5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ラオウ「学園都市?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:13:35.80 ID:8kcvtFn70
ラオウ「……見たことのない建物……活気に溢れた町……この世紀末にまだこんな場が残されていたというのか……」

ラオウ「黒王、構わん……進めぃ!」

御坂「うわっ!何あのデカイ馬とデカイムキムキおっさん!」

黒子「……い、一応、風紀委員としてあのような格好は注意しておかなければいけませんわね……」

御坂「い、いや、さすがに止めときなよ……体格差凄いわよ?」

黒子「あぁん、お姉様が私の心配をしてくれるなんてぇ……黒子は嬉しいですのー♪」

御坂「やっぱ構わん、潰されてこい」

黒子「むー…お姉様ったら照れ隠しをしなくともよろしいですのに……良いでしょう、すぐに終わらせてきますわー♪」

ラオウ「むっ?さっきからうぬら……何用か?」ギロッ

黒子・御坂「……っっ!!!」

御坂(聞こえてたかな……てか何?この威圧感…!私が……おびえてる……?)

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:14:43.37 ID:8kcvtFn70
トキにすれば良かった……

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:16:06.57 ID:mpQ5nqo3O
>>2
北斗3兄弟はみんな出てくんじゃない?

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:16:12.32 ID:GlqccRITO
よくこんな何番煎じかもわからん糞スレたてるわね
気持ち悪い気色悪い気味が悪い3Kって呼ばれてるのに気付かないのかしら

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:17:20.97 ID:7Hw+fpzeO
アミバ「激振孔だ〜!!」

佐天「ばっう!!」
ドクッドクッドクッ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:20:35.22 ID:15xpmHdt0
>>1
            __ .____
          , ‐´:::::::,`',,''     `‐、
         /;;;;;:::::;;, /';'     ,゙゙'::::::::\
       /:::;;;;;ミミ; /      `゙';;:::::::::::ヽ
       /;;;;;';ミミミツ/;;;';';'';'';;''ヾ,'::::`::::::::::::::::}
      /:; ;::,__、,_____,:;:::. ;::::::::::::;'i
      i::; ;;::i          ゙|::'::. ;__;,-',‐;
      /;; ,: :{──────‐‐{;;;::, ;:ヽ‐'´::::ヽ
     /:. ;;':{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:::: ::::`;::. `::::;゙i
     i;;, '' ,;:|____,..、____゙l;;,_ :::::. :::, :::::i゙      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /,,;'::';:l;`‐゜‐';i ;;;;;`ー゜‐';;;;;|:: `; `;;;::::`:::゙i    < ん?キャラを間違ったかな?
      'Y ;:::::゙i  ::::::l        {;;;_ ゙'゙゙:::::,';:: ::゙-,    \_____________
.      / ,;; ';:゙i ::::::l         |::゙'';;;;.:.::::`;::.`::;;ゝ
      `'i;; ';:::゙i :::{__,,,ゞ ,    ,|;, ::;;;;`''::;':::`::::;;ゞ、_
.     _,‐´`ー!、 ;゙i, ¨ニニ ̄   ,‐':{:::';::::'::::::::',,,'''';;;;'    ̄ ̄
.   /   /`i; ;::゙、 '''    _,‐'::::::{;;;;:`;::.:::::::::;;ヾ_,,゙
  /    / / `i;:::゙;,_  ,,/:::::::  /`'';;:. ;;;;:ヾ ''''
       /  |  ゙ ソ;;''' ̄:::::::::::   i゙::::::' .::::'''ヾ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:22:09.60 ID:LQc4qaeQO
ビリビリよりは普通に強そうだな

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:24:12.55 ID:ZCXal0HlO
続けて

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:32:26.02 ID:qgwDMfpM0
どんな能力も気合で消してしまいそうで困る

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:33:39.47 ID:hovS5hlS0
ラオウは巨大化したりビーム撃ったり何でもするからな

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:34:15.48 ID:yZ7oy7DAO
ラオウ「どけぃッ!!どかば命までは奪わん!」

上条「その幻想を…あべしっ!」

12 :チャーハン ◆GOODhaGOAA :2010/01/30(土) 17:36:13.24 ID:D4zQAQwA0 ?2BP(7096)
ラオウとかレールガンを二指真空把で返してくるレベルだろ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:51:58.68 ID:8kcvtFn70
黒子「ジャッジメントですの、そのドデカい図体の馬のせいであらゆる物の器物破損が酷いですの……ご同行願いますわ」

