5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キュアピーチ「キュアローズガーデン?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:11:37.48 ID:CACh+jctO
キュアピーチ「キュアローズガーデン?」
ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1271405965/


簡単なあらすじ

フレッシュプリキュアの世界をホームグラウンドとしラブからダーリン、他の者から青髭と呼ばれる俺は
プリキュア5GOGOの世界にダークプリキュア5を引き連れ乗り込んだ、狙いはキュアローズガーデン

それを危惧したフローラはラブ達の一通の手紙を送った、ラブ達はフローラの願いを聞き入れ参上し
俺が所属するエターナル、プリキュア5GOGO、フレッシュプリキュアの三つどもえに戦局は混乱していく

フレッシュ勢はダークルージュを、俺たちはキュアベリーを人質に取り、戦局は更に乱れていった

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:13:11.03 ID:ZhI75nsXO
あらすじ読んだらこんがらがった

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:15:44.52 ID:9PIA0iwmO
ktkr。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:25:02.59 ID:CACh+jctO
ラブ「……」

せつな「……」

祈里「……」


シロップ「ロプー!」


祈里「シロップさん……」

シロップ「……あんたらに手紙だ」

メルモ「メー!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:26:37.79 ID:MWxVLTzcO
待ってた

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:29:26.85 ID:CACh+jctO
ラブ「ダーリンからかな……?」

DR「……」

シロップ「ああ、青髭だ」

せつな「この手紙は青髭から渡されたの?」

シロップ「メルモから出てきたんだ
     会ったわけじゃない」

メルモ「メー!」

祈里「……美希ちゃん」

せつな「あけましょうラブ」

ラブ「うん……」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:35:30.09 ID:CACh+jctO
…………
……


かれん「青髭からの手紙……
    でも、どうして私だけに宛てられたのかしら?」

かれん「これはみんなに言うべきよね」

かれん「……でも」

かれん「……」

かれん「な、内容を確認してからでも……」


りん「かれんさん、何してんだろ
   手紙……?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:39:49.87 ID:CACh+jctO
…………
……


シビレッタ「ずいぶんまわりくどいことをするねあんた!」

俺「だってよー、怖いじゃん
  クローバーの面子と人質交換なんて死にに行くようなもんだよ」

シビレッタ「クローバー?それが新たに増えたプリキュアの名前かい?」

俺「うん、そー」

シビレッタ「へー、お前さんなかなかどうしてプリキュアに詳しいね」

俺「うん」

シビレッタ「……」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:43:42.23 ID:CACh+jctO
俺「なー、婆ちゃん
  俺どうすりゃいいのかな?」

シビレッタ「……どうかしたのかい?」

俺「俺って計算外のことに弱いんだよ」

シビレッタ「……」

俺「あいつらが来てから動けなくなりつつあるんだ」

シビレッタ「ヒーヒーヒーwお前がかい?」

俺「あ、失礼だな!
  俺だって人間だよ!」

シビレッタ「ふーむ……」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:47:55.52 ID:CACh+jctO
シビレッタ「お前さんとあのプリキュアがどういう関係なのか知らないけど
      お前さんが一番大切にしてるものはなんだい?」

俺「……」

シビレッタ「あのダークプリキュア5とかいうやつらじゃないのかい?」

俺「それが違うんだなー」

シビレッタ「……」

俺「両方大切、みんなで幸せゲットだよ」

シビレッタ「どちらか片方に絞りな」

俺「あ、やっぱり」

シビレッタ「欲張りは痛い目に遭うよ」

俺「……」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:50:56.14 ID:CACh+jctO
俺「……」

ブンビー「……」

俺「ブンビーさん元気ないじゃないですか?」

ブンビー「……」

俺「ブンビーさーん!」

ブンビー「……ヤドカーンさんとイソーギンさんが
     プリキュアにやられ殉職してしまったんだよ」

俺「……」

ブンビー「……」

俺「はー……」

ブンビー「(私どうしよ……)」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 21:52:27.64 ID:9PIA0iwmO
青髭の君ってばつくづくおばあちゃんっ子なんだから
ラブにすら心を開いてなさげなのに、なにこのシビレッタさんの扱い

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:00:35.94 ID:CACh+jctO
…………
……


ラブ「……」
祈里「……」
せつな「……」
DR「……」

かれん「……」


りん「な、何やってんだろ?密談ってやつ!?
   しかもあたしのコピーまでいるし」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:00:39.87 ID:FTQfO5KYO
初期:まさやの世界にプリキュアがやってくる現実的妄想
中期:マー君がプリキュアの世界に入りこむ創作的妄想
現在:青髭がプリキュアの世界を破壊する厨二的妄想

どんどん悪化してるな

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:04:28.60 ID:P5vxmkYM0
パートスレってことで落としていいの?

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:07:07.11 ID:CACh+jctO
かれん「青髭からの手紙の内容では
    あなたたちにキュアモを預けダークルージュを預かり
    私が人質の交換をするのね」

せつな「どうやら同じ内容の手紙があなたのところにも届いたみたいね」

かれん「……」

祈里「美希ちゃんを助けてくれるって私信じてる!」

かれん「……ずいぶん都合のいい話ね」

祈里「いいからキュアモってやつ渡して交換にいけよ!」

かれん「私がこの交渉に応じる必要はないわ」

祈里「……だったらやらせてくださいって言うまで
   ボコボコにしてやんよ」


りん「……」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:07:28.89 ID:v5EebcAq0
>>14
ノリは初期の方が好きだったけど何故かスレを開いてしまうのは
悪化していくマー君が少し心配だからなのかもしれない

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:09:07.22 ID:csgxQUmb0
なんかフローラってえろかったよな、女性的で

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:12:26.57 ID:CACh+jctO
祈里「なんとか言えよ!!」

せつな「ブッキーやめなさい」

かれん「……」

ラブ「お願いします!」

かれん「……」

ラブ「私の、私の友達を助けてください!!」

かれん「……いいけど」

ラブ「ありがとうございます!」

かれん「……だけど一つ約束してちょうだい」

ラブ「……」
祈里「……」
せつな「……」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:15:29.26 ID:CACh+jctO
かれん「もう青髭のことは諦めなさい」

ラブ「……」

せつな「同感だわ、青髭はラブを捨てて好き勝手やってるの
    いい加減に見限ったら」

祈里「……ま、しゃーねーよな」

ラブ「……」

かれん「……」

せつな「ラブ」

祈里「……」

ラブ「わかったよ……」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:18:35.96 ID:CACh+jctO
ラブ「私もう青髭さんをダーリンとは呼ばない」

せつな「……」

かれん「……」

ラブ「こんなヒドいことする人……もう信じない……」

祈里「……」

ラブ「青髭はもう敵だよ!」

せつな「……」

祈里「……」

かれん「わかったわ、キュアモをあなたに預ける」


りん「……!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:20:07.04 ID:gfe/7JXN0
あらすじwwww

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:23:31.13 ID:kraOcvBCO
信じて夜まで待ってたけど明日プリキュアだし、もう寝なきゃ
明日の八時半までは残ってるって、私信じてる!

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:24:26.34 ID:CACh+jctO
りん「そんな勝手な話があるわけないでしょ!!」

かれん「りん……」

りん「もうあんた達帰んなよ!!
   邪魔なのよ!!好き勝手してさ!!」

ラブ「……」

せつな「帰るわよ、美希を取り戻したらね」

祈里「うんうん」

りん「キュアモも持たさずかれんさんを青髭のとこに行かせて!!
   かれんさんが人質に取られたらどうすんのよ!!」

かれん「りん、でもこれは仕方がな」

りん「かれんさんは黙っててください!!」

かれん「……」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:31:55.90 ID:CACh+jctO
りん「ダークルージュをこっちに渡してすぐ帰んな
   あとは私たちでやる、あんた達の友達だって助けてみせる」

ラブ「……」

りん「返事は!?」

祈里「そういうわけにはいかないわ!
   美希ちゃんと一緒じゃなきゃ帰れないわ」

かれん「……」

せつな「その子の言っていることも一理あるわ」

祈里「せつなちゃん!」

かれん「……」

せつな「青髭は人質交換にかれんさんを要求した
    だからかれんさんの意志を尊重する」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:36:25.59 ID:CACh+jctO
祈里「(あ、そうか、青髭のことだからこういう可能性も考えて
    かれんを指名したんだ)」

せつな「かれんさん、好きな方を選んでください」

かれん「……」

りん「だからそれが勝手だって言ってんでしょーが!!
   かれんさん!!受ける必要ないですよ!!」

かれん「……」

ラブ「……」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:41:47.16 ID:CACh+jctO
かれん「やるわ、りん」

りん「かれんさん!?」

かれん「あなたが私を心配してくれているように
    この人達にとっても美希が心配なのよ」

りん「……」

かれん「だから私、やるわ」

せつな「ありがとうございます」

祈里「(目がイースだ)」

ラブ「……」

りん「どうなっても知りませんよ!」

かれん「心配してくれてありがとう、りん」

りん「……絶対…絶対無事に帰ってきてくださいよ!」

かれん「ええ……」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:46:54.15 ID:9PIA0iwmO
支援。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 22:47:45.40 ID:CACh+jctO
ラブ「ブッキー、せつな」

祈里「うん?」

せつな「なにラブ?」

ラブ「私達も戦闘準備だよ!」

祈里「……マジかよ」

せつな「……」

ラブ「アカルンで交換の場に介入する!」

祈里「いや、でもよー、それかれんが危険じゃね?」

せつな「そうよ!キュアモがな……そうか」

ラブ「青髭は戦力にはならない4対4なら勝てる」

祈里「……ちょっと待ってろ、作戦をつめるから
   あれ?いけるかもしんねー」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:06:49.59 ID:gfe/7JXN0


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:08:42.59 ID:CACh+jctO
祈里「いけるな
   キルンとアカルンでいつもの待ち作戦
   キュアモをかれんに渡して変身させれば4対4」

せつな「でも鏡の国で交換が行われたらどうするのかしら?」

祈里「鏡の国で交換が行われても
   アカルンでいけるだろ」

せつな「いけるけど正確な位置はわからないわよ」

祈里「鏡の国にかれんが入った状態で鏡の国へ行く
   あとはそこの動物を使えばいい」

せつな「動物いるのかしら?」

祈里「確認すりゃいーだろ
   たぶんいるよ」

せつな「あいつにしては随分詰めの甘い交換ね」

祈里「あいつぁラブが自分の敵になるなんて予想すらしてないんだろ」

ラブ「…………」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:19:09.78 ID:wx7JevsF0
俺がこのスレを開くのは毎度単純に面白いからだからな
プリキュアは好きだけど他のアニメと同列に好きって程度だから純粋に楽しんでる

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:22:08.87 ID:CACh+jctO
…………
……


俺「か〜れ〜ん〜!」
DD「……」
DM「……」
ベリー「……」

かれん「青髭……」
DR「……」

俺「やっぱかれんは俺を裏切らない!
  好きだよかれ〜ん〜!」

かれん「よくもそんな勝手が言えるわね」

俺「俺の勝手だよー!!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:27:23.21 ID:CACh+jctO
俺「んじゃ人質交換といきましょうか」

ベリー「……」

かれん「……その前に一つ教えてちょうだい」

DR「……なんで」

かれん「え?」

俺「……」

DR「なんで助けに来たのさ!?
   私達はそういうんじゃないだろ!!」

俺「……」

DD「ルージュ!」

DR「私が勝手な行動したんだから見捨てりゃいいじゃないか!!
   みんなに迷惑かけて私が足手まといの無能みたいじゃないか!!」

俺「……」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:31:53.18 ID:WnmhF8jpO
おかえり

