5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【初心者】まったりけいおん!SS書いていくスレ【大歓迎】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 01:52:29.53 ID:yXjfKnkV0
・このスレは「けいおん!」関係のSSを皆で好きなように書き続けるスレです

・話を繋げてもいいし、複数の書き手による別の話同時進行でもおkです

・別に一人で書いても良いけどね

・読みやすさ重視のため酉を付けること推奨です

・次スレは>>950あたりが立ててください

・落ちても勝手に立てちゃってね

・まったり雑談でもおk。唐突に誰かSS書き始めたら皆飛んで喜びます

・ジャンルは問いません。けいおん!ならなんでもありです。カオス歓迎。

・(`・ω・´)ここのスレの住人は支援されると俄然、発情したみたいにやる気が出ます!(さるさん的に)

・ここに書いたら誰かが勝手にまとめwikiに載せてくれます。

・変態レスは自重・荒らしはスルーで


まとめwiki
http://www39.atwiki.jp/k-onvip/
(´・ω・`)SS初めての君もレッツトライ!!<ここまでテンプレ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 01:54:25.64 ID:yXjfKnkV0
いつの間にか落ちてた

3 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/18(金) 02:03:05.39 ID:xqDgxFElO
乙です

すいません
なんか私のせいで

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 02:15:38.24 ID:yXjfKnkV0
この過疎り具合はひどい
一時間澪が通る前にスレが落ちる

5 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/18(金) 02:30:16.45 ID:xqDgxFElO
せっかく続き書けてたのに改行が多すぎますって・・・ひどい

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 02:36:42.85 ID:H1FaEoBsP
即興で書いてみる

唯「ムギちゃんがぁ、近づいてぇ、ムギちゃんが、椅子のはじぃ!
フォークで刺して、まだ入る!ムギちゃんがぁ、…っつ、近づいてぇ!
ムギちゃんがぁ食べたぁぁぁぁ!」

澪「なんと電波な実況…」

梓「正直うるさいです」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 02:39:42.27 ID:H1FaEoBsP
梓「みんな寝てる…」

部室につくと、先輩は全員机に突っ伏して寝ていました。
起こすのも失礼だと思って、そっとドアをしめて私は帰り

唯「なんでかえっちゃうのあずにゃーん!?」

梓「うわぁ!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 03:09:12.08 ID:H1FaEoBsP
紬「今日もお茶を入れて…あら?」
私が部室につくと、みなさん眠っていました。
私はそっと全員分の寝袋を用意して、みなさんを寝袋に入れて、私も寝袋に入って寝ました。


和「また律かしらね…」
軽音部が提出していない書類があるので、確認に行くと、
和「キャンプでもしてるの…?」
部員が全員寝ていました。
ちょうど顧問のさわ子先生も来たようなので確認したところ、キャンプはやっていないということでした。
さ「特に問題は無いように見えるわ」
和「いや、それはおかしい」

9 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 03:24:04.51 ID:7ZyuvVIy0
おはようございます。9時頃に寝たらこんな時間に起きることに('A`

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 03:28:46.66 ID:H1FaEoBsP
おはようございます

憂「あぁっ、お姉ちゃんの制服いいよぉ…」

憂「ついつい着ちゃった…」

憂「あ、あれ、体が勝手に、う、うん、たん」

憂「うんたん♪うんたん♪」

憂「とまん、な、うんたん♪」

11 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 03:44:21.71 ID:wHMMWw18O
スレ立て乙です

いつの間にか寝ていました…

12 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 04:01:54.44 ID:7ZyuvVIy0
>>15あたりで安価絵してみよう@水彩

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 04:03:37.88 ID:uGoUzqhbO
ksk

14 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 04:17:59.41 ID:7ZyuvVIy0
(´・ω・)

15 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 04:58:07.70 ID:7ZyuvVIy0
自分で踏んででも、こりゃ保守せにゃやばいかな……

16 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 04:58:47.37 ID:wHMMWw18O
さわちゃんにいじられる唯ちゃん

17 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 05:03:00.81 ID:7ZyuvVIy0
>>16
既に別の絵を描いてるのですえ……

18 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 05:08:03.93 ID:wHMMWw18O
遅かった…orz

期待してMASU

19 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 05:23:22.97 ID:wHMMWw18O
律「イくっ!イっちゃう!」

澪「顔にかけて…」

紬「あぁ吸い込まれるッ!」

唯「いい?出しちゃうよ?」

梓「…あの…今日はなんですか…?」

唯「えっちなビデオでよく聞く台詞!」

梓「…はぁ…」


昨日から私はなにがしたいんだろうか…OTL

20 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 05:50:09.29 ID:my6c57/DO
おはようございます
また前スレ落ちたのか…






なめたんは淫乱だなぁ

21 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 05:52:54.84 ID:7ZyuvVIy0
>>20
なんか埼玉に地震雲がうんぬんかんたら。どうやらテンプレ改造すると落ちるジンクスがあるようで

22 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 05:55:19.84 ID:wHMMWw18O
おはようです







だから私は淫乱じゃないです><


ほらその…性欲を煽る話じゃなくていつもお馬鹿っぽい話じゃないですか!だからつまりネタで笑えるわけです
例えるなら女の子が男の子に
「麦茶くんのえっちー!」
って言える程度の話ですよ!


まあ鬼畜な話も書けなくはないかもしれませんが…

23 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 06:16:35.57 ID:my6c57/DO
>>22
麦茶君、というのはどこから出てきたんだ…?
女の子、男の子だけかと思ったら急に現れたぞ…
えっち、かぁ…もっと!もっと言って!

24 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 06:23:47.45 ID:7ZyuvVIy0
http://imepita.jp/20090918/228530
下書き完了〜っと

25 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 06:36:16.46 ID:my6c57/DO
>>24
何これかわいい

26 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 06:51:13.54 ID:wHMMWw18O
>>24
可愛い♪

>>25
紬「…こっこの豚野郎〜♪…これでよろしいですか?」

27 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 07:06:59.76 ID:my6c57/DO
>>26
ムギちゃんはそんな汚い言葉使っちゃだめ!

28 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 07:11:36.98 ID:7ZyuvVIy0
http://imepita.jp/20090918/255580
塗り終わりっと

29 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 07:23:09.31 ID:my6c57/DO
>>28
なんというか…夏休みの宿題にぴったりな絵だな…
もう終わっちゃったけど

30 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 07:23:32.41 ID:7ZyuvVIy0
>>29
まだ夏休みデスガー

31 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 07:48:37.55 ID:wHMMWw18O
完成ですねー

32 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 08:05:53.96 ID:my6c57/DO
仕事だよー

33 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 08:09:09.18 ID:7ZyuvVIy0
ゲームが出来ない苦痛かなー……暇だ……

34 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 08:15:17.94 ID:wHMMWw18O
仕事行ってらっしゃーい

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 08:39:30.97 ID:iHwm1cMFO
>>1


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 08:52:53.31 ID:e1HkWuQoO


37 :魂魄:2009/09/18(金) 08:57:23.93 ID:e1HkWuQoO
数日ぶりに書きました
【幻能旅団株式会社】

幻能旅団株式会社

その会社は表向きには、世界を相手にする交易会社。
その裏では、この「世界中」で起こる、怪現象、心霊現象、異能力事件などを一手に引き受ける会社でもある。

幻能旅団に入社した者は「能力者」と呼ばれ、名目上は「人外」となる。
そんな能力者達はこの世あらざる力を使う。魔術、超能力、斬魄刀、QTなどなど・・・それらの「能力」を使い、一度依頼があれば、「この世界」「過去」「未来」「幻想郷」「平行世界」を飛びまわる。それが、「能力者」である。
そして、ここにも「能力者」がいた。

黒「先輩、起きてください。もうすぐつきますよ」

M「んん? ふぁ・・・もうか?」



すいませんが、一旦止めます
続きは必ず書きます

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 09:38:17.55 ID:paKmG8C30
>>1


>>35
結婚

>>37
一旦乙

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 10:33:33.03 ID:H1FaEoBsP
落ちちゃう><

40 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 10:34:39.66 ID:7ZyuvVIy0
ロイヤルミルクティー with 黒糖……案外おいしい…

41 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 11:05:26.87 ID:wHMMWw18O
>>40
ココアとエスプレッソを混ぜた飲み物もありましたよね

42 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 11:16:34.95 ID:7ZyuvVIy0
>>41
苦味の強いココアってイメージ感じでしたねー。
ココアの香りが強くて珈琲の香りが?き消されてますえ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 11:39:59.82 ID:paKmG8C30
プールとかしんどいよぉ

次の授業は寝よう

44 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 11:49:11.37 ID:wHMMWw18O
>>42
ほえ〜…それはなんか両方の良いところを打ち消してしまってる気がしちゃいますね…

>>43
私プール嫌いだったのでいつも見学か保健室でした><
そもそもこの気候でプールはいやですね

45 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 12:02:56.47 ID:7ZyuvVIy0
>>43
プールかぁ……熱い中毎日のように柔道だったあの頃、しぬかと思った。

46 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 12:25:54.70 ID:my6c57/DO
定年退職する人の記念写真撮る役を任された
いろんな人に話しかけるの怖すぎる…いつも盗撮みたいな事しかできないから俺にはキツい

47 :魂魄:2009/09/18(金) 12:27:42.78 ID:e1HkWuQoO
>>44
確かにこの季節での水泳はつらいの一言です。
やっと規制が無くなったのに・・・・・

48 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 12:32:04.36 ID:my6c57/DO
戻るか…

昼からの俺は田代だ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 12:41:23.62 ID:paKmG8C30
>>44
なんださぼりか
気温も水温も低くてショック死するところでした

>>45
一学期はずっと柔道ですた

>>46
通報

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 12:57:23.63 ID:paKmG8C30
安価で次に書くssのジャンルを決める
このレスから+5で、ジャンル書いてなかったら問答無用で監禁グロ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 12:58:37.42 ID:iHwm1cMFO
ksk

52 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/18(金) 13:01:53.54 ID:xqDgxFElO
憂×唯

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 13:02:45.29 ID:paKmG8C30
カップリングじゃなくてジャンル

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 13:07:29.36 ID:iHwm1cMFO


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 13:07:30.48 ID:yXjfKnkV0
監禁しつつカオス

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 13:09:51.56 ID:paKmG8C30
よく解らないから何か参考になるようなものを頼む
家に帰ったら執筆を開始する

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 13:29:51.59 ID:iHwm1cMFO
多分こんな感じじゃね?
http://www39.atwiki.jp/k-onvip/m/pages/535.html

俺もよく分からんけど

58 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 14:13:04.78 ID:wHMMWw18O
唯「エスパー少女唯ですっ!」

律「みかん浮かせます!」

紬「無謀な挑戦もします!」

澪「それはエスパー伊○だろ!」

和「…何してるの?」

59 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 14:13:10.28 ID:7ZyuvVIy0
こんな時間だから安価絵>>60

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 14:18:18.93 ID:paKmG8C30
>>57
見れないから家で見る


りつとみおがほっぺをすり合わせている画

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 14:52:28.09 ID:iHwm1cMFO
〜(〜)

62 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 15:17:06.76 ID:7ZyuvVIy0
>>60
1分で書いたらこんな感じに。
http://imepita.jp/20090918/548480

63 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/18(金) 15:24:54.53 ID:xqDgxFElO
天倉澪と平沢憂が公園のベンチで手を繋ながら座ってる画

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 16:04:27.15 ID:H1FaEoBsP
(「・ω・)「がおー

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 16:20:30.89 ID:dgv68X9S0
>>57
ちょっと嬉しい

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 16:49:23.78 ID:j66PC8t00
ようやく家に着いた

>>57
監禁だけど明るい感じか
むぅ

>>60
1分だと

67 :監禁しつつカオス:2009/09/18(金) 17:04:38.73 ID:j66PC8t00
猫「ゃぁ」

唯「わぁ、猫さんだ〜」

猫「にゃぁ」

唯「かわいいねぇ」

なでなで

猫「かかったな」

唯「えっ」

プシュー

唯「なにこれスプ……レー……」

梓「よくやったわ、あずにゃん二号」

猫「にゃぁ」

梓「それじゃ、目を覚まさないうちに運びましょ」

猫「ガッテン承知」

梓「あなたも手伝って」

猫「うぃ」

68 :監禁しつつカオス:2009/09/18(金) 17:09:35.36 ID:j66PC8t00
唯「うぅん……、ここは?」

梓「やっと起きましたか」

唯「あずにゃ――って何これ!?」

梓「どうしたんですか急に大声なんか出して」

唯「どうして私は縛られてるの? しかも何で裸なの?」

梓「これで先輩は私のものです」

唯「えっ」

梓「先輩がなかなか私の気持ちに気付いてくれなかったので、仕方なくやったんですよ?」

唯「な、何言ってるの? あずにゃん」

梓「解らないんですか? ここは私の部屋で、しかも手足を縛っているからこの部屋から出ることは不可能ですよ」

唯「ど、どうして」

梓「それについてはさっきも説明しました」

唯「む、こんなことしてもすぐに警察が」

梓「ムギ先輩の権力により警察は動けません」

袖「イェーイ」

69 :監禁しつつカオス:2009/09/18(金) 17:11:08.94 ID:j66PC8t00
唯「そんな……」

梓「それじゃ、さっそく」

さわっ

唯「ひゃっ、な、なにするの?」

梓「昼間ですけど夜伽です」

軸「●REC」

唯「なにそれひわい」

猫「おわり」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 17:13:00.14 ID:dgv68X9S0
おい紬が

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 17:24:38.32 ID:j66PC8t00
どうしたよ

72 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 17:25:23.34 ID:my6c57/DO
ムギちゃんどこにいるの?全然違う人がいるんだけど…

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 17:28:41.53 ID:j66PC8t00
油「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 17:39:48.65 ID:dgv68X9S0
まさか>>69で完結なのか
猫の終わりは別の意味で終わりだと思ってた

75 :69:2009/09/18(金) 17:43:35.00 ID:j66PC8t00
終わりです

というか、別の意味のおわりって何だ

76 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 17:44:14.66 ID:ZlXi1axC0
>>69からインスピレーション沸きました

ちょっと書いてきます><

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 17:44:30.54 ID:j66PC8t00
>>76
痴態

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 17:45:41.40 ID:fq0mLp8PO
>>76
エロ展開バッチコーイ

79 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 18:04:20.95 ID:ZlXi1axC0
期待?痴態?させてアレですがエロじゃないです><

ただ単に猫が喋るってフレーズに感じるものがあっただけですので…

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 18:06:27.89 ID:j66PC8t00
>>79


81 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 18:14:46.23 ID:Cbj/ZJg0O
ふと唐突に思いついたありがちなネタ



今日、軽音楽部の部室(というか音楽室)に行くと、澪と律が大喧嘩をしていた。
唯と紬はオロオロしながら様子を見ている。
澪「もういい!二度とお前の顔なんか見たくない!」
律「…そうかよ。分かったよ!」
律は音楽室を飛び出していった。
和「…え〜と、何があったの?」
唯「の、和ちゃん!大変なの!りっちゃんと澪ちゃんが喧嘩しちゃって、りっちゃんが出てっちゃったの!」
私を見つけるなり、半泣きになりながらすり寄ってくる唯。
和「うん。そこは見てたわ。…一体どうして喧嘩したの?」
私は澪に視線を移して質問する。

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 18:43:24.25 ID:j66PC8t00
続きはー?チンチン

83 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 18:57:13.89 ID:Cbj/ZJg0O
澪は私を凄い剣幕で睨むと、そのままそっぽを向いてしまった。
紬「私達が来た時には、もう喧嘩してたの。だから、原因は分からないわ。」
和「そっか。」
さっきの澪の態度を見る限りでは…原因は、私?
私、何か2人を仲違いさせる様な事したかしら?
すると、澪がそっぽを向いたまま言う。
澪「最近、ずいぶん律と仲いいみたいじゃない。いっその事、そういう仲になっちゃえば?」
まあ、仲悪くはないけど。
この間も、学食に一緒に行ったし。
もっとも、体育館の使用許可届が出てなかったから、それを書いて貰うついでだったんだけど。
ていうか、そういう仲ってどういう仲?

84 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 19:08:59.30 ID:my6c57/DO
こういう時たまに和はいてはいけない存在だと思ってしまうな

アニメでも律が嫉妬しちゃったし…

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 19:11:12.66 ID:paKmG8C30
>>84
(〜・紬・) 〜ぶちころすぞ
 > >

86 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 19:19:11.17 ID:my6c57/DO
>>85
そんな殺生な

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 19:31:17.20 ID:j66PC8t00
唯の部屋って3階にあったんだっけ?

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 19:41:20.45 ID:dgv68X9S0
たった今まで二階立てと思ってた俺が答えよう

三階だ!

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 19:47:26.98 ID:j66PC8t00
d

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 19:55:42.04 ID:dgv68X9S0
まて信じるな

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 19:56:22.61 ID:j66PC8t00


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 19:58:13.81 ID:dgv68X9S0
>>91
俺はなにも知らない

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:01:27.33 ID:j66PC8t00
……

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:02:28.98 ID:dgv68X9S0
唯の部屋は三階の北にある

95 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 20:04:59.85 ID:ZlXi1axC0
猫×唯の話が意外に長くなってしまいました…

できるまでもう少々です…

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:05:28.80 ID:dgv68X9S0
>>95
期待舞

97 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 20:12:24.24 ID:my6c57/DO
二階建てだろどう考えても…




つーか唯の家の間取りってどうなってるんだろ

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:13:11.87 ID:dgv68X9S0
>>97
http://blog-imgs-41-origin.fc2.com/y/u/n/yunakiti/up10321.png
ほれ

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:18:01.10 ID:j66PC8t00
>>95
痴態

>>97
謝罪と賠償を要求するニダ!

>>98
信じて……いいの?

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:21:10.57 ID:dgv68X9S0
>>99
俺の言うことが信じられないのか!!!!!!!111

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:23:20.70 ID:j66PC8t00
>>100
>>90

102 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 20:28:31.61 ID:7ZyuvVIy0
目「JCの家庭教師の案件きたお! これで薔薇色人生だお!」

紬「世の中そんなに甘くない」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:28:34.80 ID:dgv68X9S0
>>101
だがわざわざ画像を引用してまで騙す意味があるか?
ないだろう?
つまりこまけぇことはいいんだよ!

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:29:51.41 ID:dgv68X9S0
>>102
フラグ立っても叩き折りますように
フラグ立っても叩き折りますように
フラグ立っても叩き折りますように

105 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 20:32:42.18 ID:7ZyuvVIy0
>>104
目「フラグブレイカーには死角も資格もない!」

紬「結局は誑かして捨てるんですね。最低です」

目「何でそうなる」

106 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 20:34:27.77 ID:my6c57/DO
>>98
やべえ…七話で唯が二階から顔出したのもつじつまがあってしまう…



だが一階の畳が広すぎだ、これじゃムギちゃんには劣るが充分すぎるほど金持ちと言える家だぞ
例えるなららき☆すたの岩崎さんちレベル

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:36:09.59 ID:j66PC8t00
>>103
そうか……、そうだよな!


>>106
両親は度々海外旅行に行くほどのお金持ち

108 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 20:42:42.29 ID:7ZyuvVIy0
>>107
新年は必ず夫婦で旅行。夏休みも夫婦で旅行。冬休みも夫婦で旅行。春休み(ry

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 20:44:56.69 ID:dNTvOTX80
iPod touchから初カキコ


110 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 20:47:56.99 ID:7ZyuvVIy0
>>109
おめでとうございますー。

目「JCの親御さんが男拒否だってさ」

紬「下心しかない教師なんて誰が雇いますか」

目「……そんなことより、高校の漫研時代の絵が見つかったよ!」

紬「汚物は消毒だー!」

目「燃やすんですね……」

111 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 20:49:17.96 ID:my6c57/DO
>>107ー108
そいつを忘れていた




でもそれだと家は小さくてもいいじゃん…

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 21:08:41.44 ID:dgv68X9S0
>>111
逆に大きくても問題はない
つまりそういうことだ

113 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 21:09:37.39 ID:ZlXi1axC0
DE・KI・TA・!

けど何故か微妙にハルヒとのクロスオーバー作品になってしまいました…><

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 21:10:03.47 ID:dgv68X9S0
>>113
三味線ですね

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 21:14:55.34 ID:j66PC8t00
支援は必要ですか?

はい、わかりました

116 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 21:28:30.33 ID:Cbj/ZJg0O
やあ、気付いたら寝てたんだぜ



和「澪、何を勘違いしてるか知らないけど…。」
澪「うるさい!話しかけるな!」
う〜ん…。
駄目だ、今私が何を言っても聞く耳を持たなそうだ。
…また明日出直そう。

翌日、昼休み

生徒会メンバーとの食事を終え、教室に着くと、物凄く申し訳なさそうな顔をした澪が近づいてくる。
澪「あ、あの…昨日は、ゴメン。あんな事、言うつもりじゃ無かったのに…。」
和「仕方ないわよ。誰だってイライラしてると、言いたくない事をつい言っちゃうものだし。気にしてないわ。」
澪「う…ごめん。ありがと。」
和「結局、昨日はなんで喧嘩してたの?」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 21:35:11.33 ID:dgv68X9S0
ktkr

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 21:42:17.61 ID:fq0mLp8PO
>>116
心広すぎだろ和w

「さすが山澪さん理不尽っぷりがパねぇっすwww」







ってなるよな

119 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 21:42:40.84 ID:my6c57/DO
なみのりピカチュウが捕れない



そらをとぶピカチュウのほうがムギちゃんらしいかな…?

120 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 21:49:00.51 ID:7ZyuvVIy0
>>119
それ何時の時代のポケモン……?
炎パンチ、冷凍パンチ、雷パンチを覚えさせたメノクラゲに比べればまだ(ry

121 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 21:51:21.91 ID:Cbj/ZJg0O
澪「え゛っ!?い、いや、それは…その…。」
何故か動揺する澪。
和「話しづらい事なら、また放課後に…。」
澪「いっいや、話すよ!えっと…その…。」
澪はモジモジしながら答える。
澪「実は……の事が…なんだ。」
和「えっ?」
澪「私は!真鍋和さんが!大好きです!」
それはつまり、恋人としてって事?
…とは、さすがに聞けなかった。
今の言い方は明らかにそういう事なんだろう。
和「あの、私、そういう趣味は…。」
澪「分かってる!分かってるけど!この気持ちは、抑えられないんだ!」
ど、どうしよう。
気持ちはすごく嬉しいけど、さすがにそれは…。

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 21:53:57.36 ID:j66PC8t00
まさかの和ルート

123 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/18(金) 21:56:09.84 ID:xqDgxFElO
どうも
天倉澪です
よろしくお願いします

124 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 22:02:15.05 ID:my6c57/DO
>>120
ポケモンHG・SS付属のポケウォーカーでは今日からなみのり、そらをとぶピカチュウが捕れます







テレビつけたら古畑対イチローがやっててびっくりした
古畑早口すぎてやべえwwwwww
なんかデコッパゲの人が間抜けすぎて死ねと思ってしまった

125 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 22:07:09.83 ID:Cbj/ZJg0O
放課後

律から体育館の使用許可届を受け取りに、音楽室に行く。
和「律いる?例の提出物の件だけど…。」
唯「いらっしゃ〜い和ちゃん。ほら、りっちゃん!」
紬「ちゃんと話しましょう?」
律「う…うん。」
いつになく元気がない律。
というか、何故私を見てモジモジしてるんだろうか?
律「あ、あのさ…笑わないで聞いてくれよ?」
和「内容によるわね。」
律「あのさ…あたし、和の事………ああ!やっぱりダメ!」
紬「りっちゃん、ファイト!」
紬が目を輝かせながら励ます。
…なんか、昼休みにも似たような光景を見た気ようながする…。



風呂いてきま

126 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/18(金) 22:13:07.47 ID:ZlXi1axC0
>>125
なんという展開><

127 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/18(金) 22:24:51.94 ID:xqDgxFElO
無視されちゃった><

128 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 22:26:01.86 ID:my6c57/DO
>>127
私の胸、あいてますよ><

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 22:26:56.91 ID:j66PC8t00
借りますね><

130 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/18(金) 22:29:28.02 ID:xqDgxFElO
私がお先ですよ><

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 22:30:10.85 ID:j66PC8t00
すみませんでした><

132 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 22:44:57.01 ID:my6c57/DO
やめて、私を取り合って争わないで><

133 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/18(金) 22:52:56.23 ID:xqDgxFElO
すいませんでした><

>>131さん
ごめんなさい><
どうぞ!

