5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

五代 「グロンギが東京を離れた!?」 一条 「次の場は風都だ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 16:27:58.23 ID:IDeIJRNp0
仮面ライダーX仮面ライダー!
        超古代の地球の記憶!!!

みたいな

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 16:35:02.97 ID:IDeIJRNp0
照井 「何だこの死体は・・・」

刃野 「首と胴体が綺麗に真っ二つたぁ・・・君が悪いですね」

真倉 「やっぱりこれも、ドーパントの仕業でしょうか・・・」

照井 「だろうな・・・そこらのナイフやノコギリではこうもバッサリとは切れん
    どうやら家の管轄のようだな」

真倉 「超常犯罪捜査課の腕の見せ所ですね!」

刃野 「じゃあ現場の操作続けましょうか」

真倉 「待ってろよー犯人!」

照井 (猟奇殺人・・・井坂以外にもこんな下種なことをするやつがいるとはな・・・
    捕まえてブタ箱に放り込んでやる!)




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 16:39:31.26 ID:GtGPUbSE0
期待

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 16:41:29.25 ID:IDeIJRNp0
ガリマ 「何故・・・東京を離れた・・・?」

ゴマオ 「タタカウリントニ・・・オジゲヅイタカァ?」 

バキィッ!!

ゴマオ 「グギャァ!」

バルバ 「ダグバがそうするように言ってきた、お前らはゲゲルにだけ集中しろ」

ガリマ 「ダグバだと!?」

ばるば 「ゲゲルに集中しろと言ったはずだ
       『31時間で、108人のリントを殺す』それがお前のルールだ」

ガリマ 「分かっている、たっぷり殺させてもらうさ
      ゲゲルが成功したときメ・ガリマ・バは
         ゴ・ガリマ・バとなっているだろう」

バルバ 「さっさといくことだ・・・ここにも戦うリントはいるぞ」

ガリマ 「では続きをするとしよう」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 16:47:36.65 ID:IDeIJRNp0
真倉 「また殺されている・・・これでもう15件目ですよ!」

刃野 「被害者に特別共通点は無し・・・猟奇殺人確定ってところですかね」

照井 「ドーパントの力に飲み込まれたものの犯行かもしれんな・・・
    早くどうにかしないと被害者は増える一方だぞ!」

キャアァー!!!

真倉 「今の声は!?」

照井 「ドーパントかもしれない!
    刃野刑事は署に連絡! そして応援を要請しろ!」

真倉 「僕はどうしましょう!?」

照井 「俺と一緒に来い! 襲われている人物の保護をしろ!
    ドーパントはこの俺がどうにかする!」

真倉 「分かりました!」

刃野 「照井刑事、お気をつけて! 真倉、お前死ぬんじゃねえぞ!」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 16:56:41.82 ID:RpKL4cqo0
ゴマオって
マダオじゃあるまいし

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 16:57:57.96 ID:IDeIJRNp0
ガリマ 「これで・・・16か、先は長いな・・・」 ドサッ!

照井 「手遅れだったか・・・お前の犯行か!?」

ガリマ 「トーキョーでは無くともいるのだ・・・戦うリントは・・・
     目障りなことだ、私のゲームのコマにしてやろう」 ジュワァ!

真倉 「メモリも使ってないのに、姿が変化した!?」

照井 「貴様! メモリも使わずに変身とはどういうことだ!?
    本当に人間なのか!?」

ガリマ 「リントであるはずが無いだろう・・・
     私の名前はメ・ガリマ・バ! ザギバスゲゲルへと進むものだ!」

真倉 「もしかして、半年前から東京で暴れ回ってる未確認生命体!?」

照井 「あれが例の・・・真倉刑事離れていろ・・・!」

真倉 「何故ですか!? 僕も戦いますよ!」

照井 「お前がいたところで何も変わらん! 車内に拳銃があったはずだ それを取って来い!」

真倉 「・・・分かりました!」 ダッ!

ガリマ 「コマが一人逃げてしまった・・・まあいいお前だけでも殺すとしよう・・・!」

照井 「この街の仮面ライダーは死なん!!」 ブルン!...ブルン!


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:09:13.68 ID:IDeIJRNp0
ガリマ 「・・・仮面ライダー?」

照井 「変・・・・・・身!!!」 アクセルッ!!!

キシィィーン!!!

ガリマ 「姿が変わった・・・?
     リントは面白くなったな、まるでクウガのようだ!」

アクセル 「クウガ・・・? いくぞ! バケモノ!」

ガキィーン!!

アクセル (クッ・・・? 圧し負けている・・・だと!?)

ガリマ 「どうした? 非力だな、リント」

アクセル 「どうかな!?」  エレクトリック!

ガリマ 「ぎゃああぁぁぁあぁ!?」 バリバリバリバリ!

アクセル 「お前のような屑を入れる牢獄など無い・・・
       ここで滅びろ!!」 アクセルッ! マキシマムドライブ!

ガリマ 「私がリントに手こずるだと・・・?」

アクセル 「・・・・・・」 ブルン! ブルン!

ガリマ 「なっ・・・!?」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:15:58.61 ID:RpKL4cqo0
ずいぶん喋る蟷螂だな

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:16:55.76 ID:IDeIJRNp0
アクセル 「たああああぁぁぁ!!!」

ガリマ 「ぐふぅえええええぇぇぇ!!!」 

ドカァーーーーン!!!!!

アクセル 「絶望がお前の・・・ゴールだ・・・!」

アクセル 「・・・・・・・」 キィーーン......

照井 「ふう・・・恐ろしい怪物だな、こいつらは・・・」

真倉 「照井刑事! 拳銃持ってきました!」

照井 「その必要は無い、俺が倒した・・・」

真倉 「え!? 倒しちゃったんですか!?」

照井 「刃野刑事にも救援は要らないと伝えておいてくれ・・・
    俺は上に掛けあって、やつらの資料を請求してくる」

真倉 「分かりました・・・」

照井 (左のやつにも伝えておくべきだろうな・・・
    ドーパント以外の脅威・・・何て呪われた街だ・・・風都!)

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:19:42.18 ID:D9U8jWPE0
ボソグ!ボソギデジャスゾ、クウガ!

12 :ラガン3:2010/03/28(日) 17:20:52.92 ID:3RgnTS2j0
きたー!仮面ライダー好きな俺にとってこのスレは神!!

カブト勢とw勢の競演も見てみたいけどw
続きがんがれ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:23:41.76 ID:IDeIJRNp0
バルバ 「失敗か・・・まさかクウガ以外のやつに殺されるとはな」

ドルド 「ガリマの筋は悪くなかった・・・我々がリントを甘く見すぎているのだろう・・・」

バダー 「あの頃の非力なリントではナイ・・・面白いな」

ザザル 「どーでもいいけどぉ、それよりゴマオのやつはどこ行ったわけ?」

バルバ 「残りのゴを呼びに行った・・・」

ブウロ 「何故だ・・・?」

バルバ 「全員そろったときにでも、理由を話す
      東京からこの街に移ったわけもな・・・」

ジャラジ 「俺はリントを苦しめられたらどこだって良いぜ!」

バルバ 「ふっ・・・」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:27:11.98 ID:RpKL4cqo0
つっこみたいけどつっこめねえ……

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:36:56.42 ID:IDeIJRNp0
照井 「お前らに話しておかなければならないことがある
     今後のこの課の動向についてだ」

刃野 「やっぱりさっきの未確認生命体のことについてですか・・・」

照井 「ああ、未確認生命体36号・・・先ほど戦った蟷螂の未確認生命体だな
    そいつが、殺人ゲームを東京で行っていたところ、急にゲームの場を変更し風都にやってきた」

真倉 「殺人ゲームの場を風都に・・・! 許せませんね!」

照井 「それに伴って、風都に他の未確認生命体が入り込む危険性を懸念しなければならなくなった
    そこで本庁から、未確認生命体対策本部のメンバーがそのまま派遣されてくることになったらしい」

刃野 「それはまた・・・もしかして吸収合併でもされるんですか?」

照井 「そこまでではないが・・・我々はドーパントによると思われる捜査を基本とするが
    未確認生命体関連と思われる事件が発生したら、そちらを優先するようにということらしい」

真倉 「本庁のやつらですか・・・ドラマとかだと決まって嫌な人ばかりですよね・・・」

照井 「どこの心配をしているんだ・・・・
    とにかくそういうことだ、こちらに来たら挨拶しに行くぞ」

刃野 「了解です」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:44:23.35 ID:IDeIJRNp0
照井 「俺は用があるから少し離れる、すぐ戻るからサボるなよ真倉刑事」 ガチャッ

真倉 「僕ってそんな風に思われてるんですねぇ・・・落ち込んじゃいますよ」

刃野 「いじられキャラって言うと聞こえは良いかもしれないな」

真倉 「いじられるのは刃野さんだけで充分ですよ・・・」


照井 「・・・・・・」 プルル プルル

亜樹子 「はいもしもし鳴海探偵事務所でーす!」

照井 「照井だ、左に代わってくれ」

亜樹子 「竜君? 分かった代わるね」 ショータロークン!

翔太郎 「なんだぁ照井? お前のほうからなんて珍しい・・・くも無いか」

照井 「左、お前に話しておかなければならないことがある・・・」

翔太郎 「また、ドーパント関連だな」

照井 「違う・・・この街に迫る新たな脅威についてだ・・・!」

翔太郎 「新たな脅威・・・?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:49:42.52 ID:PZKTh5+V0
一方某クリーニング店

巧「フーフーフーフー」

啓太郎「たっくーん!ちょっとクリーニグ届けて…ってまだうどん食べてたの?」

巧「…煮込みうどんは人間の食べ物じゃねぇ」

啓太郎「それはたっくんが真理ちゃん怒らせるからでしょ……それよりちょっとクリーング届けてきて!」

巧「あ?お前が行けばいいだろ?」

啓太郎「僕も忙しいんだよ、晩御飯は冷やし中華がいいって、真理ちゃんに頼んであげるから…ね?」

巧「……しょうがねぇなぁ」

啓太郎「ありがとう!行先はこの紙に書いてあるから!」

巧「………風都?」





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:49:49.85 ID:IDeIJRNp0
翔太郎 「・・・なるほどなぁ、俺も聞いたことはあるぜ未確認生命体」

照井 「お前も見かけたら注意しろ やつらは人間には見境無く襲ってくる
     理由ありで能力を使うドーパントより、危険性は上だ」

翔太郎 「俺の庭を荒らしまわるたぁ・・・いい度胸じゃねえか・・・!
     分かったぜ、そんな腐ったやつらは俺が、俺たちがぶっ倒してやるよ!」

照井 「出番があればいいがな・・・それじゃあやる事があるんで切るぞ」 ブチッ

翔太郎 「あっ! ・・・あいつ忠告したのか馬鹿にしてるのかどっちだよ・・・
      ・・・忠告に決まってるか、あいつが俺たちに言うってことは結構やばげだしな」


刃野 「照井刑事! 明日には合流できるそうです」

照井 「そうか・・・分かった それまでは待機だ」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:51:27.03 ID:IDeIJRNp0
>>17
書くのは大歓迎なんだけど
一方って何?

こっちのに繋がるんだったら割と困る
パラレルだったらいいんだけど

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:52:52.79 ID:lMKXXL6B0
クウガ懐かしいな
フォームが沢山あって好きだった

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:53:03.11 ID:RpKL4cqo0
Wサイドは割と再現度高いんだが
クウガサイド、つかグロンギサイドが残念すぎる

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:55:57.31 ID:nLV9TaF70
>>1さん、ディケイドでゴリゴリ介入していい?

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:56:37.38 ID:f9A1lM7P0
>>1さん、カブトのメンバー介入しますね

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:57:53.67 ID:dVGnRDHC0
電王参上

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:58:12.37 ID:IDeIJRNp0
冴子 「先生、何を見てるのかしら?」

井坂 「ん? ・・・ああ、これはグロンギの資料ですよ
    警察にいるお友達が、要らないからあげるって言ってくれましてね・・・」

冴子 「グロンギ・・・?」

井坂 「未確認生命体のことですよ・・・彼らは古代の人間が変化した姿・・・
    ドーパントに通じるものがありますからね・・・研究してみたい」

冴子 「悪そうな顔してますね・・・」

井坂 「一匹くらい生け捕りにしたいですねぇ・・・ああ、生け捕りにしたい・・・」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 17:59:00.87 ID:IDeIJRNp0
>>22
ディケイドだったら仕方が無い

>>23
天道マジで来るな 本当にあいつ嫌い

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:04:12.67 ID:RpKL4cqo0
煽り耐性低いなオイ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:06:40.22 ID:IDeIJRNp0
真倉 「照井刑事! 今さっき到着したみたいですよ」

照井 「行くぞ」  テクテク

刃野 「あいあいさー!」 テクテク



松倉 「君達が超常犯罪捜査課のメンバーかね?」

照井 「はい、照井竜と言います・・・あなたが本部長で?」

松倉 「ああ。未確認生命体対策本部、本部長の松倉だ」

刃野 「刃野です」      真倉 「真倉です」 

松倉 「よろしく、とりあえず事が起こる前に資料に目を通しておいてくれ
    いつやつらの凶悪な殺人ゲームが始まるか分からんからな」

照井 「分かりました」

松倉 「資料は・・・おーい! 杉田くん!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:16:38.07 ID:IDeIJRNp0
杉田 「何です?」

松倉 「今日から合流する風都署のメンバーだ ざっと状況を説明してやってくれ」

杉田 「分かりました、俺は杉田だ! よろしくな」 ポンポン!