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:36:10.11 ID:CACh+jctO
俺「ルージュは助けてほしくなかったってさ」

DM「あーあー、なんかバカみたい〜」

DR「……」

かれん「あなた……」

俺「ルージュ!俺たち会議やったんだよ!
  みんな好き勝手だからさー!」

DR「……」

俺「その結果、俺達はこれから多数決で動くことに決定しましたー!」

DR「多数決……?」

俺「これからはチームで動こうねってことだよ、少数派は切り捨て!」

DD「……」

DM「……」

かれん「……」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:37:10.24 ID:9PIA0iwmO
支援。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:40:57.21 ID:CACh+jctO
俺「ルージュは助けてほしくなかった
  助けたくないに1票加算されジャカジャカジャカジャカ、ジャン!!
  5:1で助けたいが可決されましたー!!」

DM「はー……」

DD「ルージュ、一緒に帰ろ」

DR「……あんたたち」

俺「よってルージュの意見は切り捨てです!!」

DR「……」

俺「帰ろうぜルージュ!」

DM「みんなよくわからないからなんとなく助けることにしただけ」

俺「そーそー、深く考えんなって!」

DR「……」

かれん「(なんなのよこれ!思ってた関係と全然違うじゃない!)」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:45:29.99 ID:CACh+jctO
俺「ルージュ!俺の可愛いダークルージュ!!」

DR「や、やめなよ!抱きつくんじゃないよ!!」

DM「……」

DD「……」

DM「おかえんなさ〜い」
DR「ちょっ!あんた達までなんのつもりだい!」
DD「ルージュ!」


かれん「こんなの……こんなの違う!!」

ベリー「……」

かれん「あなたはエターナルで!悪の組織で!!
    仲間なんてなんとも思わないやつで!!」


俺「……」


かれん「違う!こんなの違う!!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:49:33.11 ID:S5UpyfjK0
生意気なりんちゃんさんに
この光景を見せてやりたいぜ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:50:14.63 ID:CACh+jctO
俺「帰るぜー!!」

DD「うん!」

DR「もう放しなよ!」

DM「いいじゃない、どうせなんかよくわかんないんだし」


かれん「……」

ベリー「……」



パイン「あめーよ!!!」ブゥゥ…ン
ピーチ「……」ブゥゥ…ン
パッション「かれんさん!受け取って!」ブゥゥ…ン


俺「……んん?」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/17(土) 23:55:24.82 ID:CACh+jctO
かれん「……」

カランカランッ

パッション「かれんさん!?」


パイン「手駒2つとは油断したな!!
    あんま人のことなめんなよ!!」

ミント「私あんまり護るとかしたくないんだけどな」ブゥゥ…ン


ピーチ「……!」ダダダッ

俺「……そうかピーチ、俺たちここまでか」

DD「させないよ!!」

ピーチ「どいて!!」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:01:02.39 ID:9PIA0iwmO
支援。

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:01:19.72 ID:58O8MKIeO
俺「ダークルージュ、お疲れのとこ悪いけどこれ持って」

DR「鏡?よくわかんないけど、まあ…いいよ」

俺「ドリーム!ミント!」

DD「うん!」

DM「わかったわよ」


パイン「下がった!!鏡?何枚あんだよ!?」

ピーチ「……!!」


俺「レモネード!歌え!」

『イィィィイイイイィィイイイヤヤヤャャャャヤヤヤャャアアアァァァァアアア』
『イィィィイイイイィィイイイヤヤヤャャャャヤヤヤャャアアアァァァァアアア』
『イィィィイイイイィィイイイヤヤヤャャャャヤヤヤャャアアアァァァァアアア』
『イィィィイイイイィィイイイヤヤヤャャャャヤヤヤャャアアアァァァァアアア』

パイン「っ!?」

ピーチ「ッ!?」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:04:43.21 ID:Nk6XmD1h0
んーこれ何時くらいまで残ってるかな
前一日がかりで書いてたこともあって心底おどろいたなぁ
今日は朝から映画行くからログ保存できなさそうだな

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:10:55.71 ID:58O8MKIeO
俺「鏡の反射を利用しレモネードの攻撃力の倍加ってやつ?」


ピーチ「…………」
パイン「…………」


パッション「なんてことをするの……」

かれん「……」

ベリー「ピーチ!!パイン!!」


俺「悪役バンザーイ!!」

DD「もう帰ろうよ」

DR「……」

俺「そうだな、あいつらすぐ回復するしな」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:23:38.26 ID:58O8MKIeO
俺「ほんじゃ、バイバ〜イ!!』


かれん「あなたは!!あなたはキュアローズガーデンに
    何をしに行くつもりなの!!?」


俺「……』


かれん「……」


俺『命を生み命を育むキュアローズガーデン
  そこは生死のサイクルの中心』


かれん「……」


DD『……』

DR『……』

DM『……』

俺『俺たちはシャドウを復活させる』

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:27:46.95 ID:58O8MKIeO
ベリー「シャドウ……?」

かれん「私達が鏡の国で倒した敵……」


ピーチ「……そんなこと」


俺『……』


ピーチ「そんなことさせない!!」


俺『……ピーチ』


ピーチ「もうあなたの言葉なんて!聞かない!!」


俺『さよなら』

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:31:18.79 ID:58O8MKIeO
ベリー「……」

かれん「……」

パイン「……」

パッション「……帰りましょう
      ここにいてもどうしようもないわ」

ピーチ「……」

パッション「ピーチ」

ピーチ「……」

ベリー「ピーチ……」

ピーチ「さよなら……」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:36:36.79 ID:mJLngnkXO



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:37:28.21 ID:58O8MKIeO
…………
……


DR「……」

DD「……」

DR「みんな……」

DA「……」

DR「あ、あ……」

DM「……」

DR「あり……がとう……?」

DD「うん!」

DM「なんか……、変な感じね」

DA「フンッ」

DR「……そういや、青髭は?」

DL「青髭だったら今回の任務失敗の報告書書いてんだってー」

DM「命令違反で報告書の量三倍って嘆いてたわよ」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:40:13.75 ID:58O8MKIeO
俺「ルージュのアホー」カシャンカシャン


DR『……」

俺「ルージュのアホー」カシャンカシャン

DR「……あのさ」

俺「……」カシャンカシャン

DR「……」

俺「ルージュのアホー」カシャンカシャン

DR「ごめんよ」

俺「ルージュのアホー」カシャンカシャン

DR「……」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:43:22.40 ID:69N23fwhO
猿避。

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:45:21.69 ID:58O8MKIeO
DR「私達なんかわかってきたような気がする」

俺「……」カシャンカシャン

DR「でもたぶんこれはプリキュア5の言ってたのとは違う」

俺「……」カシャンカシャン

DR「別にあいつらがいなくても寂しくないし
   笑顔になるわけでもない」

俺「……」

DR「でも大切なんだ、よくわかんないけど
   なんとなく一緒にいたい」

俺「……」

DR「変かな?変だよね」

俺「……」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:50:56.14 ID:58O8MKIeO
俺「お前らの距離感は俺にはわからない」

DR「……」

俺「でも、ルージュがそう思ったなら
  それがルージュの答えなんだ」

DR「そうかい……」

俺「いーよなーお前ら一心同体でー
  俺ラブ達に捨てられちゃったよ」

DD『いいじゃない、私達がいるよ」

DM『報告書手伝ってあげてもいいわよ」

俺「……ま、いっか」

DL『私ここでお菓子食べたげる〜」

DA『……」

俺「全員集合かよ!?」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:56:08.17 ID:RApMGynG0
このままずるずると5に移行していくいのだろうか

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 00:58:58.60 ID:laa/jXBVO
>>56
それは今後のお楽しみだろ
ただ前みたいな平和なコメディに戻れるって私信じてる

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:04:25.33 ID:nelnMt4D0
俺ダークの連中好きだからこのままでもいい
と言うか青髭に懐いてるダーク連中が好き

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:06:51.90 ID:58O8MKIeO
…………
……


ラブ「……」

祈里「ラブちゃん、もう帰ろうよ……」

せつな「私達がここに居ても仕方ないわ」

美希「ラブ……」

ラブ「……あの人は私達でなんとかしなくちゃダメ」

せつな「プリキュア5に任せればいいじゃない」

ラブ「……」

美希「……」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:11:48.90 ID:69N23fwhO
ラブと青髭は仲直りできるって、私信じてる!

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:13:08.77 ID:58O8MKIeO
ラブ「青髭を拾ってきたのは私だから私が決着をつける」

美希「……嫉妬じゃないそれ?」

ラブ「……美希たん?」

美希「ダークプリキュア5はたぶん……
   あの人にとって大切な子なのよ……」

ラブ「……」

美希「私人質にされてるあいだ、あの人達を見てたけど
   口先でテキトーなこと言ってあいつは
   あの子たちに何かを諭してるようだった」

ラブ「……」

美希「みんなならわかるんじゃない?
   手段は選ばないし平気で人に危害を加える屑だけど
   あいつは案外自分のためには動かない」

祈里「……」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:13:54.66 ID:nelnMt4D0
>>60
リミッターオフ!

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:18:47.37 ID:58O8MKIeO
祈里「シャドウを復活させるってつまり」

美希「あの子たちのためよ」

せつな「……本当にそれがあの子たちのためになるの?
    シャドウってやつ、世界征服とかいう
    意味のわからないことを企んでいるんでしょう?」

美希「……それは、わからないけど……」

ラブ「違うよ美希たん……
   そもそも人のコピーなんて存在しちゃいけないんだよ」

美希「……」

ラブ「あの人と一緒にあの子たちも消さないとダメなんだよ
   絶対に」

美希「(……あたしは……そうは思わない)」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:23:25.04 ID:58O8MKIeO
…………
……


りん「かれんさん!」

かれん「……」

こまち「かれん……」

かれん「ねぇみんな……」

のぞみ「……」

うらら「どうしたんですか?」

かれん「私達のコピーって本当に倒さなきゃいけないのかしら……」

ココ「……」

ナッツ「……」

シロップ「……」

メルポ「メー……」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:27:47.66 ID:58O8MKIeO
りん「な、何言ってんですか!?かれんさん!!」

かれん「……」

うらら「そうですよ、自分が二人いるなんて気持ち悪いじゃないですか」

こまち「……」

かれん「りんは青髭のこと好き?」

りん「はい!?好きなわけないでしょ!!」

かれん「ダークルージュは青髭のこと大好きなのよ」

りん「……」

かれん「あの子たちは本当に同じといいきれるかしら」

りん「かれんさん!いい加減にしてくださいよ!!」

のぞみ「……」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:30:51.34 ID:UykG+nK/0
なんかせつねぇ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:33:52.42 ID:58O8MKIeO
のぞみ「そういえば青髭さん
    こいつらはお前らじゃないー!って言ってたね」

ココ「ああ、言っていたな」

くるみ「……」

うらら「よくわかりません」

かれん「……い、いてもいいんじゃない?
    そうよ!いてもいい!絶対そうよ!!」

りん「青髭に何を吹き込まれたんですか!!?」

かれん「何も吹き込まれてない!!
    なんとなく気持ち悪いから殺すなんて!
    これじゃ私達が悪者じゃない!!」

ナッツ「……」

シロップ「だけど青髭はローズパクトを狙ってくるぞ」

かれん「……」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:38:46.80 ID:58O8MKIeO
うらら「そう言えばのぞみさん
    ダークドリームを助けようとしていましたよね?」

