5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新規募集中】まったりけいおん!SS書いていくスレ【初心者歓迎】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 23:08:26.48 ID:ICGgP/ej0
・このスレは「けいおん!」関係のSSを皆で好きなように書き続けるスレです

・話を繋げてもいいし、複数の書き手による別の話同時進行でもおkです

・別に一人で書いても良いけどね

・読みやすさ重視のため酉を付けること推奨です

・次スレは>>950あたりが立ててください

・落ちても勝手に立てちゃってね

・まったり雑談でもおk。唐突に誰かSS書き始めたら皆飛んで喜びます

・ジャンルは問いません。けいおん!ならなんでもありです。カオス歓迎。

・(`・ω・´)ここのスレの住人は支援されると俄然、発情したみたいにやる気が出ます!(さるさん的に)

・ここに書いたら誰かが勝手にまとめwikiに載せてくれます。

・変態レスは自重・荒らしはスルーで


まとめwiki
http://www39.atwiki.jp/k-onvip/
(´・ω・`)SS初めての君もレッツトライ!!<ここまでテンプレ

前スレ
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1252248402/

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 23:09:23.86 ID:n228rTHCP
                                    |  i  | / へ. {\  iヘ ,   |
  ┏┓        ┏┓  ┏┳┓    .        l  |  |'/ ´ ̄`ヽ ヽ 「∨   |  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏┳┳┓
┏┛┗┓  ┏━┛┗━┫┃┃  ┏┓        l ハ|  i′ - 、    ノ ', /  |┏┻━┫┏┻━┫┏┻━┫  ┃┃┃┃
┗┓┏┛┏╋━┓┏━┻╋╋━┛┗━┓ .   八 |  |ィニヽ    ,ニ 、∨  '...┗━┓┗╋━┓┗╋━┓┗┓┃┃┃┃
┏┛┃  ┃┣━┛┗━┓┃┃┏┓┏┓┃   /   |  |´ :::::   ,  ⌒ヾ 八/ ,.    ┗┓┃  ┗┓┃  ┗┓┃┃┃┃┃
┃  ┃┏╋╋┳┓┏━┛┃┃┣┛┗┛┃. /  人  |    __  :::: /  /     ┏┛┃  ┏┛┃  ┏┛┃┗┻┻┛
┗┓┗┛┃┃┗┻┻━┓┗━┻┓┏━┛/ ,..:':::::::::} |、   ( ノ   /  /    ┏┛┏┛┏┛┏┛┏┛┏┛┏┳┳┓
  ┗━━┛┗━━━━┛      ┗┛ ./r.::::::::::::::::八 ヽ: 、     .イ/   ∧...  ┗━┛  ┗━┛  ┗━┛  ┗┻┻┛
                        / /:::, '⌒ヽ__::ハ  V\ フ´!:::::|'  /

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 23:09:57.76 ID:4SpDRFIh0
糞スレ立てんな死ね

4 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/08(火) 23:14:11.31 ID:nogCTOgyO
乙です
何時の間にか落ちてたんですね


10分午後の麦茶さん!

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 23:14:57.91 ID:34YB4Ljl0
zSDFVんgtyむいほpjkl¥@「

6 :まとめ40000踏んでも(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/08(火) 23:28:43.49 ID:7bDJU+O4O
うっかり踏んだのでくずのは!が途中なのに新作投下



その日、ドラゴンがどこからかやって来た。
空を、大地を埋め尽くす程のドラゴンの群れに、人類はなす術無く駆逐されていった。

それから3ヶ月の月日が経った。
人類は既に全盛期の一割にも満たない存在となっていたが、それでもしぶとく生き続けていた。

ある日、小さなギルドがドラゴン討伐隊として旅立っていった。
かつて、桜が丘高校軽音楽部として活動していたメンバーを中心として結成された『放課後ティータイム』と名乗る者達だ。
「りっちゃん隊長!ドラゴン発見しました!」
元気良く敵の存在を知らせる少女-唯-。
その手には彼女には不似合いな大きさの斧が握られている。
「おっしゃー!行くぜみんな!」
リーダーらしき短剣二刀流の少女-律-がそう叫び、ドラゴンへと突進していく。
「お、おい律!迂闊に突っ込むなって!」
刀を持つ和装の少女-澪-が、それを言葉で制すが、既に律は斬りかかっていた。
「あらあら。りっちゃんは本当に元気ねえ。」
微笑みを浮かべながら、豪華な衣装を身に纏った少女-紬-が言う。

7 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/08(火) 23:43:21.01 ID:n0QvnkGw0
落ちてたんですね

とりあえず乙です

あとは40000おめでと

8 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/08(火) 23:53:53.35 ID:n0QvnkGw0
また…人いない…?

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 00:03:38.00 ID:DTnVLYdUO
30分梓

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 00:15:34.54 ID:X1WfTIOt0
1ヶ月ぶりくらいに見てみたら    よくわからないスレになってた

11 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 00:17:07.47 ID:rjBGeGUeO
新作と思わせといて謎の小袋だったのです
ただし続きは誰かに任せた

12 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 00:22:18.05 ID:hOpJ2lax0
Zzzz......

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 00:29:19.21 ID:8O4TP2eT0
チェッチェック

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 00:42:15.78 ID:DTnVLYdUO
20分中野梓

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 00:48:51.38 ID:LwzFLFWOO
>>1



また落ちたのか

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 00:52:59.05 ID:DTnVLYdUO
最近落ちすぎ

wikiも40000いったんだしもっと頑張るべき

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 00:55:13.13 ID:5mCbvTrYP
和「ほんと唯と憂って似てるわね」

憂「そうですねー、軽音部に変装して行っても先生以外には気づかれませんでしたから」

和「姉妹でもここまで似るのはそうそうないわ」

憂「ほんとですね」

唯「実は私は憂そっくりに作られた宇宙人」

和「えっ」

唯「だったら面白いよね〜」

和「いや、憂が唯を骨抜きにするための宇宙人だったら…」

唯「和ちゃんさすがにそれはな」

憂「実はそうなんです、お姉ちゃんいつから気付いてたの?」

和「えっ」

唯「えっ」

憂「冗談ですよ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 00:55:15.77 ID:fXLR7jAfO
けいおん!キャラ人気投票9/8
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1252408740/147

19 :魂魄:2009/09/09(水) 01:07:01.17 ID:nOhJNQjy0
人がいない
何があったのかな?

20 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 01:10:22.76 ID:hOpJ2lax0
ゲームの合間に何をしよう……

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 01:14:17.54 ID:LwzFLFWOO
>>20
絵かSS

22 :魂魄:2009/09/09(水) 01:20:47.80 ID:nOhJNQjy0
SSを書きたいけど
この流れで「あれ」の続きを書くのは
引けるな

23 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 01:26:56.36 ID:25b1aJMm0
じゃあずっと前に考えていたヤツを…

「コーラ買ってきてよー」
これがきっかけの一言だった。私がそう言うと友人A(♂)は面倒くさがりながらも私が甘えたら買いに行ってくれた。そのくせ「律は友達で終わるタイプだな」とか言ってきやがってリアルファイトになったことがある。
まあそんなわけで部屋に二人きりの状態でも何も起こらないわけ。女として見られてないのか私は…まあいいや。
「買ってきたぞ。つーかぼちぼち終電だろ?とっとと帰れ」
コンビニまで行ってきたのか袋の中にはおにぎりやらお菓子やらもまぎれている。
「えー、今日もうメンドーだから泊まってくー!明日1限一緒の講義だしいいじゃーん!」
「寝込み襲うぞコラ」
襲うなら襲えこの野郎。なんて冗談をやりあっている私は気付いてしまった。

24 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 01:29:09.11 ID:25b1aJMm0
「…おい、このコーラ」
「なんだよ、コーラだろ?まさか1.5リットルで買って来いとか言うんじゃないだろうな?」
そうじゃない、大きさは別にいいんだけど
「じゃなくてさ、どうしてコカコーラなんだよ」
「は?コーラはコカコーラだろ?他に何があるんだよ」
こいつは…何を言っているのだろうか?以下、私とこいつの会話が続く。
律「お前コーラったらペプシしかないだろ!」

A「はあ?ペプシぃ!?お前コーラはコカだろ常考!」

律「何がjkだ!そんなネット用語使ってるから女もできねーんだよ!」

A「ちょっ!それまるで関係ねー!つーかお前まさかペプシなんかをコーラだと思ってんのか?あ?」

律「むしろコカをコーラだとお前が勘違いしてるんだろ?え!?」

A「ぬぬぬ…」

律「むむむ…」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 01:29:09.51 ID:LwzFLFWOO
私怨

26 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 01:43:22.95 ID:25b1aJMm0
A「律よぉ、コーラ=コカは世界…いや宇宙の真理だぜ」

律「そんな嫌な黒光りした汚泥が飲めるか!」

A「ペプシの甘ったるさっていったら芸能界の身内に対する甘さよりなってねーし!」

律「わけのわからない亜種を出しすぎな時点で味に自信がないんだろコカさんは!」

A「ペプシこそ頭イカれたクズフレーバーでごまかしてるじゃねーかよ!」

律「その考えが既にオールドタイプだっつーの!ペプシは爽やかな味を取り入れて万人に好かれる飲み物なんだよ!
某日本人教育家は死の直前に『ペプシが飲みたいなぁ』って言ったぐらいなんだぜ!そんな歴史のあやふやなコークなんちゃらに負ける要素ないね!」

A「へ。コカはコカコーラキッドって映画やゲームでメディアミックスを通して人類に存在価値を訴えかけているんだ!最近のCMもあのぷしゅっ!って音と注いだ時のトクトクトク…シュワァーって音…あれはペプシじゃ再現できないね」

律「はー↑!?何がコカコーラキッドだよ!あんなバカデカい『セガなんてだせーよなー!』なゲームギアのゲームって時点で終わってるし!それに比べてペプシマン見ろよ!
あいつの正体はNASAが意志を持った金属を開発中たまたま研究員が飲んでいたペプシコーラのロゴと突然融合し誕生したヒーローなんだぜ!」

A「なんだその5流アニメの設定にも出てこないゴミ背景は」

律「…お前も頭やられてるんだな…。
ペプシマンの真の目的は日本市場の長きにわたる帝国支配を憂い、ペプシでなければ癒せない渇きから人々を救済することなんだよ!
つまり…お前はすでにコカという帝国主義に飼いならされて洗脳を施されているんだよ!!」


な・・・なんだってー!!

27 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 01:46:01.78 ID:25b1aJMm0
「セルフ突っこみやめい」
逆突っこみを受けてしまった。
「てへ♪とにかくよー!お前と私には埋められない溝があるってことはわかったぜ…」
「そうみたいだな…ったく…」
そうしているとこいつは部屋を出て行ってしまった。なんだあいつ…?
程なく帰ってきたあいつの手には…
「あ!ペプシ!!」
「たく、今コップに」
そのまま飲むー!と奴の手からペプシを奪う私。そうか、アパート角にある自販機はペプシだったからそこで買ったのか。んーこれこれ!
「ぷっはー!やっぱりペプシに限るぜー!」
ああそうかいとこいつはコーラをぐびぐび飲んでいる。
「…まあ…たまにはコカも飲んでやるかな」
その姿に何か感じたわけじゃないけど私は余っていた未開封のペットボトルを開けた。
「じゃあ…俺もたまにはペプシ飲んでやるよ」
私に気を遣ったのかそいつもペプシをってそれは私が飲ん
「なんか甘く感じるな…やっぱり俺はコ―…どした律?」
「あ…いやーそれは私が飲んでたヤツだからその間接的にー…」
あれだけ悪ふざけをし合っていたのに何故か気にしてしまった。
「はあ?バッバカじゃねーの!?何いきない乙女チックになってやがるんだよ!」
向こうも微妙に気まずそうだ。

28 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 01:49:29.52 ID:25b1aJMm0
ピンポーン

なんか気まずかった私たちを救う尋ね人だ。
「誰だこんな時間に?」
あいつは不思議がりながらドアを開いた。そこには…

ペプシマン「しゅわーーーーーー!!!」

ビンのペプシを持ったあいつが目の前に現れ

シュポブシューーーーーーーーーーーー!!!!

