5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最愛「だ、ダメです浜面・・・・・・ん・・・浜面ぁ・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 00:03:42.76 ID:vP3MaKVD0
IDてすと

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 00:32:49.85 ID:jCKVeafaP
アイテムスレktkr

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 00:46:37.15 ID:yosV+kNd0
おい、スレタイを見た瞬間の超ワクワク返してください

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 01:06:04.62 ID:yosV+kNd0
誰か書いてくれいやください

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 01:06:50.73 ID:akLLDc4Y0
超いきどおります憤慨です早く続きを超速く書いてください

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 01:24:40.06 ID:jCKVeafaP
保守!

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 01:45:09.13 ID:jCKVeafaP
ほしゅ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 02:19:16.94 ID:jCKVeafaP
ほし

9 :保守代わりに小ネタ、これが俺のジャスティス:2010/01/07(木) 02:22:36.54 ID:mXN8G5r50
絹旗「やっと私のスレですね、超待ちわびました」

浜面「……絹旗なんて需要あんのか?そんなのより滝壺をだな」

絹旗「それは超侮辱ですか侮辱ですね超お仕置きタイムですよ浜面」

浜面「や、やめ、お前がやるとシャレにならん」

ンギャー



保守

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 02:51:38.44 ID:jCKVeafaP


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 02:56:44.60 ID:9DXDatT4P
最愛じゃなくて絹旗っていつも打つから若干違和感があった

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 03:03:14.18 ID:tfBOQZDj0
>>9
絹旗「冗談ですよ。浜面は私達にとって大切なパシリですからね、簡単に壊しませんよ」

浜面「んな理由で大切にされても嬉しくねーよ!つか俺の存在理由それだけっ?」

絹旗「いいじゃないですか、誰かに必要とされてるなんて超うらやましいですよ」

浜面「はぁ?大能力者さんが無能力者に何言ってんだか」

絹旗「滝壺さんならともかく私みたいなのはいくらでも換えが効くんですよ…文字通り私が死んでも(ryってやつです」



保守

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 03:33:12.12 ID:9DXDatT4P
絹旗「だ、ダメです浜面・・・・・・ん・・・浜面ぁ・・・」

浜面の舌が敏感なソコをザラリと撫でる

両手は浜面の頭に置かれている

絹旗「た、滝壺さんに・・・・・・んっ・・・」

浜面は答えない。ただ一心に絹旗を舐る


こうですか

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 03:43:32.20 ID:fpCxNn450
これは・・
まさに俺が望んでいたスレだ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 03:44:07.20 ID:Vn8EZjtK0
浜面超殺す!

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 04:12:49.77 ID:9DXDatT4P
絹旗「夢…ですか…」

ベットから身を起こす。下着がじっとり濡れていて気持ち悪い

絹旗「はぁ・・・超なんなんですかこの夢は」

ファミレス

麦野「女の子に送ってもらって嬉しいプレゼントって何?はい浜面君!」

浜面「えっ?…私を食べてとか?」

麦野「………」

フレンダ「結局、その発想がキモいんだけど」

絹旗「キモいっていっても超種類があるんですけど浜面のは最悪のキモさですね」

滝壺「大丈夫だよ、はまづら。私はそんなキモいと呼ばれ続けるはなづらを応援してる」

浜面ががっくりと膝をつく。相変わらず扱いは変わらない


こうですか

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 04:12:55.59 ID:yosV+kNd0
続きは超まだですか

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 04:13:21.83 ID:6zlxhaqV0
http://sukima.vip2ch.com/up/sukima007298.jpg
http://sukima.vip2ch.com/up/sukima007299.jpg

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 04:27:20.88 ID:tfBOQZDj0
超期待してる

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 04:44:53.67 ID:9DXDatT4P
麦野「私を食べて、か……」

フレンダ「麦野落ち着いて、結局浜面がレアケースなだけだから!上条って奴がどんなのか知らないけど普通にやったらドン引き間違いなしだよ!」

そう、現在麦野は上条当麻という男性にゾッコンである。そのお陰で今があるのだけれど

話は10月9日にさかのぼる

フレンダ「やっばー……結局ダークマターに脅されて思いっきり喋っちゃったけど麦野に知れたら殺されるなぁ…」

麦野「フレンダこんなとこでなにしてんの」

フレンダは背後から聞こえた声にビクッっと肩を揺らす

フレンダ「む、麦野…」

麦野「うん、で・・・…こんなとこでなにしてんの?」

フレンダ「い、いやーその」

麦野「なんでアイツがウチらの隠れ家知ってるのか疑問だったけどそういうことね」

フレンダ「いや、麦野、それはちがくて」

麦野「まあいいわ」

フレンダ「は?」

麦野「とりあえず手を引こう。死んだら元も子も無いしね」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 04:53:10.57 ID:5LwRel990
応援してる

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 04:54:04.47 ID:9DXDatT4P
フレンダ「……結局それはどういう?」

麦野「ダークマターも話が分からない奴じゃないだろうしとりあえず手を引くことを伝えて見逃してもらおうっていうの」

フレンダ「マジで?」


垣根「さて、どうするか」

麦野「やっほー、ダークマター」

垣根「あ?」

麦野「さっくり用件から言うけど……アイテムはもう手を引くから見逃してくんない?」

垣根「それは本気で言ってんのか?」

麦野「本気も本気よ、フレンダも見逃してくれたみたいだし。あと四人くらいどうってことないでしょ」

垣根「………」

麦野「まあぶっちゃけこれはウチの仕事じゃなかったしね、どうでもいいっかなーてさ」

垣根「……いいだろう。ただし、もし追ってきたらテメエら全員ブチ殺す」

麦野「わー、ありがと」


こんな感じで現在のアイテムが出来上がった

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 05:06:05.83 ID:9DXDatT4P
ちなみに滝壺さんはこれ以上能力を使用すると死んじゃうそうなのでアイテムに一応所属はしていますが空気要員です

麦野「だから代えをよこせって言ってんのよ」

『こいつときたら!あの能力はレアいから簡単に補充できるようなものじゃないのよー!』

麦野「一発しか撃てない拳銃なんてなんの意味も無いでしょうが」

『最後まで使ってから言えって言ってんのよ!』

麦野「最後の一発で暴発したらどうすんのよ。頭悪いんじゃないの」

『こいつときたらー!とにかく使い切ってから言え!』

麦野「だから使えないって言ってんでしょうが!」

こんな感じのやりとりの末に滝壺さんの代わりの要員補充待ちです


浜面「おい絹旗顔色悪いぞ大丈夫か?」

絹旗「うるさいですね女の子には体調が優れない日もあるんですよやっぱり浜面は超浜面という評価ですね」

浜面「す、すまん……まさか生理だとは思わなくてだな」

絹旗「浜面超殺す!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 05:09:16.28 ID:Vn8EZjtK0
浜面墓穴掘りすぎだろwww

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 05:11:11.06 ID:9DXDatT4P
ベットに寝転がり携帯を開く

そこには(ぼこぼこにされた)浜面の写真があった。昼間に敗者には超お似合いの負け犬のポーズですね、と誤魔化して撮ってきたものだ

絹旗「浜面………」

ため息をつく、いつからだろうか。こんな気持ちを浜面に抱くようになったのは






あとは任せた

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 05:13:58.91 ID:Vn8EZjtK0
えっ?ちょっ?あの…

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 05:42:44.09 ID:uoJNobf80
まってぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!かいてぇぇぇぇぇ!!!!!

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 06:46:36.33 ID:uoJNobf80
かえってきてぇぇぇぇぇぇ!!おねがああああああいぃぃぃぃ!!!!

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 08:26:52.43 ID:yLHtOKtLQ
嘘だといってよばぁぁぁぁぁあにぃぃぃぃぃぃぃぃい

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 09:32:29.67 ID:I5pkasYg0


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 09:52:30.32 ID:UuziZZEY0


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 10:56:04.68 ID:jCKVeafaP
ほし

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 11:55:39.21 ID:jCKVeafaP


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 12:26:12.62 ID:yosV+kNd0
超保守

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 12:41:01.05 ID:QqFun6Ni0
このスレは超スレタイからして絹旗の超分が超足りない

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 13:04:25.08 ID:tfBOQZDj0
結局フレンダは生きてるのか
保守

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 13:32:19.56 ID:hcJOugTm0
ほう

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 14:24:45.22 ID:9DXDatT4P
まだあったのか

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 14:29:40.00 ID:yosV+kNd0
>>38
まだ待ってる

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/07(木) 14:57:45.79 ID:Losw8nMM0
スッ……

絹旗「ん………は……んん………あ…あ…あっ」クチュクチュ

絹旗「んっ……浜面ぁ……あっ…あぁあ!」クチュクチュクチュ

絹旗「浜面ぁ………大好きぃ……浜面ぁ…あっあっ!」 クチュクチュ

絹旗「あ、ああ、あ……あ……!」 ビクッ

絹旗「あっ……んっ!あっああああああああ!!!!!!」ビクビクプッシャー!

絹旗「〜〜〜っ!!」ビクッビクビクッ



俺にはこれが限界だ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 15:05:57.82 ID:jCKVeafaP
・・・ふぅ




ところで何故麦のんは上条さんに惚れてるんだ
前にあった麦のんスレの設定を引き継いでるのか?

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 15:28:15.92 ID:7F+k7zbo0
さいあいとしあげって呼び合うのか
なんか人の名前じゃないみたいだな

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 15:54:46.42 ID:yosV+kNd0


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 16:16:16.88 ID:9DXDatT4P
>>42
それは言ったら駄目

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 16:49:34.44 ID:yosV+kNd0
まだまだ超待ちますよ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 16:55:57.52 ID:9DXDatT4P
>>41
矛盾無く絹旗と浜面絡ませてアイテム生存させるなら俺が今書き溜めしてるSSの設定でいいやって思った
でも俺アニメイト行ってこないと死んじゃうから行って来る

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 17:09:08.87 ID:jCKVeafaP
いってら
書きためのも待ってるぜ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 17:11:33.81 ID:32aTVNcq0
>>46
帰ったら書くんだよな?

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 17:40:36.01 ID:yosV+kNd0
早く帰ってこないかな

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 18:14:53.55 ID:uoJNobf80
>>46
待ってる!ぼく、いい子にして待ってるよ!!

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 19:04:09.46 ID:yosV+kNd0
超まだですか

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 19:28:39.34 ID:tfBOQZDj0
超保守します

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 20:12:02.69 ID:yosV+kNd0
まだまだ超保守

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 20:30:09.44 ID:yosV+kNd0
超待ってます

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 20:34:18.15 ID:YAfIs4ui0
原作は科学サイドのキャラをもっと大切に使ってほしい

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 20:39:59.20 ID:I5pkasYg0

         . : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       /: : : : : : : : :/: : : : : ヽ : : : : : :\
      /: : : : : : : : : : :| : : : : : : :ヽ: : : : : 、: ヽ
      /: : : : : : : : : : : ヽ : : : : : : : ヽ: :ノ : ヽ: :}
     |: : : : : : : : : : l : : ヽ: : :\: : : :レ : : : : :川
    │ : : : :l: : : : : :| : : :人: : : ヽ: : ヽ: : : : : 川
     l : : : : :l : : : : : | : :ソーヾ_ ヽ、ゝ"ミミヾ : : 从
     |: ||: : :│: : l : :l : /__,  `ヽ ,zゞトメl: `ミ>
     l::‖: : ∧ | : :l:´イん心`    んリノ : : :|     
     乂: : : : ヽ | : :l   込リ      − |: :l     
       ヽ: 、: : ヽ :ヾ:、 `     ゝ   l: :l     >>1には超期待しています
        ヾ ヽ: :ヽ :l           /:/v
         冫、: :: :∧     凵@ /:〃
         〃 lノ乂从冫  _   _ ∠j 从
        /;;;〃:v レ'   /    
        l;;;ゞ;/      〈   
       /;;;|;;ヽ、____ l
       |;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\|
       |;;;l;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ヽ;;、
        |;;;;;;;;;;;;;;;/      |;||
         |;;;;;;;;;;;;/      仆
       ヾ;;;;;;;;/       / l;ヾ
        〉;;;;人 |      / ノ;;;ヘ
       ノ;;;;;;;l  |     //;;;;;;;;;〉
        |;;;l:;;;;;ヽ |    l′;;;;;;/
       |;;;|;;;;;;;;;;;;;|    |;;;;;;;;;/
       |:::;l;;;;;;;;;;;;;|    |;;;;;;/

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 20:57:01.34 ID:yosV+kNd0
超保守

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 21:20:44.15 ID:9DXDatT4P
とある漢方の絶倫媚薬
RAILGUN×RAILGUN
ごきげんようお姉様!
超電磁砲によろしく
とあるミサカの超毒電波
けいおん!3巻
バカとテストと召喚獣1巻

ふぅ

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 21:30:38.06 ID:7F+k7zbo0
絹旗のAAあんのか
やっぱ可愛いな

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 21:38:53.81 ID:I5pkasYg0
超期待

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 21:40:08.72 ID:tfBOQZDj0
誰かと思ったら絹旗のAAだったのか

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 22:15:36.33 ID:9DXDatT4P
絹旗「浜面……」

カチカチと写真を表示させたり消したりを無意味に繰り返す。突然着信

浜面「ん?ああ繋がった、絹旗か?」

心臓が別の生き物みたいに飛び跳ねる

絹旗「こんな真夜中に乙女にいきなり電話をかけるとか超非常識ですね。一体何の用ですか」

平静を装いつつ答える。ベットの上だからだろうか、体が熱い気がする

浜面「いや、滝壺のお見舞いどうするのかってさ」

絹旗「ああ、そのことですか」

肩で携帯電話を支えて手を下におろす………そこで正気に返る

絹旗「超なにやってるんですか!」

浜面「うおっ!?なんだかわかんねえが俺は何もしてねえぞ!?」

電話越しに慌てた雰囲気が伝わってくる。それでちょっと愉快な気分になった

絹旗「なんでもないです。それで滝壺さんの事ですけど――――」

大体の打ち合わせを終えて、浜面と確認をする

浜面「じゃあそういうことで頼む」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 22:17:12.17 ID:tfBOQZDj0
超キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 22:23:36.81 ID:9DXDatT4P
絹旗「浜面」

浜面「まだなんかあったか?ああそうかお前生理だったなすまん」

絹旗「浜面あとで超殺しますがいいですよねっていうか超殺す」

浜面「はっはーん、電話越しで何か出来るような能力者でしたかー」

明日会ったら一発殴ろう、と心に決めて手に持っていた缶を指先で握り潰す

浜面「ちょっと待て!今ベコって音がしたんだけど気のせいか!?分かった俺が悪かった!!」

絹旗「もう遅いです浜面明日超一発殴りますから覚悟決めといてください」

浜面「待てコンクリートぶち抜くような能力者に殴られたら俺死ぬじゃん!?」

絹旗「超死ねばいいんじゃないですか」

ブツッと通話を切る

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 22:29:09.76 ID:faxVADcQ0
しえん

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 22:30:15.19 ID:yosV+kNd0
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 22:48:13.17 ID:yosV+kNd0
超どうした

68 : ◆s2GSLlNtAYSj :2010/01/07(木) 22:48:31.03 ID:8Emtufzq0
てす

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 22:57:34.91 ID:9DXDatT4P
絹旗「浜面、遊園地に超行きましょう」

ファミレス

アイテムの四人と下っ端である浜面がよく集まる場所で突然絹旗が言った

浜面「おいおい、ここまでストーリーに沿ってハッピーエンドにしようとした努力はどうしたよ」

絹旗「そんなの超無理に決まってるじゃないですか」

浜面「あれか、原作読み通して時系列表作ってみたら実は無理でしたって奴か」

フレンダ「結局、即興だとこの程度が限界なのよね」

麦野「とりあえず、どれだけ滝壺と絹旗と浜面のトライアングルをドロドロと続けられるのが目標なのね」

絹旗「トラっ……麦野超何言ってるんですか!」

麦野「あっつーあっつーい」

浜面「?」



限界を悟った

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 22:59:56.79 ID:tfBOQZDj0
その限界をぶち壊せ!