のぞみ「え?あ、うん!」

うらら「なんでですか?」

のぞみ「……」

ココ「……」

のぞみ「だってあの子泣いてたんだよ!」

りん「はい?」

かれん「……」

のぞみ「あの子にも心があって私達に興味を持ってた
    そしたらなんかね、倒したくなくなっちゃったんだよ!」

うらら「……」

くるみ「……」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:46:27.11 ID:58O8MKIeO
こまち「私も…できればあの子を護りたかった」

かれん「私は戦うことに必死でそういうこと考えてなかった」

りん「……あたしもだ」

かれん「たぶん今、あの子達の心は別の人格に育ってる」

ココ「青髭が育てたんだろうな……」

うらら「青髭さんがですか!?」

ココ「う〜ん……なぁ、ナッツ」

ナッツ「ああ、あいつは屑だが、人の気持ちがわからないやつじゃない……」

くるみ「それをいつも巧みに利用されるんですよね」

かれん「……」

こまち「……」

りん「それを今言わないでよ……」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 01:53:07.15 ID:58O8MKIeO
のぞみ「じゃあさじゃあさ!」

うらら「……」

のぞみ「もうコピーを変に意識しない!決定〜!」

りん「あんたって子は……」

ココ「ハハッ、のぞみらしいな」

のぞみ「でもでも!襲ってくるなら戦っちゃうんだからね!!」

かれん「まったく……」

うらら「のぞみさんがそういうならそれでいいです!」

りん「ちょっと!!なに決定みたいになってんの!!」

のぞみ「りんちゃ〜…ん……」

りん「……うぬぬ、はー……リーダーの命令なら仕方ないか」

のぞみ「りんちゃん!!」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:05:07.36 ID:58O8MKIeO
…………
……


俺「婆ちゃん!婆ちゃーん!お茶入れたよ!」コンコンッ

俺「入るよー!!」ガチャ

シーン

俺「婆ちゃん……」


アナコンディ「……何をしているのですか?」


俺「あ、アナコンディさん!婆ちゃ、シビレッタさんは?」


アナコンディ「……シビレッタさんなら殉職しました」


俺「……」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:08:47.60 ID:58O8MKIeO
アナコンディ「……」

俺「そうですか……」

アナコンディ「あなたもそろそろ危ないと自覚していますか?」

俺「……」

アナコンディ「地下深くで働く仕事の方があなたにはお似合いのようですね」

俺「……」

アナコンディ「黙っていてはわかりません
       ローズパクトを奪ってくるか
       地下で働くか今決めてください」

俺「う……うう……」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:12:56.99 ID:58O8MKIeO
アナコンディ「どうするんです!?」

俺「か、髪の毛逆立てちゃダメですよアナコンディさん!
  ローズパクトですね!必ず!奪ってきます!」

アナコンディ「……」

俺「……」

アナコンディ「これはラストチャンスですからね
       肝に銘じてかかりなさい」

俺「わ、わかりました」

アナコンディ「……」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:16:28.05 ID:58O8MKIeO
俺「そうか……あの婆ちゃん死んだのか……」

DD『……」

俺「……」

DM『なんだかここも、静かになったね……』

俺「ブンビーさんも居なくなったからな……
  あの人今地下で働いてんじゃなかったっけ」

DD「……」

俺「はー……」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:21:31.37 ID:58O8MKIeO
DM『嫌味ばっかいう上司?ってやつが居なくなって
   清々してるんじゃないの?』

俺「……」

DM『……』

俺「そうだねー……清々したといや清々したねー……
  だけどやかましいのが居なくなったら」

DM『……』

俺「なんだかちょっと静かで、者悲しいや……」

DD「……」

俺「何やってんのドリーム?」

DD「シビレッタから借りた本、どうすればいい?」

俺「……」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:26:34.73 ID:58O8MKIeO
俺「……どこにあったんだろうなーこれ」

DD「……」

俺「……わかんねーや」

DD「シビレッタは?」

俺「……もう居ないよ……」

DD「……」

俺「もう会えないんだ……
  悪いことしてたから殺されても文句一つ言えやしない……
  プリキュア5を怨んでやるなよ……」

DD「うん……」

俺「本は机の上に置いとこう……」

DD「うん……」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:31:04.09 ID:58O8MKIeO
ムカーディア「人間のくせにしぶといな君は」

俺「……」

ムカーディア「もう私にはあとがないんだ」

俺「私も一緒ですよ」

ムカーディア「……」

俺「……」

ムカーディア「行くのか?」

俺「アナコンディさんの命令なんで」

ムカーディア「そうか……」

俺「んじゃ、いってきまーす」

ムカーディア「……」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:35:47.93 ID:58O8MKIeO
俺「アクア、モンブラン国王の容体は?」

DA『回復しているようだ』

俺「よし……」

DR『やるんだね、ついに』

俺「ああ』

DD『……』

DL『ガンバロー!』

DM『おー……』

俺『奪いにいくぞ』

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:38:16.75 ID:+fMXE5H30



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:42:04.40 ID:58O8MKIeO
…………
……


俺「………ホシイナー」

ホシイナー「ホシイナー!!」



ココ「なにかでたココ!!」

ナッツ「近いナツ!!」

りん「やっぱり来ちゃうわけね!!」


俺「ヤッホー!マイフレンド!!
  今日は正面から来ちゃったよー!!」


りん「誰があんたなんかと友達なもんかー!!」

かれん「あ、あいつが正面から来るですって!!」

のぞみ「襲ってくるなら戦う!そう決めたもん!!
    みんないくよ!!」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:47:21.28 ID:58O8MKIeO
俺「俺にはもうあとがないんだよー!!!
  ローズパクト渡せよプリキュア5!!!」


ミント「……」

ドリーム「……」


俺「ローズパクトどこにあるんだよ!!!
  誰が持ってんだよ!!」


アクア「(シロップが持ってることは知っているでしょ?)」


俺「思い出した!!あの鳥だ!!!
  いけー!!ダークプリキュア5!!!」


ルージュ「(あいつもしかして……)」

レモネード「(あとがなくなって錯乱している?)」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:52:31.53 ID:58O8MKIeO
DD「……チッ」
DM「……早いわねー!」

シロップ「お前らごときに捕まる俺じゃないロプ!!」


俺「何やってんだよ!!お前らも行けよ使えねーな!!!
  挟み撃ちにすりゃいいだろ!!!」

DA「……」
DR「……」


ドリーム「そうはさせない!!」


俺「ホシイナー!!やっちまえ!!!
  俺は逃げる!!!レモネード!!!俺を護れ!!!」

DL「……」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 02:56:08.70 ID:58O8MKIeO
ミルキィローズ「あなたの相手はこのわた」


俺「レモネード!!あとは頼んだぞー!!!
  俺は逃げーる!!!」

DL「はいはい……」

ミルキィローズ「あんな屑護る価値あるの?」

DL「……」



ルージュ「冷静なあんたなら驚異だけど
     今日のあんたは全然怖くない!」

ホシイナー「ホシイナー!!」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:03:41.23 ID:58O8MKIeO
ミント「プリキュア!エメラルドソーサー!!」

DM「うわっ!」

ミント「私はあなたにずっと謝りたかったの!!」

DM「何を!?」

ミント「護ることができなくてごめんなさい」



ドリーム「悪いことをするなら容赦しないんだから!!」

DD「……チッ」



ルージュ「青髭なんかの言いなりになんないで!!
     そしたらあたしもあんたを認めてあげるから!!」

DR「認める?随分上から目線だねオリジナルだからって調子に乗るな!!」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:08:25.20 ID:58O8MKIeO
アクア「(な、なにかおかしいわ……)」

DA「……」

アクア「(なにか見落としてるような
     そもそも青髭がおかしい)」

DA「……」

アクア「青髭?青髭は!?」

DA「ほう…、気づいたか…」



俺「おわー!!逃げてたらココとナッツの前に出てきてしまったぞー!!」

ココ「ココー!!?」
ナッツ「ナツー!!?」

俺「ココナッツ、ゲッチュー!」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:15:23.97 ID:58O8MKIeO
ドリーム「ココ!!」

ミルキィローズ「ココ様!!ナッツ様!!」

ミント「ナッツさん!!」


俺「はいはいみんな!!集合ー!!
  ココとナッツを俺が抑えておけるのは一分ないよ!!」

DD「うまくいったね」

DR「おとなしくしなよ」
ココ「ココー!!」

DL「みんなひっかかってや〜んの!」

DM「猿芝居って案外役に立つのね」

DA「……」
ナッツ「ナツー!!」

俺「なに?君らの間で俺を戦力から外すの流行ってんの?
  小動物くらいなら確保できるよ」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:20:30.84 ID:58O8MKIeO
ルージュ「汚い!!また人質!?」

アクア「ローズパクトと交換ってわけね!!」

ドリーム「ローズパクトは渡さないし
     ココとナッツも返してもらう!!」


俺「撤収!!』

DR「あー、よく働いたー』

DL「バイバ〜イ!』


ミント「……」

レモネード「……え?」

ドリーム「……え?」

ミルキィローズ「ど、どういうこと?」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:20:48.48 ID:5ecc9ngJP
MH、SS、HCにも来てよまーくん
5とGOGOあんま見てないんだよ・・・

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:24:23.15 ID:58O8MKIeO
俺「ローズパクトは渡さない
  でもココとナッツも返してもらう』


ドリーム「……」

ルージュ「待ちなさいよあんた!!」


俺『それはあまいんじゃねーの?
  俺はラブを手放したぜ……』


ドリーム「ココを!!ココを返して!!!
     ローズパクトなら渡すから!!!」


俺『いらねーよ』


アクア「……なんで!?」

ミント「ナッツさん!!」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:30:52.85 ID:58O8MKIeO
…………
……


ココ「ココ達をどうするつもりココ!?」

DR「うるさいねー」

ナッツ「ローズパクトが狙いじゃなかったナツ!?」

俺「ローズパクトとかどうでもいいんだよ」

クリスタル「……」

ココ「く、クリスタル!?」

ナッツ「なんでダークプリキュア5がいるのに
    クリスタルがここにあるナツ!?」

俺「こいつらはクリスタルでよみがえったわけじゃない
  話せば長くなるから掻い摘んで説明するとキュアキュアプリプーだ」

クリスタル「……」ブゥゥ…ン

ココ「クリスタルが!!」

俺「ダークローズパクトとでも名付けるかな」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:33:16.61 ID:5ecc9ngJP
まさかダークミルキィローズまで・・・

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:33:43.72 ID:Ycq6t4pcO
なるほどプリキュアプリプーだったのか

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:41:13.33 ID:58O8MKIeO
俺「クリスタルは5つ、ローズパクトの他に4つの国の王も複製済みだ」

Dドーナツ国王「……」
Dババロア女王「……」
Dクレープ女王「……」
Dモンブラン国王「……」

ココ「ココ!?」

ナッツ「ナツ!?」

俺「さぁ、キュアローズガーデンの扉を開け」

DM「計画通りって感じ」

DD「ふふっ」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:48:03.27 ID:58O8MKIeO
ココ「ココは!!絶対お前の言いなりにはならないココ!!」

ナッツ「複製された国王もみなお前の言いなりにはならないナツ!!」

Dドーナツ国王「よいではないかドナ」

ナッツ「ナツ!?」

Dモンブラン国王「うん、いいじゃないモモ」

ココ「ココ!?」

俺「ハッハッハッ!」

ココ「お前!!王達に何をしたココ!!」

俺「何も、そもそもクリスタルが複製した者は性格が違うし
  同じ人間ではないんだ」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:52:23.69 ID:58O8MKIeO
俺「……」