ペプシマン「しゅわーーーーーーー!?!?!?!?」

栓抜きで勢いよくあけたらペプシが凄い勢いで噴出しペプシマンに直撃。ペプシマン明らか動揺。つーか栓抜きタイプのペプシってまだあるんだな…。


29 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 01:50:59.71 ID:25b1aJMm0


「…ん?」
目が覚めると私はベッドで横になっていた。
「起きたか。ペプシだコカだの討論が終わったらすぐ寝やがって…しかも人の貴重なベッドを…」
恨めしそうな視線を私に浴びせかける男…ああ、ペプシマンが出てきた気がしたが…夢か。
「1限休講らしいからさっさと帰って家で寝ろ」
冷たくあしらう男。その気まずい空気…まさか
「お前私が寝てる間に」
「するか。だいたいお前のどこに魅力を感じればいいんだ?俺がそそられるであろうポイントを原稿用紙一枚にまとめろ。まあ…俺がお前について書いたら2行が限界だな」
相変わらずの扱いでなんとなく安心する。
「…なっ…何ニヤニヤしてんだよ気持ち悪い」
私はどうやらニヤニヤ顔だったらしいな。
「べっつにー?お前まさか私のぬくもりが残っているうちにこのベッドの匂いで」
カンッ!空き缶を投げつけられてしまった。最後まで言わせろし。
「ゴミ箱に入れなかっただけありがたく思え」
なんかいつも以上にトゲトゲしてるな…まあいいや。私は顔だけ洗ってそのままそいつの家を後にした。帰り際
「今度はコカコーラでもいいぜ!」
って言いながら不意打ちで後ろからツンって背中をつついてやった。
「そりゃどーも」
こいつは私の頭にチョップしてきやがった。コーラの話しているときと違って随分クールだこと。なんか私とこいつの関係ってコカとペプシの関係みたいな気がするぜ…。なーんとなくだけど。
今度はコカでも持ってきてやるか…。



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 01:53:20.44 ID:LwzFLFWOO


なめたんのコーラへの妙な造詣の深さは何なんだ

31 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/09(水) 01:58:01.46 ID:3GH5mXxxO
悪魔の乙。

髪の毛が伸びるほどに癖っ毛が強くなる……はてさてんどうやってストレートにしようか('A`

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 01:58:54.21 ID:LwzFLFWOO
>>31
A:断髪

33 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 01:59:35.96 ID:25b1aJMm0
>>30
ペプシマンについてはここで調べました
http://www.colawp.com/topics/1997/0900.html

律スレの初期、何故かペプシマンが話題に

律がペプシ好きな流れに

そのとき思いついたネタがコレ

今更あっちに載せるのもアレだったのでこっちではっちゃけときました><

ちなみに私はペプシ派ですが一家がコカ派なため家では肩身が狭いです…

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 02:00:58.38 ID:3GH5mXxxO
>>32
しばらくは伸ばすつもりなので断髪の方向はナシで。

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 02:03:05.79 ID:LwzFLFWOO
>>33
律スレでそんなことが




私はファンタ派です


>>34
A:諦める

Q:最近抜け毛が増えてきました。助けて下さい。前髪がヤバいです。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 02:14:04.30 ID:2cue3YCd0
最近炭酸が無理な俺はお茶派

37 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 02:49:12.05 ID:hOpJ2lax0
カフェインジャンキー気味な儂は珈琲派。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 02:52:47.41 ID:5mCbvTrYP
コーヒー派最異端のMAXコーヒー派が

39 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 03:11:57.26 ID:hOpJ2lax0
>>38
アレは珈琲じゃなくてジュースだと思うんです。

40 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 03:40:33.73 ID:hOpJ2lax0
そういえば、前スレで萌え萌え辞典から一つポーズ選んでそれをけいおんでとか言ってた飲料が居たような?

41 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 03:42:15.43 ID:JcSkzqwCO
30分なめたんさん!

42 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 03:43:52.23 ID:hOpJ2lax0
どうぞどうぞ。そして萌え萌え辞典どこだっけか……

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 03:44:37.41 ID:LwzFLFWOO
期待

44 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:08:11.08 ID:25b1aJMm0
梓「それじゃあお先に失礼しまーす!」

バタン

唯「最近あずにゃん練習終わるとすぐに帰っちゃうよねー」

澪「たしかにな…用事でも立て込んでるんじゃないか?」

律「あれじゃねー?実は彼氏ができたとか?」

紬「まあ…梓ちゃんも女の子に…」

澪「何にせよ毎日部活に参加してくれているから問題ないけど」

唯「そうだねー!じゃあ私たちも帰ろっかー!」

律「帰りにモス行こうぜモスー!」

紬「私も少しお腹減っちゃった♪」

唯「行こう行こう!」

澪「はいはい…」

45 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:09:33.84 ID:25b1aJMm0
律の家

律「スティックチキンがうまかったな〜」

聡「ただいまー」

律「あ、遅いぞ聡!もう9時すぎてるじゃんか!」

聡「わっわかってるよ!」

律「最近帰りがいつも遅いよなー…」

聡「たったまたまだよたまたま!」

がちゃん

律「あ!おい聡!…なんだよバタバタと…せっかくポテチ食べながらぷよぷよしようと思ったのに…」

46 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:11:03.52 ID:25b1aJMm0
明くる日

律「やっほー!」

唯「りっちゃん遅ーい!」

澪「たく…何分待たせるんだまったく」

律「わりーわりー!」

紬「うふふ、それじゃあ行きましょ!」

唯「あずにゃんとも一緒に買い物行きたかったなー」

澪「仕方ないだろ用事があるんじゃ…」

律「まさかウワサの彼氏と…」

澪「それもお前の捏造だか妄想だろうが」

ぽかん

律「あいたっ!まーな!ぶっちゃけ梓が一番彼氏とかないよなー!」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 04:12:53.95 ID:S4yRa39DO
支援

48 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:18:24.79 ID:25b1aJMm0
紬「梓ちゃんはまだまだ中学生みたいだものね♪うふふ…」

唯「ムギちゃん?」

紬「可愛いわよね〜うふふふふふ…」

律「毎度のことだなまったく…で澪ーどこ行くんだっけ?」

澪「ちょっと遠いけど…ほら、ここ!最近できた人気のショッピングモール!」

唯「わぁ〜♪おいしそうな食べ物がいっぱいだ〜〜」

律「おいおい服買いに行くのにさっそくご飯の話かよ」

唯「女は色気より食い気です!」

紬「じゃあせっかく早く集まったんだし行こっ!!」

澪「そうだな」

49 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 04:21:10.68 ID:hOpJ2lax0
ライフル、機関銃、ショットガンどれにすればいいだろうか……('A`
私怨

50 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:26:26.29 ID:25b1aJMm0
律「ここからちょっと歩くのか〜」

澪「遊園地が併設されてるんだな」

紬「すごいわね〜あら…?」

唯「どーしたのムギちゃん?」

紬「うん…見間違いじゃないわね…あそこ見て」

澪「ん?あれ?」

律「梓じゃん」

唯「わーいあずにゃんも一緒に行けるねー!おーいあずに」

律「バカ!どうみてもありゃ人待ちだろ!!」

唯「むががが…」

紬「梓ちゃん、すっごいお洒落してて可愛いわねぇ」

澪「まさかホントに彼氏…とか?」

律「いやーさすがにそりゃないだろー」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 04:26:50.02 ID:LwzFLFWOO
>>49
飲料が喜びそうなネタならロリっぽいのだろう

52 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:32:34.77 ID:25b1aJMm0
澪「律、唯の口を塞いでる手をどかしてやれ」

律「へ?あー悪い唯!」

唯「ぜぇ…ぜぇ…りっちゃん…ひどいよ…」

紬「あ!梓ちゃんに男の方が!」

澪「なっなんだあのチャラチャラした…」

律「いかにもダメダメな男は…」

唯「あずにゃんは茶髪が好みなのかなぁ」

澪「いや好みだとしてもいかにも」

律「31歳フリーター、正社員になったら負けかなと思ってる」

澪「な、奴だぞ?」

紬「相変わらず2人の息がぴったりねぇ」

唯「あれ?でもあずにゃんの様子が変だよ?」

53 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 04:35:06.39 ID:aPjdDq4gO
銃器辞典なら
ジャックハンマー
Mosin-Nagan M1891
九九式短小銃
L96A1
Dragunov
Barett M82
Walther PPK
FN Five-seveN
Colt S.A.A45

が好きかな

54 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 04:37:20.53 ID:hOpJ2lax0
>>51
ですよねー。やっぱりちっちゃい体に大きな銃ってことで軽機関銃か狙撃銃あたりか……

55 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:38:43.73 ID:25b1aJMm0
澪「ん…あ」

律「あーありゃナンパみたいだなー」

紬「難破ですか?」

澪「いや、軟派な」

律「澪もしょっちゅうだよなー」

澪「あう…いや私みたいな地味で目立たない大柄な女のどこがいいのか…」

律「それは大人っぽくて清楚なモデルみたいな美人に見られてるってことだぞー」

唯「澪ちゃんは可愛すぎるからズルい〜ぶーぶー」

紬「うふふ…あら、軟派さん帰っちゃいました」

律「おっ諦めたらしいな」

唯「あ、あっちからあずにゃんに駆け寄る男の子がいるよー!」

律「マジか!?どいつだどいつだ!」

56 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:42:21.65 ID:25b1aJMm0
唯「ほらあそこー」

紬「どうやらあの方が待ち人だったみたいね」

唯「わーカッコいい人だー」

紬「ホントね〜」

澪「おい…じょ…冗談だろ…」

律「澪…私の幻覚じゃあないよなあ…」

澪「ああ…私も見えてるさ…」

唯「どうしたの2人とも?まさかりっちゃんと澪ちゃんの元カレ!?」

すぱこんっ!

律「なわけねーだろ」

澪「田井中聡…現在中学生…」

紬「え?田井中…ってまさか!?」

律「私の弟だな…あいつは…」

澪「聡くんが梓と…か…」

律「聡と梓がどうして…」

57 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 04:44:00.18 ID:hOpJ2lax0
>>53
こっち持ってるのは銃器2なのですヨ。んー似たような銃で探すしかないか……
ロシア銃が2種類と英軍制式採用が一つに拳銃はバラバラ……どうしようか('A`

58 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:45:48.27 ID:25b1aJMm0
紬「2人に接点とかあるの?」

律「いや…ないはずなんだけど…」

唯「あ、2人が歩いてくよ〜」

澪「遊園地に行くみたいだな…」

律「よし!みんな予定変更だ!今日は遊園地に行くぞ!」

澪「りっ律!いくら梓と聡くんとはいえ尾行とかまずいだろ!」

律「尾行するとはまだ言ってないんだけど?実は澪が一番気になってるのかなぁ?」

バキッ!

澪「殴るぞ?」

律「もう殴ってるー…」

澪「そんな探偵の真似事をするのはゴメンだ!唯やムギだって」

唯「探偵さんみたいだー!」

紬「証拠つかむぞー☆」

澪「…やれやれ…」

59 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 04:49:01.24 ID:aPjdDq4gO
>>57
銃器2だけとな
なぜ1をとばした…?

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 04:49:41.64 ID:LwzFLFWOO
梓х聡

珍しい組み合わせだな

61 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:51:01.41 ID:25b1aJMm0
遊園地
律「ふむふむ…あの二人がホシか…」

唯「そのようですりっちゃんデカ!」

澪「いつの間にか刑事になってるぞ?」

紬「あら、まずはあのお舟の乗り物に乗るみたいよ?」

律「うわーつまんなそー」

澪「幻想的な景色と水面にうつる光…」うっとり…

唯「すごくいい…」うっとり…

律「メルヘン空気が好きだなお前らは…」

澪「律律!私あれ乗りたい!」

律「いや、一緒の舟乗ったらバレるだろ…」

唯「私も乗りたい!次の便で乗ろーよー!」

紬「でもそうしたら乗っている内に梓ちゃんたちを見失っちゃうわよ?」

唯「あー…そっかー」

律「私たちは遊びにきたんじゃないぞ?」

澪「遊園地きて目的が遊びじゃないなんて…」

62 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 04:54:01.81 ID:hOpJ2lax0
>>59
あー丁度売ってたのが2だけでそれで絶望することに。

63 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 04:57:34.30 ID:25b1aJMm0
紬「次は何に乗るのかしら」にこにこ

律「それにしてもあの二人…手も繋がず何をしとるか…」

澪「恥ずかしいだけじゃないのか?」

律「やっぱ恋人同士なら手は繋がなきゃ!たくよー男からぐいっとだなー」

紬「りっちゃんはそうしてほしいんだ♪」

律「いやちがっ!わたっ私はただ弟の不甲斐なさをだなー」

澪「くだらないこと言ってるうちに見失っちゃうぞ」

律「なっ!くだらないだとー」

澪「2人を尾行するんだろ?ほら早く」

唯「あはは〜」

紬「♪」にこにこ

澪「なんだ…みんな私を見て…?」

律「いやー…あれだけ嫌がっていたのに一番ノリノリみたいだからっさ〜…」

澪「はっはあ!?私はただ律に付き合って…」

紬「あらあら…♪」

64 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:03:04.85 ID:25b1aJMm0
唯「澪ちゃん…★」

律「はいはいっと!おっ!梓たち次はジェットコースターに乗るみたいだぞ!」

唯「わー私たちも乗ろう乗ろう!」

澪「…」さー…(血の気が引く音)

律「なになに〜?おーなんかこの遊園地イチ押しのアトラクションらしいぜー!」

紬「離れて乗れば見つからずに済みそうね!」

澪「そっそっそっ……そーだなー!あー、私は下で様子ミトクカナー!ナニカ分かるかもシレナイシーー」

唯「澪ちゃん目が凄い泳いでるよ…」

律「無理するなよー?」

紬「そうね」

澪「そんなわけないじゃないかー!怖くはないけどほらあれだよーあれー!はははははははは………!」

律「まあ気でも失われたら世話も大変だしな〜」

澪「だっだから怖くなんかない!」

65 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:09:35.55 ID:25b1aJMm0
律「でも昔ねずみーランドのスペースマウンテンでおもらsh

ズカバキグシャ

澪「私も乗る!ぜんっぜんこれっぽっちも怖くないし!」

唯「りっちゃんが一般紙面にお見せできない姿に…」

紬「ここに倒れているのはもはやりっちゃんではなく『かつてりっちゃんだったモノ』ね…」

そんなお馬鹿してる内に順番が回ってきた

ガタタンガタタン…

律「やっぱジェットコースターはこの始まり方がいいよな〜!」

唯「りっちゃん復活早いね〜」

紬「♪」わくわく

澪「怖くない怖くない…」

ガタタンガタタン…ズガーーーーー!

