5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

唯「えんぴつ削り星人だぞー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:20:34.46 ID:RMlhkUCv0
唯「がおー」

紬「あーれぇー」

唯「えんぴつをよこせぇー」

紬「はい」

唯「しょりしょりしょり」

紬「ああ、私のえんぴつがけずられちゃうー」


梓「……なにやってんですか」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:21:23.93 ID:Eu6oPpBnO
(^q^)?

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:21:51.31 ID:5TbP0bmt0
(^o^)?

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:21:52.34 ID:RMlhkUCv0
唯「えんぴつ削り星人だよ」

梓「いや、だからなんですかその鉛筆削り星人って」

紬「エンピツ削り星人にエンピツを渡すと削られちゃうのよ」

唯「がおー」

梓「わけがわかりません」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:29:11.05 ID:RMlhkUCv0
唯「がおー」

梓「えーと…どういうことなんですか、これ」

律「あー、なんか新しいエンピツ削りを買ったのが嬉しいらしくて、朝からあんな調子なんだ」

梓「はぁ……なるほど」

唯「くくく、こよいのえんぴつ削りはえんぴつに飢えておるわ…くくく」

紬「きゃー!あんなに削ったのにまだ満足してないなんて!なんて恐ろしいえんぴつ星人!」

唯「くっくっくっ」

紬「きゃー!きゃー!」


梓「澪先輩…」

澪「やれやれ」 ハァ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:33:15.23 ID:RMlhkUCv0
澪「おい唯、鉛筆もいいけど、いいかげんに」

唯「おおーっ!!!?」

澪「?」

紬「正義の味方よ!正義の味方が現れたわ!!」

澪「!?」

唯「おのれ、地球のえんぴつを守る……なにトラマン?」

澪「えっ?え、えーっと」

紬「ミオトラマン?」

唯「おのれ、ミオトラマンめー!」 ばばっ

澪「え!ちょ、ちょっとまって!それはなんか嫌だっ!」

唯「えー?じゃあなんか考えてよぉ」

澪「う、うーん……トラマン、トラマン…」 ぶつぶつ



梓「澪先輩……っ」

律「ミイラ取りがミイラになってやがる」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:39:58.97 ID:RMlhkUCv0
唯紬「ごにょごにょ(決まった?)」

澪「ごにょごにょ(う、うん)」


唯「おのれ、パヨトラマン・レディー!地球のえんぴつを守りに来たかー!」

紬「いやーん!たすけて、パヨトラマンレディー!」

澪「えーと、鉛筆削り星人め、どこからでもかかって来い。」



梓「……なんですか、パヨって」

律「なんとなく語感が澪っぽい気がしないでもない」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:44:37.07 ID:RMlhkUCv0
唯「くくくく、そんな軽口をたたけるのもいまのうちだよ!これを見ろっ!」

澪「あっ」

紬「ああっ!あれは、パヨトラマンレディーのふで入れ!?」

澪「……」

唯「くくくっ、そこで見ているがいいよ、おまえの愛用のえんぴつの先をみんな尖らせてや……っ!?」

澪「ふっ」

唯「ぐ、ぐわわあーっ!」

紬「ああっ、突然えんぴつ削り星人が苦しみだしたわ!なにがおこったの!?」

唯「こ、これは!これはーっ!」


澪「私は……シャーペン派なんだッ!!」 ドカーン


唯「ウギャアーッ!!」 バターン

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:47:32.34 ID:RMlhkUCv0
唯「うぐぐ」 ぴくぴく

紬「ありがとう、パヨトラマンレディー!おかげで地球のエンピツたちは救われました!」

澪「いやあいやあ」 テレテレ

紬「パヨトラマンすてき!かわいい!かっこいい!」

澪「いやあいやあ」 デレデレ


梓「……あのう」


澪「はっ!?」 ビクゥ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:49:47.85 ID:RMlhkUCv0
梓「澪先輩……」 ジトー

澪「」 カアァァァ

澪「い、いやこれは違うんだ!いや何が違うのかというとえーと」

律「ノリノリだったじゃん」

澪「ちが!イヤイヤだったんだ!そりゃ少しはアレだったけど、それはあくまでイヤイヤのノリノリであって」

梓「澪先輩……」 ジトー

澪「はううぅぅぅぅ」 カアァァァ

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:52:17.88 ID:TdUvLNgP0
いいね
続けて