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 22:56:44.81 ID:j66PC8t00
>>132
すみません><

>>133
私はもう寝るのでどうぞ><
おやすみなさい><

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 22:59:20.47 ID:iHwm1cMFO
何これ><
おやすみなさい><

136 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 23:01:48.73 ID:Cbj/ZJg0O
ただいも
×見た気ようながする
○見たような気がする



律…まさか、あなたまで…!
律「あたし、和の事が…大好きだー!!」
そう叫んで、音楽室を飛び出していく律。
…何かしら、昨日も同じ光景を見た気がする。
状況は違うけど。
梓「律先輩、どうかしたんですか?昨日といい今日といい。」
紬「ええ、実はね…。」
……………
紬「という訳なの〜。」ニヤニヤ
梓「そ、そんな事が…。」タラタラ
私を凝視してなにやら想像しながら鼻血を垂らす梓。
一体、何故こんなことになったんだろう?

137 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/18(金) 23:02:18.51 ID:my6c57/DO
待てやwwwww寝るの早すぎだろお前らwwwwwwwww




せっかくの5連休だ…これを使わない手はないぜ…!
まずはSS思いつかなくちゃね

138 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/18(金) 23:05:53.87 ID:7ZyuvVIy0
3時に起きてから眠気が有頂天外です。

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 23:09:37.27 ID:iHwm1cMFO
だるいから
寝て過ごしたい
5連休

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 23:13:13.22 ID:paKmG8C30
誤連休
せっかくだし俺
ssを完結させるぜ!

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 23:15:12.77 ID:iHwm1cMFO
>>140
痴態

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 23:19:24.14 ID:paKmG8C30
痴態とか
されても困る
困ります

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 23:23:03.68 ID:paKmG8C30
本気でおやすみなさい




ご主人さま♪

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 23:34:11.94 ID:iHwm1cMFO
おやすみ

145 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 23:40:11.84 ID:Cbj/ZJg0O
最近、昼休みに律と学食で会う事が多い。
と言っても、私が生徒会の面々と食べているところに律が来るのだけど。
たまたまその様子を見かけた澪がヤキモチを焼いたのが、昨日の喧嘩の原因のようだ。
しかもどっちも私の事が好きとなれば、余計喧嘩もひどくなる訳で。
…複雑な気分だわ、色々な意味で。
唯「トライアングラーだね、和ちゃん!」
紬「いい三角関係ですわ〜。」キラキラ
和「なによそれ…笑えないわよ。」
梓「右に同じくです。」

その頃。
音楽室を飛び出したあたしは、近場の喫茶店でお茶しながらぼんやりと考え事をしていた。
はあ…和。
凛々しくて、しっかり者で、すごく優しくて…。

146 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 23:55:32.87 ID:Cbj/ZJg0O
ふとカウンターの奥に目をやると、そこに澪がいた。
あいつ、こんなとこで何してんだ?
…って、あたしが言えたセリフじゃねーか。

昨日の事があって、なんだか音楽室に顔を出しづらい私は、近場の喫茶店でお茶をしていた。
和…やっぱり、普通に男が好きだよな。
いや、まあ、私も本当はそうだけど。
でも、まさか律まで和を好きだなんて…。
私…どうすればいいんだろう…?
マスターが突然、私の前にショートケーキを置く。
マスター「あちらのお客様からです。」
言われてそちらを見ると、そこには律がいた。

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 23:59:08.42 ID:H1FaEoBsP
ID変わる前にage

148 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/18(金) 23:59:44.18 ID:Cbj/ZJg0O
一旦中断

まとめて下さる方へ
タイトルは

『トライアングラー!』

でよろしくお願いしま

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/18(金) 23:59:55.40 ID:paKmG8C30
日付変更鶏肉従姉

150 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 00:00:03.46 ID:ZzBoB3RuO
ならば俺も

151 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 00:00:46.84 ID:ZzBoB3RuO
ちっ遅れたか

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 00:04:04.58 ID:fzmTgxR8O
>>148
了解


>>149
また設定が増えた……

153 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 00:06:22.13 ID:CbfsvqRPO
今日賞味期限のラーメンが・・・
はやくたべなきゃ!

と思って憂は至急鍋で水を温める
今唯はぐーたら昼寝している
まぁ今日は何もない平和な日曜日だから別に良いのだが
憂は憂で起こそうともしない
家事で忙しいのだろうかそれとも姉妹間にある特別な暗黙のルールがあるとでもいうのか

憂「お湯できた!ラーメンラーメンっと!」

いつも毎日お母さん事をやっているので慣れた手付きだ
だが、いつもの憂とはまた違った表情が感じ取れた
それは一体何なのだろうか
後々に変な方向に行かなければよいが

154 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 00:27:35.76 ID:CbfsvqRPO
唯「あぶぶぶzzz」

こんなだらしない光景を世間一般様にはとてもお見せできない

憂「おっねぇちゃんと〜ラーメン!♪うふふ」

不敵な笑顔を浮かべて一体そのうちになにを考えか

憂「よしっ完成!お姉ちゃんを起こしにいこっ♪」

唯「ぐがーずぴーzzz」

prrrr

一本の電話が入った
憂は完成したラーメンが入ったどんぶりをテーブルに置き電話を取った

155 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 00:29:19.70 ID:lgCAeAn+0
ラーメン食べたい支援

156 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 00:42:08.26 ID:ZzBoB3RuO
落ちちゃわないか心配



だけどもう寝る…なんだか限界みたいだ

157 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 01:00:50.30 ID:CbfsvqRPO
充電が危ないので一旦停止


ついでに5分麦茶さん

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:00:58.50 ID:fzmTgxR8O
寝る前に上げておこう

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:42:14.55 ID:I4pTO9EMP
梓「世の中にはDSをシンセサイザーとして使うソフトがあるそうです」

紬「それはすごい」

梓「ゲーム機といっても馬鹿にはできない時代が来てるようです」

160 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 01:42:50.19 ID:lgCAeAn+0
律「Eigo wo hanaseruyoh ni naritai」

唯「Me too da yo ricchan!」

律「Nantonakudakedo kouyatte bun ni suruto english ppoku」

澪「なるわけないだろ」

紬「でも、ところどころに英語が混ざっていた気も…」

梓「くだらないことしてないで練習しましょうよ…」

律「One two three!」

唯「Kimi wo me tell to Its mo heart DoKi ★ DoKi!」

梓「…まだやっていたんですか…」

紬「でもさっきよりも英語が増えた気がするわ…」

翌日、英語の小テストを控えた音楽室の一幕であった

161 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 02:10:27.23 ID:YyY+w1RzO
もしもしから…

すみません…私も寝…

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 02:36:46.77 ID:I4pTO9EMP
律「ラーメンの味といえば?」

唯「しょうゆ!」

澪「しお」

紬「とんこつ」

梓「みそ!」

律「見事にばらばらだなおい」

澪「そういえば律は?」

律「…しょうゆ」

紬「その後の議論の結果、そうめんになりました」

ネタ浮かばないしもう寝るぽ…

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 03:10:55.94 ID:AKjCIMrz0
ほす

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 03:34:31.99 ID:fzmTgxR8O
〜(◎〜)

165 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 04:25:57.47 ID:CbfsvqRPO
天「麦茶さん・・・だめです こんなところで」
麦茶「うるさい 黙って俺の言うとおりにしろ」
天「そ、それだけはっちょっと・・・!」

麦茶「俺だってほんとはこんなことしたくないんだよ?」

天「だっだめぇ・・・」
麦茶「おらぁ!」

天「私はもう科学は勉強したくありません!もっと数学とか英語とか有意義な物を!」

麦茶「科学は大事だって!天倉はまだ科学の面白さや不思議さに気づいてねぇんだよ」

天「そんなこと 私に押しつけないでください!」

麦茶「しゃあないなぁ じゃあ歴史でもやるか?」

天「遠慮します」

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 05:55:54.36 ID:zSNjP4xNO
保守する

167 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 06:24:25.69 ID:CbfsvqRPO
そろそろみんな起きるころかな
私はここで最後の保守と





30分唯×憂 公式成立

168 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 06:26:01.54 ID:CnO3v0Ve0
そしておはようございます

169 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 06:38:49.47 ID:CbfsvqRPO
諦めない

15分唯×憂

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 06:46:00.03 ID:zSNjP4xNO
どうしてか阻止したくなる

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 08:27:56.70 ID:KCEsXW6b0
唯「みなさん一言保守は規制されますよ」

梓「私たちのように単発でもやりませう」

唯「ぐっもうにんえぶりばでぃ!」

梓「今日から五連休ですね!」

172 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 08:31:13.91 ID:CnO3v0Ve0
五連休終わったらとうとう大学かー……前期で落とした8単位回収するのに時間かかりそうだな……

173 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 08:49:08.81 ID:ZzBoB3RuO
おはよう

>>165
科学より生物!!!
生物より英語!!!
英語より現代文!!!

私の好きな授業です
数学は大嫌いだ!!!!

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 08:52:20.65 ID:t+3AcRug0
生物より物理!!!
物理より科学!!!
科学より数学!!!

英語なんて大嫌いだ!!!!
麦茶とは正反対

175 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 09:02:06.90 ID:CnO3v0Ve0
物理よりも化学!
化学よりも現文!
現文よりも倫理!

で、哲学に行かずに経営学です^q^

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 09:22:38.99 ID:t+3AcRug0
>>175
涎拭けよ…

177 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 09:22:46.69 ID:ZzBoB3RuO
>>174
なんか元素やら物理法則の算出?とか
理系は細かいことだらけでわけわかんないのよね…



決められた答えってのも嫌いだし

178 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 09:24:16.09 ID:CnO3v0Ve0
>>176
おっとこれは失礼。

まぁ、文系でも商業、社会学が昔から好きでそのクセに化学やら薬草学やらに手を出したりである意味で器用貧乏と同じことになってますけどねー

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 09:27:45.27 ID:t+3AcRug0
>>177
やっぱり根本的に違うな
決められた答えじゃないと納得できない

>>178
もっと多岐に渡って…全科目マスターしようぜ

180 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 09:31:48.37 ID:CnO3v0Ve0
>>179
数学はUBまでだったら赤点ギリで。英語は取り敢えずTOEIC Bridgeで70くらいはとれてた記憶がってくらいですかねぇ…

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 09:32:01.48 ID:KCEsXW6b0
全科目好きですがやはり保健体育が一番好きですね

182 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 09:35:11.63 ID:ZzBoB3RuO
>>181
お前保健体育の教科書を聖書とかバイブルって呼んでただろ絶対

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 09:37:19.80 ID:KCEsXW6b0
いいえ

184 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 09:38:22.75 ID:CnO3v0Ve0
>>182
保健体育の教科書を最初から買わないで授業に受けてたのは懐かしい思い出……

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 09:43:44.25 ID:t+3AcRug0
>>182
異界黙示録(クレアバイブル)って言ってました

186 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 09:44:58.10 ID:CnO3v0Ve0
あの頃のバイブルと言えばやっぱり毒草大百科だったなぁ……と懐かしい思い出

187 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 09:50:11.24 ID:nixMUa+VO
>>185
今石田声の神官がそっち行きましたよ

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 09:50:22.50 ID:t+3AcRug0
あの頃はバイブルと言えばローターと同じ様な物だと思ってたなぁ……と懐かしい思い出

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 09:53:57.44 ID:t+3AcRug0
>>187
帰り道を教えてくれるのか
それともこのスレをたった一人で……

190 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 10:05:31.42 ID:CnO3v0Ve0
>>188
そして職員室でコレは何だね? と教師に問い詰められるワケですね

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:07:44.43 ID:t+3AcRug0
>>190
そして、その場に偶然居た同じクラスの琴吹紬が

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:19:52.69 ID:KCEsXW6b0
「キャー焼却炉さんのエッチ!!」と

193 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 10:27:57.82 ID:ZzBoB3RuO
そこへ日焼けしたあずにゃんが

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:29:05.06 ID:t+3AcRug0
ディルドを以て

195 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 10:29:47.25 ID:CnO3v0Ve0
さわちゃんと

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:32:02.83 ID:t+3AcRug0
紬を

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:33:14.12 ID:KCEsXW6b0
交互にアナルファックした

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:35:09.82 ID:t+3AcRug0
そして……

199 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 10:35:53.59 ID:CnO3v0Ve0
感じるお互いの熱

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:37:05.83 ID:t+3AcRug0
其れはサイコフレームの共震だった

201 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 10:39:35.42 ID:CnO3v0Ve0
昂る感情

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:40:19.35 ID:KCEsXW6b0
そして興奮

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:40:34.43 ID:t+3AcRug0
夢は

204 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 10:41:09.62 ID:CnO3v0Ve0
現に。絶頂を向かえる……

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:43:39.06 ID:t+3AcRug0
それを陰から見ていたあずにゃん二号

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:44:49.37 ID:KCEsXW6b0
「にゃぁ」と一鳴きすると、

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:45:43.26 ID:qwkqLPSfO
人類滅亡

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:46:22.95 ID:t+3AcRug0
まとめ↓

209 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 10:47:11.83 ID:CnO3v0Ve0
あずにゃん2号「姐さん……!! 姐さん……!! 俺もう……限界です」

え、あ、はい。

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:47:48.75 ID:t+3AcRug0
成るほど

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:56:23.32 ID:fzmTgxR8O
何だこれは

212 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 10:57:56.82 ID:CnO3v0Ve0
なんだろうこのなんともナーナーな流れに乗ったあとの空虚感。
あぁ、賢者モードか

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:58:26.61 ID:KCEsXW6b0
>>211
一言でまとめると↓

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:58:27.84 ID:wdSlDATr0
鶏肉は俺の嫁

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:59:01.19 ID:t+3AcRug0
の嫁は俺の嫁

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 10:59:24.76 ID:fzmTgxR8O
>>213-214
分かりません

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:00:07.64 ID:t+3AcRug0
>>216
魔王が
世界を滅ぼした


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:00:32.18 ID:KCEsXW6b0
>>215
つまりどういうことだ?

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:03:22.40 ID:t+3AcRug0
>>218
>>214
鳥肉の嫁は俺の嫁

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:04:14.96 ID:s2w23lpO0
あの頃はバイブルと言えばローターと同じ様な物だと思ってたなぁ……と懐かしい思い出
職員室でコレは何だね? と教師に問い詰められる
そして、その場に偶然居た同じクラスの琴吹紬が

「キャー焼却炉さんのエッチ!!」

そこへ日焼けしたあずにゃんがディルドを以てさわちゃんと紬を交互にアナルファックした
感じるお互いの熱、昂る感情、そして興奮
其れはサイコフレームの共震だった

夢は現に。絶頂を向かえる……

それを陰から見ていたあずにゃん二号
「にゃぁ」と一鳴きすると、人類滅亡

成るほど


次週予告
あずにゃん2号「姐さん……!! 姐さん……!! 俺もう……限界です」



221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:04:37.12 ID:wdSlDATr0
220
まとめ乙

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:05:16.70 ID:fzmTgxR8O
>>220
理解した

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:05:58.06 ID:t+3AcRug0
>>220
人類滅亡が懐かしい思い出ww

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:06:16.09 ID:KCEsXW6b0
>>219
鶏肉×そんまし×お前
つまりこういうことか

225 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 11:07:21.00 ID:CnO3v0Ve0
>>223
いやぁ、あの頃は良かった

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:07:31.24 ID:t+3AcRug0
>>224
鳥肉を焼いて喰う

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:08:41.47 ID:KCEsXW6b0
>>226
焼いちゃらめぇ!!!


美味そうだな

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:09:13.69 ID:fzmTgxR8O
>>226
もちろん食品の方ですよね

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:09:27.46 ID:t+3AcRug0
やぁ、来客だ
さらば、世界よ

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:10:13.88 ID:KCEsXW6b0
フラグ

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 11:19:20.82 ID:KCEsXW6b0
唯「うぃ〜」

憂「どうしたのお姉ちゃん―って見えてる!見えてるよ!」

唯「ほぇ?」

憂「おちんちんがチャックか

232 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 11:21:08.24 ID:CnO3v0Ve0
PCリカバリーかけたからiTune入れ直しでiPodのプレイリストも作りなおしか……orz...

233 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 11:27:24.33 ID:ZzBoB3RuO
>>231
そんなかわいい男の子がいるはずが(ry





まぁ、なんだ…続けろ

234 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 11:55:42.08 ID:ZzBoB3RuO
続かない…だと…?

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 12:28:03.88 ID:KCEsXW6b0
続く訳が無い

236 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 12:48:17.30 ID:ZzBoB3RuO
まぁいい、暇つぶしに図書館でネタ探しだ

いい絵本があればいいね

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 12:52:07.38 ID:6Tl3R7XWO
>>1のまとめ以外にけいおんのSSがまとめられてる所ないかい?
VIPで立ったSSスレのまとめみたいな感じの

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 12:53:56.52 ID:KCEsXW6b0
そういや最近は他のスレまとめてないな…

無いはず

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 12:55:02.07 ID:KCEsXW6b0
ブログなら探せば結構見つかるか
闇速とか

240 :魂魄:2009/09/19(土) 12:58:51.11 ID:LP+Xrfjd0
【ゆっくり軽音】 第一話

ゆっく律「うう・・・ヴヴぁれりゅ〜!!」

ゆっくり雲丹「りっじゃんぎゃんびゃって!! あかじゃんの頭が見えてきたよ あかじゃんはゆっくり出てね!!」

ゆっく律「もう・・・じゃめ〜!! 苦しい〜!! ヴヴぁれりゅ〜〜〜!!!」

澪「うっせい、ハゲ!!」

ドグシャアアア!!!!!

ゆっく律「ブギュッッッ!!」

ゆっくり雲丹「りっじゃあああああああん!! あかじゃああああああん!!」

ゆっくり雲丹「きゃえじて・・・・・りっじゃんとあかじゃんをきゃえじてええええええええええええ!!!」

澪「ちゃんとした日本語しゃべれ、この野郎!!」

ドグシャアアアアア!!!!!

ゆっくり雲丹「ぎゃぶッッッ!!!」

こうして、二匹のゆっくりは無事に駆逐されましたとさ

〜わろす〜

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 13:09:41.75 ID:wdSlDATr0
   _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
-''":::::::::::::`''>   ゆっくり乙していってね!!!   <
ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 13:31:07.68 ID:qwkqLPSfO
ドア「ガチャ」
俺「お邪魔しまーす」

唯「ゆっくりしていってね!」
憂「ゆっくりしね!」

唯「え?」
憂「え?」

243 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 13:33:26.44 ID:ZzBoB3RuO
結局絵本を借りずに文庫版ぬーべーを借りることにしてしまった

さて…これで書いてみるとするか…

244 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 13:36:50.47 ID:YyY+w1RzO
じゃあ期待っと

245 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 13:44:06.54 ID:ZzBoB3RuO
ちょっと待ってね、一度借りてきた奴読んでから一話選んで書くから
ちなみに借りれたのは7、14、17、18さ



18巻表紙がエロすぎやばい

246 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 13:58:43.69 ID:YyY+w1RzO
じゃあその間、昔律スレに載せたSSを少し手直しして載せますね(タイトルも変えちゃいました)
思えばこの頃はスレで浮かないよう口調に気を付けていましたねぇ><

『時雨時』
カチューシャではなくヘアゴムで前髪をまとめている律は現在机に広げた教科書とにらめっこ中である。
「はあ…テスト勉強はかどんねー…ジュースでも飲んで休憩しよっと。」
机に突っ伏したままそう独り言を発した律はキッチンへ向かい冷蔵庫に手を伸ばす。
しかし開いた冷蔵庫の中には麦茶しかなかった…。
「なんもねぇ…。」
我が家の品揃えの悪さに愕然たる思いになった律は散歩がてらコンビニに行くことにした。

247 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 14:14:28.11 ID:ZzBoB3RuO
浮く浮かないとかこまけえことは(ryですよ

一巻読み終えるのに時間かかりすぎワロタ
まだ半分くらいとかwwwwww

248 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 14:16:02.51 ID:YyY+w1RzO
自室に戻り前髪をまとめていたゴムを外しカチューシャを頭に乗っける。
「あ、ねーちゃんコンビニ行くの?ついでにじゃがりこ買ってきてー!」
玄関まで進む途中、弟がついで買いを頼んできた。
「あいよー。」
短くそれに答え外の世界に繰り出す…が
「うわぁ…雨降ってたのかよー。もータイミング悪いなぁ…。」
小雨ではあったが傘をささず出ていくこともないのでお気に入りの傘を開き再び歩き出した。

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 14:19:45.37 ID:qwkqLPSfO
ヘアゴムりっちゃん想像しようとしたのに、何故かサッカーの大久保が思い浮かんだ

250 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 14:25:13.67 ID:YyY+w1RzO
「いらっしゃいませー!」
傘を傘立てにしまい入店。店員が律をうかがっているが彼女は気にせずドリンクコーナーへ向かう。
「あっれーペプシ売り切れかよー…じゃあサイダーで我慢するか…。」
お目当てのペプシは値札こそあれど品物は影も形もなかった。
しかたなく三ツ矢サイダーと頼まれていたじゃがりこをレジに運ぶ。
「ありがとうございまーすまたお越し下さいませー!」
店員の常套句を背に受けながらコンビニを後にすると不運にも雨あしが強まっていた。
「雨が強くなってきたなぁ。」
くるくる傘を回しながら雨粒を撒き散らす。
律は買ったサイダーが妙に重く感じるのは天気のせいだろうなぁなどと思いながらぼーっと歩き続けていた。