ぐるんぐるんのゴーゴー…

ぷしゅ〜

66 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:17:17.89 ID:25b1aJMm0
律「すっげー勢いだったなー!」

紬「ホントね〜!私ジェットコースターって初めてだったけど楽しかったわ〜」

唯「そういえば澪ちゃんも悲鳴あげず意外と大丈…ってあれ?いない…?」

律「あー…澪なら到着と同時に係の人がタンカーで運んでったぞー」

唯「ええっ!?」

律「なんかあいつ頂上つく前に失神してたみたいでさ…」

紬「あらあら…気を失ったまま乗っていたなんて危ないわね…」

唯「どうしよっか〜?」

律「まあ目覚ませば電話してくるだろうからほっとけば〜?」

唯「りっちゃん薄情〜〜」

律「あいつと絶叫マシーン乗ってまともに帰れたためしがないぜ」

聡「……へ〜人が…」

律「わ!マズい聡たちがすぐ近くにいるじゃねーか!」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 05:18:11.73 ID:LwzFLFWOO
試演

68 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 05:20:55.48 ID:aPjdDq4gO
澪が俺とダブる…
一緒にお化け屋敷に入ったらヤバいな…泣き出す男と失神する女か…

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 05:23:02.60 ID:LwzFLFWOO
>>68






ぷぷ

70 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:25:19.79 ID:25b1aJMm0
唯「りっちゃん!あの写真撮影用のキャラクターパネルでやり過ごそう!」

さささっ!

紬「ナイスアイデアね」

梓「…うん、気絶して医務室に運ばれたって。もう迷惑だよねー…苦手なら乗らなきゃいいのに…」

聡「まあまあ、でも澪さん思い出しましたよ。あの人も苦手なのに姉ちゃんに巻き込まれて毎回乗ってるんで…」

律「聡、思い出すも何も澪本人だ」

唯「…行っちゃったね…」

紬「あまり会話が聞こえなかったわね…」

律「もっと近付ければなぁ…まあいいや。とりあえず後を追うぜー」

唯「そうだね!」

律「お、なんかお昼ご飯にするみたいだぜ?」

紬「本当ね、私たちもお昼にしよっか♪」

唯「うん!そうしようそうしよう!」

71 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:29:08.06 ID:25b1aJMm0
レストラン

律「うーん…やっぱり会話が聞けないからつまんねーなー。ボチボチ顔出しやっちゃおうか〜」

紬「そうねぇ…」

つかつか…唯たちに近づく影

唯「?」

?「ふふふ…みんな、尾行がなってないわよ…」

律「うわっ!さわc

さわ子「しーっ!聞こえちゃうわよ…。でもあの二人はなんなのかしらねえ…」

唯「どうしてさわちゃん先生がここに…」

さわ子「…」

律「…唯、察してあげようぜ…」

唯「ほえ?」

紬「そうね…」

さわ子「みんなありがとう…」

72 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:35:16.96 ID:25b1aJMm0
律「で、あの二人は何を話していたんだ?」

さわ子「甘い会話は一切なしよ」

唯「ふーん…あ、2人が出てくよ〜」

さわ子「さあ行くわよみんな!」

律「つーかアンタ生徒を尾行するとかどうよ?」

さわ子「いいのよ♪尾行は私の得意分野だし」

唯「得意?」

さわ子「彼氏の足取りや寝取ったメス豚の…その話はまた今度ね」

律「いえ、結構です」

しかしその後も目立った動きは見せず乗り物を乗り継いでいく聡と梓

さわ子「つまんないわねぇ…ハグしろとは言わないけど手ぐらい繋げばいいのに」

唯「会話も聞いてみたいよねえ」

紬「…そうね!みんな任せて!ちょっと気が引けるけど…」

73 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 05:37:14.28 ID:hOpJ2lax0
とりあえず描くのはコレに。
http://imepita.jp/20090909/201560

74 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:39:00.03 ID:25b1aJMm0
電話を取り出すムギ

律「どこに電話してんだ?」

紬「…これでよしっと」

唯「あ!クレープ屋さんがきたー!」

唯の視線の先には移動式のクレープ屋が

唯「食べたーい!」

紬「待って唯ちゃん、あれは梓ちゃんたちに気を引いてもらうために出たお店だから!」

のぼりにはカップル限定クレープ一つ無料の文字が

律「どういうことだ?」

紬「実は…この遊園地、ウチの会社が管理運営しているの」

唯「ええ!?本当に!!すごーーーい!」

紬「だからちょっと会社の人に協力してもらおうと思って…」

さわ子「あの二人、クレープ買ってったわよ」

75 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:40:42.66 ID:25b1aJMm0
クレープ屋の男がこちらへ来る

男「お嬢様、仕掛けてありますのでこれでお聞き取り下さい」

紬「ありがとう」

唯「何コレ?」

紬「うふふ、盗聴器よ♪」

律「え!?マジかよ!!それかなりヤバくないか…?」

さわ子「あら、盗聴なんて常識よ?当然じゃない」

律「アンタの常識は非常識だろ…」

紬「会話が聞こえないのは残念だし…そもそもつけて歩いている時点で悪いことだし…だったらもういっそ盗聴もいいかなって☆」

さわ子「一線越えたら見境なくなるタイプねムギちゃんは」

唯「でも盗聴器なんていつの間につけたの?」

男「男性に声をかけるとき肩を叩いてさり気なくです」

紬「ご苦労様」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 05:42:23.36 ID:LwzFLFWOO
さわ婆がどこぞのストーカー少女と被った
声優的に

77 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:43:09.90 ID:25b1aJMm0
男「お嬢様の言いつけ通り『可愛い彼女で羨ましいなー』と伝えておきました」

紬「けっこう」

唯「わぁ〜☆」

律「ムギもノリノリになってきたな」

紬「さ!これで会話も聞き取れるわ!行きましょ!!」

さわ子「どれどれ…」

聡「いやー…でもアレですよね…やっやっぱり中野先輩は可愛いですよね…」

梓「っそ!?そんなことないよ!私なんかちっちゃいから未だに中学生に見られちゃうし…」

聡「さっきクレープ屋の人も言ってたじゃないですか…その…姉貴よりもずっと良いですよ…」

律「ほお?あのバカをどうやら修正してやる必要があるな…」

唯「りっちゃんどうどう…」

78 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:45:07.67 ID:25b1aJMm0
梓「あ!て言うか聡くん!何度言ったらわかるの!私のことは名前で呼ばなきゃ!!」

さわ子「おっと!!なんかはじまったわよ!!」

聡「え?あれ今」

梓「中野先輩って言ってた。もう…それじゃあ駄目だよ。ほら?」

聡「う…あっ改まって言われると…」

律「我が弟ながらどんだけへたれ…」

唯「聡君ガンバって!」

紬「ファイト♪」

さわ子「ほらそこで押し倒して唇を」

聡「あ…梓…」

梓「そうそう!それでいいの!うん…ちょっと私もキャラ作りすぎてたかな…よしっ!もうちょっと積極的にするね!」

聡「え!?あ!ちょ」

紬「まあ…梓ちゃんたら殿方の腕を強引に掴み…」

律「腕組みやがったなー…梓…弟が迷惑かけているようで…」

さわ子「やるわね梓ちゃん…そのままさり気なく相手の腕を自分の胸へつけなさい!」

79 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:48:19.93 ID:25b1aJMm0
聡「いや…ちょっと梓…ああいや梓先輩!これはやりすぎですって!」

梓「周りのカップルはみんな手を繋いだり腕を組んだりしてるから…ぎゃ…逆に浮いちゃうよ!そっそれにこれぐらい今しとかないとその時に緊張しちゃうよ!」

唯「その時?」

さわ子「あらあら…あの二人はまだ体の関係になってないのね…その時は今日の夜かしらねぇ」

律「おいオッサン自重しろ」

紬「幸せそうでいいわねぇ」

律「そっそうか…なんかお互い微妙にぎくしゃくしてるというか不自然というか…」

さわ子「それだけ初々しいってことよ!もう…梓ちゃんもとうとう大人の階段をのぼっちゃうのね…」

唯「昔そんな歌がありましたよね」

さわ子「それ、私の歳にかけて言ってる?」

唯「言ってません言ってません!!」ぶんぶん

80 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 05:51:39.20 ID:aPjdDq4gO
大人の階段のーぼるー♪

>>73
そいつか

ちなみに銃単体のデザインで気に入ってるのはジャックハンマー

81 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:51:55.65 ID:25b1aJMm0
そして時は流れ・・・

さわ子「結局あのまま腕組みながら周ってたわね〜」

唯「そろそろ帰る時間だよね」

律「そうだな」

さわ子「時間は5時30分…夕食食べたらホテルに行ってイくには良い時間ね!」

唯「いっていく?」

律「…ホントマジでそれ以上は検閲削除の対象に…」

聡「それじゃあ…時間もいいところですし…」

梓「そうだね!」

紬「帰るのかしら?」

唯「それともご飯?」

さわ子「ゴーホテルよ!」

聡「今日はありがとうございました!お陰でうまくやれそうです!」

さわ子「ヤレルってりっちゃんの弟どんだけー!ヤル気むき出しじゃない!明日はお赤飯ね!」

律「いっぺん黙ってください…」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 05:53:25.72 ID:WG+DO8oB0
     |┃三          /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     |┃            i:::::::イ  `> ー─--ミ::::::::::::|
     |┃            {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}
 ガラッ. |┃            ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ
     |┃  ノ//        |:、`{  `> .::  、      __ノ
     |┃三          |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |┃            |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |┃            |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
     |┃三         ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从

83 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:54:44.64 ID:25b1aJMm0
梓「ううん。私もこういうの慣れてないからどれぐらい参考になったかわからないけど…」

紬「なんか会話がおかしいわねぇ…」

聡「いや!やっぱり相手が年上なんで梓先輩との体験を活かせそうです!」

梓「よかったぁ。後輩の役に立てたみたいで…デートの指南をしてあげるって言って役にならなかったらと思ってたから…」

聡「マジ感謝です!俺、頑張ってエスコートします!」

梓「きっと大丈夫だよ!その先輩さんとのデート、うまくいくといいね!」







さわ子「つまり結論はこうね…」

律「なんで梓に頼んだのかはわからないけど」

紬「聡くんは梓ちゃんからデートの指南を受けて」

さわ子「来る日の本命さんとのデートの予行演習をしていた…」

84 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:56:58.19 ID:25b1aJMm0
律「梓が最近早く帰ったり聡の様子が変だったのは大方計画を二人で立てていたからだろうな…」

唯「じゃーあずにゃんとりっちゃんの弟くんは付き合ってないの?」

さわ子「そういうことになるわね。頼れる先輩と可愛い後輩な関係ね…」

律「なんだよまったくー…一日歩き回ってこんなオチだなんてさー…」

紬「そうねぇ…」

さわ子「でもよかったんじゃない?だって梓ちゃんに彼氏がいたら私たち全員…」

律「年下に先越されたって?」

さわ子「そうよ!そうしたら目も当てられないわ…」

律「残念だけどさわちゃん、私カレシいるんだ」

さわ子「え?…」

唯「さわちゃん先生ごめん…実は私も…」

さわ子「What?」

紬「えっとぉ…実は私も…」

さわ子「うう…うう…みんなは…私の仲間だと…視聴者の夢を壊さないと思ったのに…うわああああああああああああん!」

85 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:57:43.15 ID:25b1aJMm0
唯「あ…逃げちゃった…」

律「なんだよウソなのに…」

紬「先生には通じないブラックジョークだったかしら…」

律「ムギもよく付いてきてくれたな」

紬「うふふ。だってりっちゃんも唯ちゃんもノリノリなんだもん♪」

律「じゃあ帰ろうぜ!」

唯「今度は遊びにきたいね!!」

紬「そうね!」

86 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 05:59:14.35 ID:25b1aJMm0
よくじつ。

澪「ひどいよみんな…私を置いて先帰っちゃうなんて…」

律「いやーワリーワリー!すっかり忘れてたよ!」

唯「でもずっと気を失ってたんだね…」

律「な!」

澪「違う!あれは持病が…」

律「お前の持病なんてはじめて聞いたぞ」

澪「そ、そんなことよりも律!やっぱり梓と聡君は知り合いだったんじゃないか!」

唯「そーなの!?」

律「ああーなんか梓の友達と聡の友達が姉弟だったらしくてそれで知ってたみたいだぜー」

紬「世間は狭いわねぇ」

律「ま、だから梓が先輩風吹かせてたわけか…納得納得」

澪「あ、そういえばあの後どうなったんだ?」

87 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 06:00:08.52 ID:25b1aJMm0
唯「澪ちゃん知らないんだっけ?あずにゃんはね、聡くんに指nもごもご

律「澪には秘密にしといてやろうぜ!」

澪「ずるい!教えろよ!」

律「気を失って我々に迷惑をかけたバツだー!」

澪「忘れて放置してたくせに!」

紬「うふふ〜」

梓「こんにちはー」

唯「あ!あずにゃん先輩!」

梓「へ?」

紬「お疲れさま梓ちゃん!」

梓「?」

律「ははは!さあさあお茶にしようぜ!澪!真相が聞きたきゃ梓に聞くんだなー!」

澪「りっりつぅ!」

梓「??」

88 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 06:00:56.02 ID:25b1aJMm0
一週間後