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 23:12:11.42 ID:9DXDatT4P
浜面「おいおいなんでお前と二人なんだよ」

絹旗「超うるさいですよ浜面、滝壺さんが体調不良で麦野がデートでフレンダが鯖缶の展覧会でこれなかったんですから仕方ないでしょう」

第六学区の遊園地

浜面「じゃあ日を改めれば良かったんじゃねえのか」

絹旗「チケットは期日指定なんですよ」

浜面「ああー…でもこれだとお前とカップルみたいじゃないか?」

その一言に絹旗がピタッと一時停止する。ビデオの一時停止、時が静止したかのように完璧に

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 23:15:17.65 ID:yosV+kNd0
フなんとかさんだけおかしいw

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 23:22:04.87 ID:2J4bW+/NP
sien

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 23:24:51.54 ID:S7Gyp+aa0
>鯖缶の展覧会

所狭しとならぶ
鯖缶
鯖味噌缶
鯖カレー缶
ちょっと興味沸いたwww

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 23:38:03.07 ID:yosV+kNd0
支援

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/07(木) 23:42:47.61 ID:akLLDc4Y0
わっふる

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 00:11:37.10 ID:CGrFa0RR0
まだか

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 00:18:21.74 ID:DVAqSle3P
浜面「お、おい……どうした?」

絹旗「浜面超……超殺す!」

絹旗が全力で殴りにかかる(能力使用)それを浜面は

浜面「うおぉぉぉぉぉおおッ!?」

全力で後ろに倒れ地面に寝転がりゴロゴロと転がり回避する

浜面「ちょっと待てぇぇぇぇぇえええ!!!俺なんか言ったか!?」

絹旗「うるさいですよ浜面!いいから超素直に一発喰らっときなさい!!」

浜面「そのリクエストの真意は死ねって事でいいのかオイ!!!」

ビュオンビュオンと拳を振るう側とゴロンゴロンと情けなく避ける側、遊園地の入り口での攻防は続く

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 00:21:19.54 ID:GN1V71bC0
何故高レベルにはまともなのがいないのか
と思ったがみんなまともじゃねぇことに気付いて愕然とした

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 00:22:09.64 ID:DVAqSle3P
なんか美琴と上条さんみたいになった
ちょっとというかかなり違う気がする

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 00:23:11.85 ID:GN1V71bC0
そのまま妄想を突っ走らせればいいよ

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 00:33:28.95 ID:CGrFa0RR0
カミコトとはまた違う魅力が超ありますよ

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 00:53:43.65 ID:DVAqSle3P
絹旗「はぁ……開園時間を一時間も超過ぎてしまいました」

浜面「……それ俺のせいか?なあ俺のせいか?」

絹旗は無視して係員にチケットを渡す。手荷物検査用のレーンがあるが絹旗も浜面も手ぶらなので関係ない

地図の描かれたパンフレットを絹旗が受け取る

絹旗「これはまずは超王道通り……シアターですかね」

浜面「それはねえだろ!遊園地っていったらジェットコースターとか観覧車とかバイキングとか!とりあえずシアターとかどうでもいいよ!」

絹旗「超わかってないですねこれだから浜面は」

絹旗はこれだからコイツはといった表情を作ると

絹旗「開園してすぐの午前中は人気のアトラクションは超混むんですよ」

絹旗「だから最初にシアターに行って、食事を取ってからアトラクションに回るほうが超疲れないんですよ」

浜面「あれだよなそれ、先にシアター行きたいだけのいい訳だよな」

絹旗「浜面は一回超殴られないと分からないようですね」

浜面「いや、待て待て待てぐぼふぁ!」

2メートルほど吹き飛んだ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 01:20:24.93 ID:DVAqSle3P
14話が……14話が……

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 01:23:54.57 ID:DVAqSle3P
眉毛…?こんどのSSは眉毛なの……?

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 01:25:33.23 ID:o0+bSzT10
14話フライングか

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 02:11:24.14 ID:GIn0Z22T0


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 02:58:09.97 ID:JA2Io0IW0


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 02:59:21.23 ID:DVAqSle3P
浜面の顔がすぐ目の前にある。こちらが下で浜面が上

重力にしたがって垂れ下がった前髪がこちらのおでこにかかる

いつもと違う、真剣な表情。



もう無理だわ誰かタッチ

俺の中では既に浜面が滝壺さんと絹旗さんと3Pするエンディング迎えた

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 03:22:27.86 ID:o0+bSzT10
お、俺なんかとっくに上条さん家で皆で乱交パーティーED迎えてるし

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 03:24:07.20 ID:CGrFa0RR0
私待ーつーわ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 03:58:41.65 ID:CGrFa0RR0
誰か保守してくれよ・・・
貴重な絹旗スレなんだ・・・

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 04:26:29.19 ID:WmKHIcav0
ほーっほっほっほっほっほ

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 05:31:49.58 ID:WmKHIcav0
諦めたら

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 06:37:16.13 ID:UKGdEzuoP
そこで

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 07:29:28.76 ID:sMCCb4f9O
試合

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 07:32:33.60 ID:EY49oAKZ0
超早く続きを超書いてください

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 10:07:05.14 ID:xJzCI65j0


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 11:04:05.00 ID:kjJD2RgK0


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 11:05:32.74 ID:Roa3ft7S0
ホーリーエンジェモン!


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 12:20:56.59 ID:0rjsKAGQ0
ホーリーエンジェモン!

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 13:12:17.76 ID:D61A7NHA0
ホーリーエンジェモン!!!!11

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 13:58:31.03 ID:RLct66pU0
いい加減そのネタ超キモいです

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 14:29:01.73 ID:IGnBYEwt0
超保守

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 15:38:51.37 ID:785aXMDBO


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 15:40:42.96 ID:PSjdTI+H0


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 16:21:00.44 ID:BqhIS5pTP


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 16:27:56.45 ID:+ILrsWo40


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 16:48:57.61 ID:IGnBYEwt0


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 16:50:13.50 ID:G/EkcSdW0


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:03:01.58 ID:+ILrsWo40


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:03:41.32 ID:G/EkcSdW0


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:10:48.68 ID:CGrFa0RR0


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:11:35.67 ID:G/EkcSdW0


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:13:56.09 ID:+ILrsWo40


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:15:11.35 ID:G/EkcSdW0
>>115
抜け駆けは許さーーーん!!!!!

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:22:23.04 ID:IGnBYEwt0


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:34:13.44 ID:G/EkcSdW0


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:39:47.68 ID:9kvXsgu50


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 17:45:43.76 ID:wC/WbR8N0
>>1

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 18:02:43.72 ID:CGrFa0RR0
>>115は浜面
それなら、いややっぱり許せない

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 18:45:57.93 ID:CGrFa0RR0


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 19:14:11.55 ID:CGrFa0RR0


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 19:30:03.30 ID:PZkKoLsD0
いや……
福山雅治かと……

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 19:48:43.62 ID:785aXMDBO


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 19:59:31.61 ID:3bnDX0+X0


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 20:42:31.32 ID:CGrFa0RR0


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 20:47:47.73 ID:3bnDX0+X0


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 21:07:45.68 ID:CGrFa0RR0


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 21:25:53.70 ID:KSYL92/g0
遊び

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 21:25:57.32 ID:IGnBYEwt0


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 21:43:36.98 ID:IGnBYEwt0


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 22:10:33.70 ID:3bnDX0+X0


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 23:00:10.18 ID:KSYL92/g0


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 23:37:57.39 ID:LRhcyylK0


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 23:49:18.11 ID:Pu5x6H/U0


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/08(金) 23:50:36.73 ID:Wm/DPcfx0


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 00:02:12.70 ID:wCtsubaQ0


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 00:32:55.47 ID:dEQ/lXJe0


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 00:53:48.80 ID:ZyVg5ynD0


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 01:21:18.00 ID:s5eUo2NPP


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 01:50:29.77 ID:SKDD7tzo0


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 02:41:56.77 ID:s5eUo2NPP


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 04:31:30.64 ID:FurcJnz40
悲しみが鬼なった

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 06:04:21.34 ID:fx3S/dTG0


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 07:22:17.63 ID:FurcJnz40


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 07:57:25.30 ID:KJeZx+BwO


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 08:38:51.70 ID:+pRj+rsjP
タッチしたのに誰も書かないのはやっぱり知名度ですか

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 09:53:00.66 ID:FurcJnz40


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 11:15:56.73 ID:FurcJnz40


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 11:48:10.46 ID:LNiWKTNu0


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 11:51:49.85 ID:SRSBDy8p0
絹旗かわいい

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 12:30:04.74 ID:b9raHO+V0


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 12:34:00.25 ID:SRSBDy8p0


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 13:21:05.98 ID:KJeZx+BwO


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 13:24:45.93 ID:tNZmO/Cs0


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 13:51:54.45 ID:AR6HKKPp0


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 14:16:56.75 ID:uVp7xQO60
P

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 15:04:55.31 ID:dEQ/lXJe0
S

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 15:43:47.86 ID:7AG8QXsO0
3

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 15:49:47.87 ID:E8/aaAVI0
(笑)

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 15:50:29.13 ID:AR6HKKPp0


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:01:11.55 ID:/YBXuvRz0


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:14:28.36 ID:dEQ/lXJe0


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:15:24.48 ID:AgZj4zuS0


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:20:22.29 ID:uVp7xQO60


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:21:40.35 ID:dEQ/lXJe0


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:26:32.70 ID:wCtsubaQ0


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:27:38.13 ID:AgZj4zuS0


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:33:05.54 ID:tNZmO/Cs0


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:33:33.00 ID:AgZj4zuS0


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:37:34.28 ID:uVp7xQO60


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:51:41.64 ID:dEQ/lXJe0


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 16:56:52.01 ID:ZWno0XAw0


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 17:26:57.76 ID:uVp7xQO60
>>162-174

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 18:01:45.58 ID:dEQ/lXJe0


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 18:31:42.04 ID:b9raHO+V0


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 18:36:03.65 ID:dqgqyCtf0
http://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWViZWUyc2VlchQLEgxJbWFnZUFuZFRleHQYg8UYDA.jpg


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 19:04:52.76 ID:dEQ/lXJe0


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 19:41:38.40 ID:dEQ/lXJe0
しゅ

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 20:05:09.29 ID:wCtsubaQ0



182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 20:06:26.78 ID:6+TBH2zN0
hosyu

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 20:38:43.24 ID:dEQ/lXJe0


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 20:40:34.84 ID:7AG8QXsO0
もう…諦めようぜ…

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 20:44:55.03 ID:E8/aaAVI0
>>184
もうここまできたら後戻りできない…限界まで保守する

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 20:59:21.08 ID:2XJ8LUiL0
ほしゅ


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:01:00.95 ID:sWPGBFU50
窒素で超冷たい保守です

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:10:45.48 ID:wCtsubaQ0
なんで・・・誰も書かないんだ・・・

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:29:29.75 ID:e8Sw9HDiP
アニメ視聴者は多いけど、原作既読者は少ないからじゃね?

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:32:46.43 ID:KEhDmPv/0
禁書2期が放送されればニコ厨が祭り上げる→vipに大量にSSがはびこる

地獄絵図の展開が容易に予想できるな
今のうちに楽しみたいわけだが

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:46:48.32 ID:6+TBH2zN0
>>83までの流れ無視して
>>89の続きから書いていい?



192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:49:43.52 ID:2YKxjc0k0
この状況ならもはやなんでもありかと

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:50:05.51 ID:wCtsubaQ0
>>191
頼む

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:03:41.57 ID:s5eUo2NPP
本人か違うか分からんが任せる

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:33:43.06 ID:b9raHO+V0


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:36:24.36 ID:6+TBH2zN0
どうして、今自分は浜面仕上に押し倒されているのか。
その根本的な原因は、2週間程前のとある一言だった。


「…最近、はまづらがおかしい」
病室のベッドに体を預けながら、滝壺利后はそう言った。
肩より少し長めの髪に、ピンクのジャージという、いつもと変わらない姿で。
「…浜面が超おかしいのは前々からだと超思いますけど。
 …具体的にはどんな風に超おかしいのですか?」
それに答えたのは小柄な少女だった。
小学生にしか見えない容姿に、下着が見えそうで見えないギリギリの丈のワンピース。
『窒素装甲』の能力者、絹旗最愛である。
「…なんだか、はまづら、最近わたしにつめたい」
「…冷たい?あの浜面が?」
浜面仕上という人間は、基本的にはいい奴だったりする。
無能力者の集団(というか、不良グループ)『スキルアウト』のリーダーだったこともあったが、女の子にはめっぽう優しい奴だ。
現に、自分が身分証明を作れと言えば、ブツクサ言いながらも作ってくれる。
そんな奴が、好きな女の子に冷たい態度をとるだろうか?
「うん。きぬはた、何かしらない?」
滝壺はそう言うと、首を少し傾けた。
「うーん…」
腕を組み、考えてみる。
最近何かと浜面と行動することが多い絹旗だが、いくら考えてもそれらしい原因が思い浮かばない。
(この前会った時も超普通でしたし…。
 何か超とんでもない超秘密でもあるんでしょうかね?)
一度気になるととことん気になる性格な彼女は、しばらくうんうん唸った後こう言った。
「…では私から超それとなく浜面に聞いときます。
 何か解ったら超連絡しますね」

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:50:40.87 ID:SRSBDy8p0


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:54:23.31 ID:ZyVg5ynD0
滝壺も好きな俺は不安になる出だしだな…

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:54:59.51 ID:wCtsubaQ0
超期待

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:58:12.70 ID:SRSBDy8p0
正直フレンダが一番かわいい

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:00:11.60 ID:6+TBH2zN0
(…さて、超どうしましょうか)
滝壺の病室を出た後、絹旗は駅へと向かいつつ、浜面からどうやって理由を聞き出そうか考えていた。
(超ストレートに『浜面、最近何かありましたか?』とかは超露骨過ぎますし…)
 かといって、あの超鈍感(というよりも最早バカ)な浜面のこと。
回りくどく聞いても正鵠を射た答えは期待できない。
(うーん…)
馬鹿を相手にすると何だか超面倒ですね、と思いながら絹旗は駅構内の本屋へと入った。
そして雑誌コーナーまで行くと、全く売れている気配の無い映画関連の雑誌を一冊手に取り、パラパラとページをめくった。
浜面のことも考えなくてはならないが、趣味だって大事だ。
(さてさて、今月は超面白そうなC級はやってますかね…ん?)
適当にページをめくっていた手が止まる。
そこには、『恋人との過ごし方』というタイトルの、聞いたことも無い役者による映画の情報が乗っていた。
(…見た感じ超素人くさいですね、コレ…)
大方、どこぞの超大金持ちのバカ御曹司が自主制作し、
これまたバカみたいな金払って上映させたのだろう。
常盤台中学のようなお嬢様学校が数多く存在する学園都市ではそう珍しくも無いことだ。
(映画自体はC級中の超C級でしょうけど…話題の足場にはなりますかね?
公開日は…2週間後ですか。
ちょっと報告は遅くなりそうですが、まぁ、超急ぎすぎても良くないでしょう)
絹旗はそう結論付けると、雑誌をもとの場所へと戻し本屋を後にした。

彼女は気付いていなかった。
どこぞの少年のように、自分が不幸に逢う事に。
記事の端っこに書いてあった、『R‐18』の文字に。


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:05:46.55 ID:7AG8QXsO0
>>200
お前とはいい鯖缶が食えそうだ
期待

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:34:27.88 ID:6+TBH2zN0
―――2週間後。
絹旗はとある小さな映画館の前にいた。
いつものワンピースに身を包み、浜面を待っているのだ。
腕時計を見ると、時刻は午後の1時45分。上映開始まであと15分程だった。
「お、いたいた。おーい、絹旗ー」
不意に聞こえた声に顔を上げると、浜面仕上がこちらに歩いてくるのが見えた。
ダボダボのスウェット、大きめのパーカー、そして止めと言わんばかりの金髪。
私は不良です、と公言しているような服装ももう見慣れたものだ。
「…待ち合わせは1時半のはずです。超遅刻ですよ、浜面」
「悪ぃ悪ぃ、来る途中に面倒な爆にゅ…アンチスキルにつかまっちまってよ」
「…日ごろの行いが超悪いからそうなるんですよ、浜面」
「…元『アイテム』のお前がそれを言うのか?
 お前確か車とかブン投げてなかったか?」
「まぁ、そのあたりは超どうでもいいですけど」
絹旗は本当にそうでも良さそうにそっぽを向くと、浜面に尋ねた。
「…例のものは超ちゃんと持ってきましたか?」
「おぅ。バッチリだ。…ホラ、これ」
そう言って浜面がポケットから取り出したのは、学園都市内にある大学の生徒手帳である。
と言っても、浜面は大学生ではないし、絹旗も大学生ではない。
二人で映画を見に行くときは決まって、浜面が絹旗の偽造した身分証明書を作成する。
何故なら、彼女が見る映画は決まってC級。大概の映画がR指定なため、実年齢13歳の絹旗には見られない映画のほうが多いのだ。


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:01:03.05 ID:BRPVhUKzP
しえん

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:11:36.89 ID:kH82/w9u0
しかし、この日はいつもとは違った。いつもは生徒手帳を受け取って終わるだけなのだが、絹旗が首を傾げたのだ。
「…大学…?」
いつも浜面が作ってくるのは高校の身分証が多い。理由としては偽造しやすく、二人の実年齢的に一番近いからである。
だが、この日は何故か大学の身分証だった。
受付まで歩きつつ、絹旗は尋ねた。
「…浜面、何故今日は超大学の生徒手帳なんですか?」
それは何となく気になっただけで、大した意味も無い質問だった。
しかし、浜面の答えは絹旗の度胆を抜くものだった。
彼はスウェットのポケットに両手を突っ込みながら、何でもない事のように言った。

「いや、だって今日の映画18禁じゃねぇか」


よくよく考えると明日早いんだった…。
横になりつつ書くんで次から携帯で書き込みます。


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:15:46.72 ID:xBdaSUUv0
18禁…その3文字に気付かなかった…

 迂闊っ…       
          あまりにも迂闊っ…

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:34:52.71 ID:BRPVhUKzP
迂闊すぎるwww

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:05:21.48 ID:K/LpHE/E0
迂闊

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:37:52.33 ID:z5tIBisI0



210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 02:13:07.30 ID:BRPVhUKzP
横になって寝たか

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 02:57:53.90 ID:z5tIBisI0
ねたか

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:13:16.94 ID:gp89xN3B0
規制中なの忘れてたんじゃね?

