注目に値する。
 この大耳野郎、胆が太すぎるのか、馬鹿なのか、それともたぐい稀な
英傑なのか。
「しかしこれは、二百だけで動いて効果のある作戦です。孫堅殿は堅陣
を組んでいるだけでいいのです。」
 にこりと笑って出ていく劉備の姿を、孫堅は腕を組んで見つめていた。

楊家将の、延朗対耶律休哥、おそらくこの場面は劉備軍・兵二百を意識した
北方オリジナルだろうよ。


116 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/06(金) 01:19:28
諸侯参集
P201
兵二百で華雄を討つ。酒と肉が届けられたのは、夜になってからだった。
曹操からで、自ら劉備の陣屋に足を運んできた。
二百人で飲みきれない酒で、曹操は劉備のなにかをはかろうとしているのかも
しれない。

p225
どう扱うか見たくて、大樽を五つも届けた自分が、浅ましもののように曹操には
思えた。

この二か所は見所だな。

   ・・・・・

そして、p238
「私は闘って負けた。そして諸君は、闘わずして負けたのだ。私は、闘わずして
負けた諸君に、決別を告げる。」

117 :56:2009/02/06(金) 01:26:06
写経でも、読み返しでも、励もうではないか。諸君。
けして、>>57のような、闘わずして負けゆく真の敗者には
ならぬよう。

118 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/06(金) 13:56:19
なるほど、この大口野郎!と、>>119も思った。

119 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/06(金) 18:10:01
なんと、馬鹿げた事を。
民のために、私は嘆きます。

120 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/06(金) 22:31:09
さらば、不孝の子よ。

121 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/07(土) 01:22:17
>>117
どんだけ悔しいんだお前さんはw

122 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/07(土) 05:15:16
もうよい。以後、軍議でこの話をすることを、禁ずる。

123 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/07(土) 11:45:31
だれも曹操だとは気付かない街
ご相伴にあずかりたい

124 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/07(土) 12:13:05
>>123 お前さんでは初めから誰も気づきません・・

125 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/07(土) 19:30:11
>>123
げらげらげらげらげらげらげらwwwwwwwwwwwwwwwwwww

126 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/08(日) 11:00:40
劉備は死後、昭烈帝と諡されたけどなんでかな?
一文字が慣習のような気がするけどショク漢と同じで遠慮もあったのかな?

127 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/08(日) 19:01:47
なんでだろ

128 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/08(日) 19:12:43
以上、テツ&トモのお二人でした。

129 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/08(日) 21:50:46
北方によって晴れの舞台に引き上げられた言葉

従者、校尉、調練、岩塩、営舎

130 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/08(日) 22:07:29
いっそ清々しい

131 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/08(日) 22:42:29
胡床(折り畳みの椅子)

132 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 03:19:06
輜重

133 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 09:03:47
帝の狗

134 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 13:25:43
てらてら

135 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 14:48:55
>>134
ワロタw
俺も「てらてら」書こうと思ってたよ。
あと一歩足りなかったw


   精鋭

136 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 17:07:42
居館、居室
他の小説ではあまり見なかった気がする


137 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 18:28:33
うつむいた

こんなに男たちがうつむく小説も珍しいんじゃまいかw

138 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 19:33:16
房事とか破瓜って言葉を覚えたのはこの本からであった

139 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 21:52:21
房厨術 腐刑

140 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 21:59:07
もっと苛め

141 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 22:09:16
饅頭と書いてmanntouと読む。魚肉の饅頭。
そもそも、野戦料理。

142 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 22:11:14
一頭の大きな獣
もう何匹いるんだと

143 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 22:15:55
営舎、幕舎、竹簡、枚、間者、斥候、周到、妓桜、禁軍、具足

144 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 22:19:29
具足って鎧のことか。
スネアテかと思っていた。

145 :石岐:2009/02/09(月) 22:22:14
浮屠

146 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 22:35:58
○ 房中術
× 房厨術

媚塢、媚術、厩、

147 :趙雲子龍:2009/02/09(月) 22:39:12
「進発。」

148 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/09(月) 23:20:02
てらてらは普通の日本語だろ

ずいっ てのがなんか好き

149 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 02:23:54
なにか別のもののように見えた


150 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 07:10:38
北方歴史小説読むと、無性に馬に乗りたくなってくる。


151 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 10:03:31
鍼うちてえ

152 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 11:41:35
>>149
その表現多いな

153 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 12:35:41
したたか

154 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 12:38:47
肌に粟が立つ ってのも多いね

155 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 13:24:18
読点も、多いな。

156 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 16:04:49
カタカナ使えないって製薬があるからな

157 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 16:51:11
良く知らんが平気でカタカナ使っている人もいるらしいな

158 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 17:00:19
キャスチングボードとかなw

159 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/10(火) 20:19:58
失禁

160 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 00:02:07
どうして南方三国志ってないのw

161 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 00:16:11
>>160
南方
淡路
十三

こんな狭い範囲で展開する話になるから

162 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 09:27:23
騎馬隊で揉みに揉む
ふと思ったんだけど、騎馬隊で揉みしだくって表現はなかったよね
これが「おっぱいを」だと揉みに揉むでも、揉みしだくでもおkだよね
なんで?国語の先生おしえてください><

163 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 12:02:14
北方スレなら、おっぱいではなく乳房といえ
乳房は揉むのではなく吸うものだ

国語の先生ではないけど真面目にレスすると
「しだく」には、「荒らす、蹂躙する、砕く、つぶす」といった意味があるらしい(広辞苑)
だから「騎馬隊で揉みしだく」がおかしいわけではないと思う
ただ、孫堅や孫策が「揉んで揉みしだく戦」とか言ったら笑ってしまう
そういうことなのだろう

164 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 12:30:07
>>163
ワロタw

165 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 13:52:23
麋竺「荒淫のはてに子はできません。今後は自重なさることです。」
国語の先生、荒淫ってどういう意味ですか?
保健の先生、どういうことですか?

166 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 14:09:02
>>163よ 乳を吸わせい

167 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 18:14:14
虎痴「はい、丞相」

168 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/11(水) 20:57:54
丞相「つまんね」

169 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/12(木) 01:49:22
>>165
爰京先生に聞いてみな

170 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/12(木) 08:27:32

        峻


171 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/12(木) 08:40:49
曹操は峻厳な武人の仮面を被っていた。
峻烈な生き方。
梁山泊の東側の急峻な崖。

172 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/15(日) 14:22:57
>>170-171のせいで流れがとまった
とてもめいわくだ

173 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 07:35:55
>>170-171
ロムってろなどとは言うまい。この場で、その首を打ち落としてやろうか。
このスレのためにやっていることだ、などということを私にいうなよ。

174 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 14:12:11
>>173
>ロムってろ

>>170-171にとっては、逝きながらノシ、もとい、
生きながらの死、でありましょうな。

175 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 21:05:48
もういいじゃないか。
北方作品を読むと人の死に恬淡と感じるようになった。
なんというか、悲しくない事は決してないんだが・・・

176 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 22:01:39
恬淡とかってハァーーーーーーーーーー?????
「不感症(ぎみ)」って言えば済むことなのに
難しい熟語使いたがりん坊将軍なんでちゅかあああああwwwwwwwwwwwwwwwww

177 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 22:05:58
>>176
お、おお・・・?確かに使い方は間違ってるが。
なんというかがんばれ

178 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 22:09:31
>>177
「お、おお・・・?確かに」とかってハァーーーーーーーーーー?????
文末の「?」の後には1マス空けるかまたは「。」を入れる、って常識っすよ
「なんというかがんばれ」とかってお前ががんばれよwwwwwwwwwwwwwwwwwww

179 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 22:11:38
もうよい。今後軍議でハァーーーーーーーーーー?????
を使うことを禁ずる

180 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 22:22:18
またお前かwww

181 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 22:43:29
なんだか呂布だけさ
死んだあと呂布殿とか呼ばれてるよな
曹操まで殿とかつけてさ
呂布の持ち上げ方が尋常じゃないよな


182 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/16(月) 23:33:39
「厖大」って漢字を覚えたw

183 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/18(水) 13:42:28
突然の就任要請に驚き、新規事業の育成に手腕 京セラ新社長
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/financial/223146/

>歴史小説が好きで最近、北方謙三の「三国志」を読み終えた。
>「困難に遭いながら夢を実現するところに男のロマンを感じる」という。

184 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/18(水) 17:35:18
幹部・社員の処断が凄まじくなりそうだ

185 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/18(水) 18:38:50
現場で過労死させないために死の調練だなw

186 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/18(水) 23:09:08
「社員は3日も休ませると使い物にならなくなるのだ」

187 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/19(木) 16:55:22
一人を生かすために百人を(ry ですね、わかります

188 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/19(木) 18:54:32
関羽が死ぬ直前に一回だけりょもう視点で書かれてるんだな
なんだかな〜

189 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/19(木) 20:38:59
>>186 はげしくわろた

190 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/19(木) 20:43:42
?の後ろに。を入れる
このような、常識は、日本にはない
「え?。なんで?」
このような日本語を、現代では、使うことはない

191 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/19(木) 21:01:29
>>190
はあw
「現代では、」ってところが逃げ道なんだねw

192 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/19(木) 21:55:32
マジレスするが、昨年出版されたすべての本を探してみたまえ
断言するが「?。」という表記は存在しない

193 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/19(木) 22:04:51
もうよい。
以後、軍議でこの話をすることを、禁ずる。

194 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/19(木) 22:16:59
何でそんなに必死なんすかw
「昨年出版されたすべての本」に「『?。』という表記が存在しない」からといって
それが常識ではない、ということにはならないと思いますがw

文末の「?」のあとに1マスあけるのは、符号が2つ続くとくどいから。
で、句点を略しているだけ。
でも、だからといって「?」に句点の役割を担わせているわけではない。
確かに「?。」はあまり目にすることはないが、間違いではない。
常識かどうかは知らん。これでいいだろw

195 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/20(金) 12:44:22
若造、老いぼれ


赤壁戦直前の、曹操の周瑜に対する感想。文庫版七の巻P74。
「勝ち急ぐことは、死に急ぐことでもある。いずれわかる、と曹操は自分に言い聞かせた。」
この部分、再読20回目くらいで初めて心に留まった。

曹操は敗れたけれども、長い目で見れば周瑜は赤壁戦で命を削り、早世の遠因となった
と言えよう。「いずれわかる」。曹操の慧眼を見事に伏線として記述してあった。

再読20回目くらいでやっと気づいたとは私の未熟だが、それだけ読み込んでもなお新たな
発見がある小説、とも言えよう。

196 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/20(金) 15:25:40
>>195
20回も読んだのか〜すごいなぁ 他の北方作品もそのくらい読んでるの?


197 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/20(金) 16:06:44
>>194の首は、飛んでいた。

198 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/20(金) 16:57:34
>>196
ありがとう
ごめん、おおげさだったかも。数えたわけじゃないから、
10回以上は読み返したなっていう実感を、20回くらいと
いう表現にしただけです。

他の作品は、「武王の門」と「破軍の星」はどちらも最低
10回は読み返した自信があります。

北方作品は、男の生き様と死に様がしっかり描かれて
いるから、何度でも再読に耐えられるのだろうなあ

199 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/20(金) 17:46:19
回数話便乗。自分は4回は読んだ
7巻あたりを拾い読みするつもりで読み進めて、13巻⇒1巻とループすることが多いw

200 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/20(金) 18:51:50
写経は十回分で良い?

201 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/21(土) 00:07:51
>>197
どんだけ悔しいんだお前さんはw

202 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/21(土) 00:52:34
>>198
おまえさんとはいい酒が飲めそうだ。
謙ちゃんの作品はどれ読んでもあんま変わらん。
男の生き様が格好良すぎる。

203 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/21(土) 01:03:45
>>195は、立派な校尉に育っていた。
将軍にするなら、まず>195だろう、と思った。

204 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/21(土) 20:23:57
貧相な身体の女と、痩せた女とは違うのだ
そんなこともわからんのか

205 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/21(土) 20:37:56
>>204
あのシーンで俺はワロタわ
じじいに女探させた挙げ句、気に入らないからって個人的な趣味を暴露する辺り
ハードボイルドってホント自分勝手だなって思ったw

206 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/21(土) 22:32:48
アレに対して「いやあ、私は女性の方はどうも」と苦笑いする文若の返しがいい
そのあとで「女なら」と程イクを勧めたのがまた笑える

207 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/22(日) 02:10:27
荀 はホント魅力的に描かれてる


208 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/22(日) 16:08:17
官渡の戦いで荀ケはどうやって兵糧を集めたのだろうか

209 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/22(日) 17:24:29
そりゃ毎日数千という商人と会って利を説いたに決まってる

210 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/22(日) 19:14:54
その考えはお捨て下さい。私が参ります。
の、くだりが好き
曹操も「まだなにも申しておらぬ」なんて言っちゃってさw


211 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/22(日) 22:23:32
魏配下で唯一曹操と対等だった男。かっこよす

212 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/23(月) 15:12:17
赤壁戦後に華容道を敗走している最中に、曹操が夢を見た
袁紹と一緒に何かに慌てていたという夢

これ、さりげなく花嫁泥棒の逸話に触れたんじゃなかろうか、と
思ったw だとしたら、さりげなさが憎いね北方のオサンw

213 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/23(月) 22:22:22
宦官皆頃しかとオモタ

214 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/23(月) 23:06:00
そうオモタ。
>>213 2/23 22:22:22

215 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/25(水) 11:03:11
一月に一冊を写すだけがこんなにキツいとは…
月刊キタカタなんて超人的だな、と改めて思った

216 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/25(水) 12:49:45
>>215 励め。
流浪果てなき

217 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/25(水) 18:37:33
男の生き様かっこいいな
もっと早く読みたかった

218 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/25(水) 23:41:20
野戦では兵糧を立って食べてる兵士がいたな
俺も外で食べる時は立って食べよう

219 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/26(木) 00:05:22
>>219
それよりも一日駆けていられる体力をつけるべき
死域は勿論体験したことないが、何で走ってるか分からんようになったこと
や、いつの間にかゴールしてたことはあったなー

220 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/26(木) 00:21:48
駆け続ける調練を行う兵士は、食事の時間も惜しんで駆けながら食事をしたという
そのため彼らが好んでいら料理は「かけそば」と呼ばれるようになった

太公望書林刊
『あなたにも出来る!中国拳法修行百科』より

221 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/26(木) 07:35:44
駈けながらかけそばなんて食ったら服に汁をひっかけちゃう

222 :無名武将@お腹せっぷく:2009/02/26(木) 09:27:41
>>220
呉竜府タン乙!

