5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女「昼ご飯食べるのに何で列ばなくちゃいけないの?」

1 :自転車 ◆x1uhMp/0TmMS :2010/05/12(水) 15:37:13.82 ID:krDsu8VWO
女「そこまでして食べたいわけ?」

女「どこにでもあるようなラーメンを?」

女「頭おかしいんじゃない?」

女「他にも美味しいものは沢山あるじゃない」

女「本当、馬鹿としかいいようがないわよね」

???「………」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:38:36.80 ID:krDsu8VWO
まぁ、前にも立てたんですが…中途半端だったので、完全版って事で…

お付き合いの程をよろしくお願いします!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:39:46.36 ID:a1dhjWkQ0
女「いやああああ・・・・・・わたしのおまんこに・・・・・・・彼の頭が・・・・・・・がががががが」



????「これで私は究極の進化を遂げた・・・・・・・・・私の頭を彼女の膣深く差し込み・・・私のアナルにライオンの頭を入れた・・・・」


????「私はキメラだ!!!!!!!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:40:02.71 ID:TYYp4Xtp0
>>1 かまわん 続けるな

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:40:17.69 ID:krDsu8VWO
女「ちょっと!!何で今までこんな美味しいお店隠してたのよ!!」

女「ほぉ〜ら、私の言った通りでしょ!ここのつけ麺は列んででも食べる価値あるのよ!!」

女「あ〜ん、大盛りにしとけば良かった!足りない!!もっと食べたい!!」

女「ねね、それいらないの?てか、いらないんでしょ?いらないわよね!私が食べてあげるから!!よこしなさい!!」

???「………」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:40:57.12 ID:krDsu8VWO
女「う〜ん、お腹いっぱいw」

女「え?この後どこ行こうかって?」

女「お腹いっぱいになったから帰って寝るに決まってるじゃない」

女「はぁ?何であんたと映画とか見に行かなきゃならないの?」

女「もっと良く考えてものを言う事ね!!」

???「………」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:41:31.55 ID:krDsu8VWO
女「ま、まぁ、でも?お昼奢ってもらったし?」

女「天気もいいんだし、映画じゃなくて、公園を散歩とかだったら付き合ってやらない事もないわよ?」

女「それに、あんた最近運動不足みたいだし?」

女「べ、別にあんたが不健康になろうと知った事じゃないけど!」

???「………」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:42:14.65 ID:krDsu8VWO
女「あー、もー!!疲れたぁ!!」

女「誰よ!公園を散歩しようとか言った奴は!!」

女「何で私がこんな疲れる事しなくちゃいけないのよ!!」

女「は?散歩って言ったのはあんたでしょ!何他人のせいにしてるのよ!!」

女「もう疲れたぁ〜!!おんぶしなさいよ!!」

???「………」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:42:52.94 ID:krDsu8VWO
女「な、何よ…いきなり手を出して…」

女「え?おんぶは無理だけど、手を引っ張ってあげる?」

女「ななな、なん、何で私があんたと手を繋がなくちゃいけないのよ!!」

女「へ?ちょちょ、い、いいわよ!?今回だけ特別に手を繋いであげても!!」

女「な、何してるのよ!早く引っ張りなさいよ!!」

女「えへへ」

???「………」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:43:29.39 ID:krDsu8VWO
女「え?何?よく聞こえなかったんだけど?」

女「はぁ!?ちょっと!女の子に向かって重いとは何よ!!」

女「あんたが貧弱なだけじゃない!!」

女「それを、よりによって女の子にデブとか言って!!」

女「絶っっっっ対に許さないんだから!!!」

???「………」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:44:07.77 ID:krDsu8VWO
女「そうね〜、どうしようかなw」

女「じゃ、じゃあ、今すぐここでキs…じゃなくて、アイス奢ってくれたら許してあげてもいいかな!」

女「ちょっと!何よその目は!!甘いものは別腹なんです!!」

女「さっさと買ってきなさいよ!!」

女「いい!?1分よ!それ以上は待ってやらないんだからね!!」

女「早くしなさいよね〜!!」

???「………」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:45:34.39 ID:hl37hcUj0
ねぇその無言のマイクさん映像に映す意味あるの?