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 04:12:49.37 ID:1qePQleS0
y

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 04:24:26.84 ID:mqrnB8v00
上条「御坂の妹じゃねーか、何してんだ?」美琴「えっ?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262836023/
佐天「御坂さーん!」ミサカ「?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262670455/
インディビジュアリスト「とうまー」上条「・・・。」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263044803/
打ち止め「何このセーラー服?ってミサカはミサカは…」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262530180/
ミサカ「貴方は私と似ていますねとミサカは返答します」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263062738/
佐天「なんならわたしのパンツ見るぅ?」 上条「うん」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263054063/
初春「ぱーそなるりありちwwwwwwwww」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263059296/
美琴「ちょっとアンタ!!なんで無視すんのよ!!」 上条「・・・」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262879796/
黒子「ミサカお姉様…ですの?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262868973/
上条「まきますか?まきませんか?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263058951/
美琴「左手を掴めば……!」上条「しまった!」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262740277/
サーシャ「第一の解答ですが、私は既に上条当麻と付き合っています」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262443152/
御坂「やだ・・・どうしよう、みんな男になってる・・・」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263058309/
インデックス「黒豆サイダーならあるんだよ?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263040432/
最愛「だ、ダメです浜面・・・・・・ん・・・浜面ぁ・・・」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262790222/

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 05:01:58.20 ID:FP5XI44V0
ho

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 05:51:03.18 ID:AG2KhqHg0
寝る前に保守

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 07:13:53.01 ID:eT9exFK70


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 07:24:45.78 ID:VDPn+Snl0
超☆

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 09:20:43.19 ID:eT9exFK70


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 10:21:48.12 ID:eT9exFK70


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:23:42.47 ID:tctclwRq0
このスレには超期待してます

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 12:13:32.74 ID:rxf/2qHp0


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:01:02.61 ID:K/LpHE/E0


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:25:01.10 ID:TljlQj/90
やっと絹旗スレが来たか・・・

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:54:34.27 ID:BX6NYFxD0


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 14:00:13.32 ID:qVFTUWnTQ
俺は激怒した

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 14:21:55.21 ID:Sem9pOHlO


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 14:39:11.00 ID:9zjXb8+30


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 14:59:24.66 ID:xQFwgtaC0


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 15:03:10.27 ID:K9tu+rhh0


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 15:08:37.69 ID:9zjXb8+30


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 15:09:41.66 ID:o/mSF5YI0


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 15:10:31.23 ID:9zjXb8+30


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 15:10:48.68 ID:a4eUcT1c0


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 15:30:17.62 ID:9zjXb8+30


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 16:05:56.44 ID:5IsUk8qg0


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 16:08:01.59 ID:9zjXb8+30


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 16:33:18.06 ID:kH82/w9u0
ただ今帰りました。
携帯で書こうとしたら制限かかってた…
とりあえず投下して、少し書き溜めたら続けます。

>>205から

「…え」
彼の一言に、思わず絹旗は立ち止まった。もし擬音をつけるなら、『ピシッ…』という感じである。
「いやー、びびったぞ。お前からタイトル聞いてググったらエロシーンありの18禁だったからなぁ」
浜面は絹旗の様子には全く気が付いていないようで、一人で受付へと向かっていく。
「……」
「まぁ、高三の生徒手帳ならギリギリ入れるんだけど…なーんか白い目で見られそうだからな」
そう言って浜面は受付でチケットを購入しようとしていた。
そこでようやく、絹旗のフリーズが溶けた。
彼女は『窒素装甲』を靴の裏に展開すると、浜面の元へ跳んでいく。
「すいませーん、チケットぉごぉぉぉぉぉぉぉ!」
そして浜面の首に腕を引っ掻けるように後ろから引っ張り、そのまま直進、受付から十分距離をとったところで浜面に耳打ちをした。
「いいい、いいですか、浜面!超勘違いしないで下さい!!
私が超見たかったのはC級映画そのものでして、いわゆる、その…え、エロいのが、超エロいのが見たかったわけでは超ありません!!第一、この映画が超18禁なのは超知らなくて…!」
羞恥で珍しく顔が赤くなっている絹旗なのだが、それを真っ先にからかいそうな浜面は慣性の法則とフック式弾丸ラリアットのせいでとっくにのびていた。


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 16:33:51.37 ID:1BFK6oiGP


240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 16:34:38.91 ID:9zjXb8+30
待ってた

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 16:59:00.30 ID:09Q9L8gh0
超来てた

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 17:08:10.13 ID:K9tu+rhh0
超待ってた
絹旗は俺の嫁

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 17:19:09.02 ID:oj13tJjLO
wktk

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 17:22:30.45 ID:9zjXb8+30
俺は対馬ちゃん!

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 17:54:06.00 ID:Un52UzNX0
じゃあ僕はフレンダちゃん!

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 18:01:53.60 ID:F+zYCjyx0
>>245
そげぶ

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 18:03:46.51 ID:eNvXwInY0
じゃあ滝壺はもらった!

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 18:04:21.31 ID:kH82/w9u0
>>244馬鹿を言え。対馬は俺の嫁じゃ。
そして絹旗は浜面の嫁。



ブー、というブザーの音で浜面は目が覚めた。
「んぁ…?」
目を開けたはずなのに視界が暗い。
その不思議な感覚に戸惑うも、前方のスクリーンに映像が映ると、自分が劇場のシートに座っている事に気づく。
(…あの後絹旗が引っ張ってきたのか)
ため息を一度だけ吐いて、肘掛に乗っている手を動かす。
すると、肘掛けの先にあるカップホルダーにジュースが入っている気がついた。
どうやら冷たい飲み物らしい。ひんやりとした感覚と、水滴が手に伝わった。
(…絹旗が買っといてくれたのか?)
仮に絹旗の物でも、触った感じカップは大きい。恐らく絹旗一人では飲みきれないだろう。
(何か寝たらのど乾いたな…少し貰うか)
浜面はひょい、とカップを持ち上げる。
スクリーンには映画が写り始め、劇場内も少し明るくなった。
これから始まる映画に少しだけ期待をして、浜面はジュースを一口飲んだ。


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 18:24:42.01 ID:5IsUk8qg0


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 18:38:40.19 ID:9zjXb8+30
>>248
お前もか!だがここは大人しく続きを待つ

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 18:51:25.09 ID:WL/jZ5W90
ほしゅ

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 19:00:30.89 ID:kH82/w9u0
すまん飯食ってくる

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 19:07:41.22 ID:FP5XI44V0
俺の御主人様絹旗はやっぱり可愛いなあ

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 19:47:17.16 ID:BX6NYFxD0
ほっしゅ

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 20:22:32.03 ID:kH82/w9u0
超失敗した、と彼女は心の中で思った。
まずは映画のこと。滝壺の悩みのために功を焦り、この映画が18禁であることを見逃していたことだ。
入場の際一応身分証は提示したが、受付のオバサンに『アンタは本当に大学生か?』というニュアンスを含んだ目で見られたりもした。
そして、今。
自分のために買ったジュースを、浜面が飲んでしまった。
彼の座っている左手側にカップを置いていたからだろうか。一応彼の分も、同じく彼の左手側に置いてあるが、そちらには気がついていないようだ。
(超どうしましょう…。これに口付けたら超間接キスですし)
彼女も年頃の少女である。男性の口に触れた飲み物を飲むのは抵抗がある。
かと言って、彼のジュースを貰うのは不可能だ。
そのためには彼に取ってもらう必要があるのだが、この後真剣な話をしようと思っているのに『お前との間接キスなんか嫌だ』と言わんばかりの相手の心証を下げる行為は控えたい。もっとも、浜面仕上はその程度でへそを曲げたりはしないのだが。
(うむむむむっ…!)
本来の彼女なら、こんなことに悩んだりはしない。だが、今回は自分の友人の恋路がかかっているのだ。
自分のプライドと、友人の幸福と。
その二つのバランスにさんざん頭を悩ませ、結局。
(…映画が超始まったから…。始まってしまったから、取ってもらうと浜面に超悪いから、これを飲むんです…!全ては滝壺のために…!)
そうやって誤魔化して、絹旗はジュース飲むのだった。
何だかいつもより少し甘い味がした気がしたが、勿論気のせいである。


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 20:49:45.97 ID:XG0XlZ5Q0


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 20:56:42.85 ID:kH82/w9u0
(…なんじゃこりゃ)
浜面仕上は映画を見ながらそう思っていた。
映画が始まって30分程。映画自体は1時間半の作品なのだが、ここまでの30分、一組の男女が映画を見て、買い物をしているだけの展開が続いていた。
(…こりゃなんつーか。C級どころかD級と言っても頷けちまうな)
このところ絹旗と映画に行くことが多くなり、多少はC級映画を語れるようになった彼なのだが、その彼から見てもこれは酷かった。
C級映画というものは、基本的に制作費が少ない中で作られている。
そのため基本的に役者は素人同然だし、CGなどはほぼ使われない。そんな状況でC級映画を楽しむ方法が、時間と関係していたりする。
しょぼい配役と映像効果で客を飽きさせないために、C級映画とは短く作られるのが普通である。
だが、その理論に反するのがこの映画だ。
グダグダの展開と、逆光上等のカメラアングル。そして一般映画並の上映時間。
チラリ、と隣を見る。
そこには、真摯な目で映画を見る絹旗がいた。
(…まぁ、コイツが席を外さないってことはまだ見る価値があるってことだしな)
浜面は腕を組むと、再び映画に向き直った。


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 20:57:46.69 ID:Cesk6a7k0
禁書のキャラの名前がDQNネームばりに読めないんだけど
作者は字面のインパクトしか考えてないのかね、馬鹿かね

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 21:00:43.79 ID:XG0XlZ5Q0
近未来の話だから今のDQNネームが普通に認知されるような社会になってるんでね

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 21:02:04.23 ID:Sem9pOHlO
ふりがなよめないのか?

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 21:05:50.92 ID:Cesk6a7k0
モアイ         ハマヅラ     ハマヅラ
最愛「だ、ダメです浜面……ん…浜面ぁ……」

これであってるかスレタイ

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 21:07:31.67 ID:XG0XlZ5Q0
モアイはねーよwwwwwwwwwwww

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 21:31:51.26 ID:gq2JaDNi0 ?2BP(502)



264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 21:49:00.06 ID:rxf/2qHp0


265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 21:56:32.77 ID:hg9WUqN80
>>258
西尾に比べたらまだマシなレベル

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 22:05:22.15 ID:o8T7JFEP0
19巻買ったがモアイのパンチラ良いよパンチラ

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 22:17:11.53 ID:1pU22uw80
ほらほら勢いよく超ぴらーん

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 22:26:46.07 ID:Sem9pOHlO
俺16巻からめんどくさくなって買ってないんだけど
買おうかな

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 22:44:32.62 ID:eNvXwInY0
クーデターの話のグダグダ感は異常

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 23:06:30.86 ID:XG0XlZ5Q0


271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 23:11:14.40 ID:kH82/w9u0
絹旗は映画に集中できていなかった。
それというのも、先ほど口にしたジュースの所為である。
(超間接キスしてしまいました…)
滝壺のために起こした行動のはずなのに、結果として間接キスに至ってしまった。
いや関節キス位で何だよ、と思うかもしれないが、彼女は未だうら若き中学生。ようやく思春期の門を叩いたばかりなのだ。
映画鑑賞は彼女の唯一の趣味なのだが、彼女は浜面のことばかりを見てしまっている。最初は横目で見る程度だったが、今では首を少しだけそちらに動かしている。
(…浜面は)
映画を見る彼の横顔を見ながら、彼女は考える。
(…浜面は、どういう風に超感じたんでしょうか…?)
自分より幾つか年上の彼にとっては、何でもない事なのだろうか。
(それとも…)
そこまで考え彼女ははっ、と我に返った。
(…超何を考えているんですか、私は…)
首を振る。こんな考えは滝壺にも、浜面にも失礼だ。
(…超気を取り直して映画に超集中しましょう…)
ふぅ、と一息つく。
(…よし)
そして、彼女は顔をあげた。
「……え゛?」



272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 23:34:44.09 ID:kH82/w9u0
(あー…)
浜面は、どうしたものかと考えていた。
スクリーンには男女の情事シーンが映されていた。
ポリポリと首筋をかき、隣を盗み見る。
絹旗は口元に手を当てながらそのシーンを見ていた。見たくないが、興味は超ありますと言わんばかりに食い入って見ている。
浜面仕上という男は、くのいちの裸が直視できなかったり、絹旗の下着を見ただけで鼻血が出る等、初心なところがある。
が、それは現実の話。
10代後半にいる彼は、勿論いかがわしいビデオは見慣れている。
つまるところ、映像程度では殆どといっていいほど反応を示さないのだ。それは最早、見慣れているというよりも見飽きている、という感覚だ。
(18禁指定されてるってことは…こりゃ全部映すかもな)
彼はそんなことを考えながら、もう一度絹旗を見る。
暗くてイマイチはっきりしないが、顔は真っ赤になっているように見える。
(…こういう絹旗は珍しいな)
彼はそのまま、普段は見ない表情の絹旗を見ていた。


すまん。今日はここまでだ。
冬休みの課題が終わりそうに無い。


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 23:39:33.76 ID:AG2KhqHg0
課題は俺がやっておくから書けよ

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 23:40:09.86 ID:eNvXwInY0
大丈夫俺なんか就活サボってる

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 23:48:29.85 ID:kH82/w9u0
>>273
いやいや、俺の学校課題とか厳しいのよ。
立場的にも提出しないと教師に何言われるかわからんし。

>>274
それって大丈夫なのか…?