251 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 14:42:17.62 ID:YyY+w1RzO
「…あ、」
帰り道の途中、道路のど真ん中に座る猫を見つけた。
弱っているのかその場から動かない。
「寒いだろー。ウチにくるかにゃんこ〜。」
声をかけ猫に近付くと猫はささっと離れていった。
「なんだよーツレないなー!まあ元気な…」
雨に濡れながらも猫が留まっていた理由に気付く。


そこには子猫が横たわっていた。


子猫は、もう動かないのに寒さで震えているように見える。

252 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 14:55:59.63 ID:YyY+w1RzO
「……お前、お母さんかお父さんなのか…?」
電柱の影からこちらを伺っている猫に話し掛ける律は、切ない気持ちを抑えきれなかった。
「…ごめんな。」
一言そう雨に濡れた子猫に語りかけ、抱き抱えた。
そして冷たい子猫を親猫のところまで連れて行く。今度は律をじっと見つめたまま、猫は逃げなかった。
電柱の脇に子猫を下ろし

「…風邪、引くなよ。」
ぽつりとそう呟いた。




「へっくし!う〜寒っ…びしょびしょだぁ。風邪引いちゃうよ…。」
濡れた体をバスタオルで拭きながら買ってきたサイダーを開ける。
プシューーッ!
「うわっ!あふれやがった!ちっきしょー、走りながら帰ってきたからなー…」
炭酸の抜けた砂糖水を口に運ぶ。

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 14:58:09.64 ID:FB1ygpjGO
支援

254 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 15:05:39.70 ID:YyY+w1RzO
「おかえりー…どうした姉ちゃん、まさか傘ささないで出てったのか?」
聡が呆れた顔を律に向ける。
「いや…行きはあったんだけどさ…まあ気にするな、ほいじゃがりこ。」
「サンキュー!…姉ちゃん風呂入ってこいよ…ブラ透けてる…。」
まったく色っぽくないけど…と付け足し聡はそそくさと自室へ帰って行った。
「あいつ言うだけ言って……私だってそれなりに気にしてるんだからなーー……。」
すでにそこにいない弟へ文句を垂れながら、律は猫たちのことを思い出していた。

255 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 15:12:04.02 ID:YyY+w1RzO




翌日、猫たちの姿はもうそこにはなく、律の傘だけが電柱に立て掛けられていた。開いた状態で置きっぱなしにしていたのだが、誰かが畳んでくれたのだろうか。
「…うっし!今日も頑張るか!」
元気に傘を手に取り歩きだした律に声をかける人物がいた。
「律おはよう!今日は随分早いな!」
「おはよーう澪!早いのはたまたまだよんたまたまた!」
「おい?どうして傘なんて持ってるんだ?」
「たまたまだよん♪」
律はその場でくるっと一回転して
「さ!早く学校行こうぜ!遅刻しちゃうぞ!」
そう言って駆け出した。
「あ、おい律ー!」



2人の少女が走り出した姿を、少し遠くからじっと見つめている猫がいたことを知るものは誰もいない。


空は、雲一つない快晴だった。

終わり

256 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 15:13:20.71 ID:YyY+w1RzO




翌日、猫たちの姿はもうそこにはなく、律の傘だけが電柱に立て掛けられていた。
開いた状態で置きっぱなしにしていたのだが、誰かが畳んでくれたのだろうか。
「…うっし!今日も頑張るか!」
元気に傘を手に取り歩きだした律に声をかける人物がいた。
「律おはよう!今日は随分早いな!」
「おはよーう澪!早いのはたまたまだよんたまたま!」
「おい?どうして傘なんて持ってるんだ?」
「たまたまだよん♪」
律はその場でくるっと一回転して
「さ!早く学校行こうぜ!遅刻しちゃうぞ!」
そう言って駆け出した。
「あ、おい律ー!」



2人の少女が走り出した姿を、少し遠くからじっと見つめている猫がいたことを知るものは誰もいない。


空は、雲一つない快晴だった。

終わり

257 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 15:14:01.73 ID:YyY+w1RzO
誤字があったので最後だけ連投しちゃいました…すみません

258 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 15:16:31.34 ID:CbfsvqRPO
5分唯×憂

259 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 15:28:32.26 ID:CbfsvqRPO
よし
成功です

唯「憂・・・何を」

憂「お姉ちゃん・・・私、もぅ・・・」

唯「だめだよ憂 私達姉妹なんだよ?」

憂「もう私そんなしがらみに縛られたくないんだよ?お姉ちゃん・・・」
唯「憂・・・どうしちゃったの。。。」

憂「じゃあ、いくよ」

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 15:47:41.90 ID:zSNjP4xNO
>>257


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 15:48:23.60 ID:I4pTO9EMP
10分紬×律

262 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 15:56:39.50 ID:CbfsvqRPO
むぎゅ

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 15:57:31.45 ID:qwkqLPSfO
五分麦茶×阿部さん

264 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 16:00:52.94 ID:CbfsvqRPO
ちょっと悩みましたけどやっぱり麦茶さんのために阻止

265 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 16:05:31.95 ID:ZzBoB3RuO
>>264
よしナイス

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 16:35:19.91 ID:I4pTO9EMP
二番煎じしてみる
10分紬×律

267 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 16:36:40.96 ID:YyY+w1RzO
ちょっと考えてみましたがりっちゃんのために阻止

268 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 16:37:29.92 ID:CbfsvqRPO
落ちちゃいますよ><

>>265
じゃ、じゃあお礼に私と・・・

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 16:40:22.99 ID:wdSlDATr0
昼寝してたら終わってたなめたん乙

もう淫乱なんて言わないよ

270 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 16:41:37.79 ID:ZzBoB3RuO
>>267
なんてもったいないことを!!!

>>268
フフフいいのかい、俺は正真正銘のノンケなんだぜ?

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 17:17:49.88 ID:wdSlDATr0
おっと危ない

272 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 17:21:17.68 ID:ZzBoB3RuO
やっと18巻


眠鬼がかわいすぎてたまらん…でもムギちゃんには勝てないね

273 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 17:45:24.50 ID:lgCAeAn+0
>>269
もともと私は淫乱じゃ(ry><

274 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 17:49:29.40 ID:ZzBoB3RuO
唯「ウォーキング・ジャンピュウ!」



音楽室

唯「わーい、ジャンピュウがラッパふいてるー!」

澪「私二万歩くらいで600EPプレゼントしたら出たぞ」

梓「私は十万歩過ぎてから夕方に毎日吹いてますよ」

律「何で私のだけ尺八なんだ…?」

紬「あら、それなぁに?」

律「なんだムギ、知らないのか?ウォーキング・ジャンピュウって言ってな、流行ってるんだ!」

唯「腰につけて歩くと歩数によってなかよし度がアップしていろんな動作をするようになるんだよ〜」

紬「ああ…うちの会社で開発中の『TALK−WAN』みたいなものね?」

律「何だそれは…?たぶん違うと思うぞ」

紬「そう?ご飯を炊けば炊くほど液晶画面のタクアン君がなついて芸なんかをやってくれる、って商品なんだけど…」

澪「もうそれ腰につけるとか関係ないじゃないか…」

275 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 17:58:41.88 ID:ZzBoB3RuO
梓「そもそもつっこみどころが多くないですか、それ…?名前とか…」

紬「ちゃんと話しかけたりしたら炊飯してくれたりする代物よ?…まだ開発中だけど」

唯「それにしても歩数がなかなか貯まらないよね、これ」

律「うちわにつけるといいらしいぞ?」

澪「そうか?私は扇風機につけるとすごく貯まるって聞いたが…」

梓「私は携帯のバイブに押しつけるといいって…」
ガチャ
さわ子「やっほーみんな…って何それ?ゲーム?」

律「うん、流行ってるんだ!」

さわ子「うーん…でも学校に関係ないもの持ってこられちゃ…」

紬「欲しいならあげますよ?『TALK−WAN』の試作品ですけど」ゴソゴソ スッ

律「持ち歩けるものなの!?炊飯器なのに!」

さわ子「…ともかく、没収するわね?さぁ出して出して」スッ

みんな「はーい」スッ

276 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 18:02:50.23 ID:ZzBoB3RuO
職員室

さわ子「……いいわねぇ、これ…」チャラチャラ

さわ子「次の給料が入ったら買いたいけど…うーん…あら?」

さわ子「校庭の木に何かが…」ガタッ スタスタ

校庭

さわ子「ん…あれは…ウォーキング・ジャンピュウ!」

さわ子「(キョロキョロ)誰かが捨ててったのよね…よーし」ニヤリ

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:08:07.62 ID:wdSlDATr0
>>273
そうですよね、すみません><

支援



唯と憂が一緒に登校している場面ってあったっけ?

278 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 18:12:33.16 ID:ZzBoB3RuO
>>277
ヒント:あったか、あったか




今からご飯だから書けないよぉ

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:13:10.91 ID:wdSlDATr0
>>278
あれは下校中じゃなかったか?

このいきり立った一物をどうしてくれる

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:30:24.46 ID:t+3AcRug0
>>279
俺が処理してやるよ

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:32:55.61 ID:t+3AcRug0
というか、もともとネタでホモネタしてたのに
いつの間にかガチになってた件
このスレのせいだ

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:34:11.93 ID:wdSlDATr0
>>280
遠慮します

>>281

283 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 18:34:16.78 ID:ZzBoB3RuO
>>279
そうか?空が青かった気がするが…



抜きどころなんてないよ?

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:35:00.02 ID:t+3AcRug0
>>282
99%の嘘から1%の真実を見つけましょう

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:37:02.24 ID:wdSlDATr0
>>283
ちょっと見直してくる
あの回は個人的に好きだし損にはならないだろ


今から入れるんだろ?


>>284
>というか、もともとネタでホモネタしてたのに
これは嘘

>いつの間にかガチになってた件
いつの間にか×
ずっと前から○

>このスレのせいだ




………………

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:39:00.54 ID:wdSlDATr0
ふぅ……

めっちゃ青かったやん

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:41:03.55 ID:t+3AcRug0
>>285
落ち着けよ…な?
あーいかあかーるーのー

288 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 18:43:30.39 ID:ZzBoB3RuO
>>276続き

さわ子「ウフフ、神様っているものね…(ヨジヨジ)…よっしゃあ、ゲットー!!」
カチッ ピカァァー
さわ子「きゃっ眩しい!?」

ジャンピュウ「じゃんぴゅう〜!!」

さわ子「!!?」




音楽室
バタバタバタ
ガチャッ!!
さわ子「み、みんな…ジャンピュウよ!本物の…!」

律「何寝言言ってるんだ…?それより私たちの返してくれよ…」

ジャンピュウ「ぴゅう〜」

澪「!?よ、よくできたぬいぐるみだな!?」

さわ子「ちゃんと本物よ!…あ、EP貯まってるから早速プレゼントしなきゃ」ピッピッ
パァ…
ジャンピュウ「ぴゅう」キコキコ

梓「わぁ…ジャンピュウが一輪車に乗ってます!」

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:44:06.97 ID:wdSlDATr0
>>287
俺は落ち着いている
もうお前のことが信じられない




唯はやっぱり遅刻ギリギリで登校しているのだろうか
いや、それだったら憂と一緒の時間に登校するはずが

290 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 18:46:56.33 ID:ZzBoB3RuO
>>285
ああ、あの回は俺の中でも一二を争う最高の回だ
姉妹萌え、外人ファッション萌え、サンタ萌え、メガネ萌え、和服萌えといろいろ詰まってるからな

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:49:33.39 ID:wdSlDATr0
>>290
ちょっと、いやかなりこわい

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:49:35.74 ID:t+3AcRug0
>>289
一緒に映画見たりお洒落なカフェに行ったりした仲じゃないか

>>290
和服+眼鏡についてはどう思いますか?
私は最高だと思います

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:51:42.89 ID:wdSlDATr0
>>292
      ..:´::::::::::::::::`丶 捏造すんなっ
.    /.:::::::::::::::::::::::::::::::.              //
    '::::::::::::::::::::::::::::::::l::|         //
.     !:::::::::::::::::::::::::::::::リ         ,ィ7
.     l:::::::::::::::::::::::::::::::|      x/ /- .、
.    l:::::::::::::|::::::.:.::|::::|    ,‐く:/‐くーx :.:ヽ  ガッ
     |::::::::::::|:::::.:.:::|::::| /::Y フ:':::::::厂: :V.:ハ
     |::::::::::::|::::.:.:.:.|:::」‐‐‐<⌒::::::/^ヽ,r'^{八
     |::::::::::::|::::.:.:.:.|.:|:::::::::::::::::::::/ ゝ  /{ 「\
   /|::::::::::::|:::::.:.:.:|.:|:::::::::::::::::,く <,,, イ:::ゝ{::o::\
.. /.:::::|::::::::::::|:::::.:.:.:|::|::::::::::::::∧(j 厂 ̄|ノ::::::\::::::::\



このスレ怖い
怖い怖い怖い

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:54:29.45 ID:t+3AcRug0
>>293
すいませんでした
代わりに唯と梓の秘宝伝説書いていいですよ

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 18:55:32.51 ID:wdSlDATr0
>>294
SSを書くのが嫌いです
ですから貴方が書いてください

296 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 18:56:18.90 ID:ZzBoB3RuO
澪「やっぱり歩いてEPをあげると芸をするんだな」

律「いいなぁ…じゃあ私も!」ピピッ

さわ子「あっ、EP貯まってないのにプレゼントしたら…」
ジャンピュウ「ぴゅっ」ドカッ!
律「ぶべっ!?」ガン!
さわ子「ほーらテーブル返し…」

唯「わぁ…でも面白いね!もっとEP貯めていろんな芸みようよ!」シャカシャカシャカシャカシャカ

プレゼント後

紬「あ、腹筋しだしたわ」

ジャンピュウ「ぴゅっ…ぴゅっ…」フンスフンス

律「曲がってないな…」

梓「わぁ、ジャンピュウが本を読んでます!」

ジャンピュウ「ぴゅう」ペラ…ペラ…

さわ子「えらいわねこの子」

澪「お、車に乗ったぞ!」

ジャンピュウ「ぴゅっ!ぴゅうう!」ギャギャッ ブィイン

律「おぉ…ドリフトまでするのか!」

297 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 18:59:22.42 ID:ZzBoB3RuO
>>291
そんなことはありませんよ?これが正常ではないのですか?

>>292
ダメだと思います、やっぱり黒髪であるべきでしょう
ムギちゃんは見返り美人だから結構似合いそうですね、彼女は例外です

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 19:02:48.86 ID:t+3AcRug0
>>295
書くの嫌いなのか…

唯「でんせつの ひほうが ぬすまれて しまった」

梓「おうさま おうさま わたしが とりかえしに いきましょう」

唯「そうじゃな だがおぬしひとりでは ふあんだ」

あずさ「わたしひとりでも じゅうぶんです」

ゆい「そういうてくれるな わたしがついていこう」

あずさ「それは たのもしい」

唯「そうじゃろう」

梓「いつも いすに すわってるだけの おうさまが いれば ひゃくにんりきです」

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 19:04:06.36 ID:wdSlDATr0
>>297
眼鏡が金髪に見えたのか?
こわい

>>298
読むのは大好きです
支援

300 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 19:07:58.41 ID:ZzBoB3RuO
唯「きゃー、お風呂に入った!」

澪「かわい…ってなんだあの皮…まさかジャンピュウの…!?…ミテナイ、ワタシハナニモミテナイ…!ブツブツ」

梓「今度はヘビメタし始めましたね」

ジャンピュウ「ぴゅうううう!」ギャイイイイン!!!

さわ子「へいへいへーい!!」ブンッブンッ

律「さわちゃん、そんなにヘドバンすると首が…」
ガチャ
和「…何やってるの?」

唯「せつめい!」

和「ゲームのキャラクターが現実に…?そんな事が…」

さわ子「ありえるのよねぇ、それが」

ジャンピュウ「ぴゅ♪」

301 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 19:10:26.07 ID:ZzBoB3RuO
>>299
いいえ、メガネというオーパーツがいけないのです
黒髪ナチュラルメイク和服こそ最強だ、わかるな?


ほーらこわくないよー^^

302 :支援代わりに単発とか:2009/09/19(土) 19:13:29.38 ID:wdSlDATr0
唯「ただ支援するだけだと芸がありません」

梓「だからといってこんなのやっても意味が無いでしょう」

唯「そんなことはありませんよ」

梓「ほぅ?」

唯「私のタイピング速度が上がります」

梓「もっとスレに貢献するようなことをしてください」

唯「甘いですね」

梓「なに?」

唯「私のタイピング速度が上がるとどうなりますか?」

梓「レスが早くなるぐらいでしょう」

唯「それが重要なのです」

梓「どういうことですか?」
唯「私のレス速度が上がると、即興で書きやすくなります」
梓「何というこじつけ」

>>301
唯「眼鏡ッ娘激LOVEな私に対する挑戦ですね?」

梓「こわいこわいこわいこわい」

303 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 19:22:11.34 ID:ZzBoB3RuO
和「そう?ならいいわ」スタスタ

律「またなー…って何しにきたんだ和の奴…」
唯「…さぁ?」


和「…さっきのあれを見たとき…なんか異質な感じがしたわ…」

和「こういうときは鵺野先生よね」

職員室
ぬーべー「へ?悪霊?」

和「ええ、今音楽室にいるわ」

ぬーべー「でも、悪い妖気なんてないぞ?」

和「うーん…あれを見たとき異質な感じがしたんだけど…」

ぬーべー「…まぁいい、除霊しにいこうか」ガタッ
数分後
ぬーべー「悪霊退散!」

ジャンピュウ「ぴゅぎゃああああ!」シュウウ
さわ子「ジャ…ジャンピュウウー!!!」



途中で少し書きづらくなったから打ち切りエンドだ、wikiに載せるんじゃないぞ!
やっぱ漫画ほぼ丸写しだとやりにくいね…表現しきれない

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 19:24:54.93 ID:wdSlDATr0
>>303


さて、編集の準備するか……

305 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/19(土) 19:25:10.26 ID:lgCAeAn+0
乙っぽ!

306 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 19:41:33.23 ID:CbfsvqRPO
どうやら私の出る幕はないようで

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 19:44:43.16 ID:wdSlDATr0


308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 19:54:25.20 ID:wdSlDATr0
腹減ったのにごはんがまだ届かない

死にそうだ……

309 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 19:57:29.81 ID:ZzBoB3RuO
>>304
え    っ

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 19:58:59.11 ID:wdSlDATr0
>>309
まとめてないから安心しろ



梓って純さんのことなんて呼んでるんだ?
クラスの子たちにはやっぱり敬語か?


これが解らないと書けないんだぜ……

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:10:47.19 ID:t+3AcRug0
純粋に考えてみろ

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:13:57.84 ID:wdSlDATr0
純ちゃん



313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:15:27.47 ID:t+3AcRug0
お弁当編とやらも投下しろよ

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:17:01.85 ID:wdSlDATr0
憂「な、なんのことやらさっぱり……」

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:17:01.98 ID:t+3AcRug0
メガネに清楚がいい
紬にメガネをかけて眉毛を剃って頭をピンクに染めると萌える

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:19:23.63 ID:wdSlDATr0
よく見たらIDがDAT


このスレは間違いなくDAT落ちする

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:20:09.32 ID:wdSlDATr0
>>315
それなんてみゆきさん

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:20:23.60 ID:t+3AcRug0
>>314
ネタはあがってんだ!

dat落ちは俺が居る限りしない

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:21:24.94 ID:t+3AcRug0
紬>さわ>憂>その他

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:21:51.71 ID:wdSlDATr0
>>318
どこでその情報を

安心した

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:23:00.73 ID:wdSlDATr0
あずにゃん二号>>>>>>越えられない壁>>>>>和>唯=梓≧憂>その他

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:24:31.42 ID:t+3AcRug0
>>320
私は超能力者です


あずにゃん二号主役のかいちゃえよ

誰か投下まだー?

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:30:04.00 ID:KCEsXW6b0
>>322
さてはキサマ見ているな?
あずにゃん二号を主役にすると物凄い文章になってしまう
投下が無いならすればいいじゃない

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:34:11.42 ID:t+3AcRug0
>>323
何を見ているって?

二号「にゃー」

梓「にゃー」

二号「にゃにゃー」

梓「にゃ!?」

二号「にゃ。」

梓「にゃんと」

二号「にゃにゃ」

梓「にゃー…」

二号「にゃー!」

憂「……なに話してるんだろう」


猫買ったことねぇ…

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:34:57.19 ID:t+3AcRug0
>>324
飼ったの間違いだ

326 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 20:35:59.45 ID:ZzBoB3RuO
>>315
琴吹家執事隊がそちらへ向かいました

私も一緒に向かっています

327 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 20:37:14.36 ID:CnO3v0Ve0
>>324
猫がいる生活っていうのは……

梓「二号、布団の中おいで」

二号「にゃー」

布団の上に乗る。二号

梓「二号、こっちにお尻向けないで……」

二号「Zzz.....」

これくらいがデフォです。

328 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 20:37:22.45 ID:CbfsvqRPO
麦茶「これは・・・」

天「烏龍茶です」

麦茶「お前俺に喧嘩を売ってるのか?」

天「いいえ 琴吹さんがこれを麦茶さんに持って行くようにって」

麦茶「む、むぎゅがそんなことするはずがないだろ?何かの間違いだよきっと」

天「でも確かに本人から言われましたけど」

麦茶「・・・烏龍茶なんて認めないんだからね!><」

天「><」

紬「ふふっ」

329 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 20:37:45.46 ID:nixMUa+VO
>>303
夜桜1話丸写しした俺は一体なんだというのか




あ、こんばんわ

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:38:28.18 ID:t+3AcRug0
梓「にゃー?」

二号「にゃにゃー」

梓「にゃ!」

二号「にゃんと」

梓「にゃん!」

二号「にゃ?……私が目の前に…?」

梓「にゃんにゃんにーはおにゃん」

二号「まさか…入れ替わった……?」


憂「梓ちゃんがけづくろいしてる」

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:38:58.99 ID:KCEsXW6b0
>>324
こんな場所じゃ言えないよぉ><
>>327と併せて支援




妹が帰って来ない……

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:40:16.40 ID:t+3AcRug0
>>326
俺が何をしたって言うんだ!
さぁ言ってみ…ん、誰だこんな時間に

333 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 20:41:04.05 ID:CnO3v0Ve0
>>331
オチなんてないですえ?

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:41:37.16 ID:t+3AcRug0
>>329
おはやう

>>331
ttp://www.fujimishobo.co.jp/sp/200904seitokai/op.html
これみて落ち着け

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:42:27.96 ID:t+3AcRug0
>>333
おい続き

336 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 20:45:16.46 ID:CnO3v0Ve0
>>335
だからオチナシと……

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:46:20.38 ID:wdSlDATr0
家に帰ってきてたみたいだ心配させやがって糞が氏ね

>>334
泣いた

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:49:03.44 ID:t+3AcRug0
>>336
認めないぞおぉぉぉ!
猫飼ったことねぇから見てみたいです

>>337
今度からツチノコ探せよ

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:50:21.11 ID:wdSlDATr0
>>338
猫飼った事ないとか人間かお前

ツチノコなら今ベッドで寝てるぜ?