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:45:51.93 ID:krDsu8VWO
女「お、遅いじゃないのよ!いったい何分待たせる気よ!!ほんと、使えない奴!!」

女「………ちょっと、あんた馬鹿ぁ〜〜〜??」

女「私はバニラ味っていったのに、何でバナナ味買ってきてんのよ!!」

女「語呂が似てるとかじゃなくて!!あー、もー!!ホンッッット使えない奴!!!」

女「さっさと買いなおしてこい!!!は?知らないわよ!買い間違えたあんたが悪い!!」

女「自己責任であんたが食べればいいじゃない!!ほら、さっさと行く!!」

???「………」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:46:37.28 ID:krDsu8VWO
女「あ、来た来た!もう待ちくたびれちゃったわよ!」

女「うん?あんたは食べないの?」

女「え?バナナ味は嫌い?」

女「本っっっ当に、あんた馬鹿ぁ〜〜〜??!!」

女「それならそうと早く言いなさいよ!!私のと交換してあげるから!!」

女「え?や、そ、そう!急にバナナ味が食べたくなったの!!何か文句ある?!」

女「ほら、早く交換する!!そ、それとも…もしかして、私に食べさせてもらいたいとか?」

女「ちょっと!何でそんな全力で否定するのよ!!あっったまきた!!無理やりにでも食べさせてやる!!」

女「はい、あ〜〜ん………口開きなさいよ!!!」

女「あははw無理やり食べさせたから口の周りアイスだらけwww仕方ないなぁ〜、はい、ハンカチw」

女「ま、また会ってやるから、ちゃ、ちゃんと洗って返しなさいよね!?」

???「………」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:47:15.51 ID:krDsu8VWO
女「さて、散歩もしたし、帰ろうかしら」

女「は?だ・か・ら!!なんでこれからあんたの部屋に行かなきゃならないの??!!」

女「もっと考えてものを言えって……え?前から私が見たがってたDVDがある?」

女「で、だから何?」

女「そうやって私を部屋に連れ込んで、いやらしい事しようとしてるんでしょ!」

女「あんたの考えなんてお見通しよ!!」

女「まだ死にたくないから何もしない?ちょっと!それどういう意味よ!!」

女「絶対にあんたの部屋行ってやる!!」

???「………」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:47:51.33 ID:krDsu8VWO
女「おじゃましま〜〜す……」

女「へ、へぇ〜…男の割りには綺麗に片付いてるじゃない」

女「か、彼女にでも掃除してもらってるの?」

女「そ、そうなんだ!彼女いないんだ!!そかそか!」

女「べ、別に嬉しそうになんてしてない!!」

女「そ、そうよ!私に彼氏いないのにあんたに彼女がいたら悔しいからに決まってるじゃない!!」

女「何当たり前な事言ってるのよ!!」

???「………」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:48:00.30 ID:hl37hcUj0
ストーカーですかね

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:48:23.72 ID:krDsu8VWO
女「で、私の見たかったDVDはどこ?それ見たらさっさと帰るんだから」

女「当たり前でしょ!変な事される前に帰ります!!」

女「それより、お客様が来たのにお茶も出さないってどういう事よ!」

女「私、紅茶。早く用意しなさいよ!まったく!気が利かないんだから!!」

???「………」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:48:55.84 ID:krDsu8VWO
女「ちょっと!だ、大丈夫??!!」

女「た、大変!早く水で冷やして!!よく冷やすのよ?」

女「く、薬はどこにあるの?!え?怪我とかあまりしないから無い??」

女「あんた馬鹿ぁ〜〜〜??!!」

女「普通はそれでも何かしら置いとくもんでしょ!!もういい、ちょっと買ってくるから大人しく待ってなさいよ!!」

???「………」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:49:45.13 ID:krDsu8VWO
女「はぁ〜……」