律「?澪から電話か…もしもーし」

澪「律?あ…あのさ…」

律「どしたー?」

澪「落ち着いて聞けよ?さっ聡くんがさ…今度遊園地に行きませんかって私のこと誘ってきたんだ…」

律「へー(なんだ聡のやつー、本命は澪なのかー)」

澪「どっどうしよう!?これってやっぱ…ふっ二股だよな!?」

律「あのなー澪ーそれは」

澪「梓が悲しむようなこと私にはできないよ!でっでも聡くんが私を誘うってことはその…」

律「澪ー?」

澪「あああああああああ!!!駄目!!!梓と私のせいで部活が泥沼化するのは」

律「…まーあれだ、頑張ってこーい」

ぷつっ…

律「じゃ…来週は梓も混ぜてまた遊園地尾行作戦だな!」

終わり

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 06:02:20.99 ID:LwzFLFWOO


ホテル云々のくだりで淫なめが

90 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 06:12:09.43 ID:25b1aJMm0
>>89
だから私は(ry><

せっかく40000記念なのでまた気が向いたらいろいろ投下します…多分

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 06:14:20.30 ID:LwzFLFWOO
>>90
気体




せっかく40000だけど特にネタがありません

92 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 06:16:02.72 ID:aPjdDq4gO
>>91
Me too

93 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 06:16:29.49 ID:25b1aJMm0
今投下した分がもう更新されてるじゃないですか!><

凄まじく仕事が早いですね感謝

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 06:19:31.77 ID:LwzFLFWOO
目下のところ暇人なので

休みがあければまた

95 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 06:20:34.38 ID:hOpJ2lax0
http://imepita.jp/20090909/226370
うーん、アタリがなんか違う('A`

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 06:30:49.22 ID:LwzFLFWOO
>>95
絵のことはよく分からんが頑張れ

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 06:34:16.48 ID:LwzFLFWOO
-1905年5月27日九州西方海域 聯合艦隊旗艦「三笠」長官公室-

梓「司令長官殿。信濃丸からの中継打電で、敵艦隊見ユとのことです」

唯「いよいよだね」

梓「出港の命令を出します」

唯「うん。お願い」


-「三笠」幕僚室-
澪「―本日天気晴朗ナレド浪高シと」

澪「大本営への電報はこれでいいな」

澪「いよいよ決戦の時だ……」



続かない

98 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 06:47:01.27 ID:aPjdDq4gO
ちっ

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:04:47.49 ID:LwzFLFWOO
書けるかどうかは分からないけど
誰かネタを下さい

100 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 07:06:35.22 ID:hOpJ2lax0
けいおん! × フルメタルジャケット

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:07:33.03 ID:LwzFLFWOO
何それ

102 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 07:10:51.05 ID:aPjdDq4gO
けいおん!×メダロット

103 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 07:11:37.98 ID:hOpJ2lax0
フルメタルジャケットという映画が有りまして、
「口で糞垂れる前と後に『サー』と言え!」というセリフで有名だったりします。

104 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 07:11:53.32 ID:h+Z/xagHO
けいおん!×fate/stay night

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:12:43.73 ID:LwzFLFWOO
よりによって知らぬネタ
書けても大長編になりそうなネタばかり……

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:16:42.50 ID:LwzFLFWOO
>>103
澪「皆の前で歌うなんて無理だよ……」

律「口で糞垂れる前と後に『サー』と言え!」


こうか

107 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 07:25:20.22 ID:aPjdDq4gO
>>106
俺は見たことないからわからんが「うちの妹をファックしていいぞ!」もたぶん入るかなと

大長編はイヤか…じゃあ唯×紬で

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:28:14.16 ID:LwzFLFWOO
>>107
3

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:30:28.95 ID:LwzFLFWOO
>>107
さっきググって少しだけ調べてみたけど
素晴らしい台詞が目白押しの映画なんだな

シンプルなネタだな
何か出来ないか考えてみる、考えるだけで終わりそうだが

110 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 07:31:24.18 ID:hOpJ2lax0
>>106
律「良いか! お前らはライブが終わるその日までウジ虫だ! 地球上で最下等の生命体だ 」

唯「なにそれ?」

律「部長に大しての口の利き方がなってねぇな。口でクソたれる前と後に『サー』と言え! 分かったかウジ虫!」

唯「サー?」

律「"Sir, Yes Sir!" だ覚えろ!」

4人「サーイェッサー!」

律「良いか! 今から言うことを良く聞け! 海兵隊員は許可なく死ぬことを許されない!  覚えとけ!」

4人「サーイェッサー!」

律「今回のライブではRunning cadenceを歌う良いな!」

4人「サーイェッサー!」

唯「サーりっちゃん! Running cadenceとはなんですか? サー!」

律「これだ!」

http://www.youtube.com/watch?v=kqJ7eKFZPC0&hl=ja

4人「サーイェッサー!」

続かない。

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:34:31.82 ID:LwzFLFWOO
かいへい!

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:41:58.50 ID:LwzFLFWOO
唯「ムギちゃんどうしたの?二人だけで話したいことがあるって」

紬「ウフフ……」

唯「ム、ムギちゃん!?パンツはどうしたの!?」

紬「見て唯ちゃん。あなたのことを思ってたらこんなに濡れちゃった」

紬「ねえ……私と一つになりましょう」



さて、真面目に考えるか

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:43:26.45 ID:2cue3YCd0
さわ「いいか!おまえ等はクズだ!」

澪「は、はぁ…」

さわ「はぁ…じゃない!返事は『サーイエッサー!』だ!」

澪「さ、さーいえっさー」

さわ「声が小さい!」

澪「サーイエッサー!」

さわ「やれば出来るじゃないか、…いいか!さっきも言ったがお前等はクズだ!」

律「は、はぁ…」

さわ「(ry」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 07:50:24.27 ID:LwzFLFWOO
唯「ムギちゃんって女の子が好きなんだよね」

紬「えっ///」

唯「うちの妹をファックしてもいいよ」




…………

115 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 07:56:14.02 ID:aPjdDq4gO
今日はなんか暑いな…

お仕事お仕事

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 08:01:35.76 ID:LwzFLFWOO
いてら

117 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 08:03:56.07 ID:h+Z/xagHO
いってらっしゃいませ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 08:09:31.85 ID:LwzFLFWOO
今日はムギちゃんと学食に来てます

紬「美味しいわねこの沢庵」

唯「(共食い……)」




頭が回らない

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 08:16:29.49 ID:LwzFLFWOO
紬「ねえ唯ちゃん。いつまで私の手を握ってるの?」

唯「後ちょっと、ちょっとだけ!カイロを忘れちゃったから」





……おやすみ

120 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 08:52:27.33 ID:hOpJ2lax0
絵が仕上がらない^q^

121 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 09:45:25.71 ID:hOpJ2lax0
http://imepita.jp/20090909/350760
取り敢えず完成。朝ごはんにしよう!

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 10:13:44.86 ID:LwzFLFWOO
>>121
デコ繋がりか

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 10:52:40.92 ID:LwzFLFWOO
1時間和

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 11:36:37.56 ID:nrFWL4qgO
誰「ぷ」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 11:55:36.28 ID:LwzFLFWOO
あれ、成功してると思ってたのに

126 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 12:19:28.45 ID:aPjdDq4gO
キムチおいしい
でもたくあんがもっと大好きです

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 12:23:41.37 ID:LwzFLFWOO
澪が好きです
でも紬の方がもっと好きです
ということか

128 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 12:28:56.85 ID:aPjdDq4gO
キャラなら
唯が好きです、でも紬がもっとずっと大大大好きです




澪ちゃんを在日に仕立て上げるのはやめてあげて!とってもいい子じゃない!

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 12:32:02.01 ID:LwzFLFWOO
正直なところ何で在日と呼ばれているかは知らんけど




好きなものや弱々しいものほどとことん弄り貶めたくなるのが人情

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 12:34:41.88 ID:/L/bkSFV0
私はそんな鶏肉さんがだいすきです

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 12:35:39.45 ID:DTnVLYdUO
なんかのSSで使われたのがきっかけだろ

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 12:36:40.15 ID:LwzFLFWOO
>>130
何故バレた


>>131
やっぱりそのパターンなのか

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 12:47:54.47 ID:DTnVLYdUO
紬って眉毛太くね?

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 12:52:13.77 ID:LwzFLFWOO
何を今更

135 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 13:24:05.59 ID:JcSkzqwCO
沢庵なんて言わせない!

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 13:24:18.14 ID:/L/bkSFV0
>>132
これが愛の力だ






口調で解るだろ……

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 13:32:00.15 ID:DTnVLYdUO
↓は俺の嫁

138 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 13:33:59.63 ID:JcSkzqwCO
唯「ねぇいつも気になってて言っちゃ悪いかなぁって思ったけどやっぱり気になるの その眉毛」
紬「あら 私の眉毛がどうかしたの?ゴミが付いてるのかしら?」

唯「でも眉毛というにはあまりにも太すぎる気がするし なんか端から見て不自然だし・・・」

紬「ん〜つまり唯ちゃんは私のこの眉毛は眉毛じゃない他の何物かっていうことを仰ってるのね」
唯「うん・・・まぁそうなんだけどね・・・ていうかやけに言い方丁寧だよむぎちゃん」

紬「そうね〜唯ちゃんなら・・・う〜んでも・・・どうしようかしら」

唯「なになに?」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 13:34:53.00 ID:LwzFLFWOO
>>136
口調ねえ……

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 13:37:17.58 ID:DTnVLYdUO
>>138
結婚しよう

141 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 13:46:44.17 ID:JcSkzqwCO
紬「唯ちゃん、今から私が言うことは誰にも言っちゃダメよ?良い?」

唯「うん!約束するよ!多分!」

紬「多分じゃダメでしょ!」

唯「うぅ・・・分かったよぉ誰にもいわないから教えて」

紬「実はねこれは・・・」

唯「ワクワク・・・キラキラ」
ガチャ
澪「お〜いお前たち帰らないのか〜?校門閉まっちゃうぞ」

唯「あ うん!今からすぐ行くから!」

紬「・・・唯ちゃん じゃあ帰りましょうか」

唯「えぇ〜教えてよ〜」
紬「それはまた今度」

唯「ぶ〜むぎちゃん意地悪〜」

紬「さぁ行きましょ途中までなら一緒に帰れるわ」

唯「うぅ・・・(これはなにかあるな・・・)」

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 13:52:45.33 ID:LwzFLFWOO
紫煙

143 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 13:55:24.02 ID:JcSkzqwCO
ループって怖いですよね?


>>140
たったまたま当たっちゃっただけです!
私別に狙った訳じゃありませんからね?

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 13:57:41.95 ID:nrFWL4qgO
※今ツンです。もうすぐデレます

145 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 14:40:08.83 ID:JcSkzqwCO
唯「はぁはぁ 下校時刻ぎりぎりだったね」

紬「うふふ♪あのまま二人きりでもよかったのよ?」

唯「うぇえ〜むぎちゃん怖いよ」

紬「冗談よ冗談」
唯「むぅむぎちゃん!あそこにベッタベタな女の子たちが!」

紬「えっ!どこに!?」
唯「今だ!」
ペリッ
紬「あっ・・・・」

唯「これがむぎちゃんの眉毛」

紬「唯ちゃん・・・」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 14:56:00.90 ID:LwzFLFWOO
<●><●>

147 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 15:21:26.93 ID:JcSkzqwCO
20分午後の麦茶さん!

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 15:38:43.52 ID:pujLJrC2O
阻止す

149 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:05:55.95 ID:h+Z/xagHO
 こんにちはー平沢唯でーす。今日は軽音部のみんなで遊びに来ましたー!その目的は…
「じゃあ澪とムギの減量作戦開始だー!」
「ちょっとりっちゃん!!声が大きいわよぉ!!」
「ごめんムギ…私が口を滑らしたばかりに…」
りっちゃんがお店の中で大きな声をあげるので店員さんが見てきた。ムギちゃんと澪ちゃんは困ってるみたい。
一昨日の部活、いつものようにケーキをみんなで食べていたんだけどムギちゃんと澪ちゃんが食べてないからりっちゃんが色々聞いたらダイエット中って…うーん…大変だなぁ。
「唯ちゃんはいいわよねぇ、食べても太らないなんて…」
ムギちゃんが私を見てくる。体の栄養になってないってことだから、本当はムギちゃんや澪ちゃんのが健康体なんだろうけどなー…そんな事言えないモンね!
それでりっちゃんが運動して痩せよう!と企画して運動するためにやってきたのがここ。
 「じゃあまずはバッティングからやろーぜ!!」
駆け出したりっちゃんはわれ先に打席へ向かいバットを振り回してる。私も行こうっと。

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 16:08:23.59 ID:LwzFLFWOO
私怨

151 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:13:07.49 ID:h+Z/xagHO
「いきなりハードだな…」
そう言いながらりっちゃんから離れない澪ちゃんは素直じゃないなぁ。
カキーン!
「っしゃあ!!」
りっちゃんがすごい速いボールを打ち返している。澪ちゃんは…
「うう…当たらないよぉ…」
一番遅いところでやっているけど当たらないみたい。
「うふふ〜おもしろいわね〜」
ムギちゃんは変化球を投げてくる「本格ピッチャーだいすけ君」というマシーン相手に勝負している。
「唯先輩はやらないんですか?」
あずにゃんが声をかけてきた。せっかくだからやろうかなー。
「あ、唯先輩そこは…」
ほえ?あずにゃんが何か言ってきたけど…わ!なんかボールがすごい大きい!!
「ソフトボールですよここは」
「すごく…大きいわ♪」
いつの間にかムギちゃんもこっちに来ていた。でも大きいから当たり…やすくないよ〜…