223 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/02(月) 03:57:12
>>222の笑顔には困ったものだ


224 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/02(月) 05:18:49
>>>222 は白い歯を見せて笑った

225 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/02(月) 16:51:39
意図的なのか、老人の描写が類型的だなw

皺に隠れて表情が読み取れなかったり、皺の間から目が
光るタイプ→程c、張昭、賈言羽

手の甲の黒い染みタイプ→張燕、張衛、趙雲

226 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/04(水) 11:12:30
黒い染みタイプは紫外線浴びまくってきたやつばかりだな

227 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/04(水) 14:13:00
>>225
ただの手抜きっぽいよな

228 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/06(金) 20:36:59
皺の間から目が光るってのがいまいち想像できん。
糸目みたいってことか?

229 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/07(土) 09:35:53
>>228
そこはさ漫画的表現なじゃないの
キュピーンって

230 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/07(土) 13:37:02
李姫好き
呂布の首に布巻くシーンはぐっときた

231 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/07(土) 19:53:10
>>229
メソ乙

232 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/09(月) 20:52:41
>>230李姫の場面はあそこで最後だよな。
PS2だと飛び降りてたけど、やっぱ自害してんのかねー


233 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/10(火) 12:38:04
>>232
PSにはそんな場面追加されてたのね 初耳

234 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/10(火) 20:00:01
>>233
追加いろいろあたぞー
張紹の娘だか孫だかが殺されるとか。原作じゃ何もなかったもんな。
いらん追加だと思ったが。

235 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/12(木) 21:00:59
劉備とビリンのバカップルぶりとか
蔡瑁と手下のマヌケな会話とか

236 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/15(日) 14:56:40
>>235
あったな
イラストもそれなりに雰囲気でてたけど・・・
呂布がいまいちでした。


237 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/22(日) 03:22:35
PSは声優は皆やたらと演技がうまいし
小説ではあっさりだった五丈原もしっかりやってたし
ラストがヘタレ馬超ではなく3兄弟だったのもGOOD

しかし呂布がママって叫ぶのだけは勘弁


238 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/22(日) 18:32:58
>>237ラストって三兄弟だっけ?PSでも馬超だったと思うが・・


239 :無名武将@お腹せっぷく:2009/03/23(月) 08:24:01
>>237
馬超のどこがヘタレだ(◎Д◎)ゴルァ

呂布もそんなこと言わない

240 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/03(金) 08:34:28


241 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/08(水) 02:34:35
誰もいないし精でも放つか

242 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/10(金) 00:13:41
口吸いで

243 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/10(金) 07:26:51
黒い一匹の獣
それが>>241の全軍であった

244 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/10(金) 15:10:12
「荊州」と「揚州」を書き間違えたり、「東荊州」と「西荊州」を逆に書いたり
(蜀が呉に荊州分割返上したあたり)とか、小さい誤記が、たくさんある


245 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/10(金) 21:45:11
趙雲という男は、並みの手練れではなかった。成玄固の方は、馬をよく扱う。多分、烏丸の出身だろう。
麋竺というのは、文官にしか見えなかった。

二巻で、曹操に負けて徐州に来た呂布が初対面の劉備の幕僚を評する場面である。
趙雲・麋竺についてはわかる。麋竺を文官として、ほとんど興味をもっていないのは呂布らしい。
問題は成玄固だ。

この場面は室内である。劉備たちが部屋に入ってきた、という文から明白である。
だとしたら、初対面の成玄固がどうして馬をよく扱うと知りえたのか。
可能性は次の三つである。

@成玄固の容貌や服装から漢民族ではなく烏丸だとわかった。騎馬民族であることから類推した。
A呂布は人を見た目、身のこなしなどから、馬がよく扱えるかどうかがわかる。
B成玄固は室内でも馬に乗っている。

@はありそうだが、そうだとすると文の順序がおかしい。
「成玄固はおそらく烏丸だろう。馬をよく扱うようだ」となるはずである。
Aはどうか。自分で兵士を選抜して精強な黒い騎馬隊をつくった呂布なら、できるかもしれない。
しかし、やはり文の流れ的に、断定口調は不自然である。
北方三国志なら「成玄固は馬をよく扱うだろう、と呂布は思った」とでもなりそうだ。

以上の考察から、B、即ち成玄固は室内でも馬に乗っていたのだと考えられる。
目の前で見事な馬術を見せられ、驚嘆する呂布の姿が想像できよう。
一巻でも孫堅が「人馬一体」について語っていたが、まさに成玄固は「人馬一体」なのだ。
さすがは烏丸、騎馬民族である。

異論は認める。

246 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/10(金) 22:18:05
肌に粟が立つ
>>245も、なかなか、やるではないか

247 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/10(金) 23:34:44
なんの話だ。魏公の話か?

248 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/11(土) 02:29:41
見事な男だ 心底そう思うことがある

249 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/11(土) 09:51:36
俺は、失禁していた

250 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/11(土) 09:58:41
深いな

251 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/11(土) 10:42:31
爪を切ってくれぬか。

252 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/11(土) 12:04:18
剣が閃く。>>251の、爪が切れたのは、剣を鞘に納めてからであった。
首も、飛んでいた。

253 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/17(金) 01:53:05
>>245
見事すぎて後が続かん

254 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/17(金) 03:18:53
張飛の騎馬隊とぶつからせてください

255 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/17(金) 18:24:43
それが>>254の最期の言葉であった

256 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/18(土) 00:44:51
焦れるな

257 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/20(月) 17:07:33
北方さんは演義は読んでいなかったらしい。
吉川三国志から演義をすっ飛ばして直接正史に入っちゃったとか。
もし演義を読んでたら孔明死後も書いてたのだろうか。

258 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/20(月) 18:00:18
いや、孔明が死んで終わる所に拘ってるようだからそれはないかも
けど読みたかったよなぁ

259 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/20(月) 23:37:21
誰か分かったら教えてくれ

街亭で馬ショクが山上に布陣して敗れた時なんだが、
・孔明の読みでは街亭でチョウコウ・シバイを10日足止め
・その間にチョウウンとギエンが合流して長安を陥落
という策が、バショクにより崩れたといっているけど、
実際はバショクの布陣を見る前に、シバイは長安急襲を察知して退却を始めてる
つまりバショクが街道を封鎖してても、シバイ10万が長安に戻り、長安攻略は不可
であって、バショクとは無関係、孔明とシバイの読み合いで負けたことが、敗戦の原因じゃね?

260 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/21(火) 00:53:15
>>259
正面からの対峙中に撤退すれば、敵に背後を見せることになる
だからこそ、まともに対峙することが重要だったんじゃないの?
俺はそう読んだんだけど

261 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/21(火) 00:55:05
あと後軍の司馬懿が長安奇襲に気が付いたのは、
前衛の張コウが街亭に布陣してからだったはず

262 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/21(火) 01:06:54
>>260
前と後ろに分かれて10万ずつだから、チョウコウだけでも街亭の兵力(+コウショウ)では突破は難
後方のシバイは後ろを気にせず退却できる、と思うんだよ

>>261
そうそう、でもバショクの布陣についてシバイが知るのは、長安奇襲に気づいて顔面蒼白で駆け込んできてから

263 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/21(火) 19:08:36
「いくら司馬懿が急いでも、間に合わなかったろう」って孔明が言ってたけど、
確かに本当に間に合わなかったのかどうかは疑問だ。
でも司馬懿も「間に合わぬかもしれぬ」って言うくらいだからギリギリの駆け引きだったんだろうな

264 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/22(水) 03:53:50
 馬ショクの敗退により、司馬懿に加えて張コウも長安に戻ってくることになった
 そうなりゃ趙雲・魏延ともども討たれて蜀軍総倒れ
 それはNGなんで長安攻めは無期限延期
という論点で、馬ショクが敗戦の責任を負った、ということなのかな
よくわからなくなってきたぜ

265 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/22(水) 18:33:43
騎馬3万で攻城兵器もなしで長安を落とすというのも難しいけど、
そこに10万が帰ってきたらもう不可能だろ

266 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/24(金) 12:05:57
「長安を落として曹叡を斬っても、戻ってきた司馬懿・張合βに包まれて
趙雲・魏延も全滅でダメだ」みたいな記述もあったな。

でも小国の蜀としては、敵国の皇帝を斬れるなら古参の将を犠牲にして
も敢行すべきだったとも思えた。魏は大混乱で収拾つかなくなる可能性
もあるしね。

いや、曹芳かはわからないが誰かを後継皇帝に建て、復讐の念で魏は
一丸になってしまうかな。そうなると趙雲・魏延を欠く蜀は、一気に危うく
なるか。。。

267 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/26(日) 01:07:26
長安周辺の豪族と涼州へ向かった馬岱のことも思い出してやれよおめーら

268 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/27(月) 03:50:28
忘 れ て ま し た

269 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/27(月) 20:10:30
実際問題皇帝を殺せないでしょ
長安を一気に落とすことはできるかもしれんが包囲なんて無理だし曹叡は逃げきれる。
赤壁の曹操や合肥の孫権、管渡の袁紹。
巨大な軍はいくらフルボッコにされたって大将を守りきるくらいできる。
あとはあなたの言うとおり司馬懿が帰ってきてあぼーん。よって意味なし。

山頂の馬謖さんですら生き延びたようにw大将は滅多に死にません。

270 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/27(月) 22:05:56
キョチョの頃の親衛隊ならなんとかするかもしれないけど、このころの親衛隊だと最前線で
鍛え抜かれたわけじゃないから、逃げ切るのは結構きつくないかな

それに上で挙げてるのは、大兵力が少数に敗れたケース
敗走する味方に紛れたり、主を守ろうとする味方が多数居る状態であって、
今回のように同数ないしはそれ以下というケースではないし

271 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/28(火) 15:23:50
>>270
いやいやいや。
遠征してきてヘロヘロの部隊がとにかく洛陽あたりまで逃げりゃいい部隊を捕まえるのは無理。
道中は魏の勢力圏だから馬を潰しながら逃げられるので赤壁での許チョの工夫なんて必要ないし。
しかも長安は本軍が入るま
で確保することすら厳しいほど余裕が無いんだから
大規模な追跡はできない。

272 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/28(火) 18:48:58
前線じゃないわけだから、すぐに戦時対応への切り替えができないんじゃないの?
兵士って言っても、常に出動態勢を整えているわけじゃないんだから
それに、わざわざ親征に来た皇帝が戦わずに撤退なんかしたら、士気ガタ落ちになるっしょ

273 :無名武将@お腹せっぷく:2009/04/29(水) 23:35:02
もうよい。
以後、軍議でこの話をすることを禁ずる。

274 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/04(月) 12:45:48
>>273
丞相、スレストッパーになってしまわれましたなw

275 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/04(月) 17:17:30
>>274の首を刎ねよ

276 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/05(火) 18:51:00
そう言った瞬間、>>275の首が胴から離れていた

277 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/07(木) 21:14:22
目を開いたまま、>>276は死んでいた。

278 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/08(金) 02:01:28
五丈原はここから遠い、と>>278はなんとなく考えていた。

279 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/08(金) 11:04:59
首がないまま、>>278の躰は馬に乗っていた

280 :274:2009/05/08(金) 12:29:55
老いぼれめは生き延びてしまいましたw

281 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/10(日) 13:06:46
進発

282 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/10(日) 21:38:47
>>281
282は、のろのろと立ち上がった。

283 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/11(月) 17:22:07
おい、おまえ

284 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/11(月) 22:26:23
なんだ、死んだのか

285 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/12(火) 00:03:13
しかしな

286 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/16(土) 19:20:10
超雲w

287 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/17(日) 15:18:04
なんだと

288 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/17(日) 21:34:16
なかなか

289 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/19(火) 18:43:15
よせ

290 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/19(火) 20:54:07
俺は

291 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/19(火) 21:21:08
そんな

292 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/19(火) 23:04:04
兵をまとめろ

293 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/19(火) 23:25:07
よし、突っ込め

294 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/20(水) 16:19:52
某三国志系ネトゲでユーザー名を『北方謙三』にしたんだけど
こういうのって見つかったら怒られるのかな?

295 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/20(水) 18:44:06
漢が一度決めた事だ

296 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/20(水) 21:32:35
そこまでカタコトな男達じゃないw

297 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/21(木) 00:03:53
そうだな、確かにそうだ

298 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/21(木) 12:22:23
とにかく、馬です

299 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/21(木) 23:14:40
言っても、仕方のないことだった。

300 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/21(木) 23:52:00
おい、それは

301 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/22(金) 01:50:02
>>300

302 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/23(土) 01:51:08
お待ちください丞相

303 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/23(土) 03:15:46
それ以上何か言おうとした>>302を、>>304は目で制した。

304 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/24(日) 19:05:16
もういい。わかった

305 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/24(日) 22:16:17
しかし

306 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/25(月) 00:33:05
くどい

307 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/25(月) 21:15:33
307は、うつむいた。

308 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/25(月) 22:32:40
しかし、>>307の目から、光は失われていない

309 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/27(水) 02:00:05
俺は、

310 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/27(水) 18:58:09
失禁しますた

311 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/27(水) 23:22:10
首をはねろ

312 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/29(金) 00:55:24
そう言おうとした言葉を、なんとか飲み込んだ。

313 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/30(土) 20:53:18
北方ガンダムを見たいと思うのは俺だけか?

314 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/30(土) 22:30:38
なんだと?