DD「……」

俺「本当にこれでよかったんだな?」

DD「こうするしか……なかったんだよね?」

俺「俺はプリキュア5からローズパクトを取り上げるなんて
  できないからな……」

DD「うん、これでいい」

DR「……」

DM「あれだけ話し合って決めたことじゃない」

DA「いまさら何を言い出す?」

俺「別にー」

DL「……」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 03:57:27.92 ID:58O8MKIeO
ココ「絶対に扉は開かないココ!!」

ナッツ「ナツ!!」

俺「まぁ、そうかたくなになんなって!」

ココ「ココ……」

俺「俺たちは別にキュアローズガーデンに戦争しに行くわけじゃない」

ナッツ「騙されないナツ!!」

俺「ま、お前らの気持ちがわからないわけでもないが
  そもそもキュアローズガーデンに俺達が入っちゃいけない理由がない」

ココ「お前らはシャドウを蘇らせるつもりだココ!!」

ナッツ「そんなや」

俺「すまんが人型になってくれ」

ココ「ココ?」

ナッツ「ナツ?」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:01:50.31 ID:58O8MKIeO
ナッツ「貴様等はシャドウを蘇らせるつもりだ」

俺「ああ、そうだ」

ココ「そんなやつのために扉は開けない」

俺「……」

ナッツ「……」

俺「あいつらには言えないが俺はシャドウを蘇らせるつもりはない」

ココ「は?」

俺「そもそも生死のサイクルの中心に行ったからといって
  死んだ者を蘇らせる手段があるかは知らん」

ナッツ「……」

ココ「えぇ!?」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:08:12.00 ID:58O8MKIeO
俺「あいつらはいまいち生死についてよくわかってない」

ココ「おいおい」

俺「だけどまぁ、お前らがエターナルの人間を抹殺してくれたから
  だいぶ勉強できたみたいだけどな」

ナッツ「まるで俺たちが悪いような言い方だな」

俺「これでも感謝してんだぜ」

ココ「だがそれでも」

俺「お前らにはお前らのローズパクトがある
  お前らはお前らでキュアローズガーデンを目指せばいい
  俺たちは一足先にキュアローズガーデンに行く」

ココ「……」

ナッツ「……」

俺「それだけの話じゃないか」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:14:24.30 ID:58O8MKIeO
俺「もうちょっとなんだよ」

ココ「なぜ!!なぜシャドウを蘇らせることが
   悪いことだと教えてあげないんだ!!
   君が言えばわかってくれるんじゃないのか!?」

俺「……」

ココ「それだけじゃない!!
   襲うこと!!奪うこと!!壊すこと!!
   なぜそれが悪いと教えないんだ!!」

俺「……」

ココ「……」

俺「好き勝手言うなよ
  戦うために作られた存在にそれを理解させるのが
  どれだけ難しいかわかってんのか?」

ナッツ「……」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:17:01.80 ID:1oQjQ99PO
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1270999543/
これの続編か
なんか他にもあったはずだがまとめないのか?

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:22:18.95 ID:58O8MKIeO
俺「お前みたいに物わかりいい良い子を相手にしてんじゃねーんだよ
  道理がわからない子を相手にしてんだ……」

ココ「そうかもしれないが……
   話せばきっとわかってくれるはずだ!」

俺「あいつらとの対話から逃げたことはねーよ
  一つ一つ経験させ、一つ一つ理解させるしかないんだよ」

ナッツ「なぜ、そこまでする?」

俺「ここに来て一番にあいつらからお願いされたことは
  シャドウ様を蘇らせる方法を教えて、だ」

ココ「……」

俺「次がプリキュアからローズパクトを奪うのに協力して、だ
  ほっときゃあいつらはお前らに殺されてたんだ」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:28:06.30 ID:58O8MKIeO
俺「ただ無邪気なだけの子を気持ち悪いという理由で
  目の敵にして敵視したお前らを俺は許さない」

ココ「……の、のぞみ達ならもうそれを理解した!
   大丈夫だ!」

俺「何日かかったんだよ……」

ナッツ「……一つ訊く」

俺「……」

ココ「ナッツ?」

ナッツ「本当にキュアローズガーデンになにもしないんだな?」

俺「……ああ」

ナッツ「わかった、力を貸そう」

ココ「ナッツ!!」

ナッツ「俺は、こいつを信じてみることにした」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:32:16.55 ID:58O8MKIeO
俺「ココ、これは鏡の国から出るアイテムだ」

ココ「……な、なんで、そんなものを僕に渡す!?」

俺「これでも俺はお前らと戦うのつらいんだぜ」

ココ「勝手なことを言うな!!」

俺「……」

ココ「……」

俺「いろいろ悪かったとあいつらに伝えてくれ
  俺たちは二度とお前らの前には現れない」

ココ「……勝手だよ君は……」

俺「……」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:43:00.83 ID:Qxit3nhl0
ほお

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:44:04.53 ID:58O8MKIeO
Dモンブラン国王「バラの力に集いし五つの国の王
         キュアローズガーデンの扉を開けるため
         今その冠に全ての意志を注ぎ込むべし」

Dドーナツ国王「……」

Dババロア女王「……」

Dクレープ女王「……」

ココ「なんで王冠がここにあるココ……」

ナッツ「準備がよすぎるナツ……」


俺「……」

DD「これが、キュアローズガーデンの扉……」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:48:03.83 ID:58O8MKIeO
DM「一番ー!」

DL「ずるーい!」

DD「待ってよ!」

DA「……」

DR「……?早く行こうよ青髭」

俺「ああ……」


ココ「ココ……」

ナッツ「ナツ……」


俺「申し訳ありませんでした」


ココ「……」

ナッツ「……早く行くナツ」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:54:41.25 ID:58O8MKIeO
…………
……


ココ「ただいま……」

のぞみ「ココ!!」

りん「ど、どうやって帰ってきたの!?」

こまち「青髭さんは?」

ココ「それは……」

ナッツ「あいつは目的を果たした」

ココ「ナッツ……」

かれん「目的を果たしたって!?」

りん「キュアローズガーデンに行ったってこと!?」

ナッツ「あいつの目的はキュアローズガーデンではなかった」

うらら「どういうことですか!?」

ココ「ただの面倒見のいい先生だったのさ」

くるみ「……?」
シロップ「……?」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 04:58:31.99 ID:58O8MKIeO
…………
……


俺「こんな階段があるなんて聞いてねーし……」

DR「もう疲れたのかい?」

俺「ミントおんぶー」

DM「絶対嫌」


DL「青髭ー!!ついたよー!!」

DD「早く早く!!」


俺「アクアー……」

DA「……つかまれ」

俺「すまん……」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:03:43.23 ID:58O8MKIeO
俺「これがキュアローズガーデンか」

DD「へー」

俺「バラしかねーな」

DM「変な場所……」


DL「青髭ー!こっちこっち!なんか変なのが寝てるよ〜!!」

DR「すっごい美人だよ」


俺「ダッシュダッシュ!!
  今俺フリーだからダッシュダッシュ!!」


DA「疲れてたじゃなかったのか!」

DD「……」

DM「あいつは……」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:06:18.39 ID:1n3GvTio0
流石まーくんだ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:10:00.79 ID:58O8MKIeO
フローラ「……」

俺「……」

フローラ「誰ですか……?」

俺「青髭のおじさんだよー」

フローラ「青髭……」

DM「ずいぶんグータラした人ね」

DD「寝転がって話すのはダメ!
   だよね?」

俺「状況によるな、どうやらこの人調子が悪いみたいだ」

DR「調子が悪いって何さ?」

俺「プリキュアからパンチ百発貰ったあとみたいな状態」

DR「そりゃつらいね」

DL「つらいね」

フローラ「……」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:18:42.74 ID:58O8MKIeO
フローラ「なぜ、あなたのような悪意がここへ……
     支配を望む物にキュアローズガーデンの扉は開かれません……」

俺「支配ー?誰か支配望んでんの?」

DD「支配ってあれよね?
   シャドウ様がしたがってたこと」

俺「……」

DD「じゃあ私が望んでる!
   青髭もよね!?」

俺「そうだなー、ベリーやパインを支配してたっていやしてたか
  だけどあれはなかなかめんどくせーぞ」

DM「面倒くさいのは苦手だわ」

俺「多数決やんぞ!!支配したい人!」

DD「はい!」
DA「……」

俺「2:4で支配したくないが可決されました
  我々は支配を望んでません」

フローラ「……」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:24:53.04 ID:58O8MKIeO
フローラ「……」

俺「……」

DL「ねー、青髭ー!飽きた!
   あっち行ってみていい?」

フローラ「なりません!」

DL「あんたに訊いてない!!」

フローラ「……ここにあるバラは命そのもの
     あなた方のような者が散らしていいものではないのです」

俺「ふーん……じゃ、バラを散らさないように遊んでおいで
  できるな?」

DL「たぶん……」

DR「私もついていくよ、それなら安心だろう?」

俺「ケンカだけはすんなよ」

フローラ「……」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:31:16.11 ID:58O8MKIeO
俺「へー、じゃあこれ、人の命そのものなんだ」

フローラ「そうです、ですからあなた方のような」

DD「命そのものなら、シャドウ様の命もここにあるの!?」

フローラ「シャドウ?」

俺「……」

DM「……」

フローラ「生ける者なら咲いているバラに
     死した者なら種として地中にあります」

DA「地中か」

俺「おい、掘るなよ」

DA「……」

フローラ「お願いです帰ってください
     あなたがたは」

DD「シャドウ様の種はどこにあるの?」

フローラ「……」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:36:12.69 ID:58O8MKIeO
DL「……」

DR「……」

DL「シャドウ様から与えて貰った力が反応してる」

DR「近くにシャドウ様がいるんだ」

DL「……バラは散らしちゃダメなんだよね?」

DR「……」

DL「……」

DR「散らさないように行こう」

DL「うん!」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:39:29.93 ID:58O8MKIeO
フローラ「入ってはなりません!!」

俺「……!?」

フローラ「ハア……ハア……」

俺「ビックリしたー……」

DD「……」

DA「……」

DM「……」

俺「どうしたんだよ?」

DM「ルージュとレモネードがシャドウ様を見つけた」

俺「……そうか」

フローラ「……」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:46:16.78 ID:58O8MKIeO
DL「青髭ー!シャドウ様見つけたよー!!」

俺「なんだこれ?種?」

DR「シャドウ様」

俺「シャドウの種か……」

フローラ「……」

俺「フローラさん、これ育てたらシャドウは復活すんの?」

フローラ「そ、そうですが」

俺「んじゃ、みんなでシャドウの種育てて気長にやろうぜ」

DD「すぐに復活するわけじゃないのか……」

俺「……」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:48:22.77 ID:1n3GvTio0
俺の目が覚めるまで残っていますよーに
寝る前に支援

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:53:00.39 ID:58O8MKIeO
DR「しかし、この種からどうやってシャドウ様が復活するんだろうね……?」

DA「まず頭が生えてくるのか」

DM「なにそれ気持ち悪〜い」

俺「(命を生み命を育てるか……
   ま、いい経験になるだろう……
   こいつらに共通の目的ができるのはいい……)」

フローラ「……帰ってください」

俺「フローラさん」

フローラ「……」

俺「こいつらのバラはここにあんの?」

DD「……」

DL「……」

フローラ「ですから、生ける者なら」

俺「ごめん、そうじゃない」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 05:57:41.47 ID:58O8MKIeO
俺「こいつらはプリキュアをコピーして造られた存在で
  正規の命じゃないんだ」