女「いい?この後少ししたらヒリヒリ痛くなると思うけど、男なんだから我慢するのよ?」

女「は?し、知らないわよそんな事!その位の火傷で、お風呂入れないとか!」

女「あんたは子供か!!」

女「な、なんなら…私が一緒に入って髪の毛や身体洗ったげよう………か??」

女「へ?いくら取られるかわからないからいい??何いってんの!!」

女「いくら私だってケガ人には優しくするわよ!!もう、絶対一緒に入ってやらないんだから!!」

???「………」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:49:52.02 ID:P+ZpKNHjQ
アスカ「床に落ちた肉やや野菜も拾って食べる!それがジロリアンよ!」

アスカ「脂っこいからってスープは残さない!ジロリアンの鉄則ね!」

アスカ「スープを飲み干したら店員さんにドヤ顔よ!これで真のジロリアンになれるの!」


???「ほぉ…お嬢ちゃん…ならこの掟も知っているのかな?」(CV:若本)

アスカ「アンタ誰ぇ?」

???「二郎の店の中で他の客におにんにんを見せられたらしっかりくわえて味わなければならない……」ジジ

アスカ「ひ……」ビクビク

???「さぁお嬢ちゃん!デザートにおじさんのおにんにんもくわえてもらおうか…」ニョキ

アスカ「イ、イヤアアアアア!!」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:50:22.84 ID:krDsu8VWO
女「とにかく!さっさとDVD出しなさいよ!!」

女「そうそう、これこれ!!前から見たかったの!面白いって噂なのよね!」

女「わくわくw」

女「………チョイス間違えた…どうせならホラーにしとけばよかった……」

女「な、何でもないわよ!別にホラーならどさくさまぎれに抱きつけるとか思ってないわよ!!」

女「ちょっとぉぉぉ!!あんた何さっきから全力否定しまくってるのよ!!私だってか弱い女の子なんだからね!!」

???「………」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:50:59.93 ID:krDsu8VWO
女「面白かった〜!!」

女「うんうん、まさかの超展開で最後までわくわくしたw」

女「え?じゃあバイバイ?は?」

女「や、そ、そうじゃないけど…わ、私だって忙しいけど……」

女「そ、そう!あんた怪我してるじゃない!そんなんじゃご飯作れないでしょ?!」

女「ききき、今日は、わ、私が作ってあげるわよ!DVDのお礼も兼ねて!」

女「何失礼な事言ってるのよ!私だってちゃんと料理くらい作れます!!」

女「絶対に食わせて美味しいって言わせてやるんだから!!!」

???「………」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:51:30.40 ID:krDsu8VWO
女「ねぇ…私の目が悪くなっちゃったのかな?」

女「冷蔵庫の中…味噌と醤油とマヨネーズしか入ってないように見えるんだけど…」

女「そんなの自慢になりません!!これじゃ何も作れないじゃない!!」

女「も、もしかして、お米もない??」

女「はぁ〜……まったく…買い物行くわよ!!さっさと支度して!!」

女「ダルい〜じゃない!それとも女の子に重たいお米まで持てって言うの??!!」

女「ほら、行くわよ!!」

???「………」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:52:03.75 ID:krDsu8VWO
女「あんた何か食べたいものある?」

女「肉じゃが?ほんと男って肉じゃが好きよね」

女「ちゃんと作れます!!よし、じゃあ今日は肉じゃが作ってあげるわね!感謝しなさい!」

女「ふふふ〜ん♪にんじん、たまねぎ、白滝、牛肉〜♪おっと!忘れちゃいけないジャガイモさんw」

???「………」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:52:41.22 ID:krDsu8VWO
女「ふふふ、こうして一緒に買い物してると、新婚さんとかに見られちゃうかな?w」

女「あんたに聞いた私が馬鹿だったわよ…」

女「は?別にガッカリとかしてないし!!帰ってちゃちゃっと作っちゃうわよ!」

???「………」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:53:06.77 ID:f8F7by32P
これ前に見たぞ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:54:46.16 ID:krDsu8VWO
女「にんじん、ジャガイモ、たまねぎの皮剥いて…」

