5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハルヒ「ねえキョン、バトルロワイアルって知ってる?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:28:56.82 ID:M3qsp1fO0
「キョンくんおきてー」
妹の体が俺の背中にどすどすとのしかかる。ええい、俺はトランポリンじゃないぞ。
仕方なく布団から顔を出し、眠い目をこすりつつ目覚ましを見る。思わず血の気が引いた。短針は九を指している。
集合時刻は九時半だ。あと三十分しかない。
妹をなんとか振り切って大急ぎで身支度を整えて家を出た。

今日は合宿の日である。
なにが目的とか意義とかそういうことは置いといて、とにかく合宿なのだ。
いつもの公園に着くと、そこにはじれったそうに腕を組んで足をぱたぱたさせているハルヒがいた。
朝比奈さんは世界を救うような天使の、古泉は達観しきったような微笑みで俺を見ている。
言うまでもなく、長門は当然無表情。
谷口はナンパがどうだとか相変わらずなことを国木田に吹き込んでいて、鶴屋さんは状況を全く無視した天真爛漫な笑顔だった。
実は今回の合宿、SOS団+αなのである。
「遅いわよ! キョン!」
襟首を思い切り掴まれる。時刻はちょうど九時三十分、ハルヒに怒鳴られる筋合いはないはずだ。
「馬鹿ね、あたしより遅く来た人間はみんな遅刻なのよ!」
「へいへい。で、俺は何をおごればいいんだ?」
この八か月で染みついた奴隷根性である。
「あら、分かってるじゃない。そうねえ、考えとくわ。お茶代どころじゃ済まないわよ!」
俺は今のうちに破産申告をしておくべきだろうかと悩んでいると、
「んじゃ、全員揃ったし早く行こっ!」
と鶴屋さんがハルヒに促した。この合宿の立案者は彼女だ。なんでも山に大きな別荘を持っているらしい。
人は多ければ多いほどいいと言うことなので、それなりに面識のある谷口と国木田を誘ったというわけだ。
「あっ、待ってよハルにゃん! 一番乗りはこの私だよーっ!」
鶴屋さんとハルヒが猪のごとく駅まで駈け出して行った。朝っぱらから元気なことだ。
駅で切符を買って改札を通る時、前を歩く長門がこちらを少し振り向いた。が、そのまま何も言わずに進んでいってしまった。
長門も長門なりに楽しんでいるのだろうか。きっとそうだったら良いと思う。

今考えればここがターニングポイントだったのだ。
日常と非日常を分かつラインがこんなただの自動改札だったなんて、思わないだろ普通?

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 12:39:35.23 ID:tVU0IQ7yO
アナルロワイヤル

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 12:39:42.36 ID:9hxzGW3Y0
支援


580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 12:41:46.52 ID:uiT02rI40
>>578
あ、あいでぃー…IQがすてき

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 12:58:33.46 ID:sS8I0s0bO
まだかな支援

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 13:00:15.55 ID:v1ceAkxs0
兵士の一人が血だまりに浮かぶ拳銃を拾い上げ、一礼をして部屋を出ていこうとする。

「待って。それはあたしが預かっておくわ」

「なぜですか?」

「あたしが処分しておく。馬鹿正直に上に報告したら面倒じゃない。なんで銃を預からかなかったのかって
ちょっと問題になるわよ。だから銃の存在はなかったことにする。文面もごまかして書くわ」

兵士は、ありがたいですと事務的に笑んで拳銃を渡した。
ドアを閉めて一人になると、さっき座っていたソファに沈み込む。

彼のお陰で、この世界はひどくあやふやなものになってしまった。
拳銃には弾はない。
ひどく軽かった。

あたしはソファの背もたれに寄りかかって、口の中に拳銃を突っ込んだ。
ドラマや映画なんかだとこめかみに当てるのがセオリーだが死にきれないことも多々ある。

もしこの世界が完成されたものならあたしは死なない。弾がないのだから当然だ。
でも不完全なものならあたしはないはずの銃弾で死ぬ。
完成していない世界に生きるのは真っ平ごめんだ。

