5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(´<_` )むしゃむしゃのようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:22:58.98 ID:+UhBve/bP



ああおにちくしょう、己れは泣く。
ひと喰いたまふことなかれ。






2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:23:24.94 ID:HxVhPjI80
あれ、完結しなかったのか?

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:24:28.23 ID:gZxFf2YXO
期待支援

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:24:39.97 ID:dq1SpwgxO
支援!

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:24:58.76 ID:cvMwjficO
はええ!ちくしょうケータイの電池が支援

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:26:36.46 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)兄者。

べつにみたらし団子狂ではない。
彼の残機は百八以上あるぞ。

(´<_` )弟者。

ある意味いちばん人間を愛している人喰い。
一番好きな部位は、心の臓。

この作品。

まとめさまは、ぶーん丸さん。
ttp://boonbunmaru.web.fc2.com/rensai/munch_munch/munch_munch.htm

前のすれっど。
ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1256484927/

全部、ながら。
みなさまの期待を一心に振り払い、参ります。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:31:26.43 ID:jiQrXmmd0
連日続けてとか嬉しすぎる!
≫1のやりやすいようにやってくれ
支援

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:33:55.56 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「むぐう……むぐう。む?」

( ´_ゝ`)「……」

(;´_ゝ`)「おいこら、鬼畜生、莫迦。用事があるから朝に起こせと云うたろうが!」

(´<_` )「朝から濡れ衣を着せるな、風邪をひいたらどうしてくれる」

(;´_ゝ`)「何処からどう見ても、夕方だろうが!」

(´<_` )「あんた、この村は知っていると云っていたじゃあないか。この村、ゆうやけ村のこと。」

( ´_ゝ`)「あっ」

(´<_` )「自分で、この村は四六時中、茜色の空をしていると、自慢げに云っていた癖に、まったく」

( ´_ゝ`)「誰だって、間違いはある。して、今は何時だ」

(´<_` )「朝ごはんの時間だ。腕をおくれ。」

( ´_ゝ`)「それは、俺がおはぎを食ってからだ」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:38:52.16 ID:7Q4QN3ze0
支援

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:39:06.13 ID:+UhBve/bP
( ´_ゝ`)「むぐう……むぐう。む?」

( ´_ゝ`)「……」

(;´_ゝ`)「おいこら、鬼畜生、莫迦。用事があるから朝に起こせと云うたろうが!」

(´<_` )「朝から濡れ衣を着せるな、風邪をひいたらどうしてくれる」

(;´_ゝ`)「何処からどう見ても、夕方だろうが!」

(´<_` )「あんた、この村は知っていると云っていたじゃあないか。この村、ゆうやけ村のこと。」

( ´_ゝ`)「あっ」

(´<_` )「自分で、この村は四六時中、茜色の空をしていると、自慢げに云っていた癖に、まったく」

( ´_ゝ`)「誰だって、間違いはある。して、今は何時だ」

(´<_` )「朝ごはんの時間だ。腕をおくれ。」

( ´_ゝ`)「それは、己れがおはぎを食ってからだ」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:42:10.88 ID:A4Supt0SO
作者ぱねぇwww

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:43:26.12 ID:+UhBve/bP

(´<_` )「こんにちの、用事とは何だ。」

( ´_ゝ`)「お前も知っているだろう、もらの奴に逢う。」

(´<_` )「もらか。もらなら、喰っても支障はないだろう。喰っていいか」

( ´_ゝ`)「あの自尊心の塊が、自分の肉体をどうこうされるのを、よしとするわけないだろうが」

(´<_` )「嗚呼、たまには、兄者以外も喰いたいものだ…」

( ´_ゝ`)「我が儘を云うな、我が儘を。だいたい、もらを喰ったら、お前もらになっちまうだろ。
      もらの顔で、人を喰いたいだの、なんだの云われたら適わんぞ。」

(´<_` )「じゃあ、たまには、拷問してから喰ってもいいだろうか。前に云ったろう、少し味が変わるんだ。」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:47:29.39 ID:1F/4QKFhO
ムシャッ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:48:20.33 ID:+UhBve/bP


( ´_ゝ`)「グロくない拷問があるんなら、考えてやってもいいが」

(´<_` )「じゃあ、水責めとか、角材の上におもむろに座ってみるとか、どうだ。」

( ´_ゝ`)「寒いのも、熱いのも、お断りだ。もっと、やられる方のことも考えてから、拷問をしろ。」

(´<_` )「何を、考えりゃいい」

( ´_ゝ`)「つまりだ、やられて嫌なことはするんじゃないってことだ。
      もっと、相手がされて嬉しいなあと思う拷問をするんだよ。」

(´<_` )「そうは云うが、兄者よ。それは不平等じゃあないか。
      やられる方も、もっとやる方の立場とか、心情だとか、考えるべきだろう。
      平等は与えられるものじゃなく、双方の努力が必要なんだ。」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:54:11.69 ID:kAgJBhanO
朝見たのにwwwwwwwwww
早すぐるwwwwwwwwwww
支援

