5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【飛べ飛べ】まったりけいおん!SS書いていくスレ【閑古鳥】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:40:05.58 ID:hHro+WpUO
・このスレは「けいおん!」関係のSSを皆で好きなように書き続けるスレです

・話を繋げてもいいし、複数の書き手による別の話同時進行でもおkです

・別に一人で書いても良いけどね(むしろ書いてくださいお願いします)

・読みやすさ重視のため酉を付けること推奨です

・次スレは>>950あたりが立ててください

・落ちても勝手に立てちゃってね

・まったり雑談でもおk。唐突に誰かSS書き始めたら皆飛んでそれはもう狂ったように喜びます

・ジャンルは問いません。けいおん!ならなんでもありです。カオス歓迎。

・(`・ω・´)ここのスレの住人は支援されると俄然、発情したみたいにやる気が出ます!(さるさん的に)

・ここに書いたら誰かが勝手にまとめwikiに載せてくれます。

・変態レスは自重・荒らしはスルーで




まとめwiki
http://www39.atwiki.jp/k-onvip/
(´;ω;`)SS初めての君も頼むからレッツトライ!!<ここまでテンプレ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 02:45:31.26 ID:hHro+WpUO
  ┏┓        ┏┓  ┏┳┓    .        l  |  |'/ ´ ̄`ヽ ヽ 「∨   |  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏┳┳┓
┏┛┗┓  ┏━┛┗━┫┃┃  ┏┓        l ハ|  i′ - 、    ノ ', /  |┏┻━┫┏┻━┫┏┻━┫  ┃┃┃┃
┗┓┏┛┏╋━┓┏━┻╋╋━┛┗━┓ .   八 |  |ィニヽ    ,ニ 、∨  '...┗━┓┗╋━┓┗╋━┓┗┓┃┃┃┃
┏┛┃  ┃┣━┛┗━┓┃┃┏┓┏┓┃   /   |  |´ :::::   ,  ⌒ヾ 八/ ,.    ┗┓┃  ┗┓┃  ┗┓┃┃┃┃┃
┃  ┃┏╋╋┳┓┏━┛┃┃┣┛┗┛┃. /  人  |    __  :::: /  /     ┏┛┃  ┏┛┃  ┏┛┃┗┻┻┛
┗┓┗┛┃┃┗┻┻━┓┗━┻┓┏━┛/ ,..:':::::::::} |、   ( ノ   /  /    ┏┛┏┛┏┛┏┛┏┛┏┛┏┳┳┓
  ┗━━┛┗━━━━┛      ┗┛ ./r.::::::::::::::::八 ヽ: 、     .イ/   ∧...  ┗━┛  ┗━┛  ┗━┛  ┗┻┻┛
                        / /:::, '⌒ヽ__::ハ  V\ フ´!:::::|'  /

3 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/10/18(日) 03:06:43.11 ID:hHro+WpUO
唯「天才は1%の才能と99%の努力」






唯「……って聞くけど、本当なのかな?」

澪「ん…言われてみればなんかおかしいよな…努力家ってだけのような…」

律「いやーそんなことはないぞ?澪。バカと天才は紙一重、とも言うじゃん」

澪「えーと…つまり努力家はバカだとでも言いたいのか?」

紬「りっちゃん…それは言い過ぎじゃ?」

律「いや、でもさあれじゃん。唯と梓、見てみろ」

唯「ほえ?」

梓「何ですか?」

4 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/10/18(日) 03:19:30.74 ID:hHro+WpUO
律「まずさ、唯って天才とか言われるじゃん。絶対音感みたいな才能もあるし」

唯「でへへ、何だか照れちゃうなぁ」

律「でも、実際はバカなんだよ。基本一つのことしかできないから」

唯「ええー、ひっどーい!」プンプン


律「梓なんかもさ、楽器の演奏は実際に唯よりうまいじゃん。練習のたまものなんだろうけど、これも才能だ」

梓「そうですね」

律「しかし、梓は唯ほどずば抜けてうまい、ってわけでも無い。」

律「唯は確かにバカだ、しかし天才と言われると間違ってはいない」

律「対する梓は努力家で実力も唯より上だが、才能と言える才能がない」

律「ここで唯をバカ、梓を天才という風に置き換えてみろ」

澪「……天才に勝てるバカってことか?」

5 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/10/18(日) 03:36:43.06 ID:hHro+WpUO
律「ああ、バカはバカなりに才能があるからな。逆にしても梓は勝ち目はない」

紬「でも、練習量によっては変わってくるかも知れないじゃない」

律「それでも、すぐに追い抜かれるもんなんだよ。天才は限界の壁を越える才能も持ち合わせてるから乗り越えられる」

唯「えーと…よくわかんないけど、才能がない者は努力のみで勝負するしかないから限界がすぐ来る、ってこと?」

律「そう、そして才能のあるバカは使い道がわからないだけで腐らせてしまっているんだ」

紬「それでバカと天才は紙一重?」

律「うん。天才にもさ、いろいろいると思うんだ。さっき言ったみたいに才能はあるのに使い道がわからない奴とか」

6 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/10/18(日) 03:42:45.14 ID:hHro+WpUO
澪「じゃあそれは天才じゃないんじゃ…」

律「才能があるからこそ天才なんだよ。確かにバカだけど、それはバカの枠には当てはめにくいんだ」

唯「何だか深い話でよくわかんないよぉ」

澪「というか…何で私たちそんな難しそうな話をしてるんだろうな…」

紬「あら…どうしてかしら?」

梓「もう何だかよくわからなくなってきたからやめましょうよ…さぁ練習練習」

唯「それにしてもりっちゃん喋りすぎだよぉ…こんなのりっちゃんのキャラじゃないよ」

律「ごめんな…慣れないことはするもんじゃないよな、うん」





あかん、訳わからなくなってきた

7 :カンジダ!:2009/10/18(日) 03:51:59.87 ID:y07zOqUaO
唯「はうぅ…最近アソコが超痒いんだけどなんでだろう〜…?」

唯「か、痒い…痒い!痒くて眠れないよぉ!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 03:56:26.77 ID:hHro+WpUO
ここまで俺一人……にならなくてよかった

しかしやべえな…エロゲっぽいのやってくれてた人とか来てくれたら…

9 :カンジダ!:2009/10/18(日) 03:59:22.75 ID:y07zOqUaO
唯「ねえ澪ちゃんアソコ痒くなったことある〜?」

澪「なっ…何だよいきなり!」

唯「痒くなったことないの〜?」

澪「そ、そりゃたまに汗かいて蒸れた時とか、生理中にナプキンでこすれた時は痒くなるよ…」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:04:06.47 ID:hHro+WpUO
カンジタって股間がかゆくなる性病なんだな
勉強になるようなならんような…


しえん

11 :カンジダ!:2009/10/18(日) 04:09:34.58 ID:y07zOqUaO
唯「そっかぁ〜。私のはそうゆうのと違うんだよねぇ…なんかこう穴の中が痒いっていうか…。澪ちゃんのは外側が痒い感じでしょ〜?」

澪「あっ、穴の中だって?」

律「唯〜、それもしかして病気なんじゃないか?」

紬「そうですね。普通穴の中なんて痒くなりませんもの。」

12 :カンジダ!:2009/10/18(日) 04:20:08.23 ID:y07zOqUaO
唯「えぇ!病気なの!?たしかに昨日痒くて眠れないくらい痒かったけど…」

澪「眠れないくらい!?そりゃどう考えたって病気だろ!で、今は痒くないのか?」

唯「うん、フェミニーナ軟膏塗りたくってきたから少し落ち着いてるよ、まだムズムズはするけどね」

律「穴の中に軟膏?それってヤバくないかぁ?」

紬「ますます悪化しそうですわ。早く病院に行かれた方がよろしいのでは…」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:32:41.89 ID:QMqWrutmO
最近落ちすぎですよ
がんばって保守しましょう!

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:33:55.25 ID:hHro+WpUO
唯「アハハ、ウッソだぁw穴がかゆくならないってそんなはず無いでしょw」





THE さるよけ

15 :カンジダ!:2009/10/18(日) 04:34:29.09 ID:y07zOqUaO
唯「病院!?やっ、やだ行きたくないー!診察台に乗ってM字開脚で拘束されて、アソコいじられちゃうんでしょ?絶対やだ!」

律「拘束はされないだろ、アソコの病気なんて自分で直せないんだよ、今から行ってきなよ」

紬「そうですわ唯さん、もし性病だったら、このままほっておいたら将来赤ちゃんが出来なくなる事だってあるんですから」

澪「なっ…せ、性病だって!?ゆ、唯、お前いつのまに!?」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:42:49.51 ID:hHro+WpUO
>>13
澪「だ…だったらsageないでよ…これからはage進行で行こうよ…!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:46:27.12 ID:A8ftruDYO
サンキューサンジュ

18 :カンジダ!:2009/10/18(日) 04:52:18.94 ID:y07zOqUaO
唯「せっ性病〜!?性病ってエッチでうつるやつでしょ!?やだぁ〜私そんなことしてないよぉ!」

律「だよなぁ、唯が男から病気うつされるイメージないもんなあ。…あっ!唯、あんたン家水虫にかかってる人いない?」

唯「んー、お父さんが水虫だけど…それがどう関係あるの?」

律「それだよ!きっと水虫菌が唯のアソコの中に入ったんだよ!」

澪「!!!???いやーーー!聞きたくない聞きたくない!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 04:54:46.63 ID:hHro+WpUO
ちょっくら仮眠とってくるかな
思えば今夜はまだ寝てなかった

20 :カンジダ!:2009/10/18(日) 05:02:27.77 ID:y07zOqUaO
唯「え゛え゛ー!!でも私毎日お風呂でちゃんとアソコ洗ってるよ!」

紬「あっ。…洗いすぎても痒くなると聞いたことがありますわ!何でも体に良い菌まで洗い落としてしまうらしいですよ」

律「唯、あんたどうやってアソコ洗ってたの?」

澪(あわわ…唯のことだ、何かとんでもない方法で洗ってそう…)

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 05:11:04.53 ID:rxh8WE1IO
唯「あ〜!これはうそをついてる味だよお〜?」

22 :カンジダ!:2009/10/18(日) 05:14:44.82 ID:y07zOqUaO
唯「へっ?そんなの普通に石鹸つけて、ゴシゴシこすってただけだよ。みんなもそうでしょ?」

澪「ひぃ!せっ石鹸をつけてこするだと!?」

律「バカだなぁー唯!普通はお湯でチャポチャポするくらいだぞ!」

紬「石鹸をつけるのは駄目ですわ!それじゃあ自浄作用もなくなるはずですわ」

23 :カンジダ!:2009/10/18(日) 05:34:35.53 ID:y07zOqUaO
唯「うそー!石鹸つけちゃダメなの!?お湯でだけなんて、汚れ取れなさそうだよ、みんな臭そうだよ!」

澪「ばっ馬鹿!私達のアソコが臭ってきたことあるのか!?」

唯「あれっ…ないなぁ、あれ?」

律「むしろ今は唯の方が臭そうだぞ。もういいからさっさと病院行ってこい!」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 05:38:16.46 ID:y07zOqUaO
充電なくなるので寝ましゅ〜

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 06:04:36.05 ID:5f+6LAXkO
>>1


そして>>24


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 06:08:08.38 ID:QMqWrutmO
むぎ ちゃ さ ん あ い し て る だ い す き で す よ

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 07:57:17.15 ID:5RO8SQxuO
ワッショイ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 08:09:10.16 ID:vDGmyp4DO
>>1>>24おつ


これからなるべく落ちないよう気をつけよう

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 08:46:18.37 ID:vDGmyp4DO


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 09:27:21.04 ID:vDGmyp4DO
相変わらず誰もいねぇな

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 09:58:09.47 ID:vDGmyp4DO
はげ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 10:48:31.86 ID:vDGmyp4DO
やばいやばい

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 11:02:01.99 ID:hHro+WpUO
おはようござい

久しぶりに書いてみたけどなんか違うねやっぱ
無理して頭の良さそうな話はしない方がいいって事だね

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 11:12:22.60 ID:hHro+WpUO
時のオカリナやりながらあげ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 11:17:17.93 ID:HRq8JFU/0
クソスレ立てんな氏ね

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 11:34:42.91 ID:hHro+WpUO
ネタさえあれば糞スレにはならんがな

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 11:52:45.84 ID:hHro+WpUO
書き手がいないな…見てる奴あんまいないのかな

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:19:10.59 ID:hHro+WpUO
ふんぬ

39 :カンジダ!:2009/10/18(日) 12:22:14.15 ID:y07zOqUaO
唯「うっっっっ!」ガクッ

律「どうした唯!」

唯「…やっやば、この感覚………あぁっ!また来たっ!痒いっ!痒いっ!」ジタバタ

澪「だっ大丈夫か!?…こ、こんなに暴れるくらいの痒みって一体…」

唯「うあーん!穴の中で虫が這いずり回ってるみたいだよぉ〜!フェミニーナ軟膏効き目ないじゃん〜あぁー」

紬「救急車を呼びましょう!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:33:57.46 ID:hHro+WpUO
ひゃっほーしえん

41 :カンジダ!:2009/10/18(日) 12:38:08.59 ID:y07zOqUaO
唯「いっ嫌っ!病院には行きたくない!」

澪「馬鹿!このままじゃお前死んじゃうぞ! むぎ、救急車呼んでくれ!」

紬「はい!」ピポパ

唯「駄目っ!」バシッ

紬「きゃっ!」ガシャーン

律「何やってんだ唯!」

唯「だって…知らないおじさんにアソコ見られるの嫌だもん!」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 12:48:38.10 ID:vDGmyp4DO
カンダタ!