315 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/31(日) 18:41:52
なかなか

316 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/02(火) 00:25:39
ガンダム無双かよw

317 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/02(火) 12:26:38
もうよい。
以後、軍議でこの話をすることを禁ずる。

318 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/02(火) 17:48:08
俺は

319 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/02(火) 22:00:24
情欲が

320 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/03(水) 10:31:36
ふと張飛は、そう思った。

321 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/04(木) 00:15:07
肌に粟がたつ

322 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/04(木) 19:08:10
俺は呂布だ
そういうと後は相手にしなかった

323 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/05(金) 10:22:30
北方版で一番うつむいた回数多いのは誰だろうな

324 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/05(金) 18:04:02
覚えておけ、俺は、ロリだ
そういうと、誰にも相手にされなくなった

orz

325 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/05(金) 21:59:02
十歳の時、母から一冊のLOを与えられた。父のものだろうと思ったが、

それを読む喜びより、母からひとりの男と認められたことの方が嬉しかった。

LOを与えてからは、母は>>324をロリ殿と、性癖に殿をつけて呼んだ。

326 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/06(土) 11:29:13
降伏してくれ、ロリ殿

327 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/06(土) 13:07:29
私は、ロリである事を、恥じてはいない
いや、むしろ、恥じるべきでもない、と思っている

328 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/08(月) 12:34:14
「黙っていろとおっしゃられたので、言えません」
王安の小賢しさはいつ見ても笑える

329 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/11(木) 02:04:02
「申し訳ありません、将軍。私は、12歳以上ではヌけないのです」
「なんだと」

330 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/11(木) 18:21:13
董卓が呂布に女を贈ったのに気に入らなかった本当の理由がロリコンだったら嫌だな

331 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/11(木) 21:39:35
揉め、揉みあげろ

332 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/12(金) 02:48:02
おまえ

333 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/12(金) 12:26:44
恥ずかしくてな

334 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/12(金) 15:32:18
趙雲も上手いことやったよな
けど朱鳳って凄い名前だな
朱い鳳凰だろ?

335 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/14(日) 11:07:29
馬超には敵うまい


336 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/15(月) 22:22:26
なんだと?

337 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/16(火) 20:00:08
>>338は、うつむいた

338 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/16(火) 23:24:00
俺は

339 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/16(火) 23:43:30
精を放った。

340 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/17(水) 17:41:08
お前らは北方三国志で呂布以外だと誰が好きですか?
俺は張燕がいいな なかなかいい味出してるわ
張衛もなかなか良かったが最後の方で駄目になったな
最初は好青年つか典型的な軍人って感じだったのにさ

341 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/17(水) 22:10:50
俺はラストの張衛が好きだ 落ちぶれ感がよく出てると思う
その項のタイトル「山に抱かれし者」は秀逸すぎる

342 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/18(木) 13:47:17
張衛は落ちぶれるところまで描かれてこその張衛
なりゆきで袁琳を犯したあと「皇后としてふさわしい美貌」的なことを言っちゃうこととか
色々考えているようでほとんど自己弁護に向かってる感じが、袁紹と似てるかも

343 :342:2009/06/18(木) 13:51:22
あと、俺は王安と曹丕が好き
曹丕の死に、無意識に涙を流してしまった司馬懿も好きかな

344 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/18(木) 18:32:33
>>342
そういう解釈もあるが
最初は好青年だったのに落ちぶれると一気に落ちるトコまで落ちたのが悲しかったのだ

345 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/18(木) 19:03:23
それも、男の人生なのだ

346 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/18(木) 21:16:29
落ちるとこまで落ちたって言ったって、たかが婦女暴行じゃん。
強姦罪の人間と、そいつを私情で殺す奴ってどっちが悪いんだよ?
殺人よりレイプのほうが罪が重いわけ?

347 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/18(木) 21:23:28
戦乱の時代なのだ、>>346

348 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/18(木) 21:25:38
>>347 かまってくれてありがとう。いくらか安らかな気分になれた。おやすみ。

349 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/18(木) 22:36:02
レイプをした、という事が、どれほどの罪かどうかなど、どうでもいい事だ
志を失った、漢
それの悲しい末路を>>344は嘆いているのだ

350 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/18(木) 23:46:05
そんなことは、わかっているが

351 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/19(金) 08:53:57
おは、よう

352 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/19(金) 11:25:43
おい、おまえ

353 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/19(金) 13:41:13
私は

354 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/19(金) 15:51:46
土に還るわげがない

355 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/19(金) 16:33:57
あと、孔明に毛嫌いされながらも自分の戦いを貫く魏延も好きだー
「ただ劉備が好きで、それで戦っている」という趙雲の解釈がいい

356 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/24(水) 08:31:50
久々に、読んだ。
当時は思わなかった、孔明贔屓の酷さが鼻についた。
おそらく当時より曹操や司馬懿などを好きになっているからなのだろう。
どこか、苛立たしい。

357 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/24(水) 09:43:45
>>356
それも、北方版なのだ


358 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/25(木) 00:04:41
帝は暗愚でもよい     

この父の思想の結果が劉禅か

359 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/25(木) 20:48:57
お前は犬だ、帝の犬だ

360 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/25(木) 22:15:23
それで、いいのだ

361 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/26(金) 10:55:48
伝説になっている孔明

362 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/26(金) 12:25:30
塞ぎの虫

363 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/26(金) 17:31:18
曹操も、贔屓されている。

364 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/27(土) 00:24:34
曹操は、田舎の町のちょっとした金持ち、でいいのだ

365 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/27(土) 14:21:14
北方センセイが「ヤバイだろコイツは。漢だ。漢の中の漢だ」
と思った奴らは扱いが良い。孔明や呂布
逆に「なんだコイツは。陰険な、嫌な奴だ」
と思った奴らは扱いが悪い。司馬懿
   
だからだろう。後半はセンセイの寵愛を一身に受けた、孔明の、ワンサイドゲーム過ぎて、恐ろしくつまらない。
前半も呂布がいるが、対抗馬の曹操や関羽張飛など、様々な群雄が割拠してるから、とてつもなく、面白い。
夢が漠然としてるから、というのもあるのだ。と俺は思った。

366 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/27(土) 14:54:30
孔明のごとき小者、楊令殿の足元にも及ばぬ

367 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/27(土) 16:44:30
孔明や呂布は、どうでも良い
丁原や公ソンサンこそが魅力的なのだ。

368 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/28(日) 08:09:38
司馬いは扱い悪くなかったと思うけど。

369 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/28(日) 13:20:56
ションベン漏らしたりしたけどなw

370 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/29(月) 14:55:37
いいんだよ どMなんだから

371 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/29(月) 18:53:32
Mとかはともかく、戦えば、必ず負ける
みたいな司馬懿の内面描写は本当に気に入らないな。
北方先生はそういうつもりじゃなくても魏の脅威を全く感じられないから興醒めだった。
諸葛亮があれだけ慎重だったのは大敗するのを恐れてたからだろうし
この作者ならそういう葛藤も書いて欲しかった。
逆に若い諸葛亮が焦ってた描写なんかは凄く良かったと思う。


372 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/30(火) 00:25:26
>>371
俺の中では、呉と蜀を離間にかけて関羽を抹殺したのと
孟達の裏切りを予見してぶっ潰したことの2点があるから、
総合的な勝負で、司馬懿は孔明に勝ってると見たんだけど

あと、軍人として大敗を肯んずることを恐れた司馬懿が、
小さな負け全てを快感に置き換えてしまうようなマゾなのは
うまい設定だなあ、と思ってるよ。曹丕との関係性も含めて

終盤の孔明が超然としてたのは確かだけど

373 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/30(火) 14:14:15
最後はモチベーションも下がってたかもね
ただ「蜀にも勝てるかもしれない」と思わせるやり方は上手いと思った。
まあ、この三国志は暗い部屋で曹操や劉備が、バーボン飲みながら
オリジナルキャラや夏候惇と語り合うイメージしか無いけどw

374 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/30(火) 18:15:22
北方のとっつぁんの「傷だらけのマセラッティ」を読んだが
こたらでも獣と失禁
ハードボイルダーは、獣や失禁に憧れるものなのだろうか

375 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/30(火) 20:37:06
司馬懿はけっこう好きだったな
終盤では一番人間臭かったし
そのあたりは孔明との良い対比になってると思う
自分の栄達が第一、というのは主要人物の中ではあまりいなかった
それでも曹丕との関係や孔明へのライバル意識なんかもあって、
魅力的に書かれていると思うよ



ドMに共感したわけじゃないぞ

376 :無名武将@お腹せっぷく:2009/06/30(火) 23:32:56
仲達はともかく、カクの評価が最初は低かったのは納得いかなかったな。
まああくまで劉表視点なので劉表がカクを見抜けなかっただけかもしれないけど
「小さい戦場での話なら見えるが戦略面はまるでみえない男」
なんて評価をされたのにはびっくりした。
張遼なんかも扱い小さいし、魏武将の扱いは基本的にはイマイチな気がする呉に至っては周瑜くらいだし

377 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/01(水) 00:47:39
張遼は軽騎兵である程度活躍してなかったっけ?

378 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/01(水) 11:09:40
呂布の武将では一番ましだった
って扱いだね。まあ、あくまでちょい役。

379 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/01(水) 12:02:01
それより郭淮だろ。
戦下手とか、どこで資料を得たんだか。

380 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/01(水) 15:06:09
魏は北方三国志では
曹操という傑出した将軍がいて、他のそれぞれに優れた将軍がいるって世界観だからな。
蜀は関羽張飛趙雲それぞれが傑出した将軍として描かれてる。
正史準拠をあまり意識しないで読む方が楽しめるな。

381 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/02(木) 16:17:18
燕京は魔法使い

382 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/02(木) 16:27:33
もうよい
男が一度描いた、ハードボイルド小説なのだ

383 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 00:05:38
>>378
北方自身が、呂布と張飛をシッカリ描きたかったと申しておる

384 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 03:30:41
スレを、盛り上げたくて、煽りに煽った。


385 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 10:43:42
ハードボイルドであることは、美徳といってもよい

386 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 12:05:15
何度も読み返しているが、やっぱり袁リンは萌えキャラにしか思えない……
「いやだ、わたしは孟起と一緒にいる」

387 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 16:32:05
ゲーム的な三国志だよね
内政は「民政」コマンドひとつだけ。
総兵力も頻繁に出すからわかりやすいし面白い

388 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 21:10:13
あーんヨロイザード様が死んだ
フレイさまよいしょ本&ザードさまF.Cつくろーて思ってたのに
くすん非対称薄命だ

うっうっうひどいよおふえーん
この間「今時代はフィンガーフレアボムズだ」の葉書きを出してまだ2ヶ月じゃないですか
どーしてどーしてあれで終わり嘘でしょ
信じられないよおあんなDIEごときに殺られるなんて
でろりんと差がありすぎるわ生き還りますよねねね
泣いてやるぅ

私はあのおそろしく博打好きな彼が(たとえド戦闘狂でもさヘン)大好きだったんですよ
フレーザードさまあ死んじゃ嫌だあ
アバン先生のカバえ〜ん

389 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 21:39:14
酷すぎる誤爆本当にごめん

390 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 23:17:52
そう言った瞬間、>>389の首が胴から離れていた

391 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 23:26:42
氷炎将軍などと、煽てられていただけだったのだ

392 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 23:35:45
「空裂斬を、打たせていただきます」

393 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/03(金) 23:37:32
>>389が死んだ
兄であり、父と、思い定めていた。
ただ、嘆きが溢れた。

こんなことがあってよいのか
「この国のために>>389は何をしてきたのか」と、檄文を発したのは、わずか二月前の事である
なぜだ、ここで、終わるのか
にわかには、信じられぬ。あの>>389が、志の半ばで、散ったというのか
でろりん。ふいに思い浮かんだ。そういう別れもある。
>>393は、自分が泣いていることに気がついた。

>>389を好きだった自分に気がつき、束の間狼狽した。
死が終わりなのか。残された者は、嘆きを文に込めるしかないのか。
今日だけは、>>389を弔おう。明日からは、また誤爆を煽るかもしれないのだ。
その程度のことだった。

394 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/04(土) 11:45:55
「男には、やってはならぬことがあるのだ」
「なんなのだ、それは?」
「誤爆」
「おぬしの、誤爆とは?」
>>388

395 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/04(土) 18:30:18
「これが孫呉の誤爆だ、というような誤爆をしたい」

396 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/04(土) 21:16:40
もうよい、もうよいのだ、>>388
お前は、このスレには、過ぎた誤爆だった。

397 :388:2009/07/05(日) 00:05:52
俺は

398 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/05(日) 12:31:36
もうよい。
以後、軍議で>>388の話をすることを、禁ずる。

399 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/05(日) 21:29:55
しかし

400 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/05(日) 22:13:27
>>392を見て、声をあげて笑った

401 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 16:14:18
あまりに、惜しいと思うのです。
私は、この国のために

402 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 18:18:43
しかしな

403 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/09(木) 11:17:33
俺は

404 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/09(木) 21:43:17
したたかに精を放った

405 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/10(金) 18:19:41
張飛と関羽が出会った時の話で
張飛は仲間が岩塩を盗んだので役人に腕を切り落とされそうになったのを怒って
役所に怒鳴り込んで暴れてるってトコあったじゃん
んで関羽目線で「どう考えても理は張飛にあった」とかって書いてあるけど
どう考えても理は張飛にはねーだろって突っ込んだのは俺だけか?

406 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/10(金) 23:26:14
岩塩を貯めこんでる役所に、理は無いのだ

一掴みの塩を盗んだことなど、ささいなことなのだ

407 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/10(金) 23:28:52
岩塩を独占していた役所を、張飛が襲って暴れたのである。
(中略)ひと掴みの岩塩を家に持ち帰ろうとした友人が咎められ、
手を切り落とされそうになったのに怒って、役所に暴れ込んだのだ。

408 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/11(土) 05:40:54
たかが、塩である。
それも、わずかな量だ。
男の、腕をむざむざと、切り落とすほどの罪でない。

409 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/11(土) 16:03:34
「勝って驕るな、策よ」ほめる言葉を抑えて、孫堅はそう言ったのだった。離れたところから、策が率いる旗本を見てみたくて、先に行かせたのだ。
この場面いいね 堅パパの厳しくも優しい父親っぷりがうかがえる


410 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/11(土) 18:49:55
>>409
確かに誇らしい父の心情を表現したいい場面だよね。
でも護衛をつけずに1人で見守ったということ自体、パパ自身が
勝って驕ってるんじゃ・・・と突っ込みたくもなったが^^;

411 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/11(土) 19:08:10
そうでもせねば、孫堅が死なないのだ


412 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/13(月) 18:11:08
なに、馬が五千頭だと?