キョンという大好きな赤の他人の存在なんて認めたくない。
この先こんな気持ちになることがあるんだったら、あたしはこんな世界望まない。

「キョン」

あたしは引き金を引く。

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 13:12:51.88 ID:7ZfW1aYS0
続きが気になるのう・・・

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 13:22:42.42 ID:v1ceAkxs0

かちん

口内から聞こえてきたのは間抜けな音だった。
やっぱり―――そうだよね。
こみ上げてくる笑いを止められない。
なんと滑稽なことだろう。
現実はどこまでも現実だった。

考えすぎだ。世界がそんなに歪みきっているわけがない。
世界はきちんと構築されている。

いや。
突然面白い考えがふって湧いてきた。
世界は、今この瞬間にやっと構築されたのかもしれない。

写真の少女があたしを睨みつける。
涼宮ハルヒが望んだから、あたしがここに今いる、そんな可能性だってある。
参加者の立場でなく、それを統括する担当教官として。

あたしは涼宮ハルヒの写真をポケットに入れた。
あたしはあたしであると同時に、また涼宮ハルヒなんじゃないか、そう思った。

涼宮ハルヒ、あんたの好きな彼は、あたしが殺しちゃった。
でもいいの。
あたしはがこっちで生きていくには、たぶんキョンの存在は辛すぎるだけになっちゃうから。ごめんね。


涼宮ハルヒは鏡を見ると、おもむろに長い髪を一つにくくり始めた。
特に意味はなかった。

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 13:26:33.29 ID:Sx7SXfgqO
ポニーテール……

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 13:32:14.25 ID:gSA8dm69O
うわああああ

長門じゃなくてハルヒがそうさせたのか

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 13:34:09.12 ID:uiT02rI40
二人の力が混沌化しているって感じかな?

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 13:40:39.41 ID:7ZfW1aYS0
                           __
             __,,..-:‐::─::─:‐:‐:-<´__  ̄`ヽ、
          ,.ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        /: : : : : .:/-‐‐'" ̄ ̄ ̄ ̄゛`ーi:: : :`ヽ、___
          /: : : : : : ::/__,.:-‐:─:─:‐:-:─:─|: :ヘ'" ̄  /
       /: : ;/: : : :/"::{::、:.: : : : :\:: : : : : : :|:.: :ハ. 、-:ヘ.、
        /: :;ィ'|: : : : {:: :λ::\:.: : : : :\:.: : : : :|:.: : :|  \:.:ハ
      j;/ .|: : : : |:.:/ ∨: :|\:: : : : :|\:;ィヘ|: : : |    ,>:.:}
     く.    |: : : : |::|  ∨::|  \:: : :|,/\:|: : :/:ヘ,/λ::|
      〉   |: : : : |::|/´`ヽ:|   \:|,____ }:.:/:: :|:.: : :|'|:.:|
      /____,|:: :|:: :|:j __,, `ー'"   オ弐テ7j;/::.: :|:.: : :j |::j
      |:.|:: ::ハ:: :|:: :|マ弐チテ"     V:ィ:;リ,,' ハ::.: :j: : :/ レ'
      |::|: ::{ ∨:.: :|、込ィ:;リ_,'     、  ̄"´ 〈:: : :/:: :/
      |:j|: ::ゝ、{: : :∧" ̄              〉::/:: :/
      |' |: : : : :ヽ、: : :ヽ、 ,ヘ、        ,.ィ::/|;/
          ∨: : : :: : :;r'^ヘ:>‐-`-、-‐r<´_:|;/
         ヽ、:ト、:.:.:_}  r,〉  \____,}   /∧
           ` `{二二ニl、   \ニニ| //、 ヘ、
              |" ̄ ̄~}、_   \j // ヽ、ハ
              |      j / `ー-、_//、  ,r‐┴-、
              |     ,     /:::j::::;> |`ー-‐'´|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ、_,ノ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄
                            |    j
                           `=='´