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 23:53:44.60 ID:FP5XI44V0
大丈夫俺もレポートと課題スルーしてる

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 23:55:06.95 ID:1pU22uw80
大丈夫俺なんてセンターあるのに全く勉強してない

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 00:20:48.76 ID:A6L4RfnAP
モアイほしゅ

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 00:25:53.52 ID:kONId8Uo0
実技的な保健体育の時間は、突然やってきた。
(はわわわわわわ…)
片手を口に当てて、絹旗はスクリーンを凝視していた。
そこには主人公がヒロインを押し倒し、衣服を脱がしにかかっていた。
行為の生々しさ、ここで急に鋭くなったカメラアングルで映される女の表情、その全てが妖艶に映されている。
(…こここ、こんな、こんな…!)
男の口づけが首へ、そして更に体を這うように下へ下へと向かっていく。その度、スクリーン女性から漏れる声。
『…あぅ…あん…』
無論、彼女は彼らがこれから何をしようとしているのか知っている。一応保健の授業で男女の営みについては学んでいた。
しかし、眼に映るその情事は彼女の想像を遥かに超えていた。
少女マンガの情事シーンから想像していたそれは、もっと綺麗で、ぽわぽわした空気の中行われるものだと思っていた。
しかし、この現実。
“フィクション”“リアル”
 幻 想と真 実のあまりのギャップに、思わず逃げ出したくなる。が、足が動いてくれない。扉を叩くに止まっていた彼女の知識は、ここに来てその先を踏み込もうとしていた。
知りたくないのに、知りたい。
そんな矛盾を内包しながら、彼女は映画を見続けた。




ならここまで書く。
これがマジで今日ラスト。
出来れば保守してくれるとありがたいです。
次書くのは、多分昼過ぎ〜夕方ごろだと思う。
つーか>>277、センター前に>>267なんか書くなよ…
頑張ってくださいよ…


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 00:57:48.41 ID:pYsCD9qV0
答えを見て速攻終わらせろ

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:34:53.15 ID:K8LFO+f90


282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 01:47:47.89 ID:ugZpopaP0
気長に頑張ってくれ>>279
支援

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:06:15.16 ID:lbPTYjnk0 ?2BP(502)



284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 02:50:32.57 ID:ugZpopaP0
保守8

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 03:27:16.34 ID:vMQ9fRwT0
保守9

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 04:17:50.47 ID:SkLNyqyP0
でもパンツ!ほしゅ

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 05:15:10.78 ID:COenWAAr0
hoshu

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 06:33:53.50 ID:JnxAcDV10
落ちちゃダメ

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 07:53:46.70 ID:166vc57A0



290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 09:06:35.71 ID:ETcrspOX0
最愛かわいいよ、最愛

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 09:34:35.81 ID:phQsp90M0


292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 10:23:48.12 ID:Wd3AiqFU0
ほしゅ

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 11:28:48.31 ID:18IhZOxvO


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 12:20:20.47 ID:phQsp90M0


295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 12:41:39.60 ID:ZEWh2gdli
このスレには期待してる

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 13:39:56.16 ID:JnxAcDV10


297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 14:24:13.27 ID:JnxAcDV10


298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 14:50:11.37 ID:QC/rCKue0
おっと

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 15:07:44.30 ID:18IhZOxvO
まーだか

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 15:18:27.41 ID:j7qcwRoW0
ほす

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 15:43:14.66 ID:QC/rCKue0


302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:22:01.08 ID:166vc57A0


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:56:46.77 ID:3vvCL0GF0


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:58:21.68 ID:Xgu1gSg70


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:23:32.04 ID:EK8FIW0U0


306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:28:54.34 ID:kONId8Uo0
遅くなった。スマン。




スクリーンには絹旗の想像の遥か上を行く行為が続いていた。
自分の目で見ているというのに、その光景がとても理解できない。
(…くくく、くわえてます!超くわえてますよ!!)
(は、さむ…?あ、アレをですか!?)
(自分から超上に乗って超動くなんて…!)
もはやそこにはいつもの絹旗最愛はいなかった。自分の事ではないのに恥ずかしさがこみ上げ、頬が朱に染まる。
スクリーンではさらに行為が激しくなっていくが、絹旗はふと我に返った。
(…そう言えば、浜面はあ、あんなことを超させるんでしょうか…?)
例えば、滝壺と。
(く、くわえさせたり、超上に乗せたり…挟むのは、まぁ、彼女では超無理っぽいですが…)
間接キスでウジウジと考えていた彼女はどこへやら。知ってしまった知識があまりにも強烈で、今ではそんな事などどーでもいいと言える勢いである。
チラリ、と横を向く。
すると、浜面と目が合った。
(!)
バッ、と顔を元に戻す。
気のせいではない。確かに今、浜面はこちらを見ていた。
(…何故、超何故このタイミングで私の事を超見ているんですか浜面は!)
スクリーンでは未だ情事が続いている。
滝壺は、隣を気にせずにはいられなくなってしまった。


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:32:05.58 ID:ZZSITW3+0
支援

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:32:46.86 ID:EmPKfIMW0
挟むのは、まぁ、彼女では超無理っぽいですが…

何気にひでぇwww

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:34:00.02 ID:8FO5bVVE0
> 滝壺は、隣を気にせずにはいられなくなってしまった。

どっから出てきた

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:37:31.85 ID:kONId8Uo0
>>309ほんとだミスってる。
滝壺→絹旗だな。
一応修正ver


スクリーンには絹旗の想像の遥か上を行く行為が続いていた。
自分の目で見ているというのに、その光景がとても理解できない。
(…くくく、くわえてます!超くわえてますよ!!)
(は、さむ…?あ、アレをですか!?)
(自分から超上に乗って超動くなんて…!)
もはやそこにはいつもの絹旗最愛はいなかった。自分の事ではないのに恥ずかしさがこみ上げ、頬が朱に染まる。
スクリーンではさらに行為が激しくなっていくが、絹旗はふと我に返った。
(…そう言えば、浜面はあ、あんなことを超させるんでしょうか…?)
例えば、滝壺と。
(く、くわえさせたり、超上に乗せたり…挟むのは、まぁ、彼女では超無理っぽいですが…)
間接キスでウジウジと考えていた彼女はどこへやら。知ってしまった知識があまりにも強烈で、今ではそんな事などどーでもいいと言える勢いである。
チラリ、と横を向く。
すると、浜面と目が合った。
(!)
バッ、と顔を元に戻す。
気のせいではない。確かに今、浜面はこちらを見ていた。
(…何故、超何故このタイミングで私の事を超見ているんですか浜面は!)
スクリーンでは未だ情事が続いている。
絹旗は、隣を気にせずにはいられなくなってしまった。


311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:03:52.65 ID:3vvCL0GF0
ほほう

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:33:03.03 ID:uctOTlsN0
超期待

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:58:33.32 ID:kONId8Uo0
(今思いっきりこっち見たよな…)
絹旗観察をしていた浜面であるが、つい先ほど絹旗がこちらを向いたかと思えば、速攻で顔を背けられた。
艶かしい声が響く映画館の中、この場所には彼女と自分の二人しかいない。
ひょっとして彼女は、自分のことを意識してくれたのであろうか。
(…んな訳ねぇよな。そんな都合主義なんかありえねぇ)
一緒にいた男が偶然自分だっただけの話だ。ここに別の男が座っていても彼女はこちらを見ただろう。
何たって彼女は未だ中学生。こういったシーンを見て異性が気になるのは仕方ないことなのだと思う。
(さて…)
腕時計を見ると、映画はあと20分ほど。
退屈な映画を見るには長いが、照れた絹旗を堪能するには短すぎる、と彼は思った。


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:06:27.07 ID:EK8FIW0U0
期待してます

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:35:03.30 ID:QC/rCKue0
おっと

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:59:58.80 ID:0NvP9X/VQ
バッ

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:17:29.93 ID:KYDVrSBm0
じらしますなぁ

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:25:02.33 ID:kONId8Uo0
>>317
遅筆なだけなんだぜ…



映画が終わった。
絹旗はぽーっとした足取りで映画館を出ると、近くの壁に手を付いてため息を吐いた。
(や、やっと終わりました…)
浜面と目が合ってからの時間は、ほとんど拷問みたいなものだった。
チラチラと隣を見れば浜面は決まって自分を見ているし、C級映画ゆえの二人っきり。その緊張感と圧迫感は凄まじいものがあった。
(…超ダメですね。気を超取り直さないと…)
胸に手を当てて、深呼吸。
これから友人の恋路を掛けた仕事が待っているのだ。
出だしは躓きかけたが、ここからが今日のメインディッシュ。前菜を気にしてなどいられない。
出てきたばかりの映画館へ向き直る。丁度浜面があくびをしながら出てきたところだった。
(…よし)
浜面に近づく。さっきの今で浜面に話しかけるのは恥ずかしいのだが、仕方が無い。
大丈夫、自分は『窒素装甲』の大能力者。そうそう防壁を突破されたりはしない。
「…で、では超次行きましょうか、浜面」
…不覚。声が上ずった。

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:33:40.30 ID:18IhZOxvO
絹旗はビショビショに違いない

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:47:46.88 ID:kONId8Uo0
>>319
やっぱりエロ要素欲しい?

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:48:44.68 ID:EmPKfIMW0
好きに書いてくれ

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:49:20.01 ID:EK8FIW0U0
期待して待ってる

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:51:43.55 ID:BAh3ouyb0
>>320
ニヤニヤさせてくれればそれでイイ

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:57:46.59 ID:yZw9KwZS0
>>320
あってもなくてもいい
好きなように書いてください

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:59:34.30 ID:A6L4RfnAP
>>320
おっきよりニヤニヤ

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:01:10.36 ID:WLTwEgqU0
浜面さんがそういう行為する相手は滝壺だけでいいと思うんだ
ニヤニヤできればいい

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:02:52.05 ID:kONId8Uo0
「…?次があんのか?」
浜面はついそう聞き返した。普段絹旗と映画に行くとき、大概は映画を見た後はそのまま解散することが多いからだ。
まぁ、そんなことより彼女の声が上ずった理由が気になるところだが。
「ええ、まぁ。ちょっと買い物に超付き合ってください」
ちょっとなのか超なのかどっちなんだよ、と心中で思いながら彼はそれに承諾した。

さて、ここからが勝負だ。
(まずは一緒に行動して、浜面の様子を超監視します。その後家に帰って、真相を超聞きだしてやります…!)
彼女は計画をもう一度脳内で復唱し、軽く拳を握り締めた。
では行きましょうかと思ったところで、映画館のガラスに映る自分の姿を見た。
いつもと同じ、スカートの中が見えないように計算されたワンピース。
中は見えないのだが、太ももから先はバッチリ見えてしまっている。
「……」
絹旗は、先ほどの映画でたしか主人公が太ももに興奮するだの何だの言っていたようなことを思い出すと、
「…まずは服を買いに行きましょう、浜面」
そう言って早足で歩き出した。


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:17:10.53 ID:KYDVrSBm0
太ももになにか垂れてるのかと思った・・・

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:28:01.67 ID:kONId8Uo0
>>328
その発想はなかった。
そっちのが面白かったかも。
でも続けるぜ。



学園都市第七学区には、セブンスミストという店が存在する。
お子様からお年寄りまで、老若男女全ての服装がこの店で買えるほどの豊富な品揃えとお手ごろな価格が売りの巨大な衣服販売店である。
なんとあの名門常盤台中学のお嬢様方も御用達という話だ。
絹旗と浜面の二人は、その中でもティーン女性向けの店にいた。
(…超場違いじゃねぇ?俺スキルアウトの元リーダーよ?)
ピンクやイエローといったやたらと目がチカチカするようなファンシーな壁紙の囲まれながら浜面はそう思った。
キョロキョロと見渡せば周りにいるのは女の子ばっかりだし、みんなしてちゃんとした服装をしている。浜面のようにパーカーにスウェットという、○ーコにダメだしされまくること間違いない服装をしている人はいなかった。
絹旗はと言えば、先ほどから店員と話したり服を手に取ったりと大忙し。とてもこちらを気に掛けているようには見えない。
(…どうすっかな)
と浜面が頭を悩ませ始めたとき。
ドン、と。
後ろから何かがぶつかってきた。


330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:33:55.55 ID:WLTwEgqU0
wktkしてる

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:41:30.21 ID:kONId8Uo0
「うおっと…」
一瞬ふらつく浜面だったが、ぶつかって来た勢いがそれほど強くは無かったので一歩で踏みとどまった。
彼が振り返ると、そこにはしりもちをついた女の子がいた。
年は10歳前後といったところだろう。水玉模様の淡い色のワンピースを着て、頭頂部からピョコン、と可愛らしく髪が一本はねていた。
そこまで見れば普通の女の子なのだが。
(…なんで暗視ゴーグルなんかぶら下げてんだ?)
その子の首からは、軍用のゴツイ暗視ゴーグルがぶら下がっていた。小さな体に合わないことこの上ない。
「いたた…」
不意に女の子がそう呟いて、浜面はそんな疑問を引っ込めた。
「悪ぃ、大丈夫か?」
彼はしゃがむと、女の子と目線を合わせるようにした。
女の子は微笑みながら顔を上げると、
「うん、大丈夫だよ。それよりぶつかってゴメンなさい、ってミサカはミサカは謝ってみたり」
と、そう言った。



332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:44:30.13 ID:EmPKfIMW0
アホ毛ちゃんキタwww

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 22:12:15.29 ID:kONId8Uo0
(…あれ?)
その顔を見たとき、浜面は一瞬デジャブに襲われた。
正確に言うのなら、それはデジャブとは少し違う感覚だった。この子本人でなく、この子の姉や母を見たことがある気がする、とそんな気がしたのだ。
(…あー…?)
その女の子は打ち止めと言い、実は以前に浜面が命を狙ったとある女性の間接的な血族に当たる少女だった。
だが浜面は気がつかない。思い出したいのだが、頭がそれを拒んでいるような気がした。
「あなたのほうは大丈夫?ってミサカはミサカは尋ねてみたり」
そんなことを考えていると、不意に少女が尋ねてきた。
「ん?あぁ、大丈夫だ。…ほら」
そう言って浜面は手を差し出し、少女を立ち上がらせる。
「ありがとう、ってミサカはミサカは感謝してみたり。あなたは見かけと中身が反比例、ってミサカはミサカは覚えたての言葉で賞賛してみたり」
「いや、別に大したことしてねぇよ」
つーか変なしゃべり方する子だなー、等と思いつつ浜面は女の子をもう一度見る。
そして先ほどの疑問を思い出すと、それを口にした。
「…ところで、そのゴーグルは何で首にかけてんだ?」
すると女の子は得意げに胸を張って言った。
「へっへーん。実はこれは戦利品なの!ってミサカはミサカは自慢してみたり!お姉さんから取ったんだ、ってミサカはミサカは更に自慢してみる!」
いやそれは自慢にならねぇ、と浜面は心の中で呟いた。

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 22:19:24.26 ID:SkLNyqyP0
アクセロリータがアップを始めたようです

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 22:36:23.37 ID:kONId8Uo0
(さっきから超何をしているんですか浜面は…!)
絹旗は服を掴みながら怒りに震えていた。
というのも、入店して以来浜面が全く自分の相手をしないのだ。あまつさえ、他の女の子を物色するようにキョロキョロと見渡している。
(超紛いなりにも私と買い物に来ているというのに…!)
ここに来た本来の目的は、太ももを隠せる服を買うためと、滝壺の話の前に彼と気楽な話しやすい雰囲気を作るためなのだが。
他の女の子を見ている(ように見える)彼を見ていると、そんなことも忘れて彼を睨みつけていた。すると。
トントン、と肩を叩かれ、声をかけられた。
「すみません、少々よろしいですか?とミサカは見知らぬ方に声をかけてみます」
振り返ると、そこには常盤台の制服に身を包んだ少女がいた。




今日はここまでだ。
すげー長引いてスマン…。


336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 22:47:35.76 ID:lbPTYjnk0 ?2BP(502)



337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 22:48:41.00 ID:EmPKfIMW0
乙、頑張ってくれ

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 22:53:49.69 ID:WLTwEgqU0
また保守がんばるぜ
絶対終わらせろよ、すっげ期待してるんだからな!

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 23:07:44.53 ID:18IhZOxvO
乙&ほっしゅ

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 23:23:24.29 ID:lbzhi8cc0
死んでも落とさせんよ・・・・!