413 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 00:09:05
今更だがこのスレの序盤の流れ最高だな

414 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 00:22:45
400レス早く生まれていれば、>>413はそう思った

415 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 00:31:26
写経してる人どうしてるのかなw

416 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 15:24:55
あの方は悟りを開きました

417 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 19:16:30
フルチンで岩の上に座る→ワイルドに進化
した人は元気かな?

418 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/15(水) 05:37:52
オリジナルキャラクターは光栄三國志で能力つけるならどれくらいが適性かな?

419 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/15(水) 08:30:03
北方三国志をきっかけに北方さんのほかの作品も読むようになったんだけど、
それらの集大成って感じなんだね。よく言えば。


420 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/15(水) 16:12:38
>>418
陳礼が武力特化型になるのは間違いないな

421 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/15(水) 18:48:18
>>419
北方センセはハードボイルドばっか語られるけど
人生の悲しみとか若さ故のあせりなんかが分かるなかなか深いオッサンだよなぁ

422 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/15(水) 21:00:00
>>421
北方謙三は、元々はハードボイルド作家ではなかったというのだ。
三作目ほどから、ハードボイルドを意識し始めた男らしい。
なかなか

423 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/15(水) 22:07:41
諸葛亮やホウ統の焦り
張飛の優しさ
なんかは凄く良かったな。特に諸葛亮の呻き

424 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/16(木) 02:59:10
趙雲が死んでからの孔明もな
「すまんな孔明」が泣かせる 一人にしてしまうけど…魏を倒すのは不可能に近いけど… 戦い続けるのか孔明
その側にいられなくてすまんな孔明 志を一人に背負わせてしまってすまん

425 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/16(木) 11:51:49
対蜀戦の陸遜も良かった。
結果は知っててもハラハラしながら読んだ。
司馬懿には「諸葛亮より小さい」って評価されたけど立場的に仕方ないよな…。
孫権が天下を見てないんだからさ。

426 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/16(木) 12:00:17
>>424
さっき、ちょうどそこ読んだ
そこで啜り泣きしてる誰か=魏延と妄想して、ひとりでふるえた

427 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/16(木) 13:12:40
>>415
今、恥じております。

428 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/16(木) 14:37:44
>>427
顔を上げよ


429 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/16(木) 16:53:45
しかし

430 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/16(木) 17:42:48
魏延が裏切るくだりだけ短編ででも書いてくれねぇかな

431 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/16(木) 18:51:22
>>426
なんという一人上手wwwww

432 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 12:43:10
>>425
韓当もいい味出してるよな

433 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 13:10:54
孫権が老いぼれを死なせたくないと大事に思ってるのも良かったな。
あと馬謖を諸葛亮が大事に育ててる過程を描いてるのが良かった。
あれで「泣いて斬る」重みが伝わるし

434 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 13:43:10
書きこんでも、よろしいでしょうか?

435 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 13:44:56
ならん

436 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 16:15:19
このスレ最高(通りがかりの者です)

437 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 16:18:24
書きこんでも、よろしいでしょうか?

438 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 20:00:20
>>437は、うつむいた。


439 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 20:17:05
>>436
好きな場面教えてよ

440 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 20:30:36
蜀が兵が少ないのに魏呉と渡り合えたのは
兵士一人一人が厳しい訓練のもと鍛えられているから
って発送は北方オリジナルだよね

441 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 20:37:07
実際、厳しすぎる調練(苦笑)を行いすぎると次の日の朝、兵舎はガラガラになったりするんだけどな
みんな逃げて

442 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 22:48:34
だが俺は逃げたことはない
一度もな

って一之倉くんが言ってた

443 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 23:45:34
逃げたい者は逃げれば良いのだ。
志を抱いた兵は、逃げぬ。

444 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 08:42:59
逃げ出した兵は処刑するしかない
調練中の1人の死は、実戦で100人の兵を活かすことになるのだ

445 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 12:00:14
私が育てた兵なのだ。
それが、調練中に死ぬのが許せぬ。
調練中の死は、無駄死にだと、私は思う。

446 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 12:25:07
脈絡無く、カク昭の養子になった路輔について、語ろうではないか。

447 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 13:05:06
張紹だろ 妖怪とか言われてかわいそう
容姿が程イクとちょっとかぶる感じ

448 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 14:44:50
>>446
俺の文庫本もカク昭って書いてあるわ
明らかに間違いだと気付いてたけど、俺のだけじゃなかったのか…

てか誤植結構あるよね
どこかに「張飛と張衛は『西域』で戦った」って記述があったけど、明らかに西城の間違い
西域だったら涼州だろw

449 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 14:56:43
しかし、目の光は失われていた

450 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 15:30:42
袁紹と袁術が反対になってる箇所もあった

451 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 15:46:35
>>447
張昭な

荊州と揚州、東荊州と西荊州(関羽が統治している時期)なんかも
呉蜀があった

452 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 17:59:39
誤植って基本的に北方先生の間違いなのかな?
それとも打ち込んでるヤツの間違いかな

453 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 20:33:52
そら両方あるわ
あの字じゃ時々潰れて読めなかったりもしそう

454 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 20:35:11
これを機に先生もPCを覚えたらいいのにな
いまどき原稿用紙とか流行らないでしょ

455 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 21:45:02
パソコンが、役立つことはわかっていた。
しかし、なんとなく好きになれないのだ。

456 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 21:48:06
そういや「なんとなく」とか「気がする」みたいな曖昧な描写が多いね

457 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 21:56:49
曖昧なものは、曖昧なものとして表現しなければ、違和感を覚える。
いかにも法学部卒らしい、論理的な思考を持つ者の特徴だ。
と、私は思う。

458 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 22:11:26
描写など、そんなものなのだ

459 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 22:30:34
いや、ハードボイルドな癖に歯切れが悪いな、って思って

460 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/19(日) 00:46:16
そもそもハードボイルドってなんだよ?

461 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/19(日) 02:24:28
12巻で、諸葛亮が、劉備にお礼を言う場面は、何度読んでも泣ける。
俺も歩こう、走ろうと思えるのだ。

462 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/19(日) 03:47:37
>>461にお礼を言ってませんでしたね

463 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/19(日) 18:31:47
さっき13巻読み終えた(5〜6回目)
孔明死後の馬超エピソードの読後感は相変わらず秀逸
どーでもいいけど、もし馬超が将軍として壮絶な戦死を遂げたら、駿白は楊令と化すね

464 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/19(日) 21:44:48
>>463
すごい希代の戦略家すごい馬駿白殿が
匈奴の幻王として西晋を滅ぼすんですね

465 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/19(日) 23:26:24
>>464
そだな、親父から引継ぐ剣は良く切れそうだし

466 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/19(日) 23:29:55
>>465
建国の英雄(馬援)の名が云々となるんだな

467 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/20(月) 00:43:15
馬家将執筆か

468 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/20(月) 13:12:56
豊かさを競うっていう孫権の戦いも史実では負けだよな。
まあ作中の孫権の言動から負けっていうのはどうかと思うが

469 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/20(月) 13:51:33
>>418
三国志じゃないけど、すごい楊令殿は…

470 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/20(月) 14:18:30
>>469
統率115(20代前半の若さで梁山泊を率いて無敵)
武力120(吹毛剣でさらに+10)
知力108(希代の戦略家)
政治99(呉用にだけ僅かに劣る)
魅力999(虐殺も略奪も百八星が全面的に弁護してくれるほどの人望)

控えめに見てこれくらいが妥当かな

471 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/20(月) 14:36:06
>>465
剣で斬るのではない。腕で斬るのだ

472 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/20(月) 14:59:15
虎痴か、

473 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/20(月) 16:11:31
>>468
孫権は晩年に狂ってくからなぁ

474 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/22(水) 05:19:39
再度読んで陳宮が好きになった
徐州のために全てを投げ打ってるとこなんて本当応援したくなる

475 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/22(水) 14:48:48
>>467
ばかしょうw

476 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/22(水) 15:33:47
ここ最高。

異論は認める。

477 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/22(水) 15:42:54
>>476が、側面から突っ込んできた

478 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/22(水) 23:55:11
張遼が 言葉につまり うつむいた(謙三 心の俳句)

479 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/23(木) 13:41:33
おい、おまえ

480 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/23(木) 17:05:36
劉備玄徳ここにあり

481 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/23(木) 18:30:11
やっぱ無料のサイトはダメだわ。

482 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/25(土) 21:12:05
無料のサイトが、駄目なのではない。
志を失った。それが、駄目なのだ。

483 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/26(日) 13:49:17
わかっております。

484 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 11:46:27
馬が潰れた。

485 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 14:14:19
サラリーマンとして嫌になるとき、張衛の死に際を読み返す
絶えることのない兵糧を月給に置き換え己を鼓舞する

486 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 14:48:37
その鼓舞自体が死亡フラグであることに、>>485 は気付いていなかった

487 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 14:57:46
死亡フラグを立てる。悪いことではないのだ

488 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 15:47:52
なつくん・・・5/4手術成功、6/2退院。現地療養中。UCLA
大樹くん・・・4/2手術成功、5/25退院。現地療養中。コロンビア
川口さん・・・5/17手術成功、5/26退院。現地療養中。コロンビア
めいちゃん・・・2/19手術成功、4/8退院。現地療養中。コロンビア
天晴くん・・・1/9手術成功、1/27退院。現地療養中。コロンビア
ひろきくん・・・7/2手術成功。現地療養中。コロンビア
敬助くん・・・5/23手術成功、退院。現地療養中。
バードユーンハウゼン心臓病センター

489 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 19:56:56
986 名前:名無しになりきれ :2009/07/27(月) 19:50:04 0
三戦を潰せ


987 名前:名無しになりきれ :2009/07/27(月) 19:52:07 O
八戸とととのえは同類の荒らし
二人共三戦だし三戦にかえれ


三戦のスレ、2〜3つぶさせてもらう
八戸をなな板に寄こして無双スレを潰させた基地外どもに粘着させてもらう

490 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 21:01:38
ある酒場で、女たちに、銭を払った
揉みに揉む
これが袁紹殿の戦だ!と言わんがばかりに揉む
友人が、感極まって叫んだ
「乳を吸わせい」
その合図に即座に応じ、薄いカーテンを背後に女たちは胸部を露に、した
さらに三万ほど使うとわかめ酒なる美酒が振る舞われた
もうすでに二人でわずかな時間に三万ほど使ってるにも関わらず、だ
「はーい。おいちいでちゅかー。いーっぱい飲んでくだちゃいねー」
さらに三万ほど使うとカクテルを口移しで飲まされた
「上手にごっくんできまちゅかーwwww上手でちゅねー よちよち」
さらに三万ほどの兵を投入すると女の谷間に酒を注がれそれを飲まされたのだ

これがおっぱぶの戦のすべてだった
友人「おっぱぶもなかなかやるではないか(ニヤリ」

ボーナスはすべて、燃えていた

491 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 21:24:50
それも男なのだ、という気がする

492 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 22:05:57
490の口元が乳でてらてらと光っていた

493 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/28(火) 12:58:25
情欲が収まらない

494 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/29(水) 17:51:57
燐はいい女

495 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/29(水) 18:29:47
クソルトは腐女子だからホモにはならない

496 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/30(木) 00:49:44
もうよい。以後、軍議でこの話をすることを禁ずる。

497 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/30(木) 09:47:09
鮭が火病を起こしてたのかw
鮭の特徴
他人のレスに理不尽にケチをつけるだけでなんら根拠も実例も具体的数値も何も出せない。

498 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/30(木) 10:01:56
糞イタ三戦

499 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/30(木) 10:15:29
荒らすな基地外

500 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/30(木) 19:29:40
瓜を食べた


501 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/30(木) 19:47:53
やめろ、張飛 この人が決めた事だ

502 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 10:36:30
北方のジュンイクは
知力100 統率100 魅力96といったところかな。
カクカより評価高いだろう。
孔明でも知力97 統率95 魅力96かな。

503 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 12:14:32
人を数値で測るなど、できることではなかった

504 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 15:13:44
今、恥じております

505 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 17:30:05
688 名前:無名武将@お腹せっぷく :2009/07/31(金) 14:38:20
なりきり遊びに実を求めるのは野暮だよな


689 名前:ゼロセンチ ◆0cm5bEPo3u.2 :2009/07/31(金) 15:25:08
戦国なりきりスレで足利義栄が貸すみたいなキャラだったとして、
実際の歴史でも足利義栄が貸す武将扱いされるか?

それと同じことだ
たとえなりきり議会でゼロ議席でも、自治新党は燦然と輝いているではないか


690 名前:無名武将@お腹せっぷく :2009/07/31(金) 16:26:47
なりきりとはさながら湖面の月

湖面に移る月は波立ち、歪み、茫洋としているが
それでも月の鏡写しなのは間違いない事実

空に浮かぶ月の光が弱まれば
水面の輝きも同じく曇るのは道理だな


506 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 17:36:56
フェラできないとか、ゴックンできない彼女だったらやっぱり嫌だな
自分の事を受け入れてくれてない、拒絶されてる感じがする


507 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 18:30:12
斬ってやろうか

508 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 19:00:41
>>506の心は既にソープではどうにもならない所まできていた

509 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 22:18:48
忽那汐里ちゃんって、北方さんの「武王の門」に出てきた忽那水軍
の末裔?