589 :エピローグ >>524のあと:2009/10/21(水) 13:53:25.43 ID:v1ceAkxs0

長門有希は木枯らしに吹かれながら公園までの道のりを歩く。
ダッフルコートを羽織っているのは冬であるしるしのようなもので、彼女自体に寒暖の差は
意味を持たない。

これから起こりうる事態を彼女は全く予想できなかった。
涼宮ハルヒの力を出来る限り制御したとは言え、何を起こすのか分からないのが涼宮ハルヒである。
プログラムから抜け出そうとするのならば全力で阻止しなければならない。
彼に逃げだされてしまったら、情報統合思念体を裏切った意味がなくなる。
情報統合思念体に存在を抹消されるのは嫌だった。

嫌だと感じることが出来る。
今までの自分には出来なかったことだ。


わたしは、その反対の感情を抱くことも出来た。


わたしは彼に消される。消されなければならない。

わたしにバグが蓄積する原因をつくったのは、あなた。

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 13:58:37.09 ID:vS0NTiPsO
もっとちょうだい

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:10:44.69 ID:sS8I0s0bO
頑張れ>>1

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:13:12.87 ID:VNCcqYAoi
支援

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:18:43.88 ID:7ZfW1aYS0
 i゙ /:/ .i:::::l::::::::::/l:::::/ |::ト;:::::::::::::::::::::::::l:::::.ヽ:::::::::::::::::l::::::l::::::::l`ヽ、.  \
 |./.:.:/   .l:::::|::::;;;;_i |:::/  |::|.ヾ、::::::::::::::::::::ト;:::::|ヽ:::::::_;;ィ|!:::::l::::::::l   l:ヽ、 /
 ゙ー,ァ゙   |:::::|:::::::::l`l'''ト、 |::l ヽ`''、:::::::::::::l.ヽ;::l_,,>f´::::::|i;:: |::::::::|   |;;;;j.,/
  /(._   l::::::l::::::::::l l:|. `'ヾi、  \ \::::::::;lィ'i´!  i:::::::::| |::|::::::::::l  { ヽ、
. / /`iヽ,|::::::::|::::::::| __l|____ヽ,\  \ ヽ:/::レl;|__,l:::::::| .|;l:::::::::::| ,イiヽ, .〉
/ ./:::l |:|:::::::::|i::::::Ki゙f::::iiii::''Tミ     ヽ `夊T'''iiiii::li;::|>i}!:::::::::::l}イ |:l:::i∨
ヽ. {::|:| |::|::::::::::ト、:::| ゙わ::;;;;::リ         わ::::::::;;ハリ./|:::::|::::::l::|  |:!:::!
 `|::|:| |:::l::::::::::l::|ヽ{. ゞ=''"'         ゙ゞ=='彳   |::::l::::::l::::l  |:|:::l
  |:::|l:| |_;;;l::::::::l::l, ゙ヽ         l            l::::l:::::;il__:|/l|::::|
  |::l .゙i'-{ |l;::::::::l::l、                     ,イ:::!:::::,!.l .|~i、|.|:::l
  .|:l. レ゙l::::l l;::::::::l:|.ヽ                 ./リ::/::::/ l:::l .|. V::リ
  ヾ/  l:::l l;::::::::l|.  \        ´ `      / /::/::::/ .|::i゙ l  |:/
   i.  |:::l トi;::::::'l.   `i、          ,,ィ゙   /::;':::::/ l::l l .j
   .l   !:::| l ヽ;:::i     l,,__`''ー 、 __ ,, '''´ _l   /;:イ::::/  l:リ / /
    ヽ   !:::l | ヽ;:l     | `''ー、   ,,ィ''´l   /' /:/  /:'./ /


594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:20:38.86 ID:v1ceAkxs0


12月18日。


わたしはあの中で永遠に存在できたらどんなにいいだろうと思っていた。
部室にはわたしと彼しかいなかった。

彼はわたしが改変させた世界を望まないだろうとわかっていた。
選択権を彼に委ね、やはり彼は元の世界を選び取った。

あの時、彼が病室で言ってくれた言葉。

わたしは解消したはずの自らのバグがますます膨れ上がっていくことに気づいた。

『お前の親玉に言ってくれ。お前が消えるなり居なくなるなりしたら、いいか? 俺は暴れるぞ。
何としてでもお前を取り戻しに行く』

彼はそう言った。
だが彼が選び取ったのは涼宮ハルヒがより身近にいる世界。
その力で彼の後ろに座り、彼のうなじをシャープペンシルでつつくとの出来る距離。

わたしはわたしのバグを対処することができなかった。
否定。
しようとしなかったのだ。

わたしは流れ込んでくる感情の波に疲弊していた。


全て終わらせたかった。彼の手によって。

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:27:36.88 ID:Sx7SXfgqO
切ないのう……