フローラ「……」

俺「あるかな?」

フローラ「……」

DD「……」
DR「……」
DL「……」
DM「……」
DA「……」

フローラ「そういうことですか……
     少しお待ちください」

俺「……」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:04:04.70 ID:58O8MKIeO
フローラ「……」

俺「……」

フローラ「あります、まだ小さな蕾ですが確かに5つあります」

DD「……」
DR「……あるんだ」

俺「よかったな、お前らの命、認められてるみたいだぜ」

DL「あはっ!?」

DM「やったね!?」
DA「やったのか!?」

DD「ホント!?」
DR「どこにあるの!?」

フローラ「……」

俺「お前らよくわかってねーだろ」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:10:13.22 ID:58O8MKIeO
フローラ「こちらに……ハア…ハア…」

俺「いやホント、体調悪いのに無理をさせて申し訳ない」

フローラ「か、構いません…ハア…ハア…」

DD「ホントだ!」

DR「あるね!」

フローラ「お水を与えてあげてください」

DL「うん!あげる!」

DM「あれ使えばいいのかしら?」

DA「とりあえず行ってみよう」

フローラ「ふふっ……」

俺「ははっ」

フローラ「ゴホッゴホッ」

俺「フローラさーん……ご自愛をー……」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:15:07.58 ID:58O8MKIeO
フローラ「あなたがたは不思議な方々でした
     悪意を発したり、そうかと思えば善意の塊にもなり」

俺「……」

フローラ「その謎がようやくわかりました
     あなたがたはただ無邪気なだけなのですね」

俺「こいつらはな」

フローラ「あなたもです」

俺「こいつらはな」

フローラ「……」

DD「……もーっともーっと」

俺「おい、水やりすぎんなよ
  程々にしろ」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:22:54.03 ID:58O8MKIeO
俺「それじゃシャドウの種は貰っていく」


フローラ「大切に育ててあげてください」


俺「うんー!」

DD「バイバイ」

DM「青髭ー、この種あなたのポケットに入れとくよ」

俺「いや、お前ら大切にしろよ」


ホシイナーの玉「……」シャドウの種「……」


俺「……んん?」

ピカッ

俺「な、何これ!?」

DR「青髭、あんた発光できたんだ」

俺「できるわけねーじゃん!」


フローラ「……」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:28:22.18 ID:N3CLxg+zP
用事が済んだらまーくんはクローバータウンに戻ってくるって私信じてる!

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:28:40.97 ID:58O8MKIeO
シャドウ「ワーハーハーハー!!!なんだかしらないけど復活したわ!!
     ドリームコレットをよこしなさい!!!」

俺「ね、ねーよ」


フローラ「大切に育ててと言ったのにー!!」


シャドウ「ドリームコレットはどこだ!!
     ドリームコレットを手に入れ僕は全世界の支配者になるよ!!」

DD「シャドウ様!!」

DR「シャドウ様」

シャドウ「ん〜?あなた達は……」

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:33:50.10 ID:58O8MKIeO
シャドウ「思い出したわ!!あなた達は
     せっかく力を与えてあげたというのに
     プリキュアに負けた使えないゴミじゃない!!」

DM「申し訳ありません、しかし次こそは」

シャドウ「あなた達なんてもういらないわ!!」

DA「シャドウ様!!」


俺「……あれ?」


フローラ「支配を望む者にキュアローズガーデンの扉は開かれません」


俺「……え?」


フローラ「出てお行きなさい!!」


俺「まさかの強制排出!?」

シャドウ「なんだこれはー!!?」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:39:18.70 ID:58O8MKIeO
シャドウ「ドリームコレットはどこにある!?」

俺「落ちてんのに余裕だねあんた!!」

DD「ドリームコレットはどこにあるの!?」

俺「確かデスパライアとか言うやつが使って石になったからもうねーよ!!」

シャドウ「……」

俺「……」

シャドウ「ふざけるな!!」

俺「待って!!殴っちゃダメ!!!
  俺殴られると死ぬから殴っちゃダ」

シャドウ「……」ガスッ


俺「……天……罰…………」


DM「あ、青髭ー!!!」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:46:26.59 ID:58O8MKIeO
シャドウ「……ここは……鏡の国ね……」

DD「シャドウ様!青髭はシャドウ様を蘇らせるために
   動いてくれた人です!!仲間にしてあげて!!」

シャドウ「仲間〜?」


俺「……俺の墓には……ゆりを供えてくれ
  好きなんだ……」

DM「しぶといわねー」

DL「ゴキブリ並みー」


シャドウ「あ〜んな美しくない男いらない」

DR「シャドウ様……」

シャドウ「それにあなた達だってもういらない」

DD「……」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:50:51.08 ID:58O8MKIeO
俺「(しまった……シャドウが復活した……)」


DD「シャドウ様!どうかもう一度チャンスを!」

シャドウ「うるさいのよ!!」


俺「(あー…、ダークプリキュア5がボコボコにされてるぞー…)」

DM「シャドウ様……」

俺「(どうしよどうしよどうしよ
   どうしよー……)」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 06:55:33.86 ID:58O8MKIeO
俺「(ま、こいつらが望んだことか……
   どうなっても俺が関与していい問題じゃねーや)」


DA「シャドウ様!」

シャドウ「鬱陶しいわね!!あなた達なんていらないのよ!!」


俺「(しっかしなんでこんなやつ蘇らせたかったのか?
   忠誠心半端ねーし……)」


シャドウ「あなた達に与えた力、返してもらうわ!!」

DR「シャドウ様……」


俺「ちょっ!待てよ!!」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:01:52.14 ID:58O8MKIeO
俺「シャドウ、お前支配者になりたいんだろ?」

シャドウ「……」

俺「こいつらも支配してやれよ」

シャドウ「いらない!!役立たずなんていらない!!」

俺「……」

DM「危ないわよ!何やってんのよあんた!!」

俺「お前らこんなやつ蘇らせて何がしたかったんだよ?」

シャドウ「こんなやつ……人間ごときが僕をこんなやつと言った!?」

俺「げぇっ」

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:06:44.80 ID:58O8MKIeO
DR「……」
俺「……」
DM「……」

シャドウ「おどきなさい!!これは命令よ!!」

DR「さっさと逃げなよ!」

俺「……」

DM「シャドウ様!!どうか話を!!」


俺「ドリーム!!」

DD「……」

俺「……」

DD「わ、私達にはシャドウ様しかいないんだ!!
   シャドウ様に捨てられたらおしまいなんだ!!」

俺「……」

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:14:59.63 ID:58O8MKIeO
俺「……俺じゃダメなの?
  あいつの代わりはやるつもりないけど」

DD「……」

俺「……ダメならいーさ」

DD「よく、わかんないよ……」

俺「……」

DD「……」


DM「……」

DA「……」


シャドウ「動きが止まった?」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:20:59.41 ID:58O8MKIeO
DL「私、シャドウ様より青髭の方がいいや」

俺「レモネード……」

DM「シャドウ様って面倒くさ」

俺「ミント……」

DR「はー、やれやれって感じだね」

DA「……フンッ」

俺「ルージュ、アクア……」

DD「……」

俺「ドリーム!」

DD「うん!」


シャドウ「それはそれで腹がたつわ!!」


俺「さすが支配者だ、ワガママ力が半端ねー」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:25:05.10 ID:58O8MKIeO
俺「シャドウ!!」

シャドウ「なによ!!」



俺「バイバーイ!!」

DM「に、逃げるの!?」

俺「逃げるよ!だって勝てそうにねーし!!」

DR「……らしいっちゃ、らしいけど」

DL「きゃはははは!!」

俺「(しかしまぁ、どうするかな……)」

DD「シャドウ様……」

DA「はー……」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:32:53.01 ID:58O8MKIeO
…………
……


俺「鏡の国はシャドウ、エターナルに戻ればアナコンディ
  街に戻ればプリキュア5、田舎に帰ればフレッシュ」

DM「なんの話しているのかしら?」

俺「帰る場所が全てデンジャーって話」

DM「大変ね」

俺「お前らもだよ
  新天地を目指すしかないかなー
  スプラッシュスターかなー」

DL「スプラッシュスター?」

俺「南に他のプリキュアがいるらしいよ」

DL「ふーん……」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:40:20.20 ID:58O8MKIeO
俺「スプラッシュスターの連中にシャドウを倒してもらうよう
  お願いしにいくか!」

DM「それしかなさそうだね」

DA「……」

俺「……待てよ、鏡の国に帰れないってことは
  お前ら出っぱなしか、かれんみたいな金持ちいんのかな?
  最悪、また敵組織に属するしかないぞ」

DR「行き当たりばったりだね」

俺「……」



ラブ「チェインジ!プリキュア!ビートアップ!!」

祈里「ラブちゃん?」

美希「ど、どしたの?」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:46:12.54 ID:58O8MKIeO
ピーチ「青髭……」


俺「……」

DR「あら、プリキュアだよ」

俺「ピーチィィー!!」


ベリー「やっぱ青髭だ!」

パッション「まだこの街に居たの」

パイン「今までの怨みが晴らせるって私信じてる!!」


俺「ぞ、ぞろぞろ来んなよ」

DD「この人達にお願いしようよ」

俺「お、俺の話理解してたの?」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:49:25.15 ID:58O8MKIeO
DD「お願いします、シャドウを倒してください」

ピーチ「……」



俺「うわぁ……」

パッション「今日は鏡の国に逃げないの?」

俺「ぱ、パッションさぁ〜ん……」

ベリー「確保」
俺「……」
パイン「確保」

DM「確保されちゃった」

DR「……」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:57:14.45 ID:uam98YAQ0
そろそろスーパーヒーロータイム

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 07:59:49.80 ID:58O8MKIeO
…………
……


ピーチ「……」


ベリー「あんた、さすがにこれはないんじゃない?」

俺「すみません」

パイン「よくわからない人を蘇らせて手に負えなくなったから
    倒してくださいなんて虫が良すぎるわ」

俺「すみません」

パッション「ピーチふてくされちゃったじゃない
      謝りなさい」

俺「すみません」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 08:04:02.67 ID:58O8MKIeO
DD「頼み方が悪かったのかな?」

俺「……」

DD「もう一度頼んでみる!」

俺「やめて!!」

DR「なんでだろうね、あんたがブンビーから
   タイプライターの使い方教えてもらったように
   頼んだんだけどね」

俺「あー……」

DA「……」

俺「立派だよお前ら!感動した!」

ベリー「……」
パイン「……」

俺「すみません」


ピーチ「……」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 08:05:49.42 ID:n9XHyCMIO
これはピーチ帰省フラグってことでいんだよな?