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:55:54.12 ID:DZF2/rmB0
支援

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:58:25.60 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「お前、最近めっきり、平等だとか、不平等だとか云うようになったなあ。
      というか、お前、人は生まれながらに平等であれ、って云うのが持論じゃなかったっけ。
      己れの記憶違いか?まあ、そんなわけはないから、お前が矛盾しているんだろう。」

(´<_` )「俺は平等をあいしているから。
      
しかし、兄者。そりゃあ、理想の話しだよ。理想がそのまま現実になるなら、世話がない。
      理想を現実とせんがため、おのおのの努力が必要なんだ。」

( ´_ゝ`)「はん。もっともらしいこと云いやがる。
      ふたつほど、教えておいてやろう、弟者。だれにでも平等なやつなんて、人間じゃねえ。
      んでもって、平等を愛する奴ってのは、往々にして、ひとを殺しやがる。
      人がひとの命を奪うなんて最高の不平等を犯しておいて、我々は平等なんだと高らかに唄う。
      まあいいや、聞いておいてやろう、それで、やられる方に必要とされる努力とはなんぞや。」

(´<_` )「つまり、火であぶられたり、水に漬けられたり、つめを剥がされたりすることを、嬉しく思えってことだ。」

( ´_ゝ`)「朝ごはんは、無し。さあ、出かけよう」

(´<_` )「不平等が過ぎるぞ、兄者…」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 00:59:23.90 ID:+UhBve/bP
( ´_ゝ`)「お前、最近めっきり、平等だとか、不平等だとか云うようになったなあ。
      というか、お前、人は生まれながらに平等であれ、って云うのが持論じゃなかったっけ。
      己れの記憶違いか?まあ、そんなわけはないから、お前が矛盾しているんだろう。」

(´<_` )「俺は平等をあいしているから。
       しかし、兄者。そりゃあ、理想の話しだよ。理想がそのまま現実になるなら、世話がない。
       理想を現実とせんがため、おのおのの努力が必要なんだ。」

( ´_ゝ`)「はん。もっともらしいこと云いやがる。
      ふたつほど、教えておいてやろう、弟者。だれにでも平等なやつなんて、人間じゃねえ。
      んでもって、平等を愛する奴ってのは、往々にして、ひとを殺しやがる。
      人がひとの命を奪うなんて最高の不平等を犯しておいて、我々は平等なんだと高らかに唄う。
      まあいいや、聞いておいてやろう、それで、やられる方に必要とされる努力とはなんぞや。」

(´<_` )「つまり、火であぶられたり、水に漬けられたり、つめを剥がされたりすることを、嬉しく思えってことだ。」

( ´_ゝ`)「朝ごはんは、無し。さあ、出かけよう」

(´<_` )「不平等が過ぎるぞ、兄者…」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:03:35.51 ID:cvMwjficO
なぜダブるw支援が余計必要だろうに支援

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:03:35.77 ID:dq1SpwgxO
連日続けては大変そうだ
あんまり無理せずに!
今回も楽しみだー

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:11:07.12 ID:2tkDZGDuO
支援

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:19:58.22 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「おうい、もら。もらのすけ、もらたろう、もらじろう。もら、もら、もらやぁい。」

(´<_` )「五月蝿いぞ。常識を弁えろ、兄者。」

(;´_ゝ`)「お前と出逢ってうン十年、この台詞、毎日云っている気がするぞ。
      外では、名前を呼ぶな!」

( ・∀・)「やーぁやぁやぁ、やぁ!兄者じゃないか!兄者!兄者!僕の旧友!
      ああ、なんと、その身に宿りし海色を、煎じて飲めば万病を、そのまま飲めば、死を殺すとな!
      自己犠牲の塊、僕の旧友、あにじゃ、アニジャ、ANIJA、兄者じゃあないか!」

(;´_ゝ`)「く・そ・が!」

( ・∀・)「口が汚いぞ、兄者。これくらいの戯言は、ひさびさの友人との再会には、良いスパイスだっていうのに。
      現に僕と君はもう百年は逢ってなかったはずだのに、最早僕は、一昨日に君とすれ違ったかのような心持。
      これも全て僕のお陰、さあさ、崇め奉れ。ところで、百年経っても変わらない、この美しさについて、どう思う?」

(;´_ゝ`)「百年経っても変わらない、その気持ちの悪さに、乾杯!」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:21:52.92 ID:hqkdj5IB0
おお!来てたか。