照井 「照井です、よろしくお願いします」 (馴れ馴れしい・・・)

真倉 「真倉です」 (刑事って感じの人だな・・) 刃野 「刃野です」 (年同じくらい?)

杉田 「とりあえず最初のうちは、俺達に引っ付いてろ 普通の事件と違うから要領得ないだろうしな!
     桜井! 真倉くんの面倒見てやってくれ!」

桜井 「分かりました! 君! こっち来なさい!」

真倉 「はい! それじゃあ行って来ます!」 テクテク

杉田 「俺は・・・そうだな年食ってる仲間で、刃野刑事だ」

刃野 「手厳しいですねー、よろしくお願いしますよ!」

照井 「俺は一人で問題ないですよ」

杉田 「最初のうちだけだ! たぶん外に一条っていうやつがいると思う
    ソイツに合流してくれ!」

照井 「分かりました・・・」 

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:17:59.48 ID:WUuH+WZj0
おのれディケイド・・・

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:19:36.07 ID:RpKL4cqo0
あー、刃さんとナマクラになんか既視感覚えると思ったら
この二人と立ち位置が似てるんだ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:23:05.55 ID:IDeIJRNp0
照井 (あれか・・・) 「一条刑事ですか?」

一条 「そうだが・・・君は?」

照井 「風都署の超常犯罪捜査課、照井竜です」

一条 「そうか君が・・・俺は一条薫よろしく」 ギュ!

照井 「よろしくお願いしますよ」 ギュ!

五代 「よろしく!」

照井 「・・・君は? 警官ではないようだが?」

五代 「俺は五代雄介! はいこれ名刺!」 ヒョイ

照井 「2000の技を持つ男・・・? 捜査の協力者ですか?」

一条 「まあそんなところだ・・・」

五代 「頼りになりますよ! 俺クウガだし!」

照井 「・・・よろしく」 (クウガ・・・どこかで?)

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:24:03.92 ID:c+Uh7rek0
ついにクウガが!

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:24:42.49 ID:IDeIJRNp0
よろしくお願いしますよ× よろしくお願いします○

間違えました 

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:34:32.89 ID:RpKL4cqo0
書き溜めしてないのか?

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:35:24.94 ID:IDeIJRNp0
一条 「今までどおりお前は通報が入るまで待機だ」

五代 「分かりました! 入ったら飛んで駆けつけますから!」

照井 (何の話だ・・・一般人が現場に向かう? ・・・まさか)

一条 「ところでお前寝床はどうする?」

五代 「今適当なところ探してるんですよね・・・まあなんとかしますよ」

一条 「そうか・・・どうにかしてや・・・」 

ザーッザーッ!!

『本部より各車へ入電! 
 風都タワー付近で、未確認生命体と思しき者の犯行!
 付近のパトカーは至急現場に向かってください!』

五代 「・・・! 俺先に向かってます!」

一条 「分かった、照井刑事! 我々も向かおう!」

照井 「待ってください! 一般人が現場に向かおうというのはどういうことですか!?」

一条 「大丈夫、あいつは君が思ってるほどやわじゃない、それより現場に早く向かおう!」

照井 (何だというんだ・・・あの男は!?)


37 :ラガン3:2010/03/28(日) 18:36:33.74 ID:3RgnTS2j0
うォおおお萌えてきた燃えてきた

がんばれ1

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:44:59.16 ID:IDeIJRNp0
ガメゴ 「・・・・・・」 ブチャ! ブチャ! ブチャ! ブチャ!

五代 「・・・グロンギ!」

ガメゴ 「クウガか・・・!」

五代 「・・・」 シュッ!

照井 「あれは・・・!?」   

五代 「変身!!!」  キュゥン! キュゥン! キュゥン! キュゥンキュゥンキュゥンキュゥン!!!

一条 「五代・・・!」

クウガ 「はぁ!」 シャキーン!!! 

照井 「変身しただと!?」

ガメゴ 「・・・」 ビュゥン!!!

クウガ 「ぐあぁ!?」 ドカァ!

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:52:29.79 ID:dj7etfvpO
ゴマオじゃなくてゴオマなんだがな

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:52:52.93 ID:IDeIJRNp0
一条 「五代! やつは指の装飾を鉄球に変化させて投げつけてくる!
     距離をとるな!」

クウガ 「分かりました! 超変身!!」 ダァー! ダァー !ダァー! ビキィーン!!!

ガメゴ 「紫か・・・」

一条 「俺は五代を援護する! 照井刑事は周辺市民の非難をしてくれ!」

照井 「・・・・・・」

一条 「照井刑事!? 聞いてるのか!?」


ガメゴ 「・・・」 ビュゥン!!!

クウガ 「ぐっ!?」 ドカァ!

ガメゴ 「・・・」 ビュゥン!!!

クウガ 「・・・ぅ!」 ドカァ!

ガメゴ (これでも近づいてくるか・・・) ビュゥン!!!

クウガ 「うぅ・・・ぉ、おりゃあぁぁぁぁぁぁ!!!」 

ズシャァ!!!

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:53:35.61 ID:RpKL4cqo0
>>39
人が言おうか言うまいか迷ってたところをズバットいく姿勢に惚れた

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:58:17.16 ID:5vHyYmmS0
こうもりだけにズバットってかwwwwwwww

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:58:58.83 ID:D9U8jWPE0
せめてグロンギ語使おうぜ!

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 18:59:41.25 ID:C/pLf6K00
一条さんならアクセルバイクフォームも乗りこなしてくれるって信じてる

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:00:03.11 ID:LPzym3k1P
強魔

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:01:02.88 ID:RpKL4cqo0
>>45
その当て字はうまいよな
実際はクウガと警官隊にしか勝ってないけど

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:01:13.07 ID:dj7etfvpO
>>41
じゃあ掘ってやるからケツ貸せよ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:02:18.89 ID:IDeIJRNp0
クウガ 「・・・通らない!?」

ガメゴ 「・・・フンッ!」  ブゥン!!

クウガ 「ぐあぁ!?」 バキィ!

ガメゴ 「昔よりは骨があったな・・・クウガ だが死ね」

一条 「照井刑事! 何故避難させない!?」

照井 「一条刑事・・・俺は彼が何者かは知らない・・・
    だが一つだけわかることがある、彼は一般市民だ・・・

    市民が苦しんでいるのを前にして、俺は自分の体裁のために・・・
    助けないほど、俺は腐っちゃいない・・・仮面ライダーだからな!!」 アクセルッ!

ガメゴ 「・・・?」

照井 「変・・・・・・身!!!」 ブルン! ブルン!

キシィィーン!!!

一条 「な・・・!?」

アクセル 「さあ・・・振り切るぜ!!!」

 

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:03:29.58 ID:RpKL4cqo0
>>47
せめてFFRしてからにさせてくれ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:04:40.85 ID:IDeIJRNp0
グロンギ語は途方も無く時間がかかるから無理・・・
ゴオマのことはごめんなさい、ほんと

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:04:44.13 ID:T2L3N+Cr0
一応、ミュージアム勢もグロンギ勢とは対立するよな?

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:07:36.47 ID:dj7etfvpO
>>49
痛みは一瞬だ
俺のライダースティングでお前のケツをマキシマムドライブで

>>50
気にすんな。
そしてグロンギ語は翻訳のソフトがあったはずだ
でもグロンギは後半からリントの言葉を使うんじゃなかったか?

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:08:08.13 ID:RpKL4cqo0
>>51
町が潰れるような事があったらパパも動くだろうな

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:11:39.02 ID:RpKL4cqo0
>>52
すごく……テンションフォルテッシモです……

後半でもだいぶグロンギ語は使ってたよ
バベルや閣下とか

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:12:24.07 ID:T2L3N+Cr0
>>53
その前に住民を不用意に殺されたらミュージアム的にも困ると思うんだ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:15:03.87 ID:IDeIJRNp0
ガメゴ 「ガリマを殺ったやつか・・・?」

アクセル 「・・・はぁ!」 スチーム!

ブオォォォー!

ガメゴ 「・・・!!」

一条 「指の装飾を吹き飛ばした! これならやつはもう鉄球を使えない!」

クウガ 「君は・・・さっきの刑事君!?」

アクセル 「話は後だ・・・やつの装飾を吹き飛ばした、一気に行くぞ!」

クウガ 「分かった!」 ピリピリ! バリバリ!

ガメゴ (新たなるリントの戦士・・・前とは違う新しいクウガの色・・・面白いゲゲルだ)

アクセル 「うおおおおぉぉぉぉ!!!」 エレクトリック!

クウガ 「どりゃああああぁぁぁ!!!」 ブンッ!

ズシャァ!!!         

ズシャァ!!!

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:15:34.08 ID:RpKL4cqo0
>>55
一話で「ビルが崩れ、人が死ぬ この町では、よくあることだ」ってパパが言ってるし
バードメモリの一件でも実験のデータが取れれば多少の犠牲はやむなしって態度だったはず

ただ、程度によるだろうな
数十人単位で人が死ねばすぐ動くだろう

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:21:31.31 ID:dj7etfvpO
>>54
俺の音撃棒をみてどう思う?
音撃打
爆裂強打の型!

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:25:13.98 ID:C/pLf6K00
クウガに電撃はらめぇ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:25:15.88 ID:IDeIJRNp0
ガメゴ 「・・・んぬううううぅうぅぅぅ!!」 ジョォゥリ!

アクセル 「馬鹿な! 腹に刺さった剣を引き抜いただと!?」 グッ!

クウガ 「諦めちゃ駄目だ! このままなら倒せる!」 グッ!

ガメゴ 「ぬがああああぁぁあっぁあ!!」 ジョォゥリ!

クウガ (・・・っぐうぅ!!)

アクセル (ここで決めなければ・・・!!)

W 「やっぱり俺の力が必要じゃねえか? 照井!!」 ジョーカー! マキシマムドライブッ!

アクセル 「左!?」 

ガメゴ (まだリントの戦士がこのままでは!?)

W 「ジョーカーエクストリーム!!!」 ドカァ! ドカァ!

ドカァーーーーン!!!!! 

ガメゴ 「ぐおおおおおぉぉぉぉっぉ!!!」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:26:27.79 ID:RpKL4cqo0
ちょwwww一条さんの目の前でゴ爆発wwwwwwwwww


まあ一条さんなら大丈夫か

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:27:09.22 ID:IDeIJRNp0
飯食ってきます 
即興で始めたけど、どうにか完成させたいです

てか、さっきかお前ら楽しそうだな どこの斬鬼さんだよ?

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:27:49.96 ID:dj7etfvpO
一条さんはクウガより丈夫

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:29:28.69 ID:dj7etfvpO
>>62
wikiでも読みながら待ってる。
最近U-NEXTでクウガ見てる俺に調度良い

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:31:10.04 ID:RpKL4cqo0
>>62
いろいろ思うところはあるが期待はしてるぞ
がんばれ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:31:24.97 ID:GbhIp0pJ0
>>61
赤の金じゃないから大丈夫だろ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:33:13.24 ID:RpKL4cqo0
>>66
あの爆発は金のエネルギーだけじゃなくゴの内部エネルギーも入ってる

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 19:51:55.53 ID:RpKL4cqo0


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 20:16:16.43 ID:EvcaRrkg0


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 20:16:39.65 ID:IDeIJRNp0
アクセル 「左・・・お前が何故ここにいる?」

W 「あんだけ大々的に避難勧告が出されたら分かるってもんさ・・・そっちのあんたは?」

クウガ 「俺、クウガです!」

W 「クウガ? あんたも仮面ライダーか?」 

プウゥゥゥゥゥン! プウゥゥゥゥゥン! プウゥゥゥゥゥン!