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 08:07:29.77 ID:58O8MKIeO
ピーチ「……コピーのプリキュア連れ回して好き勝手して」


俺「……」

DM「……」


ピーチ「困ったら私達のとこに戻ってきて勝手なこと言って!」


俺「……」


ピーチ「最低だよ!!」


俺「……いや、まったく」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 08:12:41.66 ID:58O8MKIeO
ピーチ「あなただってわかるでしょ!?
    コピーのプリキュアなんていちゃいけないんだよ!!」


俺「……」

DM「……」

DD「……」


ピーチ「……」


俺「どうやらピーチとはもう価値観がまったく違うみたいだ
  いこうみんな、危害を加えた相手がお願いをきいてくれるわけがない」

DL「そうなんだ」

俺「コピーコピー言いやがって、こいつらの命のバラは咲いてんだよ
  ピーチの方がよっぽどサイテーだ」


ベリー「ちょっと!どこ行くのよ!?」


俺「シャドウを倒すための戦力を探しに行くんだよ」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 08:17:13.16 ID:58O8MKIeO
俺「……」

DR「思い通りにはいかないね」

俺「今回は俺達が悪い」


ベリー「待ちなさいよ!」

パイン「……」


俺「なんだよ?」


ベリー「……戦力が必要なんでしょ?」

パイン「……仕方ねーからやってやんよ」


俺「……」

DD「……」

DM「案外うまくいっちゃったりするのねえ」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 08:22:20.10 ID:58O8MKIeO
俺「……」

ベリー「ま、あんたのわがままに振り回されるの
    ……慣れてるから!」

パイン「シャドウを放っておくとまずいのよね?」

俺「ベリー、パイン」

ベリー「……」

パイン「……」

俺「お前らに初めて感謝したくなった」

ベリー「は、初めて?もっと感謝しなさい!!」

パイン「しかも、したくなったってしてねーだろ!!」

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 08:42:32.11 ID:CiQSkDhuO
レスがぴったり止まっててワロタ

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:03:10.45 ID:CXvd8zhBO
今週のハートキャッチも無事おわったし続きまだー?ブッキー愛してる。

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:03:40.96 ID:58O8MKIeO
…………
……


俺「第一回!フレッシュダーク連合会議ー!!」ドンドンドンドンドンドンドンドンパフパフパフパフ

ベリー「(なにこのテンション……
     こいつこういうときは無駄にキリッとするやつじゃ
     なかったっけ?)」

DD「……」

DR「……」

パイン「(なんて真面目な顔をしているの
     とてもつっこめないわ……)」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:06:20.70 ID:3d0hh9kbO
おはよう
まだリルぷりっが残ってる
癖になる声の酷さ

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:09:10.90 ID:58O8MKIeO
俺「シャドウが復活しました!
  さてシャドウは何をしたいでしょう!?」

DD「世界征服!」

DR「だよねー」

ベリー「ちょ、ちょっといいかしら」

俺「はい、ベリー、黙る
  あとから聞くから」

ベリー「(やりづらい……)」

DL「世界征服だと思うよ」

DM「世界征服でしょうね」

DA「違うな、シャドウさ…シャドウは支配者になりたがってる」

俺「……アクアと俺の意見が同じだな」

パイン「(真面目よー、この人達真面目よー)」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:09:24.45 ID:UykG+nK/0
まーくんとSS組も見てみたかったけど
これはフレッシュ仲直りエンドっぽいな

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:15:18.96 ID:58O8MKIeO
ベリー「そのシャドウってやつはなんで支配者になりたいの?
    支配者になって何がしたいの?」

DD「……」

DR「さぁ……」

ベリー「さぁって……」

パイン「シャドウはあなた達にも目的を話していないの?
    あなた達はシャドウに付き従っていたのよね?」

DA「知らん」

DM「目的ってそんなに重要なの?」

俺「お前らがシャドウを蘇らせることが目的だったとき
  ひたむきに頑張れたじゃないか」

DL「それならわかる」

ベリー「(こ、こんなやつらに……)」

パイン「(手玉に取られてたのかよ……)」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:21:07.64 ID:58O8MKIeO
俺「一つ確認しておきたいんだがお前らシャドウと戦えるのか?」

DD「……」

DM「わかんない……」

ベリー「(おおぃ……)」

俺「やっぱ戦いたくないか」

DR「仕方ないじゃないか……」

俺「仕方ない、ダークプリキュア5は待機だ
  もしくはサポートだ」

ベリー「(なんで……?)」

パイン「(むげぇ……)」

DA「それで本当にいいのか」

俺「いいのだ」

パイン「(このやろ)」

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:21:49.12 ID:W2WpQbK/0
まーくんとスプラッシュスターも面白そうだな

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:27:11.78 ID:58O8MKIeO
俺「じゃあ俺、ベリー、パインが鏡の国に入り」

ベリー「はい!はい!」

俺「黙れよベリー、ダーク組が会議から抜けた以上
  お前らに発言権はない」

パイン「ま、マジで抜けんのかよ!?」

俺「ベリー、お前がパインのセーフティーやるんじゃなかったのか?」

ベリー「パイン!」

パイン「少しはこっちの話も聞いてくれるって私信じてる!!」

俺「……」

パイン「……」

俺「気色悪」

パイン「なんだとてめえ!!ぶっ殺しますわよ!!」

ベリー「リミッターがギリギリかかってるわね」

俺「外れかけのホイールだろこれ」

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:30:16.41 ID:nelnMt4D0
がたがたしてやがるぜ

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:34:55.42 ID:58O8MKIeO
ベリー「ねぇ、鏡を利用すればシャドウの死角から強襲できるんじゃない?
    ほら、私達をそれで翻弄したじゃない」

俺「……できるっちゃーできるけど手間暇がスゴいぞ」

ベリー「はい?」

俺「鏡の国には鏡が無限にあって、座標合わせしながら
  行き来できる鏡を探さなきゃなんねーんだ」

パイン「……」

俺「万能なんてないんだ」

ベリー「あんたそんなのどうやってやってたの!?」

俺「ダークプリキュアが不眠不休で2ヶ月下準備してくれていました」

ベリー「……」


DL「イェー!」


ベリー「イェーじゃない!!」

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:46:07.82 ID:58O8MKIeO
俺「なんだかんだでシャドウはホシイナーだ」

パイン「ホシイナーってこの世界のナケワメーケみたいなやつよね?」

俺「そう、それにキュアローズガーデンで手に入れた
  シャドウの命のバラの種くっついて蘇った」

ベリー「あ、あんた達キュアローズガーデンってとこに結局行ったんだ」

俺「ま、それはおいといて
  ホシイナーは玉から生成される」

ベリー「(おいとかれた……)」

パイン「ホシイナーの玉さえ破壊してしまえばいいってことよね
    シャドウのホシイナーの玉はどこについているの?」

俺「知らん」

パイン「クソッタレ」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:52:03.55 ID:58O8MKIeO
俺「あと、俺が生成できるホシイナーは超絶弱いんだ」

ベリー「弱いの?」

パイン「そういえば確かに弱かったわ」

俺「ホシイナーはなんでか知らんが強いやつに呼び出されれば強くなる
  あと強いものに強い事象に使えば強くなる」

ベリー「へー……」

俺「シャドウの力は強いが俺が足を引っ張ってるはずだから
  ホシイナーの玉だけ破壊するならお前らで十分だよ」

パイン「本当に?」

俺「たぶん」

パイン「チクショー」

ベリー「いつもの青髭ね」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 09:59:38.69 ID:58O8MKIeO
俺「シャドウは支配欲が強いから鏡の国のクリスタルの安置所
  すなわち玉座に居ると予想される」

ベリー「……」

俺「俺、ベリー、パインの三人で乗り込み
  三人で鏡の国の城まで行く」

パイン「……」

俺「城まで行ったらパインだけ別行動
  窓からでも侵入して先にクリスタルの安置所まで行き身を隠せ
  ミント、城の見取り図描いてやれ」

DM「了〜解」

パイン「よし」

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:07:13.01 ID:58O8MKIeO
俺「俺とベリーは正面から強攻して一気に安置所まで行く
  ベリーがシャドウにボコボコにされてるうちに
  俺が下から、パインが上からシャドウのホシイナーの玉を探す」

パイン「(上に隠れとけってことか)」

ベリー「(あたしボコボコにされちゃうんだ……)」

俺「パインは見つけ次第ホシイナーの玉を破壊
  俺が見つけた場合はベリーに大声で伝えるふりをするから
  パインがやれ」

パイン「オッケー」

俺「行くぞ」

パイン「うん!」

ベリー「わかった!」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:09:52.84 ID:Ycq6t4pcO
まーくんのベリーは健気でかわいい

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:12:02.28 ID:58O8MKIeO
…………
……


ベリー「ここが鏡の国なんだ……初めて来た……」

パイン「見たことはあるのだけれども……」

俺「行こうぜー!」


シャドウ「どこに行くのかしら?」


俺「早くも作戦クラーッシュ!」

ベリー「最近あんた良いとこなしね」

パイン「ま、でもフェイズがラストフェイズまで省略されただけじゃね?」

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:16:12.71 ID:CiQSkDhuO
ログ見てると4/5から5を見始めて4/16にはgo!go!までコンプリートしてる計算なんだよな

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:17:00.36 ID:58O8MKIeO
シャドウ「僕をあまり見くびらないでほしいわ!」


俺「行けー!ベリー!ボコボコにされてこい!」

ベリー「釈然としない……」


シャドウ「お前らの相手は僕じゃない!
     クリスタルから寄り強い戦士を複製したんだ!!」


俺「こ、国王達はどうした!?」


シャドウ「壊してクリスタルに戻しちゃったわ」


俺「おのれシャドウめ!!」

ベリー「……ホントいいとこなしね」

パイン「ま、でも手を汚さず処理できたんじゃねーの」

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:22:24.31 ID:58O8MKIeO
シャドウ「いでよダークプリキュア5!!」

DDD「……」
DDR「……」
DDL「……」
DDM「……」
DDA「……」


俺「……」

ベリー「……」

パイン「……」

俺「うわぁ……」

ベリー「結局ダークプリキュア5じゃない!」

パイン「お前よく芸がないねって言われない?」


シャドウ「黙れ!赤きバラの力が加算された!
     スーパーダークプリキュアなのよ!!」

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:25:36.88 ID:58O8MKIeO
DDD「……」
DDR「……」
DDL「……」
DDM「……」
DDA「……」


俺「……バカにしてみたがこいつはヒドい」

ベリー「5対3ね……」

パイン「青髭戦力にカウントすんなよ……」


シャドウ「じゃ、頑張ってねぇ」シュン

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:30:25.94 ID:58O8MKIeO
俺「……」

DM『もー仕方ないわねー……」

DL『これじゃ出るしかないじゃん」

DA『……」

俺「お前ら自分と戦えんの?」

DR『戦うしかないじゃないか」

DD『ま、任せときなって」

俺「……
  ベリー、パイン、俺ここに残るから
  シャドウは任せた!」


ベリー「はいはい!」

パイン「へいへい!」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:35:48.12 ID:58O8MKIeO
俺「相手は赤きバラで強化されてるけど
  お前らだって成長してる」

DD「……」

俺「やるだけやってこい」

DR「わかったよ」

DL「オッケー!」

DM「オーケー」

DA「……」

DD「いっくよー!!」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:37:22.81 ID:3O047yA4O
落ちてくれるなよ

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:41:25.77 ID:58O8MKIeO
…………
……


パイン「(…………スタンバイ)」


シャドウ「……」

ベリー「見つけた!シャドウ!!」


パイン「(ホシイナーの玉どこにあるんだ?)」


シャドウ「あら〜、一人で来たの名前もわからないプリキュア?」

ベリー「ブルーのハートは希望のしるし!
    つみたてフレッシュ!キュアベリー!」

シャドウ「……」

ベリー「誰でもいいからあたしに少しは興味を抱いて!!」

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:43:25.30 ID:n9XHyCMIO
まーくんのベリーは健気で大好き

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:45:46.06 ID:58O8MKIeO
パイン「……」


シャドウ「なにあなた!!全然弱い!!!」

ベリー「いやあああああああああああああ!!!」

(ベリーがボコボコにされています
 しばらくお待ちください)


パイン「(ねーなー)」


シャドウ「そらそらそらそら!!」

ベリー「死ぬ…………」

(ベリーがボコボコにされています
 しばらくお待ちください)


パイン「(ま、マジでねーし!)」


シャドウ「……」

ベリー「…………………」

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:49:22.17 ID:Ycq6t4pcO
ベリーがんばれ!ベリー!