152 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:19:21.49 ID:h+Z/xagHO
「下から出てくるボールは意外と打ちにくいもんなー」
持参したタオルで汗を軽く拭きながらりっちゃんもやってきた。
ベキ
ようやく当たったけど鈍い音でぼてぼて…しかもボールが重いよぉ…

次にやってきたのはボーリング。空いていたから2レーン使ってどんどん転がすことにしたけどやっぱりりっちゃんは運動神経がいいからストライク出したりスペア取ったりうまい。負けず嫌いのあずにゃんが
「律先輩になんか負けません!」
って言ってるけど上手くいかなくてガッカリしちゃってた。肝心のムギちゃんと澪ちゃんはそれなりに楽しんでいたからまあいっか。
途中エアホッケーもやった。澪ちゃんが「律が半端なく上手いから止めた方がいい」なんて言ってたけどあずにゃんが「いつだかのカリを返してやるです!」ってやる気満々に勝負を挑んでやっぱり返り討ちにあって打ちひしがれてたよ。
「梓ー、成長が見られないぜ成長がー」
りっちゃんが容赦なくあずにゃんに畳み掛けてる。ちょっとかわいそうなあずにゃん。

153 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:23:17.53 ID:h+Z/xagHO
他にも卓球やダーツ、バスケットボールのフリースローなんかもやってみんなで楽しく遊んだんだけどあずにゃんがボーリングとエアホッケーの惨敗に納得してないのでご機嫌斜め。でも可愛かった!
「あ、ビリヤードもあるぜー!」
そろそろ最後にしようと選んでいたらりっちゃんがビリヤードを見つけた。
「律先輩!ビリヤードやりましょうよ!今度こそ勝ってやるです!」
あずにゃんがりっちゃんをノせると
「また返り討ちにしてやるぜ!」
あっさりりっちゃんもノった。なんかもうムギちゃん澪ちゃんダイエット作戦じゃなくてりっちゃんあずにゃん仁義なき戦いみたいだね!
「でも…ビリヤードってルールとか複雑で難しいんじゃないか?」
澪ちゃんの言うとおりだね…球をあの穴に入れることは知ってるけど…。

154 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:26:21.72 ID:h+Z/xagHO
「ムギ知らないか?」
りっちゃんがムギちゃんに聞くと
「ごめんなさい、ポケットビリヤードはよくわからないの。」
え?ビリヤードって色んな種類があるの?
「はい、日本で有名なビリヤードはポケットと呼ばれるものです。ムギ先輩はキャロムビリヤードですか?それともスヌーカー?」
私の素朴な疑問にあずにゃんが答えてくれた。へー。
「キャロムよ。キュー…ボールを突く棒も違うしルールも違うから…」
「そうなんですか。でも手球を突く動作に慣れているんでしたらすぐポケットにも慣れますよ!」
て言うかあずにゃんすごい詳しいね…。
「おい梓、お前やたら詳しいな。」
りっちゃんがあずにゃんをガン見してる。
「はい。ビリヤードは少しばかりやっていたので。それじゃあ準備して始めましょう!」
上機嫌のあずにゃんを見ると、たぶんあずにゃんはビリヤードがうまいんだなぁ…と思った。

155 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:30:11.69 ID:h+Z/xagHO
「じゃあまずは…って律先輩!白い球以外は突いちゃ駄目です!」
「え?そうなの?」
早速りっちゃんが球を突こうとキューを構えていたらあずにゃん激怒。色んなルールがあるんだね。
「じゃあルールを簡素化してナインボールで遊びましょう。エイトボールだと多人数プレーがやりにくいですから。」
あずにゃんによるとルールは1番から9番までのボールを順番にポケット(テーブルの6箇所にある穴)へ落としていって最終的に9番のボールを落とした人が勝ちってゲームなんだって。
白い球でテーブル上にある一番数字の小さいボールから順に当てていかないといけないから、例えば2番の球があるのに3番の球に当てたらファールで次の人に交代みたい。
「ただし、1番に当てて手玉や1番が他の球に当たって他の球が落ちた場合はオッケーです!」
「つまり極端な話1番に当ててその後ボールアクションで9番が入ればその場で勝ちってことか?」
あずにゃんの説明に澪ちゃんが質問中。どうもそれで勝ちになるらしいのでマグレで勝つこともできそう。うん!これなら私もできそうだ!!

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 16:31:43.22 ID:LwzFLFWOO
少し目を離してる間にビリヤードの話になってた

157 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:35:35.93 ID:h+Z/xagHO
「しゃー!じゃあ私から打つー!!」
早速りっちゃんが固まっておいてあるボールに向けて手玉を突いた!
カンッ!って気持ちいい音が響いてボールが分散した。
「ちぇ!綺麗にバーンってしたけど一球も入らなかったぜ。」
「じゃあ次は私が。」
球が入らなかったりファールした時は次の人に交代。澪ちゃんの番だ。
コツンと弱弱しい音がしたけど1番ボールは入らなかった。でも穴に近づいたので次は入りそう!私の番だ!!えい!!
カン!ゴロゴロン!!
思い切り突いたら1番ボールと一緒に手玉まで穴に入っちゃった…。
「手玉がポケットした場合は必ずファールです。本当は入れた球もテーブルに戻すんですが…今日は慣れてないですしいいですかね。」
「ははは!自分ごと入るなんて唯らしいな!」
あずにゃんのファール宣告に笑うりっちゃん…うう、りっちゃんのクセに…

158 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:41:52.74 ID:h+Z/xagHO
前の人がファールしたとき、次の人は手玉を好きな場所に置いて突けるんだって。
「じゃあここから突こうっと!」
喜んだムギちゃんはキューを構え適度な力で手玉を突いた。そしたら2番に当たって5番が落っこちた。手玉は2番に当たった瞬間キュッ!って止まった。すごーいすごーい!
「うふふ。バックスピンをかければその場で止まるのよ。」
さすがムギちゃん!そのまま2番も入れてあずにゃんと交代になった。
「じゃあ私はテキトーに…」
あずにゃんはあまり考えてない風に手玉を突いてすぐ交代しちゃった。
「ちょっとラシャが痛んでる…か。クッションの状態は意外と良好っと…」
なんかよくわからない用語が色々聞こえる…なんだろう。

159 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:46:16.56 ID:h+Z/xagHO
みんなでわいわいしながらやっているうちに9番ボールがぽこっと入った。入れたのは澪ちゃんだ!
「やった!」
澪ちゃん、喜んでいる姿が可愛らしいなあ。一方

「くそー!あとちょっとで入れられたのに!」
その前にミスショットで入らなかったりっちゃんは悔しがってる。すぐにボールを密集させて次のプレーを要求している。
「よし!おい梓!お前から打てよ!そんでいい感じにばら撒いてもらって私が一気に9番ボールを入れてやるぜ!」
りっちゃんズルイー!
「勝負はずるがしこくやるもんだぜ!」
そんなりっちゃんに対しあずにゃんは
「え…いいですけど。調整も丁度終わりましたし…じゃあブレイクショットは私が打ちます。」
変な四角いケシゴムみたいのをぐりぐりキューの先端にこすり付けていたあずにゃんは準備万端な様子。
表面ではクールだけど、その奥では「今までの惨敗した屈辱…ここで晴らさん!」的なオーラがむんむんしてる。

160 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 16:54:19.82 ID:h+Z/xagHO
そしてあずにゃんは…正面からではなく横から手玉を構えた。
「?梓??どうしてそんなところから打つんだ?普通前から打つものじゃないのか…?」
りっちゃんの問いかけにあずにゃんはブレイクショットで答えた。

カン!パッカーン!!

すらっと伸びた腕から体のブレなくまっすぐ放たれた手玉はものすごい勢いで番号の書いてあるボールにぶつかって…早速4番ボールが入っちゃった。

「もう一回ですね。」

あずにゃんはそのままつかつか反対側に回って一番ボール目掛けて手玉を突いた。
また凄い勢いで手玉が1番にぶつかって1番はテーブルの壁にこつんとぶつかる。
そして3番ボールに当たって軌道を変えた先で2番ボールに当たって…また軌道がかわった3番ボールが9番ボールに当たって…

コロンッ…

9番ボールが入って終わっちゃった。

「律先輩ごめんなさい。もう終わっちゃいました。」
一同唖然。だってあずにゃんしか打ってないじゃん…。

161 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 17:01:55.59 ID:h+Z/xagHO
「…梓!お前謀ったな!!」
「律先輩、私は先輩と違って最初に『ビリヤードはやってました』と教えてますよ。もう一回やりますか?」
すっかり私と澪ちゃんとムギちゃんは置いてけぼり。あずにゃんとりっちゃんの仁義なき戦いぱーとつーがはじまっちゃった。
「じゃあもう一回。先輩から打ちますか?」
あずにゃんの顔が自信に満ち溢れている。
「あったりめーよ!らぁ!」
勢いよく突かれた手玉がパコーンって音を立てた。でも一球も穴に入らなかっった。あずにゃんに交代。
「じゃあ今度は1番から順々に…」
あずにゃんが突くたび面白いように球が吸い込まれていく。で…
「9番もポケットに入れちゃいました。ありがとうございます律先輩。先輩のブレイクショットが良かったので入れやすかったです。」
ブレイクショットだけしかりっちゃんは球を突けなかった。あずにゃん、1〜9までミスなく綺麗に落としちゃった…。すごい…すごいよあずにゃん!

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 17:07:08.99 ID:LwzFLFWOO
しえ

163 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 17:07:30.75 ID:h+Z/xagHO
「梓ちゃん…プロ並ね…」
それには澪ちゃんもムギちゃんもビックリ。
「いや…そんなことないです。私なんかまだまだ…。それじゃあまたみなさんでやりましょう!」
でも納得できないりっちゃんは
「いーや!梓!!徹底抗戦だ!!そうだ!あのエイトボールってルールで勝負しよう!!」
負けず嫌いりっちゃんはエイトボールという別のルールで勝負しようとあずにゃんに提案している。
エイトボールは自分の持ち球を全部入れた後に8番を入れたら勝ちってルール。
1〜7番、9〜15番に分かれてそれぞれロウボール、ハイボールのどちからを自分の持ち球にするんだってさ。結果は…

「先輩…そのエイトボールはナインボールと違って偶然で勝てないルールなんで…」

りっちゃんボロ負けで拗ねちゃった。でもあずにゃんすごいなぁ〜もしかしてテレビで見るような凄いプレーもできたりするのかな!?
「トリックショットですか?私は競技が好きなんであまり…でも少しぐらいなら…」
そしたらあずにゃん、ビリヤード場の受付に行って何か聞いてる。
「大丈夫です、場所によっては禁止しているお店も多いんで確認してきました。」
え?え!?危ないことを何かするのかな?
「いえ、失敗するとラシャを傷つけることがあるので…」
そう言いながらいそいそとボールをテーブルにセットするあずにゃん。ちっちゃい体でせわしくうごくあずにゃんも可愛いなー♪

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 17:21:09.06 ID:LwzFLFWOO
念のため一旦上げ

165 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/09(水) 17:21:25.09 ID:3GH5mXxxO
グラボが死んだ……半年で死ぬとか信じられないお。

私怨

166 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 17:21:34.89 ID:h+Z/xagHO
あずにゃんは1番ボールをテーブルに置いて他のボールは真ん中で列にして壁みたいにしちゃった。丁度テーブルの真ん中にボールの壁ができている。片方には1番ボール、片方には手玉がある。
「今からあの1番ボールを他のボールに当てずポケットします。」
「手玉がジャンプするあれだな。」
澪ちゃんがそう言うとあずにゃんはうなずいて
「ジャンプショットです。」
カン!と手玉を突いた。すると手玉は低い弾道でボールの壁を飛び越え

カコン

着地した手玉は一番にぶつかって一番は穴に落っこちた。すごーい!

「うまいわね梓ちゃん〜!」

ムギちゃんがすごいすごい!ってとっても嬉しそう。あずにゃんは壁にしていた2、3番ボールを配置して手玉を再び反対側に置いて…今度は何するのかな?
「あの壁に出来た隙間にボールを通して、なおかつクッションさせずに2、3番をポケットします。」
ええ!?だってそのまま突いて壁の隙間を通してもその先はテーブルの端だよ?曲がりでもしなきゃ当て…
あずにゃんはキューを立てて構えそのまま手玉を上から突いちゃった!

「すごい!」
ムギちゃんが興奮した視線の先に凄い回転がかかってスピンする手玉がある。ボール壁の隙間を抜け、ぐぐっと曲がった手玉は2番に当たってその2番ボールが穴に入って軌道の変わった手玉が今度は3番に当たって3番も入っちゃった…。
「これは…」
思わず澪ちゃんも言葉を失ってる。
「マッセって技術なんですけど…あまり競技で使うことはないですよね…。」
あずにゃんはなんだか照れくさそう。よく見ると周りのお客さんもあずにゃんのプレーに見とれているようだね。

167 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 17:26:06.05 ID:aPjdDq4gO
あずにゃんもうビリヤード部作っちまえよwwwwwwwww

ビリヤードと聞くと64のビーダマンしか思いつかない…

168 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 17:31:25.31 ID:h+Z/xagHO
「なあ律…見ただろ?梓は次元が違う…もともと勝てないんだって…」
ずーっと拗ねていたりっちゃんを澪ちゃんが慰めている。その様子をムギちゃんじーっと凝視。目に焼き付けているのかな…。
「やめやめ!帰りにカラオケ寄って帰ろうぜ!!」
立ち直ったりっちゃんはあっさりビリヤードの完全敗北を認めちゃった。わーい!カラオケだー!
「て…まだ遊ぶんですか…?」
あずにゃんは呆れてるけど付き合ってくれるんだもんね!
「唯先輩…暑いです…。」
私がくっつくと不満そうな視線をあずにゃんから受けちゃった。

そんなわけで今日も軽音部はみんなで楽しくすごしています!