ラオウ「ふっ、まだ箸の持ち方を知らぬような子供がこの拳王に逆らうとは愚かな事よっ!!」

黒子「子供だからと言って甘く見てはなりませんことよ?」

黒子は能力で背後に移動する、ラオウは不意を付かれる

ラオウ「む、消えたっ!?」

黒子「後ろがガラ空きですの…よ!!」

黒子は後頭部に蹴りを入れる…が

ラオウ「笑止ッッッ!!!」

まったく効いていない
ラオウが叫ぶと同時に体から闘気を吹き出す
黒子の小さい体を10m強、吹き飛ばすほどの
爆風のような物であった

黒子「がはッッ……かっ……」

黒子は地面に強打する、かなりの衝撃が黒子を襲う

御坂「黒子ぉ!!!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 17:55:07.39 ID:15xpmHdt0
黒子が秘孔の位置覚えて鉄針テレボートさせたらラ王様でもひでぶっちゃうの?

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:01:33.95 ID:8kcvtFn70
ラオウ「ふっ、何をしたが知らんが、この拳王の後ろをとった事を誉めねばな……」

ラオウ「先程の芸当、もう一度見せてみるがいい」

御坂「このデカ男ォ……!!」

御坂、電流走る
が、黒子はあらゆる部分を震わせながら立ち上がり
御坂を止める素振りを見せる

黒子「何故かは分からないですが……血が騒ぐでございますの……お姉様……私にお任せあれ……」

黒子は鉄針を握り、離したと思えば
鉄針はその場から消えていた

ラオウ「むっ、ぐぅっ!!?」

黒子「ふふ、見せてあげましたの……貴方の言う芸当とやらを」

鉄針はラオウの体内へ、異物として残った

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:02:41.64 ID:hovS5hlS0
ゴクウとかラオウとかのクロスはどんだけ原作キャラをボッコにしても苦情が来ないから助かる

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:07:39.72 ID:ee9/8tbd0
フゥン!!ってやれば 大概大丈夫そう

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:09:28.52 ID:qgwDMfpM0
黒子って女の子なのによく殴られるよな

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:18:24.49 ID:8kcvtFn70
ラオウ「ふっふっふ…面白いっ!面白いわぁっ!!!」

が、ラオウは笑みをあげる

黒子(体内に鉄針があるのにあんなに笑う元気があるなんて……化け物ですの!?)

ラオウ「むぅぅぅんッッ!!!!」

あらゆる筋肉に筋が走る、内部から鉄針が皮を突き破り出てくる

黒子「なッ……!?」

ラオウ「実に面白い、小さき人間が我に血を出させるとは……せめて奥義で葬ってやろうッッッ!!!」

ラオウは右手振り下ろす

ラオウ「天に滅せいっっ!!!!」

瞬間、ラオウに電流走る

ラオウ「むぅっ!!?」

ラオウの体は痺れるも気合いで段々と体を動かして見せる
が、その間までに御坂は黒子を救出した

御坂(やっぱ、ほとんど致死レベルの電撃で打って正解だったか……しかし……それでも動いてるっていうのはなぁ……)

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:20:17.72 ID:8vHLEI2D0
さすがラオウだなんともないぜ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:22:28.90 ID:hH0h5VRi0
SS書く奴はみんな氏ねと思っていたがラオウがでてくるとなれば別だ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:23:20.16 ID:bWYr2cEh0
ステイル「汚物は消毒だ〜っ!!」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:34:33.84 ID:8kcvtFn70
御坂「最大出力の超電磁砲……食らえっっ!!!」

ラオウ「うぬもまたこの拳王に逆らうというのかっ!良いだろう見せてみるがいいっっ!!!」

闘気を纏ったラオウ、コインを持った手に異常な電力を纏った御坂

御坂・ラオウ「「はぁぁぁぁっっっ!!!!」」

二つの叫び声を合図に
御坂からは一つの光線のような物が放出され
ラオウからは闘気の拳を放出する

ラオウに電磁砲が直撃する

ラオウ「ぐっ!む、おぉおお……!!?」

御坂に闘気が襲う

御坂(熱くなりすぎて回避なんて考えて無かったわ……終わり……なの?)