時代小説風でブーン系では斬新だな

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:30:07.56 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「相も変わらず、にゅうそくかぶれの家だのう。何処で調達するんだ、こんなもの。」

( ・∀・)「元の生まれがニュー速だから、幾らでも伝手はあるもんさ。
      まあ、僕ほど生きてしまえば、伝手がない土地ってのも中々ないんだけどね」

( ´_ゝ`)「ほら弟者、これが前に己れが云ってた、べっどだぞ。」

(´<_` )「成る程、不味そうだ。」

(;´_ゝ`)「もとより、喰うものじゃない!」

( ・∀・)「おや。弟者と云うのは、人喰いの名前かい。」

(´<_` )「そうだ、人を喰う人間の、名前だ。」

( ・∀・)「ふうん、まだ一緒に居るとは思わなかった。
      兄者やい、まさか、グロいのが平気になったわけじゃあないのだろう。
      よく一緒に居られるな。しかも、名を弟者とは。姿形もあいまって、
      これじゃあ、共に母さまの腹に宿り、共に産声を上げた盟友のようにしかみえないぞ。」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:30:39.57 ID:1rGmCUjEO
カニバみたいなの苦手だけどこれは好きだ
支援

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:30:54.62 ID:WjlFkbFTO
確かにきもちわるいなwww

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:43:35.65 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「あのなあ、云われなくても、己れはこいつを弟か、そうでなければ、己れの餓鬼のように思っているんだって。
      じゃなきゃ、連れて歩くわけないだろうが」

( ・∀・)「成る程、なるほど。しかし君もまっこと奇怪な奴だなあ。
      自分の本当の弟の屍を食んだ人喰いを、弟や吾子のように思うなんて。
      ふつうは、憎むもんじゃあないのかい。」

(´<_` )「喰うと云えば、思い出した。俺ァ、あんたを喰いたいんだが。
      腕の一本や二本、かまやしないだろう」

( ・∀・)「僕は、兄者と違って、自己犠牲の観念ってのはないんだ。
      持つのは自己愛だけなんでさ。」

(´<_` )「兄者が意地悪をして、朝ごはんも喰ってねェんだ。
      頼むよ、四大賢者がひとり、もららーさんよ。」

( ・∀・)「こいつは驚いた。兄者よ、自分の子を餓死させる心積もりか。」

( ´_ゝ`)「朝飯を抜いたくらいで、餓死なんかするもんか…」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:45:16.31 ID:hqkdj5IB0
弟を喰った・・・だと・・・

支援

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:45:43.12 ID:rTNJiYJnO
むしゃむしゃ支援!

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 01:58:19.28 ID:+UhBve/bP
(´<_` )「父上、兄上。あなたさまの愛息子の、愛弟の、腹と背中が、ひっつき申しますぞ」

( ´_ゝ`)「元よりくっついてるだろうが、糞息子に、糞弟が。」

( ・∀・)「弟者、人間以外はまったく、喰わんのか。
      ニュー速から取り寄せた、クッキーという菓子があるのだが、どうだ。」

( ´_ゝ`)むしゃむしゃ

( ・∀・)「まったく、お前の父さまだか、兄さまだかは、行儀が悪いなあ。」

(´<_` )「代わりに謝っておきましょう。何、下げる頭なら幾らでもありますよ、出来た息子で、弟なんで。
      さきほどの質問だけど、喰えるか、喰えないかって究極的に問い詰めたら、喰える。
      しかし、あんたらだって、人間を喰えるか、喰えないか究極的に問い詰めたら、そりゃあ、喰えるだろう。
      そいつとおんなじでさ、俺ァ、人間以外は、何があったって喰いたくないね。」

( ・∀・)「はあ、成る程。……そうだ、そうだ。地下にいいものがあるんだった。ちょいと待て」

(´<_` )「それじゃあ、今まで喰った人間の数でも数えて、待っておこう。」

( ´_ゝ`)むしゃむしゃ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:01:54.16 ID:jiQrXmmd0
支援

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:04:55.04 ID:zgxj8oMHO
早いな
支援だ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:11:42.35 ID:+UhBve/bP

(´<_` )「六百九十九、七百、七百一、」

( ・∀・)「やあや、待たせたね。何処にしまったか、とんと忘れたもんで。これが良いものだよ。」

('A`)

( ´_ゝ`)「うわっ。なんだこれは。干物か。何故干物に鎖をぐるぐると巻いているんだ」

( ・∀・)「ふはは、聞いて驚くがいい。こいつは、屍人だ。
      弟者よ、幾らでも食んでよいぞ。なんせ、生きてないから、死ぬこともない。
      云うなれば、不老不生。そのくせ、一丁前に意思は持ってやがるんで、暴れる、暴れる。
      それでこの鎖ってわけよ。」