43 :カンジダ!:2009/10/18(日) 12:48:54.03 ID:y07zOqUaO
律「んなこといってる場合かぁ〜」

唯「そっそうだ!ねぇみんなで私のアソコ見てみてよ!」

律澪紬「えっ!…えぇーー!」

澪「ばっ馬鹿!何でそんな話になるんだ!」

唯「先に友達に見てもらったら恥ずかしくなくなると思うんだ」スルスル

澪「わかるようなわからないような…ってもうパンツ脱いだのかよ!」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:00:41.30 ID:QMqWrutmO
どうしていつも新作書こうとしたら改行が多すぎますって言われるんでしょう……

45 :カンジダ!:2009/10/18(日) 13:03:45.95 ID:y07zOqUaO
唯「ど、どうかな私のあそこ…えへへ。はずかしぃ、でもがまんかまん…」パカーン

律澪紬(ひ…人のアソコ見るのなんて初めて…)ジーッ

唯「ねぇ、私まだ自分で自分のアソコ見てないんだけど、何か変になってたりする?腫れてたりとか…」

律「いや…わからない。ていうか毛でよく見えないし。なんつーかもっとこう、くぱぁって広げてみろよ」

唯「こ、こう?…恥ずかしいよお〜」くぱぁ

紬(きゃっ…自分でくぱぁしてる…何てエッチな格好…///)

46 :カンジダ!:2009/10/18(日) 13:13:15.29 ID:y07zOqUaO
律「うっ!うわあああああああ」

唯「どうしたのりっちゃん!」

律「唯!お前のアソコの穴、酒粕みたいな変なのでぎっしりだぞ!」

澪「ギャアアアアアア」

唯「えぇー!マジで!?」ホジホジ

唯「うわぁ!本当だぁぁ!オカラみたいなのがいっぱい取れるぅ!」

澪「ギャアアアアアアア」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:15:29.43 ID:4EL2Q9Mq0
吐いた

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:18:45.26 ID:UTxjrYQz0
なにこのSSこわい

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:18:48.92 ID:hHro+WpUO
>>44
たまにあるよね
うまく調整すればよいではないか



カンジタやべえ…私男だけどなったりするのかな?

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:19:57.05 ID:QMqWrutmO
えっちぃです><

51 :カンジダ!:2009/10/18(日) 13:23:17.82 ID:y07zOqUaO
紬「カッテージチーズのようにも見えますね…」

唯「わぁー。私のアソコで食べ物が作れるようになった!もし遭難してもみんなでこれを食べれば生き延びれるねっ!!」

澪「ギャアアアアアアア…エレエレオボボっゲボォ」ビシャアアア

唯「わぁっ澪ちゃんが吐いた!あわわ大丈夫!?病院行った方がいいよ!」

律「お前が行け!!」

52 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/10/18(日) 13:30:12.42 ID:QMqWrutmO
紬「百合はどこー?」
           紬「あっ!あったわ!」
紬「百合はぁうふふ♪」ざわ…ざわ…

唯「憂〜はやく元気になってね?」
憂「たいひょうるたょおねぇちゃん……」

唯「まさか今有名な新型インフルエンザかな?………」

憂「そ、それはちょっとこまるなぁ……」

唯「憂……今日は絶対安静だよ?ここから動いちゃだめだからね?家事のことなら心配しないで こう見えてちゃんと憂のやってる姿は見てたもん」

憂「う、うん………ありがと」

ピンポーン

唯「あれ……だれだろ」

53 :カンジダ!:2009/10/18(日) 13:34:20.37 ID:y07zOqUaO
梓「おはようございま…!あっ!なっ何してるんですか先輩!」

唯「わーっあずにゃんおはよーっっ!」

梓「ゆっ唯先輩っっ!きゃああ!下半身丸見えですよ!一体何なんですか!?」

唯「いやぁ〜何か私のアソコが変になっちゃってぇ〜みんなに見てもらってたの、えへへ」

梓「アソコが変って…唯先輩、性病ですか!?」

54 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/10/18(日) 13:39:49.06 ID:QMqWrutmO
唯「はいはーい、どなたですかぁ?」ガチャ

紬「どうも〜私全国いや世界中の百合を探し百合を渡す名もなき少女です」

唯「むぎ……ちゃん?」
紬「じゃあどうぞこれを受け取ってください!ではあなたがたのお幸せ心からお祈りします。。。」ガタン

唯「………………」

唯「むぎちゃんがひゃくあい?………ハッ!まずいよ!!」

ー終ー

憂「うぅ〜お姉ちゃんが私のために冷やしてくれた保冷剤気持ちいいな」
憂「うふふっお・ね・ぇ・ち・ゃ・ん♪」

紬「百合は広まりつつあるわぁ♪もっとよもっと〜」

ー完ー

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 13:45:25.12 ID:QMqWrutmO
ふぅ…やっと書けました…

56 :カンジダ!:2009/10/18(日) 13:49:37.50 ID:y07zOqUaO
唯「アソコで酒粕が作れるようになる病気みたいなの」

律「そんな病気あるかよ! ったく!さっきから病院行けって言ってるのに」

梓「アソコから酒粕……。唯先輩、それはカンジダです!」

唯「えっ!ガンダーラ!?」

梓「カンジダです! 先輩、Dr.るっるなみの聞き違いです!」

律「あずにゃん、聞いただけで病名がわかるのか!?」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:04:43.35 ID:hHro+WpUO
実際にちゃんと酒粕ができたとしてもいやな病気だなwwww
食べる気しねえwwwwww

58 :カンジダ!:2009/10/18(日) 14:08:02.41 ID:y07zOqUaO
唯「あ、ちなみにこれがその酒粕なんだけど…」ほじほじ

梓「!間違いありません!これはカンジダにかかった時のオリモノです!菌の死骸が混じると酒粕状になるんです!」

唯「おぉー!あずにゃん詳しいぃー!」パチパチ

律「カンジダ…そういえば何かPopteenとかによく載ってるような、クラミジアとか…。ていうことは性病なのか?」

梓「性病…というかどうかは微妙ですね。もちろんセックスでうつるのですが、元々カンジダ菌は誰の体の中にもいるものなんですよ。」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:21:01.48 ID:hHro+WpUO
あずにゃん詳しいな
まさか…

60 :カンジダ!:2009/10/18(日) 14:25:02.70 ID:y07zOqUaO
律「誰でも!?じゃあ私もこんな風になることがあるかもしれないのか!?」

梓「はい。カンジダは不規則な生活や強いストレスを受けたりして、体内の免疫力が落ちた時に発症するんですよ」

唯「不規則な…あー、そういやぁここんとこ徹夜でギター練習してたからなぁ」

梓「それに唯先輩この間風邪ひいてましたよね」

律「風邪ひくとなりやすいのか?」

梓「抗生物質を投与すると、普段カンジダ菌を抑えてくれてる菌までやっつけてしまうんです」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:35:44.98 ID:4XUxVnbQ0
このあずにゃんは○済だということか

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:35:48.90 ID:JGfiJvWHO
あずにゃん詳しい…まさか…すでに男と…

63 :カンジダ!:2009/10/18(日) 14:37:00.53 ID:y07zOqUaO
律「なるほどぉ〜。さらに極めつけに石鹸でアソコをガシガシ…発症しない方がおかしいなそりゃ」

唯「あずにゃ〜ん、カンジダって自分で治せないの?」

梓「市販の薬は高いし効きにくいし駄目ですよ!病院に行った方が確実です。値段は初診料込みで三千八百円くらいで済みますから」

律「あっ…あずにゃん詳しすぎやしないか?」

梓「ギクッ…えっえっとあの…お母さんの友達が看護婦で…それであの色々聞いたり…」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 14:50:21.45 ID:JGfiJvWHO
あずにゃん…笑

65 :カンジダ!:2009/10/18(日) 14:53:31.25 ID:y07zOqUaO
律「……………」じーっ

梓「はぅうっ…」ドキドキ

唯「さすがあずにゃん物知りだねぇ〜毎日たぁっくさん勉強してるんだよね!うんうん。それでこそ私の後輩だよ!」

梓「…ごっごめんなさいっ!実は私もカンジダなんです…しかも小学生の頃から…」

律「やっぱり…ってええ!小学生の頃からぁ!? しかもまだ治ってないのか??」

唯「ひゃああ!あずにゃん体小さいのにみんなより進んでたんだねぇ」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:03:02.06 ID:hHro+WpUO
な…に…?
カンジタって…不治の病なのか…!?

67 :カンジダ!:2009/10/18(日) 15:14:15.57 ID:y07zOqUaO
梓「かっ勘違いしないでください!わ、私はその…ま、まだ処女です! 誰かからうつされたわけじゃなく、唯先輩のように洗いすぎてなっちゃったんです!」

律「そ、そうだよな(ほっ…後輩に先越されたかと思った)」

梓「カンジダは処女でも、むしろ幼稚園児でも発症するんですから!カンジダ=性病=非処女なんて勘違いしないで下さいね!女の子の体はデリケートなんですよ!」

律(あずにゃん、誰に向かって言ってるんだろう…?)

68 :カンジダ!:2009/10/18(日) 15:25:37.57 ID:y07zOqUaO
唯「ねぇ〜あずにゃん、小学生の頃からってことはカンジダって治らないの!?」

梓「はい。」キッパリ

ΩΩ「な、なんだってー」

梓「さっきも言ったようにカンジダ菌は元々誰の体の中にもいるんです。治療して症状を抑える事は出来ても、完治はしません。発症の原因に個人の生活習慣が大きく関わってるので、一度なると慢性化しやすいんです」

ΩΩ「な、なんだってー!」

梓「カンジダこそ、神が我々に下した試練なのかもしれませんね…」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:32:44.69 ID:hHro+WpUO
しかし全員にあるって事は…男にも…?

俺には関係なさそうだな

70 :カンジダ!:2009/10/18(日) 15:40:30.41 ID:y07zOqUaO
唯「うわぁーん!私不治の病にかかっちゃったよぉ〜!もう武道館にも行けないんだぁ〜」

梓「大丈夫です先輩!ちゃんと病院行って治療すれば症状は治まります!後は寝不足にならないようにしたり、バランスのとれた食事を心掛けて再発を防げば普通の生活を送れますから!」

唯「あ、あずにゃ〜ん」うるうる

梓「さぁ、今から一緒に病院行きましょう。私の行ってる所、優しい女医さんなので安心ですよ!」

律「良かったな、唯」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:43:19.54 ID:UTxjrYQz0
なんかカンジダの怖さとか正しい対処とか教えてるけど役に立つ層このスレに居るのかw

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 15:48:32.09 ID:hHro+WpUO
一人くらいはいるかも知れない…地球上に何人人間がいると思ってるんだ
64億人だぞ!