アクセル 「応援が来たようだな、今となっては遅いが・・・」 

W 「変身解除したほうが良くないか?」 シュゥーン・・・

クウガ 「そうですね・・・ここから離れましょう!」 シュゥーン・・・

アクセル 「俺は事後処理が残っている・・・
      五代、お前には聞きたいことがある 後で会えるか?」 シュゥーン・・・

五代 「じゃあそのときは一条さんと一緒に来てください、俺じゃあ上手く説明できないだろうし」

翔太郎 「じゃあ一緒にここから離れようぜ、パトカーが来ちまう!」

五代 「分かりました! なんだか悪いことしたみたいですね、俺達!」

照井 「のんきな男だ・・・」 


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 20:25:46.52 ID:IDeIJRNp0
翔太郎 「あんた名前は?」

五代 「俺は五代雄介! これ名刺、よかったらどうぞ!」 

翔太郎 (2000の技を持つ男・・・?) 
    「俺は左翔太郎、この街の探偵で仮面ライダーだ」

五代 「さっきも言ってたけど仮面ライダーって何なの? クウガみたいなやつ?」

翔太郎 「クウガってのはよく知らないが、たぶんそれで合ってるんじゃねえか?
     街の皆を守るヒーローってところだ!」

五代 「俺も皆の笑顔のために戦ってるんだ、一緒だね?」

翔太郎 「だったらお前も仮面ライダーなんじゃねぇか?」

五代 「じゃあ俺は、仮面ライダークウガ! ってところかな!」

翔太郎 「かっこいいじゃねぇか! だったら俺は、仮面ライダーW! ってところだな!」

五代 「なんか・・・良いよね!」

翔太郎 「そうだなぁ・・・なんか・・・良いな!」
    

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 20:34:22.35 ID:IDeIJRNp0
杉田 「一条! 未確認の野郎はどうなった!?」

一条 「ええ、4号とその・・・」

照井 「その仲間が未確認生命体を撃退しました」

桜井 「4号に仲間がいたんですか!? どうして今まで一緒に戦わなかったんだろう・・・?」

真倉 「4号ってのも仮面ライダーですか?」

杉田 「仮面ライダー? なんだそれは?」

刃野 「この街の都市伝説みたいなもので・・・いや俺は実際に会ったことがあるんですけどねぇ・・・」

照井 「一条刑事、少し良いですか?」

一条 「どうかしたか?」

照井 「あの未確認生命体の死体が見当たらないのですが・・・」

一条 「・・・クウガが未確認を倒すと、内部から爆発してバラバラに吹き飛ぶはずだ
    しかし今回のケースは初めてだからな・・・見当たらないというのは妙だな・・・」

照井 「俺は爆発の火中にいましたから視認できなかったのですが・・・」

一条 「探してみよう、まだ生きているかもしれない!」

照井 「分かりました!」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 20:43:20.03 ID:IDeIJRNp0
亜樹子 「お帰り翔太郎君、竜君! あれ? お客さん?」 

一条 「はじめまして、一条です」

五代 「俺は五代雄介! よろしくね!」

フィリップ 「君はさっきの男か?」

亜樹子 「きゃー! 二人とも竜君並にイケメンー!」

翔太郎 「俺はイケメンじゃないのかよ!?」

照井 「二人には聞きたいことがあってここに来てもらった・・・まあこちらにも伝えることは有るのだが
    ここは情報交換の場として使わせてもらうぞ」

亜樹子 「もしかしてさっきテレビでやってた、未確認生命体のこと?」

翔太郎 「ああそうだ・・・察しが良いじゃねぇか」

五代 「俺達のほうから先に話すよ」





74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 20:55:14.92 ID:IDeIJRNp0
フィリップ 「・・・なるほど、つまり君はガイアメモリを必要としないということか・・・興味深い」

翔太郎 「超古代の仮面ライダーってところだな・・・」

照井 「次は俺達の番だな・・・この街風都は、人間を超人へと進化させるアイテムが流通して回ってる・・・」

翔太郎 「これがそのガイアメモリだ」 ヒョイ

一条 「これで人間が・・・?」

五代 「とてもそんな風には見えないけど・・・」

フィリップ 「見た目からは信じられないようなエネルギーが宿っているから気をつけたまえ・・・
       そしてこのガイアメモリ、麻薬のような中毒性がある危険なものだ」

五代 「それじゃあ君達も?」

翔太郎 「俺達はドライバーで力をセーブしてるから平気だ このWドライバーと・・・」

照井 「俺の持つアクセルドライバーでな」

一条 「未確認のやつら、とんでもない街に入り込んだようだな」

照井 「まさか、あいつらの狙いはガイアメモリか!?」

五代 「人間を殺すことしか頭に無いようなやつらだからたぶん違うと思うけど・・・」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:02:04.00 ID:IDeIJRNp0
ウェザー 「ふう・・・何とか上手くいきましたね」 ドサッ!

冴子 「先生何故変身を・・・? それにそのドーパントは・・・?」

ウェザー 「これはドーパントではありませんよ・・・昨日話したでしょう?
      グロンギを生け捕りにしたいとね・・・」 シュゥーン・・・

冴子 「何かの実験ですか・・・?」

井坂 「その通りですよ・・・どうにか手に入れたいですねぇ、グロンギの力・・・
     ああ、もちろんガイアメモリに浮気などしませんよ、ちょっとした興味心です」

冴子 「先生が私を離れるようなことが無ければ、何だって良いです」

井坂 「それと、新しい仮面ライダーを見かけましたよ・・・」

冴子 「Wとアクセル・・・それにあの髑髏のライダー以外にもまだいたの!?」

井坂 「みたいですねぇ・・・商売敵は早めに消さなければなりませんね・・・」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:06:54.90 ID:EvcaRrkg0
そういや高寺も塚田も早稲田だったな
4月が楽しみ
支援

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:08:06.32 ID:/9m2ymXb0
管理人さーん

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:10:33.93 ID:jp15jnr70
井坂先生側からも狙われるとかグロンギ達涙目

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:14:56.86 ID:IDeIJRNp0
一条 「そういえば五代、どこに住むかは決めたか?」

五代 「あ、すっかり忘れてました! ちょっと今から見て回ってきます!」

翔太郎 「おい、チョイ待ち! 住むとこないならここに住めよ!」

五代 「え? いや悪いよ!」

フィリップ 「確かに・・・君がここにいれば未確認が現れたとき僕達も行動しやすくなるね」

亜樹子 「私達のためにもなるんだし! いいでしょ? 雄介君!」

五代 「そっかぁ・・・うん、じゃあ泊めてもらっちゃおうかな!」

翔太郎 「よろしくなぁ、五代」

一条 「そろそろ戻らなくては・・・消えたグロンギを捜索しなければいけないので」

照井 「同行します」

亜樹子 「えー!? もう行っちゃうの?」

翔太郎 「バカ! 遊びじゃないんだぞ! 
     ・・・一条さん、照井のことよろしくお願いします」

照井 「お前は俺を馬鹿にしているのか!?」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:18:32.71 ID:GbhIp0pJ0
ガオブラック拉致するとか井坂ホモかよ

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:18:40.39 ID:dj7etfvpO
テルイルーは我が儘だからな

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:27:01.84 ID:fOSByHr50
追いついた
期待してる

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:28:09.86 ID:B7BI4C5SO
追い付いた

良いスレだ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:30:14.66 ID:GbhIp0pJ0
感動的だな

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:31:02.53 ID:IDeIJRNp0
バルバ 「・・・揃ったか」

ゴオマ 「ヨンデ・・・キタゾォ」

ジャラジ 「ガメゴハいないガナ」

ガドル 「なぜ呼んだ?」

ジャーザ 「わたしのゲゲルはもう少し後だと思うけど?」

バベル 「理由ヲ・・・聞かセロ」

ザザル 「説明するって言ったでしょぉ〜?」

ベミウ 「・・・・・・」

バダー 「何ダ?」

ブウロ 「・・・・・・」

ジイノ 「・・・・・・」

ドルド 「バルバ・・・」

バルバ 「・・・理由を話そう・・・」






86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:31:11.85 ID:dj7etfvpO
科警研の人ってすこし出っぱだよね

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:31:52.96 ID:k6GWfvAj0
ジイノwwww最ザコさんちーっすwwwww

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:33:01.84 ID:fOSByHr50
MOVIE大戦は無かった事になってるのか

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:33:39.83 ID:k6GWfvAj0
そういえばヌ・ザジオ・レが居ないな

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:34:24.93 ID:IDeIJRNp0
片言っぽくしてみた

後、ここで結構時間が経過する
2,3日くらいだけど、たぶんその間に五代と翔太郎でドーパント事件解決してたりするかも
妄想してくれると嬉しい

ちなみにWの時間軸はちょうど今日の放送の後くらい
クウガはガリマ戦前


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:38:27.28 ID:GbhIp0pJ0
ガドル閣下ktkr

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 21:52:48.95 ID:IDeIJRNp0
一条 「なかなか見つからないな・・・未確認37号」

照井 「完全に消滅したと思いたいところですが・・・やつの異常なタフネスを
    目の当たりにした俺から言わせれば・・・それはありえないでしょうね」

杉田 「おい一条! 照井! 手がかりが有ったぞ!」

一条 「本当ですか!?」

杉田 「ああ・・・何でも未確認が身につけていた装飾品と思わしきものが発見されたらしい」

照井 「それはいったい何処で・・・?」

杉田 「何だったかなぁ・・・風都で有名な富豪一家だ」

刃野 「もしかして、園咲一家じゃぁないですか?」

杉田 「たぶん、それだ・・・しかしどうにも警察に影響力のある一派らしくてな
    立ち入ることを上から禁止されてるらしいんだ・・・」

一条 「松倉本部長が!?」

杉田 「いや、あの人は猛反発してる 少しでも市民の安全が守れる可能性があるのなら
    絶対に行くべきだ! ってな・・・」

照井 「・・・・・・」

一条 「照井刑事? どうした_」

照井 「園咲・・・どこかで聞いたことがあると思って・・・そうか!」」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:00:00.69 ID:IDeIJRNp0
五代 「はい、こちらオリエンタルな風貌漂う探偵事務所、鳴海探偵事務所です!」

亜樹子 (ふざけてちゃ駄目でしょうが!)

五代 「え、照井さん? ・・・分かりました、すぐ変わります
    ・・・左さん! 照井から!」

翔太郎 「・・・んだぁ照井? え? ・・・あぁ、確かにライアードーパントの時には
     園咲若菜に協力を頼んだなぁ」

照井 「園咲家の近辺で未確認のものと思われるものが発見された
     何か、思い当たるところは無いか?」

翔太郎 「そういやフィリップのやつが、諸悪の根源がどうとかって・・・ 
     よくよく考えたら霧彦もあそこの人間だったな・・・」

照井 「霧彦?」

翔太郎 「ガイアメモリを流通させてた組織の人間だぁ
     若菜姫を疑うことはしたくないけどよ・・・結構臭い一家だとは思うぜ」

照井 「なるほどな・・・切るぞ」 ガチャ

翔太郎 「あっ! ・・・礼くらい言いやがれよ・・・」

94 :ラガン3:2010/03/28(日) 22:01:00.19 ID:3RgnTS2j0
ふウ・・・ちょっと用事が終わったからまた来てみたけど

まじいいねこれ!!

最高wwクウガにエレクトリックたのしみwww

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:07:19.63 ID:IDeIJRNp0
若菜 「どうかしました、お父様?」

琉兵衛 「ふーむぅ・・・警察の厄介になりそうなんだ・・・
     何も身に覚えが無いんだが・・・どう思う? 井坂君」

冴子 (まさかグロンギを持ち込んだから・・・?)

井坂 「すいません・・・研究に熱心になると周りが見えなくなってしまうもので・・・」

若菜 「・・・・・・」 チッ!

琉兵衛 「研究熱心は結構だが、この家に厄介ごとを持ち込むのはどうだろうなぁ・・・?」

井坂 「申し訳ありません・・・」

琉兵衛 「そうだなぁ・・・君がまいた種なんだし警察を追い払うのは君がしなさい
     それくらいの時間は有るだろう?」

井坂 「分かりました・・・お受けしましょう」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:12:59.81 ID:IDeIJRNp0
ここで切ります
0時回ったくらいに再開するかもしれません

クウガの知識に乏しくてゴメン
一応最終話と正月回以外は全部見たんだけど、あんまり覚えてなくて・・・


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:15:42.66 ID:jRPdzY8j0
何で最終回見てないんだよ

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:16:59.50 ID:RpKL4cqo0
最終回は正直見なくていいだろ
ずっと皆が五代褒めてるだけだもん

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:17:45.74 ID:IDeIJRNp0
五代死んじゃったENDもありじゃね? みたいな感じで

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:18:49.97 ID:s0MiZH5jO
最終回って変身とけた後も人間の状態で殴り合ってたやつだよね?