510 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 22:27:58
違うっしょ

511 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 00:06:39
腰抜けが

512 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 00:08:46
自分のことを言ったのか、>>511

513 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 00:34:02
俺は

514 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 01:44:32
腰抜けと聞こえたな
老いぼれて耳が遠くなった私にも、はっきり聞こえた
自分のことを言っているのかと思ったぜ

515 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 04:00:18
私は

516 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 12:24:13
やめろ、>>515

517 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 17:44:27
おまえは、所詮は追い詰められて、二度も逃げ出した男なのだ

518 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 18:06:43
韓当かっこよす

519 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 18:28:21
22 名前:クマッタ@三戦板天皇 ◆6heAgF.FgWp2 :2009/08/01(土) 18:08:19
どーせNG入れたとか言って見てるんでしょ?^^

バレバレだから^^


23 名前:無名武将@お腹せっぷく :2009/08/01(土) 18:17:36
クマッタも人のこと罵る前になんかやれよ…


24 名前:クマッタ@三戦板天皇 ◆6heAgF.FgWp2 :2009/08/01(土) 18:19:48
少なくともこんなオナニースレでやる気にはならないなぁ^^

だってキモいじゃん
折角なんか面白そうな事書いてもキモ臣みたいのが来たら一瞬で興醒め


25 名前:無名武将@お腹せっぷく :2009/08/01(土) 18:22:33
誰もここでやれなんかいってない


26 名前:無名武将@お腹せっぷく :2009/08/01(土) 18:23:42
…クマッタって自分が面白そうなことが書けると思ってたのか。なるほど


27 名前:クマッタ@三戦板天皇 ◆6heAgF.FgWp2 :2009/08/01(土) 18:24:17
んまあ

そのうちな^^
とりあえずここで煽ってるより面白そうなスレが立ったら行ってみるわ

520 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 19:08:16
野戦豚料理の話で孔明が馬忠の分まで食おうとして
「肉は一切れにしてください!」
と怒られる場面でワロス

521 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 22:01:24
そのあとの孔明の「これはうまい」で
毎回カトキチのCMを思い出すんだが

522 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/02(日) 11:27:21
テーレッテレー

523 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/02(日) 14:46:26
野戦料理はホントにうまそうだよね 最後の米はおこわみたいな感じなのかな

524 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/02(日) 19:03:45
豚が無いから猪を代わりに使った牛志に泣けた。

525 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/02(日) 19:23:21
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
北方謙三中国史・単行本派スレ 第一章 [一般書籍]
三国志8・[ Part13 [歴史ゲーム]
水橋かおりってみんな知ってる? Part57 [声優個人]
≡WILD ARMS(ワイルドアームズ)統合スレ≡315th [家ゲーRPG]
\部屋をキレイにすると金回りがよくなる$ 12部屋目 [生活全般

526 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/02(日) 21:38:13
>>520
怒られたわけじゃないんじゃないか

527 :520:2009/08/02(日) 21:54:19
>>526
単行本では修正されたが、
孔明は馬忠を羽箋で殴ったらしい。
後に馬忠が南方に飛ばされるのもこのときの
肉事件が発端らしく、蜀ではこの日が229年2月9日だったから
「二・肉肉事件」と言われているとかいないとか・・・。

528 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/02(日) 22:03:30
首をはねろ

529 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/02(日) 22:17:05
諸葛亮が攻めてくると、いつも風呂敷を背中に乗せて
逃げ出そうとする仲達にワロス。

530 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 15:28:57
北海道大学=北大=ホクダイ
だと思ってた

読み方
違うのかな


ところでブログやってる三戦住人の方々、リンク貼りたいのでご協力お願いします
今のところ中山さんと宇喜多さんのブログがわかりません


あとやってる方私のブログコメント欄にでも申請宜しくお願い致します


531 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 16:11:51
つまらない男だった

532 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 16:42:45
もうよい・・・

533 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 20:46:04
張飛って理想の夫だわ

534 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 00:17:11
>>533は陰毛を、内腿に届くまで伸ばし始めた。

535 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 13:33:42
しかしな

536 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 17:52:11
我々は義勇軍であるw

537 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 17:54:09
慈悲をもって私の首をお刎ねください

538 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 19:25:25
男とはなんなのか、>>537が教えてくれたのですよ

539 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 20:15:55
作者は孫権より孫策が好きと見た

540 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 20:20:24
謙ちゃんは孫権が嫌いなんです

541 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 20:44:34
鍼を、打たせていただきます。

542 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/04(火) 23:10:02
>>541、誰に向かって言っているのか、わかっているであろうな

543 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 01:37:23
俺も、鍼を打ってもらいたい。
三国無双のやり過ぎで、肩凝りがひどいのだ。

544 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 04:01:52
>>543
まだ、躰が鍼を求めておりません

545 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:04:02
戦では、>>543のような者から死んでいくのだ

546 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:27:21
「激・無双乱舞を、打たせていただきます」

547 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:59:13
もうよい。
以後、軍議で無双乱舞することを、禁ずる。

548 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 14:30:56
しかし

549 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 15:38:36
ttp://www.kadokawaharuki.co.jp/topics/topics.php?no=167

北方謙三先生サイン会のお知らせ

日時 8月20日(木)
   午後6時半〜午後7時半
場所 紀伊國屋書店 新宿本店

紀伊國屋書店 新宿本店にて、『史記 武帝紀 二』をお買い上げのお客様先着100名様に整理券を配布しております。(なくなり次第終了)
お問い合わせ:03-3354-0131(紀伊國屋書店 新宿本店)

550 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 17:50:56
紀伊国屋もなかなか、やるではないか

551 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 18:47:49
マジレスすると、臭い子にはやっぱやりたくないし、積極的にクンニはできない。例え彼女でもね。
臭くないなら彼女じゃない子にもできるし、むしろクンニは好きなほうだよ。
だから彼氏がしないのは臭いんだとおもう。

552 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 20:53:33
しかしな、

553 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 23:34:54
買うべきだと思います。しかし、一巻すら持っていないのですよ

554 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/06(木) 15:32:31
王安の最期でまた泣いてしまった 何回読んでも感動する

555 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/06(木) 16:42:57
もののふは、死んでゆく

556 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/06(木) 17:04:54
尹貞こそ最強キャラ

557 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/06(木) 20:23:37
俺は彼女の耳を噛みながら射精するのが良いな。
彼女もそう云ってる。
前は安全日の中だしの時、彼女の子宮に熱い精液がドドツとぶつかるらしくて、これが快感らしい。
だから今は彼女、ピルで避妊してるよ。
結婚前なのに、生理痛とかって云ってピルを処方してもらうらしい。

558 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/06(木) 21:34:19
孤独な男なのだ

559 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/06(木) 21:39:58
女を愛するという感情が理解できなかった
っていうのがあるのは水滸伝だったかな
まさにその心境で、ある

560 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/07(金) 17:58:55
冷蔵庫を開けた。
兵糧が、尽きかけていた。
冷蔵庫の開け閉めは、必ず自分が立ち会うようにした。不正は、絶対に許されないのだ。

561 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/07(金) 19:08:56
あってはならないことだった

562 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/07(金) 19:20:56
自首してくれ、のりぴー殿

563 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/07(金) 19:59:03
そうそう

564 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/07(金) 22:36:51
>>563
もう一度、言ってみろ。
貴様の首を、引っこ抜いてやる。

565 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/07(金) 22:47:46
やめろ、曹操。男には、守らなければならないものがあるのだ

566 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/07(金) 23:11:39
なんなのだ、それは

567 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/08(土) 00:20:00
誇り

568 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/08(土) 14:54:31
そんなものはなかった。しかし、あったのかもしれない、という気もする

569 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/08(土) 15:09:27
このスレ、レベル高ぇな
そう思うと、黙って下を向くしかなかった。

570 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/08(土) 19:48:26
顔をあげると、兵たちは消えていた


571 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/08(土) 20:02:29
>>569の膝が、また小刻みに動きはじめていた。

572 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/09(日) 09:29:22
フェラしたあとだって射精してなきゃ微量の我慢汁だけだからね。
俺なんか口で息が出来ないほど唇を押し付けて、唾を出しながら舌をおもいっきり絡めるよ。
もう舌もSEXしてるといっていいくらいにね。
そんなふうにしながら奥の方を腰を回しながら突くのが好きだ。

573 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/09(日) 10:10:27
もはやスレ違いなどという問題ではなかった

574 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/09(日) 14:05:22
つまらぬ餌が多い
だから鼠も増えた

575 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/09(日) 14:49:34
なるほど

576 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/09(日) 17:27:40
>>574は、立派な校尉に育っていた。

577 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/09(日) 18:24:28
首でも取ってやろうか、と呂布は思った。

578 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/10(月) 17:09:23
整理券を頂いた。まだ残っていたのだ。天にむかって一度雄叫びをあげた。

579 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/10(月) 17:25:30
店員が、腰を抜かしていた

580 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/10(月) 17:44:13
店員から、尿の臭いがした。
失禁したのだろう。

581 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/11(火) 17:44:03
9 :地震加藤 ◆FrXDiWo3Yg :2009/08/11(火) 17:25:48
下らん、潰す


10 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/11(火) 17:26:30
下らん、潰す


11 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/11(火) 17:27:17
下らん、潰す


12 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/11(火) 17:28:10
下らん、潰す


13 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/11(火) 17:30:25
下らん、潰す


14 :地震加藤 ◆FrXDiWo3Yg :2009/08/11(火) 17:31:07
下らん、潰す

582 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 11:25:02
進発

583 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 11:37:22
停止

584 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 11:41:14
馬が、潰れかかっていた。

585 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 11:51:26
とにかく、馬です

586 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 12:13:58
なんともいえぬ、いい味がするのですよ

587 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 12:20:30
肉は一切れにしてください

588 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 12:35:11
男が、一度決めたことなのだ。

589 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 12:52:14
不味いなどと抜かしたら、その首を飛ばしてやるぞ

590 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 16:47:04
盆休みなのに墓参りぐらいしか、やる事がない
そう思うと下を向くしかなかった

591 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 17:29:11
盆には、コミケがある。
全国から来た数十万の人間が、一同に集結するのだ。
天下に名を轟かせるには、絶好の機会だった。

592 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 19:51:59
趙雲が、コミケ会場に向かった。
そう報告があったのは、夕刻のことだった。

593 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/12(水) 20:10:39
コミケに参加するなど、肯んずることができなかった。

虎穴に向かっただけで、肌に粟が生じるのだ。

594 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 11:44:44
コミケに、行かせて下さい。

595 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 16:45:56
もうよい。
以後、軍議でサークルチェックすることを、禁ずる。

596 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 16:47:49
なにがサークルチェックだ
>>597は汚い歯をむき出しにして笑った

597 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 17:02:11
      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  シシシシシシシシッ
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄


598 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 17:17:03
>>597
なにこれ かわいい・・

599 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 18:11:11
かわいいなどと、言われたくはなかった

600 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 18:21:38
そう言って>>599は少しうつむいた
もしかして、照れているのか?

601 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 18:54:40
俺は

602 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 20:20:18
なんだ言ってみろ
二度とコミケなどと言えなくしてやる

603 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 20:37:37
軍人が輿車に乗りたがらないのと同様
ハードボイルドファンがコミケとは
いただけんな。

604 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 21:52:24
腐れ者の間では、男同士の房事が人気だそうだ。

605 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 22:07:39
おい、それは

606 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/13(木) 22:17:37
棒が無くても房事か。

607 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/14(金) 00:52:09
大きく、なられましたな


608 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/14(金) 14:22:17


609 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/14(金) 23:35:54


610 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/15(土) 00:07:08
首を

611 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/15(土) 09:36:11
ハルキ文庫版四の巻P114

「おまえの、やわな鍛え方で、どれほど強くなるか、見物していよう」

いくら、句点、好き、でも、酷、す、ぎ、w、w、w、w、w

まあ真面目な話、最初の2つの句点は、文節の区切りが平仮名の
連続になるから、文章を見やすくするために入れたとしても、最後
の句点は不要では、ないか?」

612 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/15(土) 09:41:56
カス武将を「せいぜい○○人の兵を指揮する程度の部将」的な
例え方するけど、それからいくと・・・

蔡瑁=麋芳(せいぜい500人指揮できる程度)<朱霊(@せいぜい1000
A数千の兵なら任せられるというところがある)<劉岱・王忠(1、2万の
兵をそつなく統率できる程度)

ってなるw、w、w、w、w
劉岱・王忠すごスw、w、w、w、w

613 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/15(土) 12:07:03
>>611
読点、ではないのか?

どうでもいいが、柴錬は、さらに、読点が多い。

614 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/15(土) 12:32:52
読点を、打たせて下さい。


615 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/15(土) 13:39:23
ならぬ

616 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/15(土) 14:21:55
しかし、私は

617 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/15(土) 21:13:42
打つな、と言っているのだ、>>616

618 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/16(日) 00:42:20
私が、「と」を読点で挟みたい衝動に、しばしば襲われるのは、北方先生のせいだ、と、私は思う。

619 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/17(月) 21:07:12
斬る。このような戯言を口にする者を、生かしておいてはならないのだ。

620 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/17(月) 22:23:04
日常でも読点を多用したくなる自分を、叱咤した。

621 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/17(月) 23:32:50
本屋で目的の本が見つからないとき、
思わず左手はコントロール+Fを、指差していた

622 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/18(火) 09:57:08
また>>621だった。呂布はもう一度笑いかけた。
こんなふうな時期が、自分にもあった。
ただ、そのころは瑶がいて、いつもたしなめたものだ。

623 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/18(火) 13:47:55
鍼を打たせて頂きます

624 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/18(火) 13:51:35
やめろ

625 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/18(火) 15:22:33
身体が、針を求めております。

626 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/18(火) 20:38:13
しばらく、一人房事を控えていただけませんか?