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:50:21.93 ID:58O8MKIeO
シャドウ「あなたそれで隠れているつもり?」


パイン「……げっ!」


シャドウ「さっきから鏡にチラチラうつってるわ」


パイン「ベリー!!」

ベリー「……おそ……い…………」

パイン「ごめんなさい
    見つけられなかったのよ」

ベリー「……」

パイン「……」

ベリー「………ふ…ざけ…………ろ…………」

パイン「しょーがねーじゃん」

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:53:47.17 ID:GfOBHSj/O
ベリー・・・

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:55:39.12 ID:CiQSkDhuO
ベリーに、力を〜!

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 10:58:34.42 ID:3O047yA4O
ベリーが死んじゃう!

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:00:14.07 ID:W2WpQbK/0
ベリーは囮よ!

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:09:37.80 ID:58O8MKIeO
パッション「やっぱりあの二人は青髭について行ったようね」

ピーチ「……」

パッション「どうするのピーチ?」

ピーチ「……」

パッション「ふー……」

ピーチ「……」

パッション「あの二人を助けに行く
      青髭に手を貸すわけじゃない、それでいいじゃない」

ピーチ「……」

パッション「私は行くわ
      ……ここで来なかったらあなたの力じゃ
      鏡の国には行けないわよ」

ピーチ「……」

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:13:39.29 ID:58O8MKIeO
ピーチ「二人を助けに行きたいよ……でも」

パッション「でも何?」

ピーチ「なんで二人が青髭について行ったのかわからないの」

パッション「……」

ピーチ「ベリーとパインは青髭をずっと信じてたのかな?」

パッション「……」

ピーチ「私だけが信じられなくなってたのかな?」

パッション「考え過ぎだわ」

ピーチ「そうかな?」

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:18:26.27 ID:58O8MKIeO
パッション「シャドウってやつがどんなやつかはわからないけど
      放っておいていい者ではない」

ピーチ「……」

パッション「二人とも、……私だってわかってる」

ピーチ「……」

パッション「ピーチは私情を挟みすぎなの」

ピーチ「……」

パッション「時間が惜しいから私は行くわ」

ピーチ「……私も行くよ」

パッション「……」

ピーチ「……」

パッション「ま、いいわ、アカルンよ、鏡の国へ」ブゥゥ…ン
ピーチ「……」ブゥゥ…ン

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:23:07.36 ID:58O8MKIeO
DDD「……ッ!!」

DD「……ッ!?」


俺「……ん?」


パッション「あら?あなたこんなとこで何をしているの」ブゥゥ…ン

ピーチ「……」ブゥゥ…ン


俺「引率」


パッション「あっそ……ご熱心ね……」


俺「……正面に見える城にベリーとパインはいる
  シャドウと戦ってるはずだ、早く行ってくれ」


パッション「……これはご丁寧にどうも」

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:24:57.17 ID:58O8MKIeO
ピーチ「……」


俺「……」


ピーチ「……」


俺「早く行ってやれよ」


ピーチ「……」


パッション「ピーチ、行くわよ」

ピーチ「う、うん!」

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:29:30.29 ID:58O8MKIeO
パッション「ベリー!!パイン!!」

ピーチ「……」


シャドウ「また知らないプリキュアが現れた……
     いい加減にしてほしいわ……」


ベリー「ケヒュー……ケヒュー……」

パイン「お、遅すぎよ二人とも!!
    ベリーが大変なことになっているのよ!!」


パッション「ピンピンしてるわねパイン!!」


パイン「持久力には自信があるのよ!!」

ベリー「…ケヒュー………ケヒュー………」

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:33:30.80 ID:58O8MKIeO
パッション「ベリー!!何があったの!?
      なぜあなただけがボロボロなの!?」

ベリー「……パインが動けないあたしを盾に……」

パッション「おのれシャドウ!!」
パイン「おのれシャドウ!!」

ピーチ「許せない!!」

ベリー「(これ終わったらプリキュア辞める
     あたしモデルになる)」

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:40:04.14 ID:58O8MKIeO
シャドウ「弱いプリキュアが何人集まっても結果は変わらないわ!!」


パッション「四人揃った私たちをあまくみないことだわ
      ピーチ!グランドフィナーレで一気にかたをつけましょう!!」

ピーチ「うん!クローバーボックスよ!私たちに力をかして!!」


パイン「ベリー、わかる?グランドフィナーレ」

ベリー「…………」

パイン「ベリーがサボらないって私信じてる!!」

ベリー「くぅ……!」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:41:08.66 ID:Ycq6t4pcO
あぁもうこのベリーマジかわいい

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:45:39.99 ID:58O8MKIeO
DM「(私たちが成長したのならこいつらに勝てる……か)」

DDM「……」

DR「(でもそれって結局プリキュア5がしたことと一緒じゃないか)」

DDR「……」

DD「(なんか少し悔しいよ……)」

DDD「……」

DA「……」

DDA「……」


俺「……」

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:52:21.65 ID:58O8MKIeO
俺「頭の中でごちゃごちゃ考えんな!!」


DL「……!?」

DD「……」


俺「お前ら個人戦で戦ってるわけじゃねーだろ!!
  絆で戦え!絆で!!絆は世界を救うんだよ!!」


DR「まーた意味わかんないこと言っちゃってさ!」

DA「……ハッw」

DM「バカみたーいーw」


俺「愛と友情と勇気で戦えバカやろー!!」

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 11:56:52.79 ID:58O8MKIeO
DDD「……………」


俺「愛だな、ひとえに愛の力の勝利だな」

DD「ピンクのハートは愛あるしるしー!!」

DR「それはまってんのかい?」

俺「クリスタル拾えよ」

DL「はーい」


俺「……」

DDD「……」

俺「気が向いたら復活しろよ」

DDD「……もうこんなのやだよ」

俺「そうか……」

クリスタル「……」

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:05:52.41 ID:58O8MKIeO
DD「青髭」

俺「なに?」

DD「私ね」

俺「……」

DD「キュアドリームの言ってたこと
   少しわかった気がするの」

俺「……」

DD「キュアドリームは正しくて
   でもそうじゃない場合もあって」

俺「……」

DD「感覚は少し違うけど仲間が大切で
   居なくなると困るんだよ!」

俺「……」

DD「それで……それで……
   ……そっから先はまだわかんないや!」

俺「うん、いいよそれで」

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:12:40.52 ID:58O8MKIeO
ピーチ「はあああああーー!!」

ベリー「はあああああーー!!」


シャドウ「うわあああああああああああああ!!!」


パイン「はあああああーー!!」

パッション「はあああああーー!!」


ピーチ「あああー……」

・・・俺「敵になるのか」・・・
・・・俺「さよなら」・・・
・・・俺「価値観が違うようだ」・・・


シャドウ「あまい!!」

ピーチ「しまっ!!きゃああああああああああ!!!」

パッション「ピーチ!!やっぱり連れてくるんじゃなかった!!」

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:18:44.49 ID:58O8MKIeO
パイン「クソッ!!ピーチのメンタルの弱さは異常!!!」

ベリー「一旦逃げましょう!!」

パッション「ピーチ!!立てる!!?」

ピーチ「ごめん……」

パッション「謝ってないで早く立って!!」


シャドウ「僕にこんなことしておいて逃げるなんてヒドいんじゃないの」


パイン「ダッシュダッシュ!!」

パッション「ピーチ!!早く!!」

ピーチ「うん……」

ベリー「肩くらい貸してよパイン!!
    なんであなたが一番元気なのよ!!?」

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:33:14.12 ID:58O8MKIeO
DA「あいつらは大丈夫なのか?」

俺「大丈夫、あいつらはシャドウなんかに負けるような力量じゃない」

DR「あ、出てきたよ!」

DD「シャドウも一緒だよ」

俺「……」

DM「シャドウはピンピンしてるみたいよ」

DL「てか追われてない?」

俺「…………」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:39:45.14 ID:58O8MKIeO
シャドウ「待ちなさいよ!!!」


ベリー「なんでこうなるのよー!!」

俺「なんで負けてんだよ!!?」
パイン「乗んなよ!!私はお前のタクシーじゃねーぞ!!!」

DM「いやー!!」

DL「全然ダメじゃん!!」

DR「こいつといると逃げてばかりだね!!」

DD「逃げろ逃げろ!!」

パッション「青髭!!あんたがピーチのメンタルボロボロにしたんだから
      あんたがなんとかなさい!!」

ピーチ「……」

俺「10人で1人から逃走とかどういうバランスブレイカーだよ!!」
パイン「耳元で怒鳴んな!!」

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:45:01.41 ID:58O8MKIeO
俺「ピーチ!!!愛してるよー!!!」
パイン「まず謝れよ!!!」

俺「ピーチごめん!!!」
パイン「気のきいたこと言えよ!!!」

俺「ピーチ、今度たこ焼き食いに行こうぜ」
パイン「なんとかしろよ!!!」

ピーチ「……」

DD「謝ってるじゃない!!許してあげなよ!!!」

DR「そうだよ!!」

ベリー「黙ってなさい!!!」
パッション「黙ってなさい!!!」

DA「……ふー……」

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:50:12.27 ID:58O8MKIeO
シャドウ「人のこと小馬鹿にするのもいい加減になさい!!!」ゴゴゴ


俺「うげっ!!」
パイン「巨大化するしよー!!!」

DL「青髭ー!!どうすればいいの!!教えて!!!」

俺「わかんない!!」
パイン「わかんないじゃねーだろーがよー!!!」

ベリー「傷が痛む……」

俺「あっそ……」
パイン「あっそ……」

ベリー「反応が薄い!!」

パッション「ああそう!!!」

ベリー「……」

DA「気を強く持つんだな」

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:55:50.76 ID:58O8MKIeO
パッション「とりあえず私たちでシャドウの動きを止めるから!!
      その間にピーチをどうにかしなさい!!!」

パイン「ほらやんよ!!!」ポイッ

俺「この状態で投げられても絶対キャッチしてもらえないだろ」

ピーチ「んん?」

俺「ほらやっぱり……ぎゃああああああああああ!!!」

ピーチ「だ、ダーリ…青髭ー!!!」

DD「私たちも手伝わなきゃダメ?」

ベリー「当たり前でしょ!!」

DL「げー……」

パッション「みんなでシャドウを止めるのよ!!」

パイン「オッケー!!」

DM「オーケー」

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 12:59:17.18 ID:58O8MKIeO
ピーチ「……」

俺「最近みんな俺が普通の人間だって忘れてる気がする……」

ピーチ「……」

俺「昔はよかった、昔はみんなが普通の人間である俺を守ってくれていた」

ピーチ「……」

俺「ピーチィィー!!」

ピーチ「……」

俺「……」

ピーチ「……」

俺「はー……どうすりゃいんだよこの状況」

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:03:17.52 ID:58O8MKIeO
俺「な、ピーチ、ピーチ」

ピーチ「……」

俺「あ、無視?無視?ブンビーさんの気持ちがわかるぞ俺」

ピーチ「……」

俺「ピーチィ!ピーチィ!」

ピーチ「……」

俺「ピーチちゃ〜ん、こっち向いて〜」

ピーチ「……」

俺「お〜い、お〜い」

ピーチ「っ!!あなたはどこまでふざければ気が済むの!!!」

俺「ご、ごめんなさい」

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:06:28.67 ID:58O8MKIeO
俺「……」