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:20:47.42 ID:GbhIp0pJ0
それ最終回の前

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:21:03.31 ID:jRPdzY8j0
>>100
最終回1話手前
最終回見てないって事はおやっさんの本名分からないって事じゃね?
それはもったいないよ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:21:46.97 ID:MoyJCFzIP
本日のめぞん一刻スレ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:45:52.95 ID:RpKL4cqo0


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:46:57.61 ID:fOSByHr50


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 22:52:13.55 ID:0CjOINO50


107 :ラガン3:2010/03/28(日) 22:58:07.00 ID:3RgnTS2j0
がんば

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 23:00:10.37 ID:ln7sXAe2O
隠しボスは、赤い狼


109 :ラガン3:2010/03/28(日) 23:24:39.47 ID:3RgnTS2j0
ほしゅーバルカン
どどどどどどどどどどどどどどど

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/28(日) 23:51:16.49 ID:GbhIp0pJ0
ほす

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:03:48.51 ID:UWvD8o+iO


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:14:20.64 ID:T/PG5VN50
照井 「やはり園咲家は黒に近いようです」

杉田 「そいつは信頼できる節なのか?」

照井 「信頼・・・ええ、仲間の言うことですから間違いありません」

杉田 「だけどよぉ、この街の問題と未確認生命体がグルになっているっていうのか? ありえないと思うぞ」

照井 「このタイミングで警察の捜査を禁じる・・・共謀しているかは分かりませんが
    関わりがある可能性は大いにあると思います」

一条 「そうか・・・じゃあ早速行こう」

刃野 「いいんですか一条さん!? びびってるわけじゃあありませんが、上から止められてるってぇ・・・」

一条 「そのときはそのときだ、上に逆らうことになるかもしれないのは心苦しいが
    当たれるところは他にないんだ それに松倉本部長の進言が通るかもしれない」

照井 「そうですね・・・それに例え流通組織との関わりが無かったとしても
     あの近辺に未確認生命体がいたという事実は揺るぎませんし」

杉田 「市民の安全が第一ってことか・・・何当たり前のことで躊躇してんだ俺は? さっさと行くぞ!」

刃野 「了解です!」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:15:44.92 ID:BzqGB4050
帰ってきたか

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:20:07.40 ID:UWvD8o+iO


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:22:33.85 ID:T/PG5VN50
刃野 「でっかいお屋敷ですねぇ・・・どんだけ稼いだらこんなんなるんですかね?」

杉田 「何くだらないこと言ってるんだ・・・ん? あれ一条の友達じゃないか?」

五代 「一条さん! それに照井君も!」

一条 「五代!? お前なぜここにいるんだ?」

刃野 「照井刑事のお友達ですか?」

五代 「翔太郎君が捜査するならこれを使ったほうがいいって言ってたんで持ってきました!」

一条 「これはフィリップ君が開発していたやつか?」

照井 「メモリガジェットか・・・確かにこれなら色々と嗅ぎまわれるな」

刃野 「なんだ? このヘンテコ道具は・・・? うわ! 急に動き出したぞぉ!?」

杉田 「なんだかタイムスリップした気がしてきたぜ・・・家の娘ババアになってたりしないだろうな・・・」

一条 「わざわざ済まなかったな、よし中に入れるか掛け合ってみよう」

井坂 「それはできない相談ですよ・・・」

照井 (・・・井坂!?)

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:29:48.94 ID:T/PG5VN50
一条 「私は風都署、未確認生命体対策支部所属の一条薫です、こちらの屋敷での・・・」

井坂 「いえいえ、察しはついていますよ、、どうぞ中へ・・・」

杉田 (すんなり許可が出たな・・・)

一条 「それでは失礼させていただきます」

井坂 「ああそうだ、照井竜君とお話しさせてもらっていいですか? 大事な用がありますので・・・」

一条 「照井刑事の知り合いですか? 勤務中ですので後にしていただくと助かるのですが・・・」

照井 「一条刑事、10分で済みます・・・」

井坂 「ええ・・・10分でカタがつきますから・・・」

一条 「そうですか・・・では中に入らせていただきます」

照井 「五代、お前も暇なら来い」

五代 「え? 大事な話なんじゃないの?」

照井 「いいから来い・・・」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:34:15.20 ID:a9thRXnd0
ここで問題です

グロンギの使う数字は9進法です(ガチで)
バルバの言う「31時間で、108人」は日頃人間が用いる10進法に直すと何時間で何人になるでしょう?

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:38:36.37 ID:T/PG5VN50
井坂 「意外でしたねぇ、この前といい・・・私に対する憎しみはすっかり消えちゃいましたか?」

照井 「お前は殺したいほど憎んでいるさ、だがあの場は一条刑事達を中に入れるほうが
    先決だ・・・お前も意外だったな、俺達をすんなり中に入れるとは?」

五代 (何の話をしてるんだろ?)

井坂 「私は君と違って感情を抑えるのが苦手でね・・・
    君を目の前にしたら、この前の屈辱のことで頭がいっぱいになってしまいましたよ・・・!

照井 「小さい男だな・・・」 アクセルッ!

五代 「なんで変身を!?」

井坂 「さっさと消し去ってあげますよ・・・あなたのお友達ともどもね!」 ウェザー!

ピーィィィィン・・・!

ウェザー 「どちらから死にたいですか・・・?」

照井 「こういうことだ・・・こいつは手強いぞ!」 ブルン! ブルン!

五代 「そうか・・・!」 シュッ!

五代 照井 「変・・・・・・身!!!」 




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:39:56.82 ID:zspodmhn0
>>117
時間の進み方と殺害人数は変わらなくね?

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:44:40.77 ID:T/PG5VN50
メイド 「お待ちください! 中に入ることは禁止されております!」

杉田 「え? 確かに許可はいただいたのですが・・・」

刃野 「おかしいですねぇ・・・さっきの門番はいったい・・・?」

メイド 「家に門番など存じませんが?」

杉田 「え? いやでもさっき・・・?」

一条 (使い方は確かこうだったな・・・) スパイダー! バット! スタッグ! フロッグ!

刃野 「では、とりあえずもう一度問い合わせてきてもらいませんか 
    どうにも話しにくい違いが有るので」

メイド 「良いですけど・・・答えは変わらないと思いますよ、そこでお待ちください」

杉田 「お前はさっきの機械で何してるんだ?」

一条 「証拠集めです、警察官としてはあるまじき行為だと思いますが・・・」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:51:08.73 ID:T/PG5VN50
ザザル 「ちゃんと数を確認できるんでしょうねぇ〜?」

バダー 「無理ダト思うがナ」

ドルド 「善処スル」

ジャーザ 「とにかく好き勝手にやらせてもらうわよ」

ベミウ 「私のゲゲルに従ウだけダ」

ジャラジ 「苦しマせル」

ジイノ 「・・・・・・」

フグロ 「一斉にゲゲルをスル・・・か」

ガドル 「ダグバがそこまでの価値を見出すとはな・・・」

バベル 「暴レさせテもらウ!」

バルバ 「では・・・ゲゲルを始めるぞ」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:54:27.89 ID:zspodmhn0
えっ

えっ

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 00:55:21.76 ID:4+jMQ2LU0
よく見たらジイノいるwwwいやゴ集団だけどもwwwww

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:03:38.27 ID:T/PG5VN50
クウガ 「くそっ! 全然近づけない!」

ウェザー 「ガイアメモリに頼ることなく超人形態へと変化するとは・・・
      素晴らしい力ですね・・・研究したかったですよ!」 ズゴオォォォー!

アクセル 「ブリザードだ! 俺の後ろに隠れろ!」 スチーム!

クウガ 「超変身!!」 ドゥン! ドゥン! ドゥン! ドゥドゥドゥドゥ! シャキーン!!!

ウェザー 「凌ぎますね・・・うっとおしい!」

クウガ 「今だ!!」  バシュゥン!!

ウェザー 「小賢しい!!」 ブワアアァァァ!!

クウガ 「緑のクウガの矢が風で弾かれた!?」

アクセル 「やつは気象を操るドーパントだ! 生半可な攻撃では効かんぞ!!」

ウェザー 「所詮は私の敵ではないということですね・・・」 ビリビリバリィーン!

アクセル 「電撃が来るぞ俺の後ろに・・・おい! 何故突っ込む!?」

クウガ 「うおおおおおぉおおぉ!!!」 ダッ!

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:04:11.54 ID:iYvjQ/kx0
フラグktkr

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:04:25.91 ID:a9thRXnd0
クウガ始まったな

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:11:45.13 ID:T/PG5VN50
ウェザー 「馬鹿が! 感電死にでもなっていなさい!」 ビリビリバリィーン!

クウガ 「うおおおおおぉおおぉ!!!」 ピリピリ! バリバリ!

ウェザー 「電撃が効かないだと!?」

クウガ 「金の緑だ!!!」 バシュゥン! バシュゥン! バシュゥン! バシュゥン!

ウェザー 「ぐぅ・・・!! 近寄るな!!」 ブワアアァァァ!

クウガ 「ぐわぁ!!」 ドシャァーン!

アクセル 「五代大丈夫か!?」

クウガ 「大丈夫です! 超変身!!」 キュゥン! キュゥン! キュゥン! キュゥンキュゥンキュゥンキュゥン シャキーン!!!

ウェザー 「おのれぇ・・・! やってくれましたね」

クウガ 「そんな! 金のクウガで攻撃したのに!?」

アクセル 「いや、やつは確実にダメージを負っている・・・今なら倒せるぞ!」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:14:53.20 ID:zspodmhn0
クウガの時系列はガリマ戦前なのになんで金の力使えるんだ?

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:16:26.34 ID:1ebtRHI90
>>1さん、もう終りにしましょうや……

<ファイナルアタックライドゥ!ディディディ ディエーン!!

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:18:44.87 ID:2PrBwKs90
きたこれw

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:20:24.96 ID:T/PG5VN50
クウガ 「俺がさっき攻撃したわき腹を狙おう! でもどうやって近づけば・・・」

ウェザー 「はあっ!!」 ブワアアァァァ!!

アクセル 「もう一度俺の後ろに隠れろ!」 スチーム!

クウガ (あんな強力な攻撃があったんじゃ近づけない・・・緑のクウガの矢も効かなかったし・・・)

ウェザー 「またしても!! イライラしますねぇ・・・」

アクセル 「五代・・・近づけたら仕止めきる自信が有るか?」

クウガ 「はい! もう一度金の力を使ったら確実に倒せます!」

アクセル 「一瞬のチャンスに賭けることになるな・・・五代俺にまたがれ!」

クウガ 「えぇ!? 何言ってるの!?」

アクセル 「こういう意味だ!」 シャキーン!!!

クウガ 「バイクに変形した・・・」

アクセル 「乗れぇ!」



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:21:32.77 ID:T/PG5VN50
>>128
ごめん、ガリマ戦後って思っといて

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:22:52.02 ID:zspodmhn0
>>132
……まあいいか

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:23:12.66 ID:iYvjQ/kx0
いやガリマ姐さんさっきいただろwww

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:24:51.45 ID:zspodmhn0
ここまで来たら多少の矛盾やキャラの違いには目を瞑る
最悪最初のほうのガリマを他のグロンギに脳内変換すりゃいい

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:37:12.58 ID:T/PG5VN50
クウガ 「超変身!!」 ファオン! ファオン! ファオン! ファンファンファン!! ビキィーン!!!

アクセル 「早く乗れぇ!」 ブルン! ブルン!

クウガ  「今乗る!」  (この樹の枝を・・・) ピキィーン!
    
アクセル 「しっかり掴まっていろ・・・振り切るぜ!!!」 ブルウゥゥゥン!!

ウェザー 「・・・・ちょこまかと!!」 ブワアアァァァ!!

アクセル 「振り切るつもりで飛ばしているから、振り切られるなよ!!」 ブルウゥゥゥン!!

ウェザー 「これならばどうです!!」 ドヒュウウゥゥゥゥゥ!!!

クウガ 「うわ! 目の前が竜巻で見えない!?」 

アクセル 「五代! 俺を蹴飛ばして竜巻を振り切れ!!」 ブルウゥゥゥン!!

クウガ 「・・・分かった!!」 ダッ!!! ピリピリ! バリバリ

ウェザー (何という跳躍力だ・・・!! だがこの竜巻は抜けられない!!)
ドヒュウウウウゥゥゥゥ!!! ドヒュウウウウゥゥゥゥ!!! ドヒュウウウ・・・・・・ズバァッ!!!!!