?「激流に身を任せ……同化するっ」

男は御坂の前に立ち、ラオウの闘気は流水の如く受け流す

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 18:55:43.77 ID:8HejGImbO
ジョインジョイントキィ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 19:03:15.52 ID:f1du0FAUO
GO☆SHO☆HA!

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 19:04:25.75 ID:46IG/VWa0
いくら御坂でも北斗真拳伝承者を倒すのは無理、あいつらは闘気であらゆる攻撃を受け流すチート設定があるから
というより雷くらいじゃあ北斗最弱のジャギ様ですら南斗聖拳を完全コピーするから傷をつけることは出来ない
逆にフドウやハート様みたいなうすのろには電池切れになるまで遠距離から叩き込んだら勝機はあるかもしれない
そしてフドウはラオウが思わずちびっちゃう位に恐ろしい存在、つまり御坂とフドウとラオウはじゃんけんのようなものなのだ

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 19:20:24.08 ID:yZ7oy7DAO
>>26
……フドウあたりが岩とか投げてきたら
間違いなくミンチになっちまうと思うんだが

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 19:26:16.50 ID:a1hIqG7ti
期待

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 19:28:18.06 ID:k9HJlq3R0
>>26
全快の美琴に攻撃は当たらないけど、すぐにスタミナ切れになるから北斗キャラ相手にしたらすぐに詰みそう
美琴は核兵器と同等だけど、北斗キャラなら核兵器でも平気でしょ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 19:44:09.47 ID:rJhPU+/R0
20XX年、世界は核の炎に包まれた
しかし、学園都市だけは生き残っていた

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 19:54:30.50 ID:6s/DNMp/0
全世界が滅ぶ核兵器に耐えたキチガイが一人ほどいるからな

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 20:40:39.09 ID:ZCXal0HlO
あげ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 21:10:08.17 ID:8kcvtFn70
さげ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 21:37:48.76 ID:ONNB8Rr6O
佐天(一人であんなに…)

サウザー「今日のは口に合わん」フキフキ

ドガッ!

ガシャーン!

佐天(ちょっとくらい食べたって…)コソー

サウザー「ん?貴様何をやっている」ガタン

佐天「ひぃっ!」

サウザー「そんなに腹が減ったならこれでも食っていろ!」ブチブチ

初春「ギャァァァア!」

佐天「初春!」

サウザー「花飾りとはいえ花は花、食えないものではない」ガッ

佐天「…っ、ゲホッゲホッ!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 21:56:14.07 ID:MJ6tbgzI0


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 22:11:40.57 ID:ONNB8Rr6O
バタン!

黒子「ジャッジメントですの!」

佐天「ケホッ、白井さん!」

サウザー「フハハハハハハ、風紀委員ごときに何ができる!」ズカズカ

黒子「どこに向かって歩いてますの?」ヒュン!

サウザー「…!?何故天を仰いでいる!?」

黒子「あなたのような相手に加減は致しませんの、これで終わりですの」ヒュン!

サウザー「な…左胸の中に何かが…」

黒子「これでチェックメイトですの」

固法「まだ終わってないわ!」

黒子「え…」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 22:23:06.95 ID:ONNB8Rr6O
サウザー「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!帝王にあるのはただ制圧前進のみよ!」

黒子「そんな!?確かに心臓を貫きましたのに…」

固法「いいえ、彼の心臓はそこにはないわ!彼の心臓は…」

サウザー「おっと、それ以上口も体も動かすことは許さん!この女共を殺されたくなければなぁ!」

初春「ぁ…あぁ…」

佐天「ご…ごめんなさい…」

黒子(人質!?二人を助けて飛ぼうとすれば演算に時間がかかって隙が生じてしまいますの)

黒子(そこを突かれたら全滅は必至、ここはお姉様を待つしか…)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 22:26:15.94 ID:TMCp61/kO
しえ

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 22:35:28.49 ID:ONNB8Rr6O
サウザー「ん?やけに外が騒がしいな」

モヒカン「汚物は消毒だぁ〜!」

美琴「邪魔だって言ってんのよぉ!」ビリビリ

バシューン!