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:33:27.61 ID:YzdoG+OT0


597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:44:35.93 ID:v1ceAkxs0

「あっ、有希! 早くこっちにきなさーい!」

涼宮ハルヒの声が鼓膜に響く。
集合場所には彼を除く全員が揃っていた。

「珍しく遅いじゃない、んま、ビリはいつもと変わらないけどね」

わたしは当然彼を生き残らせるつもりでいる。

わたしはわたしを彼に終わらせてほしいと望むだけで、彼に恨みなどなかった。
別の手段もあった。が、涼宮ハルヒが読んだ本を影響させた世界の方が
彼女が自然にその状況を受け入れ、力が故意に働かなくなるだろうと考えた。
涼宮ハルヒの力とわたしの力のバランスがどうなるかは予測がつかなかった。

彼がこちらに向かってくるのが見える。

彼は恐らくわたしを頼ってくるだろう。
脱出の手段を探そうとするだろう。
わたしはいつでもこの空間を再構成し、歪みを元に戻せる。それを悟られてはならない。

―――わたしには弾を込めていない拳銃を発砲させることも出来る。

彼がわたしを見る。
わたしが彼を見る。


微笑もうとしたが、今のわたしにはとても出来なかった。

                                    終わり

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:52:56.17 ID:zIp63Fr1O


599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:55:04.23 ID:rwtE6dV0O
補完乙
近年稀にみる秀作

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:58:02.15 ID:7ZfW1aYS0
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  l/__/_:._:.ノ /:.:/:.:/:.:.:.:.:.:.:./
      /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ _ __ ノ:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:/
     ./:.:.:.:.:/:.:l:.:.:/:.:l:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:', //:.:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:,':.:.:.:.:.:.:/ミ                `
     /:.:.:.:/:l:.:.::|:./l:./.l:.:./|:.:./ ',:.:.lヽ:.:.l:.:.:.:.:.:/:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:,'、 _
      l:.:|:.:l:.:.|:.:.l リ l/ .レ .|/   ヽl ',:.l:.:.:.:./:/|./:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:\           -─ ‐
     レ|:.:|:.:.l.V _ ,, - - ,,     _,, - ,,リ:.:.:.//レ,'.:/:.:.:.:/:.:/:.:/:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.lヽ
      レ|:.:.l:l  -rc.n- `  ./ -rcy、l:.:.:.:レ:.l .|:/:.:.:.:/:.:.l:.:/:.:.:.:.:.:',:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:`. ,,
       |/l:.:l   ヒニノ      ヒタ レl:./.|/ 〉:.:.:.:/:.:.:.レ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.l:.:.l:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.| " ‐,,          _ ''
       .l l:.ll.        |     .|:/.|  /:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ',:.l:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:l    " - _ ,, - ' :.:.:.:./:
       \リ.l        〉     リ/  ,'.:.:/ ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.ヽ:l:.:.:/:.:.:.:.:.:./_,,l           |:.:.:.:.:./:.:.
         `l'.,           /   .|:.:/ l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:ヽ,':.:.:.:.:./  |          | ` -/:.:.:.
          !ハ\.   - ─   /     レ  |:/l:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:/  l_ ノ          .l  /:.:/、
.           `| \      /|        | /:.:.:./  /:.:.:.:.:.,, r '|:.:/   .|             //
           _/l   丶 _/  l`r、.      /:./   /,,r '"::::::::::|. レ    | ──‐、_ ,, - ‐ - ,, _ ─‐.l
        / / \      /  ', \     / r l" | | .|:::::::::::::::l.      | _ ,, - ´ _ ,, -‐- ,, _ ` - ,,|
    _  ,,./ : : |.   / l`ヽr 'lヽ   |: : ヽ- ,,    ゝ | l l .|:::::::::::::::|.      |  _,, -´ _ -‐ ,,_ ` - _ .|
_ r '" r:`´:/: : : : l   /`、 lo|.‐レ'ヽ.  l: : : :ヽ: : " -/ ヽ | l l l:::: _ -.、|.      |‐´ _ , ‐´     ` ‐ _ .|
: :.l  .|: : /: : : : : :l  /\ ゝ- </ヽ .l、: : : :ヽ: : : /   ヽ l _l_ - "   ヽ       .| - ´            `|
: :|   |: :〈: : : :/:.l丶   l: : : : l    l: `:、:/: : :./     /  、 _ r_ヘ_ )     |               |
: :|   |: : :>´: : : :.l.    ',:_:_:/    l: : : :\: : :,'     /        `i     |              .|
: :|   .l: :ヽ: : : : : : :l     l: : :l    l: : : : : : /: l      l     ̄ ̄ ̄`i      l              .l
: :l   l: : ヽ: : : : : : l.   l: : : l   l: : : : : :/: :.l     /         .ノ      l             l

