5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺の妄想エロSS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:44:47.06 ID:s5dKqND/P
設定:小学三年生、夏休み後半

夏休みも終わりに近づく8月下旬、俺はさっさと宿題を済ませたのだが、幼なじみのジュンは生来のサボり癖が裏目に出て、今頃になって焦っている。

ジュン「くそー、ぜんぜん終わらない!頼むから手伝ってくれよ!」
俺「自分の責任だろ。最後までやりとげるんだ!」
ジュン「意地悪だなあ」
俺「何とでも言え」
ジュン「バカ!意気地なし!」
俺「はいはい」
ジュン「そもそもこの部屋が暑すぎるんだよ。今何度?」
俺「35度くらいかな」
ジュン「今すぐクーラーを!」
俺「ありません」
ジュン「ちぇっ」

ジュン「あーーー暑い。もう限界だ。上脱ぐからな」
俺「女の子がそんなはしたない格好しないの」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:45:39.94 ID:s5dKqND/P
ジュン「なあ・・・」
俺「なんだよ、急に改まっちゃって」
ジュン「俺さ、体は女だけどさ」
俺「うん」
ジュン「心はたぶん男なんだ・・・」
俺「あっそう」
ジュン「えっ」
俺「えっ」
ジュン「あ・・・いや、リアクションが薄いなーって・・・アハハ」
俺「いや、前からそんな感じしてたし」
ジュン「そうか・・・ありがとう」
俺「かまわんよ」

俺「宿題終わったら遊びに行こうぜ」
ジュン「お・・・おう!」

ジュン「ふう・・・やっと終わった。やれやれだぜ」
俺「冬休みはきちんと計画立ててやろうな」
ジュン「うるせい!」
俺「さーて、遊びに行くか」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:46:20.39 ID:YNMjkyCl0
股間がジュンッ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:46:27.24 ID:s5dKqND/P
ジュン「おう!どこまでもついていくぜ」

俺「着いたぜ」
ジュン「どこだここは」
俺「滝壺。」
ジュン「ほー」
俺「さて、泳ぐか」
ジュン「水着ねえや」
俺「裸でいいだろ」
ジュン「!?」
俺「『男同士』だろ?」
ジュン「そ・・・そうだよな!男同士だよな!」
俺「よろしい」

ジュン「なんだよ、ジロジロ見てんじゃねーよ」
俺「いや、たくましい腹筋だなーってね」
ジュン「はは、そうか、たくましいか」
俺「下まできれいに割れてるな」
ジュン「・・・待て、どこ見てる」
俺「さあ」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:47:42.92 ID:+01pNjR20
ジュンがジョンにみえてホモスレかとおもた

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:47:45.81 ID:s5dKqND/P
ジュン「別に恥ずかしくないんだからな。男同士だし!」
俺「先泳いでるからなー」
ジュン「あ、待てよ!」

俺「ふう、久々にたっぷり泳いだな」
ジュン「俺も疲れた」

俺「・・・ふぅ」
ジュン「ん?」
俺「水中でションベン気持ちいいです」
ジュン「呆れるなあ」
俺「やってみろよ」
ジュン「しょうがないなあ、ん・・・ふぅ・・・」
俺「だらしない顔だなあ」
ジュン「お前に言われたくない。でもハマる」
俺「だろ?」
ジュン「さーて、着替えて帰るか」

俺「まだ2時か」
ジュン「時計持ってるのか?」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:48:54.60 ID:s5dKqND/P
俺「腹時計」
ジュン「あっそう」
俺「けっこう正確なんだぜ。」
ジュン「知るか」
俺「さーて、どこに行こうかな」
ジュン「まかせる」
俺「そうか、じゃあこうしよう」
ジュン「どうしよう?」
俺「えいっ」
ジュン「!?」ザバーンッ!
俺「そして俺もトウッ!」ザバーンッ!
ジュン「何をする!」
俺「手が滑って足が滑った」
ジュン「あーあ、服がずぶ濡れだ」
俺「まったく不慮の事故とはいえ困ったなー(棒」
ジュン「わざとだろ」
俺「確か、この辺に天然の露天風呂があったはずだが・・・」
ジュン「そこに入りながら服が乾くのを待とう、と?」
俺「流石ジュン君」
ジュン「えへへ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:49:25.17 ID:vwRe3pCy0
小学生ん時に近所のいっこ上の人の妹のアソコを開いてみせてもらったのは良い思い出

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:50:08.90 ID:s5dKqND/P

俺「あったあった。ここは交通の便が悪すぎて誰も来ないんだよな」
ジュン「あっつ!何度だよこの風呂は」
俺「45度くらい?」
ジュン「熱すぎだよ!」
俺「さて、服はその辺に干して入るか」
ジュン「よく平気で入れるな」
俺「俺は熱さには強いんだ」
ジュン「素敵!」
俺「慣れるまで足だけ浸けとけよ」
ジュン「だね」

俺「女々しい」
ジュン「は?」
俺「女々しいよその座り方」
ジュン「何がだよ」
俺「その足閉じてコンパクトにまとめちゃいましたみたいな座りかたがよ」
ジュン「そうか?」
俺「男たるものもっと堂々と足を50度くらいに開いてだな」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:51:05.33 ID:s5dKqND/P
ジュン「こ・・・こうか?」
俺「それでいい」

俺「ところでさ」
ジュン「うん」
俺「勃ってきた」
ジュン「おい!」
俺「触るか?」
ジュン「いいのか?」
俺「男同士じゃねーか」
ジュン「じゃあ遠慮なく」ツンツン
ジュン「ぷるぷる揺れておもしろいや」
俺「そうかおもしろいか」

俺「ところで誰がタダで触っていいなんて言った?」
ジュン「あー、はいはい、お前のそういう性格嫌いだわ」
ジュン「いいよ、好きなだけ触れよ、ほらっ」
俺「じゃあ遠慮なく・・・」プニプニ
ジュン「言っとくけど男同士だし全然恥ずかしくないんだからな!」
俺「顔赤いぞ」ツンツン


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:52:12.33 ID:s5dKqND/P
ジュン「のぼせた!」
俺「あっそう、じゃあ今度は俺のチンコで触ろうかな」プニプニ
ジュン「たいがいにしとけよ!」

俺「飽きた」
ジュン「早っ!」
俺「服乾いたかな・・・あと少しか」
ジュン「俺はようやく熱さに慣れた」
俺「またションベンしたくなってきた」
ジュン「中でしたら流石に俺も殴るぞ!」
俺「へいへい、そっちでしてきますよ」
ジュン「あ、ちょっと」
俺「なんだよ」
ジュン「俺もするわ」
俺「連れションか」
ジュン「風呂で立ちションの練習してたからな。どっちが飛ぶか勝負だ!」
俺「受けてたとう」

俺「ずいぶん窮屈な姿勢でするんだな」
ジュン「こうしないと前に飛ばない」シャー

俺「ずいぶん飛んだな」
ジュン「俺の勝ちだね、たいそうなもんつけてて全然飛ばないんだな。」
俺「構造の違いだ」

ジュン「さ、服も乾いたし帰ろ」
俺「負けた俺への罰ゲームはないのか?」
ジュン「うーん・・・じゃあ明日海に連れてけ!」

終わり

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 04:53:55.05 ID:YNMjkyCl0
よかったよ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 05:02:09.81 ID:fiAYOH900
ところでジュンを知らない俺に詳細kwsk

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/16(火) 05:09:36.47 ID:pJtNKVW20
もうちょっとだけ続くんじゃ

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)