ラオウ「どけぃ、拳王の道を遮るならば容赦はせぬ!」

サウザー「ラオウ…、しかしラオウもこの聖帝の秘密は知らぬ」

固法(どうにかこの事を伝えないと…、そうだ!)

固法「私が代わりに人質になるわ、だから二人を放して」

サウザー「口を動かすことも許さんと言ったはずだ、極星十字拳!」

ガシッ

サウザー「何っ!?」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 22:36:53.72 ID:mpQ5nqo3O
気になるじゃねいかともだち!ともだち!!!!!!!!ともだち

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 22:48:04.49 ID:ONNB8Rr6O
サウザー「貴様が…何故こんな所に!?」

レイ「女子供相手に女子供を人質にとる、てめぇの血は何色だぁ!」

固法「そいつの心臓は普通とは逆の位置に見えるわ!」

ヒュン!

黒子「そういうトリックでしたの、人質はこの隙に救助させて頂きました」

サウザー「だから何だ!帝王はどんな手を使ってでも勝たねばならぬ!」

レイ「情けないぞサウザー、南斗鳳凰拳の使い手がその程度だと知ったら先代は何と言うかな?」

サウザー(お師さん…)

バシュゥゥゥン!

サウザー「ぐっはぁっ!」ドサッ!

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:00:05.46 ID:ONNB8Rr6O
ラオウ「ほう、超電磁砲とはなかなかの威力だ」

美琴「アンタの剛掌波もね」

サウザー「ぐ…」ズリズリ

トキ「もうよせサウザー、お前はもう長くはない」

サウザー「お師さん…、お師さん…」

ラオウ「愛を捨てた男が師への愛情を求めるか、哀れなやつよ…」

黒子「黒子のお姉様を求める気持ちも愛ですのよ」

美琴「黒子、アンタは少し黙ってなさい」

サウザー「お師さん…、もう一度…温もりを…」ガクッ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:06:07.21 ID:rJhPU+/R0
黒子が黒王に見えた疲れてるんだな…

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:10:10.20 ID:ONNB8Rr6O
固法「愛か…」

トキ「よし、もう大丈夫だ」

佐天「初春!」

初春「佐天…さん、私は…」

トキ「ショック症状を起こしていた、もう少し安静にしているといい」

ラオウ「トキ!済んだなら帰るぞ、ここはこの拳王の住むべき世界ではないからな」

黒子「アンチスキルによる聖帝十字陵の解体作業も始まりましたし、私達も帰りますの」

美琴「そういえばどうしてこんなことになったわけ?」

固法「ジャッジメントでないあなたに話していいのかわからないけど、実は…」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:17:08.64 ID:em2dsiCuO
題材は一級でも調理師が二流だとどうなるかのいい見本

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:19:37.32 ID:ONNB8Rr6O
美琴「仮想現実を現実にする能力!?それってつまり…」

黒子「漫画やアニメの世界を現実に引っ張ってくる能力みたいですの」

固法「彼らは北斗の拳の世界から引っ張り出されたみたい、ものによっては今回みたいに恐ろしいことになるわ」

美琴「学園都市の学生を堂々とさらって奴隷のように働かせる、佐天さんとそれを助けに潜入した初春さんが無事でなによりね」

佐天「また…迷惑かけちゃいましたね」

美琴「佐天さんは何も悪くないわよ、あのサウザーってのがいなきゃこんなことにはならなかったんだし」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:28:39.60 ID:8kcvtFn70
残ってたのに驚きしえーん

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:32:38.18 ID:ONNB8Rr6O
ラオウ「ぬぅ、帰るとは言ったがどうやって帰る!?」カッポカッポ

トキ「こちらの知っている顔が全員揃えば扉は開かれると言っていた、まだ誰か潜んでいるようだな」

レイ「しかし誰が、ケンがいるなら真っ先にサウザーの元に向かったはずだ」

ラオウ「簡単な話よ、俺をここに読んだ能力者とやらを倒せば帰れる!」

レイ「今回ばかりはラオウのいう通りかもしれんな」

トキ「私はもう一度彼女達と行動しよう、その方が情報も掴み易い」

ラオウ「体を労れよ…トキ」

トキ「無理はしないさ」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:33:48.40 ID:ONNB8Rr6O
>>47
ちょwww戻ったなら続き書いてくれよ、俺はあんたの書いたのが読みたいんだ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:39:20.85 ID:V4w2vOGx0
>>34のブチブチって初春が頭部をもがれた音じゃなかったのかw