73 :カンジダ!:2009/10/18(日) 15:58:13.03 ID:y07zOqUaO
梓「それでは律先輩、失礼します」ぺこり

唯「りっちゃんバイバーイ!また明日」


律(ふぅ…やっと行ったか。そういえば澪大丈夫かな? むぎが保健室連れていったけど…)


澪「うっ、うーん…うーん…」

紬(澪ちゃんすごくうなされてる…やっぱりあの酒粕が相当ショックだったのね)

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:03:02.84 ID:hHro+WpUO
澪ちゃん……………











AmazonからBD4巻の番号のメール来ないかな

75 :カンジダ!:2009/10/18(日) 16:07:19.27 ID:y07zOqUaO
澪(うーん…。ん、クンクン。何かいい臭いがするなぁ…)

律「おっ!澪、目ぇ覚めたか?」

澪「あっ、律!あれ、ここは…?私達学校にいたんじゃ…」

律「何言ってんだよ!今日は唯の家でみんなで鍋パーティーしてんじゃないか!」

澪「あっ、あれ? あぁ!そうだよな、ははは。悪い、何か寝ぼけてたみたいだ」

憂「できましたよ〜!」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:16:17.04 ID:4XUxVnbQ0
wikiすげえ更新されてるこれ5スレ分くらいあるよな

まとめマジ乙です

77 :カンジダ!:2009/10/18(日) 16:19:24.48 ID:y07zOqUaO
律「うわぁ〜! すっごくうまそう〜!憂ちゃん本当料理上手だねぇ!本当にこいつと血つながってんのかぁ?」

唯「なによぉりっちゃんのいじわるぅ〜(●`ε´●)」

澪「美味しい〜!なぁこれ出汁は何なんだ?」

唯憂「うふふ…」

澪「な、何だ二人して不気味な笑いしやがって(…はっ!…こ、この白い物体は…)」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:24:43.14 ID:hHro+WpUO
これはひどい悪夢

79 :カンジダ!:2009/10/18(日) 16:28:30.31 ID:y07zOqUaO
唯「ジャーン!それは今朝私のアソコから出た酒粕でぇーす!」くぱぁ



澪「うギャアアアアアアアゴボゴボグボブッシャアアアアアア」

紬「きゃーっ澪ちゃんが寝ながら噴水のように嘔吐してる!」

紬(でも…美少女×嘔吐って萌えるわね…うふふしばらくこのまま眺めておこう)


〜完〜

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:37:55.66 ID:JGfiJvWHO
これはひどい

でも乙

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:42:58.33 ID:y07zOqUaO
SS初挑戦でした、キャラの喋り方とか間違ってると思います…。
長々とスレ汚しすみません。

>>1さん>>52さん、他支援して下さった方乙です

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:45:21.93 ID:4XUxVnbQ0


勉強になった
さて近所の小学生に教えてくるか

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:45:56.45 ID:hHro+WpUO
乙!

しかし性病にやけに詳しいなwもしかして医学部とか?

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:48:17.03 ID:UTxjrYQz0
これは澪ちゃんじゃなくても吐くわ・・・

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:53:23.03 ID:48B1Ibgd0
うギャアアアアアアアゴボゴボグボブッシャアアアアアア乙

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 16:57:49.20 ID:HnwHrE8H0
ひええ・・・


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:02:52.53 ID:hHro+WpUO
阿鼻叫喚ですね

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:15:35.61 ID:hHro+WpUO
閑散としてきたな

何がどうなってる…

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:27:50.88 ID:hHro+WpUO
まずい…いつもの空気になってきてるぞ!

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:28:25.49 ID:JGfiJvWHO
はーろー

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:38:17.51 ID:hHro+WpUO
ぷーろー

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:40:22.73 ID:y07zOqUaO
もう自分の作品がまとめに載ってる!こんなの初めてなので何か感激ww

しかしこれジャンルグロになるんだw次はもっと研究して爽やかなの書きます

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:46:57.28 ID:hHro+WpUO
是非とも頑張ってください、期待しております

まぁ、あれは誰から見てもグロ系だぜw

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:57:06.64 ID:krFVs79hP
さ「なんとふわふわ時間をリミックスしたいという人が現れました」

唯「すごいね私たち」

澪「それで、やりたいっていう人は一体誰なんですか?」

さ「えぇっと、スーパースターのどかっていってたわ」

澪「……」

さ「リミックス題もきてるわ、ふわふわ時間〜もう、律しか見えな」

澪「ちょっと急用が入った、席外す」

律「あ、私も……」

梓「紬先輩がフリーズしてる……」

唯「和ちゃんってそんなこともできたんだね、しらなかった!」


なんかごめん

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 17:58:35.07 ID:hHro+WpUO
律「ふんぬっ!はんぬっ!」ギシッ!ギシッ!

澪「もうやめて律!人がいないからってそんなに筋トレしちゃ…!」

律「離せ!」ガツン!!!

澪「ぐばぁっ!!」ドサッ

律「ちっ…ダンベルに血が付いたじゃねえか糞が」ペッ

唯「み…澪ちゃんが…澪ちゃんがぁ…」ガタガタ ギュッ

紬「り…りっちゃんがご乱心よ…」ブルブル ギュッ

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:16:48.86 ID:hHro+WpUO
梓「みゅんみゅんみゅん」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:23:57.98 ID:4XUxVnbQ0
りっちゃんの練習用ドラムバチはチュンリーの腕輪みたいなもの

98 : ◆PzD3ftv2xo :2009/10/18(日) 18:23:57.25 ID:5RO8SQxuO
久しぶりに来た気がする
さて、アニマル・ウォーズの続きでも



一通り説明を終えた時、薺が何かに気づいたように顔を見上げる。
薺「ムッ!何者か、この家に接近している!ような」
そう言うと薺は、家の外に飛び出していく。
純「まさか、さっき言ってたガガってやつ!?」
憂(お姉ちゃんだと思うけどなあ…)

唯(もうちょっとで家に着くよ!憂、無事でいて!)
私とムギちゃんと斎さんは、私の家の近くまで来ていた。
そこに、鳥に似た姿をした女の人が現れ、私達の前に立ちはだかる。
薺「止まれ!この先には……」
斎「やあ薺。その様子だと、能力持ちを見つけたようだね。という」
薺「斎!……という事は、その子達、先に目覚めた能力持ち?」
斎「そう言う事。という」

一方

あたしは全速力で自分ちを目指す。
澪「お〜い、律ー!」
梓「律先輩〜!」
あたしを呼ぶ声に振り返ると、後ろから澪と梓が追いかけてきていた。
律「おお、来てくれたのか2人とも!」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:29:36.87 ID:hHro+WpUO
>>97
チュンリーが腕輪をはずすとどうなるの?っと

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:35:42.94 ID:4XUxVnbQ0
>>99
リアルな話をすると
多分リュウからベガまでが消し飛ぶ
仮に腕輪ほどの質量の物体を外したら想像を絶する気功拳が発生する
ましてやスレチだからこの辺でやめておく

101 : ◆PzD3ftv2xo :2009/10/18(日) 18:39:32.37 ID:5RO8SQxuO
澪「全く、せめて理由を言ってから動けよ。急ぎたい気持ちは分かるけどさ」
律「悪い悪い。聡がヤバいって思ったら、自然と体が動いてたんだ」
梓「……彼氏ですか?」ニヤニヤ
律「んなわけね〜だろ!弟だ弟!」
家の近くまで来た時、戦闘中と思える騒音が聞こえてきた。
おいおいマジかよ!
聡「だりゃあああ!!」
そこに聡の叫び声が響く。
見ると、狸人間がデカいハンマーを振りかざしてガガと戦っている。
ああ、聡が狸か……なんか納得。
聡「おい姉ちゃん!見てないで手伝ってくれよ!」
おお、そうだった!
あたし達は聡に加勢する。
そこに、斎さんの仲間と思われるカラス女が現れる。
カラス女「てっつだうよ〜ん☆なんて」
な、なんか軽い奴だな……っていうか、語尾になんかしら付けるのは動物人間の癖かなんかなんだろうか?
まあ、今は目の前の敵に集中するか!

102 : ◆PzD3ftv2xo :2009/10/18(日) 18:40:40.95 ID:5RO8SQxuO
ちょっと召し

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:44:04.43 ID:hHro+WpUO
了解
俺も風呂

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:49:06.15 ID:4XUxVnbQ0
場つなぎ投下しる

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:49:53.33 ID:4XUxVnbQ0
律「私たちに足りないものが分かったぞ!」

澪「どうしたんだ、いきなり大声なんて出して」

律「足りないものだよ。今の私達に圧倒的に不足しているもの」

唯「なになに? りっちゃん教えて」

律「ズバリ協調性だ。バンドっていうのは全員で一つの音楽を奏でるものだろ」

澪「よく一人で走りすぎる奴が言う台詞じゃないぞ」

紬「でもりっちゃんの言うことは最もよ」

唯「きょうちょう、きょうちょう。そうだ、今日だけみんなの楽器をシャッフルすればいいんだよ」

梓「シャッフルって、交換するってことですか?」

律「なるほど、その手があったか。他のパートを実際にやってみればその気持ちが分かるんだよ。それじゃあ早速」

唯「ちえんじ!」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:50:02.72 ID:JGfiJvWHO
いってらっしゃい場つなぎ

律「とっはっ!」

唯「だめりっちゃん!それ以上やったら」

律「はぐっ!?くそ……」

唯「無理だよ!」

律「舐めるな!星の一つや二つ押し返して」

梓「あの2人はなにしてるんですか?」

澪「ガンダムごっこだってさ…」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:56:08.20 ID:4XUxVnbQ0
 >>105
唯「ムギちゃん。何で白い板と黒い板があるの?」

紬「黒い鍵盤は半音だからよ」

唯「半音ってなに?」

紬「両端の白い板の間の音ってこと」

唯「どうして間の音が必要なの。それなら全部の白い板の間に黒い板がないとおかしくない?」

紬「それは、後で自分で調べよっか」

梓「うわぁ大変そう。ギターやっててよかった」

澪「安心するところが違うだろ。それよりドラムって結構疲れるんだな」

律「おー? 澪はやっとドラムの大変さに気づいたのか」

澪「うん。ただ座ってるだけじゃリズムとれないし、手がこんがらがりそうだ」

律「だろだろー、やっぱりドラマーは凄いんだよ。ベースよりもな」

澪「なんだと。試しに一曲分のスコア貸しなさい」

律「はいよ。まあ澪に出来るとは到底思えませんけどー」

澪「くう……。いくぞ、えい!ふん!やあ!」

紬「まぁ、みおちゃんったら大胆」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 18:57:07.33 ID:QMqWrutmO
紬「しんゆう!」


ってSSいいと思います

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 19:02:17.60 ID:4XUxVnbQ0
 >>107
律「おい澪ちょっといいか」

澪「なんだよ、まだ途中だろ」

律「座りながらそんなに揺らしやがって自慢か! そうでもない私への当て付けか!」

澪「そんなとこばかり見るな!」

梓「ベースの時もストラップで強調して自慢かって言っていたような」

紬「細かいことは気にしちゃ駄目。楽しまなきゃ」

梓「どう楽しめばいいのでしょうか。あ、でもベースはちょっと楽しいです」

唯「ギターそっくりだもんねー」

梓「どの程度までそっくりと認識してるかは気になるところですが、まぁ大体そうですね」

紬「ドレミーレド、ドレミレドレー」

唯「あー、やっぱり最初にチャルメラやるよね」

紬「これ以上は指を痛めそうで怖いけど」

梓「固くなるまでが辛いんですよね」

唯「うんうん。それで絆創膏張るんだけど痛くない代わりに凄い滑るんだよ」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 19:05:46.82 ID:hHro+WpUO
>>109
なんだか耳が痛くなってきたよ

ギターずっと放置したままだ…orz

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 19:06:24.81 ID:4XUxVnbQ0
律「あい、ったーい!」

梓「言ってる側から痛がってますね」

律「なんじゃこりゃあ、手のひらをまな板にして果物切ってるみたいだ」

唯「ギータに優しくしないから痛い目をみるのだよ」

梓「さっきのは指の皮についてじゃなかったんですか?」

澪「うわあ、バチがすっぽ抜ける」

律「あいたっ! こら澪、気をつけろーい」

紬「あらあらうふふ」



一方廊下では

憂「ね。軽音部すっごい楽しそうでしょ」

純「うん、まあ。楽しそうではあるけど全く練習にはなってないと思う」


おわり

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 19:15:22.21 ID:hHro+WpUO
おっつ乙ん










ムギちゃんと神話になるような恋をしたい

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 19:27:04.70 ID:hHro+WpUO
律「…………………」カッカカッカカッカカッカカッカカッカカッカカッカ

澪「律、和太鼓で遊ぶなうるさい」

律「…………………」タッタカタンタンタッタカタンタンタッタカタンタンタンタンタン

澪「今度は行進で使う太鼓か?何でそんなうまいんだ…」

律「…………………」ドン!ドン!ドンドンドン!ドンドンドンドンッ ドンドン!