女「ん?別に手伝ってもらうほど……し、仕方ないわね!じゃあ、ジャガイモの皮剥いといて!」

女「♪〜〜」

女「な、何?別に機嫌よくなんて無いわよ!」

女「料理は楽しそうに作ったほうが美味しそうになるだけ!!」

女「ば、馬鹿!ななな、何で私があんたのお嫁さんにならなくちゃいけないのよ!!」

女「え?いい奥さんになるって言っただけで、俺のとは言ってない?」

女「ししし、知ってるわよ!!もう!邪魔するならあっち行ってて!!シッシッ!!」

???「………」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:55:19.22 ID:krDsu8VWO
女「はい、できたわよ」

女「え?こ、この位出来て当たり前だよ!」

女「ななな、何よ、急にそんなしおらしい事言って…こんなんでよければ、ま、毎日でも作りに…」

女「ねぇ………何で私に隠れて胃薬飲んでるのかな?うん?」

女「ふざけんじゃないわよ!!!もう食べなくて結構です!!」

???「………」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:56:03.40 ID:krDsu8VWO
女「ま、まぁ今回は許してあげるわよ」

女「どうぞ、召し上がれ」

女「ど、どう…??美味しい…?」

女「よ、よかったぁ〜…」

女「へ?べ、別に嬉しそうになんてしてない!!く、口に合わなかったら次作る時はとか考えて…」

女「とにかく!美味しいんなら文句言わず食べる!!」

女「おかわりいっぱいあるから、食べちゃってよね!!」

???「………」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:56:41.05 ID:krDsu8VWO
女「はい、お粗末さまでした」

女「だぁかぁらぁ〜、私だって女の子だって言ったでしょ!!」

女「あれ位できて当たり前!他にだっていろいろ作れます!!」

女「はぁ?何で明日また作りに来なくちゃいけないの?」

女「え?ほ、本当にそんなに美味しかった?」

女「男のお母さんにも負けない?……ふふふ、そ、そっか…お母さんに勝てたか…ふふ」

女「し、仕方ないわね!あんたの怪我もまだ良くならないでしょうし、また明日も作りに来てやるわよ!!」

女「ちょ、ちょっと!何そんなに喜んじゃってるのよ!!」

女「もう!で、明日は何作ってほしいの?カレー?今日と同じ材料になっちゃうわよ?」

女「ん、あんたがそれでいいって言うなら、作ってやろうじゃないの!至高のカレーというやつを!!」

???「………」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:57:38.47 ID:hl37hcUj0
これは即興性が売りのながらタイプで
書き溜めるタイプのものじゃないような

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:58:53.40 ID:4LFH5rUQ0
ハルヒ死ねよ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 15:59:41.27 ID:krDsu8VWO
この辺りまでが前回分です

前回は中途半端に終わったので、続きを書かせて下さい

終わりましたら、すぐさま消えますので

続きです

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:00:31.80 ID:krDsu8VWO
女「じゃ、私は帰るわね」

女「へ?ととと、とま、泊まってく訳ないでしょ!!」

女「あんたに何されるか分かったもんじゃないし!!」

女「はぁ?!俺は巨乳好きだから貧乳に用はない??」

女「貧乳で悪かったわね!!こう見えて着痩せするタイプなんです!!」

女「寄せて上げてすれば私だって巨乳になれます!!」

女「ちょっと!詐欺とは何よ!聞き捨てならないわね!!」

女「あんた、月の無い夜は後ろに気をつけなさいよ!!」

???「………」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:01:24.10 ID:krDsu8VWO
女「じゃ、私は帰るわね」

女「ちょっと!か弱い女の子が、夜道を帰ろうとしてるのよ?」

女「送ってこうかの一言もないわけ?!」

女「は?月の無い夜は後ろに気をつけろとか言う女のどこがか弱いのか?」

女「か、か弱いに決まってるでしょ!!だから暗闇に乗じて背後から襲うんじゃない!!」

女「そ、そういう意味なの!!」

女「ほら、さっさと送りなさいよ!!」

???「………」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:02:19.48 ID:krDsu8VWO
女「今日は月がとっても綺麗ね」