クウガ 「どりゃああああぁぁぁ!!!」







137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:38:10.47 ID:1ebtRHI90
よくわがんねからねるっぺ

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:41:07.91 ID:a9thRXnd0
ライジングスプラッシュドラゴンはロッドを投げて欲しかった

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:42:09.77 ID:zspodmhn0
ぶっちゃけ擬音ばかりで何やってるかわからないって言うね
あのSSスレのコピペがよく当てはまる

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:44:53.09 ID:T/PG5VN50
>>139
擬音なしだともっとひどいから困る
あと、井坂先生が説明キャラ過ぎて困る

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:49:28.34 ID:nFau0IzG0
                               ll      l',
                                l l     _l .l_
                                l ',  , r´::::/ l::::::::`ヽ.                        __
                                 l ./l::::::, ‐'  ./::::::::::::::::ヽ             _ィヽ - ニ  ̄ ̄   , -´
                                 l ' ー'  __ /::::::::::::::::::::::',   ,ィヽー ─ ニ ´         , - ´
                  , ─-_、          ハ  ,r ´: : : ヽ.::::::::::::::::::::::}‐ '             , - ´
                 , '  ,r ´            {: i i: : : : : : : : ',:::::::::::::::::::l           , - ´`ー'
                 ,'   / ,、       ., -. ',:l .l: : : : : : : : :.}:::::::::::::::::l  _    , - ´
                  l  ( ハ ヽ, ‐ ニ ´ _ - ',l .l丶、 _ , ノ:::::::::::::::::/‐'  丶ィ
              _  l   ゝ!  l  , - ‐ ´   , -ヽ=-、ィ`ーニニニニ/
            ,-、‐、´ヽ ヽ,r´`',l  l´ , - ‐  ´_ - ´ヽ_ ゝ/ ,r ´:::::::::lー -、
        , -ヽ::ヽ.',:::l/´}、 _ノ',  ', , - ニ ´  ヽrニーl ー'-‐ ´:::::::::::::::::::ヽ:::::ハ 
 , ‐ニー ア ´三三三l::::l:::',ノ:::::l l  {ヽ / l: : : : : : : : l l   l ', 弋::::::::::::::::::::::::::::, ノ ノゝ、    ,r´ ̄`/ ̄/ヽ
/三三ィー─ ´  l::::`::'ー':::,:ィ. マ  ヽ`' l l: : : : : : : : l: ',  ',: ゝ、 ヽ::::::::::, - ´ _ - ': :, -'`l‐ ´ /: : : : /  / ./
` ー ‐'       ー,‐ ニ 三',   ヽ  ` ー ァ、: : : : : : : l: : ヽ ヽ、 `l lr´ , - ´: :, - ´ //: : : :,': : : : /  / ./
           ',三三ィ.',     ̄ ̄ィ丶 `ー,: : : :l: : : : \  \ l  l, ‐ ´   ,/: :/: : : :,': : : : /  / ./
             マ: : : : : ヽ、  , ィ´:::::::::`丶二ニl: : : : : : : 丶  l ´  _ -. : ´: : : : l : : : ,': : : : /  / ./
                マ: : : : : : :`il::::::::::::::::::::::::::::::::::l: : : : : : : : : l l l´: : : : : : : : : : l: : : ,': : : : /  / ./
.                マ: : : : : : :ll:::::::::::::::::::::, - ´ l: : : : : : : : : l l l: : : : : : : : : : : :l:_:_:l二二__/‐'
                 マ: : : : ://::::::::::, - ´    l : : : : : : : : l l l: : : : : : : : : : : : l::::::::::::::::::l
               \ : //_ ‐ ´         l 、: : : : : : :ノ l l: : : : : : : : : : : : :l::::::::::::::::::l

VIP列島@仮面ライダークウガ ーVIPPERで街を作るー
http://vipquality.sakura.ne.jp/town/start.htm
【初心者ガイド】http://vipquality.sakura.ne.jp/town/index.html

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:49:46.90 ID:nrO4Lw560
>>140
言い訳するとよけい惨めになるから淡々とやっていった方が良いよ
少なくとも俺は見てるから

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:53:55.05 ID:T/PG5VN50
ウェザー 「ぐ・・・ぐぅ・・・!!」 シュゥーン・・・

クウガ 「変身が解けた・・・」

アクセル 「さあ、然るべき所で罪を償ってもらうぞ・・・
      最も償いきれるほどお前の罪は軽くは無いがな・・・ む!?」

ドカァン!! ドカァン!!

タブー 「先生! 大丈夫ですか?」

クウガ 「新しいドーパント!?」

タブー 「そういうあなたは新しい仮面ライダー君かしら・・・?
     今度相手してあげるわ・・・ね!!」

ドカァン!!

タブー 「先生、今のうちに・・・」

井坂 「手を煩わせてしまったね・・・」

クウガ 「逃がしたみたいですね・・・」 シュゥーン・・・

アクセル 「くそ!! 井坂に仲間がいたとは・・・」 シュゥーン・・・

五代 「これからどうします?」

照井 「一条刑事達と合流しよう 捜査が進展しているかもしれない」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:55:23.23 ID:2PrBwKs90
俺も
素直に面白い

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 01:56:59.37 ID:aWi6M+eE0
  _
  \ヽ, ,、
_  `''|/ノ
\`ヽ、|
 \, V
    `L,,_
    |ヽ、)                ,、
   .|                   ヽYノ
   /                     r''ヽ、.|
  /        ,.. -──- .、    `ー-ヽ|ヮ
 .|      , ‐'´   __     `ヽ、  `|
  |    / , ‐'"´       ``''‐、  \  |
  |   / /             \ ヽ |
  ヽ,  y'   /` ‐ 、    ,.. -'ヘ   ヽ. }ノ
   ヽ,'     /   /`,ゝ' ´     ヽ   Y.
.    i    ,'     { {        ヽ   `、
    l    ,イ─- 、.._ ヽ ,, _,.. -─:}   !
.    |  r‐i| ー=ェェ:ゝ ,.∠ィェェ=ー' |r 、.  l
   |  {ト」l|.      : | "    ``: |!トリ  |
.  │  ヽ、|      ;.」_      |'ソ    !
.  │     ヽ     r──ッ    /ノ    |
    |      lヽ    ̄ ̄     / イ    │
.    !    丶ヾヽ    ~   , ' ノ │   !
    ト.    ミ.ゝ ヽ.____./  /  l   /
    ヽ  ヽ           イ ,' / , '       ┼ヽ  -|r‐、. レ |
     \.             ノレ'/         d⌒) ./| _ノ  __ノ

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:00:18.89 ID:T/PG5VN50
そうだな
つまんなかろうが面白かろうが書ききることしかできないもんな

>>139
八つ当たりしてゴメン

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:04:18.23 ID:zspodmhn0
八つ当たりされてたのか俺
初耳だぞ俺

あと謝る位なら続きで魅せて欲しいぞ俺

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:07:51.20 ID:Z7GAVWKO0
タブー?

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:08:49.06 ID:T/PG5VN50
五代 「一条さん!」

一条 「五代! おまえまだここにいたのか?」

照井 「門番の前でどうしました? やはり追い返されましたか?」

杉田 「粘ったんだけどな・・・結局駄目だった・・・けど収穫はあったぞ!」

一条 「これだ・・・不正な手段だがな」 

照井 「屋敷内の写真ですね・・・メモリガジェットを使ったということですか
    ・・・それと・・・これは!?」

五代 「ガイアメモリ!?」

一条 「このクワガタの・・・クワガタガジェットが」

照井 「スタッグフォンです、一条刑事」

一条刑事 「スタッグフォンが勝手に持ち出してしまったみたいなんだ・・・」

五代 「刑事さんのすることじゃあ無いですよね・・・」

刃野 「何にしろこれで園咲家がガイアメモリ流通組織の戦が濃厚になったってわけだ
    ・・・未確認生命体のやつらとの関係性は浮かび上がらなかったがな」

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:12:27.24 ID:a9thRXnd0
まあ練習とか経験とか思えば深夜は正解だな

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:19:19.39 ID:T/PG5VN50
五代 「これからどうするんですか?」

一条 「未確認生命体との関連性があるかもしれないから調べたが
    元はといえば超常犯罪捜査課の管轄だ 君達に任せる」

照井 「ほとぼりが冷めたら当たってみることにします・・・
    今の俺は未確認生命体に対する重要な戦力らしいですから」

杉田 刃野 「「戦力?」」

五代 「じゃあ未確認生命体36号はどこに消えたんですかね?」

一条 「さあな・・・何にしろ捜査がまたふりだしということは確かだな」

五代 「大変ですね・・・」

ザーッ! ザーッ!

刃野 「あ? 通信だ」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:27:24.92 ID:T/PG5VN50
『本部より各車へ入伝!!
未確認生命体が風都各地にて暴れまわっているとのことです!!
総数は不明! 通報があった順に伝えていきます!
付近を巡回中のパトカーは至急現場に向かってください!!
場所は未確認生命体37号が・・・』

一条 「何だって!?」

刃野 「未確認生命体のやつらは、律儀に一匹ずつうゲームをするはずじゃ?」

五代 「そのはずです・・・どうします!? 一つずつ当たってたら犠牲が増えますよ!?」

杉田 「なんで君まで現場来るみたいなこと言ってるんだ!?」

一条 「そうだな・・・やはり分かれて向かうのが得策だろう
    照井刑事! 左君にも連絡を頼む!」

照井 「分かりました!」 プルル

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:30:27.10 ID:T/PG5VN50
寝るわ

続き書きたいけど 落としてくれてもかまわん
こんなんでも見てくれて嬉しいわ

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:31:38.36 ID:8c+DGPyN0


ゆっくり休んでくれ

その間に他の奴らが保守してくれるはず

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:31:59.34 ID:nrO4Lw560
ヒビキ「ちょっとぉ」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:32:10.29 ID:1ebtRHI90
いや、もう保守する人間はいないんだ

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:36:16.68 ID:DWdfrQy40
お疲れん

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:45:04.85 ID:FrxoxMuZ0
ゴ全員とかやべえな
時間軸的にガドルが電撃態になれないのがまだ救いか?

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 02:48:07.40 ID:2PrBwKs90
お疲れー
保守ガとリングどどどどっどどど

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 03:00:27.06 ID:kOmbNzZR0
カチッ\乙ゥ/

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 04:02:58.22 ID:zspodmhn0
天が呼ぶ地が呼ぶ人が呼ぶ
保守をしろと俺を呼ぶ

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 04:07:00.45 ID:DWdfrQy40
今保守を解き放て

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 04:36:36.30 ID:2PrBwKs90
ふはははは俺を忘れてもらっちゃーこまる!!
保守ガとリングゥゥゥゥゥゥ!!
どどどどっどどどど

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 05:08:15.69 ID:2PrBwKs90
ほしゅべべべべべべべべえ

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 06:04:09.28 ID:AySfFPmr0
保守

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 07:34:13.02 ID:pMWSwXl90
保守も辣韮も大好物だぜ!

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 09:22:40.16 ID:JPOyip880
保守しなければ生き残れない

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 10:07:46.50 ID:pMWSwXl90
おのれ保守ケイドォ…!

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 10:59:51.09 ID:sZPJ4IMn0
保守

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 11:26:59.26 ID:zweOtLMC0
今から読む支援

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 12:27:38.70 ID:6V/tA2TkP
おにんにん

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:23:27.08 ID:T/PG5VN50
翔太郎 「どうした照井?」 ガチャ

照井 「未確認生命体が出現した、しかも同時にだ・・・
    現在判明しているだけでも7体は殺人ゲームを開始している」

翔太郎 「俺の庭で勝手に暴れまわりやがって・・・!」

照井 「一体ずつ潰していくのは非効率的だ お前達は俺達と別々に行動しろ
    その探偵事務所から一番近いのは・・・WIND WAVEだ
    おそらく、未確認生命体41号がいると思われる 気をつけて臨め、やつらは強敵だ」 ガチャ

翔太郎 「・・・聞いてたかフィリップ? 行くぞ!」

フィリップ 「待った翔太郎・・・それほどの数が同時に殺人ゲームを行っているとなれば
       まだ人手が足りない・・・僕達も分かれよう」

翔太郎 「変身はどうするんだよ!?」

フィリップ 「君が近場の未確認生命体をさっさと倒せばいいことさ・・・
       それでも少し不安だからハードタービュラーは使わせてもらうよ、足としても使えるしね」

翔太郎 「分かった・・・死ぬんじゃねぇぞ相棒!!」

フィリップ 「ああ、街の屑どもをさっさとこらしめてあげようか」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:33:05.12 ID:T/PG5VN50
照井 「では俺も急いで向かいます!」

五代 「俺もです! あいつらの好きにはさせない!」

一条 「分かった、健闘を祈る!」


杉田 「おい! なんだってアイツら向かわせたんだ!?」

一条 「・・・桜井さん」 プルル

桜井 「一条さんですか! 未確認のやつら一体どうしちまったんでしょうか!?」

一条 「それより今どこにいます?」

桜井 「署内ですけど・・・?」

一条 「でしたら筋肉弛緩弾の手配をお願いします、この状況では必要不可欠といっていいでしょうから」

桜井 「分かりました! 終わり次第未確認の迎撃に急いで向かいます!」 ガチャ


一条 「とにかく我々もいきましょう!」

刃野 「いいんですかぁ? あの二人を止めなくて?」

杉田 「おい一条・・・もしかしてあいつらが4号とその仲間か・・・?」

一条 「騒ぎが収まったら話します、今は未確認を」

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:41:22.83 ID:T/PG5VN50
翔太郎 「着いたか・・・特に変わったところは無いみてぇだけど・・・」

バダー 「なゼ 鉄の馬かラ下りル?」

翔太郎 「未確認か!?」 ジョーカー!