澪「野球の応援団がやってるあのリズムか…太鼓なら何でもできるんだな…」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 19:38:49.08 ID:hHro+WpUO
ふぅ………………




またしても過疎か

115 : ◆PzD3ftv2xo :2009/10/18(日) 19:46:25.21 ID:5RO8SQxuO
再開



戦いを終え、とりあえず家の中に入るあたし達。
カラス女「わたしは茅(かや)だよ〜。よろしくねん☆なんて」
いやだから軽いって!
なんてツッコミはさておき、聡に今の状況を説明する。
律「聡、お前自分の能力が分かってるみたいだったけど、なんでだ?」
聡「だってさ、姉ちゃんに連絡しようとして携帯持ったら……」
そう言って自分の部屋を指差す聡。
そこには、人間並みの大きさに巨大化した携帯やらシャーペンやらがあった。
ああ、あれじゃ気づかない方が変だな……。
澪「持ったものを巨大化させる能力か……」
梓「小さくは出来ないの?」
聡「い、いえ、やってないから分からないです。(なんか小さくて可愛いなあ、梓さん……)」
律「梓に惚れたのかな〜聡君?」ニヤニヤ
聡「なっ!?そっそんなんじゃねーよ!」カアア
茅「早速ち〜さくしてみよ〜ぜ!さとりん☆」
聡「さとりんって……」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 19:48:58.60 ID:hHro+WpUO
ひゃっほうしえん




しかし眠いから俺はもう寝るぜ

俺の夜は早い

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 19:59:07.41 ID:wne7Uq+J0
以前別スレ立てて落ちた話の続きをここで書かせていただきたいんですがよろしいでしょうか?

形としては
1、以前投稿したものから順番に
2、新作だけ順番に
3、以前投稿したものには下手ですがイラストをつけて再投稿(下手なうえに遅くなります)
4、旧作と新作を同時進行で
というのを考えてるんですがどれがいいでしょうか?

一応けいおん!と別の萌え4コマとのクロスなんですが…

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:06:51.96 ID:48B1Ibgd0
1か3がいい

新作も後日投下してくれたらうれしい

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:19:30.12 ID:QMqWrutmO
唯:姉
澪:妹
律:姉
紬:?


唯と律は話が合いそう

120 : ◆PzD3ftv2xo :2009/10/18(日) 20:20:58.37 ID:5RO8SQxuO
聡は携帯を小さくする為に携帯に近づく。
そして聡が携帯に触ると、携帯は元のサイズに戻った。
その時、梓の携帯に唯から電話が来る。
唯『りっちゃ〜ん、そっちは大丈夫?こっちはね〜、憂がリスさんで純ちゃんがハムちゃんなんだよ〜!』
梓「とりあえず2人とも無事って事ですね、良かったあ」
あたしは梓から携帯を借り、またムギの家で合流しようと約束して、梓に携帯を返す。

琴吹邸

私達は憂と純ちゃんと薺さんを、りっちゃん達は聡くんと茅さんを連れてムギちゃんちに集まった。
律「なんか、一層賑やかになったな」
聡(やべー、女の人だらけで緊張してきた……)ドキドキ
澪(憂ちゃん可愛いなあ……)
斎「さて、これからどうするかを考えようか。という」
薺「考え、なかったの!?ような」
茅「たは〜☆つまり無念無想!なんて」
梓「いや、それは違うと思いますけど」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:31:51.76 ID:JGfiJvWHO
4炎

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:49:36.28 ID:JGfiJvWHO
カソリッくでつか

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 20:51:01.36 ID:4XUxVnbQ0
1がよかと

124 : ◆PzD3ftv2xo :2009/10/18(日) 20:58:02.91 ID:5RO8SQxuO
唯からの電話のりっちゃん→あずにゃんに修正



唯「とりあえず、ガガのアジトを探すってのはどうかな?」
紬「手がかりなしで探すのは時間がかかるんじゃないかしら?」
唯「う〜ん、それもそっか」
律「ならさ、ガガを尾行してみるってのはどうだ?」
澪「そういう事だったら斎さんがやってるんじゃないか?」
斎「うむ。ガガの来る方向を逆にたどったけど、アジトらしい場所にはたどり着けなかったよ。という」
紬「という事は、ガガは何らかの方法で転送されて来るって事ですね?」
斎「そうなるね。という」
う〜、はなしがむずかしくてついていけないよ〜……。
梓「じゃあ、転送を止める事が出来れば、ガガはもうこの世界には来ないんですね?」
私は皆さんに、ひとつの作戦を提案する。
梓「まずは、恐らく複数あるガガの転送ポイントを特定して、そこを攻めて転送出来なくするんです。そうすれば、アジトから派兵せざるをえなくなるはずです。」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:04:14.34 ID:4EL2Q9Mq0
ガガがガガガにしか見えなくなってきたわけなんだが

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 21:20:57.34 ID:JGfiJvWHO
くぱぁ

127 : ◆PzD3ftv2xo :2009/10/18(日) 21:38:30.69 ID:5RO8SQxuO
律「ローラー作戦ってやつか!んじゃまずは転送ポイントってのを探さねーとな!」
茅「なるほど〜☆そういう事なら任せて〜!なんて」
薺「探すのは、得意技な。ような」
斎「うむ。では早速行くとしよう。という」
そういうと斎さん達は、転送ポイントを探しに街に繰り出した。
澪「そういえば、憂ちゃん達はどんな能力なんだ?」
憂「えっと、私はテレパシーみたいな能力です」
純「私はコピー能力ってとこですかね」
梓「コピー?」
純は唯先輩の肩に触ると、遠くの椅子めがけてパンチをした。
すると、椅子が吹き飛んで壁に叩きつけられる。
律「なるほど、触った人の能力をコピー出来るのか」
純「まあ、直前に触った人のだけですけどね」
澪「って事は……」
澪先輩は純の手を握ると、近くにあったほうきを渡す。
ほうきは純が持ったと同時に、槍に姿を変えた。
唯「カカシ先生〜!」
律「写輪眼ならぬ写輪腕ですか!」
純「よく分かんないですけど、多分そんな感じです」

128 : ◆PzD3ftv2xo :2009/10/18(日) 21:48:31.93 ID:5RO8SQxuO
律「うし!んじゃあたし達も調べに行こうぜ!」
唯「チーム分けしようよ!りっちゃんと聡くんと澪ちゃんとムギちゃんがチームAね!」
澪「いや、勝手に決めるなよ!それでいいけど」
梓「じゃあ、私と唯先輩と憂と純がチームBですね」
澪「それじゃあ純ちゃんは私の能力をコピーしておくといいな。そっちは戦闘向けの能力が少ないから」
純「そうですね」
そうして私達も、斎さん達に続いてそれぞれ転送ポイントを探しに街へ繰り出した。



続く

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:08:58.82 ID:48B1Ibgd0
一旦乙

130 :117 ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 22:19:13.11 ID:wne7Uq+J0
最初から投稿でも構わないということですので
以前投稿した分、その後書き溜め多分など順次投稿していきたいます。

131 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 22:20:59.95 ID:wne7Uq+J0
律「歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ!」

澪「雪乃って…あの雪乃?マジ!?」

律「あの“歌姫”雪乃!
 本名は白石雪乃って言って、1年3組なんだって。
 明日見に行こうぜ。」

澪「1年3組と言ったら唯のクラスだな。」

紬「そういえば今日軽音部に興味のあるクラスの子を連れてくるって
 唯ちゃん言ってたけど…」

律澪「え…?はは…まさか…w」

唯「みんな、おいーっす。
 昨日話してたクラスの子連れてきたよ。
 あ、遠慮しないで入って!」

雪「こんにちわ…平沢さんのクラスメイトで白石雪乃と言います。」

律澪紬(本当に本物連れて来やがったー!?)

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:25:31.52 ID:4XUxVnbQ0
オリキャラktkr

133 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 22:25:59.72 ID:wne7Uq+J0
唯「もー、唯って呼んでって言ったじゃん!雪ちゃん!」

雪「ごめんなさい…名前で呼ぶの、慣れてなくて…」

律(どどどどうする!?
 本物だよ!本物の『雪乃』だよ!
 顔ちっちぇー!色白っ!オーラがすげー!!)
澪「」
紬(と…とりあえず、入部希望ということでいいのかしら?)
澪「」
律(みおー、とりあえず目を覚ませー)

唯「ムギちゃん!取り敢えずお客様にお茶とお菓子を!」

紬「そ…そうだったわね。ごめんなさい。」


134 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 22:30:56.98 ID:wne7Uq+J0
唯「ささ、雪ちゃんもこっちに座って。」
唯「ムギちゃんのいれてくれるお茶とお菓子!すっごく美味しいから食べてみてよ〜」

律(なんで唯が自慢げなんだ―!?)

紬「…どうぞ。」

雪「ありがとう。
 ……あの…」

紬「………」

唯「ん?どうしたの?見つめあっちゃって?」

紬「ん?あ、実は私雪乃さんと会うのは初めてじゃないから…琴吹紬って言うんだけど覚えてる?」

雪「うん。琴吹さんの娘さん。」

紬「その節はどうも。」

律(なんでムギは普通に芸能人と知り合いなんだ!?)


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 22:31:37.45 ID:4XUxVnbQ0
クロスだったね。ごめんね

136 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 22:32:34.64 ID:wne7Uq+J0
>>132
一応コミックハイで連載中のあいたまってまんがの雪乃さんをモデルにしています…
正直、だいぶクロス元の原作からはかけ離れてますけど…

137 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 22:38:19.67 ID:wne7Uq+J0
澪「あがgg…」

律「取り敢えず帰ってこーい。
 いくらなんでも失礼だぞ―」

紬「でも、雪乃さん、なんでこの部活に?
 雪乃さんくらいの人だったら学校の部活動じゃなくても
 音楽活動なんていくらでもできると思うけど。」

雪「??
 音楽活動はいつでもできるけど
 学校の部活動は今しかできないから。」

唯「何かいい部活動がないか探してたから軽音部を紹介してあげたんだよ!」


138 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 22:46:35.20 ID:wne7Uq+J0
紬「でも、私はよく知らないんだけど…その…契約とかで部活動での音楽活動って…大丈夫なのかしら?」

雪「契約?部活動くらいなら別に…え?音楽活動?」

紬「………あれ?」

律「いや…一応軽音部だしバンドとかやるつもりなんだけど…聞いてなかった?」

雪「……??」(ふるふる)

紬「唯ちゃん。雪乃さんに軽音部のことなんて説明したの?」

唯「えーっとねぇ。
 放課後にみんなで集まって、
 まったりとお茶しながらお菓子を食べて、お話しするんだよ〜…って。」

律「バンドについて触れてねぇー!
 お前のせいかい!!」


139 :監察医のどか:2009/10/18(日) 22:47:26.47 ID:F2hpOF42O
手術台に一体の死体が横たわっていた。原因不明の不審死でここ観察局に運ばれた

私は生前のこの人物を知っていた。高校の同級生、田井中律だ

和「…律」

私は律の体にメスを入れた

140 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 22:53:19.45 ID:wne7Uq+J0
律「かくかくしかじかと、言う訳なんだ。
 軽音部は名前の通りバンドをやるからさ。
 いや、バンドと言ってもまだ、メンバーが集まったばっかりでろくに演奏もできないんだけど…
 白石さんって歌手なんだよね?
 もしかしたら物足りないんじゃないかな―って思うんだけど、どうかな?」