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:50:36.84 ID:8kcvtFn70
すごくオナニープレイに書きます。遅筆なので、事前にすみません

>>23から

ラオウ「うぬは……」

空気が変わる、その男の存在感故か……
白くボロボロの髪、たくましい体ではあるが、どこか衰弱した様子

トキ「ラオウよ、これ以上の乱暴は止せ」

ラオウ「トキィ……生きていたのかぁ!!」

おびえながら、目を閉じていた御坂が目を開けた

御坂「……あなたが助けてくれたの?」

トキ「お嬢さん、命は投げ捨てるものではない……」

御坂「は、はい」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:52:50.74 ID:ONNB8Rr6O
ラオウ「…」カッポカッポ

ミサカ「大きな馬ですね、とミサカは感心しながらあなたを見上げます」

ラオウ「うぬはさっきの女か、ならばこの黒王のことは既に見ているはずだ」

ミサカ「あなたとは初対面です、とミサカはキッパリ言い切ります」

ラオウ「おかしなやつよ、この拳王をからかっているのか?」

一方通行「なンだ?おいてめェ何やッてやがンだ!?」

ラオウ「この拳王の前に立つか、おもしろい!」

一方通行「面倒臭ェことになッたな…」

一方通行「よくわかんねェが片付けてやンよ!」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:54:46.44 ID:ONNB8Rr6O
>>52
よし、それでいい
俺はここで筆を置いて応援に回るからさ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:56:28.85 ID:ONNB8Rr6O
安価ミス
× >>52 ○ >>51

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/30(土) 23:57:14.73 ID:Bb820N1o0
>>53
最後に一方通行をぶっ飛ばしてから終ってくれ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:11:25.14 ID:a1mt0cZoO
>>55
分かった、そこまでは書く

ラオウ「来い、うぬの全霊の拳を見せて見ろ!」

一方通行「馬から降りねェのかよ、随分余裕じゃねェか」

ラオウ「あまり自惚れるなよ、うぬごとき相手なら馬上で十分よ!」

一方通行「死ンでも後悔すンなよォ…」

ギューーーン!

ラオウ「…」スッ

一方通行「なンだッてンだ、手をかざしただけで全部…」

ラオウ「物を飛ばすだけがうぬの能力か?うぬの力はその程度か!」

ラオウ「天将奔烈!」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:13:35.39 ID:sulL+8ua0
いや、他スレ往復だから一時間に一回ペースぐらいだし
応援せずに続き書いてて良いと思う。


ラオウ(むっ、先ほどの電撃……効いていたか)

トキ「貴方はこの世でも暴力で全てを治める気か!」

ラオウ「暴力こそが全て!!破壊の上に創造ありきよ!!」

ラオウはトキに迫る
今にも轟と音に出そうな勢いで拳をふるう、が
トキはいとも簡単にラオウの拳を流す

トキ「手負いの貴方に何が出来るか……」

トキ「ラオウ、この世界で覇者になるのは無理だ、もう壊す必要も暴力で治める必要が無いからだ!」

ラオウ「むぅ、拳王に止まるという選択は無いわぁ!」

体に血が滴りながらもラオウはトキに拳をふるうことを止めない

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:22:25.68 ID:9ftJ8svFO
支援

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:23:56.04 ID:a1mt0cZoO
一方通行「…」

ラオウ「何!?跳ね返って…ぬぅぅぅ!」

一方通行「どうした?何かしたか?」

ラオウ「これがうぬの能力か、大したやつだ」ドンッ!