(´<_` )「おいもら、俺は確かに死体も喰えるが、流石にこいつはお断りする。
      生が全くないどころか、死の塊じゃないか。不味いどころの話じゃないぞ。
      こんなもの喰うくらいなら、そこのくっきーを食べてやるわ。」

( ・∀・)「何だ、残念だ。まったく、お前ときたら、本当になんの役にも立たないんだな。」

('A`)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:14:08.84 ID:jiQrXmmd0
ドクオwwwwww

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:14:42.12 ID:e3hPAN5JO
本当に出たwww

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:18:53.56 ID:hqkdj5IB0
ドクオキターw

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:19:03.01 ID:WjlFkbFTO
奴らは干物相手に萌えることができるのか?www

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:22:23.38 ID:e3hPAN5JO
>>37
テトリスに萌える奴らだぞ……?

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:26:40.63 ID:+UhBve/bP

( ・∀・)「ふうん、しかし、確か君の海の石、死人にやれば息を吹き返すって話しじゃなかったかい。
      このドクオにやってみれば、どうなるんだろうね。何せ、生まれたながらに死んでいる存在だ、
      生き返るなんてこと、あるんだろうかね。」

(´<_` )「なに。それは、初耳だ。そうなのか、兄者」

( ´_ゝ`)「これは、あの愚鈍行列には知られてないから、云うんじゃないぞ…。
      あいつらに伝わったが最後、まァた世界中に知らせまわって、
      より一層狙われる身になっちまう。」

( ・∀・)「ああ、そうだ。知るひとぞ知る話だった君の海の石の話し、
      いまやもう寝物語として世界中で、母が子に伝えているんだっけ」

( ´_ゝ`)「不老不死と、万病薬ンとこしか、あいつらには知られてねえはずだが、
      それでも十分過ぎるほど、客が来るわ来るわ。
      その前は、まったく欲深い魔術師だとか、そういう奴等ばっかだったのに、
      あいつらのせいで、まったく善良なにんげんまで、己れのところに来やがるんだ、
      やってられるか、こん畜生。」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:28:06.34 ID:e3hPAN5JO
支援

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:28:30.00 ID:0ZWucBbTO
まとめはないかね

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:30:30.14 ID:SMv+ezC4O
>>41
くるくるだったような
すまん、パソコン落としちまった

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:32:00.38 ID:SMv+ezC4O
ってブーン丸って出てるじゃないか
ちきしょうめちきしょうめ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:33:12.40 ID:WjlFkbFTO
支援

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:34:00.33 ID:vGKZuwy/O
今日もあったか…支援!

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:38:21.64 ID:8GriLnsuO
支援します

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:42:38.04 ID:+UhBve/bP

( ・∀・)「不老不死や、病気を治すために、誰かを殺す輩を善良と呼ぶか否か、
      いささか疑問には思うがね。つくづく、君は情に厚いところがあって、それがよくもわるくもあるな。
      しかし、死人を生き返らせるなんて、庶民の夢だよ。
      それが知れたら、今の十倍は客が来るだろうよ。しっかり秘密を守ることだね。
      死んだ人を生き返らせたいなんていう奴は、よっぽど愛に生きてるんだろうから。
      まさに君の弱点だ。ほぼ間違いなく、君は自己犠牲に走ってしまうよ」

( ´_ゝ`)「どいつも、こいつも、忌々しい。情なんて持った覚えがないっての。
      それからな、己れの弱点はただひとつ。つまり、グロいものだ。」

( ・∀・)「嘘はあまり感心しないな。
      まあ、君のつける嘘なんて、それくらいだろうから、好きなだけ吐くといい。」

(´<_` )「はは。兄者ともらは、仲がよいな。」

( ´_ゝ`)「当たり前だ。そうでなけりゃ、わざわざ逢いにくるもんか。
      だいたい、弟者は知らないだろうが、こいつこそがまさに情が厚いんだぞ。
      こう見えて。ああ、絶対そうは見えないだろうが、己れも信じがたいのだが、ほんとうの話しだ。」

(´<_` )「ああ、兄者は嘘をつかないから、信じるよ。」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:44:13.12 ID:+UhBve/bP

( ・∀・)「不老不死や、病気を治すために、誰かを殺す輩を善良と呼ぶか否か、
      いささか疑問には思うがね。つくづく、君は情に厚いところがあって、それがよくもわるくもあるな。
      しかし、死人を生き返らせるなんて、庶民の夢だよ。
      それが知れたら、今の十倍は客が来るだろうよ。しっかり秘密を守ることだね。
      死んだ人を生き返らせたいなんていう奴は、よっぽど愛に生きてるんだろうから。
      まさに君の弱点だ。ほぼ間違いなく、君は自己犠牲に走ってしまうよ」