雪「……」

唯「なんだよりっちゃん!
 せっかく来てくれたのにまるで入部してほしくないような言い方じゃん!」

律「いや…そういう訳じゃないんだけど、
 つか、入部してくれたら嬉しいんだけど、
 住む世界が違うというか…」

紬「唯ちゃん。アーティストの“雪乃”って知ってる?」

唯「知ってるよ!すっごくきれいな曲歌ってるし、私大好きなんだ!
 そういえば“雪乃”って私たちと同い年なんだよね。
 すごいよねー、同い年なのに。」

紬律「…………」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 23:00:53.85 ID:4XUxVnbQ0
きょうは ほうさく の よかん

142 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 23:03:03.39 ID:wne7Uq+J0
律「唯…ここにいる白石さんが…その“雪乃”なんだ…」

唯「またまたりっちゃんご冗談を…」

紬「本当よ、唯ちゃん。」

唯「雪ちゃん、マジ?」

雪「うん(///」

唯「え゛―――――――――!?」


143 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 23:16:41.10 ID:wne7Uq+J0
唯「雪ちゃんが雪乃って…(ワナワナ」

雪「黙っていたのはごめんなさい…でも…隠してるつもりじゃなくて…」

唯「雪乃と言ったらデビューシングル『ユキノハナ』でロングランヒットを飛ばし
 2ndシングルの『湖面の月歌』は三十万枚以上売り上げてオリコン1位を獲得して
 3rdシングルは…」

紬「唯ちゃん…『雪乃』のこと詳しいのね…」

雪(//////

律「あと、白石さんがそろそろ限界っぽいから勘弁してやってくれ…」

144 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 23:27:34.27 ID:wne7Uq+J0
澪「は…初めまして!秋山澪と申します!!」

唯「あはは、あいさつが固いよ、澪ちゃん。」

律「こいつは昔からあがり症だからな〜
 ゲーノージンを前にして舞い上がってるんじゃないのか〜?」

澪「律!お前!そういう言い方するな!」

律「お〜怖い怖い。
 雪も殴られるから気をつけた方がいいぞ〜!」

澪「誰が殴るか!」(ボカッ)



145 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 23:32:19.47 ID:wne7Uq+J0
唯「ねぇねぇ!せっかくだから雪ちゃんにも聞いてもらおうよ!」

律「なんだ?チャルメラをか?」

唯「そうじゃなくて!
 私が初めて来たときにやってくれた、『翼をください』だよー」

澪「」

律「いや…いやー…何というかあれはまだ人様に聞かせられる程のものでもないし…
 雪乃さんが聞いたらショックを受けるのではと…」

唯「なんで目を合わせてくれないの?りっちゃん!
 ねぇ〜ムギちゃん雪ちゃんにも聞かせてあげて〜」

紬「そ…そうねぇ…雪乃さんはどうかしら?聞いてみたい?」

雪「うん…」(うなずく)

律(そのフリで聞きたくないと言える人はいないと思うぞ、ムギ!)

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/18(日) 23:36:16.12 ID:vDGmyp4DO
シェンカー

147 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 23:41:36.76 ID:wne7Uq+J0
律「んー…まぁ、本人が聞きたいっていうならいいけど
 あんまり期待すんなよ。私たちまだ登り始めたばかりなんだから、このバンド坂を。」

澪「なに!?本当に演奏するの?“雪乃”の前で!?
 ムリ!ありえないから!」

律「あきらめろ。
 それにもしかしたらこれがきっかけで一気にメジャーデビューして
 とんとん拍子で武道館ライブまでこぎつけるかもしれないじゃないか!」

雪「武道館?」

律「私たちはこの軽音部のみんなで武道館ライブを目指してるんだ!
 “雪乃”さんとは、目指す道のりは違うかもしれないけど…」

雪「………」


148 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 23:48:00.56 ID:wne7Uq+J0
えんそう!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

雪「すごく…素敵だった。」(立ち上がり拍手)

唯「ね!すごいでしょ!すっごく楽しそうでしょ!」

紬「雪乃さんと一緒にお仕事されている方たちと比べられると…恥ずかしいけど。」

雪「すごくよかった。」

澪「」

律「澪、落ち着け―帰ってこいよ〜」



149 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/18(日) 23:54:42.40 ID:wne7Uq+J0
雪「あの…お礼になるか分からないけど…
 私も一曲歌わせて。」

澪律紬「マジ?歌ってくれるの!?」

雪(うなずく)

唯「雪ちゃん演奏は?楽器はできるの?」

雪「……ギターとピアノなら少しは…」

律(“雪乃”の生歌だよ!こんな近くで!
 こんな機会二度とないかもしれねーぞ!!)
澪(いいのか!?こんなところで歌わせちゃって!!)
紬(私たちの為だけに歌ってくれるなんて…)



150 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 00:00:30.23 ID:pLmXOvBJ0
唯「雪ちゃんギター使うの?
 これ、私のだけどよかったら使って。」

律(ギターを持つ姿もやっぱ様になってるな!)(wkwk
澪(な…なんかオーラのようなものを感じる!)(wkwk
紬(雪乃さんの演奏って…一体どんな演奏なのかしら?)(wkwk

雪「行きます」

じゃ〜ん

律(うわー、微妙だー!)
澪(下手って訳じゃないけど…微妙だ―!)
紬(雪乃さんギターはあまり得意じゃなかったんだ…)
(曲が前奏から歌に入る)

雪「〜♪」

律澪紬(!!………)

雪「〜♪」

律澪紬(こ…これが“歌姫”の歌声…すごい…
 力強さがあるのに透明感があって、引き込まれそう!!
 でも…
  演 奏 の 手 は 止 ま っ て る ! ! )

唯(雪ちゃん弾き語りはできないんだ)

151 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 00:04:47.32 ID:pLmXOvBJ0
雪「〜♪(曲終了)
 ………!!」(ジャーン)←思い出したように最後ギターを鳴らす音

律(忘れてたな…)
澪(ギター弾いてるのを)
紬(完全に入り込んじゃってたわね)



152 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 00:06:22.75 ID:pLmXOvBJ0
唯「すごいね雪ちゃん!私引き込まれちゃいそうだったよ!」

澪「うん。ギターは…置いとくとして
 アカペラでも凄かったよ。感動した。」

律「言葉にならないって言うのはこういうことを言うんだろうな。
 プロの歌声ってのをここまで間近で聞いたの初めてだったけど
 声の広がりとか、すごいんだな…」

雪「置いておく…ギターは置いておく…」

律(落ち込んでるー!”雪乃”が澪の一言で、おちこんでるー!!)



153 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 00:07:35.32 ID:pLmXOvBJ0
律「それじゃあ、もしよかったら明日も練習やってるから来て。」

唯「じゃあね―雪ちゃん。また明日!」

雪「お先に失礼します。」

(バタン)

律「……」
澪「……」
紬「……」

律「明日も来るかな?」

澪「いや、来ないだろ。」

紬「最後はちょっと落ち込ませちゃったし。」

律「澪の言葉でな!」

154 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 00:09:15.75 ID:pLmXOvBJ0
澪「え゛!?
 いや、そんなつもりはなかったんだけど…
 怒らせちゃったかなぁ?」
唯「でも凄かったよね!雪ちゃんの歌声!」

律「あれがプロの実力ってやつなんだな…生で聞くとすごさが分かるわ。
 モノが違う…」

澪「なに弱気になってんだ?
 私たちはプロになって“雪乃”だってまだやってない武道館を目指すんだろ。
 “雪乃”にびびってちゃだめだろ!」

律「それを澪が言うか〜?一番ビビってたくせに!w」



155 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 00:10:21.47 ID:pLmXOvBJ0
翌日放課後

雪「これ、入部届け…」

律「マジ?なんで!?
 これ、外泊証明書じゃないよ!?」

雪「皆さんと目指したいから…武道館…」

紬「…それじゃあ決まりね。」

澪「まままままじか!?」

雪「平沢さんも。誘ってくれてありがとう。これからよろしく。」

唯「もー!私のことは唯って呼んでって言ったじゃん!
 みんなは、ムギちゃん、澪ちゃん、りっちゃん!」

雪「…唯ちゃん(///
 ムギちゃん、澪ちゃん、りっちゃん(///
 よろしくお願いします。」

紬(あらあら…かわいいわねぇ)


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 00:13:42.63 ID:x3/mp0V30
なんというスピード

157 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 00:14:23.02 ID:pLmXOvBJ0
取り敢えず今日はここまでで…

雪乃さんへの過剰な評価があって、けいおん!ファンの皆様には
不快な表現もあったかもしれませんがご勘弁ください。
多分今後、設定や性格など(特にあいたまに関しては)色々改変があるかと思いますが
“この世界の桜高軽音部のメンバー”はこういう風なんだとご理解いただき
生温かく見ていただけると幸いと思います。

それでは…

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 00:16:51.02 ID:Zv3L63TfO
一旦オズ


雪乃って人がよくわからないから明日ググってみよう

159 :マキシマムザタンポン:2009/10/19(月) 00:27:27.03 ID:vpWpfeRAO
澪「何か面白そうなライブないかなぁ〜」ポチポチ

澪「ん…。 あっ…これは!」

『地獄絵図2009 ホルモンVS JK 女子高生とモッシュモシュしてやんよ*』

澪「 やったぁっ! 来月地元にマキシ○ムザホルモンが来るみたいだ!絶対見にいくぞ!」

『参加資格 現役女子高生』

澪「へぇ〜今回のライブには女子高生しか参加出来ないのか。よーし、みんなも誘おう!」

澪「えーとチケットはいくら…えっ!?」

『参加費 使用済みタンポン』

澪「!!!!?????」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 00:40:32.38 ID:pEJy3m4YO
タンポン要求するとかめっちゃ怪しいなwww
しえん

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 00:51:28.66 ID:pEJy3m4YO
ペロ…本格的に誰もいなくなったっぽい味!

162 :マキシマムザタンポン:2009/10/19(月) 00:52:41.87 ID:vpWpfeRAO
部室

澪「…なあみんな、マキシ○ムザホルモンのライブ行ってみたくないか? 来月地元であるんだけど…」

律「ホルモン!?マジで!?行く行く!! ナヲ姉は私の心の師匠だからな!!」

紬「私も行きます! ああいう激しいライブ一度行ってみたかったんですよ〜うふふ」

唯「ホルモンってなぁーにぃ〜? 焼き肉〜?」

梓「バ、バンドですよ…」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 00:52:46.03 ID:x3/mp0V30
>>157乙ん

雪乃っての情報が少なくて掴めないけど期待してる

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 00:55:09.43 ID:x3/mp0V30
タンポンに火をつけて投げる小学生を思い出したねる

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 00:57:12.94 ID:pEJy3m4YO
ずいぶんと未来に生きてる小学生だな
理解できない…

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:13:37.31 ID:pEJy3m4YO
律「ふんぬらば!」グイイッ

唯「す…すごい…!ドラムセットを軽々と…!」

律「んんっ…(ズシィン)………ふぅ、筋トレの成果だな」ガッハッハッ

紬「男らしい笑い…こんなの、りっちゃんじゃないわ…!」ブルブル

唯「ムギちゃん…私怖いよぉ」ガタガタ ヒシッ

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:18:00.84 ID:BPv1PI9j0
>>157

明日も舞ってる

168 :マキシマムザタンポン:2009/10/19(月) 01:21:22.43 ID:vpWpfeRAO
律「ところでチケットは取れそうなのか? Mステで今日本一チケットが取れないバンドって言われてたじゃん」

澪「お、おう。チケット…が何て言うか…その、普通のチケットじゃなくて」

梓「あっ何か聞いたことあります。企画ライブといって毎回参加費がお米や図書券なんですよね!」

澪「ま、まあそうなんだけど…」

紬「わぁ面白い!でしたら私にお任せ下さい!皆さんの分まで金券を用意しますから」

唯「はふ〜ん、むぎちゃんおかねもちぃ〜♪」

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:29:30.38 ID:pEJy3m4YO
参加費が物ってマジか
タンポンが違和感なく思えてきた…

170 :マキシマムザタンポン:2009/10/19(月) 01:36:57.20 ID:vpWpfeRAO
澪「い、いや…今回の参加費は金券じゃないんだ…」

律「じゃあ新鮮な野菜とかか?」

梓「何かお供え物みたいですね」

澪「…………タンポンなんだ」

律「えっ?何だって?澪もう一回」

澪「タンポンなんだ!! その…生理用品の、タンポン! しかも使用済みの!」

律紬梓「エェーーー!!!!????」

唯「きりたんぽたべたいなぁ〜」

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:50:58.02 ID:pEJy3m4YO
紬「いたた…肩が痛くてキーボードが持てないわ…」

律「なんだ、持てないのかムギ…よし任せとけ」ガッシ

紬「ああ、りっちゃんやめて!ドラムセットの上に置いて運んだらきっと落ちるわ!」

律「任せとけって!な!」バシンバシン

紬「んぐっ!げほっ!」グラッ

唯「背中を叩いただけであの威力…!だめ!りっちゃんやめてー!」

紬「唯ちゃん来ちゃだめー!…仕方ないのよ…力に勝る物はないわ…げほっ」

律「ガハハ、さぁ行くか!合宿の地へ!」ドシーン!ドシーン!