バダー 「乗レ お前モ 獲物ダ」

翔太郎 「変身!!」 サイクロン! ジョーカー!  テッッテテーン!

バダー 「クウガノよウなリントだナ・・・面白イ、ゲームガ楽シくなルナ」 ブルン!

ブオォォォー!!!

W 「街の人間をこんなにしといて、カーチェイスと洒落込むってか? 笑え無いんだよ!!」

ブオォォォー!!!

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:45:36.67 ID:zspodmhn0
あれ、何で翔太郎バイク乗ってんだ
フィリップがハードタービュラー使ってたんじゃ

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:49:47.57 ID:T/PG5VN50
W 「あいにく、遊んでる暇は無いんだよ!」 サイクロン! トリガーッ!

ダダダダダダダ!!!

バダー 「緑ノクウガのヨウだナ・・・良イゲームダ」

W 「サイクロントリガーの攻撃が当たらない!? アイツ速いぞ!」
  
フィリップ ((相当バイクを使いこなしてる・・・だったらルナだ)) ルナ! トリガーッ!

ダダダダダダダ!!!

バダー 「追ってクルのカ・・・まるデ蝿だナ・・・」 

ブルゥゥゥゥゥン!!!

W 「車体を回転させて弾いただと!?」

フィリップ ((予想はしていたが・・・こいつは強敵だ!!))

W 「照井のやつが忠告するだけのことはあるってことか・・・!」

バダー 「こチラかラ イクぞ」 







177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:50:47.46 ID:pbNYuQVE0
車みたいな奴じゃないの?
タービュッラーって

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:50:59.12 ID:T/PG5VN50
>>175
opでハードボイルダーと併走してるからたぶん大丈夫だと思うよ

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:51:48.37 ID:Ip3Z2b/o0
>>175
照井に乗ってるんじゃね?

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:52:41.74 ID:Ip3Z2b/o0
>>177
りボルギャリーじゃね?

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:53:33.54 ID:zspodmhn0
>>177
ハードタービュラーは主にヒートを使って時に乗る空飛ぶバイク
ハードボイルダーと前部は共通

>>178
わかった、お前が言いたいのはリボルギャリーだろ

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:54:07.01 ID:T/PG5VN50
やっちまったああああぁぁぁぁ・・・

脳内変換しといてくれ

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 13:57:47.86 ID:Ip3Z2b/o0
>>182
リボルギャリーの事だったんかよwwwwww

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:00:28.68 ID:T/PG5VN50
照井 「通報があったのはここか・・・酷い有様だな
    これが全部死体とは・・・信じられん」

照井 「未確認は一体何処に・・・?」

ブスッ!!

照井 「ぐわぁ!! 腕に矢が・・・! 見えないところからの攻撃だと!?」

ブスッ!! ブスッ!! 

照井 「変・・・・・・身!!」 アクセルッ ブルン! ブルン! キシィーーーン!

アクセル 「場所を突き止めなければ・・・!」

ブスッ!! 

アクセル 「ぐっ!! ・・・この矢の刺さり具合から考えると
       ・・・上空か!!?」

ブウロ 「ご名答ダな」

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:11:23.99 ID:T/PG5VN50
アクセル 「はあっ!!」 ジェット!

ブウロ 「無駄ダ」

アクセル 「くそっ! 距離が遠すぎて狙いが定まらん!!」

ブウロ 「今回ハ妙なゲゲルダ・・・早クザギバスゲゲルに進みタいノだガ」

ブスッ!! ブスッ!!

アクセル 「払いのけるので精一杯だ・・・! どうにかならんのか!?」 

ブウロ 「・・・・・・」

ブスッ!! ブスッ!!

アクセル (どうにかやつに近づかなければ・・・あれほど遠くから一方的に攻撃されては
       死んでしまうぞ・・・!) シャキーン!!!

ブウロ 「ホう・・・リントは鉄の馬にモなれタノか・・・
      リントの本ニは書かレテ無カっタな・・・まダ読ンでいナいやツカ?」

アクセル 「振り切るぜ!!!」

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:18:33.63 ID:ugYY4NPt0
なんか気持ち悪い>>1だな

他のレスに反応するのは終わってからにしろよ。

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:19:10.78 ID:T/PG5VN50
井坂 「どうかしましたか? 冴子君・・・?」

冴子 「先ほどお父様に呼び出されて、そのあなたの失態のことで・・・」

井坂 「私に言いにくいことですか? 気にしませんからどうぞ」

冴子 「風都署ならともかく、警察庁には根回しができていなくて・・・ここを嗅ぎつかれる
    可能性を否定できないんですって」

井坂 「なるほどぉ・・・つまり先ほどここを訪れた警察官の顔を知っている私に
    口封じをするように・・・と、お父様が言ったのですか?」

冴子 「ええ、この混乱に乗じてならさほど難しくは無いって言ってたわ・・・」

井坂 「いいですねぇ・・・ついでです、今度こそグロンギを生け捕りにしたいものです」

冴子 「話を聞いてたんですか!? 目標は警察官です」

井坂 「分かってますよぉ・・・そのついでにね」



188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:21:17.23 ID:ugYY4NPt0
完全にキャラが確立されていない時に井坂を出すのは

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:25:36.86 ID:T/PG5VN50
ジイノ 「ブモオオオォォォォ!!!」

刃野 「あいつが未確認ですかぁ!? 気味が悪いですねぇ・・・」

杉田 「言ってる場合か!? 警察官隊が取り囲んでる! 俺達も加わるぞ!」

刃野 「あわわ・・・・拳銃なんて使ったことねえよ・・・」

一条 「桜井さんが筋肉弛緩弾を手配してくれました、それなら倒せるかもしれません!」

杉田 「桜井が来るまで粘るってこった・・・いくぞ!!」

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:32:43.14 ID:T/PG5VN50
ひいいいぃぃぃぃぃ!!!
            死にたくないよおおおぉぉ!!! 
                           うわああああああぁぁぁぁ!!  

五代 「未確認・・・! お前! この人たちに何をした!?」

ジャラジ 「もうスぐ死ヌ・・・と伝エただけダ」

五代 「何をしたと聞いたんだ!!」

ジャラジ 「俺ノ針を刺シタ・・・日ガ四回上る頃ニは・・・死ヌ」

五代 「・・・変身!!」 シュッ! キュゥン! キュゥン! キュゥン! キュゥンキュゥンキュゥンキュゥン!

ジャラジ 「クウガか・・・リントノ苦シむ姿ヲ見テイタかっタガ・・・」

クウガ 「・・・・・・」  シャキーン!!!

ジャラジ 「クウガの苦シム姿モ悪くナいナ・・・」


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:44:12.07 ID:T/PG5VN50
クウガ 「超変身!!」 ファオン! ファオン! ファオン! ファンファンファン!! ビキィーン!!!

ジャラジ 「青ノクウガか・・・」

シュピーン!!・・・・・ブウン!!
シュピーン!!・・・・・ブウン!!

ジャラジ 「針ヲ払イのケる為ノ青カ・・・」

クウガ 「・・・・・・」

シュピーン!!・・・・・ブウン!!
シュピーン!!・・・・・ブウン!!

ジャラジ 「イつマでソウシてイる? ・・・ゲゲルを再開シたイゾ」

クウガ 「・・・来てくれた!」

ガシィッ!!

ジャラジ 「あレは・・・クウガの仲間!?
      ・・・クソッ! ハサミに挟マレて、思ウヨうに動ケん!!?」

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:50:47.69 ID:T/PG5VN50
クウガ 「・・・・・・」 ピリピリ! バリバリ

ジャラジ (金色・・・? 近ヅいテくル!!)

クウガ 「・・・・・・」 ピキィーン!

ジャラジ 「俺ノ針ヲ槍に・・・マズイ! 逃ゲラれナい!?)

グサァッ!!!

ジャラジ 「ぐぬぅっ!!?」

クウガ 「・・・・・・」 ピキィーン!

ジャラジ (また武器ヲ作っタダト・・・!?)

グサァッ!!!

ジャラジ 「・・・っぶふぅ!!?」

クウガ 「・・・・・・」 ピキィーン!

ジャラジ (まサか・・・俺の針ガ無くナるマデ・・・!!?)

グサァッ!!! 

ジャラジ 「ぐわあぁ!!?」

クウガ 「・・・・・・」 ピキィーン!

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:53:53.64 ID:T/PG5VN50
グサァッ!!!

ジャラジ 「・・・っあぁ・・・!」

クウガ 「・・・・・・」 ピキィーン!

グサァッ!!!

ジャラジ 「・・・ぐぅぅ」

クウガ 「・・・・・・」 ピキィーン!

グサァッ!!!

ジャラジ 「・・・ぁ・・・・・ぁ」

クウガ 「・・・・・・」 ピキィーン!

グサァッ!!!

ジャラジ 「・・・・・・」

クウガ 「・・・・・・」 ピキィーン!

グサァッ!!!

ジャラジ 「・・・・・・」

ドカァーーーーン!!!!!

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:53:55.40 ID:Ip3Z2b/o0
ハサミって誰が来たんだ?

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:58:15.58 ID:T/PG5VN50
クウガ 「・・・・・・」 シュゥーン・・・

五代 「・・・・・・」

五代 「・・・次に行かないと」

五代 「・・・!」

五代 「ゴウラムが砂になりかかってる・・・?」

五代 「一体どうして・・・?」

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 14:59:24.92 ID:T/PG5VN50
究極の闇フラグ立てたところで飯食べます
毎度分かりづらい戦闘ですみません

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 15:11:22.44 ID:UWvD8o+iO
ほしえん

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 15:15:20.69 ID:zspodmhn0
どうでもいいけどジャラジの一人称僕じゃなかったか

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 15:28:08.62 ID:pbNYuQVE0
アクセルとゴウラムの融合にアクセルガンナーをプラス

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 15:29:32.44 ID:UWvD8o+iO
>>199
それにブロンを搭載

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 15:48:33.95 ID:T/PG5VN50
ザザル 「ぐわあああああああ!!!」

ドカァーーーーン!!!!!

ウェザー 「ふう・・・女性のグロンギというのもいるのですか・・・
      いいですねぇ、その体じっくり研究してみたいですよ・・・
  
      まあまずは、あの警察官達を葬らなければ・・・そういえば照井竜も
      倒すことになるのか・・・

      難しいですねぇ・・・彼らを倒すことを優先するのは・・・
      グロンギを調べつくしたい気持ちで胸がいっぱいですよぉ・・・

      彼らを殺したら、できるだけ生け捕りにするとしますか・・・
      ああ、先ほどのグロンギも体中を舐めまわすように研究したかった・・・
      私を襲ってきたばっかりに・・・ああ、勿体無い

      とりあえず、警官隊の集まっている場所へ向かうとしますか・・・」

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 15:58:10.24 ID:T/PG5VN50
ブスッ!! ブスッ!!

アクセル 「このスピードならやつの攻撃も当たらん!」 ブルン! ブルン!

フグロ 「鉄の馬デ逃げ回ルダけ・・・ゲゲルの時間ヲ無くスのハ惜しイな」

ブスッ!! ブスッ!!

アクセル (・・・チャンスだ!)

フグロ 「リントの巨大ナ建造物・・・ビルの影に逃ゲ込んダか・・・
       出テキたトころヲ狙い打ツトしヨう」

フグロ 「・・・・・・」

フグロ 「出テ来なイ・・・?」

アクセル 「こっちだ!!」

ブルゥゥゥゥゥン!!! ブルゥゥゥゥゥン!!! 

フグロ 「何!? ビルを垂直ニ走っテイるダト!!?」

アクセル 「今すぐお前の元に向かってやる! 絶望をプレゼントしにな!!」

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 16:00:04.11 ID:zspodmhn0
名前合ってたり間違えたりと忙しいな

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 16:02:12.57 ID:T/PG5VN50
ブウロに脳内変換頼むわ・・・

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 16:08:53.54 ID:T/PG5VN50
ブスッ!! ブスッ!!

アクセル (ぐっ・・・!! ここで逃せばチャンスは無い!!)

ブウロ (マズい、こッチにクル!?)

アクセル 「さあ! 振り切るぜ!!!」 アクセル! マキシマムドライブッ!! ブルン! ブルン!

ブウロ 「ぬぅオ!!?」

アクセル 「はあっ!!!」

ドカァーーーーン!!!!!



アクセル 「絶望がお前の・・・ゴールだ・・・!!」 シュゥーン・・・

照井 「なかなかに手こずったな・・・これほどの戦いが続くと体がもたんな」

照井 「・・・俺の体など知ったことか・・・次の通報先へ向かうとするか」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 16:21:04.89 ID:T/PG5VN50
五代 「・・・・・・」 ブゥゥゥゥゥゥン! ブゥゥゥゥゥン!