340 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 20:53:02.88 ID:ZzBoB3RuO
>>328
お茶なら基本何でも大好きですが何か?

>>329
童守小人数大杉なんだよ割り当て切れねーよ




だからうまくいかないのだよ…

>>339
俺飼いたかったのに妹のせいで犬になったよ




まぁ何も飼わない方がある意味幸せだったかも知れない、俺にとって
めんどくさがりですし…

341 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 20:53:45.76 ID:CnO3v0Ve0
>>338
二号「にゃぁ」

『ゴトン』

梓「お願いだから、机の上のもの落とさないで……」

二号「にゃあ」

『ゴトン』

梓「……」
--
二号「Zzz....」

梓「ディスプレイの前で寝ないでください」抱きかかえてベッドの上に置く

二号「にゃあ!」ディスプレイの前に戻ってくる

梓「……」
--
二号「にゃあ!」

『ガガガガガガッ!』

梓「壁上りしないでください……」

二号「Zzz....」
--
そんな猫のいる日常。オチナシ。

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:54:15.91 ID:t+3AcRug0
>>339
鼠飼ってんだよ
丸まる太って可愛いぞ
あと人間だ

>>340
犬の名前はもちろん『ムギ』だよな

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:54:53.71 ID:wdSlDATr0
>>340
妹のせいにするとかお前人間か

>>341
とりあえずズボン脱いだ

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:55:02.99 ID:t+3AcRug0
>>341
猫かぁいいよ梓

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 20:56:24.43 ID:wdSlDATr0
>>342
鼠か
どっちかというとハムスターのほうが好きだけど鼠もいいかもな
人間でしたか

346 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 20:56:51.57 ID:CbfsvqRPO
麦茶「おれはっ人間をやめるぞーーーー!」

天「ワクワク」

紬「この時を待っていましたわ」

麦茶「うおおおおおお」
そして1年の歳月が過ぎた。

紬「天倉 喉が乾いたわ」

天「はいっどうぞ」
コトッ

紬「ふふふ 麦茶さん・・・あなたは一生私に飲まれる運命なのよ?ふふあははははは」

天「私も後で頂戴しよう」

END

347 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 20:59:00.02 ID:CnO3v0Ve0
>>343
NUGUNA。
--
『ガリガリガリ』

梓「椅子で爪研がないでください」
--
梓「二号、おもちゃだよー」ボールを投げる梓

その時二号のトランザムが発動する

二号「にゃぁ!」

梓「毛を散らかさないでください。質量のある残像なんて笑えません。掃除的な意味で」
--
オチナシ

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 21:00:34.13 ID:wdSlDATr0
>>347
NURUPO

パジャマ脱いだ

349 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 21:00:47.29 ID:nixMUa+VO
さて続き



私の隣に席を移してくる律。
澪「これで機嫌取ったつもりか?」
律「そ、そんなんじゃねーよ!…その、昨日は、ゴメン。」
謝らせちゃった…。
謝らなきゃいけないのは私の方なのに。
澪「私の方こそ…ごめん。律と和の関係、誤解して拗ねたりしたから…。」
律「なになに〜?拗ねてたの〜澪ちゃ〜ん?」ニヤニヤ
澪「もう、茶化すな!…本当に、友達止まりなんだよな?」
律「少なくとも、和は友達以上に思ってないだろうな。…多分、澪の事も。」
…分かってはいるけど。
やっぱり、好きって気持ちは変わらない。
それは、律も同じなんだろう。

350 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 21:03:29.23 ID:ZzBoB3RuO
>>342
いいえ『クリーム』です

当時家族みんな名前が思いつかなかったので、俺が「クリームでいいじゃん、毛色がクリーム色だし」と言ったらそうなりました


『ムギ』と名付けるなら絶対柴犬だ!!それ以外にない!!

>>343
だってだって、あいつ「猫キライ、キモイ」って言うんだもん!
まさか犬派とは思ってなかったよ!
…俺はいつだって中立…






そういや昔は亀飼って、次に金魚、次にハム、そして現在は犬だな
結局餌やりとかをしてるのはだいたい親父だというね
これなら犬飼いたいとか言うなよって話だよね

351 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 21:05:44.89 ID:CnO3v0Ve0
麦って付けるなら豆柴かポメラニアンしかないだろう……
ラブラドール飼ってから今のぬこ買うまでは何も動物いなかったなぁ家に

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 21:07:15.04 ID:wdSlDATr0
>>350
クリームか、さぞかし美味しかったんだろうな

兄なら妹の言うことを絶対の真理として受け止めなければならない

353 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 21:15:23.60 ID:CbfsvqRPO
5分麦茶さん

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 21:15:49.35 ID:KCEsXW6b0
どうぞ

355 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 21:17:36.60 ID:ZzBoB3RuO
>>352
食  べ  ら  れ  ま  せ  ん

いや…俺だっ…俺だっ…
いつだって…真理に近いのは…他の誰でもない、俺だっ…!

麦茶サ〜イズ!
俺は正しい!

356 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 21:18:50.83 ID:ZzBoB3RuO
>>353
何だ誘ってるのか?誘ってるのか?
あんまりしつこいとペロペロしちゃうぞ!

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 21:21:43.85 ID:wdSlDATr0
>>355
またまたご冗談を

貴様は兄として失格だな、妹を何だと思ってるんだ

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 21:28:55.68 ID:t+3AcRug0
>>1->>1000
てす

359 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 21:31:42.91 ID:ZzBoB3RuO
>>357
何があったか知らないが妹に幻想を抱くのはやめた方がいいぞ

姉が欲しいよ俺としては…甘えられる対象が欲しい、たとえばムギちゃんみたいな

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 21:33:43.79 ID:t+3AcRug0
>>359
何があったか知らないが姉に幻想を抱くのはやめた方がいいぞ

彼女が欲しいよ俺としては…甘えられる対象が欲しい、たとえばみゆきさんみたいな

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 21:35:45.30 ID:wdSlDATr0
>>360
何があったか知らないが彼女に幻想を抱くのはやめた方がいいぞ

娘が欲しいよ俺としては…甘えてくれる対象が欲しい、たとえば唯ちゃんみたいな

362 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 21:37:47.73 ID:ZzBoB3RuO
やめてよ、やめてよ

改変してコピペ化しないでよぉ><

363 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 21:42:18.38 ID:nixMUa+VO
律「あたし、さっき告ったんだ!…答え聞くの怖くて、逃げて来ちゃったけど。」
澪「あはは!律らしいなあ!」
律「なんだよそれ!」
そんなこんなで、私達は一時休戦する事にした。
いつまでもギクシャクしてたら唯達にも悪いしな。

翌日

私は音楽室に向かう。
ここの所、毎日来てる気がする。
まあ、律が届を出してくれれば、来ることも無くなるんだろうけど。
律と言えば…。
とんでもない事になったわね。
まさか、律と澪に告白されるなんて。
私を見た途端に2人がギクシャクし出したりしたら…と思うと、なんだか音楽室に行きづらいわ。

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 21:43:18.77 ID:t+3AcRug0
しえん

365 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 22:03:39.18 ID:ZzBoB3RuO
さて…明日から何をしよう

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:15:33.54 ID:fzmTgxR8O
>>365
睡眠

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:18:41.24 ID:t+3AcRug0
>>365
まずは朝アニメ見るために早起きして
次に、今週の撮り溜めを見て
お昼には生タラモをクイックレシピ見ながら料理
『ふわり』をかけながら模型造り
それが終わるころにはもう三時
「おやつなに?」
「お菓子でも作るか!」
「やったぁ!!」
そんな会話をしながら娘と一緒にクッキーを作る
掃除洗濯買い物
あれやこれやとしているうちにもう夜だ
さぁ夕飯を作ろう
今日のおかずは大根と豚肉の煮物だ
お風呂に入ってさっぱりして寝よう

こういう生活でもどうぞ

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:22:25.80 ID:d78dlw2/0
>>1
さっさと死ねカス
なんでいちいちVIPでスレたててんだよ

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:22:39.05 ID:wdSlDATr0
おいやめろ

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:26:00.27 ID:t+3AcRug0
>>369
なにを

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:28:14.99 ID:wdSlDATr0
>>367のような生活はありえないと言ってくれ

372 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 22:28:54.57 ID:nixMUa+VO
やべえ、カンフーハッスルおもしれえ



私が音楽室の近くまで行くと、外にいた唯が駆け寄ってきた。
唯「待ってたよ〜和ちゃん!ささっ入って入って〜!」
和「わっ、ちょっ、ちょっと唯!」
なんだか嫌な予感がする…。
音楽室に入ると、メンバーが演奏の準備をしていた。
律「よーう和!待ってたぜ!」
澪「そこに座って。今から演奏するから、聴いてってよ。」
良かった…とりあえず、仲直りしたみたいね。
私は席についてみんなの演奏を聴く。
ジャ〜ン♪
相変わらず、練習少ない割に凄い演奏するわね。
律「なーなー、どうだった?」

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:30:37.43 ID:I4pTO9EMP

10分唯×エアダスター

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:31:01.81 ID:t+3AcRug0
>>371
現実にすればいい

カンフーハッスル見てくる

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:31:03.30 ID:wdSlDATr0


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:35:14.17 ID:HTYwQjNy0
ksk

創作版でどうぞ。

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:36:05.08 ID:I4pTO9EMP
いくら眠いとはいえ何を10分にしてるんだ俺は

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:36:39.57 ID:uFcIl1Gi0
ksk

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:38:17.77 ID:d78dlw2/0
ksk

380 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/19(土) 22:42:06.25 ID:CnO3v0Ve0
: : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: また自治厨か……
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.:. ./彡ミ゛ヽ;)‐、. .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .  ./ :::/;;: ヽ ヽ::i:. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ..(_,ノ ̄ ̄.ヽ_ノ ̄

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:43:31.03 ID:wdSlDATr0
※テンプレをよく読みましょう

382 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 22:44:03.57 ID:ZzBoB3RuO
>>367
>まずは朝アニメ見るために早起きして
>次に、今週の撮り溜めを見て
これはできる
>お昼には生タラモをクイックレシピ見ながら料理
生タラモってなんだ、名前からしてうまくなさそうだな
>『ふわり』をかけながら模型造り
CDもってないし模型造る趣味もないよ
>それが終わるころにはもう三時
>「おやつなに?」
>「お菓子でも作るか!」
>「やったぁ!!」
>そんな会話をしながら娘と一緒にクッキーを作る
ごめんね〜素直じゃなくて〜 夢の中ならできる〜♪
>掃除洗濯買い物
>あれやこれやとしているうちにもう夜だ
いやだお!掃除はいやだお!
>さぁ夕飯を作ろう
>今日のおかずは大根と豚肉の煮物だ
>お風呂に入ってさっぱりして寝よう
いける!これはいけるぞうおおお

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:53:23.72 ID:Ab0D+br3O
ksk

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:55:37.36 ID:CohqNkXG0
オナニーを始めましょうか•••

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 22:56:22.36 ID:30AP0S3d0
全レスがしたいなら自己紹介板でttp://life9.2ch.net/intro/
創価の話がしたいなら創価板でttp://society6.2ch.net/koumei/
出会い厨のクズ野郎はオフ板いけカスttp://sports11.2ch.net/offreg/
一人で淡々と書き込みたいなら独り言板へttp://life9.2ch.net/yume/
ただみんなと騒いで馴れ合いたい気持ち悪い奴等はラウンコへttp://love6.2ch.net/entrance/
質問がしたい頭のよわいゆとりは初心者質問板へttp://gimpo.2ch.net/qa/
AA雑談がしたい頭のいかれた人はAAサロンへttp://love6.2ch.net/aasaloon/
オカルト大好きなあなたはオカ板へttp://hobby10.2ch.net/occult/
超能力大好き厨二病の人は超能力板へttp://etc7.2ch.net/esp/
食べ物の話が好きなら食べ物板へttp://food8.2ch.net/food/
平成ガンダム大好きな痛いゆとりは新シャア板へttp://mamono.2ch.net/shar/
UCガンダム大好きなおっさんたちは旧シャア板へttp://anime3.2ch.net/x3/
恋愛相談がしたいうざくてキモイ構ってちゃんは恋愛サロンからでてくるなttp://love6.2ch.net/lovesaloon/
大学受験控えてるならVIPじゃなくて大学受験板へttp://school7.2ch.net/jsaloon/
いまだにポケモンとかやってる基地外はポケモン板へ引き篭もれクズttp://game13.2ch.net/poke/
意味ないのにVIPでネトゲしてる基地外はネトゲ板へttp://game13.2ch.net/mmosaloon/
VIPで人生相談とかしちゃうバカは人生相談板へttp://life9.2ch.net/jinsei/
ニコ厨(笑)できれば死んでほしいけどとりあえずようつべ板へttp://pc11.2ch.net/streaming/
おもしろくもない小説書いてるオナニー狂はお絵かき・創作板へttp://pie.bbspink.com/erocg/
互いに傷のなめあいしてる絵が下手な絵師(失笑)もお絵かき・創作板へttp://pie.bbspink.com/erocg/


386 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 22:57:58.08 ID:nixMUa+VO
和「凄いわね。ほとんど練習してないのが嘘みたい。」
澪「うう、痛いところを…。」
紬「さて…和ちゃん。そろそろはっきり答えを聞こうかしら。」
和「え?」
紬が突然そう切り出してきた。
多分、律と澪の事なんだろうな。
律「いいっ!?ム、ムギ!!」
澪「そんなのいいって!!」
紬「そうは行かないわ!2人だって、モヤモヤしたままじゃ嫌でしょう?」
律「そ、それは…!」
澪「そうだけど…!」
どうやら、2人の告白の答えを今ここでしろ、という事らしいわね。
でも、何故紬が言うんだろう?
紬「さあ!和ちゃん!答えを!」

387 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/19(土) 23:01:38.02 ID:CbfsvqRPO
1時間唯×憂結婚

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:03:04.51 ID:wdSlDATr0


389 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 23:14:17.31 ID:ZzBoB3RuO
何かやけに人が増えたような増えてないような




なんだ気のせいか…

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:15:34.54 ID:t+3AcRug0
>>389
俺が無駄にレスするからじゃね?

current ships(4) news4vip軍
# FurudeRika 55000
# Rika 85000
# takoyakiiiiii 33262
# takoyakisan 79745


391 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 23:17:53.59 ID:nixMUa+VO
和「え…と。…2人の気持ちはすごく嬉しいわ。だけど、私は普通に男の人が好きだし、2人には友達以上の感情は持てないわ。」
律澪「………。」
和「だって、私のせいで2人の関係がギクシャクするのは嫌だから…やっぱり、澪と律にはずっと親友同士でいてほしいのよ。」
律澪「………。」
和「気持ちに応えられなくてごめんなさい。…でも、これからも、お互いいい友達でいましょう?」
しばらく沈黙が続く。
心なしか、紬ががっかりしているように見えるのはあえて気にしない事にしよう。
重い沈黙の中、律が口を開く。
律「…そっかあ。やっぱそうだよなあ…。」

392 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/19(土) 23:18:21.36 ID:ZzBoB3RuO
いやそっちじゃなくてちょいちょいkskしてる奴ら




触れないでおくけどな…なんか気持ちの悪い何かを感じるし

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:18:49.87 ID:t+3AcRug0
心なしか、俺も

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:21:06.81 ID:t+3AcRug0
>>392
VIP立て直そうぜの人たち

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:25:12.61 ID:wdSlDATr0
URL

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:28:35.20 ID:wdSlDATr0
書けたけど眠いから明日にしようおやすみなさい

397 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 23:30:24.74 ID:nixMUa+VO
律「友達かあ…。ま、いいか。別に仲悪くなるわけじゃねーし。…ん。これからも、友達としてよろしくな、和!」
律が手を差し出す。
和「うん。よろしく。」
私は律と友情の誓い的な握手をする。
澪「わ、私も…友達で、いいよ。…ちょっと、残念だけど。」
涙目の澪も手を差し出してきた。
澪とも握手をして、私達の友情は固く誓われたのだった。

梓「そういえば、和先輩ってそもそもなんで来てたんですか?」
…そうだった。
肝心な事を忘れてたわ。
和「律。体育館の使用届…今日が期限なんだけど。」
律「な、なんだってー!!なんでもっと早く言ってくれないんだよー!」

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:30:35.78 ID:obbXeFRyO
vipでやんな
過疎区

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:43:17.76 ID:hdCLaRby0
                    _,. -―――- 、
                  /: : ‐: : : : : : :‐- 、: :\
                /: : /: : : : : : :\: : : : \: :\
                /: :/: :.|: : : : : ! : : : \: : : :.ヽ: : ヽ
               /: /: : 八: :!: : :|\: : : : ヽ: : : :',: : :.',
               ,': /ニ7,;;;;,,!:.!: : :| ⌒ : : : : : : : : |: : : :!
              /: :.|: :./;;;V\: !   ヽ: :!: :.|\|: : : :.\__,
             /: : :ハ: :|;∴,,,, ,,,,,  ヾ '''ゝ;;;∨!∨: : : : : : : : :ヽ
            /: : : : :.V:!;;(0);;; x;;;; ( 0 ). !: : : : ハ: : : : : :.ハ
            /:/: : : : /: :! '''"  、    ;;メ;;;、、 !: : !: : :!: : : : : : :.}
           // |: : : /| :八メ;;; ┃- 、  :::メ,ィ: :/: : /: :ハ: : :|V
           {! 从: i    >;;;、 `ーJ  イ!V /: : /: / |: :/
               N:  ∴∵∴ vrW'vレ^/:/: /   V
                   ,;;;;∬※∴∴⌒弋
                  广;;;。∵丶彡彡;;;;乂
                  );;;゚;;∵∴∵∵+;;;;て
                  ソ∵∴∴∴∴∵;;;;;厂
              i'´ ̄::::>/N::::_:::::/:∴∴;;、,;;;;)
             /::::::://:::/:::::|  ><  /:::丁´:::::::::::::V゚}∩  *
            /::::nんh_::∧:::::}/八. ∨::::::」::::::::::〈ヽ.ノ///〉
       .     /:/| ! // 〉:::::>ヘ.ノ八 ソ::::{::::::::::::/:::}    っ
           //:::::::\__ノ〉::〈:::::::|/ ∧〉::::〉::::::::/::::∧  , ィ´
          /:::::::::::::::::::::/::::::::\::! /:::::>'´::::::::/::::/:::い.ノ):〉
          !:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヾ厶イ:::::::::::::/:::/:::::::ヽノ:/
          |::::::::::::::/ヽ:::::::::::::::<>:::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::/  *
           `ー七:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::/
           //:::::::::::::::::::::::<>::::::::::/::::/  ヽ:::::::::::/
         /⌒〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::/    `ー‐'


400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:45:41.53 ID:KCEsXW6b0
これはいい支援レス
もっとやれ

401 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/19(土) 23:48:21.87 ID:nixMUa+VO
和「3日前にも言ったじゃない。学食行くときに。」
澪「ちょっ、まだ出してなかったのかよ律!」
律「だ、だってさあ!この3日間、色々あったし…。」
澪「う…。」
届を受け取った私は音楽室を後にする。

翌日

朝からやけに上機嫌な澪が話しかけてきた。
澪「おっはよー和!今日もいい天気だなー!」
和「お、おはよう。なんか機嫌いいみたいだけど、どうかしたの?」
澪「実はなー…んふふふ…ひ・み・つ!」
とりあえず、私への気持ちは吹っ切れたみたいだし、そんなに気にしなくてもいいかしら。
澪「聞きたい?なあ聞きたいだろ?続きは放課後、音楽室で!な〜んちゃって〜!」
やっぱりちょっと気になるわね。

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:48:46.96 ID:hdCLaRby0
                  ´ : : : : : : : : : : : :丶 : : : : : \
                   /: : : : : : :/: : : : : : ヽ: : : :\ : : : : : :\
             /: : : :/: : :/: : /: : : : : i \: : : \ : : : : : :ヽ
             : : : : /==, :/: : : : : : : : :│ : : : : : : :`丶 : : : : .
           /: : : : /: : : /:.ハ: /\: : : : ∧: : : : :\ : : : \ : : :!
           ,′: : :/===/∨≡\{≡ヽ : /≡X: : : : : ヽ : : : : : : :|
          : : : : :{: : : ,≡≡≡`≡≡∨≡≡\: : : : : : : : : l .: |
             |: :/.: : : : : :  x==ミ三三三三x==ミヽ : : }: : 八: :\
             |:/: : : :\:{ 〃 ● ヽ三三三〃  ○》 : ∧ :从:|\: :\
          /: : : :/: :.:.:.ゝ メ、   ノ三三三ヽ   ノ∨:::|/: ::リ::::::'; : : ヽ
            /: : : :/ : : : ハ 三三三三三三三三三 /:::: : : ::::::::::}: : : :
         i: : : : ′: : :::::::}三三トェェェェェェェイ三三三::::: : : ::::::::::j: : : : }
         | : {:│: : : :::::::!;:;:;:;:;:l。O r-y〇 |≡≡;:;:;:;:;:;:;: :,':::::::/: : :八|
         |: ;人:|: : :::::::: 人;:;:;:;:゚J !、〃ノ-、@l;:;:;:;:;:;:;:;: 人j::::: : :/::::::/: : :/
         |/  {: :::{:::: {::::::::::....。c゚..`-';:;:;:;:し;:;:;:;:_ イ::::/: : : :/:::::::}::|∨
           {  人 : :{\::::::::::::::::::l l>‐‐;:;:;:´∧_::∨: : : :人:::::/}ノ
                 \∨ \_;;. イ J|i!i!i!∴*,|゚ ;┃  〉 /: : : :/
             -       J┃|i!i!i! ;;|* 。   |: : /
                     @|゚iij  ~.j| ・   :lイ
                    ; .|pj  ┃|゚
                     ゚ ;|i!i!i!∵ | ;
                    .* |i!∴  .|
                       ..|i!i゚!i!  ,;;| 

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:49:56.42 ID:mClUNRxMO
避難所荒らしてきまつ

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:51:55.12 ID:KCEsXW6b0
そろそろ運営に報告してくるかー

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:52:28.80 ID:t+3AcRug0
>>404
構うなよ

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:54:18.27 ID:KCEsXW6b0
>>405
おっとすまん
だけどもう報告しちゃったんだぜ…

今からでも取り消せるかな?