さわ子「うう…私も誘ってよぉ…。」

終わり

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 17:33:29.04 ID:LwzFLFWOO


相変わらずなめたんの引き出しはよく分からん

170 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 17:34:14.54 ID:aPjdDq4gO
>>168
乙!




カラオケは俺も誘ってください隅っこでタンバリン叩いてますから!!

171 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/09(水) 17:36:17.34 ID:3GH5mXxxO
>>170
そのタンバリンがある種のプロテクニックとして冴えるんですね。

>>168


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 17:51:23.42 ID:LwzFLFWOO
女子高生がカラオケをしている片隅で、タンバリンを叩いている高身長の男ってどんな絵面だよ

173 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 17:54:48.57 ID:aPjdDq4gO
>>172
と、時々ハモってやれば違和感ないでしょ?ね?

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 17:59:35.33 ID:LwzFLFWOO
ね?と言われましても……

175 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 18:01:45.51 ID:aPjdDq4gO
…………




仕方ない、ムギちゃんの椅子となることで参加しようか…

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 18:02:59.62 ID:DTnVLYdUO
じゃあ俺はあずにゃんのコップとして参加するわ

177 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 18:06:26.18 ID:hOpJ2lax0
駄目だこいつら早く何とかしないと……

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 18:08:37.49 ID:LwzFLFWOO
沸き上がる手遅れ臭

179 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 18:14:40.52 ID:25b1aJMm0
そんな手遅れ具合を生暖かい目で見守りつつ、あとでまた投下します

180 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 18:22:46.85 ID:aPjdDq4gO
>>176
お前頭いいようで悪いな
馬鹿か?キスなんざ椅子でもやろうと思えば簡単にできるぞ!

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 18:28:57.59 ID:DTnVLYdUO
お前真性の馬鹿だな
椅子にキスしてる人間見たことあるか?

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 18:39:08.16 ID:+5iN2zaXO
椅子とセックスしてるエロ漫画みた事ある
(アリス:十羽織ましゅまろ)

183 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 18:39:23.77 ID:aPjdDq4gO
よく考えたらムギちゃんの体に触れること自体が間違ってた
ごめんな、俺が最大の馬鹿だったよ

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 18:41:51.32 ID:nrFWL4qgO
じゃあ俺ストローになって吸われたり噛まれたりするわ

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 18:46:59.42 ID:DTnVLYdUO
あずにゃんはストロー使わない派だし!

186 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 19:13:05.53 ID:aPjdDq4gO
憂「プラグイン!おねえちゃん.exe、トランスミッション!」

憂「バトルチップソードLワイドソードLロングソードLを投入!いっけーおねえちゃん!」

唯「プログラムアドバンス!ヴァリュアブルソードッ!」ズバァァ!!



続かない

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 19:14:25.70 ID:/L/bkSFV0
それでは私は鶏肉さんの下着になりませう

188 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 19:15:58.42 ID:aPjdDq4gO
>>187
通風しました

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 19:20:02.33 ID:/L/bkSFV0
なぜ通報されたし


好きなんだからしょうがないだろ……

190 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 19:28:54.15 ID:aPjdDq4gO
>>189
そうか、そんなに好きなのか…じゃあ下着になってもいいよ

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 19:35:33.00 ID:/L/bkSFV0
やったね!
これからはいつでも鶏肉さんと一緒にいられるよ!

192 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 19:36:23.06 ID:hOpJ2lax0
>>186
そんな裏で懐かしいロックマンエグゼをやろうとソフトを探す人が一人。

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 19:38:14.92 ID:pujLJrC2O
エグゼは3と4しかやったことがない

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 19:41:40.07 ID:3GH5mXxxO
>>193
同じくw
なのでネットで6を探してはけーん。

195 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 19:47:33.12 ID:aPjdDq4gO
>>191
よかったね!
でもすごく汚くなりそうだな…糞尿で汚れるわけか…

196 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 20:05:19.98 ID:aPjdDq4gO
>>193
キャラが少し小さくなった4まではついて行けたけど、訳のわからん戦い方をする5で切りました
リベレート?とか何なんですか、こんなのエグゼじゃないよ…

197 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/09(水) 20:06:26.74 ID:hOpJ2lax0
>>196
とりあえず最初からフルチートで楽しむロックマン……

198 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 20:25:52.19 ID:h+Z/xagHO
じゃあ桜高少女の続きを…また例のごとくfateのまんまですが気にしない方向で


『桜高少女』これまでのあらすじ
ひょんなことから唯たち軽音部は自分たちにしか倒せない改造人間と戦うことになる。
潜入した4人は梓を救出することに成功したが巨漢の男と出くわしてしまう。
律の捨て身により唯たちはからくも逃げ出すことに成功したが、その代償として巨漢の男と激闘を繰り広げた律は命を散らしてしまった…。

199 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 20:27:15.79 ID:VQGMmz450
タンバリンなら任せろッ!
そういえばお久しぶり

ていうかさっき初めてお酒を飲みますた。
自分が弱いのかどうかは分からなかった。

200 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 20:30:36.32 ID:h+Z/xagHO
男「さて、おそらくこの大通りをまっすぐ進んでいるでしょう…。中野様のあの体ではそう長く歩けないでしょうし…ふふふ。少しだけの延命に田井中様は召されたわけか…」

男「アリもトカゲもヘビももはや必要ない。改造人間でなくても人間自体を我が物にするのだから…」

?「・・・。」

男「あなたもそうお考えでしょう?」

『桜高少女』第九話「決戦!」

201 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 20:32:26.80 ID:VQGMmz450
支援
Feteってこういう話だったんだなぁ
知らなかった

202 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 20:33:04.82 ID:h+Z/xagHO
「りっちゃん!」
唯の中から律のぬくもりが消えた。何故だかはわからない…しかし彼女はわかってしまったのである。律が力尽きこの世を去ったことを…。
「どっどうしたんですか唯先輩!?」
ただならぬ雰囲気の唯に梓が話しかける。
「…りっちゃんが………うっ……りっちゃん…どうして…」
唯はそのままへたり込み、黙り込んでしまった。
「ゆっ唯先輩…なっなんですかそれ…。まるで…まるで律先輩が……澪先輩!ムギ先輩!唯先輩になんとか言ってあげてくださいよ!!こんな…こんな悪ふざけをここでするなって…」
梓が他の人間にすがるが残りの二人は何も答えない。唯の特異な力をわかっているからこそ、それは覆ることない事実なんだと理解していたからだ。だから、その現実を認めたくなかった。

203 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 20:39:42.78 ID:VQGMmz450
え……


頭の中が真っ白になった

204 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 20:46:11.51 ID:h+Z/xagHO
>>201
ストーリーは違いますが戦闘の演出等をまんま使わせてもらってます><
戦闘の展開を考えるの疲れましたので…orz

205 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 20:48:40.97 ID:h+Z/xagHO
長い沈黙が4人を包み込んでいた。

「・・・腹をくくろう…」

澪が搾り出すように声を発した。
「このままじゃあの化物が私たちに追いつく。そのまま正面でぶつかっても勝てない相手なんだ…ならば奇襲できるよう今の内に準備しよう…」
澪が気丈に振舞う姿は残りの部員にどう映るのだろうか。
「唯、ムギ、お前たちが奇襲の役割だ。私がなんとかあいつの注意をひきつける。
そこに唯が割って入ってガードされてもいいから一撃を見舞ってくれ。おそらく唯の攻撃なら相手をよろめかせることができるはずだ。」
「そして出来たスキに私が魔石を投げ込むのね…。」
澪の提案を汲み取った紬が言った。
「そうだ。…梓は唯たちと一緒に隠れてくれ。私が足止め役としてここに留まったと相手が思ってくれれば戦いも楽になるだろうからな。」
あくまで冷静に、戦いの手はずだけを周りに話しかける澪である。これ以上の逃走は梓が体力を吸い取られている現状では不可能なのだ。ならば戦うしかない。それだけしか考えない。
そう、あいつが…あいつがただやられるわけがない…。きっと…何か遺してくれている…。

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 20:49:30.34 ID:wRgP6g08O
ここで憂の『Absolute Treatment』が発動s…うわ何をするやめ(ry

207 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 20:51:09.66 ID:h+Z/xagHO
「澪ちゃん…私…絶対スキを作る!!りっちゃんのために!」
「嘘です!嫌!!!嫌です!!!!」
唯の決意をかき消すように梓が声を荒げる。
「律先輩はきっと帰ってきます!!それをどうし」
パン、と乾いた音が響く。その音は梓の頬から発せられたものであり、その音を生み出したのは澪だ。
「梓!!甘ったれたこと言うな!!律は…あいつは私たちのために死んだんだ!!あの化物に正面から戦って勝てる人間なんていないんだよ!!
それを…それをわかってあいつは死にに行ったんだよ!!」
抑えきれない感情があふれ出す。誰よりも悲しみに暮れたいはずの少女が、誰よりも悲しみを堪えて言った。
「梓、私は律の死を無駄にしない!必ずあいつを倒して仇を討つんだ!ここで私たちまで死んだら…あいつはなんのために私たちを逃がしたんだ!!」
「うぐ…だって…だって…わああああぁぁぁぁん!律センパーーーーーイ!!」
そのまま、澪はみなに背を向け静寂を貫いた。

208 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 20:56:51.84 ID:VQGMmz450
>>204
そうだったのか

澪健気すぐる
泣いた

209 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 21:01:51.18 ID:rjBGeGUeO
こんばんわ
くずのは!続き投下
ちなみに、くずのは!は今回と次の話で終わりになります。



律「全くだよ。お互い外傷が殆ど無いなんて、まるで奇跡だ。」
凪「だよなあ。…そういや、あたしらを轢いた運転手、轢くより前に死んでたんだってな。」
紬「ええ。運転手さんの死因は心不全らしいわ。」
…死因不明の場合の常套手段だな。
悪魔の仕業…だとしたら、ぼくが気付かない筈は無い。
だが、それ以外の理由が…。
澪「律、どうした?」
凪「ん?いや、なんか不自然だな〜って思ってさ。」
梓「何がですか?」
律「律も気付いたか。…死んだ人間が乗った車が、あんなに真っ直ぐにぼく達の所に…まるで、狙い澄ましたかのように突っ込んで来るだろうか?」
皆ははっとして目を合わせた。
紬「言われてみれば…。」
澪「確かに…運転手が死んでるなら、もっと車がフラフラしそうなもんだよな。」
唯「偶然…にしては変だよね。」

210 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 21:08:38.52 ID:VQGMmz450
つC

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 21:11:55.94 ID:ecJ2C6s00
笹の葉喜遊曲ってここのスレの住人からだったのか
なめたん愛しております


212 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 21:13:42.34 ID:h+Z/xagHO
「澪ちゃん…あずにゃんだってわかってるんだよ…。でも…」
泣き崩れた梓をそっと抱き寄せた唯が澪の背中に語りかける。澪はこちらを向かないので表情をうかがい知ることはできない。
「・・・さあ、準備してくれ。」
あくまでいつも通りに、部員をまとめる澪の肩はようやく顔をのぞかせた朝日に照らされ…震えていた。


「…この3つある魔石を一つでも命中させられれば…」
唯がそうつぶやく。
「任せて…必ず当てるから…!」
紬は、短く答えた…。

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 21:14:34.00 ID:SgFebI/30
どこからだと思ってたんだよ……

それと、嬉な

214 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 21:15:45.84 ID:h+Z/xagHO
夜明けである。幸いか、あの巨漢の男に索敵能力はなかった。彼女たちに知る由もないがそれが相手を待ち構える時間として彼女たちにプラスとなった。
本拠地である店からここまで大通りの一本道、おそらく巨漢の男はこのままやってくるだろうと予想した澪により大通りで全てを決めることになった。
澪以外の人間はすぐ近くのビルの2階に隠れている。
「きたか…。」
澪のつぶやく先には忘れもしない、死をまとった巨漢がいた。

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 21:17:24.99 ID:ecJ2C6s00
りっちゃんのまとめwikiにのってたから律スレからと思うじゃん……

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 21:18:17.00 ID:DTnVLYdUO
このスレは律スレの住民にも監視されてたのか

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 21:19:42.08 ID:SgFebI/30
確か律スレに先に投下したんだっけ?
もう2ヶ月も前のことだからあんまり覚えてないな……

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 21:20:38.18 ID:ecJ2C6s00
ぼくはりつよりみおちゃんのほうが203倍くらいすきです><

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 21:21:26.96 ID:DTnVLYdUO
俺もあずにゃんよりあずにゃんのパンツのほうが568倍くらい好きだわ

220 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 21:27:48.64 ID:rjBGeGUeO
やはり、悪魔の仕業であると考えるのが妥当だろう。
…ぼくに気付かれずにあんな事が出来る悪魔なんて、見た事も聞いた事も…。
…否。
1体だけ、心当たりがある。
凪「そういえばさ、例のムギに取り憑いてた悪魔って、どんなだったっけ?」
澪「なんか、無意識のうちに思ってる事と違う行動をさせるってやつだったよな。確か報告書のコピーが…。」
そう言って澪が、机の中から報告書のコピーを取り出す。
澪「あった。こいつって確か、アマノジャクだったよな。こいつがどうかしたのか?」
律「…アマノジャクは、人間に取り憑く時に、その人間を殺して体を乗っ取る場合が有るんだ。今回の運転手には、その方法で取り憑いたと考えれば合点がいくよ。」
ふう。
昼休みに凪と打ち合わせしといて良かったぜ。
あたしにはこんな知識ないし。