唯「怖いよ…りっちゃんがもう人間じゃないよ…」ポロポロ

紬「うぅ…」メソメソ

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:59:08.22 ID:vpWpfeRAO
一旦寝ましゅ〜

ちなみに実際に女性限定で参加費がタンポンだったライブがあったみたいです。
さすがに未使用の物だとは思いますが…

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 02:08:42.42 ID:BPv1PI9j0
昔使用済みタンポンを会場に来た客に一名様限定で渡した声優がいたそうな

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 02:20:02.22 ID:pEJy3m4YO
>>172
いったん乙

>>173
酷い売名行為だなwwwwww

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 02:23:35.05 ID:BPv1PI9j0
(U^ω^)……

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 02:33:51.07 ID:pEJy3m4YO
(U^ω^)<アルトくぅ〜ん

それを見てもこれしか思いつかない

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 02:41:54.32 ID:VtvrX8ArO
うりゃ!

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 02:50:51.36 ID:pEJy3m4YO
律「チッ!また過疎か!」ギッシギッシ

唯「りっちゃんがベンチプレスを…」

紬「あれ80kgあるわよ…」

律「一万とんで3…一万とんで7…」ギシッギシッ

唯「早すぎて見えないや」

紬「そういえば病院に搬送された澪ちゃんは元気かしら…」

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 02:59:08.25 ID:H0+oYAwu0
>>178

5年後

ユイータ「バッバカな!?ヤツは下級戦士のはず!!それが…どうして!?」

ムギッパ「15000、2万…まだ上がっています!!」

リツウ「へへ…オラわくわくしてきたぜ」

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 03:03:09.20 ID:pEJy3m4YO
>>179
ワクワクすんなwwwwwww




しかもその設定だとムギちゃんが死亡してしまう…なんてこった…

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 03:24:50.44 ID:pEJy3m4YO
やべえマジで誰もいなくなったんか

場つなぎ単発の筋トレりっちゃんネタも尽きてきたぞ

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 03:46:10.13 ID:pEJy3m4YO
律「はぁっはぁっ」グンッグンッ

唯「今度はスクワットを…」

紬「りっちゃんが筋肉ダルマになっていくわ…狂気すら感じる…」

澪「ただいま…って何そのアスリート体型」

律「ん、誰だ?そこのモヤシ女」

澪「誰がモヤシだ!」ガツン!

律「効かんなぁ」ポキッポキッ

澪「ヒ………」ゾクッ

律「クク…………うるさい小蠅は潰しておかんとな」スタ…スタ…

澪「や、やだああああ!!」

※放送できない惨状になってしまいましたので、音声のみでお楽しみください。

ゴスッヌチャ
ゴキィ!メコォッ…ズル…ズル…
ブチィ…ブチッ…グチュ…

唯「」ガチガチ

紬「」ブルブル

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 04:06:15.23 ID:pEJy3m4YO
ここまで来たらもう大丈夫かな
間隔は一時間くらいだった気がするし

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 04:14:33.58 ID:pEJy3m4YO
心配だからもう一丁

さて、寝るか

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 04:33:49.70 ID:pEJy3m4YO
やっぱ心配だしさらにもう一声


よし…寝よう、今度こそ寝よう

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 05:41:58.48 ID:pEJy3m4YO
おはよう




おはようもくそもないか
それにしても眠い…一応七時間ほど寝てるはずなんだが

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 05:44:02.27 ID:VtvrX8ArO
私天倉です

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 05:57:57.84 ID:pEJy3m4YO
そんなことはわかってるんです




二時過ぎたあたりから今までの時間帯で誰もいなくなってたから落ちやすかったことがわかった
日中の人の少なさも深刻だな…

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:26:35.67 ID:pEJy3m4YO
もう今日だけでどれだけりっちゃんがムキムキになったのかわからない…

ほら、過疎るとまたりっちゃんが筋肉ダルマ化するぞ!ネタがあればだけど!

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:43:57.29 ID:pEJy3m4YO
SCANDALの少女Sっていい曲だよな、澪ちゃんが作りそうな歌詞だし
澪「さっきまでと〜言ってることっ違うじゃない♪」








だがカバーをした上アレンジしたことは許さん
SCANDAL版の出だしも好きと言えば好きなんですがね、どうもキーボードがいないのがねぇ

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 06:58:48.03 ID:pEJy3m4YO
ハ イ パ ー 俺 の 一 人 語 り タ イ ム









なんだこの酷い空間は

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:06:04.80 ID:BPv1PI9j0
おやすみ

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:07:46.93 ID:mC9yIVNK0
いくつかVIPでけいおん!SSを書いたけど、初めてここの存在を知った
いっつも「で検索してるだけだからなー

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:10:51.44 ID:pEJy3m4YO
そんなに見つけづらいか…
稀に上に上がってることがあったりするはずだが…

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:17:18.10 ID:mC9yIVNK0
>>194
うむ、上がってたから見つけれた

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:25:04.21 ID:pEJy3m4YO
まぁゆっくりしてけよ
たまに投下はあるし、暇ならwikiにある奴とか読んだり自分でもSS書いてみるといいさ
むしろ書いてほしい限りだが

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:50:36.44 ID:mC9yIVNK0
うーむ、ここを見つけたのはいいが、今後SS書くとき
ここに書くのがいいのか、今まで通りスレ立てて書くのがいいのか、いっそのこと両方にするのか
どれがいいのだろうか?

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:51:41.41 ID:pEJy3m4YO
ゲーセンにて

律「ふーむ」グッグッ

律「ふんはっ!!」ドッ!

唯「わぁ…りっちゃんのパンチ力が180だよ…」

紬「いつか私たちも殺されかねないわね…ああ…澪ちゃん…」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:54:56.03 ID:pEJy3m4YO
>>197
100レスに近くなるようなSSなら単体、100行かないくらいならこっちでやればいいかと

そこは個人の自由だけど、感覚的にはそうしてるよ俺は

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:57:46.39 ID:mC9yIVNK0
>>199
アドバイスさんくす

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 07:58:46.56 ID:FEfNszdH0
不覚にもブロントさんを連想してしまった

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 08:05:23.28 ID:pEJy3m4YO
なぜwwwwww

ともかく仕事行ってくるわ
筋肉りっちゃんネタで保守してもいいよ

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 08:13:09.66 ID:mC9yIVNK0
ブロントさんはリアルモンクだからな!

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 08:46:20.10 ID:lUH6TfqiO
ゆっくりしていってね!

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 09:49:18.78 ID:x3/mp0V30
普通の軽音部


唯「ねえねえ。クッキーとマドレーヌってどっちがカロリー高いの?」

澪「どうしたんだいきなり。そりゃあマドレーヌじゃないか」

紬「あら。結構膨張するからそんなに変わらないはずよ」

梓「もう食べ終わっちゃってますから分かりようがないですね」

律「あのさ、掃除で遅れた私の分は取っといてくれなかったのか?」



ブロンティストな軽音部

唯「おィイ?クッキーとマドレーヌどちらがカロリーの高い方を選ぶわけ(謙虚)」

澪「何いきなり話題振ったりするわけ?マドレーヌなのは確定的に明らか」

紬「まただよ(笑)割とよく膨張するしそんなに変わりにいのだが」

梓「食既に時間切れつまりどうやったって分かる証拠だよ」

律「ほう、掃除封印がとけられてきょうきょ参戦したのに汚いなさすがにおれの怒りが有頂天になったわけだが」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 10:45:11.43 ID:Zv3L63TfO
あげとくか

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 10:46:41.06 ID:lUH6TfqiO
ポス

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:22:00.27 ID:BPv1PI9j0
おはやう

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:47:19.29 ID:BPv1PI9j0
から

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:51:22.88 ID:x3/mp0V30
おやすみ

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:52:13.29 ID:BPv1PI9j0
まで

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 11:59:22.33 ID:lUH6TfqiO
あなたを

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:01:25.23 ID:BPv1PI9j0
琴吹財閥は

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:18:23.10 ID:pEJy3m4YO
あなたの人生の揺りかごです

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:20:46.86 ID:pEJy3m4YO
あかんwww更衣室の横になれる休憩スペースでいびきかいとるおっさんがいるwwwww
やめえwwwwww他人のいびきなんぞ人生初めて聞いたわwwwwwwww

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:22:02.86 ID:BPv1PI9j0
鼻摘んでやれ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:25:39.68 ID:pEJy3m4YO
いや、問題ない
時々静かになりよるからな




しかしいびきが出てくるたびに吹いてしまうなwwwwwwちょっと離れよう

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:34:06.20 ID:pEJy3m4YO
仕事に戻るか

さて、りっちゃんの肉体改造も限界っぽいし次はどうするかな

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:38:03.54 ID:BPv1PI9j0
>>218
みおの肉体改造
そして紬がそれをみて…

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 12:51:19.46 ID:4hDHWU7dO
かきかき

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 13:55:29.07 ID:x3/mp0V30
書き溜め中

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:06:56.01 ID:bpSNWJZXO
こないだペルソナ4の話書いたのの続きを書いてるんだけど、
まだ1話分書ききってないんだけど投下してもいい?
キリのいい所まで書いてからの方がいいのかな?

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:23:00.43 ID:4hDHWU7dO
>>222
DOCHIRADEMO!!

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:26:12.85 ID:BPv1PI9j0
>>222
キリがいいとこで頼む

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 14:30:02.58 ID:bpSNWJZXO
おk
続き書いてくる

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 15:16:20.83 ID:BPv1PI9j0
待ち

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 15:16:36.86 ID:Zv3L63TfO
かわいらしい

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 15:37:49.59 ID:4hDHWU7dO
(澪ちゃんが通ってた塾)
河合らしい

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 15:41:29.22 ID:904hX+Sx0
バンドアニメじゃなくバントアニメにすれば川相らしい

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 15:50:58.21 ID:BPv1PI9j0
屁ぇ

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 16:16:06.62 ID:904hX+Sx0
タイムウォーカー澪

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 16:32:43.65 ID:BPv1PI9j0
紬の眉毛を片方だけ刈りたい

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 17:01:03.17 ID:HjTVJPAWP
唯「ムギちゃんの眉毛がマジックテープだった」

唯「あとりっちゃんのカチューシャもマジックテープだった」

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 17:17:36.83 ID:Zv3L63TfO
太陽神と俺とあずにゃん

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 17:22:54.60 ID:pEJy3m4YO
>>219
彼女はすでに二度も死んでいます

筋肉ダルマとなった律によって…

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 17:37:48.09 ID:x3/mp0V30
10年後のけいおん予想


唯→短大へ進学後、友達に多く恵まれ充実した二年間を過ごす。
   デザイン会社へ就職し雑用の多さに不満はあるが最近は通る企画も多くなり一喜一憂するもちょっとしたミスでよく怒られている。
   取引先の同年代の男性と密かに交際を続けている。

澪→大学へ進学後、目標を高く置きやや寂しい勤勉な生活を送る。
   なんとか国家公務員になるも理想と違う職場に戸惑いながら率先して仕事をするが周りの視線はやや冷たげな小さな出世頭。
   容姿から頻繁に交際を迫られるも男性恐怖心から断っていたが同窓会で再開した優しそうな男性といい感じになっているという噂。