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:55:21.49 ID:t+3AcRug0
>>406
ならいい

で、お弁当を投下しなかった理由を聞こうか

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:56:49.38 ID:KCEsXW6b0
お弁当とは何のこっちゃ

わかりませんなー

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:56:57.99 ID:t+3AcRug0
IDかーわれ

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:59:56.34 ID:KCEsXW6b0
日付変更鶏肉従妹

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 23:59:59.00 ID:t+3AcRug0
さようなら

412 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 00:00:18.75 ID:nixMUa+VO
放課後

澪の上機嫌ぶりが気になった私は、音楽室に向かう。
まあ、学祭の打ち合わせのついでだけど。
紬「いらっしゃーい。うふふ。」ニコニコ
紬まで上機嫌になってる…一体何が起きたのかしら?
律「おい、やめろよ〜!」
澪「なんだよ、律ばっかりなんてずるいぞ!」
声のする方を見ると、律と澪がイチャイチャしていた…まるでカップルみたいに。
和「何これ…。どうなってるの?」
梓「和先輩が帰ってから、話をしてるうちにああなっていったんです。」
澪「あっ和!じ、実は私達…。」
律「付き合う事にしたんだ!」

413 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 00:00:25.48 ID:yx2Fd1kr0
なんというかシュール過ぎて何も言えないww

そういえば、さっきの猫の話題掘り返してこんな画像でも
ttp://up.20ch.net/s/20mai00048869.jpg
ttp://up.20ch.net/s/20mai00048870.jpg
ttp://up.20ch.net/s/20mai00048871.jpg
ttp://up.20ch.net/s/20mai00048872.jpg


414 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 00:09:55.82 ID:Ft9Z/ioMO
律「実はなー、澪が嫉妬してたのは、あたしに対してじゃなくて、和に対してだったんだ。それを和への恋心と勘違いして…。」
澪「うおーい!それは言わない約束だろ!?」
澪が拳を振り上げる。
律が怯える様な態度をとると、澪は律の頭を軽くコツンと叩いて言う。
澪「もう、いけない子!」
律「ゴメーン!」
2人は再びイチャイチャし始める。
すごく…バカップルです…。



終わり

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 00:11:49.63 ID:X3rPxz+T0
>>414
和が不憫だ乙

416 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 00:14:37.76 ID:yx2Fd1kr0
>>414
ちょっと和の傷心旅行にでも付き合ってきますお

417 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 00:20:04.82 ID:gkwbdBNkO
>>413
マズい、これを見てると俺のハートがビッグバンだ!!!
四枚目がかわいすぎて俺も一緒にカジカジしたいよはああああああん

>>414
乙!

バカップルめ…!でもムギちゃんが喜んでるならいいか

418 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 00:20:31.81 ID:ameVsjtKO
憂「お姉ちゃん!いつもグータラやってちゃだめでしょ!早く起きなさい!」

唯「んーあと3分〜」

憂「3分もあったらカップラーメンできちゃうんだよ!?まったくお姉ちゃんは時間の大切さを分かってないよね〜」

唯「じゃああと2分59秒〜」

憂「そういうことじゃなくて!早く起きて」

唯「うぅ〜何か今日の憂変だょ〜?」

憂「私はもう昨日までの平沢憂じゃないから 私は変わったのよ!お姉ちゃんをこのままにしておけないもん!」

唯「いいよ別に変わらなくて いつもの憂が一番かわいいよ? zzz」

憂「起きろー!」

419 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 00:31:03.87 ID:gkwbdBNkO
>>418
ペロッ…これは期待の味!

420 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/20(日) 00:37:22.68 ID:rSonsvZe0
うっひょぉぉい
バイトがきつ過ぎる件……
あと8日くらい連続で……
いきなりだが風呂に……

421 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 00:38:08.06 ID:ameVsjtKO
唯「ふがー」

憂「はいっいただきます!」

唯「いららひはしゅ」

憂「心がたるんでる!もう一回!」

唯「いただきます!」

憂「よし さぁおいしいおいしい朝ご飯を食べましょうか」

唯「憂 なんかちょっと怖いんだけど」

憂「お姉ちゃんの気を正そうと私は必死なんだよ?お姉ちゃん分かってないとは言わせないんだから」

唯「でもさ、今日日曜日だよ?学校ないよ?」

憂「今日は晴天だから二人で仲良くお買い物に出掛けましょう」

唯「いいよ憂独りでいきなよ」

憂「お姉ちゃん!」

唯「わ、わかったよ・・・」

憂「まったく・・・」

422 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 00:50:59.86 ID:gkwbdBNkO
>>420
お疲れー
ゆっくり浸かっていってね!

>>421
…あれ?この唯俺じゃね…?
違うのは憂ちゃん役がいないだけで…

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 01:20:03.00 ID:X3rPxz+T0
>>422
ニート乙

424 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/20(日) 01:28:57.82 ID:rSonsvZe0
回復……してない……

はぁ、ニートの様な生活をしていたものに
9時間労働はキツい

425 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 01:32:38.44 ID:gkwbdBNkO
>>423
違います!




だって休みの日は寝ていたいじゃん…休息が欲しかったところなんだよ、ここんとこ休みなしで仕事してる気分だったし

426 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 01:47:04.86 ID:ameVsjtKO
>>425
私が腕枕してあげましょうか?



憂「さぁ今日は近くのデパートでタイムセールをやってるから急ぐよ!」
唯「おー・・・あぁ眠い」

憂「お姉ちゃんは知らないかもしれないけどあそこはもう主婦のまさに戦場なんだよ?常に強気でガンガン行かないと跳ね返られちゃうよ!?」

唯「どうでもいいから行くんなら早く行っちゃおうよ」

憂「うん!じゃお姉ちゃん手」

唯「手?ほいっ」

ギュッ
憂「うふっこうした方が仲良しになれるよ♪」

唯「あわわっ引っ張らないでよ〜」

憂「早くしないと戦場に乗り遅れちゃうから急ぐよ!」

唯「うぅ早く帰ってぐっすり昼寝したい・・・」

427 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 01:55:38.03 ID:ameVsjtKO
まずい・・・今ここにいるのは私だけ・・・
保守してくれる方至急募集中です><

428 :魂魄:2009/09/20(日) 01:58:06.93 ID:4wpv1QIT0
ネタが思いつかないという苦悩

429 :魂魄:2009/09/20(日) 01:58:59.92 ID:4wpv1QIT0
また落ちるのか
それだけはいやだ

430 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 02:03:38.32 ID:WygqhBva0
こんばんは

もうハルヒ×けいおん!が3部作ぐらいになりそうです
ハルヒ分が多い気も作っててありますが…できたらここに投下しますね

431 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/20(日) 02:04:09.16 ID:rSonsvZe0
うぅ、足が痛い…

バイトの面接落ちて欲しかったのにィィィ!!!
たぶんご紹介できないみたいな事を仄めかしてたくせにッ!
落ちると思ってゲーム買ったのに全然出来ないじゃないかーーー!!

仕方ない、寝るわい……
オヤスミ☆

432 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 02:09:22.54 ID:WygqhBva0
>>431
おやすみん♪

433 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 02:16:30.56 ID:ameVsjtKO
なめたんさん

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 02:24:30.19 ID:xgrHvxpoP
いい具合に設定が浮かんでも文章にできないあぁもどかしいもどかしい

435 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 02:34:52.27 ID:ameVsjtKO
10分なめたんさん×麦茶さん

436 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 02:36:33.89 ID:WygqhBva0
>>435
…それはちょっと><

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 03:01:43.82 ID:xgrHvxpoP
「」

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 03:03:52.14 ID:xgrHvxpoP
ミス

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 03:22:36.24 ID:xgrHvxpoP
てんぷら揚げ揚げ
10分紬×律

440 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 03:29:16.09 ID:WygqhBva0
阻止阻止阻止ing

441 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 03:57:36.94 ID:WygqhBva0
寝…

442 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 04:15:28.88 ID:WygqhBva0
ホントに寝で…

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 05:33:07.38 ID:qrp1wzMCO
なんだよ誰もいないのか……30分唯

444 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 06:26:42.44 ID:yx2Fd1kr0
おはようございます。朝のニュースです。

445 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 07:03:13.04 ID:H8kJrdWzO
おはようです

眠いです

446 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 07:49:56.12 ID:H8kJrdWzO
うーん…目が痛い><


なんか肌寒いです…

447 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 07:56:38.46 ID:yx2Fd1kr0
保守がてらに音楽知識の単発でも

唯「一人での演奏ってソロ(Solo)だよね。二人は?」

目「デュオ(Duo)、またはデュエット(Duet)。ちなみに重奏は大体同種の楽器っていう定義で、あと同じようにメロディラインを演奏することなんだが」

唯「へー。三人は?」

目「トリオ(Trio)」

唯「四人は?」

目「カルテット(Quartet)」

唯「五人は?」

目「NHKとかでもやってるが、クインテット(Quintet)、以下セクステット(Sextet)これは性的な意味じゃないぞ。セプテット(Septet)、オクテット(Octet)、ノネット(Nonet)、デクテット(Dectet)となる」

唯「ヘー」

目「セプテット〜デクテットは英語の月にもあるようにSeptember〜Decemberだ。これがズレた理由は7月8月のJuly、Augustを入れたからっていうのもある」

唯「ま、どうでもいいね!」

目「そうだね!」

448 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 08:05:40.41 ID:H8kJrdWzO
>>447
へぇ〜(81へぇ〜)

80へぇ〜を超えたので、目次さんには粗品としてソックスが贈られます。(性的な意味ではないです)

449 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 08:43:54.59 ID:gkwbdBNkO
おはやう




なめたんの使用済みソックスですか?

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 09:04:45.29 ID:qrp1wzMCO
秋だなぁ……気持ちがいい
どれ、気分がいいので何か書こうかな
投下するのは恐らく一ヶ月後か

451 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 09:06:41.53 ID:gkwbdBNkO
遠いな…

452 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 09:07:57.73 ID:yx2Fd1kr0
音楽聴いてるとたまにこれでSSかけるんじゃないだろうかと思いつつ、書き溜めしない一発本番ばかりだからやらないっていう……

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 09:08:55.25 ID:Q73vW4gG0
そうでもない
気が付けば1ヶ月なんてすぐさ

454 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 09:16:49.77 ID:gkwbdBNkO
>>452
あるある

今日は脳内でほとんどポルノの曲しか流れてこないけど、アニメOPみたいなキャラが喋らず動くだけのしか思いつかないんだよね…

>>453
しかし期待してしまうと短いようで長く感じるもんさ

仕事してて早く休憩時間に入って欲しいのに、数分たってもういけると思って時計見たらまだだった、って奴と同じさ





娘が欲しいな…

455 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 09:19:02.26 ID:yx2Fd1kr0
>>454
仲原涼の曲で作りたいなーと思いつつ試行錯誤しながら、アフガン編も書かないといけないとか思い悩むところw

456 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 09:36:04.22 ID:gkwbdBNkO
>>455
戦争SSか

…あれ?俺まだ出てきてない?

457 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 10:23:33.17 ID:gkwbdBNkO
また一人の世界か…

458 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 10:27:54.83 ID:yx2Fd1kr0
>>456
最初に死刑宣告で逃亡から未だに出てきてません^q^

459 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 10:41:26.02 ID:ameVsjtKO
律「けいおん!」


律「ついに、この私に主人公の話が舞い込んだ」
唯「がんばってね応援してる」

律「しかし私が主人公になるなら必ずしもこのおでこのでる回数が多くなるはず」

唯「主人公だからってなんでも許されるわけじゃないからね 前まで主人公だった私だから言えるけど意外と主人公って疲れるよ」

律「それでも私は主人公になりたいんだ ほら聡から応援メッセージを記した手紙だ あいつなんだかんだいいながら心配なのさ姉のこと」

唯「りっちゃんなら絶対いい主人公になれるよ!」

律「ありがとう 私みんなのためにがんばるぞ」
律「と言うわけで唯 ギターとドラム交代しないか?」

唯「えっ」

460 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 10:47:00.39 ID:ameVsjtKO
10分麦茶さん

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 10:56:59.27 ID:0aDRhpdS0


462 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 10:58:31.77 ID:gkwbdBNkO
あと一分で止めるとは…やるな!

463 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 10:58:54.17 ID:ameVsjtKO
よかった

464 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 11:14:18.96 ID:ameVsjtKO
5分琴吹さんの腕の中

465 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 11:14:30.73 ID:gkwbdBNkO
自分でやったくせによかったと言われるとどう反応していいか…

466 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 11:23:14.01 ID:ameVsjtKO
律「まぁ冗談だけどさ」
唯「ほんとに?」

律「・・・うん」

唯「分かりやすいよりっちゃん」

律「うっうるさいやい!」

唯「5分麦茶さんの抱擁」

律「じゃあたしは澪と帰るからな」

唯「うん!ばいば〜い」

467 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 11:27:48.04 ID:gkwbdBNkO
浮気よくない
阻止する!

468 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 11:31:33.07 ID:ameVsjtKO
ごめんなさい><

469 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 11:43:44.23 ID:gkwbdBNkO
一度なびきかけた俺もごめんなさいしなきゃね><
ごめんねムギちゃん><

470 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 11:50:22.84 ID:ameVsjtKO
今度こそ
5分麦茶さん

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 11:55:22.61 ID:0aDRhpdS0


472 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 11:57:16.65 ID:ameVsjtKO
いやこれは成功のはず!
唯「澪ちゃんのほっべたふにふに〜」

澪「やめんか 恥ずかしいんだ」

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 11:59:57.56 ID:0aDRhpdS0
いいえ失敗ですコンマ以下の数字をよく見てみましょう

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 12:04:30.05 ID:0aDRhpdS0
鶏肉いないのか……

しゃーねぇ、俺がまとめてやんよ

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 12:06:40.35 ID:SXLoo1hCO
後0.23秒だったな






五分麦茶×柔道部員

476 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 12:07:51.61 ID:ameVsjtKO
ふざけないでください
阻止

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 12:08:01.73 ID:0aDRhpdS0
>>475
結婚してください

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 12:11:18.79 ID:2WMfAP1NO
>>474
おはよう

479 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 12:11:28.48 ID:gkwbdBNkO
>>476
ありがとう!
君になら抱かれてもいいや…

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 12:13:12.88 ID:0aDRhpdS0
>>478
結婚してください

>>479
結婚してください

>>481
結婚してください

481 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 12:13:41.02 ID:yx2Fd1kr0
にしても平和ですネ

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 12:18:21.08 ID:0aDRhpdS0
編集内容は1375行あります。1200行以下に収めるか複数ページに分割してください。

編集内容は53098バイトあります。50000バイト以下に収めるか複数ページに分割してください。

軽い動作でご利用頂く為に、また他のユーザ様に迷惑を掛けないよう、なるべく少ない行数/文字数を推奨しております。




地区しょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

483 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 12:20:21.75 ID:yx2Fd1kr0
>>482
作ったデータ全滅ですか……

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 12:30:21.53 ID:0aDRhpdS0
抜けてる可能性大だから各自補完しといてくれ
麦茶のはまとめるなって言われてるからまとめなかった

485 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 12:33:51.11 ID:gkwbdBNkO
そういやまとめるなって言ったの今回が初めてだな…

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 12:38:56.63 ID:2WMfAP1NO
>>484
(〜。∀゚)〜乙
 > >

487 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 12:52:54.46 ID:gkwbdBNkO
YJのローゼン二巻買ってくるか…
あるといいけどなぁ…

488 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 12:52:55.52 ID:H8kJrdWzO
こんにちは

歌を題材にしたSSの話が出てましたが、そんな話作りましたよ><

まあそのうち投下します…

489 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 12:58:12.40 ID:gkwbdBNkO
>>488
わーい期待






何だか負けてられんな…

490 :ハトケータイ ◆ELsazwhnbg :2009/09/20(日) 13:17:56.50 ID:Hw9YmUpSO
あたしゃどうしてバイトなんてしてるんだろうね……

キツい休憩時間だがまた戻らねば

491 :そんまし:2009/09/20(日) 13:20:00.53 ID:Q73vW4gG0
俺はどうして生きてるんだろうね……
頭がキツいがまた執筆作業に戻らねば

492 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 13:23:17.79 ID:ameVsjtKO
私は、抱かれるほうがいい・・・かな?。。。

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 13:31:02.63 ID:2WMfAP1NO
俺はどうして二度寝なんてしようとしてるんだろうね……

何かやることがあった気もするがまた布団に戻らねば

494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 13:48:03.86 ID:xgrHvxpoP
俺はどうして眠気をこらえて朝からバイトにいっていたんだろう
動いても眠気って取れないときもあるのね

495 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 13:49:58.32 ID:yx2Fd1kr0
儂はどうしてこの場合どう突っ込んでいけばいいのか迷うんだろうね……
もうわかんないや

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:15:08.46 ID:0aDRhpdS0
この流れはヤバイ
誰か投下しようぜ!

497 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 14:19:00.35 ID:yx2Fd1kr0
アフガン編無理矢理にでも進めるしかないかな……w

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:19:39.28 ID:0aDRhpdS0
痴態

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:22:31.79 ID:JWwuXMfV0
眠い頭をフル回転させて…

澪「歌詞を書きに行こうと思うんだ」

律「へぇ、どこにいって書くんだ?」

澪「えぇっと、三途のか」

律「ムギ、澪を私の家に持ってって監禁しろ」

紬「サーイエッサー!」

澪「え、ちょっ」

500 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 14:23:57.77 ID:gkwbdBNkO
>>492
憂「なめたんさん以上に淫乱ですね」

天倉「そ、そんなことは…」

憂「嘘おっしゃい」ビシッ

天倉「あうっ!ハァハァ…」




ごめん、こんなので空気変えようと思った俺がバカだった

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:27:44.92 ID:xgrHvxpoP
唯「むーすんでー」

律「お、おい何するんだ唯!」

唯「ひーらーいーてー」

律「ま、まさか、やめろよ冗談だろ」

唯「手をうって」

律「でこは、だめぇ…」


この先は実に不健全になりそうだからやめとく
さぁ昼寝だ

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:30:45.65 ID:0aDRhpdS0
なぜ縄で縛られるところや服を脱がされるところの描写をもっとはっきりしないんだ!
おやすみ

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:32:56.78 ID:oU11KZ1A0
未だに、あいつとの関係は語りづらい。

いや、なにかやましいことがあったというわけではない。
取り立てておかしな出来事が生じたというわけでもない。

ただ、説明しづらいのだ。

なんと形容したら良いのか、答えが見つからないのだ。

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:39:47.93 ID:oU11KZ1A0
とにかくあいつは、不器用な奴だった。
まるで太陽のように明るい時もあれば、はたまた時季が過ぎ去った花のようにしおれた時もあった。
両極端なのだ。
他人のことになると殊更に鋭いくせに、自分のことになると酷く鈍感で。
そんなあいつの近くにいた俺は、いつも気を揉んでいたものだ。

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:42:13.17 ID:oU11KZ1A0
あいつといた期間は、あまり長いものではない。
それでも、俺たちは意気投合し、互いのことを知っていくようになった。
・・・・・・まあ、それでもあいつとその幼馴染との絆には、遠く及ばないものであっただろうけれど。

さあ、どこから話そうか。





506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:44:23.93 ID:0aDRhpdS0
律と澪なのか唯と和なのか

507 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 14:47:09.98 ID:ameVsjtKO
憂ちゃん><
ごめんなさい><

でも麦茶さんのせっかくのお誘いですから答えてあげないと・・・><

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:47:46.70 ID:oU11KZ1A0
じゃあ、あの間抜けな邂逅から始めるとするか。
あまりにも馬鹿らしい話ではあるが。

すべてはそこから始まったと言えなくもないのだ。

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:51:12.66 ID:oU11KZ1A0
なんてこった、思いつかねえ。

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 14:51:23.20 ID:0aDRhpdS0


511 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 14:53:16.68 ID:gkwbdBNkO
>>509
律「ゆ、ゆっくり考えてからまた書いてみようぜ!」

紬「そうそう、きっとまだだいたいのイメージだけしか練れてないと思うの!」

512 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 14:54:40.99 ID:ameVsjtKO
私はいつも麦茶(飲み物のほう)を飲んでいるのですが
たまに麦茶さんのことを思い浮かべちゃうんですよ

513 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 15:26:45.07 ID:yx2Fd1kr0
 それから南東へ200km程の距離。既に太陽は地球の影に隠れ、砂漠は灼熱から極寒へと表情を変えていた。
「HQ, HQ, This is Supply. Over.」(本部、本部。こちら補給部隊。どうぞ)
『Supply Supply. This is HQ. Over.」(補給部隊、補給部隊。こちら本部。どうぞ)
「Car failed. Return slowly to repair it. Break over.」(車が故障した。修理するので帰還が遅くなる。以上)
『Roger. Be carefull. Out.』(了解。気をつけろ。通信終了)
「さて、もう日も暮れましたぞ。如何なさいますかな?」
 通信を終えた斉藤が問う。
 砂漠という丘陵の起伏以外に何もない地は幸いにも新月だった。月明かりがないので、その分敵からの視認もされにくい。
「MADDY。敵の基地まであとどれ位?」
「直線距離にして3km。徒歩だとおそらく1時間前後で行けるかと」
「そう。なら歩きましょう。銃は……まぁ好きにして。取り敢えず飲料だけは準備しておきましょう」
 そして準備から数分後。各々が準備を整える。
「……それじゃ行きましょう。私たちの任務を終えるために」
「Sir! Yes sir!」
 その声は上官に対する信頼と戦友との絆が強く込められ、これから赴く死地に対する覚悟を改めて感じさせるものであった。
「麦茶……あなたのやった落とし前をつけさせて貰うわ」
----

以下ネタ出し中

514 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 15:27:11.69 ID:gkwbdBNkO
急にデレだしたな
どういう状況だこれは…?

515 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 15:50:36.49 ID:ameVsjtKO
30分唯×憂で幸せになる!

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 15:51:41.28 ID:0aDRhpdS0


517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 15:57:18.54 ID:X3rPxz+T0
帰還

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 16:02:46.91 ID:0aDRhpdS0
異次元からの

519 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 16:03:01.54 ID:ameVsjtKO
こまさん?

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 16:05:25.08 ID:X3rPxz+T0
にゅるっと

521 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 16:06:40.74 ID:ameVsjtKO
麦茶さん!

522 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 16:13:09.68 ID:gkwbdBNkO
>>521
はいっ!

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 16:15:29.16 ID:X3rPxz+T0
ほんとに出てきたよw

524 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 16:24:03.64 ID:gkwbdBNkO
え…もしかしていけなかった?
ごめんねごめんね

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 16:28:36.75 ID:X3rPxz+T0
許してやるよ

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 16:55:51.74 ID:0aDRhpdS0
SSが書けないお……

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 16:58:24.02 ID:X3rPxz+T0
ケツからネタをひりだせ

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 16:59:06.73 ID:0aDRhpdS0
ネタならあるんだけど

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:03:12.49 ID:X3rPxz+T0
じゃあ顎でかけ

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:03:41.58 ID:0aDRhpdS0
あごない

531 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 17:03:57.50 ID:ameVsjtKO
>>524
いえそんなことありませんよ!?
麦茶さん 抱きしめてください

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:08:16.71 ID:X3rPxz+T0
>>930
顎がない…ピッツァか…
じゃあ鼻だ
それかてぃんてぃんか

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:08:52.90 ID:0aDRhpdS0
はなない
ちんこない

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:09:43.97 ID:X3rPxz+T0
まさか…宇宙人か…

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:10:16.21 ID:0aDRhpdS0
いいえ、地球人です

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:10:44.94 ID:X3rPxz+T0
じゃああれか
コイキングか

537 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 17:12:12.73 ID:ameVsjtKO
やめてあげてください
麦茶さんが・・・拗ねちゃいますよ?

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:12:28.27 ID:0aDRhpdS0
いいえ、哺乳類です

539 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 17:20:48.66 ID:ameVsjtKO
日本人です!人間です!言葉は喋ります!
よって憂ちゃんをもらいます!