221 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 21:29:30.42 ID:h+Z/xagHO
笹の葉について
こっちに先出して整理したのを律スレに載せました
語句や中身が微妙に違ってます

222 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 21:31:47.55 ID:h+Z/xagHO
「おや、わざわざ出迎えてくださるとは…。」
巨漢の男はさも驚いたかのようなトーンで澪に話しかける。そして早くも相手の意図を理解したようだ。
「なるほど。田井中様と同じように時間稼ぎをしようというわけですね。確かに、中野様はあのままではまともに歩くことすらままならないでしょうからね。再び一人が時間を稼ぐ…懸命な判断です。」
そしてそのまま澪へ突進し腹部目掛けて槍を旋回させた。
「こっちの話も聞かずに攻撃とは随分だな!」
それを軽く避けた澪は杖から星型のエネルギー波を放った。
「ええ、時間もありませんし田井中様の件もございますから…。彼女は実に英知をお持ちの勇敢な戦士でした。
私は強い者は平等に称えます。あなたも以前に増して力強くなっているようですね。やはり平沢様の力を受けていらっしゃいますね…。」
息も乱さず正確無比な突きを全て澪の急所に放つ巨漢の男はそのどれをもらっても一発で体が吹き飛ぶかのような攻撃であっても足りぬと感じたようだ。
「困りましたね。田井中様と違い攻撃に転じてこられないようなのでスキがありませんな。」
「唯の力だかなんだか知らないけど私たちは5人で軽音部なんだ!!全員で力を合わせて…お前を倒す!!」
攻撃をしてこない…そう言われた澪がはじめて敵の懐に飛び込んだ。
それを杖による殴打にきたもの…つまり攻撃に来たものだと考えた巨漢は澪を迎撃すべくスキだらけに見える下半身へ槍をなぎ払う。

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 21:43:42.96 ID:ecJ2C6s00
ながらだと……

224 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 21:44:42.96 ID:JcSkzqwCO
↓は私に尽くすメイドさん

225 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 21:45:34.94 ID:VQGMmz450
こっちが先だったんですね

226 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 21:46:22.75 ID:h+Z/xagHO
「スターロッド!!」
しかし澪は掲げていた杖を接地させ必殺技のエネルギー波を地面に飛ばした。そして・・・
「跳んだ!?」
巨漢の男が驚くのも無理はない。澪はエネルギー波の反動により空高く舞い上がったのだ。その動きはおおよそ人間の身体能力のみで出来る動きではなかった。
なぎ払われた槍の軌道を空から確認した澪は声を上げた。この一瞬しかない。
「今だ唯ーー!」
ガシャン!!古びた廃ビルの窓ガラスを突き破りドンピシャのタイミングで唯が巨漢へダイブした!!槍を払い硬直している巨漢の男にそれを避けることはできない。
「なんだと!?上からくるだと!!」
男は咄嗟に槍を片手で持ち返し唯へ向けるが間に合わない。
「唯ストラーーーッシュ!!」
唯の必殺技が巨漢の槍を突き抜け粉砕。同時に相手を大きくよろめかすことにも成功した。

227 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 21:50:15.45 ID:rjBGeGUeO
澪「しかし、律からこんな話切り出してくるなんて珍しいな。…ひょっとして、中身が入れ替わってるなんて事ないよな?」
!!
すいません澪さん、大当たりです!
やっぱり澪には気付かれちまったか。
あたしは凪に目配せする。
その意味を察した凪は、静かに頷き、話し始めた。
凪「よく分かったね、澪。…その通り、ぼくは凪だよ。」
澪「へ?…は、ははは…変な冗談よせよ、律…。」
律「冗談じゃねーぞ、澪。お前の言うとおり、あたしと凪は中身が入れ替わってるんだ。」
澪「なっ凪まで…止せよ。そんな事…有るわけ…!」
澪は必死で自分の言った事を否定する。
紬さんと唯と梓さんは、ぼく達の突然の告白に、唖然としてぼく達を見つめている。
凪「だけど、現に入れ替わってるんだ。原因は分からないけどね。」
律「まあ、信じたくねーって気持ちは分かるけどな。」

228 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 22:02:47.80 ID:JcSkzqwCO
>>225
お願いします

229 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 22:04:30.96 ID:VQGMmz450
>>228
私は何をすればよろしいんでしょうか?

230 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 22:04:54.58 ID:h+Z/xagHO
「下がって唯ちゃん!!!」
落下時に攻撃したためバランスを崩していた唯は転がるように巨漢から距離を取った。そして間髪いれずに紬が上空から飛び降りざまに魔石を投げつけた。
「もう一人だとおおお!!!」
巨漢の男が恐怖している。目の前に飛んできたそれはコンマ数秒の後炸裂した。豪快な音と共に辺り一帯が土煙につつまれる。
「やったか!?」
澪は視界の晴れぬ巨漢がいた先を見つめた。だが、予想外の出来事が数秒もしない内に眼前に広がる。
「・・・驚いた…まさかそんな隠し玉があるなんてな…。」
畏敬の存在として祀られているかのような巨漢の男が、まだそこにはいた。
「うそ…」
思わずそう呟いた唯は、このときはじめて自らの死を予感した。
「ぐ…ぐは…」
苦しむ紬…。巨漢の男は右腕を吹き飛ばされている。そして残った左手には槍ではなく紬が握られていた。
そう、今目の前にいる巨漢は先ほどまでの人間に見える存在ではなく完全なる異型の存在となっていた。
体の大きさは先ほどの2倍弱、手は女性の胴体を片手で握り締められるほどの大きさであった。

231 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 22:10:36.89 ID:rjBGeGUeO
凪「さて。一度状況を整理しようか。」

1時間後、大瀧探偵事務所

大瀧「で、結局バラしちゃったんだ。」
大瀧さんは大して驚いてもいない様子で、あたし達のこれまでのあれこれを聞いた感想を言った。
大瀧「律君の事だから、もうちょっと遊んでからだと思ってたんだけどなあ。」
律「いやあ、親友にはバレバレだったみたいで…。」
凪「そもそも遊べる余裕は無いですよ。お互い、口調を真似するのに精一杯でしたから。」
澪「凪が律で、律が凪で…。」ブツブツ
まだ混乱してんのかよ。
でもまあ、さすがにツッコむのは止めといてやるか。
唯「わー!可愛いお人形さん!」
大瀧「あ〜。その子に触っちゃ駄目だよ〜。呪われちゃうから。」
呪いって単語を聞いて、うっかり持ちそうになった手を慌てて引っ込める唯。
いや、てかウロウロすんなよ。

232 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 22:12:59.34 ID:rjBGeGUeO
風呂と言う名の、楽園に行ってくる。

233 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 22:14:36.57 ID:JcSkzqwCO
>>229
とりあえず麦茶さんを呼んできてください
ちょっと寂しいの

234 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 22:17:52.62 ID:VQGMmz450
いってらっしゃい

PS3しようかね
戦場のヴァルキュリアばかりやってる
しかし難しいからなかなか進まない

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 22:20:36.41 ID:DTnVLYdUO
>>233
シカトされてるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

236 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 22:23:33.35 ID:h+Z/xagHO
「ふふふ…残念だったな。右腕で防いだ結果片腕を失ったが…まあいい。」
手を握る力を強め紬の腹部を締めつける。
「ムギ!!」
澪の問いかけに苦痛に喘ぐことでしか紬は答えられない。そのまま巨漢は人ならざる姿を紬の目に焼き付けさせ、相手を恐怖に貶めるためあざ笑った。
「ふはははは!あとほんの一握りで骨が砕け、さらに力を加えれば肉もちぎれ、そして上半身と下半身がそれぞれ分別されるなぁぁぁぁぁ!!」
これが本性か。姿が変わり言葉も異型の見た目に釣り合う下劣なものへと変化した巨漢は最後通告を紬にかけた。
「おいお嬢さんよぉ!?最後に言い残すことはねぇかええ!?」
「あああぁぁッ!!」
紬の悲痛な叫びを止められる存在はここにいない。
「ムギちゃん!やめてー!」
唯の声を聞き満足したか、巨漢は声高らかに宣言した。
「見ろ!血と肉と骨が飛び散ってびちゃびちゃになるぞぉぉぉ!!」

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 22:24:24.66 ID:SgFebI/30
唯「あ〜ずにゃ〜ん」 梓「どうしたんですか」
唯「呼んでみただけ〜」 梓「そうですか」
唯「うんっ」 梓「ところで、どうしてあだ名で呼ぶんですか?」
唯「ほぇ?」 梓「約束を忘れたとは言わせませんよ?」
唯「な、何のことかなー?」 梓「……解ってるでしょ、唯」
唯「うぅ……」 梓「二人きりのときは名前で呼ぶって決めたのは、唯でしょ?」
唯「そうだけど……」
梓「どうして決めた本人がそれを守らないんですか」
唯「ううぅぅ……」
梓「唯?」
唯「……はずかしいから」
梓「恥ずかしい?」
唯「だ、だって、名前で呼ぶのって恥ずかしいじゃん! しょうがないよ!」
梓「知りませんよ、そんなの」
唯「知らないって……」
梓「約束、したじゃないですか」
唯「そうだけど……」
梓「約束は守りましょうよ」
唯「ううぅぅぅ……」
梓「唯」
唯「うぅ……、梓」
梓「なに? 唯」
唯「呼んでみただけ〜」
梓「そう、それじゃ、唯」
唯「なに?」
梓「呼んでみただけ」
唯「なにそれ〜」
梓「――愛してますよ、唯」
唯「――私もだよ、梓」

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 22:24:28.12 ID:ecJ2C6s00
ちょっと笑ったわ
さて俺澪書き溜め進めるか……

239 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 22:26:21.27 ID:JcSkzqwCO
>>235
そういう子だから仕方ないです

240 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 22:28:01.87 ID:h+Z/xagHO
「・・・ふふふ…そんなことだろうと…思ったわ!」
その宣言を不敵に笑う者…それは誰あろう先ほどまで苦しんでいた琴吹紬である。
「あまり低俗な言葉は慎みたいけれど…今の言葉はそのままあなたの末路になるわ!」
そして紬は右手に隠し持っていた残りの魔石を敵に見せ付けた。
ここにいた全ての人間が驚愕し事態を飲み込むことが遅れたほどだ。
まさかここへきてそのような余裕と予測を彼女がしていたとは…。先ほどまでと全く逆の立場となり慌てた巨漢は手の力を増そうとするがもう遅い。
「もらった!」
紬は残りの魔石を相手の顔に投げつける。前述の通り相手は右腕を既に失っており左腕は紬を掴んでいるので動かせない。つまり魔石は顔面に直撃する以外なかった。
爆音と共に閃光が一面に広がり世界を支配する。その様子を一同は呆けた顔で見ることしか出来なかった。

241 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 22:30:27.84 ID:aPjdDq4gO
>>233
はい

>>236
ムギャアアアアアアアア!!!!!!
ちちちちくしょうううう!!
唯ちゃん敵を討ってくれ頼む!!!!

242 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 22:31:32.06 ID:VQGMmz450
ごめんよ。ご主人様、>>232までしか表示されてませんでしてね。

爪を磨いてました。

そして麦茶いないね。
何していらっしゃるのか。

麦茶よ、出てきなさぁい。

243 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 22:32:56.55 ID:aPjdDq4gO
早とちりした、ごめん
今日はよく騙される日だな…ムギちゃん助かってよかった

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 22:34:32.07 ID:DTnVLYdUO
お前ら大丈夫か……?疲れてるのか?

245 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 22:35:05.75 ID:aPjdDq4gO
>>242
あまりの疲労感に意識がもうろうとしてました

眠気は無限大だったりそうでもなかったり。携帯の光のおかげで妙にギンギンです

246 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 22:38:01.84 ID:h+Z/xagHO
「うふふ、やったわね!」
そんな周りの表情を一通り見回した紬が笑顔でそう言った。その言葉を聞いてようやく現実に戻ってこられた唯と澪は勝利よりも先に紬に声をかける。
「ムギちゃん酷いよ!!てっきり巨漢さんに捕まれてピンチ!!だと思ったのにぃ」
唯の拗ねた表情を笑顔で見つめる紬は場の和む口調で詫びた。
「ごめんね。だけどこういう作戦はその場にいる全員を騙さないと成功しないから…。」
「ったく…まさかムギがそこまで勝負師だとはな…まあいい、ようやく終わったんだから…」
紬のイタズラ大成功な表情に安堵しつつ澪が全ての解決を口にしたとき、その異変に気付いた。
「!?ぎゃあ!!あ…あっ…」
声の主は紬である。
「どうしたのムギちゃん!?」
慌てた唯の声に答えたのは、もはやこの世界にいないはずの…異型の主だった。
「見事だねぇ…ああ、まさか死ぬとは思わなかったよ…。」
顔を吹き飛ばされ崩れ落ちていた体が元の巨漢に戻り、そのままであった紬を掴んでいた左手に力を加える。
「そっそんな…あれを直撃させても…駄目…な…ぶはぁっ!!」
鮮血を口から吹き出した。
「ムギちゃん!!ムギちゃんを放せ!!」
持っていた剣で腕に切りかかるが紬を握り締めたまま、その腕を振り子のように回し唯の攻撃を唯ともども弾き返した。

247 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 22:43:19.95 ID:VQGMmz450
麦茶いたのか。

いましたよ。ご主人様

248 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 22:48:57.13 ID:h+Z/xagHO
「最期に教えてやるよ。俺は死んだ…確かに死んだよ。そうそう、あの田井中の小娘にも殺されたんだ。けどよぉ、残念なお話なんだな。
俺は今まで殺した相手の命を自分のモンにしちまう特異な体をもってんだよお!ウケるよな。ここでお前らをバラバラにしてやるだけで2回死んでも甦られるのさ。
ああ、平沢唯と中野梓は大事な客だから死なれちゃ困るんでカウントに入れてないぜ!」
嘘…澪か唯か、あるいは紬か、誰かがそう発した。それだけである。
「まあいいじゃねーかよー。田井中の命分は俺を殺したんだし!お釣りなしだぜ!!」
「はあ!!」
唯が再び切りかかる。だが今度は唯の攻撃を甘んじて受ける巨漢、その腕が切り落とされることはないと判断したからだ。
「平沢唯、別に悪あがきするのもいいけど教えてやるよ。」
そう言うと男はこの状態を心底面白がりながら舐めまわすように周りを見回した。
「俺の命は…あと」

「5―――3万回あるぜ?」

249 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 22:54:05.43 ID:VQGMmz450
な、なんだってぇぇ!!???