紬→海外の大学へ進学後、賑やかで煌びやかなキャンパスライフを送る。
   父の会社へ就職し早いうちから一つの課を任され仕事の多さに戸惑いながら一つづつ着実にこなしていく姿勢が評価されている。
   許婚との結婚を間近に控えており順風満帆なのだが大学時に交際していた男性から求婚されるなどこれから一悶着起きそうな予感。

律→低めの大学へ進学後、音楽サークルに加入して騒がしい日々になる。
   サークル内の先輩と結婚し共に退学して音楽の道をひた走るが上手くはいかず未だ夢を追う夫を応援しながらパートに出ている。
   一児の母となりまたお腹に小さな命を抱えていて生活は楽ではないけれど子供がいれば毎日が楽しいそうだ。

梓→父の推薦する音大へ進学後、割と普通な大学生活を送る。
   作曲活動に明け暮れるが才能は認められず両親のコネで小さな音楽事務所へ入るもいつか実力でと野望を抱くが失敗するのはいつも人間関係ばかり。
   何度か交際の機会はあるも毎回相手に逃げられてしまいいい加減に観念したのか見合いを受ける覚悟を決めたらしい。


だと思うんだがどうだろうおまいらの予想聞かせれ

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 17:52:03.41 ID:pEJy3m4YO
>>236
梓が一番かわいそうじゃないか
りっちゃん幸せそうで何よりです、パンチングマシーンで180叩き出せる化け物描写した俺はごめんなさいしなきゃいけないよね

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:11:16.63 ID:Zv3L63TfO
10年後のけいおん

「あぁ、そんなアニメあったな……」ってなってる

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:13:28.04 ID:pEJy3m4YO
律「むん!」バギッビリリィ

唯「すごいや!もう月刊少年誌を手で破れるよ!」

紬「コ…コ○コ○コ○ッ○が…まっぷたつ…!?」

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:33:12.70 ID:pEJy3m4YO
律「こんなこともできるぞ」グルングルン

唯「だ、大車輪!?そしてトカチェフまで!?」

紬「今のりっちゃんは筋肉ダルマのはずなのに…何故鉄棒がオリンピック選手並にできるの…!?」







あれ、過疎るたびにりっちゃんファンのマインドブレイクをする予定のはずが……
どうしてこうなった

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:39:23.68 ID:1Pk04nQpO
なんか
律「たいそっせーんしゅとー!」

唯「たいそっせーんしゅのー!」

紬「唯ちゃんいつの間にそんなムキムキに!?」



こうなるのだろう

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:51:30.85 ID:pEJy3m4YO
>>241
     ∧_∧
     ( ゚ω゚ ) ボディガードは任せてー
 バリバリC□ l丶l丶
     /  (    ) やめて!
     (ノ ̄と、   i
            しーJ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:53:52.92 ID:FEfNszdH0
澪「なあ……本当に、行くのか?」

駅のホームで電車が来るのを待つ私と男。
私は手を口に覆うようにしてはあ、と息をついた。
冬の空気に包まれて冷たくなった手を暖める為に。

男「ごめんな、澪。もう会えないかもしれないな……」

彼は、深刻そうな面持ちで言う。

私と男、そして律は幼稚園の頃から一緒だった。
もしかしたらその前から一緒だったかもしれない。
私たちは遊ぶ時も怒られる時も、何をする時も一緒だった。

澪「そ、そんなこというな、よ」

その人が今日限りでいなくなってしまう。
私は涙をこらえてそういうのが精一杯だった。

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:56:53.07 ID:FEfNszdH0
唇をかみ締めて涙をこぼさないように俯いてると
隣で噴き出す様な笑い声が聞こえた。

男「ばーか、嘘に決まってんだろー! ちゃんと帰って来るよ」

澪「な、なな……! お、お前ぇ!」

そういって笑う男をぽかぽかと何度も叩く。
私よりもずいぶん大きい背中。
中学生に入るまでは私のほうが身長、高かったのになあ……

そしてすぐに電車は来た。
その電車は私の目の前で静止し、数秒が立ってドアが開いた。
男はこの電車で遠い、遠い所へ行ってしまう。
もう好きな時に会う事もできないと思うと涙は自然と溢れ、
乾いていたコンクリートの上に落ち、小さなシミとなった。

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:58:22.15 ID:FEfNszdH0
男「……じゃあ、もう行くな」

そう言って足元に置いていた荷物を持ち、
愛用のギターを肩にかけて電車に乗り込んで行く。

澪「あ……」

言葉を発そうとした途端、ドアが閉まる。
ガラス1枚に私の声は遮られ、男には届かない。
私の気持ちも知らずに電車は動き出していく。
やがて電車は豆粒の様に小さくなり、視界から消えた。

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 18:59:55.08 ID:FEfNszdH0
あれから2年。
私は去年桜ヶ丘高校に進学し、軽音楽部に入った。
男と「バンド組もう」という約束があったので文芸部に入る予定だったけど、
後に「高校卒業まで帰れそうにない」という連絡が来たので、
律の誘いにのって軽音楽部に入る事になった。

律「澪起きてるかー!!」

ガラッと勢いよくドアを開けて私にダイブしてくる律。
それを軽やかにかわし、私はパジャマを着替え始める。

律「……痛い」

澪「知らんがな……ほら、さっさと練習するぞ」

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 19:02:39.00 ID:FEfNszdH0
顔も洗って、準備も終わり私はベースをケースから取り出す。
私たちは今むぎの別荘で合宿中だ。
昨日は1日中遊んでしまって、練習ができなかった。

律「ええー? 今日は遊ぼうと思ったのにー」

唯「思ったのにー」

澪「唯、いつの間にいたんだ……」

はあ……『夢は武道館!』じゃなかったのか?
いつもこんな調子で流石の私も気が滅入る。
……あいつとの約束の為にも、練習しないと。

澪「今日は練習するぞ! 練習!」

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 19:04:48.34 ID:FEfNszdH0
以上で終わりでござる
後に二人が再開してあははうふふするパターンとか書こうと思ったけど
めんどくさくなったので終わりまう

もし気が向いたら書くかも

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 19:11:36.82 ID:Zv3L63TfO
おっおっ

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 19:16:22.98 ID:pEJy3m4YO
このめんどくさがり屋め
何が欲しいんだ、賞賛か?いやしんぼだなお前は!








251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 19:40:39.34 ID:pEJy3m4YO
ひょお

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 19:47:03.44 ID:x3/mp0V30
乙っつっつ

早く気を向ける作業に戻るんだ

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:03:14.50 ID:Zv3L63TfO
振り返れば奴がいる

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:13:51.71 ID:pEJy3m4YO
>>253
律「…………」パキ…ポキ…

梓(まずい………殺られる――――――――!)

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:36:08.96 ID:rXXETWCi0
遅くなったが乙

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 20:50:43.01 ID:x3/mp0V30
お題をくれ、いえ下さい

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 21:01:20.01 ID:Zv3L63TfO
聖ルチア女学園に紬が転校する話

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 21:06:35.01 ID:pEJy3m4YO
突然のゲリラ雨にやられたあずにゃん雨宿りして、野良にゃんと出会って性的じゃない意味でほっこりするお話

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 21:22:04.96 ID:pEJy3m4YO
あずにゃんが大きな木の下で寝っ転がってたら猫が集まってきてキャッキャウフフな話

260 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 21:38:54.51 ID:pLmXOvBJ0
澪「じゃあこれでボーカルも入ってメンバー一通りそろった感じだな。」

雪「え…?」

紬「どうしたの、雪ちゃん?」

律「何か問題あったか?契約的な?」

雪「そういうのじゃなくて……私、ベースがやりたい。」

全員「え゛?」



261 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 21:44:50.76 ID:pLmXOvBJ0
唯「でも雪ちゃんギターとキーボードはできるんだよね?微妙だったけど」

澪(唯ー!余計なことは言うなー!!)

律「それにうちは澪がベースが出来るし…
 もし、何か楽器をやるにしても5人だったら普通はギター二人にするんじゃないか?」

唯「へ?そういうものなの?」

律「じゃあいっそのこと澪には雪を差し置いてボーカルやってもらうか!ww」

澪「やめてー勘弁して―」


262 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 21:48:04.85 ID:pLmXOvBJ0
紬「でも澪ちゃんがベースを続けるとして雪ちゃんもベースをするとしたら
 ベースが二人になるわね。」

唯「ギター二人は良くてベース二人は良くないの?」

澪「ツインベースってのもない訳じゃないけどあまり一般的じゃあないな。」

紬「それに、雪ちゃんは元々ギターとキーボードが出来るんだし、
 無理してベースをやる必要はないんじゃないかしら?」

雪「ギターとキーボードは少しはできるから…ベースがやりたいから…」

律澪紬(言ってる意味が分からない!)



263 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 21:51:34.80 ID:pLmXOvBJ0
唯「ベースをやったことがないからやってみたいってこと?」

雪(こくり)
 「ベースがどういう楽器か、知りたいから」

澪「でもだからってそこまでベースにこだわる必要もないんじゃないか?」

紬「そうそう。ユキちゃんって言う位だしギターの方が向いてると思うわ。」

雪(?)
 「でもベースの方がかっこいいし…」



264 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 21:55:48.93 ID:pLmXOvBJ0
律「ところで雪、楽器は持ってんの?」

雪「ギターとシンセはいくつか持ってるけど…」

律「ベースは持ってないのか?雪の知り合いで誰か譲ってくれそうな人いるか?」

雪「……いかりやさんとか、ダメかな?」

律「うん。その人から譲ってもらうのはいろんな意味で難しいと思うよ。」

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 21:56:26.31 ID:dSUJxz/jO
(我輩は試しに自分のバンドでダブルベースやったことあるが片方が邪魔なだけで全く無意味だぞ!
あー久々にけいおん!見たら唯がカワいいなあオイ!!)

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 22:02:59.33 ID:VtvrX8ArO
唯が新型インフルエンザに発症してしまい憂が学校をサボッて一生懸命看病するんだけど憂も新型インフルエンザに感染されてしまい2人で仲良く一緒のベットで寝るお話

267 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 22:03:30.10 ID:pLmXOvBJ0
雪「じゃあ、買う。」

律「いかりやさんしか宛がないんかい!?
 つか、どうやっていかりやさんと知り合ったんだ!?」

澪「まぁ、いかりやさんはいいとして、
 買うんだったら取り敢えず一緒に楽器店見に行かないか?」

雪「…ん」

唯「じゃあその後みんなでアイス食べに行こうよ!」

雪「ぜひ、行きたい!」

紬「…行きたいのは楽器屋さんかしら?アイス屋さんかしら?」

268 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 22:07:28.14 ID:pLmXOvBJ0
(楽器屋への道すがら)

澪「雪っていかりや長介が好きなの?」

雪「かっこいいかな…って思う。
 好きって言うのは違うかもしれないけど。」

澪「そういうのを好きなベーシストって言うんだよ。
 いかりや長介みたいになりたいんでしょ?」

雪「うん…」


269 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 22:15:53.70 ID:pLmXOvBJ0
(楽器屋にて)

雪「ベースは良く分からないから教えて、澪ちゃん。」

澪「そうだな…これなんて雪にも使いやすいんじゃないか?
 自分が使ってるからって訳じゃないけどフェンダーのジャズベースなら
 ハズレなしで…使いやすいと思うよ。」

「紬お嬢様!ようこそお越しくださいました!
 今日はどういったご用件でしょうか!?」

律「ムギのやつさっそく取り囲まれてるw
 さすがお嬢様!」

紬「いえ…今日は友達が楽器を見たいというから付き添いで…
 あっちでベースを見てるんですけど…」

「あれ…あのおさげの子って…」
「あれ…“雪乃”じゃね?
 サインもらってきた方がいいっすか!?」
「ちゃんとうちの店の名前入れて貰えよ!」
「了解っす!あのーすいません…」

律「今度は雪乃が取り囲まれたー!
 さすが芸能人!!」


270 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 22:19:31.64 ID:pLmXOvBJ0
澪「これなんてどう?使いやすそうだし、値段もそこまではしないし…
 …ってあれ?雪?どこ行った?」

雪「澪ちゃん、これがいい。」

律「何これ?変なの!www」

紬「それ!エレクトリックアップライトベースじゃない!?」

雪「いかりやさんのベース…(///」

澪「いかりやさんのベースってそういうことだったのか…」


271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 22:23:24.46 ID:syMwtKmT0
>>258がなんかよさげなんで書いていいだろうか?
ちなみに、ここで書くの初めてなんだけど

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 22:25:09.93 ID:0TAPBdc+O
>>271
是非書いてください! 読んでみたいです。

273 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 22:25:20.96 ID:pLmXOvBJ0
澪「メーカーはヤマハか…仕上げも悪くなさそうだけど
 うわ…でもそれ20万もするぞ?
 さすがエレアプはおいそれと手が出る金額じゃないよな…
 大丈夫か?」

雪「……店員さん」

紬(また私の出番かしら?
 値引きって楽しくて…くせになりそうなのよね♪)

雪「取り敢えずこれ下さい。カードでいいですか?」

澪(さすが芸能人!
 唯の時には胃に穴があくほど値引きさせたのに、
取り敢えずで掛け値無しの即決だ―!!)