341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 23:55:58.91 ID:EmPKfIMW0
現行

五和「しばらく泊まりこみで護衛します」上条「えっ?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263173784/
佐天「無能力者…?」」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263183831/
佐天「無能力者…?」」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263121241/
最愛「だ、ダメです浜面・・・・・・ん・・・浜面ぁ・・・」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1262790222/
サーシャ「第一の解答ですが、私は既に上条当麻と付き合っています」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263150280/

クロス

湯川「御坂美琴…君は実に面白い」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263137173/
上条「まきますか?まきませんか?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263058951/
リュウ「この学園都市にはオレより強い奴はいるだろうか……」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263199490/
唯「暇人殺し・・?」上条「イマジンだよ!イマジン!」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263210575/

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 00:09:54.11 ID:/4nOy4Oz0
今日の夕方からのID:kONId8Uo0執筆状況まとめ
レス数:8 SSの字数:3381 (雑談・修正前部分含まず)

じらされてビクンビクンしてたけど、字数にすると結構あるな

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 00:12:23.20 ID:l01uK7RP0
会話形式じゃないから地の文あるし
1レス辺りの文字数が多いんだな

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 00:48:58.68 ID:evDS/vp30


345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 00:58:03.18 ID:Z0vqyeMnP


346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 01:48:35.26 ID:egv0GGew0


347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 01:50:18.94 ID:ua1pT84w0
このスレまだあったのか
立ったの5日前だぞ

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 01:59:34.82 ID:r6gz1A/n0


349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 02:20:26.10 ID:on359l4c0


350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 02:24:45.11 ID:7l4OU15g0


351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 02:37:30.62 ID:KkXaKgXeO


352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 02:45:13.77 ID:r6gz1A/n0


353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 03:19:30.32 ID:KkXaKgXeO


354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 03:40:15.99 ID:wJafSnzm0



355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 03:57:22.21 ID:KkXaKgXeO


356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 04:12:41.28 ID:byQhssxH0


357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 04:17:48.61 ID:7l4OU15g0


358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 04:55:28.02 ID:2S0t59Jh0 ?2BP(502)



359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 05:24:08.30 ID:KkXaKgXeO


360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 06:30:15.66 ID:KkXaKgXeO


361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 07:17:06.37 ID:wsFypp/E0
保守

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 07:27:15.57 ID:aajrUuao0
>>335
4行目、「紛いなりにも」じゃなくて「曲がりなりにも」じゃないか?
続き楽しみにしてるぜ

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 08:02:36.58 ID:wsFypp/E0


364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 10:45:18.40 ID:uZdwfusl0


365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 11:36:40.02 ID:uZdwfusl0


366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 12:30:05.71 ID:uZdwfusl0


367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 12:30:41.26 ID:4JS6m1mlP
保守

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 13:30:22.27 ID:uZdwfusl0


369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/12(火) 13:40:15.46 ID:ZvHVHh1s0


370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 14:32:24.59 ID:La0N8QLyP


371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 15:02:38.24 ID:r6gz1A/n0


372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 15:28:00.04 ID:r6gz1A/n0


373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 15:43:35.03 ID:r6gz1A/n0


374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 15:55:43.85 ID:r6gz1A/n0


375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 16:12:34.14 ID:r6gz1A/n0


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 16:46:54.45 ID:dCNqAZCU0


377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 16:54:09.41 ID:Sj3HgG5S0
漫画の超電磁砲では今、フレンダと戦ってるらしいが絹旗とは戦わないのかなー
ていうかフレンダをパンチラさせたんだから絹旗のパンチラも超描いてほしい

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 17:16:53.29 ID:2S0t59Jh0 ?2BP(502)



379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 17:39:22.49 ID:r6gz1A/n0


380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 17:57:53.32 ID:JCRVJrUr0
>>377
来月が絹旗戦と期待してる
でも能力的に勝てそうにないよな

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 18:12:56.84 ID:r6gz1A/n0


382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 18:42:02.85 ID:/4nOy4Oz0


383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:02:36.69 ID:VZTBZ0+J0
>>380
雷鳴の原理でやられるのか

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:20:37.51 ID:akYA6Zt10
>>377
でもフレンダはこのあと下着どころか内蔵まで見せることになってしまうのが頂けない。

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:37:59.62 ID:HuW2GSnG0
超帰ってきたぜ。
飯食った後書き始めます。
それと>>362はその通りです…また間違えた…。

>>342,>>343見て思ったんだけど、
やっぱり会話形式のが読みやすい?

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:39:07.64 ID:UN+LgSYx0
>>385
地の文あったほうが良い

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:47:59.37 ID:wsFypp/E0
>>385
地の文はあった方が俺は嬉しい

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:49:46.63 ID:JCRVJrUr0
>>385
あったほうがいい

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:50:00.85 ID:lpsyfnqO0
そしてエロはあった方が嬉しい 個人的には

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:56:05.32 ID:/4nOy4Oz0
地の文はあったほうがエロい

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 19:56:32.97 ID:UN+LgSYx0
エロは別にいいや

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 20:01:26.57 ID:r6gz1A/n0
お前の書きやすいように書け

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 20:39:20.74 ID:r6gz1A/n0
まだっかああああああああああああああ

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 20:51:56.47 ID:r6gz1A/n0


395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 21:14:53.08 ID:HuW2GSnG0
飯食って寝ちまった…ゴメンよ…
生徒会で疲れたんだぜ…




「…超何ですか?」
浜面への怒りが残り、かえした言葉が刺々しくなってしまった。
目の前にいた少女は、身長は160cmくらい。肩ほどまで伸びた髪に、端正で、しかし無表情なな顔立ち。
感情を察し量れない眼が少し怖いが、自分より一つか、二つ上に見えた。
そんな常盤台のお嬢様は胸より少し下のあたりで手を水平にすると、
「このくらいのミサカに良く似た少女を見かけませんでしたか?とミサカは目標の身体的特徴を述べつつ尋ねます」
ミサカ、というのは彼女の名前なのだろうか?それにしても超特徴的なしゃべり方ですね、と絹旗は思った。
「いえ…超見ていませんけど」
自分がそう答えると、ミサカさんとやらは「そうですか…」と呟いた。
絹旗はおや?と思った。
先ほどまで感情が読めなかった彼女の目に、憂いの色が見えたからだ。
「…超どうかしたんですか?」
何となく気になった絹旗は、思わずそう尋ねていた。
「…ミサカの最も大切なものを盗んだ妹を探しています、とミサカは恨みに身を震わせながらお答えします
見つけたあかつきには、彼女を決して許しません、とミサカはここに宣言します…!」
「……」
どうやら、憂いが映ったわけではないらしい。
最初のイメージはすっかり吹き飛び、意外にこの人は超可愛いかもしれない、と絹旗は思った。




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 21:26:29.99 ID:r6gz1A/n0
超保守

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 21:48:44.45 ID:2S0t59Jh0 ?2BP(502)

超支援

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 22:11:40.42 ID:lpsyfnqO0
ふぅ

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 22:24:18.09 ID:vgrSo/cA0
>超特徴的なしゃべり方ですね、と絹旗は思った。

なんというかお前がそれを言うかw

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 22:32:56.49 ID:HuW2GSnG0
「それでね、ミサカはねっ、ゴーグルを取ったときにねっ」
「はいはい、ゴーグルついでにペンダントもパクッてきたんだろ?もう三回目だぞその話…」
浜面は、正直カンベンしてほしいと感じていた。
ゴーグルの話を聞いてからというものの、ミサカと名乗る女の子の話は矢継ぎ早に飛んできた。
曰く、ゴーグルと共にペンダントも奪った。
曰く、以前にもこんなことをして遊んでいた。
曰く、本気の姉はとんでもなく怖い。
等々、様々な話を聞いた。
浜面は一度心のため息を吐くと、女の子に言った。
「…つーかさぁ、いくら姉とは言え人のモン盗んじゃダメだろうが」
かつてATMごと大金を盗んだ(が、爆乳アンチスキルに逮捕された)男浜面であるが、彼にも人徳というものはある。
話を聞くと、彼女はレベル3のエレクトロマスターらしい。10歳の段階でそれだけ出来れば、常盤台などのエリートコースだって夢ではない。
そんな少女に、浜面は、例え遊びでも、自分のようなことはして欲しく無かった。
「むー、でもこうしないと計画が、ってミサカはミサカはむくれてみたり」
「…計画?」
なんとこの上にまだ何かする気らしい。
…油断ならない女の子だなぁ、オイ。
「あ、いや、何でも無いよ、ってミサカはミサカは目を逸らしながら言ってみたり」
彼女はしまった、と口に手を当ててそう言った。
いや絶対何かする気だろテメェ、と言おうとして、
「…何をそんな超ロリータ少女と超話しこんでいるんですか浜面は」
レベル4の脅威と、何故か修羅の如き怒りを背中に感じた。
 


401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 22:34:46.25 ID:r6gz1A/n0
イイヨイイヨー

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 22:48:48.78 ID:r6gz1A/n0


403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 22:49:02.55 ID:YF5TigLu0
絹旗に嫉妬されて窒素装甲で攻撃されたい

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:01:58.51 ID:axksgQ/90
うっひゃーペンダントとっちゃったー

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:05:42.04 ID:xtvUDccI0


406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:13:04.66 ID:r6gz1A/n0
>>1はまだかー!!!!!!!!!!

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:30:50.73 ID:l01uK7RP0
ペンダントはヤバイ

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:31:36.89 ID:HuW2GSnG0
怒りに拳をプルプルと震わせているお嬢様を見て、絹旗は思わず尋ねた。
「…その妹さん?はどんな超どんな格好をしているんですか?」
聞いた理由などは特には無い。何となくだ。
「…ひょっとしたらここに来るまでに超見かけていたかもしれません。何か特徴はありませんか?」
お嬢様は絹旗を一瞥すると、丁寧に妹の特徴をつげた。
「…水玉模様の淡い色のワンピースを着ています」
ふむ、と頷く
「頭頂部でアホ毛が一本踊っています」
…髪質が癖っ毛なのだろうか?
「ピンクのポーチを下げて」
想像してみる。…うん、淡色のワンピースにも合いそうだ。
ただ、考えるとそんな子供は超沢山いる。
仮に見ていても超覚えていませんね、と彼女が考えたところで、お嬢様は言った。

「それから、暗視用ゴーグルを首から下げています、とミサカは伝えます」
「超見てません。絶対に」


409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:34:34.30 ID:UN+LgSYx0
支援

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:37:31.30 ID:HuW2GSnG0
首から暗視ゴーグルを提げた少女など、見たら忘れるはずがない。
「…やはりそうですか、とミサカは落胆してみます」
彼女は一度ため息をつくと、うむう、と腕を組んだ。
「……」
そんな彼女の様子を見て、絹旗は時計を確認しながら考える。
(…時間的には、超余裕がありますね)
時間はまだ4時を回ったばかり。滝壺の話のことを考えても、まだ1時間程度なら余裕がある。
彼女はこれからの脳内で予定を組み直してから、お嬢様へと言った。
「…なんなら、一緒に妹さんを超探しましょうか?」


411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:41:17.72 ID:HuW2GSnG0
「…え?」
その言葉はお嬢様には意外だったらしく、鳩が豆鉄砲をくらったような、ゲコ太が超電磁砲をくらったような顔をしていた。
「時間的に1時間くらいなら超協力できますし、私には超使えないですけど連れが1人がいます。3人で探せば超早く見つかると思いますよ」
絹旗が笑顔でそう言うと、お嬢様は数回パチクリと瞬きしてから、なるほど、と呟いた。
そして微笑むと、絹旗に言った。
「…貴女は」
「はい?」
「貴女は優しいのですね」
「…?」
「そんな貴女のためであれば、好きな人から頂いたペンダントを一時的に手放すことにも納得できます、とミサカは正直な感想を述べます」
「…???」
一体このお嬢様は何の話をしているんだろう、と首をかしげると、そのお嬢様が、あ、と声を上げた。
彼女は店の入り口側を指差すと、言った。
「見つけました、とミサカは報告します」
その指の先には。

小さな女の子と談笑する、浜面仕上の姿があった。

プチン、と頭の中で何かが弾けた。
(へ、へぇぇぇぇぇ。そうですか。私と来ているのに他の女の子を超見るだけに飽き足らず、あんな超小さな女の子にまで手を出しますかそうですか…!)
彼女はお嬢様をその場に残し、スタスタと早足で浜面の元へと向かった。
そしてありったけの凄みを込めて、その背中に言った。
「…何をそんな超ロリータ少女と超話しこんでいるんですか浜面は」



412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:45:49.21 ID:HuW2GSnG0
やばいネットしすぎてオカン切れた
ほんとごめん

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:46:22.19 ID:niAnY2710
ゲコ太消し飛ぶwwww

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/12(火) 23:55:55.11 ID:JCRVJrUr0
若干時間軸が前後してるのね
オカンは寮監並の戦闘力の持ち主だから仕方が無いw

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 00:02:53.86 ID:bzjRA4MP0
キャラ出し過ぎだなぁ・・・禁書、いい加減誰を主軸に据えるのかハッキリしてくれんと困る
上条さんか、一方通行か、浜面か
うはwwwやっと新刊出たwww→グループがメインです→(^q^)
ってなるのはもうこりごりだお・・・

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 00:40:36.52 ID:Pbx1cbUg0 ?2BP(502)



417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 00:57:35.28 ID:MRz9bUgH0
でもラノベにしては結構早いペースで出てると思うのよね
ハルヒみたいなことにならないだけいいんじゃないかな

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:05:45.56 ID:J79faMbR0
ハルヒならまだいいさ

十二国記・・・・

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:06:55.62 ID:xMU2mWKL0
デビルズダイス3巻いつ出るんだろう

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:16:49.21 ID:SSI7Z35+0
3か月に1冊ペースで出るラノベって多分そうねーぞw

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:19:44.39 ID:J79faMbR0
大河とか出てきたの何だっけ
あれみたいに綺麗に終わって欲しいな

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:20:59.73 ID:+/lSempK0
モアイってなんだよ

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:22:47.84 ID:xMU2mWKL0
>>421
とらドラ

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:25:47.78 ID:Pbx1cbUg0 ?2BP(502)

【レス抽出】
対象スレ:最愛「だ、ダメです浜面・・・・・・ん・・・浜面ぁ・・・」
キーワード:モアイ


262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/10(日) 21:07:31.67 ID:XG0XlZ5Q0
モアイはねーよwwwwwwwwwwww

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/10(日) 22:05:22.15 ID:o8T7JFEP0
19巻買ったがモアイのパンチラ良いよパンチラ

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/11(月) 00:20:48.76 ID:A6L4RfnAP
モアイほしゅ

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/13(水) 01:20:59.73 ID:+/lSempK0
モアイってなんだよ




抽出レス数:4

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 01:49:05.54 ID:Gcws7b9H0
ほああ

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:33:32.74 ID:MRz9bUgH0


427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 02:51:06.66 ID:MRz9bUgH0


428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 03:05:12.21 ID:MRz9bUgH0


429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 05:07:15.60 ID:n2QDosE10
保守

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 06:23:44.43 ID:n2QDosE10


431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 07:47:43.89 ID:HazwbNTd0


432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 09:26:29.08 ID:hPrkvRQA0
                       ,. -──‐┤
                   / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                    , ’.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                 /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                 ,’ :.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                 !:.:.:.|:.:.:.レ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
                    i!:.:.:.|:.:.:.|:.:!:.:.:.|.::.:.:.:.:.:.: |
                    |:.:.::.|:.:.:.|:.:!:.:.:.|:.:.:.:|!:.:.:.:|
                    |:.:.:.:|:.:.:.|:.|:.:.:.:|:.:.:.:l!:|:.:.:|
                     i!:.:.: !:.:. |''´―_-.ニ ` ̄|
                |:.:.::.:!:.:. | イ焉テ`    |
                 |:.:.:.:.|:.:.:.|  `     |
                 |:.:.:.:.|:::从        i:|
               ,’:.:.:.:|:.:.:.:∧        |
                 / :.: !:::|:.:.:.|:.:.:ゝ     ´ -|
               ’:.:.:. !:::|:.:.:.|::/ | | `  _/`!
               / .:.:.:.:.i!:::|:.:.:.:::|  、\  //`!
             i:.:/.:.:.:.:i!::从:.:.:.|  \ V/ノ`!
            i!:/:.:.:./'´〃 !:.:. !    / .’ イ|
            /ィ: /:/ /   !:.:: !    ! .イ |
           ./:.:/:/ /   |:.:.:.ト、  |   /|
            i!:./:/_.ノ! |  |:.:.:.i:! ゛.  |   ' |
            i!'::/ヽ ノ |  |:.:.:.i:!  \.〉、   |
            |./==イ\| !:.: 从  /i |   !

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 10:19:08.54 ID:omXaAjf00
保守

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 10:21:19.57 ID:lHGJALiAO
モアイ?

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 10:50:40.09 ID:exntUJiS0


436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 11:28:43.01 ID:IjRswqtm0
保守

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 12:32:26.26 ID:MRz9bUgH0
ho

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 13:06:14.63 ID:MRz9bUgH0


439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 13:27:28.09 ID:MRz9bUgH0


440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 13:47:19.61 ID:MRz9bUgH0


441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 14:03:03.62 ID:LgqHFlR80
モアイ保守

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 14:30:09.79 ID:MRz9bUgH0


443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 14:55:57.04 ID:MRz9bUgH0


444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 15:14:32.13 ID:MRz9bUgH0


445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 15:56:56.23 ID:MRz9bUgH0


446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 16:25:28.79 ID:MRz9bUgH0
ho

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 16:43:30.10 ID:MRz9bUgH0
超保守

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 16:58:39.86 ID:MRz9bUgH0
ほしゅ

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 17:36:08.58 ID:MRz9bUgH0


450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 17:55:52.27 ID:MRz9bUgH0
いつになったら>>1は帰ってくるのでしょう?

