5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

純「わたしの時代!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:28:04.46 ID:jr9wdRfG0
純「…」

純「…なんかSSのわたしの出番少ない」

純「みんなわたしをサブキャラとしてしか登場させないし」

純「二期以降わたしが出るのが増えたのは確かだけど」

純「他の人に比べたら全然少ない」

純「…なんとかしないと」

純「そしていざ来たれ」

純「わたしの時代!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:29:32.23 ID:jr9wdRfG0
〜教室

唯「…でさあ」

律「マジかよー」ハハハ

澪「お前ら休んでばっかいないで…」

紬「まあまあお茶にしましょー」

ワイワイ

純「…はあ」

憂「どうしたの?純ちゃん」

純「…憂はずるい」

憂「へ?」

純「憂はどっちかといったらわたしに近いポジションなのに」

純「軽音部のみんなに引けをとらないほど出番多いよね」

梓「なに言ってんの純…」

純「だってわたしだってもっと出たいもん!」

憂「…どういうこと?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:30:24.51 ID:4tJ5lmtK0
純ジュワー

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:34:17.14 ID:jr9wdRfG0
純「だからこの中で一番わたしが出番少ないでしょ!?」バンッ

憂「わっ!」

純「たまにわたしを出してくれる人もいるけど、でも少ないの!」

梓「まあ落ち着いて」

純「あ!自分はしょっちゅう出させてもらってるから関係ないって思ってるでしょ!?」

梓「そうじゃなくて」

純「きーっ!人気者の余裕ってやつ?憎たらしいっ!」

梓「…もういいや」

純「わたしをもっと出してよー!」ジタバタ

憂「じゅ、純ちゃん…」

純「憂なんてもっとひどいよ!」

憂「へっ?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:35:04.08 ID:g/O1ItDxP
純ジュワ〜щ(゚д゚щ)

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:37:22.64 ID:jr9wdRfG0
純「ただ唯先輩と梓としか軽音部と関わりないってのに」

純「なんでそんなに人気あるのよぉー!」

憂「わ、わたしは人気なんて…」

純「その謙虚さがずるい!」

純「ますますわたしが敵わなくなるじゃない!」

梓「…」

憂「純ちゃんだって人気あるよ…?」

純「そんなの一部のマニアだけよおー!うわあああん!」

憂「大丈夫だよ!純ちゃんかわいいもん!」ナデナデ

純(ちくしょー!憂なんかには絶対勝てないよおー!)ポロポロ

憂「あっ…泣かないで純ちゃん…はい、ハンカチ使って」スッ

純「優しさは時に残酷さとなるのよおおお!」ポロポロ

梓「…」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:40:54.50 ID:jr9wdRfG0
律「なんだ騒がしいな、どしたー?」

梓「あっ律先輩…来ないほうが…」

律「あ!純ちゃんどうして泣いてんの?」

律「こら梓!」

梓「わたしじゃありませんよ…」

純「うう〜…」ポロポロ

憂「よしよし」ナデナデ

律「…だってこれ見たら梓しかいないだろ!」

梓「純が勝手に泣き出したんですよ…」

唯「どうしたの〜?」タタタ

澪「あ、純ちゃん大丈夫?」

純(うう…さすが澪先輩…優しい…)

紬「…とりあえずお茶飲んで落ち着こう?」スッ

純「はい…ありがとうございます…」ゴシゴシ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:44:09.19 ID:LJzggnVc0
純ジュワ〜щ(゚д゚щ)純純ジュワ〜щ(゚д゚щ)

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:44:57.94 ID:E2OU8zcq0
純は一番かわいいだろ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:45:21.57 ID:jr9wdRfG0


澪「…じゃあほんとに大丈夫?」

純「はい…心配かけてすいませんでした…」

梓「…」

唯「元気だしてね〜」

紬「お菓子全部食べちゃっていいからね!」

律「なんかあったら構わず言っていいからねー」

純「はい…ありがとうございます…さようなら…」

スタスタ

「このあとどっか行く〜?」ワイワイ

「まだ終わってねーだろー」ワイワイ

「わはははははは」ドッ

純「…」

梓「…」

憂(…どうしよ)

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:52:00.08 ID:jr9wdRfG0
純「…はあ、もういいか…」

憂「!純ちゃん諦めちゃダメだよ!」

梓「そうそう」

純「だって先輩方あんなに優しいじゃない!どうしてなの!」

純「諦めたくもなるわよお!」

憂「…純ちゃんには純ちゃんの良さがあるよ!」

梓「そうそう」

純「…例えば?」

憂「えと…おちゃめなところとか!」

純「…他には?」

憂「ん〜……ムードメーカーなところ!」

梓「なるほど」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 20:56:04.32 ID:jr9wdRfG0
純「ほかには!?」