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:24:10.25 ID:0aDRhpdS0
阻止

541 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 17:25:41.67 ID:WygqhBva0
ケータイの電池切れてました…

なんか>>500で憂ちゃんに酷い言われようしていますが…淫乱じゃないです><

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:27:53.17 ID:0aDRhpdS0
そうだぞ! なめたんは淫乱なんかじゃないぞ!

なめたんペロペロ(^ω^)

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:38:05.62 ID:0aDRhpdS0
オチが弱くなっちまった……

544 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 17:51:52.81 ID:gkwbdBNkO
>>531
そんなことしたら惚れてまうやろー!!!!

抱きつくより抱きつかれたい、でも抱きつきたい気もしないでもない

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 17:52:37.32 ID:0aDRhpdS0
>>544

546 :魂魄:2009/09/20(日) 17:56:25.17 ID:GX8hHeTG0
澪「はい、もしもし」

紬「あ、澪ちゃん」

澪「何? ムギ?」

紬「あのね、部室にいたりっちゃんおいしくいただいたから」

澪「ちょっと、何やってんだよ!! いいぞ もっとやれ!!」

律「お嫁にいけね〜・・・」

〜わろす〜

547 :NYAN ◆KYON..7N2s :2009/09/20(日) 18:03:55.99 ID:wS+vQJqy0
律「とりあえず野球やろうぜ」

澪「は?何言ってんだ!練習だろ」

律「ああ、守備練するか」

澪「だーかーらー野球なんていつでてきた?軽音部としての練習だろ!」

律「ってか軽音部ってなんだ?」

澪「は?」

唯「けいおんぶ?」

紬「???」

澪「おい・・・マジで言ってんのか?」

律「いや・・・なに言ってんだ?」

澪「・・・もう知らん!!!帰る!!!」

唯「澪ちゃん・・・」

紬「疲れていたのかしら?おかしいわね今日の澪ちゃん」

律「ま、いいやとりあえず大会も近いししっかりと補強すっぞ!」

唯・紬「おう!」

548 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/20(日) 18:06:01.14 ID:ZVriRRCS0
te

549 :NYAN ◆KYON..7N2s :2009/09/20(日) 18:14:49.18 ID:wS+vQJqy0
唯「みおみおピピピ・・・みおみおピピピ・・・」

澪「やめろよ、なんだそれ?」

唯「あ、澪ちゃんえっとねーなんかテレビでやってんだぁ」

律「クスクス・・・」

澪「わ・・・」

紬「っぷ!」

澪(・・・)

唯「みおみ」

澪「わー!」

唯「え?なに?」

澪「やめろってそんな言葉ないからマジないからもう言わないでくれ」

唯「あ、うんごめんね澪ちゃん」

澪「いやわかってくれたならそれでいいn」

律「みおみおピピピw」

澪「!!!!!!」

550 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 18:24:22.65 ID:gkwbdBNkO
>>545
言いたいことがあるならはっきり言えって言ったじゃないですかーッ!!!

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 18:25:20.34 ID:SXLoo1hCO
>>547
1番センター 梓
2番キャッチャー 律
3番ショート 憂
4番DH 豊崎・ジャイアント・愛生
5番サード 紬
6番ライト さわ子
7番セカンド 聡
8番ファースト 澪
9番レフト 唯
ピッチャー 日笠

552 :なまこ ◆VYfwsB1SSY :2009/09/20(日) 18:35:06.79 ID:nUguJo1rO
むぎゅううぅぅぅ

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 18:41:00.03 ID:0aDRhpdS0
なまこじゃないか! 久しぶりだなおい

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 18:44:54.61 ID:nUguJo1rO
お久しぶりね

555 :NYAN ◆KYON..7N2s :2009/09/20(日) 18:48:34.45 ID:wS+vQJqy0
紬「エレクトーンを使ってみようと思うの?」

唯「エレクトーン?」

紬「エレクトーンっていうのはキーボードに色んな楽器を取り入れた物をいうのよ」

唯「へ〜凄いね使ってみよう!」

律「いいな」

澪「エレクトーンかぁ」

1年後・・・文化祭

紬「ありがとうございましたー」

澪「終わったな」

律「そうだな」

唯「・・・うん」

律「結局エレクトーン一台でギターもベースもドラムも出来ちゃうわけで」

澪「あれを入れて3日後にムギが独立だもんな」

唯「見捨てられたんだよね・・・私達」

今年の文化祭も軽音部代表紬がライブを飾ったのであった。

556 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 18:48:49.97 ID:gkwbdBNkO
むぎゅううううううううううううううう!!!!!

557 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/20(日) 18:56:36.55 ID:ZVriRRCS0
【でっかいアンプ】

その日部室に一番乗りした唯の目の前に、とても大きなアンプがあった。
そのアンプは高さが2メートル弱で、横も同じくらいの正方形である。

「どこにジャックがあるんだろう…」

唯はアンプの周りをくるりと一周してみた。
すると、裏側の右下に小さく光る金メッキのジャックを見つけた。

「つないじゃおっかな♪」

唯は意気揚々とギ―太をケースから取り出し始めた。


558 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/20(日) 18:57:32.11 ID:ZVriRRCS0
すると、今度は律と澪がやってきた。
二人は目の前のアンプに一瞬言葉を失った。

「これ…アンプだよな?」
「あぁ、アンプだ…」

「あっ!澪ちゃん、りっちゃん!」

アンプの裏側から唯の声がした。

「なんだ、いたのか唯」
「うんっ。すごいよね、このアンプ」
「あぁ、そうだな…」

澪はそう言いながら、もう一度目の前のアンプを見回した。


559 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/20(日) 18:58:11.75 ID:ZVriRRCS0
「今から音出してみるねっ」

唯はギターをかついだ。

「やっ、やめろおおおおおおおおおおおっ!!!」
「ふぇっ?なんで?」

二人は急いで裏側に回った。

「こんなに大きいアンプ、どんなでかい音が出るか分からないだろっ?」

律は唯からギ―太を取り上げた。

「うぅ…ギ―太返してりっちゃん…」
「やーだね」
「かえして〜!」

律はコードにひっかかった。
気付くと、三人は焼け野原にいた。

Fin

560 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 19:03:49.66 ID:gkwbdBNkO
>>555
乙!

…一人で四つのパートできるもんなの…?難しくないか…?

>>559
乙!な、何が起きた…?

561 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 19:05:55.35 ID:ameVsjtKO
むぎゅううううううう

562 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/20(日) 19:06:01.88 ID:yx2Fd1kr0
>>560
前もって打ち込みデータ入れたりとかすれば出来たような。
足でベースライン引いて両手でメロディと伴奏だったカナ……?

563 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 19:14:49.72 ID:ameVsjtKO
このレスを見た人は1年間琴吹紬しか愛せない呪いが掛かりました。
解きたいのなら「憂ちゃん愛してる!」と書き込みましょう。

564 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 19:27:38.84 ID:ameVsjtKO
皆さん琴吹さんが好きなんですね

565 :NYAN ◆KYON..7N2s :2009/09/20(日) 19:30:48.63 ID:wS+vQJqy0
「憂ちゃん愛してる!」とレスした人は1年間天倉澪 しか愛せない呪いが掛かりました。
解きたいのなら「りっちゃん愛してる!」と書き込みましょう。

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:35:32.65 ID:0aDRhpdS0
流れに乗り遅れた感があるがそろそろ投下を開始する

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:35:32.58 ID:ameVsjtKO
りっちゃん愛してる!

568 :あずゆいで相合傘とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:43:30.31 ID:Q73vW4gG0
「あ……」
 部室に一人で残って、あずにゃんに指摘された部分を繰り返し練習していると、窓の外からザーザーという音が聞こえてきた。
 その音に、私はギー太を傷付けないように床に下ろして、窓に近付く。どんよりと沈んでいた雲は、ついに悲しみに堪えられなくなったのか、大粒の涙を降らしていた。
「困ったなぁ……、傘持ってきてないや……」
 今日も今日とて遅刻ギリギリに起きた私は、天気予報を見る暇も無く、最低限の身だしなみを整えてから学校まで走ってきたのだ。当然、傘を持ってくる余裕なんて無い。しかも、今日に限っていつも鞄の中に入っている折り畳み傘が見当たらない。
 どうしようかなぁと一人部室で途方に暮れていると、不意に音楽室の扉が開いた。反射的に振り返ると、そこにはあずにゃんが立っていた。
「あ……、唯先輩、まだいたんですか」
 どこか不安げに室内を見回していたあずにゃんは、私の姿を見つけるとほっとしたように笑顔を零した。そんな何気ない表情に、胸がどきりとさせられる。
 やっぱり私はこの子が大好きなんだなぁ……。
「どうしたの?」
「帰ろうとしたら雨が降ってきたので、傘を取りに戻ってきました」
 そう言いながら、あずにゃんは壁に立てかけている傘を指差した。そっか、いつも置きっぱなしで誰かの忘れ物かと思ってたけど、あずにゃんの置き傘だったんだ……。
 納得したところで、ふと気付く。ひょっとしたらこれはチャンス? 私は傘を持ってないし、あずにゃんは傘を持っている。外は相変わらずの大雨だし、私が一緒に入れてくれと頼み込めば、あずにゃんの性格的に考えて断られることはまずないだろう。
 ……って、それはやっちゃいけないよね。人の性格に付け込んで距離を縮めようとするなんて、卑怯にも程がある。でもでも、あずにゃんと仲良くなりたいし……、どうしたらいいんだろう……。
 私が心の中で悩んでいる間に、あずにゃんは傘を手にとって音楽室を抜け出そうとして――
「もしかして、唯先輩、傘持ってきて無いんですか?」
 だけど、振り返って私にそんな疑問を投げかけてくる。
 ズバリその通り。だから傘に入れてくれない? と、いつものノリで言えたら楽だったけど、どうしてか言えなかった。
 あずにゃんは、返事をしない私のことを訝しそうに見ている。その視線に耐え切れず、とうとう私は俯いてしまった。
「唯先輩?」
 もう一度私に呼びかけてくるあずにゃん。だけど、私はそ

569 :あずゆいで恋わずらいとか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:43:30.73 ID:0aDRhpdS0
 今日は朝から唯先輩の様子がおかしい。
 登校時に唯先輩を迎えに行ったとき、いつもならすぐに抱きついてくるのに、今日は抱きついてこなかった。
 通学路を歩いているときも、いつもなら真っ先に手を繋ごうと言ってくるのに、今日は言ってこなかった。
 学校に着いても、いつもなら私の教室まで付いて来るのに、今日は下駄箱で分かれてそのまま自分の教室へと向かってしまった。
 後でムギ先輩に訊くと、授業中も上の空で、心ここにあらずだったらしい。
 ムギ先輩は「あれは恋わずらいね」なんて言ってたけど、本当なのだろうか。
 私の隣でギターの練習をしている唯先輩を、ちらりと横目で眺めてみる。
 全然集中できてなくて、何度も何度も同じミスをしているけど、先輩はそれに気付いてないのか、ミスを直そうとせずに、そのまま弾き続けている。
「唯先輩?」
「ほぇ?」
 返事をして、私のほうに振り向いたけど、その視線は私を通り抜けてどこか遠くを見ている。そして、その表情はやはり、心ここにあらずといった感じだ。
 ……先輩、あなたは一体何を考えているんですか?
 心の中で問いかけても、答えなんて返ってくる訳が無い。それに、たとえ声に出して言ったとしても、今の唯先輩だと答えてくれないだろう。
 唯先輩の眼中に、私はいない。
「……ッ」
 そう考えると、不思議と胸が締め付けられるような気持ちになった。愛用のむったんを膝の上に置いて、自由になった両手で唯先輩の肩を掴んで前後に揺さぶる。
 それでも唯先輩は私を見てくれない。私はほとんど泣きじゃくるようにして何度も、何度も唯先輩の名前を呼びながら、体を揺さぶり続けた。
 すると――
「……ぁ……」
「先輩!」
 小さな呟きと共に、どこか遠くを見ていた視線がぴったりと私を捉えた。その様子に、安堵する。ようやく、唯先輩に見てもらえた。
 だけど――
「あずにゃんか……。ごめん、私、そろそろ帰るね」
「え?」
「行かなきゃならないところがあるから」
 呆然とする私に目を向けないで、唯先輩はそそくさと帰り支度を始めてしまった。
 いつもならのんびりとするはずなのに、今日は妙に急いでいる。そのくせ気分は上々らしく、ルンルンと鼻歌まで聞こえてきた。
 やがて、荷物をまとめ終えた先輩は、ひょいっと鞄を背中に背負い込んで、音楽室の扉を開いた。
 どうしよう……、何か言わないと。
「あ、あの」

570 :ゆいあずで手作り弁当とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:43:37.58 ID:c2en+z6XP
「梓ちゃん梓ちゃん」
「どうしたの? 憂」
 いつもどおりの時間に登校して、いつもどおりの時間に教室に入ると、これまたいつもどおり席に座っていた憂が話しかけてきた。
 いつも思うのだけれど、憂は何時ぐらいに学校に着いてるんだろう?
「今日は私、食堂で食べるから」
「そうなの? それじゃ、私も一緒に行こうか?」
「だめだよ梓ちゃん。お姉ちゃんにお弁当作ってきたんでしょ?」
 その言葉に。
 憂の放った何気ない言葉に、私の動きが止まった。
 どうしてそれを知っているの? これは誰にも言ってないから知る由も無いはずなのに、一体どうして……。
 私の疑問に、憂はにっこりと笑って一言。
「だって、梓ちゃんお弁当を手に持ってるじゃない」
「あ」
 言われてハタと気付く。
 そう。私は今朝、唯先輩に食べてもらうために、家族にも内緒で台所を使い、お弁当を作ったのだ。そして、完成したものをハンカチで包み、中身が崩れないように両手で支えて、学校まで持ってきた。
 こんな大切なことをどうしてすぐに思い出せなかったのだろう? せっかく作ったのにそれを忘れてたなんてちっとも笑えない。最悪だ。
「それはそうと、梓ちゃん……」
「ん? 何?」
「その……、クラスの子から注目を浴びてるよ?」
「えっ」
 恐る恐る後ろを振り返ると、クラスの大半の生徒が私と私の持っているお弁当を興味深そうに見ている。
 失敗したな……。いつも鞄に入れているお弁当を大事そうに抱えてきたんだから、そりゃ気になるよね……。
 おまけに、近くで私たちの会話を聞いていた純ちゃんが「梓ちゃん、2年の平沢先輩にお弁当作ってきたんだって!」と叫んだせいで、更に注目を浴びてしまう。
 中には、「ヒューヒュー」「熱いねー」「これはもう夫婦だね!」とかなんとか、好き勝手言ってくれる子もいて、恥ずかしさがMAX状態になってしまった。
 恥ずかしさに耐え切れず、持ってきたお弁当を机の中に入れて、そのまま机に上に突っ伏してしまう。今日は一日このままで過ごそうかな……。
 いや、さすがにそれは不味いか。下手したら単位を落としちゃうし。でも、やっぱり恥ずかしいな……。
「梓ちゃん」
「なに?」
「お昼休み、楽しみにしててね」
 ――そんな憂の言葉が、やけに耳に残った。

571 :あずゆいで恋わずらいとか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:45:33.40 ID:0aDRhpdS0
「それじゃ、また明日ー」
 だけど、呼び止めようとする私の声に耳を向けないで、唯先輩は素早く音楽室を出て行ってしまった。
 バタン、というドアの閉まる音を聞きながら、私は帰り際の唯先輩の表情を思い出す。
 ……うきうきと、まるでこれから誰かと会うのを楽しみにしているような、そんな笑顔だった。
『恋わずらい』
 確かに、さっきの唯先輩の顔はそんな感じで、そう考えると、
 ――胸の奥が、チクリと痛んだ。

 ☆☆☆

「……で?」
「へ?」
 随分と長い間突っ立っていたみたいだ。ムギ先輩の声でようやく現実世界へと意識が戻ってくる。
「あ、あの、唯先輩は?」
「唯ちゃんならとっくに帰ったじゃない」
「あ、そ、そうですよね……はぁ」
 あれが夢だったらと思ってムギ先輩に尋ねるも、返ってきたのは悲しい現実。やっぱり、唯先輩は……。
「それで?」
「えっ」
 またしても思考の渦に飲み込まれそうになった私を、ムギ先輩が引き戻してくれる。
 一度ならず二度も助けてもらうなんて、感謝しなきゃ。
「あ、あの」
「唯ちゃんのことが大好きな梓ちゃん。さて、これからどうするのかしら?」
「……は?」
 一瞬にして感謝の気持ちが消え失せてしまった。この人は急に何を言い出すんだ……。
 ムギ先輩は相変わらずにこにことした笑みを崩さず、静かに私を見つめている。その表情に、何もかも見透かされているような気分になり、ふぃっと目を逸らしてしまった。
「梓ちゃんは、唯ちゃんのことが好きなのよね?」
「そんなこと無いですよ」
「そんなことあるわよ」
「どうしてですか」

572 :あずゆいで相合傘とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:45:35.18 ID:Q73vW4gG0
れに答えることができず、ただひたすら俯いて、あずにゃんが部屋を出るのを待っている。
 いよいよ私の様子がおかしいことに気付いたのか、あずにゃんが私に向かって歩いてくるのが気配で解った。やだ、来ちゃだめだよ、来ないで……あずにゃん……。
 私の願いも空しく、あずにゃんが私の目の前まで来た。俯いている私の顔を、しゃがみ込んで下から覗き込んでくる。
「どうしたんですか、唯先輩」
「別に、何でもないよ」
「何でもない訳無いでしょう。それならどうしてそんなに元気が無いんですか」
「それは……」
 そんなこと言える訳が無い。あずにゃんのことが好きすぎて、だから元気が無いなんて、言える訳が無い。
 あずにゃんはじぃっと私を見つめていて、私が話し出すまでずっとそのままでいるつもりみたいだ。だけど、根気強さなら私だって負けない、絶対に話さないんだから。
「……」
「……はぁ」
 やがて、私が話すつもりが無いということに気付いたのか、それとも諦めたのか解らないけど、あずにゃんがふっと視線を私から外した。
 ようやく解放されたとほっと一息吐いていたら、不意に腕が引っ張られた。突然のことにびっくりする。抵抗しようと思っても、完全に不意打ちだったから力が入らない。
 ――結局、成す術も無くあずにゃんに引っ張られたまま、下駄箱の所まで連れて行かれてしまった。

 ☆☆☆

「あずにゃん、痛いよ……」
「あ、すみません……」
 泣きそうな声でそう言うと、あずにゃんはようやく手を離してくれた。掴まれていた部分を見てみると、赤く痕が残っていて、思わず顔をしかめてしまう。
 あずにゃんもそれを見たのか、気まずそうに私から目を逸らす。そのときに、小さく唇を動かしてごめんなさいと謝ってくれた気がした。
「それはいいんだけど……、急にどうしたの?」
「唯先輩があまりに強情だったので、強硬手段に出ただけのことですよ」
「強情って……」
「強情じゃないですか。あれだけ待ったのにちっとも話し出そうとしないんですから、私には言えないことだったんですか?」
「それは……」
 言える訳が無い。あずにゃん

573 :ゆいあずで手作り弁当とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:45:36.90 ID:c2en+z6XP

 ☆☆☆

 で。
 授業の合間の休み時間に何度も何度も冷やかされたけど、それに耐えているとようやくお昼休みになった。
 と同時に次々に立ち上がっていくクラスの子たち。みんな、どこに行くんだろう?
 私の不思議そうな視線に気付いた純ちゃん。周りの子たちと目配せをして、にやにやと私を見てくる。
「私たち全員、今日は食堂でお昼ごはんなんだ」
「そうそう」
「へ?」
「だから、平沢先輩と二人っきりで甘〜いランチタイムを楽しんでねー」
「夫婦なんだから、あ〜んぐらいはしないとだめだよー?」
「いや、あ〜んぐらいじゃ物足りなくて口移しで食べさせたりとか……」
「キャー! 熱々ー!」
「そ、そんなことしませんッ!」
 唯先輩にあ〜んとか……、あまつさえ口移しなんて……そんな。考えただけで頭が沸騰してしまいそうになる。
『唯先輩、あ〜ん』
『あ〜ん』
『おいしいですか?』
『おいしいよ〜』
『よかった、頑張って作ったかいがありました』
『うん。それとね? お願いがあるんだけど……』
『なんですか?』
『うん……、口移しで食べさせてくれないかな……なんて』
『いいですよ……んっ』
『んちゅ……れろ……』
 唯先輩の口に食べ物を送り届けてから、そのまま舌を侵入させて、口内を荒らす。
 唯先輩は、それに驚きながらも次第に目を閉じて舌を絡ませて――って何を考えてるんだ私は落ち着けクールになれ。
 ようやくイケナイ考えを振り払うと、目の前にはにんまりと笑った純ちゃん。
「お盛んですなー」

574 :あずゆいで恋わずらいとか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:47:12.97 ID:0aDRhpdS0
「だって、唯ちゃんが出て行ったとき、梓ちゃんとっても悲しそうな顔していたもの」
「それは……」
 確かに。
 あのとき、私の声に返事をしないで出て行った唯先輩を見たとき、私は確かに悲しかった。……なぜかは解らないけど。
「だから、唯ちゃんのことが好きだからでしょ?」
「どうしてそうなるんですか」
「呆れた……、本当に解らないの?」
「解りません。だから訊いてるんじゃないですか」
 私が真剣にそう尋ねると、ムギ先輩はやれやれと肩を竦めた。
「それじゃ訊くけど、唯ちゃんが出て行ったとき、梓ちゃんは悲しかったのよね?」
「はい」
「唯ちゃんが恋わずらいしてるって訊いて、どう思った?」
「……よく解りません」
「解らない?」
「本当に解らないんです。何だか、胸の奥に針が刺さったような痛みを感じただけで……」
「それが、恋よ」
「え」
「梓ちゃんの感じた胸の奥のチクリとした痛み。これは恋をしている人に共通の感覚よ」
「そうなんですか?」
「えぇ。どうしてそんな感覚になるのかは解らないけど、きっと切なくて狂おしい気持ちがそうさせているんでしょうね」
「はぁ」
 私が唯先輩に恋をしている。
 その事実を、すんなりと受け止めることができたのは、薄々感付いていたからだろう。
 解っていた。だけど、それを認めるのは何となく悔しかったから、今まで目を逸らしていた事実。
 だけど、気付いて、認めてしまえば、それはこんなにも自然に体に溶け込む。
 切なくてほろ苦いけど、それ以上に心が暖かくなるような、そんな感じ。
「それじゃ、改めて訊くけど」
「はい?」
 唯先輩と一緒にいるときに感じるのと似たような感覚を味わっていると、不意にムギ先輩が声をかけてきた。
「梓ちゃんは、これからどうするの?」