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:53:25.73 ID:RMlhkUCv0
唯「よっこいしょ」 むくり

律「あ、復活した」

紬「きゃー!えんぴつ星人が復活したわー!!」

唯「あずにゃんはえんぴつ持ってる?」

梓「えんぴつですか?いえ、私もシャープペンしか持ってないですけど」

唯「ちぇー」


紬(あ、おわってたんだ……)

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 20:56:36.71 ID:RMlhkUCv0
唯「りっちゃーん、のはもう削っちゃったしぃ」

律「休み時間のたびに来られるのはちょっと迷惑だぞー」

唯「むむむー。もう削れるえんぴつがないよう」


ガチャ

茜「おはようございまーす」


唯「は!」

唯「デビちゃーんっ!」 がばっ

茜「ひゃあ!?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:00:43.43 ID:RMlhkUCv0
唯「もむもむもむ!」 もごもごおっぱもご

茜「ひゃああ!?ちょちょ、ちょっと唯先輩っ? /// 」

唯「ぷは!デビちゃんはもちろんえんぴつ派だよね!?」

茜「え?えんぴつ、ですか?はい、使ってますけど」

唯「やったあーーーー!!」 パアァァァ



梓「…」 ぺた ぺた

律「生きろ」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:02:23.02 ID:RMlhkUCv0
茜「はい、これです」

コト

唯「こっ、これは!」

紬「あらぁ」

律「おおー」

澪「うわ、懐かしい」

梓「鉛筆キャップとか見たの、小学生の時以来だよ…」

茜「えっへん」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:04:29.09 ID:/t0g3ZCz0
うまいなーw

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:05:04.73 ID:RMlhkUCv0
唯「ちょっといい?」

茜「はい?」

すぽん

律「わ、みじかっ!」

茜「えへへ」 テレテレ

梓「相変わらず物持ちいいよね、茜は」

茜「えへへー」 テレテレ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:08:57.01 ID:RMlhkUCv0
唯「削れない…」 しゅん

茜「?どうしたんですか、唯先輩」

律「あー、新しい鉛筆削りがかくかくしかじか」

茜「そうだったんですかー」

唯「ごめんね、返すよデビちゃん」

茜「いえいえ、こちらこそお役に立てず」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:12:23.66 ID:RMlhkUCv0
澪「でも、削る時はどうしてるんだ?それ」

茜「はい、これはナイフを使って、浅く浅く削るんです!」

梓「なんかもう職人芸だよね、それ」

茜「そうだ!よかったら唯先輩にもナイフで削るやりか…」


                憂(ニコ)


茜「!?」 ゾッ

唯「ん、なあに?デビちゃん」

茜「い、いえなんでもない…です(なんかどこからかお姉ちゃんに刃物持たせんなよ的な殺気が…)」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:14:18.08 ID:glLiF2QqP
憂さん流石やでぇ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:20:42.31 ID:Q3cYroNLO
えんぴつを天ぷらにしてバリバリと食べる…

唯「うまい!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:21:46.85 ID:RMlhkUCv0
澪「ほら、もう鉛筆はないんだから、そろそろ練習するぞ?」

唯「ぶー。わかったよミオトラマン」

澪「みっ、パヨトラマンレディーだっ!」

唯「えー?」

梓(パヨトラマンレディーならいいんだ……)


茜(え、私のおかしは?貴重なカロリー摂取源はっ!?)

紬「ふふ、ちゃんと取ってあるから。練習終わってから、ね♪」

茜「ムギ先輩ッ!」 ジーン

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:24:34.70 ID:ylm+PACO0
いい、非常に良い

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:24:56.03 ID:RMlhkUCv0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜つぎのひ!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


唯「むっ、りっちゃん勉強してきてない!」

律「わ、わるかったな!ていうか、家で勉強する時は別のえんぴつ使うだろ!」

唯「けち」

律「ケチなん!?これケチなん!?」

紬「うふふ♪」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:25:21.54 ID:yuncc0KI0
ガチ池沼唯

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:30:46.51 ID:RMlhkUCv0
唯「しょうがない、遠征に赴くとするよ」