627 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/18(火) 20:58:01
「つまり、オナニー、するな、ということ、でござるな?」
馬岱には、言う、必要の、ないことを、言う、癖があった。

628 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/18(火) 21:34:35
オナニーとはなんだ?
そう言いかかったのを必死にこらえた
文脈からしてなんとなく分かったのだ

629 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/18(火) 21:55:41
北方三国志は、登場人物が少ない
そう言い掛けて、

630 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/19(水) 00:23:22
精を放った。

631 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/19(水) 00:26:35
来い。その首を飛ばしてやる。

632 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/19(水) 02:03:49
それを赤兎にも見せたかった

633 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/19(水) 12:00:22
しかし、赤兎は老いていた

634 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/19(水) 14:31:01
俺も、赤兎と友になりたい

635 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/19(水) 22:32:22
>>634が流れるような血を吐いたのは、その日の夕刻だった。

636 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/20(木) 01:47:32
サイン会。悪いものではなかった。心に触れることができる。そんな気がするのだ。

637 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/20(木) 11:15:42
多分、>>636を失望させることはないだろうと思う。

638 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/20(木) 12:34:38
サイン会に行くべきか、どうか。
悩みで、眠ることなどできなかった。夜明け頃に、うとうとしただけだ。
しかし、悩む必要などなかった。
当日は平日で、通常の出勤日だったのである。

639 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/20(木) 14:01:57
北方先生は意外と声が高いんだよな。
TVで初めて声を聞いて驚いた。

640 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/20(木) 18:47:35
話してる事も普通の気のいいオッサンって感じだしな

641 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/20(木) 20:27:44
このまま、迷ったままでいいのか。これが男の生き方なのか。
>>638は低い声で呟き、竹簡(竹に書いた手紙)を認めはじめた。
私用のため、有給を使う。それだけを書いた竹簡を、上司の机に置いた。

642 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/20(木) 20:31:36
小僧
サイン会へ、逝け
少なくとも、10回は、いってこい

643 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 01:00:59
熱気の満ちた階段の先。確かに座っていた。

謙三。笑っている。

本。差し出した。

何かとてつもなく大きなものに触れた、という気がする。

それ以上に、望むものなど無かった。

自分の名前の書かれた本を手に、>>643は一度大きな雄叫びをあげた。

644 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 09:06:27
とにかく、生謙三です、兄貴


645 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 10:59:26
生謙三殿に、会いたかった。

しかし今は、会社の命令により、他国に駐在している身、である。

>>643が羨ましくて、寝台で、のたうちまわった。


646 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 12:14:24
ttp://www.youtube.com/watch?v=Is5HS0dN8H8&hl=ja
文体の似せ具合は、ここのスレ住人の方に分がある。

笑いの方向性、わかりやすさのため、文体を変えた。
その気持ちは、理解できた。
ただ、読み手としての気持ちは、また別のものなのだ。

647 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 17:57:22
謙三に抱かれたい。そう思う自分を、恥じていた。

648 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 18:35:13
「謙三殿、あなたとは交わりたくないな。尻を貸したくない。そう思う、わずか数人のうちのひとりです」周瑜が笑った。

649 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 18:46:59
>>647
男の夢だ
また、それを恥じるべきではない、と思う

650 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 18:49:56
抱かれたい。が、抱きたくはない。
そのような、矛盾した思いを持つ自分を、恥じようとは思わない。

651 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/21(金) 18:59:20
男色者などと、呼ばれたくはないのだ。

男色を求めてきた者を、切り捨てたこともあった。

652 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 10:16:27
男色とは、なんなのだ。


653 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 10:30:29
男を抱く男の生とは、つらいものですか、将軍?

654 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 11:25:57
男がいるから、抱く。それだけだった。
意味は、陳宮が考えてくれる。

655 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 14:29:25
肉の弛んだ男と、筋肉の付いた男は違うのだ。
そんなことも分からんのか。


656 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 16:01:04
私の肉が弛んでいる、と言っているのですね、>>655

657 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 20:30:42
言う必要のないことを言ってしまう癖が、>>656にはあった

658 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 20:58:24
小賢しいな、>>657

659 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 21:06:04
どうも私には男を見る目がございませんでしてフヒヒ、サーセン

>>656にはそういうのが精一杯で、あった

660 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/22(土) 22:48:05
10名。それが、このスレに、書き込む、人数の、全てであった。

661 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 00:33:51
>>660 の後ろを、遅れることなく、10名がついてくる
かつては、こんな戦ばかりだった、と>>660 は思った
そして、面白かった

662 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 00:39:36
以前はたった一人の名無しだった
それが今や10人いる
そう考えれば、いいではないですか

663 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 00:43:52
劉岱って黄巾軍に殺されたよね?
4巻の132ページで何故か劉岱が出てくるんだが…

664 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 00:51:31
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/劉岱
別人らしい。俺も知らんかった

馬忠が2人いるのと同じようなもんか

665 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 01:23:40
>>663は、うつむいた。

666 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 02:16:25
サイン会には、百人の兵がいたのだ。

死線を乗り越えてきた、友といっていい。

667 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 09:31:59
一匹の大きな黒い獣のように、サインを求めていたのだな?

668 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 13:31:20
>>667
柵を、柵を前に出せ。

669 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 14:47:25
あれを止めるには、死んでもいい兵が十万は必要です。

670 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 15:05:04
大兄貴 おおあにき  だいあにき
小兄貴 しょうあにき   こあにき  ちいあにき

重要語なのに、仲間内で読み方と組み合わせがバラバラだった。
どれが正しいと言うつもりはない。ただ、気になっただけなのだ。

671 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 15:14:21
小事に、とらわれていては大事はなせない、>>670
来るべきときにそなえて仲間を大事に、するのだ

672 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 15:30:19
「どうでもいい。兄貴は兄貴だ」

張飛は、大きな声をあげて笑った。

673 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 16:59:30
「よろしいですか、>>670殿。私の申すことを、よくお聞き下さい」
>>670が頷いた。
「おおあにき と こあにき」
「なんと」

674 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 19:50:48
張飛は泣きながら関羽に
「チイニイチャン。小雪が逮捕されたよ。」
と告げた。

675 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/23(日) 19:56:50
華佗の針が、首に刺さったままになっている。その針は細い管を伝って水が入った袋につながっている。
食を断つようにいわれ10日以上。
口にしているのは、華佗の薬と、服用するさいにもちいる水のみ。しかし不思議と、飢えも渇きもやってこない。
「今日の水は白く濁っているが」
「脂肪でございます、当座、これを用いて養分をとらざるを得ませんので」
「口にいれずとも、腹は満たされるものなのか」
「食は、詰まるところ道楽に過ぎないものです。養分を身体に入れれば、身体はそれ以上求めませぬ」
「華佗、私は戦がしたい」
「なりませぬ」
「私は今でも普通に動けるし頭も働かせられる、腹痛と血便だけなど我慢できる」
「それは病以外のなにものでもありません」
曹操は苛立った。慎重さ、これは医師が持つべき資質なのかもしれない、それでも曹操は華佗が憎かった。
「丞相の病は腹部にございます。根治するには、肛門から管をいれ、塊を逐一除く必要がございます」
曹操は華佗をはっきりとみた。華佗の表情は変わらない。
「しかし、そこまでする必要はないのです。薬で十分に治るのです」
「華佗、おまえは、この私の肛門に物を突き刺すような考えを持っていたのか」
「はい」
華佗は頷いた。
「虎痴」

676 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/24(月) 00:12:45
おい、それは

677 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/24(月) 02:40:38
イチジク浣腸が、縦列で肛門に突っ込んだ。
便。ぶつかった。
小さく固まっていてた便だが、徐々に押されはじめた。第二段、第三段のイチジクが両翼へ広がり側面から揉み上げる。
第四段のイチジクが、さらに正面から押した。
それで、便は総崩れになった。

678 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/24(月) 10:39:32
揉め、揉みあげろ。


679 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/24(月) 18:37:08
ああん

680 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/24(月) 19:01:08
斬る。男として、あってはならないことだった。

681 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/24(月) 23:09:03
すみません、将軍。私は、オカマなのです。


682 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/25(火) 01:20:06
>>681に杖ブ(精液を出すために肛門に入れる木片)を挿入させよ。」

683 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/25(火) 12:56:04
もうよい。
以後、軍議で肛門に関わる話をすることを、禁ずる。


684 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/25(火) 15:03:50
志とは、なんなのだ。

685 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/25(火) 16:02:00
豚五十頭と、酒五十樽

686 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/25(火) 16:49:54
酒に対してはまさに歌うべし

687 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/25(火) 20:32:24
拙い言葉だった。しかし、心に触れるなにかがあった。

688 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/26(水) 00:10:35
駆けます。

689 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/26(水) 15:33:18
>>688の騎馬隊が、本体と切り離された。


690 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/26(水) 18:08:06
たった一度の、命令違反だったのだ。

691 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/26(水) 19:05:11
男の決心を疑うべきではない、と思います

692 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/26(水) 19:23:16
「軍規なのだ、>>691

>>692の目が、赤く腫れていた。

693 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/26(水) 23:55:47
何となく、右手の人差し指が熱かった。
悲鳴。自分であげたものではない。
指を、胡床(折り畳みの椅子)に挟んだのだ。
朱に染まっているが、千切れてはいない。
だからまだ、書き込める。打鍵することができる。

694 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/27(木) 00:15:39
>>693の指を

695 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/27(木) 08:57:00
決断のしどころなのだ、>>696

696 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/27(木) 11:50:12
私は

697 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/27(木) 12:03:23
>>693 の白い指が紅潮していくのを見て、興奮した
>>693 が俺の家か

698 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/27(木) 22:23:49
「指を挟むなどと、気が緩んでいるんだ」

「なんだと?貴様の首を挟んでやろうか」

699 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 00:00:20
難しい話になります。

700 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 00:18:31
指など、惜しくはなかった。
志がある、それだけでよかったのだ。

701 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 01:29:23
指は指です

702 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 01:58:24
とにかく、指です。

703 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 03:54:47
よせ>>702
指のことは気にしない
そういう約束で劉表殿はこのスレを貸してくれたのだ

704 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 12:14:00
指が燃えていた

705 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 22:04:27
本当に燃えていたのかもしれない、という気がする。

706 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 22:13:15
ブレーキランプ、五回は、あいしてる、の、サイン

707 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 22:15:39
益州を、一つの独立した指にする。
ありえないことではなかった。

708 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 22:26:12
遅すぎたのだ。

>>708は、うなり声をあげた。

709 :693:2009/08/28(金) 22:33:16
「座部の真中が折れる形状の胡床(折り畳みの椅子)では、座る際に尻の肉を挟む人がいる。
 そのような患者を、何人か診てきたのだ」
そう言って侍医は、白い歯を見せて笑った。
「もっとも、そういう患者は大抵が年寄りなのだが」
お前は相当の粗忽者だと言われた気がして、>>693はうつむいた。

710 :693:2009/08/28(金) 22:39:56
俺は

711 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/28(金) 22:50:30
その指はまるで黒い大きな獣のような気がした

712 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 00:51:52
挟まれたのは指だけではない。男の誇りも挟まれたのだ

713 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 01:15:45
挟みに挟み上げる。
それが、孫家の胡床だった。

714 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 01:40:59
気を失った>>713に、唾を飲ませた。

715 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 05:43:47
冷えていて、うまいな

716 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 08:03:41
やったぞ。お前たちに唾を飲ませた。

717 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 08:32:51
唾の奪い合いが始まった

718 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 17:13:17
もうよい。
以後、軍議で口吸いをすることを、禁ずる。

719 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 17:34:58
待ってくれ、>>718、この期に及んで、意地の悪いことをするな

720 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 17:50:29
「戦だぞ」
いきなり、>>721 が怒鳴り声をあげた
「軍議中であろうと、口吸いをすることはある。それはみんな、身にしみておろうが」

721 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 20:10:04
なりませんな。

722 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 20:41:26
もうよい。
以後、軍議で剃毛を禁ずる

723 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 21:30:57
それは

724 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 22:21:39
「幽(周瑜の女間諜)」

七の巻。諸王の星。以前、北方三国志を、20回は読み返したの
ではないか、と書き込んだ者だ。
それでもなお、また読み返して発見が、あった。
それが、上記の「」で挟みに挟み上げた部分だ。

胡床(折りたたみ式の椅子)にばかり目を奪われていたのだろう。
つまり、見てはいたのだろうが、心に留めることが、かつてはでき
なかった部分というのは、何度読み返してみても、あるものだ、と
いうことだ。

725 :724:2009/08/29(土) 22:24:00
業βと許都の道は整備され、川にも橋があった。「女たちの旅も、
ずいぶん楽になっている」

↑の「」で挟みに挟み上げた部分も、そうである。
女の旅への配慮までなされていたとは。
724は唸り声をあげた。

726 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 22:24:38
>>724
これは・・
確かに、かなりの味わい深さがあるな

727 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 22:30:48
兵の健気な姿に心打たれる曹操が好き

728 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 23:23:19
揉みに揉む、それが

729 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/29(土) 23:53:21
どういう事なのか、わからなかった。

730 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 02:07:18
>>729の髪には、ずいぶんと白いものが混じっていた。
このスレのために、苦労をしたのだろう。

731 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 04:29:26
>>730
このスレのためというよりは天下のためです

732 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 07:18:22
>>733が、このスレを利用して天下を統一されます
私には、それがみえます

733 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 09:19:17
天下など、どうでもよかった。

734 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 09:24:35
どうせいつかは死ぬんだしな

735 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 13:00:02
人は死んでも魂だけは残る、そう思いたいではありませんか。


736 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 13:29:43
お前たち、おもしろいな。

737 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 15:00:24
民主党は、共産党と社民党を併合して、日本を統一できません

738 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 15:35:47
「もう終わったのだ、自民党」

>>738が、泣いていた。

739 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 18:20:35
もうよい。>>737が目で制した。

740 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 18:21:17
従者 校尉 調練 岩塩 営舎 胡床 輜重 精鋭
居室 房事 幕舎 竹簡 間者 斥候 具足 浮屠
進発 厩 鍼 失禁 峻烈 厖大 水夫 鞍 

741 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 19:53:48


742 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/30(日) 20:21:46
負けた、完膚なきまでに負けた
150以上の議席を失った

743 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 08:51:52
民のために、私は嘆きます。

744 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 14:33:48
太郎は、失禁していた。


745 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 15:29:42
民主に負けたのではない。

この国の、何かとてつもなく大きいものに負けた、という気がする。

746 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 15:38:36
「やはり、財源が徹底的に不足しております」
「扶養控除を撤廃しろ、それと消費税の増税だ、マニフェストを破らぬようにあらゆる手段を講じるのだ」
「それでも、足りません」
「足りなくとも、それでなんとかやるしかない」

747 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 18:58:46
「渡辺という者が、政界再編の旗を掲げておりますが、如何しましょう。」
「無視せよ、いまさら新党の時代でもない。混乱が生んだ塵芥ののようなものだ。」

748 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 19:20:01
そう言って麻生は精を放った。

749 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 19:23:32
麻生は、震えながら失禁した、に、決まっておるわ

750 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 19:31:20
麻生は、中川に「死ぬなよ。中川!」と叫んだ。
中川は死んだ。

751 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 19:40:12
敗戦後「もうボクは、自由人、ですから」などと晴れやかな顔の、元官僚も、いたのだ

752 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 19:58:49
「代表は、マニフェストを破るおつもりはないのですね」
「思っていない」
後1ヶ月は、とは鳩山はいわなかった

753 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/31(月) 23:24:46
お灸をすえるなどと、あってはならないことだった。

754 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/01(火) 00:18:44
起きてしまったことを言っても、はじまらなかった。
今はただ、行方を見守るしかない。

755 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/01(火) 00:23:49
そう言うと謙三は、兎の肉に噛り付いた。


756 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/01(火) 03:56:07
一時の愛に負けてしまう、宗教とはなんなのか。
公明は塞ぎこんだ。

757 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/01(火) 12:56:06
上手い事を言う奴だ、と思ったが、口には出さなかった。

758 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/01(火) 16:51:29
「申し訳ありません、代表、私は、ほとんど政治を知らないのです」
「なんだと?」
「担がれたときは、小沢チルドレンと持ち上げられ続け、
選挙運動中もマスコミへのアピールに忙しく、学ぶ時がありませんでした」
「そうか」
政治を知らなくても、手駒としては立派だった
鳩山はそういってやりたかったが、いわなかった
「おまえに、任せなくてもいいのだ」

759 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/01(火) 19:17:42
>>758
シンクロ率高いけど、最後の一行だけ辛辣すぎるw

760 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/01(火) 22:36:48
ビホウとシジンはお咎め無しだったっけ?