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 18:19:30.27 ID:BOOHxfuL0
束の間の規制解除ホシュ

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 18:41:20.46 ID:MRz9bUgH0


453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 19:10:36.03 ID:MRz9bUgH0


454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 19:34:37.17 ID:vpsC80j10
浜面支援

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 19:43:50.15 ID:hDVB4ODRO
まだかよ待ってんだから早くしろ

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 20:11:19.98 ID:MRz9bUgH0


457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 20:29:45.96 ID:XAniexGq0


458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 20:37:10.33 ID:MRz9bUgH0
規制てす

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 21:03:50.24 ID:tnTEPbJB0


460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 21:47:45.10 ID:qKzU17cnP
超規制

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 22:02:01.05 ID:/OPVsMPB0
ただいま。遅くなってゴメン。
母に怒られない程度に頑張る。



振り返ると、そこには鬼がいた。
「私と買い物に来ているというのに、私を放っておいて別の女の子とお楽しみとは超いいご身分ですね、浜面…」
腕を組み、こめかみを引くつかせながら彼女は言った。
「…いや、お楽しみっつーか」
ただ話を聞かされていただけなのだが。
「言い訳など超結構です。大体浜面はですね…ん?」
人差し指を立て、説教を始めようとしたところで彼女は近くにいた少女に気がついた。
水玉模様の淡い色のワンピースに、ピョコンと跳ねたアホ毛。肩から下げたピンクのポーチ。そして、首から下げた暗視ゴーグル。
(……)
絹旗は浜面と少女を交互に見ると、浜面の肩に手を置いた。
てっきり『窒素装甲』でぶっ飛ばされるのものだと思っていた浜面はビクっとしたが、
「…超よくやってくれました。流石ですね、浜面」
いきなりそう褒められて、絹旗風に言うのなら、超戸惑った。



462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 22:19:56.21 ID:spHH5GAn0
超待ってた!

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 22:35:49.91 ID:4jfcIi3A0
怒られない程度に超頑張ってください

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 22:38:24.86 ID:/OPVsMPB0
「案外早く見つかって良かったです、とミサカは心から貴方がたに感謝してみます」
お嬢様は妹さんから暗視ゴーグルを剥ぎ取り、ポーチからハートを模ったペンダントを取った。
ゴーグルをおでこにつけ、ペンダントを首にかけると彼女は妹の頭に手を置くと、二人に感謝した。
「むー…、こんなにあっさり捕まるとは、ってミサカはミサカは悔しがってみたりぃ…」
この特徴的なしゃべり方は姉譲りなのか、と浜面は妙な関心をしつつ二人を見ていた。
(…しっかし、スッゲー似てんな、この二人)
怒気を全身に纏った絹旗の後には、一人の女の子が付いてきていた。
制服を見たところ、どうやらあの名門常盤台の学生らしい。なるほど、確かにお嬢様っぽい上品(ただの無表情だが、品性とは縁のない浜面はその辺りに疎い)な顔をしている。
どうやら自分にぶつかってきた女の子の姉らしく、詰まる所ゴーグルの所有者であった。
「いえいえ、見つかって超何よりですよ」
お礼を言ってきた二人に、絹旗は笑顔でそう返した。こういうときの絹旗の笑顔は結構可愛い、と浜面は密かに思っている。
「ほら、お二人に迷惑を掛けたのですから、貴女も謝るべきです、とミサカは姉の貫禄を見せ付けつつ促します」
「むー…ゴメンなさい」
そう言ってペコリ、と女の子は頭を下げた。
「いいよ、気にすんな。たまたまぶつかったのが俺だっただけなんだからよ」
浜面は自分の出来る限り優しく言った。素直に謝れる子は、嫌いではない。
「…で、謝ったところで聞きたいんだけど、ってミサカはミサカは恐る恐る話しかけてみたり」
「はい?何ですか?」
浜面が答えるより早く、絹旗が妹さんに答えていた。…結構、子供好きなのかもしれない。
「うん、それじゃあ…」
妹さんは一拍置いてから、言った。

「二人はお付き合いしてるの?ってミサカはミサカは大胆に聞いてみたり


465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 23:08:46.78 ID:qKzU17cnP
超期待

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 23:15:32.46 ID:/OPVsMPB0
「え゛?」
それまで終始笑顔だった絹旗の笑顔が固まった。
「休日に二人でお買い物なんて素敵だよね、ってミサカはミサカはある人を思い出しながら憧れてみたり。そういうことってカップルがすることなんでしょう?ってミサカはミサカは確認してみたり」
妹さんは手のひらを祈るように組み、好奇心でキラキラと輝いている瞳で二人を見つめた。
「…いや、俺らはそんなんじゃ」
「ちちち、超、超、超違います!!」
自分が否定する前に、絹旗が否定してしまった。
「私は、その、浜面なんかとは超付き合っていません!!私は浜面なんか超眼中にありませんし、第一浜面には滝壺という女の子がっていや今超関係ないか、じゃなくてそうじゃなくてとにかく!」
ここまでを一息でまくし立てると、絹旗は止めを刺すように強く言った。
「…私と浜面は、超そんな関係ではありません!」
はぁはぁ、と息を荒げ絹旗は言い切った。
いやそこまで言わなくてよくね?と浜面は思ったが、(恐らく酸素不足で)顔が真っ赤な絹旗を見ていると、そんな言葉は引っ込んでしまった。
妹さんはというと、絹旗の突然のシャウトに面食らっていた。が、急に笑顔になると、
「なるほど!これが『ツンデレ』ってものなんだね!ってミサカはミサカは感心してみたり!!」
「なっ―――!」
と言って、更に絹旗を真っ赤にさせた。


467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 23:37:11.10 ID:4jfcIi3A0
超支援

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 23:39:56.09 ID:tTOnAbmL0
超まってる

469 :預言者 ◆bsSVR.MQtY :2010/01/13(水) 23:43:02.58 ID:Gy/WYjXd0
超まっていたので超支援します。

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 23:50:44.94 ID:kM+wYDVc0
見てて超楽しい
絹旗愛してる

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/13(水) 23:57:22.63 ID:UK/gkTei0
超支援

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:04:39.58 ID:th760LLx0

違います私は超そんなんじゃありません!と妹さんに方を掴みながら力説している絹旗を見ていた浜面なのだが、突然声をかけられた。
「あの、どうもありがとうがとうございました、とミサカはもう一度お礼の言葉を述べてみます」
声をかけてきたのは常盤台のお嬢様だった。…そう言えば、名前を聞いていない。
「いや、何度も言わなくてもいーよ。ホントに俺はなんもしてねーんだって」
頭をポリポリと掻きながら、浜面は答えた。
「いえ。ゴーグルはともかく、このペンダントは、安物ですがとても大事なものなのです、とミサカはペンダントを見せながら恩人へと伝えてみます」
片手でペンダントを持ち、それを愛おしそうに見ながらお嬢様は言った。
中学生にこんな表情ができるのか、と思えるほど大人びた微笑だった。
「…恋人からのプレゼントとかか?」
思わず、浜面はそう尋ねた。
お嬢様は、「いえ…」と首を振ると、
「…片想いです」
何か複雑な事情でもあるのだろうか、その声は悲しげだった。
何と言い返せしていいかわからず、しばしの沈黙が流れる。
(…やっべ、会話止まっちまった)
浜面は逃げるように視線をずらす。未だ妹さんと絹旗はギャアギャアと言い合っていた。
何か話題ねぇかなー、と考えていると、
「…しかし」
と、お嬢様が呟いた。
「?」
「…しかし、年頃の女というものにとっては」
彼女は先ほどの悲しみも飲み込んだ表情で言い切った。
「好きな人からの贈り物とは、どれ程安っぽくても何より大切な物なのです、とミサカは独白してみます」


473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:04:46.86 ID:Wy6btuK00


474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:11:30.45 ID:NVeDFs7UP
今日終わったのかと思った

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:31:44.80 ID:5Qjccb/Z0
すごく、面白い

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:36:48.07 ID:th760LLx0
「……」
イキナリ何の話なのかと疑問に感じた浜面だったが、お嬢様が「さて、ケンカをそろそろ止めなくては」と妹さんの方へ向かったのでそれ以上は考えることをやめた。
「…俺もそうすっか」
と浜面は呟くと、顔を真っ赤にして、気のせいか若干涙目に見える絹旗を止めにいった。

「じゃあねー!ってミサカはミサカは手を振ってみたりー!」
そう言うと、手を繋いで二人は歩いていった。一人っ子の浜面にはその光景が少しだけうらやましく思えた。
「…で?どうするよ?これから」
隣では絹旗が二人の背中に手を振っていたが、浜面がそう声をかけると、に少し大げさに反応しながら言った。
「あ、え、ええと…とりあえず買い物を超続けようと思います…」
「…?」
何だろう、急に絹旗がしおらしくなっている。先ほどの言い合いで疲れたのだろうか?
まぁ、何にせよやることは決まった。
二人は微妙は、それでもいつもより近い距離を保ちながら、洋服店へと戻った。


477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:38:14.72 ID:jMQ3ZByl0
どなたか最愛ちゃんの画像をください

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:41:04.35 ID:seLjrMdjP
http://tomiya.bne.jp/cgi-bin/imgboard/img-box/img20100114004042.jpg

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:42:27.02 ID:th760LLx0
気の済むまで手を振った後、打ち止めは姉へと告げた。
「ねぇねぇ、これで大丈夫だった?ってミサカはミサカは尋ねてみたり」
10032号はポケットから携帯電話を取り出すと、それを操作しながら言った。
「ええ、グッジョブです、とミサカは惜しみない賞賛を贈ります」
そして電話をかける。
Prrrrr……prrrrrr…ガチャリ
「こんにちは、とミサカはとりあえず定型文を述べてみます」
すると、電話の相手は返答を返してきた。
「はい。指示通りに浜面仕上・絹旗最愛両名と接触、各自に伏線を仕込んでおきました」
『…?…、…。』
「はい。第二作戦へと移行ですね。了解しました」
『……。』
「はい。…では」
とても簡潔な言葉だけで通話を終了させると、10032号は携帯の電話帳から別の人物の番号をだし、呼び出した。
Prrrr…prrrr…
「行きましょう、打ち止め。第二作戦の始まりです、とミサカは開戦をここに宣言します」
Prrrr…ガチャリ
「あぁ、こんにちは、とミサカは挨拶をしてみます」
10032号は相手の相槌を聞いてから、告げる。
「今日は貴方にお願いがあって電話を差し上げました、とミサカは正直に告げてみます」
すると電話の相手は言った。

「…俺に出来ることなら、どんな頼みだって聞いてやるよ。…御坂妹」



今日はここまでだぜ…。
また母がご立腹だ。
明日(つーか今日だが)にテストがあるんだが、それとはきっと関係ないと思う。

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:51:56.80 ID:50mUxpv2P
超乙。

続きが超楽しみだけど、今日のテストも超ガンバレよ!w

481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:52:03.22 ID:sef23mzY0
こんなの見つけた
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org559725.jpg

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 00:55:12.17 ID:tyFNNFzs0
母に弱いなwwwwwww
超乙!

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 01:00:10.58 ID:5Qjccb/Z0
センター前なのに読んでる俺もいるから安心しろって

>>481
絹旗可愛いよ絹旗

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 01:01:38.00 ID:jMQ3ZByl0
>>481
まじGJ
最愛ちゃんかわいいよおおおおおおおおおお
愛してる

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 01:03:30.29 ID:WHLaMKxQ0
きぬはた>>>>>>>>センター

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 01:39:32.33 ID:Wy6btuK00
ほああ

487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 01:45:53.32 ID:Wy6btuK00
ほああ

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 02:15:02.00 ID:VQMIgH380
きぬはた>>>>>>>>センター

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 02:52:49.01 ID:TbU31z3C0
超乙
そして保守

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 04:04:28.96 ID:ls86pO1rO
かわいい

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 04:21:06.79 ID:1XiKRCYL0
はまづらって誰?

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 04:36:40.08 ID:3ylbY25CO
一週間も立ってんのすげえな保守

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 04:51:49.55 ID:TbU31z3C0
>>491
原作15巻辺りから主人公格になる元不良のレベル0

494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 05:59:28.62 ID:3ylbY25CO
ほっしゅ

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 06:29:57.68 ID:3ylbY25CO
腹減った

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 07:21:31.81 ID:3ylbY25CO


497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 10:07:09.79 ID:Ue8EnPTa0


498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 10:56:46.20 ID:q0Po4udG0



499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 12:06:13.78 ID:q0Po4udG0


500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 12:56:03.05 ID:3ylbY25CO
ほっしゅ

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 13:31:09.33 ID:5Qjccb/Z0


502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 14:07:15.77 ID:9BttsvdM0


503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 15:12:52.32 ID:5Qjccb/Z0
ほーほっほ

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 16:15:01.17 ID:kqshWv0I0


505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 16:49:40.98 ID:nbZ/DeSc0
保守

506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 16:50:44.25 ID:Dz6MEwxL0
スレタイ見てダウンタウン浜田もしくはハマコーが何かしらチョメチョメしているSSだとおもったのに……

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 17:30:15.83 ID:nbZ/DeSc0


508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 18:13:04.10 ID:K8OdEUon0



509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 18:17:00.97 ID:X+hykB+rO
もあい

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 18:51:13.71 ID:5Qjccb/Z0
さいあいだっつってんだろ

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 19:32:03.41 ID:5Qjccb/Z0
絶対に落とさせない

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 19:40:10.55 ID:anR332IB0
絹旗最愛(キヌハタ サイアイ)
神裂火織(カンザキ カオリ)
姫神秋沙(ヒメガミ アイサ)
インデックス

この辺間違えやすいから要注意なんだよ!特に最後とか!

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 19:41:44.75 ID:9lIITtJl0
>>512
下2つがわからん
姫なんとかはオリキャラ?

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 19:44:55.86 ID:VjA7UUBIP
するときははまづらが上だよね

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 20:12:52.00 ID:50mUxpv2P
超期待

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 20:17:36.92 ID:Wa2jj03DP
浜面の嫁と最愛の画像うpしてくれないか
どっちがどっちかわからん
麦野やフレンダはわかりやすいのに…

517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 20:20:23.92 ID:th760LLx0
ただいま戻りました…。
飯食ったら書きます…

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 20:32:20.12 ID:3PghGRPqP
書いてくれるのはいいけど時間切れ近いよ

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 20:34:01.43 ID:i3X4Qd0uO
モアイはねーよ

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 20:41:44.12 ID:Wy6btuK00
もうすこしで15かんだ…

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 20:42:54.26 ID:3SI5q7GS0
早くかまちーはアイテムの番外編を書いてくれ

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 21:02:12.32 ID:UNFLrHWLP
明日の3時ぐらいで落ちる

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 21:02:18.91 ID:5Qjccb/Z0
>>516
>>481見ようぜ

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 21:34:24.90 ID:50mUxpv2P
超保守

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 21:40:27.33 ID:3SI5q7GS0
飯食うのに一時間以上かかる・・・凝った自炊とみたね

寝落ちなんて信じない!