紬「遠征?」



唯「がおー」 しょりしょり

風子「あ、ありがとう…」


唯「がおー」 しょりしょり

姫子「ふふ、ありがとっ」



律「おお、大人気だ……」

紬「うふふ、そうね♪」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:31:05.35 ID:sCH+uTvF0
久々に茜を見た

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:31:39.36 ID:qPuadiN9O
3日で飽きちゃう唯ちゃんなのでした

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:32:35.84 ID:RMlhkUCv0
唯「くっくっくっ、見よ、この戦果!」 カパ

律「おー」

紬「大量ね!」

唯「ふっふっふー」 えばりっ

律「で、どうすんだ?この削り節」

唯「ごみ箱に」 ぽんぽん

律「ですよねー」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:37:32.20 ID:RMlhkUCv0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜おひるやすみ!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


唯「ムムムー」

律「どしたん?唯」

唯「教室中のえんぴつを削りきっちゃったよう」

律「ついにやったかー」

唯「どうしよう、これじゃあもう削るえんぴつが」

紬「唯ちゃん、はい」

唯「おおう!」

唯「……」

唯「いいや」 ポン

紬「あら?」

唯「やっぱりもっと丸くなってないと、削った気がしないもん」

紬「それで2時間目のりっちゃんのエンピツにも興味を示さなかったわけね」

律「昨日よりも通になってやがる……」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:49:10.19 ID:svoGOayo0
脳内再生完璧

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:50:16.29 ID:h7qQTeC8O
かわ唯

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:51:17.66 ID:RMlhkUCv0
唯「こうなったら、遠征だよ!」

紬「あら、また?」

唯「今度は前とは違うよ!大遠征だよ!!」

唯「いってきます!」 びしっ

だだだだだだだっ



紬「いってらっしゃーい♪」 ひらひら

唯「他のクラスに迷惑かけなきゃいいけどなぁ」

紬「ふふ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:53:33.31 ID:RMlhkUCv0
〜〜〜〜〜〜〜〜けいおんぶ!〜〜〜〜〜〜〜〜〜


唯「ぷはー♪」 つやつや

梓「今日はゴキゲンですね、唯先輩」

茜「はうぅ……」 ポロポロポロ

梓「相変わらず幸せそうに食べるよね、茜は」

茜「だって、だってぇ……」 グスグス

紬「うふふ、喜んでもらえて嬉しいわ♪」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:57:24.89 ID:RMlhkUCv0
澪「そういえば、唯はどこいってたんだ?昼休みにいなかったけど」

律「ああ、それは澪がウン」

澪「」 ギロッ

律「……セイを天にまかせて命懸けの戦いをしている間に唯は海の向こうへ遠征しに行ったわけですよ」

梓「もうどこからどこまでがごまかしてるのかわかりません」

唯「遠征にいったのは本当だよ!」

梓「遠征って、なにしにいったんですか?」

唯「えんぴつ削りに!」

梓「……まだやってたんですか、それ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:59:22.62 ID:RMlhkUCv0
紬「でも、結局どこまでいってきたの?唯ちゃん」

唯「ああ、それはねー」

ダン    ダン   ダン ダン ダン ダン

ガラッ!

和「唯ぃっ!!」 バーン

唯「わあっ!の、和ちゃん!?」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:00:53.39 ID:RMlhkUCv0
和「聞いたわよ、唯!あなた学校中の鉛筆を削って回ってるそうじゃない!」

澪「が、学校中!?」

唯「えへへー」

律「そこまでスケールがでかくなってるとは…」

紬「さすがは唯ちゃんね」 ムフー

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:01:51.40 ID:GmTaRFQGO
わ、和ちゃんを見事に回避

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:02:26.05 ID:pw1cNO+O0
(^o^)

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:05:09.22 ID:RMlhkUCv0
茜「でも学校中って、いくらなんでもそんな大げさな…」

和「そう思う?職員室もやられたのよ」

茜「職員室まで!?」

和「ええ、先生達がちょっと席を外した瞬間にね」

律「どこのニンジャだよお前は」

唯「にんにん!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:05:16.01 ID:mcea8A38O
久しぶりに
けいおん×GANTZ
SSかと思ってきたのに。。