五代 「・・・あれは!? 探偵事務所のリボルギャリー? なんであそこに・・・?」

五代 「それにあれは・・・未確認!!」

バベル 「ごおおおぉぉぉ!!!」

バコオォォォン!!!

バベル 「まダ壊れナい・・・グオオオォォッォ!!!」

バコオォォォン!!!

五代 (何をしているんだ・・・?) シュッ!

五代 「変身!!」 キュゥン! キュゥン! キュゥン! キュゥンキュゥンキュゥンキュゥン!

バベル 「クウガ・・・イライラしテいタトコろダ・・・チョうどイイ・・・」

クウガ 「お前は何をしていたんだ!?」

バベル 「中ノリントを殺ソうトしテイた・・・今ハオ前ヲ殺そウとすル・・・」

クウガ (翔太郎君は別の現場に向かったはず・・・いったい誰が?)
  
バベル 「究極ノ闇ヲモタラすのは、コの ゴ・バベル・ダだ!!」

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 16:22:31.95 ID:T/PG5VN50
終わります
明日あたりで完成させたいです

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 16:52:27.56 ID:T/PG5VN50
ドガアアァァ!!!

バダー 「マだ落ちナいカ・・・」

W 「ちくしょぉ! アイツ半端じゃなく強いぞ!」

フィリップ ((翔太郎マズい! そろそろ僕の体が着いているころだ!)

W 「何ぃ!? さっさと終わらせなきゃなぁ・・・それにハードボイルダーがもたねぇ!!」

バダー 「今度コそ 地面ニ 叩きツけテやる」

ドガアアアァァ!!!

W 「ぐぅ・・・! どうする!? 俺としてはどうにか隙を作って一気に片をつけてぇ!」

フィリップ ((ガジェットも手元に無いし、リボルギャリーは応答できない・・・どうしたものか?))

W 「ボサっと考えてる場合か!! こうなったら・・・トリガーフルバーストだ!」

フィリップ ((確かに攻撃は当たるだろうが・・・仕止め切れなかったら終わりだぞ)

W 「そんときゃそんときだ! こんなところで時間を食ってる場合じゃないんだよ!」

バダー 「何カ仕掛けテくルカ・・・面白イ」



209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 17:05:06.84 ID:T/PG5VN50
W 「もしもの事があったら変身解除しろよ、フィリップ」 トリガーッ! マキシマムドライブッ!

フィリップ ((相棒になんて事を言うんだ・・・最後まで相乗りさせてもらうよ」

W 「へっ、そうかよ! ・・・トリガーフルバースト!!!」 

ダダダダダダダ!!! 

バダー 「・・・・・・」 ブルウゥゥゥン!! 

バダー 「振リ切レン・・・ぐわあっ!!!」

ドカァーーーーン!!!!!

W 「・・・やったのか?」

バダー 「・・・ぐぅ!!」

フィリップ ((なんて頑丈なんだ・・・))

W 「だが自慢のバイクはもう無ぇな・・・今度は格闘戦と行くか?」 サイクロン! ジョーカー!

フィリップ ((翔太郎! もうマキシマムは使えないぞ!!)

W 「分かってる・・・だが大丈夫だ やつは弱っている、倒せるさ!」

ばだー「・・・相手ヲシテやル そノ後に オ前ノ鉄の馬ヲ モラウ」

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 17:10:13.92 ID:zspodmhn0
つっこんでばっかで悪いんだが
一度の戦闘で二回以上マキシマムを使えない描写あったっけ?

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 17:17:42.13 ID:T/PG5VN50
W 「じゃあ格闘戦スタートといくかぁ!!」 ルナ! ジョーカー!

ブウウゥゥン!!!

バダー 「腕ガ 伸びタ!?」 

バキィ!!

バダー 「ぐフぅ!?」

W 「どうした? 何休んでるんだぁ?」

フィリップ ((君というやつは・・・確かに格闘戦ではあるが・・・))

W 「もういっちょう!!」

ブウウゥゥン!!! 

バキィ!! 

バダー 「面白イ リントだナ・・・」

W 「おらぁ!!」

ブウウゥゥン!!!  バキィ!!   ブウウゥゥン!!! バキィ!!  ブウウゥゥン!!! バキィ!
  ブウウゥゥン!!! バキィ!!   ブウウゥゥン!!! バキィ!! ブウウゥゥン!!! バキィ!!
       
バダー 「・・・ぐゥ・・・ぁあああああ!!!」

ドカァーーーーン!!!!!

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 17:19:24.69 ID:T/PG5VN50
バダー倒しときたかたっから書いた
今度こそ終わります

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 17:23:16.63 ID:zspodmhn0
おつかれ
待ってるぜ

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 17:31:11.62 ID:HzHJ4myP0
さすがにその死に方はないだろ

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 18:25:38.74 ID:zspodmhn0
 

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 18:46:35.75 ID:rLJd1CsX0
健吾「渡〜!ビッグニュースや!視聴者参加型の歌番組に、当たったで〜!」

渡「す、すごいじゃないですか!やっぱり健吾さんには才能が・・・・」

健吾「・・・・?何言うてんねん、出んのはお前やで?」

渡「・・・・・・へ?」

健吾「いやなぁ、前からお前の歌声にはおれジンジン来てたんや!」

渡「で、でも・・・」

健吾「くぅ〜!膳は急げや!さっそく出発するで〜!」

渡「し、出発って、どこに行くんですか?」

健吾「んなもん決まってるやろ!風都や風都!」

渡「・・・・ふ、風都?」

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:13:12.20 ID:T/PG5VN50
名護さんが出ることを期待していいのか?

支援

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:13:35.42 ID:UWvD8o+iO
753315

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:17:15.54 ID:zspodmhn0
>>217
いるなら
続けろ

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:25:43.16 ID:zspodmhn0


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:32:54.67 ID:rVY8Vj5o0
保守

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 19:48:20.27 ID:Dm2fWbO+0


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:02:03.20 ID:2PrBwKs90
>>217
俺もかまん
続けろ

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:23:20.15 ID:T/PG5VN50
照井 「状況が知りたいな・・・」

『本部より各車へ入電!!
現在未確認生命体が相次いで消息を絶っています!
確認できている個体は第40号、44号です! また、未確認生命体4号と思わしきものの影が
多数確認されておりますが、関連性は不明です
それと、警官隊を狙った殺人ゲームが未確認生命体に行われているとの情報も有ります!
第40号、44号は警官隊と交戦中! 付近を巡回中のパトカーは40号、44号との交戦地へ向かってください! 場所は・・・』

照井 「未確認生命体4号と思わしきものの影・・・左のやつと五代は上手くやっているようだな・・・
    警官隊を狙った殺人ゲーム・・・? まさか井坂が口封じに・・・!?
    俺も含まれているのかは知らんが「多数」と言っていたな・・・順調に撃破できているといいが
      
    正確かは分からんが、残りは三体・・・とりあえず警官隊の方に合流するか・・・」 ブルン!



225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:24:31.60 ID:+ts1NlW10
クウガって弱いよね

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:32:29.93 ID:T/PG5VN50
フィリップ 「ふう、やはり目的地に着いていたようだね・・・」

ドカァーーン!!! ドカァーーン!!!

フィリップ 「外が騒がしい・・・外にいると見て間違いないようだね」




クウガ 「ぐう・・・!?」 

バベル 「昔よリは、骨がアッタな・・・」

フィリップ 「五代雄介!!」

クウガ 「フィリップ君! 君が入っていたのか・・・
     気をつけて! 紫のクウガでも押し負けるくらいこいつの力は強い!!」

バキィ!!

クウガ 「ぐはぁっ!!?」

フィリップ 「五代雄介! やはりこいつも強敵か・・・翔太郎! いくよ!」 ファング!

翔太郎 ((ああ、コテンパンにのしちまおうぜ!!))

フィリップ 「変身!!」 ファング! ジョーカー! 

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:34:23.53 ID:bjdpTo+X0
五和「」上条「」に見えた俺は死ね

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:36:40.53 ID:zspodmhn0
バベルがタイタンの鎧に平気で凹み付けたのは当時でもなかなかの衝撃

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:43:54.17 ID:T/PG5VN50
バベル 「お前モ クウガか・・・?」

W 「いや、仮面ライダーWさ! 
   ・・・五代雄介、力負けするって言ってたね? ・・・スピードでかく乱しよう」

クウガ 「駄目だ! アイツも俺みたいに超変身できるみたいなんだ・・・
     力の強い紫のクウガみたいなのと、元の赤のクウガみたいなのに使い分けられる」

フィリップ 「厄介だね・・・そうだ、作戦が有るんだけどいいかな?」 ショルダーファング!

クウガ 「分かったよ! どうすればいい?」

W 「僕が合図を出したら、青のクウガになって敵に突っ込んでくれ、できるだけ早く」

翔太郎 ((何考えてんだ!!? 相手の力はもの凄いんだろ!?)) 

クウガ 「ええ!? ・・・うん、よく分かんないけどフィリップ君が言うんだから大丈夫かな!」

バベル 「何ヲ ゴチャゴチャト・・・」
 

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:51:11.21 ID:T/PG5VN50
クウガ 「超変身!!」 ファオン! ファオン! ファオン! ファンファンファン!! ビキィーン!!!

バベル 「青カ・・・」

W 「食らえ!!」 

バシュッ!!

クウガ (牙をブーメランみたいに飛ばした!!)

バベル 「ぐっ・・・こレが ドウしタ・・・?」

W 「今だ五代雄介!! あいつの懐に飛び込め!!」

クウガ 「うおおおおおぉおおぉ!!!」 

バベル 「潰シてヤル・・・青ナらグチャグチャにナ・・・!」

W 「やつの懐に入ったら、その牙を武器に変えるんだ!!!」

クウガ 「そうか!!」 ピリピリ! バリバリ

バベル 「金色カ! やハり骨がアるクウガダ!!」

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 20:58:22.30 ID:T/PG5VN50
クウガ 「どりゃああああぁぁぁ!!!」

ピキィーン・・・・

・・・グサァッ!!!

バベル 「何故俺ノ腹に槍ガ・・・刺さル・・・!?」

クウガ 「・・・やったか!?」

バベル 「ブルオオオオォォォォォ!!!」

バキィッ!!!

クウガ 「ぐうぅ!!」

バベル 「ブルオオオオォォォォォ!!!」

バキィッ!!!

W [マズイ! 青の状態で攻撃を受けるのは危険だ!!」 

翔太郎 ((マキシマムだ! フィリップ!!) ガシャン! ガシャン! ガシャン!

W 「ああ、彼を助けなくては!!」 ファング! マキシマムドライブッ!!

バベル 「何っ!!?」

W 「ファングストライザー!!!」 

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:02:32.60 ID:T/PG5VN50
バベル 「ぶおおおおぉおぉぉぉっぉ!!!!!」

ドカァーーーーン!!!!!



W 「大丈夫か五代雄介!?」 シュゥーン・・・

クウガ 「・・・・・・大丈夫、俺クウガだから」 シュゥーン・・・

フィリップ 「不思議な男だよ、君は・・・」

五代 「どうする? 一応これで2体は倒したはずなんだけど・・・」

フィリップ 「僕らもこれで2体倒した計算になる・・・さっきの未確認を除くと君と僕の合計で3体だ」

五代 「俺のバイクのところまでいこう、連絡で状況が分かると思うから」

フィリップ 「分かった」

『本部より各車へ入電!!
現在未確認生命体が相次いで消息を絶っています!
確認できている個体は第40号、44号です! また、未確認生命体4号と思わしきものの影が
多数確認されておりますが、関連性は不明です
それと、警官隊を狙った殺人ゲームが未確認生命体に行われているとの情報も有ります!
第40号、44号は警官隊と交戦中! 付近を巡回中のパトカーは40号、44号との交戦地へ向かってください! 場所は・・・』

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:09:11.41 ID:C9j7LmhK0
支援


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:10:54.04 ID:T/PG5VN50
五代 「残りは2体・・・移動して回ってるやつを入れたら三体か・・・」

フィリップ 「ずいぶん減ったようだね・・・照井竜も上手くやれているようだ
       ・・・しかしそれだけか? どうにも減りが早い気がするな・・・」

五代 「とにかく刑事さんの集まっているところに行こう!」

フィリップ 「そうだね・・・翔太郎、君のほうが近いようだ、44号を頼む」

翔太郎 ((分かったぜ相棒!))

五代 「フィリップ君はどうするの?」

フィリップ 「一度探偵事務所に戻るとするよ、ここにいても危ないだけだし」

五代 「分かった」

フィリップ 「お互い頑張ろう、もう一息だ!」

五代 「うん!」


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:15:57.61 ID:T/PG5VN50
0時にまた戻ります
補足すると、ショルダーファングが腹に刺さった状態で、槍に変換させたので
そのまま腹を突き破りました 
ディケイドでもドッガを変換してたし、何でもありだと勝手に解釈してます

どうでもいいけど、今日からフィギュアーツダグバ予約開始みたいですね 7月が待ち遠しいです



236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:16:01.08 ID:Dm2fWbO+0
金って昔のクウガにはなくない?
五代だけの気がする

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:28:45.00 ID:zspodmhn0
>>236
ないよ

残りはジャーザとべミウ、閣下か
ジイノも倒された描写はないが筋肉弛緩弾で倒したか……?