一方通行「やッと降りたか、馬もてめェもピンピンしてるッてことは手ェ抜きやがッたな?」

ラオウ「口数は多いが手数が少ないぞ、まさかカウンター以外は物を飛ばすしかできないわけでもあるまい」

一方通行「言ッてくれるじゃねェか、てめェの血液逆流させてやる!」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:31:31.98 ID:sulL+8ua0
>>57

黄泉川「おっと、そこまでじゃん?」

いつの間にかジャッジメントに包囲されていた周囲

黒子「応援を……呼んでおきましたですの……」

体を押さえながらも、黒子は御坂の元へテレポートし
また、御坂と共に機動部隊の後ろへと移動する

御坂「アンタ、無茶してんじゃー……」

ラオウ「くっ!多勢に無勢っ!!覚えておけっ!!次こそは我が拳王だという威厳を見せてやろうっ!」

ラオウの拳は地に付き、地面は割れ、ジャッジメントの部隊は
足場を保てなくなり、動きが全体的に鈍くなり、混乱を招いた

トキ「くっ!待てっ!」

ラオウ「行くぞ!黒王っ!!」

ラオウはその混乱の中を走り抜ける

黄泉川「ちっ!ちょっと待つんじゃん!!」

トキや黄泉川の叫び声もむなしく、ラオウは走り去る

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:38:18.07 ID:a1mt0cZoO
ラオウ「北斗…剛掌波!」

一方通行「無駄なんだよ、俺にそンな攻撃は効かねェんだよ!」

ラオウ「くぅ…ならば、直接拳を叩き込んでくれるわ!」ブンッ!

一方通行「触れちまえばこッちのもンだ、悪ィが死ンでくれ」

上条「おい何やってんだ!」ガシッ

一方通行「馬鹿野郎!今てめェに触れられたら…」

バキメキゴキッ!

ドッゴォォォン!

一方通行「…畜生、体が動かねェ…」

上条「ふ…不幸だ…」

一方通行「ざけンな…、てめェのせいで俺はこんな大怪我負ッてンだぞ…」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:47:14.01 ID:T/g+Yu/yP
かみやん空気読めよ・・・

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:48:03.83 ID:1yaC1T6pO
悟空とのクロスでは攻撃早過ぎで演算できなくなって遊ばれてたな

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:49:31.64 ID:a1mt0cZoO
上条「お前あの人を殺そうとしたろ?そんなことを見過ごせる上条さんじゃありませんよっと」

一方通行「殺せるかよ…、あンな化物…」

一方通行「確かに触れたのに…血液が逆流しないで停滞したンだぞ…」

上条「どういうことだ?そんなことしたら血管が爆発するはずだろ?」

一方通行「とにかく…このままじゃやべェ…」

上条「でもあの人、馬に乗ってどっか行っちまうぞ?」

ラオウ「うぬらとの勝負預けさせてもらうぞ!」パカラッパカラッ

ラオウ(今のは、まさか…)

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:52:15.25 ID:sulL+8ua0
>>60俺の方はまったくいらない予感、まさにおなに

トキ「ぐっふ……」

御坂「だ、大丈夫ですか!?」

黄泉川「こいつはあのデカイ奴のグルじゃあないんじゃん?」

黒子「その方はお姉様を助けてくださいましたわ、あの様な野蛮人とは関係ありませんの」

初春「白井さん、怪我の方は大丈夫なんですかぁ?」

黒子「あら……居ましたの初春、これくらい何でもありませんことよ?」

ツン、と御坂は黒子は体に触れる

黒子「〜〜っっっ!!!!」

御坂「アンタも無茶しすぎよ、バカ」

黒子「お、お姉様……」

トキ「怪我が辛そうだ……、私も少し医術をやっている、診せてみると良い……」

初春(何かこの人かっこ良いかも……)

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 00:53:05.25 ID:T/g+Yu/yP
>>63 でも考えてみたらそれっておかしくね?
紫外線すら反射するってことは無数の粒子一つ一つに常に演算処理施してるんだろ?
まぁ流体力学みたいに微分できる連続体に換算してから演算してるのかも知れんが、それでも演算速度が間に合わないってのは
ありえないと思うんだぜ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 01:13:29.74 ID:9ftJ8svFO
支援

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 01:16:46.84 ID:sulL+8ua0
>>65

ーー……

?「おいテメェ、俺の名前を言ってみろ」

佐天「えっ?」

?「俺様の名は誰だと聞いてるんだよっ!」

仮面の男は銃口を佐天に向ける

佐天「ひ、ヒィッ!」

ジャギ「俺はケンシロウだぁ〜〜!!」

途端、後ろからジャギの足に鉄針が刺さる

ジャギ「ぐぁああああ〜〜…」

黒子「ジャッジメントですの!」

ーー……

ハート様「いてぇよぉー!」

黒子「ジャッ(ry」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 01:24:45.98 ID:sulL+8ua0
>>68
トキ「人は医学よりも暴力を……」