( ´_ゝ`)「どいつも、こいつも、忌々しい。情なんて持った覚えがないっての。
      それからな、己れの弱点はただひとつ。つまり、グロいものだ。」

( ・∀・)「嘘はあまり感心しないな。
      まあ、君のつける嘘なんて、それくらいだろうから、好きなだけ吐くといい。」

(´<_` )「はは。兄者ともらは、仲がよいな。」

( ´_ゝ`)「当たり前だ。そうでなけりゃ、わざわざ逢いにくるもんか。
      だいたい、弟者は知らないだろうが、こいつこそがまさに情が厚いんだぞ。
      こう見えて。ああ、絶対そうは見えないだろうが、己れも信じがたいのだが、ほんとうの話しだ。」

(´<_` )「まったく信じがたい話だ。
      しかしながら、残念なことに、兄者は嘘をつかないことを俺は知っているし、
      自分の脳みそにかけて、信じるほかあるまい。」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:50:02.08 ID:vGKZuwy/O
追い付いた…支援!

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:51:45.39 ID:WjlFkbFTO
支援

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:54:16.19 ID:e3hPAN5JO
石=兄者の本体なら、飲んだら腹の中で兄者が再生していって………(((;゚Д゚)))

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:55:14.07 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「なんと、こいつはな…!」

( ・∀・)「ところで、弟者。兄者を喰うところを見せておくれ。」

(´<_` )「あいわかった。兄者の旧友の願いとあらば、叶えざるを得ない。」

( ´_ゝ`)「己れのまわりには、敵しかいないのか…。いいのか、もら。小奇麗なかぁぺっとを、汚してしまうぞ。」

( ・∀・)「いいさ、いいさ。見物料だと思えば、それくらい。」

( ´_ゝ`)「己れのところにやってこない見物料なんぞ、払わんほうがましってもんだ…」

(´<_` )「いただきます」

( ・∀・)わくてか

('A`)

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:57:05.85 ID:vGKZuwy/O
('A`)
wwwwww

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 02:59:00.84 ID:2tkDZGDuO
支援!

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:00:08.22 ID:588UeBojO
('A`)ホントに出しやがったwww

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:03:30.14 ID:hqkdj5IB0
ドクオwwwww

少しずつ背景が明らかになってくるなぁ・・・読んでいて楽しい

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:06:40.35 ID:+UhBve/bP
ごり、

ぐちっ。

( ∩_ゝ`)「音が、音が……」

(´<_` )むしゃむしゃ

(´<_` )「耳を喰っても、音は聞こえちまうし、どうしようも出来んぞ。」

(´<_` )むしゃむしゃ

( ・∀・)「おい弟者。何処が、一番美味いんだ」

(´<_` )むしゃむしゃ

(´<_` )「ごくん。ああ、えっと、単純に美味いのは、心臓だわ。
      多分、生の象徴なんだって、無意識に思ってンだろう。
      自然と生命力が集まって、美味い。つまり、生命力ってのが、美味さの秘訣ってこと。
      だから、女子供が俺の好物」

( ・∀・)「へえ、ますます外道めいてやがる。でもお前、人間のつもりでいるんだろう。
      不思議なことに、この干物もそうなんだよ。まあこいつは、人間を喰わないから、外道じゃあないが、
      そんかわし、何も出来なくって、場所だけとりやがる。あまつさえ、そこらへんの物を壊しさえするんだから、たまんねえや。」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:12:14.41 ID:+UhBve/bP
(´<_` )むしゃむしゃ

(´<_` )「殺せばよかろう」

( ∩_ゝ`)「だから、もう、死んでるンだろ。死ぬってのは、生きてるものだけの特権だっての」

(´<_` )むしゃむしゃ

(´<_` )「ふうん。腹、割るぞ」

ぐちゃ。

( ∩_ゝ`)「うう…」

ずるずる

(´<_` )むしゃむしゃ

( ・∀・)「そうそ。特権であり、運命であり、生きる理由であり、生きたことの罰でもあるよ。
      罰を背負うから、仕合せがある。まあ、こいつは、罰の塊だけども。
      なあ、お前、実際のところ、どうして欲しいンだ?」

('A`)

( ・∀・)

('A`)

( ・∀・)「shit!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:17:22.78 ID:e3hPAN5JO
www

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:17:40.70 ID:sto+0v0k0
遅くにやるのは投下中にスレがおちないようにか

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:20:54.57 ID:+UhBve/bP

(´<_` )むしゃむしゃ

( ・∀・)「女子供が美味いと云ったが、兄者はどうなんだ。」

(´<_` )「知っての通り、兄者ってやつの生命力は、底知れず。
      他のやつなんか比べ物にならんくらい、美味いんだ。
      俺が食って非常に美味かったやつのなかに、子供を三人宿した女もいたけども、
      そいつより美味いから、やっぱり兄者は流石なんだ。」