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:42:04.83 ID:zspodmhn0


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 21:46:31.02 ID:HA6fh60x0
>>237
ジイノさん金の力使わなくても勝てるくらい弱いからなぁ…

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 22:12:10.69 ID:zspodmhn0
まぁ、ジイノさんだしね
声はボスなんだが

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 22:47:21.22 ID:zspodmhn0


242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 23:10:36.14 ID:zspodmhn0


243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 23:41:32.84 ID:DWdfrQy40


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/29(月) 23:41:46.44 ID:zspodmhn0


245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:03:49.59 ID:3ED3Y0YS0


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:23:23.65 ID:UR4nVlHZ0
ジイノ 「ブモオオオォォオォォ!!!」

バコオォン!!!

杉田 「駄目だ! まるで手が付けられん!!」

刃野 「拳銃が効かないってんじゃあ俺たちにはどう使用もできませんよ!
    仮面ライダーさんとか、その4号さんってのは来てくれないんですかねぇ!?」

一条 「弱音を吐くな! 彼らだってどこかで皆のために戦っているはずだ!!」

バコオォン!! バコオォン!! 

ジイノ 「ブモオオオォォオォォ!!!」

刃野 「パトカーを風船みたいに飛ばしちゃってるぞぉ!!?」

一条 「弱音を吐くなと言っただろう!!」

プウゥゥゥゥゥン! プウゥゥゥゥゥン! プウゥゥゥゥゥン!

杉田 「この音は・・・桜井たちじゃあないか!?」

桜井 「一条さん! 筋肉弛緩弾とライフル持ってきました!!」

真倉 「うわぁ!? あんなのと戦うんですか!?」

一条 「ありがとう、みんな装填してくれ! これならやつにダメージを与えることができる!」

杉田 「反撃開始だなぁ!」

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:32:34.34 ID:UR4nVlHZ0
バンッ! バンッ! バンッ!

ジイノ 「・・・・・・」

桜井 「動きが止まった・・・!」

杉田 「まだだ! 倒しきっちゃいない・・・叩き込め!」

バンッ! バンッ! バンッ!

ジイノ 「・・・グゥ・・・」

バンッ! バンッ! バンッ!

ジイノ 「・・・・・・」

桜井 「完全に動かなくなりましたね・・・」

刃野 「死んじゃったんですかね?」

一条 「4号が倒すと爆発が起きていた・・・それが未確認を倒したことで起こる爆発か
    それとも、4号が倒すことによって起こる爆発かは分からないが・・・」

杉田 「動かなくなったからって油断禁物ってことだな・・・」

ウェザー 「まさかグロンギを戦闘不能にまで追い込むとは・・・この街の警察と違って優秀なんですねぇ・・・」

一条 「誰だ!?」 



248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:37:24.50 ID:ppgztlE20
あれジイノさん・・・

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:42:58.48 ID:UR4nVlHZ0
ウェザー 「あなた達を葬り去りに来たんですよ・・・私としては面倒ですが・・・」

杉田 「こんだけペラペラと喋る未確認のやつは初めてだなぁ・・・
     お前か!? 警察を狙った殺人ゲームをしてるってやつは!?」

ウェザー 「私はグロンギではありませんよ・・・あなたたちのような警察官を殺そうとしているのは確かですが
      ・・・まあ私の場合殺人ゲームというよりかは、ただの尻拭いですがね」

一条 「皆さん! 詳しい説明は省きますがやつは未確認生命体と同じ扱いをしてかまいません!!」

ウェザー 「おや? 私をドーパントと知っているのですね? ・・・やはり屋敷を嗅ぎまわるだけのことはありますか・・・」

ジイノ 「・・・ぐゥ・・・!!」

ウェザー 「息がありますねぇ・・・見たところ筋肉を弛緩させたようですが・・・医者の私から言わせれば
      この程度で倒せるというのはありえませんね・・・どれ、勿体無いですが止めを刺すとしましょう!」

バリバリバリバリ!!!

ジイノ 「ブモオオオォォオォォ!!!」

ドカァーーーーン!!!!!

桜井 「医者のグロンギが仲間割れを!?」

ウェザー 「グロンギでは無いといったでしょう・・・さあ次はあなたたちの番ですよ・・・!」 

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:43:50.03 ID:I7pJrtta0
めぞん一刻じゃ・・・ない・・・

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 00:54:12.59 ID:UR4nVlHZ0
バンッ! バンッ! バンッ!

一条 「銃弾が届いてない!?」

ウェザー 「ドーパントの私でも当たったら痛そうだ・・・防がせてもらいますよ」

ブワアアアアアアア!!!

桜井 「もの凄い風だ!! ・・・うわああああああぁぁぁぁ!!!」

刃野 「うわああああああぁぁぁぁ!!!」 

一条 「ぐわあああああああ!!!」 真倉 「うげえええええええ!!!」

杉田 「ぬわあああああああ!!!」 




ウェザー 「・・・驚いた! まだ息があるのですか・・・
       傷を負っているから出力が落ちたのかな? ・・・まあいい止めです!」

ガドル 「リントの戦士を殺したのはお前か?」

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:06:00.74 ID:UR4nVlHZ0
ウェザー 「グロンギ! ・・・いえ、殺し損ねましたよ・・・」

ガドル 「そうか・・・先にお前を殺すとしよう」

ウェザー 「なるほどぉ・・・あなたが警官を狙ったゲームをするグロンギ・・・
      私まで殺人ゲームのコマということですか・・・何でしょうねぇ? この腹立たしさは・・・!」

ガドル 「リントの戦士は獲物だ」 

ウェザー 「喰らいなさい!!」ブワアアァァァ!!

ガドル 「ぐ・・・!?」

ウェザー 「私は天候を操るドーパントぉ・・・そして今のはブリザードです・・・
      まあ、グロンギのような野蛮な民族に説明しても分からないとは思いますけどねぇ
      ・・・凍死にでもなっててください・・・!!」

ガドル 「・・・・・・」 スーッ...

ウェザー (目の色が変わった・・・?)

ガドル 「ムンっ!!」

バリィーン!!!

ウェザー 「何? 凍りつきの体を脱しただと!!?」 





253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:16:24.12 ID:UR4nVlHZ0
ウェザー 「ならば竜巻です!!」

ビヒュウウウウウウウウ!!!

ガドル 「・・・・・・」 スーッ...

ウェザー (またも目の色が・・・)

ガドル 「はあっ!!」

ウェザー 「跳んだだと!? なんという跳躍力・・・飛び越えるつもりですか!?
      ・・・やはり跳び越えましたか・・・」


ガドル 「・・・・・・」 スーッ... ピキィーン!

ウェザー (またも目の色が・・・)

ガドル 「はあっ!!」 

ウェザー 「何!? ボウガンだと!? いつの間に・・・ぐはあぁぁ!!!」

ドカァーン!!!

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:20:56.25 ID:w549R7Sa0
ガドルの後に色書いてくれ
何の姿なのかまったくわからん

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:27:15.50 ID:UR4nVlHZ0
ガドル 「・・・息があるか」

ウェザー 「・・・なるほど、あなたのその変化、あの仮面ライダーとそっくりなんですね・・・」

ガドル 「仮面ライダー・・・? クウガか」

ウェザー 「仮面ライダークウガ・・・仮面ライダーW・・・仮面ライダーアクセル・・・
      この街には邪魔者が多すぎますねぇ・・・私はただ研究がしたいだけだというのに・・・」

ガドル 「俺は殺すだけだ」

ウェザー 「そうですか・・・喰らえ!!」

バリバリバリバリ!!!

ガドル 「・・・・・・」 スーッ...

ウェザー 「なるほど、青色の目のときは俊敏な動きができるというわけですか・・・
      あの色のときは私の攻撃は避けられてしまいますね・・・」

ガドル 「はあっ!!」 スーッ...

ドカァーン!!!

ウェザー 「そして緑のときは射撃体といったところですか・・・ 離れたところから風のボウガンで攻撃してくる
       ・・・なかなかに良くできたグロンギのようですね・・・」

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:31:44.65 ID:+edYEjyW0
グロンギがガイアメモリを使うと

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:33:19.70 ID:w549R7Sa0
>>256
ゴオマ強化態的な

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:39:32.00 ID:UR4nVlHZ0
ウェザー 「・・・とすると、最初に氷付けから抜け出した紫は剛力体ですか・・・
      赤目の通常体、青目の俊敏体、緑目の射撃体、紫目の剛力体・・・
      加えてあの身体能力の高さ・・・ウェザーと同じで隙が無い・・・手負いだと厳しいかもしれませんね・・・」

ガドル 「・・・」 スーッ... ピキィーン!

ウェザー (紫目の剛力体だと剣を生成できるのですか・・・仕方ありません捨て身の攻撃をするとしますか・・・!
       傷が有る状態でするべきではありませんが・・・ここで死んでは元も子もありません・・・!)

ガドル 「だあっ!!」

ズシャァ!!!

ウェザー 「がぁ・・・・・・放しませんよ・・・焼け死になさい!!!」

ボオオオオオォォォォ!!! ボオオオオオォォォォ!!!

ガドル 「ぐぬぅ・・・ぐあああああ!!?」

ウェザー 「ついでに雷も付けてあげますよ!!」

バリバリバリバリ!!!









259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:43:43.28 ID:kU81Y/2T0
自らフラグをw

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:45:28.98 ID:w549R7Sa0
先生説明しかしてねえ

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:49:57.37 ID:UR4nVlHZ0
ガドル 「・・・・・・」

ウェザー 「ふう・・・どうにか勝てましたね・・・」

ガドル 「・・・・・・」 ピリピリ! バリバリ

ウェザー 「さて、あの警官に止めを刺さなければ・・・それが終わったら照井竜もですね・・・」

ガドル 「どこに行く?」 ピリピリ! バリバリ

ウェザー 「な・・・!? まだ生きていたのか!?
      ・・・それにあの体は!? まだ新たな形態変化を隠し持っていたのですか!?」

ガドル 「・・・これは?」

ウェザー 「止めだ!!」

バリバリバリバリ!!!

ガドル 「・・・・・・」

ウェザー 「効いていない・・・そうか! あの仮面ライダーと同じで電撃が効かないのか!!」

ガドル 「なるほど金の力か」

バキィッ!!


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 01:54:04.61 ID:UR4nVlHZ0
ウェザー 「ぐふぅぅ!!?」

ガドル 「面白いゲームだったぞ リントの戦士」

ダッ! ダッ! ダッ! ダッ! 

ガドル (ゼンビビ・ゲゲブと言ったところか・・・)

ウェザー 「来るなあああぁぁぁぁぁ!!!」

ガドル 「ムウゥンッッ!!!」

ドカァーーーーン!!!!!




ガドル 「次の獲物だ」

照井 「井坂が・・・死んだ?」

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 02:00:59.48 ID:UR4nVlHZ0
井坂死んだし寝るわ

後で書こうとは思うんだけど、未確認生命体の人数足りなくない? ってのは
実はベミウさんが警察に確認されてないです

風都のほぼ全域に避難勧告という超異常事態なので、海とかプールで遊んでる人はほとんどいない
んだもんで、一人誰もいるはずもない海やプールを人間体でぶらぶらしてる

ザザルとかも条件厳しいけど井坂(故)に戦い挑んだんで爆死って言う状況
ちなみにジャーザは2ちゃんにでも犯罪予告してると思う

それじゃあ寝る 支援してくれてる人ありがとう

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 02:11:14.01 ID:w549R7Sa0
死んだのかよ……

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 02:11:18.92 ID:6GWrBnlv0
乙、最後にゼンビビ・ゲゲブを訳してくれ

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 02:13:47.64 ID:Sqt1mF520
題材はおもしろいし、話の流れも悪くはないと思うけど、いまいち書き方が悪いな

会話と効果音だけのSSの書き方じゃなくてちゃんと地の文つけた小説にすればよくなったんじゃないかと

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 02:15:39.74 ID:w549R7Sa0
ライダー同士のコラボは珍しいから保守してたが、どうすっかな

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 02:21:22.03 ID:BhIFC75B0
安直にディケイドを使わなかったのは評価したいがクウガ組のキャラクターにすごく違和感が

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 02:24:55.50 ID:w549R7Sa0
グロンギ語があるとかないとかのレベルじゃないんだよなぁ

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 02:53:14.91 ID:+edYEjyW0
\ダグバ/

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/30(火) 03:24:56.96 ID:6GWrBnlv0
マキシマムドライブ

105 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)