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:59:22.67 ID:7ZfW1aYS0
              _
         , - "     ゙ー-、
        /           ヽ                      _
       /  / ,         ヽ ヽ                - ´ ̄..::::::::::...ヽ_
       /イ l l ,i| .ト、  ト、  .i l丶              /..::::::::::::::::::::::::::::::::...丶
      l イ.l !`iーl-{_ \.{_,-‐ナ |: \           イ::::::/{:::::∧::::ハ.:::::::::::::::..丶
       l/| i i ヘ|rf‐i、   .,ィ‐Tァi |. i`            ./i::V‐、∨ィ'⌒゙∨{::::::::::::::::|
       ヘハ ト、 ゚ー.リ⌒、゚ー゙,,イ .ル'              ∨.lj~   'l;j~`  |:::::N:::::/
          !.∧ ̄  __  ̄.ルレ'                l ノ       |:::/ ノ:/!
           `,.=r  t=、´                  {.`       ./レr:':/!
          /f'"   ゙Y \                  ヽ -    ノ ト.〈''
       ,, ri''"  }''三三ミ{   ゙'ーァ、                    >、_,, ィ'" ./ Yヽ、
        ,ベ!.゙!   |  :::::::|    //ヘ              /:ハ   / /.:.:.:.|\
      l::::゙i. ゙!   l   ::::::l   /./:/|          , -‐''`>.:.}イ| レ/〉 ./i:.:.;,;,;|::::`ー 、
      ト;::/゙i ゙!  l  .:::::l   /./::v:::|         ,イ´.::.:.:.:./゙:.:| |r::::{;/ Уl:.:.\.:.:.:::::::::.`ー 、
      .|:::::l:::::゙i ゙!  l.fYl:l  / /::::/::::|         l:.:l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.l. {;;;;;ノ   l:.:.:.:.:.:>.:.:::::::::::::/´ヽ
      |::::::|:::::::゙i ゙!、 l ::l  / /:::::::l::::::|          |:.:.l:.:.:.:.:.|:.:.::l |:::::|    l:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:::::|
      |::::::|:::::::::\`、| :l ././:::::::::|::::::l        !:.:.ヽ;.:.:.:.l.:.:.| l::::::|   .l:.:.:.:./,;,;,;,;,;,:.:.:./:.:.:.:.::::l
     l::::::::|::::::::::|. \∨/ |::::::::::::|::::::|       ,イ:.:.:.:.l:.:.:.:.|.:.:| .l:::::|   l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.l:.:./:.:.:.:.:.:::::|
     .l:::::::::|::::::::::|.iニ=,ロ,=コ|::::::::::::|:::::::l         l:.:.i:.:.:.:|:.:.:.:.l.:| .|:::::l   .l:.:.,イ:.fY^l:.:.:.|:./:.:.:i.:.:.:::::::l
     |:::::::::l::::::::::::|エニ|l l|ニエ|::::::::::::|:::::::| _ ri   l.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:l:| l::::::|   |:.:/:|:.:| !.:j.:.:.l:.|:.:.:.|.:.:.:::::::::l
      |::::::::|:::::::::::::|  .|l .l|  |:::::::::::::|::::::::/゙,r_-リ~l /.:.:.:.:`:.:|:.:.:.:.l| |::::::|  .|:/:.:.:\,;,;,/:.:.l:.:./:.:.:.:::::::::|
    l::::::::l:::::::::::::::|  !l .!l  |:::::::::::::|:::::( ' /''z__}‐'-<^.:.:.:.:l:.:.:.0| .|:::::::|  l'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨':.:.:.:.::::::::|
     |::::::::|:::::::::::::::| l.l .l.|  |:::::::::::::|:::::ヽ、 '゙ | l|.:.:.:.`ヽ:.:.:.|.:.:.:..| |:::::::|  |:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:::::::::::|
    丶;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;| |,j .l,j  |;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;,,`iー-:り:.:.:.:.:.:.:.:/|.:.:.0| |::::::::| .|:.:.:.:.:.:.,ィァヘへ〈.:.:/~`.:::::::|
[[[[[[[[[[[{{{{{{{.}r=f=f=f=f=f=f=f=iニ====ー---、|.:.:.:.| .|::::::::| |:.:.:.:.:.:///∠ィ^ヽ:::::::::::::::::|
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___________,|__,,,,,,, --─! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 14:59:32.56 ID:5RT6l/oUO
微妙だ…
クソとカス間くらいの作品だ