憂「うーんと………みんなを楽しませてくれるところ!」

梓「ほうほう」

純「ほか!」

憂「えっ…うーん…………」

純「ほら!それだけじゃない!ていうかだんだん考える時間が長くなってる!」

憂「へ?ち、違うよたくさんあるからどれを言おうかと思って…」

純「もういいよ!よく考えたらほとんど本質は一緒じゃない!」

憂「そうじゃなくて…」オロオロ

梓「せっかく憂が答えてあげたのに…」ボソッ

純「うわ…今のすごい傷ついた…」

純「もういいもん!うわあああん!」ダダッ

憂「あっ純ちゃん…」

梓「…」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:01:57.92 ID:jr9wdRfG0
憂「どうしよう…」

梓「大丈夫だよ。すぐ忘れてそのうちまた寒いギャグやってくれるよ」

憂「それはちょっとひどいよ」

梓「ちょっとね」

憂「いや…」



タタタ

純「うっうう…」

純(結局わたしはほかのひとを際立たせるための噛ませ犬なんだ…)

純(こんなもじゃもじゃヘッドなんてだれにも需要ないんだ…)

純(わたしなんて精々寒いギャグやって数少ないファンを減らせばいいんだ!)

純「わああああーん!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:04:06.66 ID:aqqLay8b0
小森純

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:05:13.92 ID:E2OU8zcq0
ちょっとSなあずにゃんもいいね

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:06:20.97 ID:jr9wdRfG0
「澪さん出番でーす」

澪「っとそろそろ本番か」

澪「じゃあちょっと行ってくる」

「いってらっしゃ〜い」

澪「おまえたちもすぐ出番だからなー」

スタスタ

澪「…ん?」

純「わああああ!」ダダダ

澪(あれは…純ちゃん…)

澪「おーい!」

純「へっ?あ…みみみ澪先輩!?」

澪「どうしたの?なにかあった?」

純「いえっ!あの…」

澪「よかったら教えてほしいな。仲間でしょ?」

純「み…みおしぇんぱぁい…」ウルッ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:06:52.76 ID:aqqLay8b0
http://www.komorijun.com/

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:10:47.69 ID:jr9wdRfG0
純(ああ…やっぱり澪先輩は澪先輩だ…)

純(先輩がこんなに気を使ってくれてる…)

純(ここは答えなきゃ失礼になっちゃう!)

澪「ん?」

純「…その…さっきは言わなかったんですが…」



澪「なるほど、出番が少ないと」

純「はい…」

澪「…」

純「…あの…澪先輩…?」

澪「なんでもっと早く言ってくれなかったんだ!」

純「ひゃっ!?」

澪「なにかあったらすぐに相談してよ!みんな力になるのに!」

純「はっはいっ!」

純(ああん…澪先輩もう大好きっ)

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:15:39.22 ID:jr9wdRfG0
澪「…まあとりあえず掛け合ってみるよ」

純「あ、ありがとうございます!」

澪「ううん、お互い様だよ」

「澪さーん?まだですかー?」

澪「あっ!そうだもう出番だからまたあとでね!」

純「あ、はい…すいませんでした」

澪「ううん、じゃあね」タタタ

純(…)

純(澪先輩…かっこいい…)

純(せっかく澪先輩が世話焼いてくれたんだ)

純(わたしも自分で努力しなきゃ!)

純「よし!やるぞー!」オー

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:19:59.84 ID:jr9wdRfG0
純(出られそうなのにこっそり出ちゃおう)

純(そういえばさっきみんな出るとか言ってたから、今からやるのはほのぼの系かな)

純(よし!チャンスはある!)



「カット!」

澪「…ふう。まだだれも来てないな…」

澪「…」

澪「お菓子…ちょっと味見しちゃおうかな…」

ソー

純(やっぱりほのぼのだよねこれ)

純(今は導入部分だから見てよう)

澪「ん…おいしい…」

ガチャ

律「よっ!澪ー!」

澪「!」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:25:23.24 ID:jr9wdRfG0
律「ってなにしてんだー!」

澪「ち、違うんだこれはその…毒見を…」アセアセ

律「うそつけ!第一そんなにほっぺにクリームを…」

純(やっぱり上手だなあ…)

純(わたしも見習わなきゃ)

ガチャ

唯「やっほー!」

紬「こんにちは〜」

純(ほかの先輩方も登場した)

純(ってことはあの図に乗ってる梓も…)

唯「澪ちゃんずるい!」

澪「違うんだ違うんだ…」オロオロ

ガチャ

純(きた!)

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:31:01.25 ID:jr9wdRfG0
和「あなたたち…ってなにしてるの?」

純(なんだ和先輩か…)

純(これは先輩方だけて進むお話なのかな?そうであってっ!)