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 21:42:39.85 ID:E3nGBoc70
17時間風呂に入ってる書き手とかザラにいるからなvipは

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 22:33:16.17 ID:th760LLx0
飯と一緒に風呂も頂いてきた。
遅くなってゴメンよ




「…では、超試着してみますかね」
二人を見送った後店内を適当にうろつき、眼鏡にかなう服を見つけると、彼女はそう言った。
「一応言っておきますが、の、覗いたら超殺しますよ?」
彼女は慌てたような目で浜面を見ると、カーテンを閉めた。彼はしばらく彼女が入っていったカーテンを見つめていたが。
「……いや、覗かねぇけどよ」
誰に言うでもなくそう呟くと、近くにあったイスに腰掛け、思案し始めた。
…さっきから絹旗がおかしい。


528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 22:36:47.04 ID:th760LLx0
あの姉妹と別れた後からだろうか、いきなり彼女の態度が変わってしまった。
何て言うか、急によそよそしくなったのだ。ふとした瞬間に浜面が近づくと離れられるし、手がちょっと触れただけで
『ひゃあ!?』
とか叫ばれた。アレには軽くショックを受けたが、絹旗の異常事態を前にそんなことは言ってられない。
(思い浮かぶ原因としては……)
腕を組んで考える。彼女がこうも態度が変わったのは…。
(…映画だよなぁ、やっぱり)
後半が情事シーンのみで構成されたあの駄作。きっとアレで種がまかれ、さっきの妹さんの質問で芽が出てしまったんだろう。
つまるところ、異性が気になってんだろうな、と浜面は結論付けた。
まぁ無理も無い。彼女は去年まで小学生だったのだ。急に情事シーンを見てしまい、その上異性を意識させられるような質問をされれば気にもなろう。
(何つーか、大変だよなぁ、思春期)
自分も通ったはずなのだが、記憶に無い。灰色の性徴をしたもんだな、と彼が自重したところで、試着室のカーテンが開いた。
そちらに目を向けると、青いフレアスカートに真っ白なふわふわしたセーターを着た絹旗がいた。
「……」
いつものワンピースとは一線を画すその組み合わせに、浜面は一瞬言葉が出なくなった。
何と言うか、とても可愛いと思えたのだ。
「…ど、どうですかね?超似合ってますか…?」
絹旗が恐る恐る訊いてくる。
ようやく開いた唇からは、思わず本音が飛び出した。
「すっげぇ可愛い…」


529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 22:40:16.84 ID:3PghGRPqP
後5時間半程で時間切れですよ〜

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 22:52:29.42 ID:5Qjccb/Z0
超支援

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:04:30.65 ID:th760LLx0
超何なんですか、と絹旗は自問自答した。
あの二人と別れてから、浜面が気になって仕方が無いのだ。近づかれると体がこわばり、それが嫌でつい離れてしまう。手が触れたときなんか、思わず叫び声を上げてしまった。
(これではまるで、超本当にツンデレみたいじゃないですか…!)
恐らく彼女は正しく『ツンデレ』という言葉を理解していないだろうが、何となく聞き及んだ話の感覚から察してそう思った。
何でもいいから一旦浜面と離れたい。そう思って彼女は試着室へと飛び込んだ。
訳の分からない感覚に悩んでいても、一応服はちゃんと試着するあたり彼女は立派な少女であった。
ワンピースの裾を持ち上げて、頭の方へと抜いていく。下着姿になりスカートを履こうとしたところで、試着室に備え付けられた鏡に映る自分が見えた。
「……」
鏡の正面に立、白い下着を身につけた子供っぽい体型の自分の肢体を見つめた。
「……はは、随分とまぁ、超魅力の無い体ですね」
胸はないし、足も締まり無くぷにぷに。腰にはくびれがあるものの、先ほどの映画の中で見た女優とは雲泥の差だと絹旗は思った。


532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:08:09.09 ID:TbU31z3C0
超支援

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:13:23.77 ID:th760LLx0
そう思うと、彼女は先ほどまで頭を悩ませていた熱が急激に冷えたように感じた。
絹旗は鏡から目を逸らすと、スカートとシャツを着て、セーターを羽織った。
そしてもう一度鏡を覗く。
…浜面はどう思うんでしょうかね。
やはり子供っぽい。身長が低い所為なのだろうか、と彼女は思った。
しばらくそうしてから、彼女はカーテンを開けた。浜面は近くのイスに腰掛けていた。
自分を見て、その目に驚きの色が宿った。
素敵な言葉など期待していない。どうせ自分には、そんな魅力は無い。
そう思いながら、彼女は恐る恐る尋ねた。
「…ど、どうですかね?超似合ってますか…?」
すると彼は、あろうことかとんでもない一言を放った。
「すっげぇ可愛い…」


534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:15:17.55 ID:VKK2k3iX0
超続けたまへ

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:16:42.78 ID:kWhpbG4q0
はーまづらあ

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:17:23.39 ID:3SI5q7GS0
絹旗超可愛い支援

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:26:05.11 ID:th760LLx0
絹旗最愛は学園都市でも屈指の防御力を誇る『窒素装甲』の能力者で、その上レベル4である。
そんな彼女にかかれば、例え銃器であっても大概の物理攻撃は何の意味もなさない。
だが、浜面仕上の放ったの弾丸は絹旗の心臓を確実に打ち抜いた。
たった一言、音速の弾丸で。
「あ…」
致命傷としか言いようの無い攻撃を受け、絹旗は本日3度目のフリーズをした。
浜面も自分の言った一言に恥ずかしくなったのか、『あぁ、いや、今のは』と手を振りながら必死に弁解しようとしている。
「〜〜〜っ!」
そんな浜面が見れなくなった彼女はカーテンを閉めると、カーテンに背を向けて崩れるようにしゃがみこんだ。
そして顔を上げる。当然、鏡が見えた。
そこには、顔を真っ赤にした女の子がとても嬉しそうな涙目で座り込んでいた。
(…あ、あれ?)
何で彼女は、自分は嬉し涙など流しているのだろう。
ただ一言で。
たったの一言で。
先ほどまで、あんなに悲しかったというのに。
(…何なんですか、超何なんですか…!)
分からない。こんな感情を、自分は知らない。
こんなにも温かくて、嬉しくて、胸が苦しくなるものなど、未だ知らない。
これではまるで―――
(…まるで?)
そこではた、と気付く。その想いの正体に。
(……あぁ、)
そっか、と彼女は納得した。
つまり、これがそういうことなんだ。


538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:41:16.04 ID:cxXxcr7f0
絹旗×浜面派の俺が待ち望んだスレだ

539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:45:47.77 ID:seLjrMdjP
デュラララって今日だっけ?

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:47:22.09 ID:th760LLx0
セーターの袖で涙を拭くと、絹旗は立ち上がった。鏡を見れば、そこにはわだかまりの消えた表情の自分が映っていた。
(…よし)
一度鏡に向かって笑顔を作ってみる。…うん、バッチリだ。
彼女はカーテンを開けると、ブーツを履いた。そし店員に購入の意思を告げると、レジへと向かう。
「お、おい、絹旗!」
すると浜面が声をかけてきた。
「さっきは…その、いきなり変なこと言って悪かった」
頭を掻きながら浜面は謝った。絹旗は微笑むと、
「いえ、超問題ありません。私の方こそイキナリカーテンを超閉めてしまってすみませんでした」
そう言って、会計を済ませた。着てきたワンピースを紙袋に入れてもらい、店を出る。


541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:51:47.51 ID:VxgQhsM+0
なんという…
なんという…

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:53:27.55 ID:th760LLx0
>>541
がっかりさせてスマン。
展開が急すぎるのは目をつぶってくれ。
時間内に終わらせられるように頑張るから。





「では超次に行きましょう、浜面」
夕暮れ時の学園都市を二人で並んで歩く。ビルに囲まれたこの界隈でも、夕日というものは綺麗に見える。
こうして二人っきりで歩いていると、何だか恋人のようだ。
(…って超乙女ですね私…)
何だか自分はムードという物に弱いらしい。ちょっといい雰囲気になっただけでコレだ。
「まだどっかに行くのか?」
浜面はそう言うと、頭の後ろで手を組んだ。
「あんまり遠出すると終バス逃すぜ?」
浜面は別に終バスを逃しても問題はない。彼は家にほとんど帰らないし、夜中ずっと街をうろつくこともある。
だから、それは絹旗を思った一言だ。
そんな言葉にすら、絹旗は嬉しさを感じていた。
「いえ、その辺りは超大丈夫です。…次は超私の家ですから」
絹旗はバスターミナルへと歩を進めつつ言った。
「は?お前ん家?何で?」
「ええ、実はお話が―――」
と、そこまで言って思い出す。
滝壺利后。
今日の最終目的が、彼女の依頼であることに。


543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/14(木) 23:56:45.27 ID:50mUxpv2P
こういう展開超好きだ。

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:02:33.89 ID:5+MiQw820
よりリアリティ

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:02:39.06 ID:EiSR4LVC0
つくづく自分は馬鹿だ、と絹旗は思った。
そもそも、今回こうして二人でいるのは彼女の相談があったからだ。
彼の異変を調べ、彼の恋人たる滝壺に報告すること。
そのためにここにいるというのに。
(私は一体、超何をしているんですか…)
調べるべき相手に想いを寄せて、一挙一同に心を揺らし、あまつさえ友人の依頼すら忘れかけ…。
(…超最低ですね)
浮かれていた心が再び沈む。こんなことになるのなら、いっそ―――
「…絹旗?」
「…え?」
声を掛けられて、絹旗は我を取り戻した。
「どうした?いきなり黙って」
何も知らない浜面は、心配そうに言った。
「あぁ、いえ…」
罪悪感でその顔が直視できない。思わず目を逸らし、ぶっきらぼうに答えてしまう。
絹旗は泣きそうな心を必死に押さえつけ、出来るだけ平然を装って言った。
「超何でもありません。それよりも、私の家へ向かいましょう。…超お話があります」



546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:06:32.95 ID:STS+l18j0
滝壺と絹旗の浜面取りあいも超見たいですね

その場合浜面が憎くて憎くてしかたなくなるだろうけど

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:13:03.25 ID:EiSR4LVC0
絹旗の部屋は数多くある学生寮のうちでも、1,2を争う高級な寮の角部屋である。
そこらへんの貧乏学生には到底手が出せない部屋の広さに、浜面は思わず感嘆の声を上げた。
「すげぇ…」
玄関で靴からスリッパに履き替え、リビングへと通される。
部屋の大きさもさることながら、浜面でも余裕で寝転がれそうなソファーや、30インチは下らない大きさのテレビ。
不良・浜面には縁のない世界のものばかりだった。
「超適当に掛けてください…。飲み物超持ってきますから」
どこか落ち込んだ様子で絹旗はそう言うと、キッチンへと消えた。
浜面はソファーに腰掛けると、そのフカフカとした感触に驚きながら絹旗に持たされた紙袋をテーブルに置いた。
が、バランスが悪かったのか、それがコテン、と倒れてしまう。
そして中から、四角い箱が転がった。
「…ん?」
はて、と思う。
あんな箱は買った覚えも貰った覚えも無いのだが。
浜面はその箱を拾うと、げっ!?っと目を見開いた。



548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:19:24.75 ID:EiSR4LVC0
超お待たせしました。…って超何をしているんですか?」
絹旗が二つのグラスとジュースを持ってくると、浜面がワンピースの入った袋をいじっていた。
「うおっ!?絹旗!?」
そしてバッと離れると、手を背中に回した。
「…?今、何か隠しませんでしたか?」
ジュースをテーブルに置いてそう尋ねると、浜面は明らかに動揺した。
「い、いや?何の話だ?」
「……」
まぁ、超どうでもいいですけど、と呟いて絹旗はジュースを注ぐ。
そしてそれを浜面の前に置くと、自身もソファーに腰掛けて、話し始めた。


549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:29:47.91 ID:EiSR4LVC0
「…最近、滝壺のお見舞いに超行っていないそうですね、浜面」
「…あー…」
その話か、と言わんばかりに浜面は明らかに目を逸らした。
「彼女、超寂しがっていましたよ。最近貴方が超冷たいと」
「……」
彼は何も言わず、ただジュースを飲むだけだった。
「…超何かあったんですか?私に力になれるとこがあるのなら、超協力しますから、言ってみてください」
彼への気持ちへと気付いた彼女にとって、その言葉は自分を苦しめるものだった。
しかし、それも全ては滝壺の、親友のためなのだ。
「……」
しばらくの沈黙。秒針の音だけがやたらとハッキリ聞こえた。
先にその沈黙を破ったのは浜面だった。
彼ははため息をして、ジュースを飲み干すと、言った。

「…実は、好きな人がいるんだ」


550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:33:03.26 ID:DoIqw0860
なっ…

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:36:58.36 ID:STS+l18j0
ちょっ

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:38:17.90 ID:nLUdgoQK0
きゃっ

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:41:44.61 ID:EiSR4LVC0
「……え」
その言葉は、絹旗を二重の意味で驚かせた。
一つは、滝壺への裏切り。そしてもう一つは、自分の失恋。
首を絞めて聞いた結果は、更に彼女の首を絞めた。
「……何ですか」
彼女は言う。
「…超何なんですか、その答えは…!」
「……」
浜面は何も答えない。バツの悪そうに下を向くだけだった。
絹旗はテーブルを思いっきり叩くと、浜面を糾弾した。
「貴女だって超わかっているでしょう!彼女には貴女が超必要だって!」
「…あぁ」
「それなのに…!超それなのに、そんなことを超言うんですか!」
「…確かに、俺は全部わかってる。…けどな」
浜面は顔を上げた。その目には迷いの色など無い。
「それでも、俺は自分の想いを曲げらんねぇ…!」


554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:44:47.67 ID:1Eef5MR70
貴女とな

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:50:17.03 ID:EiSR4LVC0
「なっ…!」
何をふざけた事を、と言おうとしたが、自分だって浜面に恋をしたのだ。滝壺に申し訳ないというのなら、自分だって人の事は言えない。
「……」
浜面は真剣な眼差しで自分を見ていた。さっきの言葉は、それだけ本気の言葉だったのだ。
絹旗は一度息をつくと、浜面に尋ねた。
「……相手は?」
今度は絹旗が下を向く番だった。何となく、浜面が見れない。
「せめて、相手の名前くらい超教えてください…。そうでもないと、滝壺も私も超納得できません…」
後半は消え入るような声だった。今の絹旗にとって、浜面はそれほどに重要な人間になってしまっていたのだ。


556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:54:35.09 ID:4Mt7ulRf0
wktkが止まらないw

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:55:11.21 ID:nLUdgoQK0
・・・ゴクリ

558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 00:59:55.12 ID:gocJS9NYP
すぐdat落ちすんのかな・・・もう寝なきゃならん・・・

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:01:25.16 ID:4C8VEYUuP
強制dat落ちだったはず
オートリロードにしておくしかないな

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:06:09.50 ID:EiSR4LVC0
しばらくして浜面から掛けられた言葉は、実に意外なものだった。
「…お前、泣いてんのか…?」
「え…?」
泣いている?自分が?
言われて目元を拭う。確かに、そこには水滴があった。
「あ、あれ、超何ででしょう…。あはは、超おかしいですよね、泣くのは滝壺のはずなのに…」
顔だけで笑顔を作り、彼女は精一杯冗談めかして言った。そうでもしないと、心が折れそうだった。
「お前…」
「超気にしないで下さい。こんなの、ただの超もらい泣きですから…」
絹旗はそう言うと、ソファーから降りてジュースのボトルを掴む。
「ほら、グラスが超空ですよ、浜面。超ついであげますよ…」
震えまくる声でそう言いつつ、絹旗はジュースを注ごうとした。
が、その腕を浜面が掴む。
「はま、づら…?」
その意図がつかめず、絹旗は戸惑った。
「…馬鹿野郎」
浜面は、そんな絹旗の目を見ると、言った。

「…好きな女が目の前で泣いてんのに、ジュース注がせる馬鹿なんかいる訳ねぇじゃねぇか」



561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:07:20.39 ID:q8+bGEPv0 ?2BP(502)

イヒヒww

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:08:32.87 ID:pCR+F7fM0
ごちそうさま

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:08:33.74 ID:nLUdgoQK0
キャーッwwwwww

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:08:41.97 ID:4Mt7ulRf0
スーパーニヤニヤタイム

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:09:45.51 ID:uDWnLLP1O
ああ、俺センター頑張れるわ……

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:10:41.57 ID:STS+l18j0
>>565
大丈夫だ、まだ一年もある

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:14:23.34 ID:uDWnLLP1O
>>566
流石に三回目は勘弁

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:17:33.91 ID:4Mt7ulRf0
二度あることは三度ある

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:18:18.98 ID:EiSR4LVC0
「…え…」
絹旗は、一瞬何を言われたのか分からなかった。
…好きな女?
…誰が?
浜面はやっちまった、という感じで目線を下へと向けている。髪の毛で表情が見えにくいが、頬は真っ赤になっているように見えた。
「ええぇぇぇぇぇぇ!?」
思わず絶叫、頭が超混乱している。
「え、でもでも、浜面には滝壺が超いて、でも、超好きな人がいて、それが私で…!?」
『自分だけの現実』をマスターしている彼女なのだが、最早何の意味もなしていなかった。
そこにいるのは、ただの女の子。レベルなど、この場において何の役にも立たなかった。
「きゃっ!?」
頭が混乱を極めていると、掴まれていた腕からソファーに持ち上げられ、そして。
「…絹旗…!」
「あっ…」
とても優しく、押し倒された。


570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:18:21.38 ID:D8+mrgxT0
も・・・もあい・・・?