761 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/02(水) 20:38:21
情欲が、抑えがたくなる。

762 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/02(水) 22:14:08
その夜>>761は、空気の入った女体と交わっているところを、従者に発見された。

763 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/03(木) 04:57:36
空気嫁は、死んだようにぐったりとしていた

764 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/03(木) 08:44:17
元々、生きてはいないのだ。

765 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/03(木) 12:09:15
空気嫁との交合など、生きながらの恥辱ではないのか

766 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/03(木) 12:13:59
「生きた女は、何かと面倒なのだ」

>>761は、天を仰ぎ、つぶやいた。

767 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/03(木) 12:32:43
また一つ、学びました

768 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/03(木) 19:51:23
赤壁戦前後で、凌統が周瑜を、「殿」と呼んでいた
部下ではあっても家臣ではなく、従者でもない
立場の上下はあっても、孫権に対しては同輩のは


いくら周瑜が孫策の義兄弟で親友であり、孫権の
筆頭の家臣であったとしても、せめて「周瑜様」と
呼ぶべきではないのか

769 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/03(木) 20:52:59
殿=最上級の上司の尊称、では、ないのだ
むしろ、身近な者が自分の雇用主を呼ぶ、そんな時に使う言葉だ、と考えればいいではないか

770 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/03(木) 23:42:12
難しい話になります。

771 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 00:41:21
だが、いいのだ。

難しい話を聞くことで、智慧が深まる、という気がするのだ。

772 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 08:01:54
清々しい話を聞いている。そんな気はいたしますが

773 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 12:23:53
そして夢が始まる

774 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 14:23:48
疫病が、蔓延している
学級閉鎖にも、なった

775 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 17:31:14
剣が錆びているような者に限って、疫病にかかるのだ。
心身共に鍛えていれば、疫病などは入ってこれないのだ。


776 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 17:35:13
なに、ワクチンが50万人分だと?

777 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 19:12:21
777、か。



778 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 21:23:36
そう言われるであろう、とは思っていました

779 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 22:11:44
難しい話になります。

780 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/04(金) 23:40:28
難しくてもよい、という気がする。

781 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 02:47:08
「招揺、>>780が死んだとよ」

782 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 12:14:38
先鋒を

783 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 12:18:19
ならぬ

784 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 12:20:19
挿入を

785 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 12:29:51
ならぬ

786 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 12:30:22
その、精を

787 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 14:09:10
もうよい。以後、軍議で下賤の話をすることを禁ずる。

788 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 16:10:50
腰抜けが

789 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 18:27:02
腰抜けなどと、言葉が過ぎますぞ。

790 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 18:58:40
ほう、勝つ気か?

791 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 22:18:15
俺は

792 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/05(土) 23:59:34
疲れている、などとはぬかすなよ。

793 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 02:13:03
そんな

794 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 13:48:24
将軍

795 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 15:47:18
もうよい、今後ここでは

796 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 15:56:48
したたかに精を放つことを、禁ずる

797 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 16:31:03
精を放つなどと、言葉を謹め。
趙雲がうつむいたのを見て、張飛は、声をあげて笑った。


798 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 16:35:42
上を向いたまま精を放つ嫁など初めて見ました

799 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 20:10:34
謙三の指が、筆から離れた。
なんの筆かは、わからなかった。

800 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 22:01:09
謙三の筆を

801 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 22:22:23
>>800 、そのお考えは捨ててください

802 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/06(日) 23:50:24
>>801の轍は踏むなよ、>>803

803 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 00:11:47
覚えておけ、>>804よ。
筆は、離すものではない。下ろすものだ。

804 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 01:00:51
今、恥じております。

805 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 12:43:57
>>804は、せいぜい500の兵を指揮できる程度の武将だった。

806 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 13:27:58
>>804は、せいぜい500の黒きけものを指揮できる程度の武将だった
そう考えれば、いいではありませんか

807 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 17:45:13
>>806
北方風に捉えれば、それはもの凄い指揮官ではないか

808 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 18:39:45
>>804「揉め、揉みあげろ」

809 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 19:00:59
なんって言ってたっけ?
声を出さない為に噛む板のこと
あれもなかなかの味わいがあるな

810 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 19:13:39
>>809
ばい、だったと思います。漢字では、確か枚、としたと。

811 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 19:28:46
ハルキ文庫九の巻。軍市の星。
P.134。

益州の経営は、うまくいっていた。豊かな土地で、孔明が試算したかぎりでは、
十七万の兵力を養うことができる。そして荊州の西部で六万。「二十二万」の蜀
軍ということだ。

・・・・・・。もしもーし?^^;

812 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 19:53:45
やめろ張飛
この人が、決めた事だ
もし失敗しても、それは、この人が失敗したという事になる
という気がする

813 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 19:55:09
>>811
調練で死ぬ兵、役に立たない兵は必ずいるのだ。
決して計算間違いなどではないのだ。

…謙三の原稿を編集者が読み違えた、そう思いたいではないですか。

814 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 19:59:53
計算など、どうでもいいのだ

孔明が間違えるなど、あってはならないのだ

815 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 20:14:43
殿、そろそろ我慢ができなくなってもよろしいでしょうか?

816 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 20:20:25
我慢とは、なんなのだ?


817 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 20:56:47
我慢、しる。

818 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/07(月) 22:35:05
しかしな

819 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 02:17:45
土煙。

820 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 08:57:36
おまえは、狗だ。帝の狗だ。

821 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 14:12:51
6日目の朝>>820は死んでいた

822 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 14:27:20
>>820の屍体の中に、>>822は精を放って出てきたのだ

823 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 15:14:07
「老いた妻では、つらかろう。」
そう言って>>823は、空気の入った女体を>>822に与えた。

824 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 15:41:11
使えん、などと抜かしたら、その首を捻り切ってやるぞ

825 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 17:45:15
私は、いや、俺は

826 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 19:49:24
勃起しますたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

827 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 19:56:01
女を知らん奴が何を言うというのだ、>>825

828 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 20:30:32
久々に空気嫁に乗馬しようと思ったら、空気が抜けていた
「なんだ、死んだのか」

829 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 20:35:58
殺してはならなかった、という気もする

830 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 21:34:41
あの程度の女など、どこにでもおりましょう。

831 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 22:14:41
奥方様に、鍼を打たせていただきましたが
まさか、中身が空気とは。

832 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/08(火) 22:16:21
おい、おまえ

833 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 01:42:04
>>831を見て、思わず笑ってしまった自分を、今、恥じております。

834 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 03:23:17
長男のくせに、何もわかっていない。

835 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 08:33:34
謙三殿の尻は、どのような尻なのでしょうか。


836 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 11:23:37
英傑、と申してよいでしょう。

837 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 12:23:26
ガチホモが混じってるのか?気持ち悪い

838 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 12:51:49
私は、鼠が嫌いでな

839 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 13:58:46
気持ち悪いなどと、あってはならないのだ。


840 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 14:25:58
しかしな

841 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 14:33:20
丞相には、憂鬱なことでございますな

842 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 14:41:19
夏侯惇が、笑いながら言った。

843 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 18:08:18
この空気嫁を抱くということは、大抵の性癖をこの空気嫁に知られる事になってしまう
一瞬、空気嫁を抱く事を躊躇したが
「信用できなくば空気嫁など抱く事はできませんぞ」
そう言って笑ったような気がした。初めて見る笑顔であった

844 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 18:27:39
空気嫁が大好きなのですね、将軍は。

845 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 21:59:56
私は

846 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/09(水) 22:29:51
士英様は、良い空気嫁を選ばれます。

847 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 05:48:23
「私のためを思っているのだ。まだ童貞でな」

848 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 06:01:53
あとは、趙雲だけだな。

849 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 07:13:01
それは

850 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 09:32:36
趙雲は、まだ女を知らぬのか。
馬超が、声をあげて笑った。


851 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 09:46:04
いや、私は、女には

852 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 11:39:47
趙雲は、うつむいた。


853 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 13:33:06
ソープに行け
そんな言葉を思い出した

854 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 15:01:56
ソープとは、なんなのか

855 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 16:32:03
自分を慰安しに行く場所です

856 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 17:12:57
各都市に、ソープ街をつくる。その約束は、忘れておらぬ。

857 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 20:09:58
夢だったのではないか、という気がする。

しかし、不可能ではないのだ

858 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 20:17:03
ソープを無料で解放する
これで、童貞をこじらせる者がいなくなるはずだったのだ
「ソープへ逝け、小僧。少なくとも10回は逝け」
そう心の師匠によく怒鳴られたものだ
思い出すと苦笑いし、儂もまだまだだなと思う

859 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 21:07:18
成都から6日連続で行くとは、趙雲殿も張飛将軍並のことをなさる

860 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/10(木) 21:14:51
趙雲殿は、普段から決して孕まない方法で、精を放つ調練をしております

861 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 01:00:43
「若いな」

張飛が、大きな笑い声をあげた。

862 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 01:08:41
かくいう私も、童貞でな

863 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 02:01:54
奪われたのは馬だけではない。
童貞も、奪われたのだ。

864 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 06:15:25
「それを捨てるなんてとんでもない!」
陳宮の静止を振り切って、呂布は寝室に向かった

865 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 10:36:34
すっかり、謙三殿の虜となってしまった。
次は、何を読むか。

866 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 12:11:21
「夜を待ちながら」でも読んだら? 個人的にオススメ
主人公の娘がかわいい。袁リンの若い頃みたい

867 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 12:52:10
かわいいなどと、軟派が過ぎますぞ、>>866


868 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 14:05:24
萌える、などと言わない分、まだましなのかもしれない。

869 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 14:52:25
趙雲将軍は、今まで萌えたことは、ありますか。


870 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 16:57:36
そんなことは、なかった。

しかし、あったのかもしれない、という気もする

871 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/11(金) 19:48:06
荒淫の果てに、萌えはありません。

872 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/12(土) 01:34:55
しかし、北風が強い

873 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/12(土) 11:12:51
男の食事だ。サラミ

874 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/12(土) 13:25:26
それも、悪くはないのですよ

875 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/12(土) 16:33:29
南野

876 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/12(土) 17:20:24
>>875
羊[示古]は、出てこないはずだが?>>875

877 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/12(土) 22:36:41
男には、死んでも、守らなければ、ならない、ものがある。
交通ルール
破らざること!

878 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/13(日) 01:24:40
「太史慈は、どうやって死んだ?」
「はい。賊の矢から、殿を庇って。」
曹操の顔が、思い浮かんだ。しかし、わからない・・・・

「陸遜、曹操の顔を知っているか?」
「いえ、小柄とは聞いていますが、顔までは知りません。周喩殿。」
そうだな、思い浮かんだのは顔ではない、名だ。
ふっ
「こんな時に、何が可笑しいのですか、周喩殿?」
「あっ、いや、殿が無事でなによりでな、魯粛殿。」

879 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/13(日) 02:12:33
尻を貸せ。その言葉を、周瑜は飲み込んだ。

880 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/13(日) 12:19:08
もうよい。
以後、軍議で尻を貸すことを禁ずる。

881 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/13(日) 18:38:58
しかしな

882 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/13(日) 18:49:17
しかし、尻に入れてしまえば勝ち、という気もします

883 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/13(日) 19:13:01
くどい。
男が、一度決めたことなのだ。納得できぬというのなら、永遠に私の前を去れ。


884 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/13(日) 19:19:37
>>882は、涙を流しながら、>>883の下を去った
そして、尻を磨いた>>882が帰ってきたのは、三年後のことだった

885 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 00:24:18
( ;∀;)イイ、ハナシダナ

886 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 00:30:00
張飛が、子供のように泣いていた。

男を汚された。

ただ、それだけ言った。

887 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 03:04:45
若造が。そう思った。
くぐってきた、修羅場の数が違う。
見てきたアナルの数が違う。
掘られたのも、一度や二度ではない。

888 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 03:31:18
笑えねえよ。汚いな。

889 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 03:43:36
おい、汚いなどと抜かしたな。もう一度言ってみろ。その首を飛ばしてやる

890 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 03:52:31
>>878
たしかにな、なぜ周喩殿は、面識の無い曹操の顔が思い浮かんだのだろう

891 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 06:10:49
>>890
周瑜様は、曹操の人相描きをよく眺めておられたのですよ。
それこそ、一日中。


892 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 13:16:00
旗艦にある周瑜の居室は、壁に曹操の顔が彫ってある
数ある皺一本一本、角度から太さにいたるまで、既に覚えてしまっているが、
それでも気が付くと曹操の顔を眺めている

893 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 13:53:48
曹操に、奪われてしまったら。

そう考えると、肌に粟が生じる。

894 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 18:59:05
死にゆく過程がリアルでよい
吉川その他みたいに唐突でない

病み、回復し、悪化し、持ち直し、これはダメとわかり、でも最期に
雄雄しい気力を取り戻して、逝く

そんな中、病に倒れた後、忘れられてしまったのが、



孫乾。

(´・ω・`)「漏れは」

895 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 19:08:17
孫乾って出てたっけ?
糜竺とか簡雍は出てたね
伊籍もチラっと

896 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 19:32:41
やはり北方三国志は呂布なのだ
そう思うと孫乾はうつむくしかなかった

897 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 20:23:38
孫乾の活躍を、思い出そうとした。だが、何も思い浮かばなかった。

898 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 20:50:24
心の中で蘇る死もある。

さらば、孫乾公祐よ!