黒子「ジャッ(ry」

アミバ「うわらばっ」

ーー……

黒子「はぁー…はぁー…」

初春「し、白井さん落ち着いて!」

黒子「あの事件から妙な男が現れる件が多すぎてもう大変ですの……」

初春「あっ、また犯人です。」

黒子「今度はなにっ!?」

初春「凄い形相でこっち見ないで下さい……変なトゲ首輪を使うおっさんだそうです……」

トキ「おかしい……何かが」

初春「あ、トキさん、確かに急に忙しくなって大変ですねー」

トキ「いや、この事件に関連する人物たちを皆……知ってる気がするんだ」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 01:31:26.34 ID:sulL+8ua0
ぐっない

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 01:35:14.96 ID:a1mt0cZoO
上条「ところで、何が理由であんなやつと戦ってたんだよ?」

一方通行「それは…、大したことじゃねェんだ…」

上条「大した理由じゃないのに殺そうとしたってのか!?」

一方通行(こいつに言えるわけねェ、あいつらが絡まれてるように見えたから助けに入ッたなンて…)

一方通行「…」

上条「ん?おい、大丈夫かよ!?」

一方通行(気絶したフリしとけばもう問い詰めてこねェだろ…)

上条「今病院まで連れてってやるからな、聞きたいことはまだ聞いてないしな」ガシッ

一方通行(不幸だ…)

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 01:59:10.53 ID:9ftJ8svFO
ラオウ「とーま!とーま!」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 02:01:52.87 ID:i0XhMi0qO
ふむ

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 02:09:18.82 ID:A2BVU5zri
しえん

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 02:20:58.58 ID:1yaC1T6pO
>>66
龍の道100万キロを1日ちょっとで移動した戦闘力8000の悟空、時速3万キロ以上は確実
戦闘力があがるとスピードも上がる
フリーザ戦では超サイヤ人で戦闘力1億5000万
この時点で時速60億キロ以上
あのSSではGTは入れてないからブウ編後

分速でも1億キロ以上はあるよ、あいつ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 02:56:26.47 ID:a1mt0cZoO
ドンッ!

レイ「おっと、…落ちてしまったか…」

インデックス「ヒドいんだよ!せっかく買ったアイスが台なしなんだよ!」

レイ「待っていろ、今新しいのを買ってきてやる…」

インデックス「じゃあダブルじゃなくてトリプルにするんだよ!」

レイ(どうして俺がこんな目に…)

インデックス「お兄さんもそうだけど、最近見慣れない顔が急に増えたんだよ」ペロペロ

レイ「何!?詳しく聞かせてくれ!」

インデックス「向こうの通りを見るんだよ、あの人とかもそうなんだよ」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 03:05:48.78 ID:a7d/icp30
>>75
なんていうか一方の「反射」は受動的能力だから速度関係ないと思うよ
演算どうのこうのは、風だとか脳の電気信号だとか「操作」のときの話で

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 03:17:22.68 ID:a1mt0cZoO
カイジ(どうなってやがる、ここは一体どこなんだっ…!)

レイ「知らんな」

インデックス「あっちもそうなんだよ」

遥「葵ちゃん、あっち行ってみよ〜よ」

葵「遥さん、待って下さい」

クルミ「そうよ、待ちなさいよ遥!」

レイ「こっちも知らんな」

インデックス「じゃあお兄さんと似た格好してるあの人は?」

レイ「あれは!?ありがとう、助かったよ」ガタッ!

インデックス「お礼なら態度じゃなくてモノで示してほしいんだよ」

レイ「…もう一つ食べるか?」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 05:32:58.69 ID:9ftJ8svFO
北斗だけにしろ

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 06:40:40.12 ID:T/g+Yu/yP
>>75 お前は光速の速さを理解しているのか
それすら跳ね返すんだぜ

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 06:47:18.51 ID:IguWvhKoO
>>80
ドラゴンボールにそんなものは今さら通用しないと思う

北斗はたまに、ラオウ以降はちょいちょい、おかしいことがあったりするけど、それは光速越えたりとかまではいかないから

手からビーム発したり、重力歪めたりするだけだから

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)