575 :ゆいあずで手作り弁当とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:47:19.64 ID:c2en+z6XP
「ちちち違――――――――――――――うッ!!!!」
 大声で反論しても、純ちゃんはけらけらと余裕の表情。うぅ……勝ち目が無い……。
 絶望的な表情になった私を元気付けようとしたのか、純ちゃんは他の子たちに聞こえないように、
「ま、本当に妄想みたいになりたいっていうんならまずは素直にならなくちゃねー」
「なっ……」
 心を読まれたことに動揺している間に、純ちゃんは私から離れて、クラスの子たちと一緒に教室を出て行ってしまった。残ったのは憂と私だけ。
 あれだけ騒がしかった室内も、みんなが出て行ったことによって静寂が訪れる。そんな静寂を打ち破るようにして、憂が口を開いた。
「えっと……」
 憂が言い難そうにしているのは、私が反応しないからだろう。でも、しょうがない。さっきのショックからはなかなか抜け出せないのだから。
 まさか心の中を読まれるとは思わなかったし、しかもその内容が私の願望だらけのイケナイ妄想だったから、余計にダメージが大きい。
「そ、その……頑張ってね!」
 お姉ちゃんも頑張ってるから……と続けて、憂はそそくさと教室を抜け出していった。
 後に残されたのは私一人だけ。だだっ広い空間で何をするでもなく唯先輩が来るのを待つ。胸に宿るのは不安と、そして期待。
 今からでも逃げ出そうと思わないでもないけど、留まっていられるのはこの期待があるからだ。
 私の作ったお弁当をおいしいと言ってくれるのを期待して、私は唯先輩を待ち続ける。……それ以上に、不安で心臓が張り裂けそうだけど。
 というか、本当に唯先輩は来るのだろうか? 心配になってくる。
 憂は、絶対来ると言っていたけど、そもそも唯先輩とお昼ごはんを一緒に食べたことは無かったはずだ。それなのに、今日、このタイミングで来るの?
 そう考えていると、ドアの所に見慣れた姿が見えた。その人は、私以外誰もいない教室を、不思議そうに見回している。
「唯先輩、どうしたんですか?」
「いや、別に何も無いけど……」
「入らないんですか?」
「入っていいの?」
「はい」
「そ、それじゃ……」
 おずおずと、唯先輩は室内に入ってきた。視線はきょろきょろと動いて、まるで珍しいものを見たときみたいだ。
 ……まぁ、確かに珍しいかもしれないけど。
 そして、唯先輩は真っ直ぐ私の机に向かってきて、前の子のいすに座った。
「憂たちはどこに行ったの?」
「みんな食堂に行っちゃいました」
 私の答えに、そっかと返事をして、唯先輩は私の机の上に自分用と思われるお弁当を置いた。

576 :あずゆいで相合傘とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:47:19.91 ID:Q73vW4gG0
のことが好きすぎてってこれさっきも考えたような気が……。
 とにかく、いつかは言わなきゃならないことなんだろうけど、今はまだ勇気が出ない。失敗して失うものが大きすぎるから。何もかも失うぐらいなら、現状で満足した方がマシだ。
「はぁ……まったく、いつもの元気な先輩はどこに行ったんですか」
「へ?」
「そんな泣きそうな顔してるの、先輩らしくないですよ、元気出してください」
 あずにゃんはそう言って、目尻に溜まった涙を人差し指で拭ってくれた。そして、その指をそのまま自分の口に持っていって、ぱくりと銜える。
 数秒ぐらい味わって、やがて指を口から出した。濡れたその指が艶かしく感じて、何となく気恥ずかしくなる。「ちょっと甘いですね」と言って指を私に突き出してくるけど、それから目を逸らしてしまった。
 そんな私の反応に対して気にした様子も無く、あずにゃんはにっこりと笑って、私に向けていた指を引いてくれた。それと同時に私の視線もあずにゃんへと戻る。
「もう、からかわないでよ」
「すみません、唯先輩の反応が可愛かったのでつい」
「かっ……かわいくなんてないよっ!?」
「可愛いですよ、ふふ」
「もう、またそうやってからかうぅ……」
 正直言って、あずにゃんに可愛いと言われたのは嬉しかった。それなのに、素直に感謝の気持ちを言えないのは、やっぱり恥ずかしいからだろう。

577 :あずゆいで相合傘とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:48:37.71 ID:Q73vW4gG0
 何せ、好きな人から可愛いと言われたのだから、体のいろいろな部分がどきどきしてしまって、まともに話すことができない。今も、あずにゃんの顔を見ただけで頭が沸騰してしまいそうだし……。
 あずにゃんはそんな私を見て、相変わらずにこにことしている。その様子に、何もかも見透かされているような気がして、やっぱり恥ずかしくなった。
「はい」
「ほぇ?」
「傘、忘れたんですよね? 入れてあげますから、一緒に帰りましょう」
 言いながら、傘と私の荷物を見せてくる。……いつの間に、私の荷物を持ってきたんだろう?
 不思議に思ったけど、とりあえず差し出された荷物を受け取る。一瞬、ギー太を置きっぱなしにしてるんじゃないかと心配になったけど、ずしりとした重みは間違いなくギー太のもので、安心した。
「それじゃ、どうぞ」
「でも……」
「もう、しつこいですよ」
 開けた傘になかなか入ろうとしない私に痺れを切らしたのか、なんとあずにゃんは大胆にも私の腕に自分の腕を絡めて、ぐいっと引っ張ってきた。
 突然のことに反応できず、私は足を踏ん張らせることもできずに、あずにゃんの懐にぽすんと収まった。体格的には私の方が大きいのだけれど、今は体が縮こまっているから、普段はあり得ない状況なのにそれが簡単に起きてしまう。
「あずにゃん……」
「唯先輩は、もう少し他人に頼ってもいいと思います」
 どう反応していいか解らずに、名前だけを呟いたら、返ってきたのは何の脈絡も無い言葉。とりあえず、黙って続きを促す。
「いつも割りと頼っていると思うかもしれませんが、変なところで気を使うじゃないですか」
「変なところ?」
「はい。例えば、ギターの練習をしているとき。解らないところがあったら私が練習していることなんて気にせずに訊いてくれていいんですよ?」
「でも、それじゃあずにゃんの邪魔しちゃうんじゃ」
「邪魔なんて思いませんから。私としては、自分が上手になるより先輩が上手になってくれた方が数倍嬉しいんです」
「そうなの?」
「はい。ですから、たとえ私が練習していたとしても、気にせずにどんどん質問してください、いいですね?」
「う、うん……」
 なんだかあずにゃん、イライラしてる? 顔は普段どおりだけど、言葉の隅っこにそんな感情が篭ってる気がするんだけど……、気のせいかな?
「それと、今日のこともそうです」
「な、なに?」
「先輩、傘を忘れたのにどうしてすぐそれを言わなかっ

578 :ゆいあずで手作り弁当とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:48:38.97 ID:c2en+z6XP
 ……きた。
 ここで作ってきたお弁当を出さないと、『実は唯先輩にお弁当を食べてもらおうと思って』って言わないと。
「あずにゃん? どうしたの?」
「い、いえ……」
 机の下で握り締めた手がぷるぷると震える。緊張で背中が寒くなってきた。言わなきゃ、このタイミングで言わなきゃ。
「「あ、あの……ッ」」
 被った。
「せ、先輩からどうぞ」
「い、いや、あずにゃんから先に」
「そ、それじゃせーので一緒に言いましょう」
「う、うん」
「「せーの」」
 その言葉と同時に、机の中に入れっぱなしだったお弁当を机の上に置く。
「先輩にお弁当作ってきましたァッ!」「あずにゃんにお弁当作ってきたのっ!」
「「……へ?」」
 なんだろう……、聞き間違いかな? 先輩がお弁当を作ってきてくれたって言ったような気がしたんだけど……。
「聞き間違いじゃないよ」
「え」
「これ、あずにゃんに食べてもらおうと思って頑張って作ったんだ」
 言いながら箱を包んでいたハンカチを解いて、自由になったお弁当を私に渡してくる。
 ……食べてくれということですか、それなら。
「私も先輩に作ってきたので、よかったら食べてください――味は保障できませんけど」
 そう断りを入れてから、ハンカチを解いてから、お弁当を唯先輩に渡す。
 二人で顔を見合わせて、タイミングを合わせて、お弁当の蓋を開ける――

 ☆☆☆

「わぁ……」
 蓋を開けて真っ先に目に入るのは、箱の半分以上のスペースを使って作られているハートマークのオムライスだった。
 それだけでも充分恥ずかしいのに、ケチャップで書かれている『I LOVE AZUNYAN』という文字を見て、更に頬の紅潮が増す。

579 :あずゆいで恋わずらいとか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:48:58.80 ID:0aDRhpdS0
「どうする、って……」
「唯ちゃんを追いかけないの?」
「……あ」
 そうだった。
 唯先輩は多分、誰かと会うために帰ったんだった。その相手は、唯先輩が恋をしている相手なんだろうけど。
 それを否定できたらまだよかったけど、残念ながら否定できるだけの材料が無い。
 朝からの唯先輩の様子。そして、私の心の奥を読んだムギ先輩が恋わずらいと言ったのだから、それは事実としか考えられない。
「梓ちゃん」
「はい」
「真実を知るのが怖いのは解るけど」
「……はい」
「それでも、ようやく自分の気持ちが解ったんだから、それをちゃんと伝えないとだめよ?」
「――はいっ!」
 勢いよく返事をして、私も帰り支度を始める。ずっと膝の上に置きっぱなしだったむったんを身長にケースの中へ入れて、その他の小道具を鞄にぽいぽいと放り込んでいく。
「それじゃ、今日はこれで」
「頑張ってね」
「はい! ありがとうございました、ムギ先輩!」
 私の感謝の言葉に、ムギ先輩はきょとんとした表情になり、やがて、にっこりとした笑顔を向けてくる。
「どういたしまして、自分に素直になるのよ」
「はい!」
 そして、私は音楽室の扉を開いた――

 ☆☆☆

 さて、校門を出たのはいいけど、唯先輩はどこにいるのだろうか。
 困った。探すにも目的地がないと動きようが無い。
 ……と思っていたら、見慣れた路地裏に唯先輩らしき人影を発見できて、ほっと一息吐く。
 先輩は、しゃがみ込んで何かと喋ってるみたいだけど、ここからじゃよく見えない。
「唯先輩」
 声をかけて先輩の背中へと歩み寄ると、次第にそこにいる生物が見えてきた。

580 :あずゆいで恋わずらいとか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:50:06.50 ID:0aDRhpdS0
 ――猫だ。
 唯先輩の足元にいるのは、たくさんの子猫たちだった。
「どうしたんですか、その猫」
「わっ……何だ、あずにゃんかぁ、驚かさないでよ」
「別にそんなつもりじゃ……、それより、この子たちは?」
「可愛いでしょ〜」
「や、そういうのじゃなくて……、まぁいいや」
 久しぶりに唯先輩のどこかズレた雰囲気を感じれて嬉しかったから、少々のボケには目を瞑る。いつもならすぐにツッコミを入れていただろうけど……、これが恋ってものなのかな。
 何より、猫とじゃれている唯先輩が本当に幸せそうだったから、それに水を差すのも野暮だと思ったのだ。子猫たちを見つめる先輩の瞳は、正に恋する乙女の……ってあれ?
「もしかして先輩」
「うん?」
「まさかとは思いますが、猫に恋してたりします?」
「あれ〜? よく解ったねあずにゃん」
「……っ」
 その答えに、私はずっこけてしまった。
 まさか、そんなオチだったなんて。真剣に悩んだ私が馬鹿みたいじゃないですか。唯先輩らしいですけど、あんまりですよ。
 言ってやりたいことはたくさんあったけど、やっぱり唯先輩の笑顔を崩したくなかったから、胸の内に留めておくことにする。
 代わりに――
「おぅ?」
「ぎゅーっ」
 いつも先輩が私にしてくれるように、先輩の体を後ろからぎゅっと抱きしめた。そうすると、唯先輩独特のふわふわとした匂いが鼻孔をくすぐって、何とも言えない暖かい気持ちになる。
「あずにゃん、積極的だね〜」
「たまには、いいでしょう」
「そうだね、たまには」
 いいかもねと呟いて、唯先輩は先輩の首に回した私の両腕をぎゅっと両手で掴んで、更に引き寄せる。
「わわっ」
 意外に力強く引っ張られて、そのまま唯先輩に凭れ掛かってしまった。

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:51:01.51 ID:SXLoo1hCO
>>560
アニメもう一回見て来いw








唯がボリューム下げずにアンプからコード抜いた時何が起こった?

582 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 19:51:08.96 ID:Ft9Z/ioMO
これまでの『扇風鬼!』

突如街に現れ出した、『音』を奪う怪物-デコーダ-。
ある日、1人家路を急ぐ澪はデコーダに襲われる。
そこに現れた鬼によって、澪は救われるのだった。

『扇風鬼!』第2話
この後すぐ!
なのかもしれない…

583 :あずゆいで相合傘とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:51:13.87 ID:Q73vW4gG0
たんですか? そうすれば一緒に傘に入れてあげるのに」
「それは……」
「私には言えない理由があったんですよね? それは解ってます」
「だったら」
「でも! でもですよ? 先輩が困っているなら素直にそう言ってくれたらいいじゃないですか! それとも、私じゃ先輩の役には立たないっていうんですか!?」
「そ、そういう訳じゃ無いよ? ただ……」
 徐々に感情が表に出てくるあずにゃんに気圧されながらも、なんとか言葉を発しようとする。
「私はいつも先輩に助けてもらってるのに、その恩返しすらさせてくれないっていうんですか? それはちょっと酷いんじゃないですか?」
 ……だめだ、今のあずにゃんには何を言っても通じない。言葉が通じないとなれば……。
「大体先輩はいつもいつも……」
「あずにゃん、少し落ち着いて」
 いつもするように、あずにゃんの体を後ろからぎゅっと抱きしめる。すると、今まで興奮状態だったあずにゃんの体が、すぅっと冷静になった。
 あずにゃんが充分落ち着いたことを確認して、名残惜しいけど私はあずにゃんから両腕を放す。
「落ち着いた?」
「あ……はい、すみません……」
 落ち着いたことによってさっきまでの自分を恥ずかしく思ったのか、あずにゃんは頬を真っ赤に染めていた。そんな顔で目を逸らされながら謝られると、イケナイ考えが……おっと。
「ううん。私が悪いんだから

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:51:50.23 ID:72VCPAWV0
投票お願いします↓
けいおん!キャラ人気投票9/20
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1253437207/l50

585 :あずゆいで相合傘とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:52:09.53 ID:Q73vW4gG0
、気にしないで。あずにゃんは私に頼られたかったんだよね?」
「……はい」
「それで、あんなに起こった風に言ってたんだ」
「すみません、お騒がせして……」
「いや、まぁ確かに少し怖かったけど……」
 あのときのあずにゃんはほんと別人なんじゃないかと思ったし。
「でも、大切なことを教えてくれたから、いいよ」
「大切なこと……ですか?」
「うん。これからは私、もっとあずにゃんに頼ることにするよ」
 そう言うと、あずにゃんはびっくりしたように目を見開いて、でもしばらくするとにっこりとした最上級の笑顔を私に向けてきて、
「はいっ」
 そうして、私たち二人はお互いの腕を絡めながら、相合傘で家まで帰ることになった。……少しは、距離が縮まったのかな?
 本当のお願いはまだ言えないけど、いつか絶対に言うから。その時まで、待っててね? あずにゃんっ!

 ――中野梓さん。私と、結婚を前提としたお付き合いをしてください。


Fin

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:53:52.71 ID:Q73vW4gG0
自ら支援

587 :あずゆいで恋わずらいとか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:53:56.38 ID:0aDRhpdS0
「ねぇ、あずにゃん」
「はい?」
「だいすき、だよ」
 その言葉に。
 予想もしなかったその言葉に、私はどきりとする。だけど、すぐにこれはいつものすきなんだと考えて、冷静になった。
 先輩は本当にずるい。いつも私が言おうとしたことを先に言うんだから。だから、今日は仕返しをしてあげようと思う。
「唯先輩」
「なに?」
「私も、先輩のことが、だいすきですよ」
 告白と同時に、唯先輩の左頬に私の唇を押し付ける。その行為に、唯先輩はびっくりとした表情になったけど、すぐに笑顔になった。
「あずにゃんにちゅうされちゃった」
「しちゃいましたね」
「どうしてちゅうなんてしたの?」
「たまには、いいでしょう」
 結局、本当の気持ちを言えずに、ごまかしてしまう。
 唯先輩は大して気にもせずに、ただ一言「そっか」と呟いてまた子猫たちとじゃれ付き始めた。
 その様子を見て、私は決心する。
 いつか、絶対に、あなたに告白しますから。
 ――だから、そのときまで待っててくださいね?



Fin

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:54:54.24 ID:Q73vW4gG0
自ら支援

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:55:45.02 ID:Q73vW4gG0
自ら支援

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:55:47.56 ID:SXLoo1hCO
なんというカオス

591 :ゆいあずで手作り弁当とか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:55:49.24 ID:c2en+z6XP
 その周りにはパセリがパラパラと降っていて、どことなくキラキラと耀いている気がした。
「先輩……これ……」
「えへへ、気合入れちゃった」
「恥ずかしいですよ……」
「そういうあずにゃんだって、ほら」
「わ、見せないでください!」
 対する私の作ったお弁当は、ごく普通の庶民のお弁当だった。
 違うところといえば、ハート型の楊枝を入れていたり、卵焼きをハート型にくりぬいていたり、ハート型に切り取った海苔をごはんに乗っけているぐらいだ。
 ……冷静に考えたら、これ、愛妻弁当だ……。
「あずにゃんからの愛妻弁当〜っ」
「わ、わ、わ、そんな、愛妻弁当なんて言わないでください!」
「どうして?」
「ど、どうしてもですっ!」
「ぶぅ〜、あずにゃんのいけず」
 ぶつくさ文句を言いながらも、ついに唯先輩は私のお弁当に手をかけた。
「それじゃ、まずはこの『ハート型の』卵焼きから食べようかな」
 なぜかハート型のという部分を強調して言う先輩。突っ込もうと思ったけど、不安と期待がそれをさせてくれなかった。
 そして、私が祈るようにして見つめている間に、唯先輩は卵焼きをぱくり。
「ど、どうですか……?」
「もきゅもきゅ……うん、おいしいよっ」
「ほ、ほんとですか!?」
「ほんとだよ〜」
 よ、良かった……。卵焼きをハート型にくりぬいたのは今回が初めてだったから心配だったけど……おいしいって言ってもらえた……。
「で、でも、無理しなくていいんですよ? おいしくないなら素直にそう言ってくれても……」
 なのに、私の口からはそんな言葉が出てしまう。どうして信じられないのだろう。唯先輩がおいしいと言ってくれて、それがとても嬉しかったはずなのに。
 やっぱり、この不安は消え去ってくれない。
「本当においしいよ?」
 にこにこと、本当においしいものを食べたと言ってくれるけど、それが信じられない。信じたいのに、不安から疑心暗鬼になってしまう。
 唯先輩は、そんな私の顔を見て困ったような表情をしていたけど、不意に何かを思いついたように、口を開いた。
「それじゃ、あずにゃんも食べてみるといいよ」

592 :あずゆいで恋わずらいとか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:55:50.52 ID:0aDRhpdS0
「へ?」
「はい、あ〜ん」
 ぽかんと口を開いた私に、唯先輩はお箸を持ってくる。私が口を閉じようとする前に、先端に摘まんだ卵焼きをさっさと口の中へと運んでしまう。
 仕方なしに、その卵焼きをもきゅもきゅと食べると、確かに、食べられるぐらいの味にはなっていた。
「どう? おいしいでしょ?」
「は、はい……」
 私がそう答えると、先輩はうんうんと大きく頷いて、そしてにっこりとした太陽のような笑顔を私に向けて、先輩の作ってきたお弁当を指差す。
「それじゃ、それを食べてね」
「はい」
 先輩のお弁当は、見た目にきれいに整っていて、明らかに私より美味しそうだった。
 先輩からの愛の告白をスプーンで平らにして、ハートに塗っていく。そして、スプーンでハートの一部をくりぬいて、その破片を口に運び――
「……美味し」
「ほ、ほんと!?」
「本当に、美味しいです」
「よかったぁ……」
 そう言って心底ほっとした表情になる唯先輩。まるでさっきの私みたいだ。
「で、でも、無理しなくて」
 本当にさっきの逆verになりそうだから、その前に唯先輩を黙らせることにする。
「それなら、先輩も食べてみればどうですか?」
 言いながら、スプーンを先輩の口へと持っていく。
「唯先輩、あ〜ん」
「あ〜ん」
「おいしいですか?」
「もきゅもきゅ……ほんとだ、おいしい」
「でしょ? 先輩はもっと自分に自信を持つべきですよ」
「そうだね〜」
 ――それから、お互いのお弁当を交互に『あ〜ん』で食べさせていたら、いつのまにかお弁当箱が空っぽになっていた。

593 :あずゆいで恋わずらいとか ◆/BV3adiQ.o :2009/09/20(日) 19:56:39.03 ID:0aDRhpdS0

 ☆☆☆

「ご馳走様でした」
「お粗末さまでした〜」
「ご馳走さま〜」
「お粗末様でした」
 食後の挨拶をして、空っぽになったお弁当箱を片付けていく。時計を見てみると、そろそろチャイムが鳴る時間だった。
「美味しかったね〜」
「そうですね、また食べたいです」
「それじゃ、明日も作ってくるね」
「私も作ってきます。今度はもっと美味しくなってるはずですから、楽しみにしててくださいね」
「うんっ」
 明日も作ってくると約束をしたところで、唯先輩が立ち上がった。そろそろ自分の教室に戻るのだろう。せめて教室の外までは見送ろう。
 そう思って唯先輩と一緒に教室を出ると、廊下にクラスの子たちが集まっていた。教室から出てきた私たちを見て、一斉に動きが止まる。
「あ」
「えっ?」
 ザ・ワールド、時よ止まれ。
 クラスの子たちは気まずそうに私から目を逸らした。その反応を見て、まさかと思い、冷や汗をかきながら、私は恐る恐る口を開く。
「えっと……、見てた?」
「…………ご、ご馳走様でしたっ!」
 ――一部始終を窓の外から見ていたクラスの子たちから、また冷やかされることになったのは、別の話。



Fin

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:57:29.52 ID:Q73vW4gG0
おっとタイトル変えるの忘れてたすまんこ

まぁ解るだろうしいいか

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 19:58:24.64 ID:0aDRhpdS0
>>592-593
弁当のほうね

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 20:04:04.17 ID:c2en+z6XP
これで焼却炉たんにどうこう言われる心配も無くなったしそろそろ抜くか……

それでは皆さん転職後にお会いしましょう

597 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 20:07:46.54 ID:ameVsjtKO
聡×憂
希望

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 20:07:54.36 ID:X3rPxz+T0
まとめて乙乙

>>596
抜く…だと
卑猥な

599 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 20:21:48.79 ID:gkwbdBNkO
>>581
そんなことは百も承知…だがしかし!
そ…それだけでそこまで行くはずがないッ!理解不能!理解不能!理解不能!理解不能!