ピーチ「……」

俺「ピーチのメンタルの弱さどうにかならないの?」

ピーチ「……」

俺「そりゃ俺だって3日、4日、ピーチに会えない日だってあるじゃない」

ピーチ「……」

俺「……」

ピーチ「……」

俺「はー……」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:07:10.94 ID:CiQSkDhuO
まずいなそろそろマー君の活動限界時間だ

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:11:34.20 ID:3O047yA4O
青髭ェ…

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:13:20.40 ID:58O8MKIeO
俺「俺にはもうピーチがわかんない」

ピーチ「……」

俺「……」

ピーチ「なんでわからないの?」

俺「……」

ピーチ「私は迎えに来たんだよ!!」

俺「……」

ピーチ「理由も言わずに帰れって言って!!
    なにも教えてくれないで敵になって!!」

俺「ピーチ達がルージュ人質にとったからだろ!!」

ピーチ「ルージュを人質に取る前から敵だった!!」

俺「敵じゃねーし!!」

ピーチ「私だってあなたがわかんないよー!!」

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:19:53.06 ID:58O8MKIeO
俺「ああそう!!ピーチは俺を怒りまくってらっしゃるようで!!!
  俺だって今回の件でピーチにはうんざりさせられたんだよ!!!」

ピーチ「うんざり!?何に!!?」

俺「ダークプリキュア5をコピー扱いしやがって!!」

ピーチ「コピーじゃん!!!」

俺「……コピーだけれども!!!」

ピーチ「……」

俺「コピーだけどそれのなにが悪い?」

ピーチ「……」

俺「あいつらだって好きでコピーとして生まれたわけじゃないだろ」

ピーチ「肩入れしすぎだよ!!」

俺「……そ、そうだね、よく考えたらそうかもしれない」

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:25:26.28 ID:58O8MKIeO
ピーチ「……」

俺「……だけどあいつは見てて危なっかしいんだよ
  心配じゃないか……」

ピーチ「……」

俺「今回だってあいつらの望みのシャドウはあの通りだ」

ピーチ「……」

俺「……誰かがそばにいてやらなきゃ危険なんだよ」

ピーチ「なんでそれをマー君がするの?」

俺「マー君言うな」

ピーチ「マー君マー君マー君マー君マー君」

俺「よし、今回はマー君を認めようじゃないか」

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:30:20.43 ID:58O8MKIeO
ピーチ「そんなにあの子達が大切なの?私よりも大切なの?」

俺「……」

ピーチ「……」

俺「ピーチはそうじゃないだろ……」

ピーチ「……」

俺「みんなで幸せゲットだよって言えよ」

ピーチ「……」

俺「あいつらはコピーだから幸せゲットしちゃいけないのかよ?」

ピーチ「……そうじゃないけど」

俺「ここに来てからずっとピーチは変なんだ
  俺の知ってるピーチじゃない」

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:30:33.08 ID:nelnMt4D0
正直今回の話を見てピーチよりダーク達についたままになって欲しいと思ってる

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:34:12.34 ID:n9XHyCMIO
ピーチの嫉妬心がファイナルサンダー

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:36:42.84 ID:58O8MKIeO
ピーチ「……」

俺「……わかってるよ
  少し放っておきすぎた……」

ピーチ「……うう…うっ…ヒッグッ」

俺「これじゃピーチが幸せゲットできないもんな」

ピーチ「わああぁぁ〜〜んっ!あああ〜〜んっ!!」

俺「悪かったよ、次から長期で出かけるときはピーチも連れてくから」

ピーチ「ううっ……ぐっ……ヒッグッ」

俺「悪かった悪かった、俺が悪かった」

ピーチ「うわぁぁ〜〜……んっ!」

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:40:51.04 ID:58O8MKIeO
俺「次は南にスプラッシュスターってプリキュアがいるらしいから」

ピーチ「うん……」

俺「一緒に行こうぜ」

ピーチ「うん!」

俺「はー……」


パッション「いい加減にしてあなた達!!!」

ベリー「こっちは死ぬ気で戦ってんのよ!!!」

パイン「ボーケ!!ボーケ!!!」

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:46:38.35 ID:3O047yA4O
イイヨイイヨー

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:47:19.85 ID:58O8MKIeO
俺「あ、あと……、悪いけどダークプリキュア5も俺の大切なプリキュアなんだ」

ピーチ「うん……」

俺「いいわけがましくなるからあんま言いたくないけど
  俺がこっちの世界で好き勝手やってたのは
  あいつらの幸せをどうしても手に入れさせてやりたかったからなんだ」

ピーチ「……」

俺「俺には力がないからこういう状態になったら何もできない」

ピーチ「……」

俺「勝手で悪いんだけどさ
  あいつらの幸せも護ってやってくれないか?」

ピーチ「……」

俺「……」

ピーチ「わかったよ」

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:50:07.56 ID:58O8MKIeO
ピーチ「ごめんパッション!!」

パッション「はー……ピーチはいつもこうなんだから」

ピーチ「ごめん……」

パッション「いいわよ……」

ピーチ「……」

パッション「平気だもん!」

ピーチ「ありがとパッション!」ガバッ
パッション「ちょ、ちょっとピーチ///」

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:53:38.17 ID:n9XHyCMIO
ピーチよりもベリーのが器はデカいんだぜきっと…

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:55:07.73 ID:nelnMt4D0
このスレは夜まで残ってるんだろうか……

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 13:55:19.21 ID:58O8MKIeO
ベリー「……」
俺「なんだよ?」
パイン「……」

俺「ピーチがやる気になってんだろ
  お前らも手をかしてやってくれよ」

ベリー「手をかしてやってくれよ」キリッ

パイン「あはははは!」

俺「大人をからかっちゃダメよ///」

ベリー「ホントあんた、ピーチが天敵ね」

パイン「おい青髭、やる気出ねーだろ、いつものように指示出せよ」

俺「……」

ベリー「……」
パイン「……」

俺「全部ひっくり返してこい」

ベリー「よーしっ!」

パイン「オッケー!」

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:07:17.03 ID:58O8MKIeO
ピーチ「チェイーンジ!!」

パッション「プリキュア!!」

ベリー「ビート!!」

パイン「アーップ!!」


シャドウ「なに!!?」


俺「ダークプリキュア5!!戻っておいで!!」

DR「もういいのかい?」

DD「よっと!」

DL「ん〜も〜ながいよ〜!!」

DM「やれやれって感じぃ」

DA「……」

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:14:31.43 ID:58O8MKIeO
Aピーチ「ホワイトハートはみんなの心!」


DD「うわ……」

DM「ご大層ね」


Aピーチ「羽ばたけフレッシュ!キュアエンジェル!」
Aベリー「(喋るタイミングがない)」
Aパイン「(ピーチにおいしいとこ全部とられた)」
Aパッション「……」


DL「ほう、なかなかやるじゃない」

DR「レモネード、あんた目が輝いてるよ」

俺「あんまあの姿にはなってほしくないんだけどなー……」

DA「……」

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:20:10.52 ID:58O8MKIeO
Aピーチ「プリキュア・ラビング・トゥルー・ハート!」

Aピーチ「フレーッシュ!!」
Aベリー「フレーッシュ」
Aパイン「フレーッシュ」
Aパッション「フレーッシュ!!」


シャドウ「……ッ!!!バカなこの僕が!!!」


俺「バカなこの僕が!」

DR「物真似?」

俺「一度言ってみたい台詞No.1だからね」

DA「素質はあるな」

俺「どゆこと!?」

DD「……」

DL「ホワイトハートはみんなの心!」

DM「はまったの?」

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:22:17.04 ID:n9XHyCMIO
まーくんの稼働限界がいよいよ近づいてきてるな

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:24:29.19 ID:58O8MKIeO
…………
……


俺「う〜ん……」

ピーチ「何してるの?」

俺「たぶん、ここらへんに……あったあった」

ベリー「なにそれ?」

俺「シャドウの命のバラの種」

パイン「はん!?」

パッション「砕いちゃいましょう」

俺「……ドリーム!!」ブンッ


DD「……?」パシッ

DM「シャドウのバラの種を渡してどうさせたいの?」


俺「お前らが育てろ」

ベリー「……おおぃ!!!」

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:30:39.74 ID:58O8MKIeO
俺「それはもうキュアローズガーデンには戻れない」

DD「……」

俺「浄化の力でそいつの危険なところは浄化された」

DA「……」

俺「持ち出したのは俺達だ
  曲がらないように育ててやろう」

DR「正気かい!?」

パッション「そうよ!正気じゃない!!」

パイン「ったくよー、こいつはよー」

俺「……」チョイチョイ

ベリー「ん?あ、パイン!リミッターオン!!」

パイン「きっとシャドウさんが優しい人に育つって私信じてる!!」

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:37:33.52 ID:58O8MKIeO
俺「じゃあ俺は帰るよ」

DR「シャドウの種おしつけて帰るのかい?」

DM「本当に身勝手な人」

俺「目的を果たすまでのつき合いだったんじゃなかったの?」

DR「……」

DM「……」

DA「ふー……また来い!」

DR「ちょっ!アクア!今私が言おうとしてたんだよ!」

DM「抜け駆け!そういうの抜け駆けって言うのよ!」

俺「おう、また来るよ!」

DL「私は遊びに行くも〜ん!」

DD「私も!!」

俺「おう、来い」

DL「ついてく〜!」

俺「それはやめて」

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:43:40.70 ID:58O8MKIeO
俺「……」

ベリー「よかったわね、大体うまくおさまったんじゃない?」

俺「プリキュア5とは喧嘩別れだから二度と会えねーけどな」

パイン「あー……」

ピーチ「あー……」

俺「「あー……」禁止!!」

パッション「……青髭」

俺「なんだよパッション?」

パッション「一ついい方法があるわよ」

俺「め、珍しいッスねパッションさんが俺に案授けてくれるなんて……」

パッション「つぼみやえりかに会いに行かないといけないじゃない」

俺「一人で行けーい」

パッション「教えてあげないわよ」

俺「おともします」

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:49:09.84 ID:58O8MKIeO
りん「……?」

うらら「……あ」

リンゴーンリンゴーン

かれん「時計塔の鐘の音?」

こまち「でもあれはエターナルに奪われて」

のぞみ「わあ……きっと青髭さんが返してくれたんだよ!」

りん「……どうだろねー」

のぞみ「きっとそうだよ!」

くるみ「のぞみはあいつを信じすぎ!」

のぞみ「えー……」

ココ「きっとそうさ」

ナッツ「……」


シロップ「ロプー!!」

メルポ「メー!」

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:49:42.35 ID:58O8MKIeO
終わるか

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:53:38.24 ID:3d0hh9kbO

次はSSなの?

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 14:54:39.54 ID:uam98YAQ0
5勢はこのままフェードアウトしてくれた方が
傷口が広がらなくて良いな

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 15:03:06.57 ID:nelnMt4D0


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 15:10:43.89 ID:3O047yA4O
たまにはラブラブするだけのがあってもいいよね

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 15:14:49.04 ID:n9XHyCMIO
今日のベリーが一番よかった。

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 15:15:02.38 ID:nelnMt4D0
ラブラブするならダーク達とかかれんとかとして欲しい
ベリーとパインもして欲しい

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 15:15:58.20 ID:N3CLxg+zP
今後はダークドリームかダークルージュかダークミントとラブラブするべき

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/18(日) 16:16:43.41 ID:69N23fwhO
青髭がどんなに他のプリキュアと仲良くしてても
ピーチの事を一番に想っているって私信じてる

102 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)