女「星もあんなに輝いて…本当に綺麗」

女「あのさ、そこは嘘でも『君の方が綺麗だよ』って言うとこじゃない?!」

女「それを、何が『あ、あんなところに赤提灯が』よ!!」

女「あんたさっきご飯食べたばかりじゃない!!」

女「ま、まぁ、美味し過ぎてがっついて食べたから、すぐにお腹空くのはしかたないか」

女「胃薬飲んだから消化が…?あっったまきた!明日のカレーはあんたの嫌いな激甘にしてやる!!」

???「………」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:03:18.42 ID:krDsu8VWO
女「じゃ、私んちここだから。送ってくれてありがとう」

女「明日は朝食はどうするの?」

女「は?そんなのばかり食べてたら病気になるわよ?!」

女「あんた馬鹿ぁ〜〜〜?!」

女「生野菜も食べてるって、所詮は出来合いのコンビニで売ってる奴でしょ!」

女「手作りに勝るわけないじゃない!!」

女「いいわ、明日の朝も作りに行ってあげる!」

女「人の好意は素直に受けなさい!!」

???「………」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:04:01.86 ID:krDsu8VWO
女「お、おはよう」

女「何よ、まだ寝てたの?いくら休みだからって、寝過ぎじゃない?」

女「べ、別に早くないわよ!嬉しくてついつい早く来ちゃったとかじゃないんだから!!」

女「何言ってるのよ!もう6時じゃない!!」

女「う……ち、朝食は、毎日同じ時間に食べなきゃダメなんです!!」

女「いいからあんたもシャキッとしなさい!!」

???「………」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:04:44.57 ID:krDsu8VWO
女「ねぇ、いつまでパジャマでいるのよ」

女「いいから着替えなさい!!」

女「わ!わ!!あ、あんた馬鹿ぁ〜〜〜〜??!!」

女「わ、私がいるのに、なんでいきなり目の前で脱ぎ出すのよ!!」

女「ちちち、ちょっと!!も、もういいわよ!!」

女「わ、私はトイレに入ってるから!!」

女「ち、違うわよ!!女の子にむかって何言ってんのよ!!」

女「あんたが着替え終わるまで隠れてるだけ!!着替え終わったらすぐに呼びなさいよね!!」

???「………」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:05:17.88 ID:qXIFYesN0
ξ゚听)ξ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:05:19.14 ID:krDsu8VWO
女「き、着替えたわね?」

女「あ、当たり前でしょ!!何度も言いますが、私だって女の子なんです!!」

女「目の前で着替えられたら、恥ずかしいに……」

女「ふ〜ん、私が肉食系女子と言いたいわけ。それじゃあんたは草食系男子よね」

女「知ってる?草食動物は肉食動物の餌だって。私に食べてもらいたいの?」

女「ちょっと!!何で土下座までして本気で謝ってんのよ!!」

女「あっったまきた!!絶対喰ってやる!!」

女「あ!逃げるな!!」

???「………」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:06:07.47 ID:krDsu8VWO
女「まったく!冗談に決まってるじゃない!」

女「それを、逃げるだなんて……本気で傷付いたわよ…」

女「肉食獣に見つかったら逃げるのは当然?」

女「だから!誰が肉食獣よ!!」

女「ま、まぁいいわ。で、あんたは何食べたいの?」

女「『た、食べられたくない』じゃなくて、何を食べたいか聞いてるの!!」

女「あんた馬鹿ぁ〜〜〜?!」

女「じゃあ、何の為に私がここにいると思ってるのよ!!」

女「もういい……流石の私も疲れたわ……」

???「………」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:07:17.39 ID:krDsu8VWO
女「さて、それじゃあ私は自分の分だけ朝食作って食べようかな」

女「昨日卵買ったし、これをボールに入れてっと」

女「お砂糖と牛乳を少し入れて、泡立て器でよーく混ぜ…何よ」

女「は?何作ってるって、オムレツだけど」

女「は?何であんたのまで作らなくちゃいけないの?」

女「それが、何か?どうせ私は肉食獣ですからね!あんたのものは私のもの!」

女「餌の分際で何生意気言ってんの?」

???「………」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:08:23.44 ID:krDsu8VWO
女「ん〜、いい匂い!我ながらよく出来た!」