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:00:25.85 ID:vS0NTiPsO
なんでだろう



目から水がでてくる





**

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:03:29.13 ID:v1ceAkxs0
これでちょっとは分かりやすくなったかな…
みんな付き合ってくれてありがとう、終わってよかった

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:08:30.52 ID:7ZfW1aYS0
>>604
乙〜

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:09:57.22 ID:Sx7SXfgqO
>>604
乙!
そのうちまた何か書いてくれ

楽しみに待ってる

607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:18:04.55 ID:M0xpyc1S0
保守

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:25:00.48 ID:uMvcv3CYO


609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:29:15.63 ID:yPqgmVqAO

ごめん面白かったんだけど
教官の女は何だったんだ

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:32:13.60 ID:vS0NTiPsO
保守派

611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:51:41.91 ID:Df8ho68R0
今追いついた



612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 15:59:54.59 ID:vS0NTiPsO
なんかBRみたくなってきたわ

借りてこようかしら



613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 16:18:49.58 ID:z6vlzzW1O
落ちる前に読み終えられて良かった

>>1

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 16:22:58.21 ID:yoOXO/1n0
ブックオフに105円で腐るほどあるよ

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 16:45:04.23 ID:mP0Ts8kj0


616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 16:52:09.92 ID:XZmigv5T0
駄作ともいえない良作ともいえない

617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 17:02:32.53 ID:ZaMamobIO
とりあえず暇つぶしにはなった。ありがとう。

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 17:02:54.63 ID:tJV0Qo800
>>604
それでこそ我が子

619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 17:03:36.88 ID:6hlCIk5zO
みんなぁぁぁぁぁぁあ(泣)

620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 17:34:27.83 ID:vS0NTiPsO
ねえこなた。バトルロワイヤルってしってる?

621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 17:34:31.03 ID:v1ceAkxs0
>>609
教官の女はハルヒの逃避願望の表れってことでひとつ

またSS書くときはちゃんと最後まで書き終わってからにするよw
暇つぶしになってくれたら幸い。あとモバゲーのコピペ云々は気にしてないから続けちゃってもいいです
みなさんありがとうございました。では!

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 17:35:06.09 ID:9nv24KswO


623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 17:45:08.88 ID:lndBLQCR0
>>621
ノシ

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 17:45:27.01 ID:xhgOHaz7O
ほしゅ

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 18:20:05.67 ID:stwnldTN0
乙!

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 18:33:40.03 ID:PUQ6ybFyO


627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/21(水) 18:57:30.19 ID:nS4DryN2O
ハルヒSSにしちゃあかなりの良作

いちおつ!

208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 ★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)