( ∩_ゝ`)「其処まで云うなら、隙を見て他のにんげんを喰おうとなんてするじゃない」

(´<_` )「いくら究極的に美味かろうが、何十年と同じ味を喰ってたら、飽きたって仕方ないだろうが。」

( ・∀・)「いやはや、やっぱり、外道だなあ。」

( ∩_ゝ`)「そうだそうだ、鬼畜生めが」

( ・∀・)「鬼畜生たあ、傑作だ。しかし、鬼を莫迦にしてるんだか、弟者を莫迦にしてるんだか、わかったもんじゃない。」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:21:25.36 ID:2tkDZGDuO
支援

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:32:48.44 ID:vGKZuwy/O
支援

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:39:53.95 ID:+UhBve/bP

(´<_` )もぐもぐ

(´<_` )もぐもぐ

( ・∀・)「同じ顔が、同じ顔を喰って、喰われてってのは、グロテスクだが、何処か芸術的でもあるなあ。
      しかし、兄者、喰われるってのはどういう気分なんだ。」

(  _ゝ`)「見ての通り、いいもんじゃねえよ、グロいからな。でもまあ、形容し難いんだよな。
       吐き気がするンだが、胃がねえし、腹が気持ち悪いとは思うんだが、
       実際のところ、気持ちいいくらいに風通しがいいし。」

( ・∀・)「はは、まあ、その分の働きはしているんだろう、弟者は。
      此処六十年は、僕に助けを求めてないんだから、そういうことだろ。」

(  _ゝ`)「助けを求めたことなんて、ほんの数百回だろう。
      それ以外の何千回は、お前や、つんや、内藤やらの、お人よし集団どもが、
      その持ち前の情を発揮したってだけじゃないか。」

( ・∀・)「弟者、これからも、よろしく頼むよ、この莫迦を。
      もう僕ら、最早じぶんの死を恐れるなんてこたあ流石にないが、
      それでも親しいひとの死は、どうしたって、避けたいんだよ。」
      
d(´<_` )もぐもぐ

(  _ゝ`)「頑張ってくれるだろうさ。己れのためじゃなく、自分のおまんまのために」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:43:02.38 ID:ghYDtRGC0
海の石ってのは人魚関係なのかね
展開が楽しみだぜ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:45:58.84 ID:+UhBve/bP

(´<_` )もぐもぐ

(´<_` )もぐもぐ

(´<_` )もぐもぐ

(´<_` )ごくん。

(´<_` )「ご馳走様でした」

( ・∀・)「お粗末様」

(  _ゝ )「粗末たあ、なんだ…」

( ・∀・)「さてさて、兄者、再生の時間だぞよ。
      実は僕、これが見たかったんだ。何度見ても、美しいから。」
      
(  _ゝ )「こっちは、疲れるだけで、一文の得にもならんというに、気楽なもんだ。
       はあ。」

ぐいぐい、

ぬちゃぬちゃ。

びきり、びきり。


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:51:09.98 ID:+UhBve/bP
(´<_` )むしゃむしゃ

(´<_` )むしゃむしゃ

( ・∀・)「同じ顔が、同じ顔を喰って、喰われてってのは、グロテスクだが、何処か芸術的でもあるなあ。
      しかし、兄者、喰われるってのはどういう気分なんだ。」

(  _ゝ`)「見ての通り、いいもんじゃねえよ、グロいからな。でもまあ、形容し難いんだよな。
       吐き気がするンだが、胃がねえし、腹が気持ち悪いとは思うんだが、
       実際のところ、気持ちいいくらいに風通しがいいし。」

( ・∀・)「はは、まあ、その分の働きはしているんだろう、弟者は。
      此処六十年は、僕に助けを求めてないんだから、そういうことだろ。」

(  _ゝ`)「助けを求めたことなんて、ほんの数百回だろう。
      それ以外の何千回は、お前や、つんや、内藤やらの、お人よし集団どもが、
      その持ち前の情を発揮したってだけじゃないか。」

( ・∀・)「弟者、これからも、よろしく頼むよ、この莫迦を。
      もう僕ら、最早じぶんの死を恐れるなんてこたあ流石にないが、
      それでも親しいひとの死は、どうしたって、避けたいんだよ。」
      
d(´<_` )むしゃむしゃ

(  _ゝ`)「頑張ってくれるだろうさ。己れのためじゃなく、自分のおまんまのために」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 03:51:58.82 ID:+UhBve/bP
(´<_` )むしゃむしゃ