女「あとはトースト焼いてコーヒー入れて…」

女「何よ。それは私のって言ったでしょ」

女「ちょ!ば、ばか!!それ位で泣くんじゃないわよ!!」

女「冗談に決まってるでしょ!!あんたのはこれから焼くわよ!」

女「あ、当たり前じゃない!一辺に2人分は作れないから、出来立てをあんたに食べてもらいたくて……」

女「とにかく!大人しく座って待ってなさい!!」

女「そ、そうよ。やればできるじゃない」

???「………」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:09:27.47 ID:krDsu8VWO
女「はい、出来たわよ」

女「ちょっと!ま、まだそれで完成じゃないんだから!少し待ちなさい!」

女「何をするのかって?」

女「ふふ……ケチャップで……はい、完成!」

女「………ねぇ。今、思いっ切り引いてたわよね。どういう事よ!!」

女「わ、私だって恥ずかしいけど!あんたが喜ぶと思って文字書いてやったのに!!」

女「え?文字書いてくれたのは嬉しいんだけど、その文字が問題?」

女「闘魂とか書かれて喜ぶ奴は一部のマニアだけ?」

女「そ、そんな事は分かってるわよ!あ、あんたにもう少し積極的になって……」

女「もう食べてくれなくて結構です!!」

???「………」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:10:09.53 ID:krDsu8VWO
女「ふん………せっかく私が腕を振るって……」

女「ほ、本当?そ、そか」

女「ま、まぁ、私にかかればチョロイチョロイ!」

女「ふふ、こんなのでよければ、いつでも作ってやるわよ」

女「だ、か、ら、そんなに喜ばないでよ!!まったく!!……ふふ」

???「………」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:10:58.74 ID:krDsu8VWO
女「さぁて、朝食も食べたし……」

女「は?何言ってんの?」

女「掃除と洗濯をするに決まってるでしょ!」

女「部屋は一見綺麗に見えるけど、細かいとこが汚い!それに、あんた洗濯物かなり溜め込んでるでしょ!」

女「とにかく、今日は掃除と洗濯しちゃうわよ!」

女「つべこべ言わない!お昼抜きにするわよ!」

女「そうよ!ちゃ〜んとやれば、美味しいお昼ご飯作ってやるわよ!」

女「だぁかぁらぁ!ご飯作ってあげるだけでそんなに喜ばない!!」

???「………」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:11:50.52 ID:krDsu8VWO
女「で、あんた掃除と洗濯、どっちやる?」

女「ふざけんじゃないわよ!何で私が両方やらなくちゃいけないのよ!」

女「ま、まだ、けけけ、結婚した訳じゃないのに!!」

女「そ、そりゃあ私だって旦那様の為なら、朝早く起きて朝食作ったりお弁当作ったり、掃除や洗濯、夜の相手までいっぱい尽くす……」

女「うっさいわね!!柄にもなくてすみませんね!!」

女「私が洗濯するから、あんたは掃除しなさい!!」

???「………」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:13:26.26 ID:krDsu8VWO
女「いい?細かいとこまでちゃんと掃除するのよ!」

女「本棚の隙間とか、テレビやパソコンの隙間とか、意外と埃が溜まってるんだから!」

女「ば!!な、何言ってんのよ!!女の子にむかって!!サイテー!!」

女「そ、そんなに溜まってるの?……せ、責任取ってくれるなら、わ、私が……」

女「掃除機の音で聞こえなかった?べ、別に何も言ってないわよ!!」

女「ほらそこ!!掃除機くらいしっかりかけなさいよ!!」

???「………」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:14:30.59 ID:krDsu8VWO
女「まったく、こんなに洗濯物溜めて!着る服が無くなったらどうするのよ!」