ガチャ

梓「こんにちは〜」

純(なぜ来た…)

憂「おじゃましまーす…」

純(しかも憂まで…)ガクッ

「澪ちゃんが〜…」

「じゃあケーキを…」

純(ああ…みんな楽しそう…)

純(…)

純(…まてよ)

純(…なんでわたしだけ呼ばれてないの?)

純(ひどすぎない?)

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:36:09.73 ID:jr9wdRfG0
「よかったわねー」

「う、うるさい言わないでくれっ」

純(なんかもう終わりに向かってるよ)

純(わたしは呼ばれず終い…)

純(…)

「ケーキあまっちゃいましたね」

「どうする?…あ!そうだ梓、友達いたろ?」

純「!」

純(わ、わたしだ!)ドキドキ

「えーと…なんだっけ?ズンちゃん?」

「純ちゃんです!」

純(…結局こんな扱いだよ…)

純(そして憂…やっぱりあんたは天使だよ…)

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:39:47.06 ID:jr9wdRfG0
「じゃあその純ちゃんにあげようよ」

「そうだね」

純(よ、よし!何はともあれわたしの出番…)

「はーっ…ケーキさいこー!」

「…カット!」

純「…え?」

「お疲れ様でしたー」

純(え?まだわたしのところにケーキもってきてないじゃん…)

純(なにきれいにアニメのセリフ応用してまとめたと勘違いしてるの)

律「ふーつかれたー」

「憂さんは次すぐですけど平気ですか?」

憂「あっはい。あ、あの…」

純(え?憂また出番なの?)

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:43:46.34 ID:jr9wdRfG0
純(…わたしなんて次に出るのいつかわからないのに…)

純(…見に行こう)

スタスタ

「じゃあはじまりまーす」

憂「はい」

純「…」コソッ

「…カット!」

「…こんにちは、平沢憂です。今日は…」

純(これは憂視点のお話かな)

純(だとすると高確率で…百合だ。ほのぼのの可能性もあるかな)

「あ!梓ちゃーん!」ブンブン

「ごめーん遅れたー」

純(なんでわたし呼ばないの…?)

純(…)

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:44:31.15 ID:jr9wdRfG0
純(…まあいい。隙を見てちゃっかり出ちゃおう)

純(これは唯憂か梓憂(名前の順番は関係なし)になる確率が高い)

純(わたしがキューピッド的な役割で出れば…)

純「ぐへへ…」

「今日は唯先輩いないの?」

「うん。みんなでお勉強だって」

「へえ…ちゃんとやってるんだ」

「うん!…あ、そうだ純ちゃん今どうしてるかな」

純「!」

純(よっしゃきた!)

「純は今お母さんの実家に行ってるって」

「なんだあ。残念だなあ」

純(そんな設定聞いてないんだけど)

純(せめてそのくらい教えてよ…)

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:49:01.13 ID:jr9wdRfG0
純「…」

純(でもここでなんとしても出る!)

「じゃあなにする…」

純(出る!出るんだ!出るよ!)ソワソワ

「あははは…」

「もう憂ったら〜…」

純「…」

純(…出られるわけねえよこんなのおおっ!)

純(これもう完璧梓憂だよ!ふたりがいちゃいちゃしてるところに出ていけるはずないじゃん!)

純(なにかすれ違いとか事件とか起きないの!?)

純(…いや、まだわからない。短編じゃなかったらあるいは…)

純(よーし…タイミングを逃すな〜…)

「ずっと大好きです!……おしまい。」

純「…は?」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:49:41.53 ID:jr9wdRfG0
純(まって展開早くない?今の)

純(作者投げ出したの?)

憂「梓ちゃんおつかれさまー」

梓「憂もだよー」

純(ていうかなによ。最近梓憂増えてきてない?それも爆発的な勢いで)

純(一期の頃はかなりレアだったのに)

純(『お留守番!』のせい?でもわたしも出てたよね?)

純(…ふふ…こういう人生か…)

憂「あ!純ちゃんだ」

梓「あっ…なにしてたの?」

純「へっ?あ、あの〜ちょっと見学を…」

憂「へえ…あ、どうせなら純ちゃんも出ればよかったのに」

純「え?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:53:40.36 ID:jr9wdRfG0
梓「ああー確かに」

純「え…出てもよかったの…?」

憂「たぶん平気だったと思うよ。そうすればもっと長く続いたと思うし」

純「うそ…ほんと…?」

梓「まあさっきのは短かったよね。無理やりまとめたって感じ」

純「…だったら」

憂「ん?」

純「だったら呼んでよおおお!わたしが田舎に行ってるなんて設定つくらないでよおお!」

梓「たしかにあの設定いらなかったかもね」

純「なんで呼んでくれなかったの!わたしだって出たかった!」

憂「でも…わたしたちはお話決められないから…」

純(うわあああん!わたしの意気地なしいいいい!)