(´<_` )むしゃむしゃ

(´<_` )むしゃむしゃ

(´<_` )ごくん。

(´<_` )「ご馳走様でした」

( ・∀・)「お粗末様」

(  _ゝ )「粗末たあ、なんだ…」

( ・∀・)「さてさて、兄者、再生の時間だぞよ。
      実は僕、これが見たかったんだ。何度見ても、美しいから。」
      
(  _ゝ )「こっちは、疲れるだけで、一文の得にもならんというに、気楽なもんだ。
       はあ。」

ぐいぐい、

ぬちゃぬちゃ。

びきり、びきり。


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:01:06.95 ID:hqkdj5IB0
ダブり多いのは訂正なの?しえ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:01:20.09 ID:cvMwjficO
だ だよなあ もぐもぐじゃないよなw

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:03:01.01 ID:+UhBve/bP

( ・∀・)「はああ、やっぱり、美しいねえ。
      弟者のいうところの、生命力とやらが、溢れているからかもしれんなあ。」

( ´_ゝ`)「それは、迷惑な話だこと。」

(´<_` )「しかし兄者、いつもより具合がよさそうだな」

( ´_ゝ`)「どうも、昔なじみがいると、いつもより気が強くなるらしいな。」

( ・∀・)「普段は、そんなに酷いのかい。」

(´<_` )「酷いのに、酷くないふりをしていて、困る。」

( ´_ゝ`)「そう思うなら、食事の回数を減らせ…。」

(´<_` )「本当なら、朝と昼と晩のほかに、間食を五回は挟みたいところを、
      いちにちに二回で済ませている、この涙ぐましい努力を兄者が知らぬとは、
      これはもう、間違いなく、悲劇だな」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:07:08.30 ID:hqkdj5IB0
>>70
気づかなかった、それはおかしいな

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:16:38.79 ID:+UhBve/bP
( ´_ゝ`)「じゃあ、また近いうちに逢おう。」

( ・∀・)「うん、うん。今日は楽しかったよ。特にハプニングが起きたわけじゃあないけれど、
      それこそがひとの仕合せってもんだ。弟者はわかるかな。」

(´<_` )「俺は、人間だから、わかるぞ。今日も飯が美味かった。」

( ・∀・)「そう、そういうことだ。これは、存外、弟者は人間に近いのかもしれないなあ。」

(´<_` )「もらもなかなか、性格が悪いな。」

( ´_ゝ`)「見ての通りだ。」

( ・∀・)「顔がいいから、許される。
      そう考えると、折角便利な身体なのに、兄者しか食べられないってんなら、意味ねえやな。」

( ´_ゝ`)「……見ての通りだ。ああ、くそ。」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:19:49.84 ID:hqkdj5IB0
もうだめだ、落ちる
残っていてくれよー

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:22:56.73 ID:2tkDZGDuO
支援!

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:28:28.16 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「さて、今はいったい何時くらいだ。四六時中、こうも茜空じゃあ、検討がつかん。
      うつくしい夕焼けも、こういうときは困る。」

(´<_` )「二時だぞ、兄者。おやつが喰いたい。」

( ´_ゝ`)「何時でも、喰いたいくせに。じゃあ、出るか。じゅうぶん余裕がある。
      夜には次のむらへ、つけるだろう。」

(´<_` )「しかし、いったいどういうわけで、ゆうやけ村はゆうやけなんだろうな。」

( ´_ゝ`)「ああ、そりゃ。」

( ´_ゝ`)「もらだよ。」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:33:02.88 ID:vGKZuwy/O
支援

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:43:25.33 ID:588UeBojO
寝かせてくれ…

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:43:44.54 ID:+UhBve/bP

(´<_` )「はて、どういうことだ。」

( ´_ゝ`)「もらには妻が居てな、その方は夕焼けをすきだった。
      すきなものと聞いたら、もらの次に夕焼けと答えるような方だった。」

(´<_` )「しかし、あの家には、もらと、干物のほかには何の気配もなかったぞ。」

( ´_ゝ`)「もう、どれくらい前だかな。ずっと、ずーっと、前だよ。
      殺されちまったんだ。でれの、もらの妻の、その身体に秘められた、魔術のせいで。
      彼女の血を飲めば、なんと、空を自在に飛び回ることが出来たんだ。」

(´<_` )「……」

( ´_ゝ`)「せめて、血だけを頂戴すればいいところを、あれだけひどく、殺しやがって。
      殺して、さらに、……いや。
      でれは、もらが愛しただけあって、とてもうつくしいひとだった。
      それを、あんなふうにできるんだから、ほんとうに、莫迦だ。
      莫迦は、高いところがすきっていうが、奴等、その典型を地でいったんだろうな。
      空を飛ぶのなんて、鳥だけに任せておけばいいのによ。」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:47:04.47 ID:UYQpI9PaO
しえん