899 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/14(月) 22:31:19
私は

900 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 00:49:29
耐えるのも、軍人だ。

901 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 04:10:12
孫乾『我々文官は邪魔ですな』


902 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 05:40:14
>>898
サワヤカー

903 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 11:25:49
地が揺らいだ。いや自分が倒れているのだ。死ぬのか。なぜか明確に感じた。
空が青かった。

904 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 11:52:34
天がおかしい。いや、地が揺らいでいるのだ。
机上の計算式が、静かに、それを語りかけてくるのを、哥白尼は感じていた。

905 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 19:19:37
なぜ、私に読めない漢字を、わざわざ使うのだ
王平はうつむいた

906 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 20:11:14
「もうよい、軍議で○○を論ずることを禁ずる。」といつも言っている
将軍は、何を論ずべきだと考えているのだろうか。
次回の軍議で挙げる議題を示してもらいたいものだ。

907 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 20:31:53
語ることなどもうない。肌で感じないのか。
圧倒するような気を。
私達ももう老いた。次の世代にかわろうとしているのだ

908 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 20:41:44
最近の住民の年齢層は?

このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【備え】身辺整理総合スレ 4【新生活】 [掃除全般]
新疆ウイグル自治区っていいよね♪ その3 [海外旅行]
【風水】 掃除で運気を呼び込もう 12 【開運】 [掃除全般]
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?227 [オカルト]
中国の名優・陳 道明(チェン・ダオミン) [海外芸能人]


909 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 20:50:08
新たな戦いと軍議のために、男たちは息を凝らしているそうだ。

910 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 21:30:16
専ブラすら使えぬのか、>>908

911 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 21:42:59
信じられなかった。まだこのような男がこの国に埋もれていたのか。

912 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 21:52:08
>>911もやはりこの時代の武将は小粒になっていると感じていた。

913 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 22:15:31
もう私達の時代ではないのか
400年続いた血の全盛期に想いを馳せた

914 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 22:19:57
十一巻、十二巻はやっぱ間延びして面白くなかった?

915 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 22:39:15
十二巻は俺的に最泣シーンである「馬謖との最後の会話」があるから重要。

916 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 22:57:37
しかし、



私は、



一言カキコで間延びしているのは
スレッド自体。

917 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 23:17:43
言ったな、>>916

918 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/15(火) 23:47:04
>>915
同じく(・ω・)ノシ

919 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 00:20:21
>>915 私も同じく。そこは鼻水流しながら泣いた。
赤兎が海に入っていくところも、鼻水出た。

920 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 00:51:40
私は、趙雲殿が好きなのですよ。
彼の死に際に啜り泣いて男の中には、魏延もいたのだと思いたいではありませんか。


921 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 01:52:55
もう次のスレが、立っていた。
速すぎる、その言葉を、酒とともに呑み込んだ。


922 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 02:58:50
風になる、 誰にも負けない速さ。それが俺たちの志だったのではないのか。
自分の中でいつのまにか変わってしまった志が、なんだか陳腐なものに思えた。

923 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 09:47:32
天がおかしい。いや、地が揺らいでいるのだ。
窓の外の光景が、静かに語りかけてくる。
「地球は青かった」

924 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 11:52:52
瓜を食べた。

925 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 13:29:15
瓜というと、破瓜を思い出してしまう。

>>925は、なんとなくそう思った。

926 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 13:48:06
>>925 を斬り殺してしまって

927 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 16:14:40
成都から、漢中まで10日で行軍。
これは、東京から北海道まで10日で走るくらいの距離なのだろうか、と思っています。

928 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 17:09:45
東北自動車道と、蜀の悪路とは違う。大違いではないか

929 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 17:20:41
限界を超えた悪路の先に、もう一つの悪路があるのだ。


930 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 19:47:11
>>926
袁[糸林]、かわいいよ、袁[糸林]、(*´Д`)、ハァハァ、

931 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 20:11:59
>>894
亀レスだが、孫乾ってセリフあったっけ?
「麋竺、孫乾らの文官のおかげで、民政が機能しはじめた」とか
「孫乾が袁紹との同盟の使者に立っている」とかいう描写はあったと思うけど
あと、病気になった等の描写もなかったと思う
弟の裏切りで憤死した麋竺、人知れず静かに世を去った伊籍。
それらに比べて、孫乾が不遇なのは確かか

932 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 20:55:05
「台詞など、無くてもいいのですよ、>>931殿」

歴史に名を残す。ただそれだけでよかった。

933 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 21:53:24
そう思う。

934 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/16(水) 22:41:33
曹操が劉備のことを「見事な男だ」みたいな感じに回想する場面って何巻だっけ?

935 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/17(木) 12:52:09
>>931
ある
「我々、文官は邪魔ですな」 徐州で言ってる

936 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/17(木) 12:53:24
>>934
定軍山の戦いでの一コマ

937 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/18(金) 09:52:36
夏侯淵が、討たれた。

938 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/18(金) 18:38:29
>>931
セリフだけではないぞ。病の記述もある。

十の巻。帝座の星。P.104。
9行目。「文官では、孫乾、簡雍、法正が病である。」、と
はっきりそう書いてある。

「見るべきところは見ている」と、言われるようになるには、
まだかなり、遠いな。

939 :931:2009/09/18(金) 18:57:48
申し訳ありません、>>935 >>398
私は、ほとんど字を知らないのです

940 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/18(金) 19:00:39
それでいい、という気もする。

941 :931:2009/09/18(金) 19:02:00
よりにもよって、とんでもないレスにアンカミスをしてしまった
書き込み規制で書けなくなるよりましだ
そう言おうと思ったが、やはり言葉は出なかった

942 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/18(金) 19:02:28
私も、男たちの字となると、有名ところしか知らんのだ。
字を知らぬのか、字を知らぬのか、どちらなのかすら悩む。

943 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/18(金) 20:04:34
字が読めなかったところでなんなのだ。
俺はこれまでそうやって生きてきたのだ。

赤兎と共に風になれれば十分だ。

944 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/18(金) 21:05:26
謙三殿に、会いたい。心からそう思う。
サイン会に行けなかったことを、どれほど後悔しただろう。
先サイン会、八月二十日は、私の誕生日でもあったのだ。


945 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/18(金) 23:14:04
>>944は、35歳になっていた。
いつまでも、無頼を気取っているわけにもいかなかった。
先日、馬の糞を片づける仕事をクビになったばかりである。

946 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 00:16:09
サイン会に行けた。

それは、とても幸運なことだったのではないか。

泣きじゃくる>>944の前で、>>946はなんとなくそんなことを考えた。

947 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 02:07:51
>>943
呂布は、洛陽に来るまで、主簿としても働いていたのだ
字が読めないなどと、あるはずがない
さり気なく、母から学問をしろと言われたことを書く、北方氏はやり手だな
しかし、帳簿と向き合う呂布の図を想像してみると、非常に微笑ましい

948 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 06:39:20
さすが音に聞こえた豪傑

949 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 13:56:53
字を教えてくれ、呂布殿。


950 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 16:24:03
奉先

951 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 17:51:26
字ではない、字だ。私に、文字を教えてくれ、呂布殿。


952 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 17:59:49
しかしな

953 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 18:05:58
そう簡単なことではないのだ。

字だけではなく、男の志も教えねばならない、という気がする。

954 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 19:35:50
呂布殿、私は

955 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 19:59:14
三国志を読んでいると、どうしても、触覚の生えた呂布殿@無双で
脳内再生してしまうのです。

956 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 20:35:05
俺の脳内ビジュアルはPC98版三国志2の地味な呂布

957 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 21:13:43
陳群が、孫権の事を嫌っているのは、劉備に仕えていたことがあるからだろうか

958 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 21:56:49
陳群って徐州時代に劉備を見限って曹操の所へ行ったんじゃなかったっけ?

959 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 23:25:15
そだぉ

960 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/19(土) 23:52:04
あぁん!

961 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/20(日) 11:12:08
野営の描写。
駐屯。幕舎と営舎。
猪や兎の肉。
野戦料理。

他の三国志小説群と違って、さすがに見るべきところを
見ている。

しかし、何かが足りない、という気がした。
なんなのだ、それは。
悩みに悩み、揉みに揉んだ挙句、ある考えに達した。

蚊。その対策。
北方御大。野営したら、蚊に喰われまくりんぐではありま
せんか?

「方々で虫を燻す火が、燃やされている。蚊や虻が嫌う煙
を出す、ある種の香木があるのだ」

みたいな描写があれば、と歩哨の呼び交わす声を遠く聞
きながら、出番を与えられなかった劉封は、思った

962 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/20(日) 19:21:33
袁[糸林]って、演義の蜀の第一次北伐に従う武将から
名前取ったのかな?

吉川三国志では、馬謖の次に
前将軍都亭侯 袁[糸林]の名がある

演義もガッツリ目を通してるぞと、さりげなくアピールし
ているのか、北方殿?

963 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/20(日) 19:30:25
男には守らなければならないものがある。
禁煙。
吸わざること!

964 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/20(日) 19:55:34
見事な男だ

965 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/20(日) 21:02:25
>>963殿には、憂鬱なことでございますな

966 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/20(日) 21:30:05
おまえのレスはいつも短くていいな。>>964


967 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/20(日) 21:37:32
>>966には言わなくてもいいことをいう癖があった。
>>964にはそれがまるでなかった。

968 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/20(日) 22:33:12
>>969が、殺気を放ち始めた。


969 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 00:08:03
しかしな

970 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 00:33:39
次スレが、立っていた。

自分が立ててもいい、と思ったこともあった。

それでも、次スレなのだ。

真新しいスレの前で、>>970は一度大きな乙をあげた。

北方三国志・第十六幕
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1253011856/

971 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 03:04:15
ありがたい、礼を言う

北方三国志・第十六幕
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1253011856/

972 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 10:30:43
次スレのためにも、埋めなくてはならぬ。
決して落としてはならぬ。

973 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 10:36:17
これぞ北方三国志スレ、という埋めがしたい

974 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 10:42:08
埋め、埋めしだけ。


975 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 11:14:04
スレに、500レスもつけば神聖なものになる
1000レスもつけば、ほとんど侵しがたいものになる
しかし、埋めが、求められているのか、まことに。

976 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 11:30:00
埋めは、ただ埋めでしかない

977 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 13:14:00
俺が北方三国志スレだ。という気がした

978 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 13:59:16
おい、大きなことを言うじゃないか

979 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 14:24:55
小兄貴、このスレは埋めるだけにしようではないか

980 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 14:41:42
俺は、ただ埋めをするだけだ
埋めの理由は、>>981が考えてくれる

981 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 15:02:31
理由など、どうでもよかった

982 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 15:15:38
やめろ、>>981
男には、守らなければならない誇りがあるのだ

落とさざること

983 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 16:15:04
夢幻のごとし 輝きよ

984 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 16:17:23
私は、落ちが嫌いでな

985 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 17:24:41
このスレは曹仁に任せ、曹操は次スレへ向かった。

986 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 17:35:36
武帝のことをふと思い出した
ここでは史記をかたることはゆるされないのか

987 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 18:31:39
顔をあげよ。

988 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 19:27:44
史記を語る。

悪いことではなかった。

しかし、既にスレがある。

人がいなくとも、ふさわしいスレがある。

それでいい、と思う。

北方謙三中国史・単行本派スレ 第一章
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1222807634/

989 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 20:19:58
>>988殿の示したスレに行ってみた
楊令伝が死ぬほど叩かれていた。
そこしえぬ悲しみを感じた。
なぜ、今なのだ。そんなことずっと前からわかっていたのではないのか。

990 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 22:16:49
もうよい。
私は、良い兄弟を持った。しみじみと、そう思う。
戦が、人生だった。
よく>>990まできた、と思う。

991 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 22:27:24
将軍、次回の軍議での議題を。

992 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 22:32:52
これぞ北方三国志、という埋めを示せ。>>1000を目指すのだ。
これまでスレが落ちたことで我々が失ったのは男の誇りそのものなのだ。

993 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 22:37:22
1000を狙って書き込みしそうになる自分を、叱咤した。

994 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 22:39:43
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/61/0000625561/50/img5add008fzikfzj.jpeg

やぶれざる事。

995 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 23:02:21
>>994
グロ中尉

996 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 23:04:53
画像を踏みたくなった。グロだという。
しかし、なにか、あるのだ。

997 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 23:11:48
しかし、グロだ。


998 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 23:14:42
http://www.people.com.cn/mediafile/200812/30/F2008123011171900473.jpg

むかってくる。

999 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 23:16:30
1000get

1000 :無名武将@お腹せっぷく:2009/09/21(月) 23:18:22
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/auc-amecos/cabinet/umaonna.jpg

まるで馬ではない別のもののように見えた。


1001 :1001:Over 1000 Thread
  立  新   /   ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、    ,r';;r"           _ノ  と   何
  て  し    L_ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,';;/             )   申   と
  ね  い   //;;/´         `' 、;;;;;;;;,,l;;'            /ヽ  す  1000
  ば  ス   /.,';/              ヽ;;;;,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;i  か   を
  い  レ   l |;|┌--‐フ  ┌----、、   |;ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;く  !!    超
  か  ッ   i  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;厶,     え
  ん  ド   l _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;| `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;ヽ   た
  の  を  ._ゝ'|.    /   、       |; ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;レ、⌒Y⌒ヽ
  う     「 | |    (    )       .ソ l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
        ヽヽ |    _,ニ ニ,,,,,_        ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     '' .', i、-----.、       `''"i`'''l
人_,、ノL_,iノ!  . ',   :i゙''''''''''`l'  ` _人__人ノ_ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\       ,'  ト、,
      /     ヽ   L__」   「 で 書 Lヽ ヽ〈    i|         Vi゙、
ハ ワ  {.      ヽ.  -、、、、 '  ノ  き き 了. ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
ハ ハ   ヽ.    ハ        )  ん 込  |  ',.' ,  ̄ , '    ノ  //三国志・戦国板
ハ ハ    >  /|ヽヽ、___,,,,、 'く     み  > ヽ.  ̄´   / ,、 ' /  http://ex24.2ch.net/warhis/

167 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)