女「洗うのだって大変じゃない!こういうのはこまめに洗うもんでしょ!汗臭いし!!」

女「………」

女「こ、これは……パ、パンツ……よし、洗濯手伝ってる報酬って事で……」

女「さっきの汗臭いTシャツとセットで一枚づつ貰って……」

女「ひゃい?!Tシャツとパンツ握りしめて何してるかって?!」

女「せ、洗濯に決まってるじゃない!!見てわかんないなんて、あんた馬鹿ぁ〜〜〜?!」

女「ど、どうでもいいでしょ!!そんな事より、掃除は終わったの?!しっかりやらないとお昼抜きだからね!!」

???「………」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:15:29.20 ID:krDsu8VWO
女「掃除も洗濯も終わったし、お昼ご飯作っちゃいますかね。何食べたい?」

女「ば、ばか!そんな風に褒められたって嬉しくないんだから!!もう!」

女「それじゃ、簡単にパスタにでも……」

女「何よその顔!あんた今、私が作るのなら美味しいから何でも良いって言ったじゃないの!!」

女「男が言い訳しない!!」

女「お昼はパスタ!!いいわね!!」

???「………」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:16:53.64 ID:krDsu8VWO
女「お鍋にお湯を沸かして……」

女「にんにくと玉葱を薄く切って……よ、夜の事を考えて、に、にんにくは多めに……ん?」

女「ち、ちょっと!あっち行ってなさいよ!!………今の聞かれてなかったわよね…?」

女「で、オリーブオイルをフライパンに引き、にんにく玉葱を炒めて……」

女「茹で上がったパスタと茹で汁少しを入れて絡めて、塩コショウで味付けして…」

女「はい、出来たわよ!」

女「何よ!その不満そうな顔は?!」

???「………」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:17:47.53 ID:dA/PEOgG0
???「????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:39:35.28 ID:krDsu8VWO
女「でしょ?当たり前じゃない!」

女「ふふん!誰だったかしらね〜、そんなの食べたくないとか言ったのは」

女「でぇ〜?何か私に言う事はないのかなぁ〜??」

女「え?はぁ?ちょ、ななな、何言ってるのよ!!」

女「そ、そういう冗談は言うもんじゃないわよ!!ほ、本気にしちゃうじゃ……」

女「………は?」

女「喰え!!お腹一杯喰って破裂しちゃえ!!こんにゃろー!!無理矢理口に押し込んでやる!!」

???「………」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:40:09.67 ID:krDsu8VWO
女「………ふん!」

女「し〜り〜ま〜せ〜ん〜!!」

女「何よ!私はあんたに喜んで貰おうと一生懸命作ったのに!!」

女「あ……な、何でもないわよ!そ、そう!どうせあんたなんか、手料理作ってくれる人いないだろうし!」

女「ま、まぁ、一応?私も女の子だからね!女の子が作った料理は嬉しいでしょ!」

女「や!ちょ、ちょっと!な、何するのよ!!」

女「あ、頭なんか撫でられたって、う、嬉しくないんだから!!」

???「………」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:40:48.72 ID:krDsu8VWO
女「あ、あのさ!」

女「午後は、部屋でゆっくりしない?カレーの材料ならあるしさ!!」

女「うん!見たいDVDがまだあるし!!」

女「やった!!そしたら、あんたはここへ座って!!」

女「いいから早くしなさい!!で、私は……」

女「い、いいでしょ!い、一度、あんたの膝の上に座ってみたかったの!!」

女「ちょっと!重いとはどういう意味よ!絶対にどかないんだから!!」

???「………」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:41:27.67 ID:krDsu8VWO
女「あ、あのさ……」

女「あんた……今、彼女いないんでしょ?」

女「ならさ……私が……なったげよっか…?」

女「な?!貧乳は嫌だですって?!私のどこが貧乳よ!!」

女「あっっったまきた!本気で頭きた!!絶対付き合う!!もう、なりふり構ってらんない!!」

女「いい?!たった今から、私はあんたの彼女!あんたは私の彼氏!!分かった?!分かったら返事!!!」

女「うん、最初から素直にそう言ってればいいのよ。じゃ、これからも、よろしくね!ダーリン!」

???「………」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

女「デュフフwww」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:42:23.27 ID:krDsu8VWO
女「押しに弱い男の事……これで勝つる!!!」