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:54:34.75 ID:jr9wdRfG0


純「…はあ」

澪「あっ!純ちゃん!」

純「あ…澪先輩…さっきはどうも…」

澪「いいよ。えーとさっきの話なんだけど…」

純「…!」ドキドキ

澪「みんななるべく出してくれるようにがんばってくれるって」

純「ほ、ほんとですか!?ありがとうございましたあああぁ!」ガシッ

澪「わ…気にしないで。わたしも純ちゃんがたくさん出てくれたら嬉しいし」

純「うう…澪先輩…このご恩は必ずや…」ジーン

澪「ふふふっ…いいよ。頑張ってね!」

純「はいっ!」

純(よーし!よーしいぃ!やるぞー!!)

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:55:08.33 ID:PpYZhro30
純ちゃん頑張れ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 21:59:36.94 ID:jr9wdRfG0


純「…もう今日は終わりか」

純「帰ろうかな…」

純(…でもほかのひとは夜もあるんだよね…)

純(…)

純(わたしだけ帰るなんてダメだ!チャンスを掴まなきゃ!)

純「お〜し…」

梓「あれ純、帰らないの?」

純「なに〜わたしを甘くみるなあ〜!」

梓「どういうこと…?」

純(この子デリカシーないのかしら!)

純「…まあいいよ。わたしも残るからね!」

梓「?そう…?」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 22:00:44.38 ID:jr9wdRfG0
「三年生の四人、準備お願いしまーす」

「はーい!」

純(お…こんどこそ梓は出なそうだな…)

純「梓ー暇だからいっしょにあそぼー」

梓「え…うんまあいいけど、しばらく出番ないし」

純「…そういえば憂は?」

梓「ご飯用意するから帰るって」

純「出番ないの?」

梓「午前中に終わらせてたよ。いっぱいあるのに」

純(敵わない…)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 22:08:38.38 ID:jr9wdRfG0


純「ロン!」

梓「…ねえもう飽きたよ」

純「え〜だってわたし麻雀くらいしかできないよ」

梓「うーん…じゃあ…」



純「ロン!」

梓「…」

純「ロン・ウィーズリー!」

純「がんばれ!がんばれ!」

梓「…ねえ」

純「…なによ。いいところなのに」

梓「見るなら一作目からにしてよ。わたし見たことないんだから」

純「とんだミーハーねえ。あんたは」

梓「あんたでしょ」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 22:13:33.51 ID:jr9wdRfG0
純「…じゃあどうするのよ」

梓「…あ!そうだ先輩たち見に行こうよ!」

純「…まあ見てみたいけど…」

梓「じゃあ行こう」

純「でも…」

梓「…でも?」

純「エロだったらどうするのよ…」

梓「…あんたなんてことを…」

純「う、うるさいわね!でもそうだったら気まずいでしょ!」

梓「…大丈夫だよ。行くよ」グイッ

純「えっ…じゃあ梓信じるよ!」

梓「…」スタスタ

純(気になってんのかな…?)

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 22:14:13.90 ID:WbC2umza0
「じゃあ次のカットー」

「はーい」

梓「よし」コソリ

純「ここか」

純(外だからえっちなのじゃないみたいだ)

「…カット!」

純「ちょうどキリがいいとこみたいだね」

梓「なにやってんだろ…」

「…っふう…ふう…」ザクッザクッ

純「なんか…穴掘ってるね」

梓「うん…なにか埋めてるみたい」

純「どんなお話なのかな…」

純「…ひっ!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 22:19:10.37 ID:WbC2umza0
梓「純?どうしたの?」

純(あ、梓に見せちゃだめだ!)ガバッ

梓「わあっ!?」

梓「な、なにするの!」

純「いいからこのまま!」

梓「見えない…」

純「見えなくていいの!」

純(だって…あれは…)

「やっと埋められたね…」

純(梓の…)

「あずにゃん!」

純「っうぷ!あ、梓もう戻ろう…」

梓「へっ?だってまだ…あ、待って!」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/01(日) 22:20:28.57 ID:WbC2umza0


純「あ〜気分悪いなあ」

純(…そういえばさっきのは梓だったよね…?)

純(じゃあ…ここにいる梓は…)

純「あわわわわ…」ガクガク

梓「あ…もしかして純…」

梓「わたしのあれ…見たの?」

純「あれって…まさか梓気づいて…?」

梓「うん。知ってるよわたしの…亡骸でしょ…」

純「あわわわ…あんたすでに…」

梓(?……!)

梓「そうなの…わたしもう死んでるんだ…」

純「ひえええぇっ…」ガタガタブルブル

梓(あほか)

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)