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:08:09.73 ID:RMlhkUCv0
和「先生達が席に戻った時には、もう……」

梓「いや、もう。って…」

和「そこにあった鉛筆の芯は……もう!突き刺さりそうなくらいに尖らされてしまっていたのよッ!!」

澪「いや、それは別に良いんじゃ」

和「先生たちも!いま時感心な生徒がいるもんだなあって大騒ぎしてたわ!!!」

律「いや、感心されてるし」

唯「てへへー。…………あれ?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:08:23.80 ID:3kZvs66e0
おもしろい
続けて

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:12:43.68 ID:RMlhkUCv0
唯「あっ……」

律「どした?唯」

和「そう、唯。あなたって子は……。やってくれたわね。」

唯「あ、いや、和ちゃん。違うの」

和「何が違うの?唯」

唯「あ、あう」

和「生徒会室の備品の鉛筆が……いったい、どんな間違いを起こしたら
   あんなアイスピックのような鋭利な尖端になるのォッ!!」 ばんっ

唯「ひッ」 ビクッ



梓「なにこれ」

澪「の、和…こわい」 ビクビク

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:16:35.70 ID:RMlhkUCv0
和「私はね……削った後に、ノートを半分くらい書き終わったくらいの!」

和「ちょっと丸まった感じの芯が好きなのよ!それなのに、唯!あなたは!あなたわあっ!」 ばんっ

律「お、おい、和っ」

和「なにっ!」 ギロッ

律「ひっ」


唯「あうう、普段温厚な和ちゃんがえんぴつのことになると人が変わるのを忘れていたよう」

紬「人に歴史ありねえ」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:20:56.82 ID:RMlhkUCv0
和「あなたって子は!やっていいことといけないことがあるでしょうっ!」 ガミガミ

唯「うう、ごめんなざい…」 グスッ

和「……」

唯「…和ちゃん?」

和「そうね。唯、あなたにも思い知らせてあげるわ」

唯「えっ」

和「人に、鉛筆を削られる…痛みと言うものを!」 ジャキ

唯「えっ!ふ、ふーんだ。そんなこといっても、私の鉛筆は全部削っ……て?」

和「削って……?」 ニヤリ

唯「だ、だめ…和ちゃん!それはだめ!それはやめほんとやめてえええええあああああああ!!!」



しょり しょり



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:24:44.11 ID:RMlhkUCv0
唯「あ、あああ……ううっ、あああああ…」

和「……少しは理解したようね。勝手に鉛筆を削られることが、どれほど取り返しのつかないことなのか」

唯「こんな、こんな…こんなのってえ……っ!ううううっ」



澪「の、和のやつ……鉛筆を、唯の鉛筆を」 ガクガク

律「りょ、両方…っ!削りやがった……!!」  ブルブル

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:30:50.11 ID:RMlhkUCv0
和「これに懲りたら反省することね」 バタン



澪「……大丈夫か?唯」

唯「ぐすっ、ぐすっ…」

律「まさか、和のやつがこんなに残酷なことをするなんて…」

梓「いや、両方使えるようになっただけじゃないですか。普通にそのまま使えば」


                憂(ニコ)


梓「!?」 ゾゾッ

唯「ううっ、こんな居眠りしたら眉間に刺さりそうな危ない鉛筆、憂が許してくれないよう」 グスグス

梓「な、なるほど…」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:31:59.59 ID:RMlhkUCv0
唯「ぐす、ぐす」

茜「唯先輩……」


そっ


唯「えっ」

茜「これ、使ってください」

唯「えんぴつ……キャップ…!」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:35:17.33 ID:RMlhkUCv0
茜「これをつければ、刺さる心配もなくなりますよ」

唯「で、でも!」

梓「そうだよ!それがないと茜の鉛筆は……」

茜「ふふっ、大丈夫だよ。見てて」 ツマミ


サラサラサラサラサラサラサラサラ


律「うおおおーっ!ものすごい速記だあーっ!!」

澪「親指と人差し指でつまんでいるだけなのに!なんて安定した筆記なんだ!」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:36:46.63 ID:RMlhkUCv0
梓「す、すごい!茜にこんな力があったなんて!」

茜「そのキャップを買うまでは、ずっとこうやって書いてきたんだよ!年季が違い」


ポキン


茜「あっ」


テン テン コロ コロ コロ … …


茜「あ、あっ」

茜「あああああああっ!!」 ガーン!