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:20:19.02 ID:Rev+8Mkg0
超 展 開

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:22:42.11 ID:EiSR4LVC0
「…絹旗」
そうして自分に覆いかぶさっている彼の目を、絹旗は見た。
まるでやっと手に入れた骨董品を見つめるように、
どこまでも真摯で、それ故に強い意志を宿す瞳。
そこには驚きと、少しの恐怖を含む表情の自分が映っていた。
…果たして、彼は今何を感じているのだろう。
「ま、待って、超待ってください、浜面。
 いくら何でも超いきなり過ぎます、
 っていうか、第一滝壺が・・・あっ」
いるじゃないですか、と続けようとして言葉が途切れた。
浜面が自分のことを抱きしめたのだ。
組み敷かれて、慌てたところにこの追撃。
絹旗はまたもや思考が停止した。
そんな彼女を気にも留めず、彼は抱きしめ続ける。
きつく、しかし、思いやりのある強さで。


573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:23:15.70 ID:STS+l18j0
滝壺がアップを始めたようです

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:23:58.63 ID:D8+mrgxT0
最愛
ttp://millionaire-a.img.jugem.jp/20070916_292570.jpg

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:25:09.42 ID:EiSR4LVC0
「はま、づら…」
当然、抱きしめられた程度の圧迫で息が続かなくなる訳はない。
彼に抱きしめられたことによる驚きと歓喜、その二つが入り混じって打ち消されたのだ。
「…超、何を、しているんですか…」
彼は答えない。聞こえていないかのように、答えない。
耳元で囁いて聞こえぬはずなどないのに。
「…あなたには、滝壺がいるじゃないですか…。
 こんなことして、許されると超思っているんですか…?」
彼女は気づいていない。
この言葉も、体も。全てが震えていることに。
心の奥底で、自分を抱く男のモノにされることを望んでいる事に。
「……だったら」
彼が、ようやく口を開いた。
「…だったら、能力使って俺をぶっ飛ばせよ」
「…え…?」
彼は続ける。
「お前の『窒素装甲』なら俺なんて一瞬でぶっ飛ばせるだろ。
 …『大能力者』が、『無能力者』に勝てねぇ道理なんてねぇんだから」
「…それは…」
実は浜面は『超能力者』を倒したことがあるのだが、アレは特殊なケースだ。
絹旗は慢心などしない。勝ち方に固執などしない。
彼の言うように、勝てぬ訳など無いのだ。
「お前が俺を拒むってんなら、俺はそれでもいい。
 …ただ、拒むなら徹底的に突き放せ」
そう言って、彼は少しだけ腕に力を込めた。


576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:26:25.40 ID:D8+mrgxT0
支援
ttp://www.enjoytokyo.jp/img_bl/kitakitsune/124208_PC_M.jpg
ttp://homepage1.nifty.com/morimori/wall1b/640/p_miyazaki_08_011.jpg

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:28:45.47 ID:EiSR4LVC0
「…そん、な…」
彼女は言葉を失くした。
彼のことは好きだ。
『アイテム』の下っ端程度にしか考えていなかったのに、
いつの間にか彼を信頼して、
そして今日、気がつけば好きになっていた。


―――だけど。自分は身を引くのだ。

半分は、滝壺理后のために。
彼女には、彼が必要だ。
恋だとか、愛だとか。そんな概念でなく、その外側で彼は必要とされているのだ。

もう半分は、彼のために。
『アイテム』の残党である自分には、いつ危険が迫るかも解らない。
そんな危険に、彼を付き合わせたくない。
無能力者は、いつだって虐げられてしまうのだから。


―――だから、自分は身を引くのだ。


578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:32:30.09 ID:EiSR4LVC0
どの位の時間、こうしていたのだろうか。
体はとても火照っていた。
抱きしめられている所為だけではない熱を感じる。
絹旗の思考は既に停止していた。
むせ返るような熱が頭を侵し、不規則になる呼吸をすることしか出来なくなっていた。
「絹旗…」
「…っ」
彼は片手で体を支えると、もう片手で絹旗の頬を撫ぜた。
そしてそのまま、彼女の顔へ、正確には唇へと近づく。
「…ちょう、ダメですよぉ…はまづらぁ…」
先ほど、彼は能力を使えと言った。
だが、彼女にはもう能力の使い方が解らない。
計算式は組み上げる前に崩れ去ってしまう。
だからもう、彼女には両手で彼の胸を押して拒むことしかできなかった。
能力の使えない彼女の力など、彼の前では無力に等しい。
それでも、浜面は一度止まった。
「…絹旗」
そして、最後の一言を放つ。
「…好きだ…」


579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:36:36.12 ID:EiSR4LVC0
「あ…」
聞いてしまった。
確実に、彼女はその一言を聞いてしまった。
滝壺理后の顔が浮かぶ。
その表情は、悲しんでいるように見えた。
(滝、壺…)
目の前には、自分の想い人がいる。
そしてその男は、滝壺の想い人でもある。


(…超…どうしろっていうんですか…)
好きな人とは当然結ばれたい。
だけど、そのために一人の少女から希望を奪わなくてはならない。
滝壺利后か、浜面仕上か。
友情か、恋情か。
彼女の脳内は混乱を極め、そして―――
「…私、は」
彼女は、告げた。
「…私も…」
心の中で、滝壺へ必死に謝りながら。
「…私も、浜面が…超、好きです…!」


580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:42:59.65 ID:EiSR4LVC0
あれ?
ひょっとしてだれもいない?

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:43:49.06 ID:D8+mrgxT0
濃厚なモアイスレ

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:44:14.54 ID:uDWnLLP1O
>>580
いるぞ

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:45:20.71 ID:uY7rFfnhP
いるがそろそろ眠気が限界

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:45:24.21 ID:Rev+8Mkg0
>>580
そげぶ

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:45:30.57 ID:4Mt7ulRf0
>>580
いいからさっさと続きかけや
いや書いてくださいお願いします

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:46:10.01 ID:EiSR4LVC0
よかった。いるなら続けます。





ここにきて、彼女を守る装甲は破壊された。
そして、装甲を破壊した『無能力者』の浜面仕上は。
「んむ…っ!」
『大能力者』絹旗最愛の唇を奪った。


「ん…はぁ…」
唇が離れ、思わず吐息が漏れる。
(これが、キスなんですね…)
昼間にあんな映画を見てそれなりに知ったつもりだったのに、実際にしてみるのは全く意味合いが違った。
体が震える。心臓は、大太鼓のように大きく耳に直接響いている。
「絹旗…!」
「んっ…!」
浜面はまだ足りないと言いたげに、絹旗の唇を奪う。そして離すと、四角い箱を取り出して、それを開けた。
「…?」
絹旗にはそれが何かわからなかったが、箱の裏側に『コンドーム』という文字を目にすると、目を大きく開いた。


587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:49:13.24 ID:EiSR4LVC0
よかった。いるなら続けます。





ここにきて、彼女を守る装甲は破壊された。
そして、装甲を破壊した『無能力者』の浜面仕上は。
「んむ…っ!」
『大能力者』絹旗最愛の唇を奪った。


「ん…はぁ…」
唇が離れ、思わず吐息が漏れる。
(これが、キスなんですね…)
昼間にあんな映画を見てそれなりに知ったつもりだったのに、実際にしてみるのは全く意味合いが違った。
体が震える。心臓は、大太鼓のように大きく耳に直接響いている。
「絹旗…!」
「んっ…!」
浜面はまだ足りないと言いたげに、絹旗の唇を奪う。そして離すと、四角い箱を取り出して、それを開けた。
「…?」
絹旗にはそれが何かわからなかったが、箱の裏側に『コンドーム』という文字を目にすると、目を大きく開いた。


588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:52:49.33 ID:q8+bGEPv0 ?2BP(502)

付けるのか…

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 01:57:47.55 ID:EiSR4LVC0
「ななな、何を超使おうとしているんですか、あなたは!」
絹旗はありったけの声で講義した。
「え?いや、ゴムだけど」
一方、浜面は落ち着いたもので、だから?みたいな顔をしていた。
「見れば超分かります!何でそんなもの持ってるんですか!」
もしかしてこうなると予想して、いやそれともいつも持ち歩いているのか。
「いや、何か良くわかんねーケド、紙袋ん中入ってた」
紙袋?ワンピースを入れていた?
「わ、私は超いれてませんよ!?」
「でも俺も入れてねーぞ?」
「そ、そんな訳超ないでしょう!」
このままでは自分がとてもイヤラシイ女の子みたいじゃないか。
「ま、イーじゃん。どっちでも」
彼は屈託のない笑顔でそう言うと、一度彼女の唇を奪ってから言った。
「何にせよ、俺は絹旗が欲しいんだから」



590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:02:44.64 ID:EiSR4LVC0
「…はぅぅ…」
好きな男にそんな風に言われて、断わりたい訳はない。
ただ、そんなに軽く体を売っていいものなのか。
そうして悩んでいる間にも、浜面は唇だけでなく首筋にもキスをしてくる。
「だ、ダメです浜面……ん…浜面ぁ…」
抵抗する力が篭らない。言葉と裏腹に、体は動いてくれない。
だが、コレだけは許可したくない。まだ自分には、自分たちには早すぎる行為だ。
「……」
絹旗がなかなか許可をださないことに業を煮やしたのか、浜面は絹旗の耳元へ顔を寄せた。
何か言うつもりなのだろうか。まぁ、何を言われても体は許さないが。
そして絹旗意外には誰にも聞かせないとばかりに小さな声で囁いた。
「……愛してるぞ、最愛」
…それは、超反則だ。


591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:03:54.59 ID:STS+l18j0
アグネスが…

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:04:15.68 ID:jkHA8h2y0
ここへきてスレタイ回収

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:04:27.34 ID:D8+mrgxT0
最愛さんかわいいな だれかしらないけど

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:06:39.56 ID:4Mt7ulRf0
     |┃三          /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     |┃            i:::::::イ  `> ー─--ミ::::::::::::|
     |┃            {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}
 ガラッ. |┃            ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ
     |┃  ノ//        |:、`{  `> .::  、      __ノ
     |┃三          |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |┃            |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |┃            |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
     |┃三         ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:06:46.17 ID:mrBBsmmB0
最近の禁書スレはエロがあって実にすばらしい

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:07:15.37 ID:EiSR4LVC0
絹旗は浜面の背中に手を回した。
「もう…超仕方ありませんね…」
そしてとてもその年齢に見合わない艶かしい表情をすると、浜面に言った。
「私を、超あなたのモノにして下さい…」
そして一度口付けを交わす。
「でも…、超優しくしてくれなくちゃ、嫌ですからね?」



スマンが時間の関係でエロは省く。
脳内補完頼む。

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:07:53.22 ID:6QaUCVBe0
うおおおおお

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:10:14.40 ID:STS+l18j0
なにそれこわい

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:11:16.13 ID:mrBBsmmB0
なん…だと…

ふう…

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:12:14.88 ID:zHmYn9zn0
オーケー、パンツを穿こう

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:13:01.39 ID:EiSR4LVC0
俺だってエロは書きたかった…!
しかしdat落ちしちゃうじゃないか…!





602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:13:49.84 ID:q8+bGEPv0 ?2BP(502)

>>601
わかったから急いで続きを

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:14:26.76 ID:uDWnLLP1O
ここがKJとはまづらの違うところ。


604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:17:45.05 ID:EiSR4LVC0
二人が結ばれた数日後、とある病室の前に絹旗と浜面は二人は立っていた。
「…では、超行きますよ」
「…おう」
ネームプレートには『滝壺利后』の文字。
二人は話し合った結果、自分たちのことをキチンと滝壺に話そう、と決めた。
そして、それが今から始まるのである
コンコン。
『はぁーい』
ノックをすると、そう返事が返ってきた。絹旗は扉をスライドさせ、病室へと踏み込む。するとそこには。
「おや、奇遇ですね、とミサカはリンゴの皮を剥きながら話しかけてみます」
「久しぶりー!ってミサカはミサカは再会の感動を体で表現してみたり!」
「「……」」
何か知らんが、あの姉妹がいた。


605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:20:16.86 ID:jkHA8h2y0
予想通り・・・!

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:25:31.17 ID:EiSR4LVC0
「きぬはた、はまづら、久しぶり」
「おお、久しぶり…」
「久しぶり…」
滝壺にそう声を掛けられ、二人は同じタイミングで返答した。
「あ、何か真剣な表情してるかもってミサカはミサカは推測してみたり」
「むっ、言われてみれば確かに、とミサカはなぜか気の抜けた顔をしている二人を眺めつつ同意します」
それは主にお前らの所為だ、と浜面は思ったが、今日は真面目な話をしにきたのだ。こっちにかまけている暇はない。
「あのさ、滝壺。ちょっといいか?」
滝壺はベッドから上半身だけ起こすと、頷いた。
「うん。なに?」
「ああ、実はな…」
そこまで言ったところで、絹旗が手を握ってきた。
大丈夫、と浜面は握り返す。
「…俺と絹旗、付き合ってるんだ」
浜面は言い切った後、何も言われても良い様に心がまえをした。
が、彼らに帰ってきた答えは、全く予想とは異なる、言ってしまえば期待はずれの答えだった。

「うん、しってるよ」
「「…え?」」



607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:30:32.45 ID:q8+bGEPv0 ?2BP(502)

なんと!

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:33:39.77 ID:zHmYn9zn0
興味深い

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:35:01.80 ID:v1yD//G7P
超伏線回収ですね…!wktk

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:35:53.75 ID:6QaUCVBe0
なん・・・だと?

611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:37:03.88 ID:EiSR4LVC0
「と、いうかね」
滝壺は微笑みながら続ける。
「私が、そうなるようにしたの」
「……」
絹旗と浜面は顔を見合わせる。
全く意味が分からなかった。
「はまづらの気持ちが私じゃなくてきぬはたに向かってたのに気がついて
彼女は確認するように続ける。
「きぬはたが、はまづらをきにしてるのもわかってたから」
だから、と彼女は更に言い足した。
「そこの二人に協力してもらったの」


つまり、だ。
二人が惹かれあってることに気がついた滝壺は、(どこで知り合ったのか)ある姉妹に協力を仰ぎ、『お互いにお互いへの気持ちを膨らませる作戦』と決行したのだとか。
要するに、セブンスミストで二人に合ったのは計画通りだったらしい。
ちなみにコンドームは、お嬢様の方の知人に買ってきてもらったそうだ。話を聞くに、その人は頼まれたとき『不幸だぁぁぁぁ!』と叫んだらしいが。


612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:39:00.73 ID:q8+bGEPv0 ?2BP(502)

上条さんwwwwwwwwww

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:45:32.11 ID:EiSR4LVC0
「超そういうことだったんですか…」
話を聞いて、絹旗は神妙な顔をしていた。
無理もない。一番の懸念事項が全ての黒幕だったのだ。
「うん。ごめんね、きぬはた。はまづらが冷たいって嘘ついて」
「いえ、いいですよ。お陰で私は今浜面と超付き合えているわけですし…」
「そうだね、でも…」
「?」
「わたし、まだ、はまづらを諦めてないから」
「!?」
「かくごしておくこと、だね。ふふふ…」
「へ、へーんだ。私と浜面は今超ラブラブですから、超絶対大丈夫ですよーだ!ね、浜面?」
「……」
「…浜面?
「…いや、あのバニーは捨てがてぇ…」
「…はーまーづーらぁ」
「その口調は誰かを思い出すからヤメロってかおま、能力展開してんじゃ…ぐぇぇぇ!」


「何だか、あの人たちみたいな人見たことあるかもってミサカはミサカは記憶を辿ってみたり」
「ええ、実はミサカもそう思っています、とミサカはペンダントをいじりながら答えてみます」
「今度はあなたの番かな?ってミサカはミサカは提案してみたり」
「…遠慮しておきます。シスターズとお姉様、総勢1万人弱であの人を追ってはあの人が不幸すぎます、とミサカは名残惜しげに言っておきます」
「…あの人は最初から不幸じゃんってミサカはミサカは黄泉川の物真似しながら言ってみたり」


614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:47:21.99 ID:uDWnLLP1O
一見落着か
これで安心して寝れる……

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/15(金) 02:48:02.02 ID:/j1WvLIX0
超保守じゃん

147 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)