女「私にメロメロになって、晴れて友達から彼氏彼女の仲に!!ぐふふw」

女「つ、付き合った暁には……あんな事やこんな事も……いやぁ〜ん///」

女「男……前から好きだったんだ……」

女「男「女ちゃん……じ、実は…僕も前から……」」

女「ふふ……じゃあ早速一発やらせて貰おうか!!」

女「男「いやぁぁぁ!そこは!ら、らめぇぇええ!!」」

女「ぐふふwぐふふふふwww」

弟「姉ちゃん、さっきから何してんの?」

女「ひゃぃぃぃい!!??」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:42:59.77 ID:krDsu8VWO
女「おと、弟!!あ、あんたいたの?!」

弟「ああ」

女「い、いったいいつから!!」

弟「え〜と『お昼食べるのに〜』ってとこから」

女「最初からじゃない!!」

弟「まぁそうとも言う」

弟「てかさ、み○もんたの縫いぐるみ(等身大)相手に何やってんの?」

女「な、何でもいいでしょ!弟には関係ない事よ!!」

弟「うむ、それはさっきの一人芝居みてればわかる」

女「じゃあいいじゃない!邪魔よ!シッシッ!」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:43:39.11 ID:krDsu8VWO
弟「はいはい」

女「くっ……弟に見られてしまうとは……一生の不覚……」

女「ま、まぁいいわ!」

女「この計画が上手くいけば!明後日の夕方には……ふへへw」

女「ね、ねぇ!き、今日は私帰らなくてもいいんだけど」

女「男「え?!そ、それは……」」

女「と、泊まっていってやるって言ってるの!!有り難く思いなさいよ!!」

女「男「う……うん……」」

女「って事で!一発やらせなさい!!」

女「男「ひゃぁぁああ!は、激しいよぉぉぉ!!」」

弟「だからさ、姉ちゃん。み○もんた人形に跨がって何やってんの?」

女「あばばばばば」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:44:11.86 ID:krDsu8VWO
女「な、何よさっきから!!」

弟「いや、さっき用事を言い忘れてて」

女「な、何よ!さっさと言いなさいよ!!」

弟「男さん来てるよ」

男「よ、よぉ………」

女「ちちち、ちょっと!!あ、あんた何勝手に人ん家に上がりこんでるのよ!!」

男「いや…弟君に……上がってって……」

女「も、もしかして……あんたも最初から……」

男「ま…まぁ……」

女「ななな、何見てんのよ!!!」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:45:11.59 ID:krDsu8VWO
男「いや……まぁ……」

女「まぁ……じゃない!!変態!スケベ!!覗き魔!!」

男「ひど!!」

弟「てかさ、姉ちゃん。そんな姑息な計画立てるよりも、直接本人に言ってみたら?」

女「あ、あんた馬鹿ぁ〜〜〜?!」

女「それが出来ないから苦労してるんじゃない!!」

弟「いや……だって男さんも最初から見てた訳だし。ねぇ」

男「ま、まぁ……そ、それに…俺も……」

女「マジ?!し、仕方ないわね!わ、私があんたの彼女になったげるわよ!」

男「う、うん…」

女「違うでしょ!ちゃんと返事しなさい!!」

男「は、はい!!よろしくお願いします!!」

女「ん。それでよし!!」

〜〜fin〜〜

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:49:31.03 ID:krDsu8VWO
と、まぁ、姉ちゃんの婚約祝いに……ラストまで書かせて頂きました!
義兄もビパーなので多分目に留まるかな?

遅くなったけど、おめでと〜!!

では、私信失礼しました!!

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:50:09.29 ID:FwHWcxKo0
えっ実話こわい

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 16:53:49.88 ID:d1wVg0pX0
ケータイ小説化決定


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/12(水) 17:31:00.39 ID:BBAgnb7D0
ブラックレジオン決定

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)