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:40:00.58 ID:RMlhkUCv0
紬「茜ちゃんの鉛筆の芯がっ!」

律「お、折れっ…ちまった」


茜「あ、ああっ、ああああっ」 ヒロイ

茜「……」 モドシ

茜「あっ」 ポロッ

茜「っ、くう、ううぅっ」 ぐすっ


梓「……」

唯「デビちゃん……」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:41:45.40 ID:8DYe0wxC0
ガンツかと思ったのに

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:42:37.23 ID:RMlhkUCv0
律「な、なあ!あたし、エンピツ余分に持ってきてんだ!ほら!」

澪「私もほら、使ってないシャーペンあるからさ!な」

茜「ありがとうございます……でも、施しは受けたくありません」

澪「う」

律「むぐ…」


紬「茜ちゃん……」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:48:50.06 ID:RMlhkUCv0
梓「でも、でもどうするの?茜!その鉛筆はもう削れない……でも、授業は!」

茜「……木炭を、作るよ」

梓「!」

茜「木炭があるから、私は、大丈夫!だよ」 ニコッ

唯「デビちゃん……」

                                           タタッ

紬「?」

紬(ドアの方から……?)

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:54:07.51 ID:RMlhkUCv0
茜「じゃあ、私は火を起こさなきゃならないので、お先に失礼しますね」

 ダン 

唯「デビちゃん、本当にごめんね。私のせいで……」

      ダン   ダン 

茜「もう、唯先輩のせいじゃないですったら。気にしないでください」

                 ダン ダン! ダン!

唯「でも……」

     
     ガラッ!


和「この鉛筆を削ったのは誰だあっ!!」 バーン!!

唯「ひいいっ!?わ、わたしです!」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:03:17.89 ID:RMlhkUCv0
和「あなたね!こんなカリカリにとがった鉛筆が生徒会で使えるわけないでしょう!」 バン

カラン! カラ カラ カラ

和「そんな鉛筆いらないわ!軽音部で処理してよね!」

唯「えっ」

和「具体的には軽音部の誰かが持ち帰ってよね!学校に置いといたりするのは責任放棄で絶対駄目だから!」

梓「それって……」

和「いい?しっかり責任もって処分してよね!じゃあ私生徒会いくね」

ガチャ バタン


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:05:06.35 ID:8hX8ixLk0
( ;∀;)イイハナシダナー

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:08:51.81 ID:RMlhkUCv0
唯「和ちゃん……」

ヒョイ

唯「私は……鉛筆あるから、いらないや」

律「あたしも、いろいろ余ってるし」

紬「私は2Hじゃないと駄目なのよー♪」

澪「私はほら、シャーペン派だから」

梓「私もです」


茜「……もうっ」 グス

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:09:26.07 ID:LDwlBhmK0
さすが和ちゃん

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:16:51.22 ID:RMlhkUCv0
茜「しょうがないですね!私が責任をもって処分しておきますっ」 ぐすっ

唯「わーい!」

梓「よかったね、茜!」

律「ああ、ぐーうぜん軽音部に鉛筆の処分が押し付けられるなんて、運が良いよなあ!ははは!」

澪「いやわざとらしすぎるだろ」

紬「あらあらうふふ♪」

茜「みなさん……」

茜(そして、和先輩……ありがとう) キラン



     。      .     。          '           ☆       . ゚   。   ゚
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。   ゚  。    ゚
。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;/    ゜         。   '

  ゜   和「べ、べつにあなたのための鉛筆じゃないから。じゃあ私生徒会行くね」  .  '     

   * .      ゜         。        ゜     +      。        ゜    ゚
  ゚        。      .        +    。        +      ゜   。    ゚
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。     完        

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:19:45.84 ID:svoGOayo0
乙。おもしろかった

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:29:52.78 ID:LG0aqIzv0
茜かわいいよ三浦

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:41:34.13 ID:Mks2ObcV0
おもしろかった

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:47:45.99 ID:ozFDbp5ZO
木炭を作ろうとする行動力がすごい

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)