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:54:35.66 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「なきがらを、見つけたのも、夕方だった。
      あんまりじゃないか、こんなのあんまりじゃないかって思って、
      己れは云ったんだ、己れの石をつかって、でれを生き返らせようって。
      そうしたら、殴られた。殴ったくせして、もらは泣いた。
      殴られたのは己れで、殴ったのがもらなのに、もらは泣いた。
      湖や、海が出来てしまってもおかしくないくらい。」

(´<_` )「そうか。だから、ゆうやけなんだな。」

( ´_ゝ`)「そうだ。だから、ゆうやけなんだ。」

(´<_` )「もらは、毎日、でれを思い出すのか」
      
( ´_ゝ`)「ああ。毎日、四六時中、夕焼けがあの村を照らす限り、思い出してる。
      でも、実は、夕焼けが青空になっても、夜空になっても、
      もらはでれを忘れたりしないんだよ。」

(´<_` )「そうなのか。」

( ´_ゝ`)「当たり前だ。そんなんだから、もらに、人間だと云ってもらえないんだぞ。」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 04:56:04.34 ID:vGKZuwy/O
(´;ω;`)ブワッ














('A`)

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:05:02.61 ID:2tkDZGDuO
しえ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:06:18.99 ID:+UhBve/bP

( ´_ゝ`)「この村がゆうやけ村なのは、ただひとつの理由からだ。
      つまり、でれがゆうやけを好きって理由だ。もらの次に。」

(´<_` )「じゃあ、このゆうやけは、でれのものか。」

( ´_ゝ`)「おう弟者、なかなか、いい線をいったぞ。でも、まだまだだ。
      このゆうやけは、でれと、もらのものだよ、間違いなく。
      な、な。これだから、もらは情に厚いってんだよ。」


(´<_` )「うむ。もらは、性格が悪いけど、いい人間だ。」

( ´_ゝ`)「ああ、まったく、そうだ。気持ち悪いけど、いい人間だよ、もらは。」



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:08:10.58 ID:+UhBve/bP

それから何年経っても、ゆうやけ村の名前が変わることは、

ずっと、ずーっと、なかったそうな。

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:10:43.36 ID:5m8/bOpg0
終わり?
なら乙なんだぜ!

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:12:12.87 ID:+UhBve/bP

おわりです。むしゃむしゃしてやった。
(すっかり昼夜逆転生活になってしまったという意味で)反省はしている。

こんな時間に、支援をどうも有難う。
投下が被ってるのは、訂正です。める欄参照。
ながらなもんで、大目に見てください。

なにかあれば、どうぞ。

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:12:41.87 ID:vGKZuwy/O
乙です><

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:13:19.17 ID:USyxaTLZ0
乙ー

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:14:10.13 ID:KB0aebGvO
乙!!
もうドクオはでないのか?
確かに全く萌えなかったがw

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 05:18:23.35 ID:2tkDZGDuO

違ったらごめんだけど、二者択一の人?

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 07:21:46.81 ID:JHOxnigkO
乙、これから読む

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 07:27:22.55 ID:v1jw3kPWO
特定厨は新型インフルエンザにかかればいいと思う

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 07:38:35.34 ID:A4Supt0SO
ドクオの扱い酷すぎワロタ

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 08:29:07.75 ID:gtCd7aVaO
よむほ

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 08:55:33.56 ID:MWtTkKUYO
>>1乙!
三話目になるのかな?一話と変わらずおもしろかった!

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 08:57:14.43 ID:ppB+ynjcO
来てた……だと……
今から読む乙!

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 09:03:16.78 ID:Pvn8TEzfO
腐女子死ね

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 09:16:59.17 ID:W/Fh5FUR0
>>90
きめぇ
自重しろ

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 09:21:20.88 ID:KB0aebGvO
残念ながら腐女子じゃねえ
前スレで萌ないドクオを書くと1が言ってたからだ

だけど不快にさせたならすまんこ

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 10:06:23.64 ID:qQHogpwF0
過剰反応する馬鹿が自重しろ

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 10:44:34.92 ID:WxjuNIR0O
よむほ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 11:00:43.82 ID:SwdvBYcwO
乙です
愚問だが兄弟には旅の目的があるのかい?

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 12:15:27.06 ID:hqkdj5IB0
残ってたw
乙でした、本当に読んでいて面白い。

でれを殺した者は本当に飛べたんでしょうか、そしてどうなったのか?

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 12:36:28.46 ID:+ICSb8xJO
よむほ

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 13:20:23.81 ID:f/Fk0gBiO


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/27(火) 13:21:40.34 ID:+UhBve/bP
>>90
それはよかった。
たぶん、あと一回、出ます。

>>103
あるのかないのかすら、考えてなかったので、また考えます。

>>104
今度、話しで書こうと思います。

ほんとうに何も考えていないので、
こういう質問から構想が浮かんで、楽しいです。ありがとう。

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)