600 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 20:24:49.08 ID:gkwbdBNkO
やべえ投下作品が多すぎてどれがどれか把握しきれない

弁当やら恋煩いやら混ざっちゃってわけわかんなくなった…しかし乙!
抜くのもほどほどにね!

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 20:30:59.55 ID:SXLoo1hCO
>>600
ブログで読んでこい

602 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/20(日) 20:31:37.25 ID:H8kJrdWzO
>>596
…///

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 20:31:39.92 ID:0aDRhpdS0
おいまてなぜそれを知っている

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 20:33:19.11 ID:0aDRhpdS0
クソ、せっかく落ち着いたと思ったのにまた脈拍が不安定に……もう一発逝ってくる

すまんなめたん……ッ!

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 20:34:17.29 ID:X3rPxz+T0
おや、俺以外にも知ってる奴がいたか

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 20:35:03.11 ID:SXLoo1hCO
>>604
てっきり邪気眼かと

607 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 20:39:12.94 ID:Ft9Z/ioMO
律「さ〜て、そろそろ帰ろうぜ〜。」
律のその言葉を合図に、私達は帰り支度を始める。
私はチラチラと扇先生を見る。
…やっぱり格好いいなあ…。
告白…しちゃおうかな。
いやいや、ダメだ!
教師と生徒なのに、恋愛なんて…!
律「よーし!帰るぞ澪!」
律が私の手を掴んで無理やり引っ張っていく。
澪「あっおい!まだベースが…。」
律「ほれ、あたしが持ってるよ!」
律の肩には、いつの間にか私のベースが担がれていた。
帰り道、律が昨日の事を聞いてきた。
律「なあ、澪は鬼に助けて貰ったんだったよな?」
澪「またからかう気か?」
律「いや、そーじゃなくてさ。ウチのクラスの子達が言ってたんだけどな。なんでも、怪物を倒して回ってる奴がいるらしいんだ。」
澪「自衛隊じゃないのか?」
律「それがそうじゃないんだと。…どうも、そいつが怪物と戦ってるとこを見たらしいんだ、その子達。」

608 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 20:40:56.09 ID:gkwbdBNkO
>>603
!?



ブログ…やってたのか…

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:02:54.71 ID:0aDRhpdS0
ふぅ……やっぱりなめたんは最高のオカズやでぇ

で、本当に俺はブログをやってるのか? お前たちの妄言じゃないのか?
だがしかし俺は神に遊ばれた男、こんなところで死ぬわけにはいかぬ
だからといって次に書くのは何になるというのか解らんわからんぞぉ
長キョンはマイジャスティス

610 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 21:07:54.04 ID:ameVsjtKO
10分憂ちゃん

611 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 21:09:58.10 ID:Ft9Z/ioMO
律「あたしの予想だと、そいつが澪を助けてくれた鬼なんじゃねーかと思うんだ。」
澪「うん、そうかもな。…でも、どうして怪物を倒して回ってるんだろう?」
律「恋人が怪物にさらわれたから、助ける為の手がかり探しとかじゃね?」
澪「だったら倒しちゃダメだろ。」
律「あ、そっか。」
律はしばらく考え込むが、何も思いつかなかったのか、考えるのを止めると私を見て言う。
律「ま、なんにせよ、明日からもお前が嫌がったって無理やり一緒に帰るからな!」
やっぱりこうなったか。
まあ、頼もしい限りだよ。
澪「ああ、よろしくな。」

その頃、職員室

もう外も暗くなり始めた頃、講師2人がなにやら話し合っている。
講師A「見つかった?さわ子の声、とったやつ。」
ファン太「いや、まだだ。…ごめんな。ミユキさんにまで迷惑かけちゃって。」
講師A-ミユキ-は首を横に振って言う。
ミユキ「大事な、友達の事だから。わたしも、出来る限り、協力する。」

612 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/20(日) 21:23:08.70 ID:rSonsvZe0
>>609
何故なめたんを使うんだッ!?
長門×谷口は異端

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:25:19.98 ID:0aDRhpdS0
>>612
おかえりんこ

なぜって……おいしいからに決まってるじゃないですか
谷口はでも割りと好きですぜへっへっへ

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:26:51.17 ID:M2hLPUkz0
お前ら安価みすりすぎじゃね?

>>562てす

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:27:32.50 ID:M2hLPUkz0
ちゃんとできてるし……

616 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/20(日) 21:31:29.50 ID:rSonsvZe0
>>613
お、お前…まさか…なめたんを、食ったことあるのか?

谷口イイ!すごくイイ!! 谷口カモーン!!

617 :谷口:2009/09/20(日) 21:33:59.54 ID:0aDRhpdS0
>>616
えぇ、とってもやわらかくておいしかったですよ

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:38:58.07 ID:X3rPxz+T0
キョン国

619 :谷口:2009/09/20(日) 21:39:49.54 ID:0aDRhpdS0
ならばキョン妹

620 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 21:39:55.59 ID:gkwbdBNkO
はわわわわ臼井儀人死んだらしいぞ!!
しんちゃん×けいおん!SSやった俺としては何と言っていいやら…

  \
    \
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今まで永い夢を見ていたんだ
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目を閉じてまた開いた時
   |l    | :|    | |             |l::::   ぼくはまだ12歳の少年の夏
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたらラジオ体操に行って
   |l \\[]:|    | |              |l::::   朝ご飯を食べて涼しい午前中に宿題して
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   午後からおもいっきり遊ぶんだ
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   虫取り網を手に持って・・・
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::

621 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/20(日) 21:39:58.92 ID:rSonsvZe0
>>617
谷口がホントに来てくれたァァァ!!!

なめたん……
テイルズしてきます

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:41:20.94 ID:0aDRhpdS0
>>620
なんだゆめか

そうだと言ってくれよおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!

>>621
やってら

623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:42:16.53 ID:X3rPxz+T0
>>620
ベッド余りすぎだろ

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:42:57.53 ID:M2hLPUkz0
治った

ゆりゆりだいすき

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:44:52.50 ID:0aDRhpdS0
>>624

  `¨ − 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:46:27.54 ID:M2hLPUkz0
手に精子がついてるやつ(AA略

627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:47:27.11 ID:0aDRhpdS0
                     /    |    |    |
                 |     |    |    |
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l
           l   l    |    |  |  0   |
            |   l   | ー-  |  l⌒) - l
             |  -‐|    |    |   | 丿   |    /⌒ヽ
           |   |    |    |  |ノ     l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽ l ‐ \  |, ノ⌒) ()     l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ (ノO (ノ  (つ ヽ、 | ノ)  |
        /  人 ヽ、        (⌒)      ヽノ (ノ  |
          l     ヽ、\,        )丿 / ノ/ o     l
        ヽ  ノ \,/     /  (ノ       () ヽ  l
         \    /        /     (⌒ヽ    |
          ヽ、       /  /   l      しノ      |
           ヽ、  /   /     |           l
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:47:28.55 ID:X3rPxz+T0
じ(ry

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:48:27.93 ID:0aDRhpdS0
>>628
略しすぎて訳解らん

自演乙か

630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:49:04.31 ID:X3rPxz+T0
>>629
それは秘密です

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:49:24.44 ID:0aDRhpdS0
>>630
すみませんでした

632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:51:15.16 ID:0aDRhpdS0
というかこま久しぶりだな

633 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 21:51:21.99 ID:gkwbdBNkO
>>622
yahooを…見に行ってくるんだ…


  \
    \
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今まで永い夢を見ていたんだ
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目を閉じてまた開いた時
   |l    | :|    | |             |l::::   ぼくはまだ16歳の少年の夏
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたらまた昼寝して
   |l \\[]:|    | |              |l::::   遅めの朝ご飯を食べて涼しい部屋で宿題して
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   午後からおもいっきり遊ぶんだ
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   ゲーム機を手に持って・・・
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::

↑これが現実

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:52:30.81 ID:0aDRhpdS0
おいやめろ

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:52:32.68 ID:X3rPxz+T0
>>633
ベッド余りすぎだろ

こまけぇ規制じゃなかったっけ

636 : ◆2IQHFwnzsc :2009/09/20(日) 21:53:09.79 ID:M2hLPUkz0
ひさし部
バトスピの大会出るために三日三晩寝ずにデッキ組んでたら来れなかたよ

ちなみに昨日唯のグロいAAはったのはぼくです

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:54:35.99 ID:0aDRhpdS0
>>636
どんだけ本気なんだよ……

グロいAAってなんだ

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:55:11.71 ID:X3rPxz+T0
>>636
時代はプロレヴォ
vip革命の方でしたか

639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:56:24.28 ID:0aDRhpdS0
あああれのことか

もしもしだったから崩れてよく解らんかった

640 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 21:57:25.80 ID:gkwbdBNkO
>>635
ケータイだから縮められん!


縮めたら縮めたで文章長くなってバランス悪いじゃん…

>>636
バトスピやってるのか
暇つぶしにガチャで回した奴がたくさんあるんだがどうしよう…スターターも買ったけど何か複雑でルール覚えられない





唯ちゃんをあんな風にするとか人間じゃないなお前

641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:57:35.99 ID:X3rPxz+T0
じゃあこまけぇと縛りプレイしてくる

642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:58:06.27 ID:0aDRhpdS0
>>641

643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:59:00.88 ID:M2hLPUkz0
あれ貼ってどんな反応するか見てみたかったんだがそんなにおもしろくなくて残念だった


バトスピはルール覚えるとたのしいよ。俺もまだはじめて2週間くらいだし

644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:59:41.62 ID:M2hLPUkz0
>>641
俺が縛る側なら問題ないよ

645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 21:59:51.74 ID:0aDRhpdS0
>>644

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:00:13.38 ID:X3rPxz+T0
>>642
言いたいことははっきり言えよ


最近はギー太の即席SSや目次の三分絵描きがないのでさみおいです

647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:00:52.51 ID:0aDRhpdS0
>>646
いえ別に……

というか、名前間違えてやるなよ

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:01:29.07 ID:X3rPxz+T0
>>644
何の問題もない

>>647
えっ

649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:02:10.53 ID:0aDRhpdS0
>>648
えっ?

あれ、もしかして俺が間違えてるのか?

650 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 22:02:12.25 ID:gkwbdBNkO
>>643
痛い奴だと思って反応しないことに決めてましたから







対戦する相手がいない、一応デッキはできてるが

651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:03:12.33 ID:0aDRhpdS0
>>650
デュエルしようぜ!
デッキないけど

652 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 22:04:52.23 ID:gkwbdBNkO
>>651
遊戯王とポケモンカードもありますがいかが致しましょうか

653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:06:02.51 ID:0aDRhpdS0
>>652
遊戯王とかこの前の歯車デッキしか残ってないお……
あの後焼き捨ててしまった

というか、そろそろ寝るから相手できない、ごめんね!

654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:06:53.66 ID:0aDRhpdS0
メモ

ムスタング→むったん×ギー太

655 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 22:13:03.79 ID:gkwbdBNkO
>>653
焼き払うとかもったいないことを…

おやすみ♪

656 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 22:16:00.95 ID:Ft9Z/ioMO
次の日

私は律に引っ張られ、大慌てで登校した。
まさか私が寝坊するなんて思わなかった。
律「まったく、ま〜たファン太の事でも考えて眠れなかったのかあ?」
澪「へっ!?そ、そんなんじゃ…ないよ。」
昨晩私は、一昨日の事を…デコーダに襲われた時の事を思い出していた。
あの鬼の声、扇先生に似てた。
でも、彼があの鬼な訳ないよな…。
律「なあ、今日は部活やめにして、さわちゃんのお見舞いいこーぜ!吹奏楽部の子達が昨日行ったら会えたって言ってたし。」
澪「そうなんだ。じゃあ、そうするか。」

放課後

さわ子先生が入院している病院に来た私達。
唯「さわちゃん先生〜!お見舞いに来ました!」
さわ子先生は笑顔で答える。
梓「思ったより元気そうですね。なんの病気なんですか?」
さわ子先生は、悲しげな笑顔を見せ、手元のスケッチブックに何かを書く。

657 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 22:21:14.42 ID:Ft9Z/ioMO
ちょっと風呂

658 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 22:24:21.06 ID:gkwbdBNkO
いてら

制限変わったこと思い出したからデッキ編成してきた
死者蘇生はまぁいいとして、神の宣告制限が痛すぎる……三枚入れてたのになんてこったい

659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:26:14.14 ID:m8Ga/Bqb0
オナニーがしたいよぉー


660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 22:26:15.41 ID:0aDRhpdS0
パーミオワタ
まぁ俺はもう公式戦には出ないだろうし関係ないか

661 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 22:30:31.33 ID:ameVsjtKO
憂「お姉ちゃん・・・あのね?」

唯「なに?どうしたの?」

憂「クレヨンしんちゃんの作者がお亡くなりになったそうだよ・・・」

唯「へぇ」

憂「お姉ちゃんは悲しくないの?」

唯「別に」

憂「ふぅん・・・そうなんだぁ。。。」

唯「しんちゃんが終わっちゃうのは悲しいけどさ」

憂「うん」

唯「でもね?私達がそれで悲しんじゃったら作者は笑ってると思う?」

憂「私・・・ずっとっ・・・好きだったから!」
唯「いいんだよ憂 今はいっぱい泣きな その代わり明日からはきれいさっぱり忘れて笑って生きていくんだよ?」

憂「うん…うんっ!うぅ」

662 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 22:35:40.63 ID:gkwbdBNkO
なに、俺にはまだ聖域ビートとかエンジェルビートとかの道が残されてるから問題ないさ
規制にあわせる前のデッキもどちらかと言えばエンジェルビートに偏ってる方だからあわせやすかったし
…ただ、神の宣告がなぁ…「困ったときの強欲な壷」レベルで使用してたカードなだけにつらい…

663 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 22:41:32.24 ID:ameVsjtKO
続き

唯「よしっじゃあ今夜は部活のみんなも呼んでパーティしよっ!」

憂「えっ…でもみなさんいろいろあるんじゃ」

唯「だいじょうぶだよ!絶対くるって 呼ぶね」
憂「お姉ちゃん・・・」
唯「えっとまずはりっちゃんっと。。。」

律「おー!唯!どうしたぁ?」

唯「りっちゃんごめん今からうちこれる?」

律「えぇ!?どうして!」

唯「いやぁ事情は色々あって・・・パーティを開こうかなと思って」

律「うぅん・・・じゃあ聡も一緒にいっていいか?」

唯「うん!もちろん!」
律「そっかよかった これで心配事はなくなる」
唯「じゃあみんなも呼ぶから切るね」

唯「じゃあ次は澪ちゃんだな」

664 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 22:47:40.10 ID:ameVsjtKO
続き

澪「なんだ唯こんな時間に」

唯「澪ちゃん今からうち来れる?部活のみんなでパーティしようと思うの」

澪「今から?じゃあ行くよ でもなんかあったのか?」

唯「あるにはあるよ
とにかく事情は後で話すから待ってるね それじゃ」

唯「次はむぎちゃん」

ーーー中略ーーー

665 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 22:52:45.38 ID:ameVsjtKO
続き


唯「ふぅ、これでみんな呼んだね」

憂「あのお姉ちゃん なにもそこまでしなくてもいいんだよ?」

唯「なにいってるの憂 さぁ私達は準備だよ」

憂「うん…」

唯「らんらららあーん♪」

憂「お姉ちゃんそこゴキブリ!」

唯「うわっ!いてて・・・転んじゃったよぉ」

666 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 22:59:00.46 ID:gkwbdBNkO
しんのすけ「まさかの作者死亡パーティーだゾ」







しえん…?

667 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 23:06:51.48 ID:ameVsjtKO
続き

ピンポーン
唯「あ もう来たのかな?はいはーい」

ガタャ
律「やぁ!パーティと聞いて飛んできました!」
聡「まったくなんで俺が・・・」

律「こら!まだ言ってるのかこいつ」

唯「いらっしゃーい ささっ入って〜」

律「お邪魔いたす」

聡「お邪魔します」

その後メンバーは続々と増えていく。
澪に和に梓にさわ子にちょっと遅れたけど紬。
途中見知らぬ顔も来たけどうるさかったからとりあえず入れた。
多い方がにぎわうし。
そんなこんなでみんな揃った平沢家
すごく、狭いです

唯「みんなよく集まってくれたね!今日は無礼講でどんどんはっちゃけちゃおう!」

ついでに紹介しておくけど、見知らぬ人は午後の麦茶っていう人と付いてきてた天倉さん。
むぎちゃんがいるところ我もいるみたいなこと言って押し寄せてきたよ
天倉さんは控えめな感じだったけど

668 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 23:14:29.75 ID:ameVsjtKO
麦茶さんに支援されちゃった><

669 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/20(日) 23:38:52.63 ID:ameVsjtKO
続き

澪「パーティはいいんだけど なぜこんな時間に?」

律「私も気になってたんだ」

唯「よくぞ聞いてくれた これはただのパーティじゃないよ!」

憂「実は。。。」

澪「なるほど」

和「確かにクレヨンしんちゃんが終わっちゃうのは悲しいわよね」

梓「毎週観てました・・・」

さわ子「私はどちらかというとドラえもんの方が好きだけど やっぱりこうなってしまうと悲しいわね」

紬「麦茶さんいつまで私の頬すりすりしてるんですか」

麦茶「はぁはぁむぎゅはぁはぁ」

聡「俺はあんま実感ないなぁ 」

律「聡はまだ若いんだよ」

天「麦茶さんずるいです 私も・・・」

670 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 23:39:45.95 ID:gkwbdBNkO
>>668
麦茶「舞い上がってる場合じゃないです」

紬「早く書きなさい。…あと麦茶さん、あとで私の部屋に来るように」

麦茶「?いったい何をなさるおつもりでせうか」

紬のお部屋

紬「あなたクビね」

麦茶「…why?」

紬「だって、まさか唯ちゃんの家にまで入ってくるなんて思わなかったもの」

麦茶「ムギチャン、アレ、ベツジン。ベツジン。オレ、ソコマデ、セッキョクテキ、チガウ」

紬「どうして片言で喋ってるの?…まぁいいわ、新しい職場を与えてあげたから」

麦茶「ありがとうムギちゃん!…いや、でもやっぱりおかしいですたい」

紬「いいから来る!」グイグイ
麦茶「なんだか積極的ですね今日は…はいはい行きますよ」

琴吹家地下
カンダタ「オラァ働け!血反吐吐いても立ち上がらんか!」ビシィ!バシッ!
麦茶「ぶべらっ!…も、もうやめてぇ!」


支援のはずが長くなった

671 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 23:48:33.37 ID:Ft9Z/ioMO
続き〜



書き終わったさわ子先生は、スケッチブックを見せる。
『声が出ないのよ』
スケッチブックには、そう書かれていた。
梓「ど、どうして!?なんでそんな事に!?」
さわ子先生は俯いた。
紬「もしかして、怪物に襲われたんですか?」
しばらく間を置いて頷くさわ子先生。
やっぱり…デコーダに声を奪われたんだ。
きっと、襲われたのがトラウマになって外に出られないんだろうな。
律「よし!怪物からさわちゃんの声を取り戻そうぜ!」
唯「で、でも、危ないよ!自衛隊さんに任せようよ?」
梓「そうですよ!だいたい、どいつが先生を襲ったのかも分からないじゃないですか!」
律「だからってほっとけねーよ!あたしはやるからな!」
…まったく。
相変わらず、こうなると言っても聞かないな、律は。

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 23:49:38.00 ID:X3rPxz+T0
意外と強いぞ日本の自衛隊

673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 23:52:37.68 ID:eTvVEnKg0
IDがテレビだ

ひさびさに来たら
なんか小袋とか
監禁とか人増えたな
さて、我がSSは十月には
再開するかな…

674 :NYAN ◆KYON..7N2s :2009/09/20(日) 23:53:18.98 ID:wS+vQJqy0
澪「お、唯かどうだった?」

唯「カンジタだったよえへへ」

澪「笑ってる場合か!」

紬「唯ちゃんは全然大丈夫よ私なんか梅毒でしたわ」

唯「ムギちゃんやるーw」

澪「おまえら・・・」

唯「澪ちゃんは何ともないの?」

澪「私は・・・おめでただ・・・」

紬「えー!おめでとう!」

唯「おめでとう!赤ちゃんかあ」

澪「あまり話さんでくれよ・・・恥ずかしいから」

律「ういーっす、何を話してたんだ?」

唯「あ!りっちゃんだ!んーっとねー私がカンジタでムギちゃんが梅毒で澪ちゃんがおめでたな話だよ」

律「ほう・・・カンジタに梅毒それに妊娠か・・・よかったな・・・私はエイズだ・・・」

675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 23:54:51.06 ID:X3rPxz+T0
>>674
監禁ってなんだ

>>675
エイズって…

676 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/20(日) 23:57:33.76 ID:gkwbdBNkO
>>673
待て、監禁なんて人はいないぞ

677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 23:58:45.05 ID:X3rPxz+T0
鳩金か

678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/20(日) 23:59:59.49 ID:X3rPxz+T0
零時迄Resがなければ紬は俺の嫁

679 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/21(月) 00:00:43.57 ID:faIf6kJiO
>>678
おわあああ

680 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/21(月) 00:05:00.47 ID:faIf6kJiO
セ…セーフだよな!これはセーフなんだよな!?
決してアウトなんてことはないよな!?な!な!
セーフ!さすがにこれはセーフだろ!うん!

681 :NYAN ◆KYON..7N2s :2009/09/21(月) 00:08:31.78 ID:O+Qq7J8G0
安心しろ零時なんて存在しない今はAM12時だ

682 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/21(月) 00:08:52.23 ID:hFH39utoO
1分レスがなければ紬さんは麦茶さんの嫁

683 :NYAN ◆KYON..7N2s :2009/09/21(月) 00:09:27.97 ID:O+Qq7J8G0
>>682
てす

684 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/21(月) 00:11:55.11 ID:hFH39utoO
ごめんなさぁい麦茶さん

685 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/21(月) 00:12:00.10 ID:E60cF5+hO
澪「私も、手伝うからな。お前まで襲われたら目も当てられないし。」
紬「私も手伝わせて!うちのSP達にも捜させるわ!」
律「おお、頼もしいぜ!…てか、澪は無理すんなって。こないだ襲われたばっかだろ?」
澪「…確かに、怖いけどさ。だからって、律だけを危ない目に合わせる訳にいかないだろ?」
律(みおしゃん…!)
唯「そうだよね。それに、みんな一緒なら怖くないもんね!やっぱり、私もやるよりっちゃん!あずにゃんもやるよね?」
梓「もう…仕方ないですね。皆さんだけにいいカッコさせませんよ!」
そんなこんなで、桜高軽音部そして琴吹家SP隊による、怪物捜索隊が結成される事になった。
さわ子先生、待ってて下さい!
必ず先生の声を取り戻しますから!



眠いのでここで一旦終了

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/21(月) 00:22:04.32 ID:GV/lAJvh0
いったん乙

687 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/21(月) 00:24:51.83 ID:faIf6kJiO
>>681
ありがとう、君のおかげで俺の胸の内で渦巻いていた暗雲が消え去った

>>685
乙!

ファン太がどうしても炭酸飲料のCMのデブで再生される…いや、ホントにそうなのか…?

211 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)