雪「あと、領収書ください。
 楽器代、ホワイトスノープロダクションで」

律(しかも経費で落とすつもりだー!
 さすが芸能人!!)


274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 22:28:01.49 ID:syMwtKmT0
じゃあ、書きます。酉ってつけたほうがいいのかな?
即興なんでつまんなかったらごめん

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 22:34:30.41 ID:x3/mp0V30
クソッ!参考にメイちゃんの執事見始めたら一話丸ごと見てしまったじゃないかくそったれ!

>>271書いてくださいお願いします不用意にお題なんて言うもんじゃないね

276 :梓と野良猫 ◆y2U52lWDto :2009/10/19(月) 22:36:32.44 ID:syMwtKmT0
ザァーーッ!

梓「はぁ……はぁ……」

梓「あ、あそこで雨宿りできそう!」

梓「ふぅ……」

梓「まいったなぁ……突然大雨なんて」

にゃぁ〜

梓「ん?」

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 22:38:10.37 ID:pEJy3m4YO
>>274
酉はあれば判別しやすくなるってだけだぜ
たとえば、今みたいにSS書いてる奴がいれば酉つけて書いてやれば読者がしっかり追いかけられるって寸法だ





俺はもう寝るから完成楽しみに待ってるね

278 :歌手の雪乃ってうちの学校らしいぞ! ◆v1k2wAnuGM :2009/10/19(月) 22:38:50.89 ID:pLmXOvBJ0
今日はこの辺で…

参考動画(いかりや長介)
http://www.youtube.com/watch?v=DbFXaEQ6j1Q&feature=related

原作(あいたま)では雪乃さんが楽器をやるって描写は全くないんですよ、実は。
だからギターやピアノが出来てその腕が微妙だとか
いかりや長介にあこがれてアップライトベースとか
完全にオリジナルの設定になります。

つーか、2年になったらギターの梓が入ってくることを知ってる故の
作劇上の理由もある訳ですがw

279 :梓と野良猫 ◆y2U52lWDto :2009/10/19(月) 22:42:59.68 ID:syMwtKmT0
猫「にゃ〜にゃ〜」

梓「こんな所に猫が……よしよ〜し」

猫「にゃ〜、ごろごろ」

梓「野良なのに、随分人懐っこいなぁ」

梓「もしかして、私のこと仲間だって思ってたりね〜」

梓「君も雨宿りかにゃ〜?」

猫「ふにゃ〜」

すりすり

梓「わわっ、そうだよって返事してるのかな?な〜んてね」

ぽつ……ぽつ……

梓「あ、雨も大分やんできた」

梓「君もうちに来るかにゃ?」

猫「にゃ〜、すりすり」

梓「ふふふっ、じゃあ行こっか!」

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 22:43:59.52 ID:x3/mp0V30


ちょーさんがベース出来る人だったなんて知らなんだ

281 :梓と野良猫 ◆y2U52lWDto :2009/10/19(月) 22:49:53.58 ID:syMwtKmT0
〜梓の家〜

梓「ただいま〜」

猫「にゃ〜」

梓母「お帰りなさい。雨大丈夫だった?」

梓母「あら、その猫……」

梓「途中で拾ったの。ねえ、飼っちゃ駄目?」

梓母「うーん……猫って意外と飼うの大変なのよ?」

梓「ちゃんと世話もするから!」

梓母「駄目。だれか知り合いに引き取って貰いなさい」

梓「じゃあ、せめてその引き取り先が見つかるまで……」

梓母「しかたないわねぇ」

梓「やったーっ!」

猫「にゃ〜ん!」

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 22:53:29.22 ID:PicvRris0
>>278
いったおつ

283 :梓と野良猫 ◆y2U52lWDto :2009/10/19(月) 22:55:31.12 ID:syMwtKmT0
梓「良かったね〜」

猫「ふにゃ」

梓「あ、名前考えなきゃ、呼び辛いもんね」

梓「う〜んと……チェリーってどうかな?」

猫「にゃ〜ん!」

梓「あはは、気に入ってくれたかにゃ〜」

梓「私もチェリーも、雨でびしょびしょだし、お風呂入らなきゃ」

猫「にゃ?」

284 :梓と野良猫 ◆y2U52lWDto :2009/10/19(月) 23:03:07.64 ID:syMwtKmT0
猫「にゃ〜!にゃ〜!ふーっ!」

梓「こ、こら!暴れないで!」

梓「暴れてたら綺麗にならないでしょ!」

猫「にゃん!」

梓「あっ!こら、逃げちゃ駄目〜!」

猫「にゃ〜」

285 :梓と野良猫 ◆y2U52lWDto :2009/10/19(月) 23:06:46.50 ID:syMwtKmT0
梓「まだ子猫みたいだし、ご飯はミルクでいいのかな?」

梓「ほらチェリー、ご飯だよ〜」

猫「にゃ〜」

猫「ぺろぺろ……」

梓「あ、よかった。ちゃんと飲んでる」

梓「美味しいかにゃ〜?」

猫「にゃん!」

梓「あははは」

286 :梓と野良猫 ◆y2U52lWDto :2009/10/19(月) 23:13:53.94 ID:syMwtKmT0
梓「チェリー、そろそろ寝るよ〜」

猫「にゃ〜」

梓「ほら、一緒に寝ようね」

猫「ふにゃ〜」

梓「チェリーって温かいね、気持ちよく眠れそうだよ……」

猫「にゃ〜……」

梓「やっぱり、ずっと一緒にいたいよ……」

猫「にゃん……すりすり……」

梓「なぐさめてくれるの?ありがとう……」

梓「おやすみチェリー……」

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 23:18:06.32 ID:x3/mp0V30
これはいいにゃんだふる

288 :梓と野良猫 ◆y2U52lWDto :2009/10/19(月) 23:20:06.08 ID:syMwtKmT0
梓「お願いお母さん、この子を飼わせて!」

梓「ちゃんと責任を持って、世話するから!」

梓母「はぁ……そこまで言うなら仕方ないわねぇ」

梓母「その代わり、ちゃんとするのよ?」

梓「うん!」

梓「やったねチェリー!」

猫「にゃん!」

fin.

289 :マキシマムザタンポン:2009/10/19(月) 23:20:06.96 ID:vpWpfeRAO
律「そんな…いくらなんでも使用済みなんて冗談だろー?」

梓「で、でも私テレビでそのライブ映像見たことがあります!本当に会場前で牛乳を一気飲みさせたり、ニンニクをかじらせたりしてました」

澪「うん…今回もタンポンを入れていって、会場前で係の人に引き抜いてもらって入場するらしい…」

紬「そ、それはさすがに私の財力でもカバーできませんね…」

澪「フッ…ありえないよな…だけど…」

澪「…私はこのライブ絶対行きたいんだ…!!軽音部のみんなで!!」

律「み、澪…」

梓「澪先輩…」

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 23:21:06.88 ID:syMwtKmT0
即興なんでこんなもんで。短めだけど気軽に投下してもいいんだよね!?
ちなみにチェリーはうちの猫の名前です

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 23:31:20.28 ID:PicvRris0

全然かまわんよ

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 23:31:25.95 ID:pA/64p3AO


293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 23:42:47.12 ID:BPv1PI9j0
チェリーがそういう意味でよかった

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:01:57.91 ID:oIepixrtO
目指せ1000

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:02:35.17 ID:KU7NouLO0
よし、任せたぞ

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:05:58.60 ID:oIepixrtO
できるだけ頑張ってみますけどみなさんもご協力御願いしますね

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:10:23.74 ID:tOgGTnf80
問題は深夜

〜最低保守目安〜
00:00-02:00 60分以内
02:00-04:00 120分以内
04:00-09:00 210分以内
09:00-16:00 120分以内
16:00-19:00 60分以内
19:00-00:00 30分以内

絶対安全はこの1/2くらい

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:12:07.60 ID:KU7NouLO0
>>297
最近その保守表の時間は長いような気がしている
だからと言って安全圏がわかってるわけじゃないけど

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:34:26.09 ID:tOgGTnf80
ググって頭に出る保守目安もあるけど流石に短すぎると思う離脱する

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:46:19.52 ID:oIepixrtO
麦茶さんにお任せ

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:47:04.24 ID:zSxKTk8KO
アッコにお任せして寝るか

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 00:48:42.26 ID:MZycFUcl0
唯「W0発進!いくぞー!」 うぃんぐっ!

澪「エクシア、目標を駆逐する!」 だぶるおーっ!

律「よっしゃぁ!GX出るぜぇ!」 えっくすっ!

紬「うふふ、デンドロビウム行きます!」 ほしくずっ!

梓「V2アサルトバスター出撃します!」ハロ「アズサ、ハロ」梓「うるさいです」 ぶいっ!

303 :マキシマムザタンポン:2009/10/20(火) 00:56:23.77 ID:BVBLVN6bO
律「はは!何しけた顔してんだよ澪!そんな心配しなくても行くに決まってんだろ! なあ、みんな!」

紬「そうよ!私たち今までいくつもの困難を乗り越えてきたんだから、タンポンくらいどうってことないわ!」

梓「使用済み、みんなで差し出せば怖くない!ですねっ!」

唯「こわくない〜ぃ」

澪「みんな…ありがとう!大好きだ!」

澪「 …ところでちょっと問題があるんだが…」

律「何だ?」

澪「私…タンポン使ったことないんだ」

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 01:04:24.07 ID:oIepixrtO
唯:炸裂
澪:決闘
律:大砲
紬:橋
梓:維持
憂:ルージュ
和:埼玉
聡:メビウス
さわ子:足付き

305 :マキシマムザタンポン:2009/10/20(火) 01:28:37.40 ID:BVBLVN6bO
律「ええっ!! …いや、実は私も使ったことなかったりするんだけどさ…」

梓「わ、私もです…」

紬「私も…。あらあら」

唯「ロリエ座るときガード!」

澪「ぜ、全員タンポン未経験か…困ったな」

律「アソコに物入れるなんて勇気いるもんな…。私まだその…男と付き合ったことないしさ」

梓「で、ですよね。何か痛そうで怖いです…」

澪「パッケージには初めてでも安心、痛くないって書いてるんだが…本当なのかな」

紬「実際に使ってる人に聞いてみたいわね…。…あっ、さわ子先生とかどうかしら?」

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 01:35:40.52 ID:KU7NouLO0
俺男だけど痛くないよ

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 01:38:45.02 ID:jqDgYQu40
さて、昨日ここを見つけた俺が、寝る前に言いたい事を言う
スレタイって、唯「〜ここにスレタイ〜」のほうが見つけやすいかと
SS探してる奴って大抵、「や唯で検索してるぜ
じゃ、おやすみ

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 01:39:03.69 ID:oIepixrtO
さわ子「え?いや私ナプキン派なんで」

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 01:40:28.20 ID:KU7NouLO0
スレタイに「を混ぜてみるとどうなるか

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 02:25:28.39 ID:LLGQJepY0
ふみゃ

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 02:30:12.45 ID:6NwdCJDPP
【】 を 「」 に変えてみるというのもありかもしれない

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 02:33:44.99 ID:LLGQJepY0
>>311
ぐっどあいでぃあジャないですか

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/20(火) 02:44:48.03 ID:6NwdCJDPP
>>312
投稿時間ぞろ目すぎる

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)