250 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 22:58:16.75 ID:h+Z/xagHO
絶望…それだけが広がった。唯の手から剣が落ちる音が、むなしく響き渡った。

「そーゆーこった。じゃあまずはツムギちゃんがバラバラになりまーす!」
そのまま巨漢は楽しむように紬を地面に叩きつける。鈍い音が響く。
「楽しいなぁ!なあみんな!!」
そしていつの間にか両腕が生まれていた巨漢は紬の頭を両手で握り締めた。
「さ!そんじゃーこのまま頭絞ってジュースにするから飲みたい奴はこっちきな!!」
紬は気絶しているのか動かない。もはや誰一人としてこの場で立ち上がれるものはいなかった。

251 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/09(水) 22:59:07.96 ID:JcSkzqwCO
>>247
どうも ありがとう
さがっていいですよ




麦茶さぁああああああん会いたかったですぅぅぅううう

252 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 23:00:02.22 ID:rjBGeGUeO
律「で、所長さん。他の事例の件だけど…。」
さすがに昨日の今日だし、まだ調べがついてるとは…。
大瀧「あったよ、一件だけ。…ハヅキ。前に、紬ちゃんに憑いたサクガミ祓ったよね?もしかしたら今回の一件、そいつが絡んでるかも知れないぜ?」
サクガミ、と言うのアマノジャクの事で、別名であるアマノサクガミから来ている呼び名だ。
凪「どういう事ですか?サクガミにそんな力が有るとは…。」
大瀧「…もしもそのサクガミが、『本物』だったとしたら?」
凪「…!まさか、アマノサグメ…!」
大瀧「ご名答。」
律「いやいや、ちょっと待ってくれ!2人だけで話進められても!」
大瀧「ああ、ごめんごめん。資料見せとこうか。これがその事例なんだけど…さっき言った、アマノサグメが憑いた人の事例な。」
そう言って、あたしに資料を渡してくる大瀧さん。

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 23:00:02.19 ID:dYgd3Ydd0
裕「麦茶さぁああああああん会いたかったですぅぅぅううう」

254 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 23:03:23.08 ID:VQGMmz450
>>251
分かりまんた


梓「大江君もいたんですか」

255 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 23:04:39.71 ID:h+Z/xagHO
そう、いないはずであった。
「諦めちゃダメです!!!」
廃ビルの二階から大ガマを振りかぶり死の世界に飛び込んできたのは梓だった。
ズシャっと鈍い音と共に巨漢の両手は手首の部分からちぎれ、紬は地面に投げ捨てられた。
「あ…あずにゃん…」
その姿を確認した唯が死に体の状態で声を出す。
「先輩!!諦めちゃダメです!まだ…まだやってやるんです!!あんな…あんな奴に私たちは負けちゃダメなんです!!」
言葉とは裏腹に、先ほどの一撃に全ての力を使い果たしたのか梓は足元もおぼつかない。
「けけ…中野梓…馬鹿を言うなよ、これで諦めない奴は人間じゃあないぜ?」
その思いを踏みにじるように巨漢の男が梓に言い放つが、梓は罵声を鼓舞する力に変える。
「私は戦います!…律先輩のために!!」
当然心意気で倒せれば誰も傷など負わない。梓は巨漢にあしらわれ体の傷をいたずらに増やしていった。
「りっちゃん…」
その姿をぼーっと眺める唯は思った。そうだ…そうだ…自分に問いかける。
「りっちゃん…一人で…たった一人であいつと戦ったんだよね…」
気付くと同じく戦意喪失していた澪が隣にやってきていた。
「唯…私も諦めていた…律に笑われるよな…馬鹿みたいだ。」
そういうと澪も梓に加勢するため巨漢の男へ立ち向かっていった。

256 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 23:08:47.04 ID:h+Z/xagHO
「そうだ…そうだよ…。だって…私たちは軽音部だもん…。みんながいれば…絶対誰にも負けないもん!!!」
そのとき、唯の足元に転がっていた無骨な大剣が光を放つ。そのヒカリは朝日のような黄金色をしていた。
「え…?つるたん…?」
自分の武器が先ほどまで握っていたそれと大きく異なっていることに唯は気付いた。その剣は無骨さが消え、装飾された全体像に包まれ刀身は鮮麗され黄金色に輝いていた。
「もしかして…これがつるたんの本当の姿…?」
唯以外の武器はそれぞれ持ち手の心を反映したかのような特徴がある、言うなればその者固有の武器であった
。しかし唯の剣に関しては警察の試作品であり大量生産されるべきものだったため特徴のないただの大剣だった。
それが、ここで遂に唯にとって唯ひとつの武器となったのだ。

257 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 23:12:34.77 ID:h+Z/xagHO
「なんだあれは!?」
そのとてつもない光に一番驚き怯えたのは巨漢である。それが放つ強烈なエネルギーを感じ取ったからだ。
「みんなどいて!!!うあああああああああああ!!!!」
そして唯はそのまま巨漢の懐へ飛び込む!
「スキだらけなんだよこのアマぁああ!!!!」
それを迎撃するため左足を振り上げる巨漢。しかし

シュン!ドス!!!

「ぐはあ!!弓矢だと!?誰が放った!?」
弓が右足に命中し巨漢は逆にバランスを崩してしまった。
「くらえー!唯――」

そこに光り輝く黄金の剣が振り下ろされた。

「ブレイクゥゥーーーーーーーー!!!!!!」

閃光と共に電撃が辺り一帯に降り注ぎ、すべてが爆ぜた。

258 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 23:13:12.64 ID:aPjdDq4gO
>>251
なんだかよくわからんが人生のモテ期到来なのか…?今の俺…
76人のムギちゃんハーレム状態が望ましいんだが…

>>253
メメタァ

演歌なんか歌ってんじゃねえ若者ならJ-POP歌え

259 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 23:15:04.51 ID:rjBGeGUeO
読んでみると、魂を抜かれ、アマノサグメが入れ替わったという節の内容が書かれていた。
…なるほど。
確かに、凪とあたしの状況とかなり似てるな。
澪「自分が入るんじゃなくて他人と入れ替えるなんて、やり方がエグいよな。」
おい澪、お前はいつ立ち直ったんだ。
澪「親友がとんでもない事になってるのに、いつまでも混乱していられないだろ?」
あたしが言いたい事を察してか、澪がそう言う。
…割には目が泳いでるけど、見なかった事にしとくぜ。
唯「ムギちゃんから追い出された仕返しなんて、ただの逆恨みじゃん!」
紬「でも、だとしたら、アマノサグメはまだ近くにいるって事になりますよね?」
梓「えっ?何故ですか?離れてしまった方が見つかりにくくなるし、有利なんじゃ?」
梓の言うとおりだよな。
でも、あたしがその、サグメってのだったら…。
そばにいて、凪が苦しむのを見てほくそ笑んでるだろうな。

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 23:18:13.76 ID:8O4TP2eT0
武者ならJ-POP歌えに見えた

261 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/09(水) 23:25:21.39 ID:h+Z/xagHO
「ふざけてる…53万の…命が・・・・」
再び静寂が戻る少し前、巨漢の男がぽつりと一言呟いた後消滅したことを知るものは誰もいない。

「はあ…はあ…勝った……勝ったよ…りっちゃん…」
爆心地にただ一人立ち尽くす唯は、そのまま剣を杖とし膝をついた。
「唯先輩は…電撃の力を持っていたんですね…。」
「まさか唯が電撃だなんて誰も思わないよ…」
梓と澪は、そのまま倒れこむようにお互いを支えあった。
「みんな!!私やったよ!!!りっちゃんの仇を討ったんだ!!」
その二人に駆け寄る唯はどこにその元気があるのか不思議に思えるほど元気だった。
「さあ、ムギを早く病院に連れて行こう。」
駆け寄った唯と隣にいた梓へそう言った澪は紬の元へと歩みよる。
「そういえば弓を放ったのは誰だったの!?あのお陰で唯ブレイクを直撃させられたんだけど!!」
唯の質問に梓も疑問を投げかける。
「そういえば…だって弓は…」

「私に決まってるじゃん?」

一同、声のする方へ向き直った。するとそこには…。

『桜高少女』第九話「決戦!」終わり

続く………

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 23:30:44.70 ID:dYgd3Ydd0
裕「乙」

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/09(水) 23:31:16.68 ID:8O4TP2eT0
乙「俺」

264 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 23:33:41.65 ID:rjBGeGUeO
>>258
なんかが目からブワアって出てる麦茶の図が連想出来た



夜、事故現場

律「現場は百回見るのが刑事の鉄則だ!」
澪「どこの刑事だよ。」
律と澪の息の合った掛け合いを眺めつつ、事故現場を調べるぼく達。
ふむ…やはり妖気は感じられないな。
アマノサグメは元は神だった身だ。
気配を隠すなど造作も無いだろうな。
だが。
唯「あれ?おねーさん誰?」
???「…妾が見えるのかい?おかしいね、完全に隠したつもりだったんだが。」
唯が何者かの存在を見つける。
純粋な人には妖怪が見えると言うが、それはどうやら元神にも通じるらしい。
???「ふん。見つかっちまったならしょうがない。隠れるのは止めだ。」
唯が見つめる先に、不思議な服を着た女性-アマノサグメ-が姿を現す。
サグメ「久しいのう、サマナー殿。体を入れ替えられた気分はどうかな?」

265 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/09(水) 23:35:44.58 ID:aPjdDq4gO
>>264
な、何も出ていませんよ何も



そろそろ…寝るね?

266 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/09(水) 23:39:20.83 ID:VQGMmz450
これはりっちゃんフラグなのかぁあああ!!!???


さらに支援

267 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/09(水) 23:40:41.71 ID:rjBGeGUeO
とりあえずここまで
寝落ちさえしなければ4話は明日の夜に終わらせる

268 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/10(木) 00:05:10.76 ID:znK1v+t/0
亀ですが>>211
笹の葉気に入っていただけたようでありがとうです
最近は変なんばっか書いてますがいずれはあんなのをまた書きたい次第です
律スレはご無沙汰ですが、また覗いて来ようかと思います><

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 00:08:05.84 ID:JN+WBwTVO
IDちんこ

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 00:08:47.00 ID:JN+WBwTVO
今日もよろしくゴミくずID

271 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 00:11:40.40 ID:Jg9PEzzd0
>>267
一旦乙ということだ

大学のサイトで前期の成績発表見てきたぜッ!
鬼門だった英語も何故か良かったから安心した。
これで残りの夏休みを楽しめる。

と思ったが、バイト受かったんだった……短期だけど

272 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/10(木) 00:12:40.99 ID:nhMRA0e70
>>271
そういえば、こっちはそろそろ郵送されてくるはずなのにまだ来ない……w

273 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/10(木) 00:13:12.14 ID:znK1v+t/0
>>267
乙っぽです♪

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 00:15:59.29 ID:JN+WBwTVO
30分中野梓さん

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 00:21:39.20 ID:E7dv2/i/P
だれいなぷぷ

はるみねーしょん面白ぇ

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 00:24:02.94 ID:Gurntysj0
UD

277 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 00:27:22.15 ID:Jg9PEzzd0
>>272
こっちも後から郵送あるぜッ!
PCで見れるからあまり意味無いけどね…

278 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 00:57:31.76 ID:Jg9PEzzd0
バイトと履修登録の日が被っている件
時間ずらしてもらおう。うん、そうしよう。

裕「25分中野さんですぅ」

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 01:10:09.58 ID:E7dv2/i/P
誰もいないとでも思われましたかな?

聡に律の制服着せたい…って不健全な方向にしか進まなそうだからやめよう

280 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 01:26:29.36 ID:Jg9PEzzd0
>>279
裕「恐れ入りますぅ……お嫁さんがもらえると思ってウキウキソワソワしておりました」

逆なら普通にアリなのでは…

281 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/10(木) 01:34:34.32 ID:nhMRA0e70
Zz,,,... 見ないフリ見ないフリ……

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 01:58:47.32 ID:E7dv2/i/P
梓「ひどい夢をみたんです。」

憂「どんな夢だったの?」

梓「みんな私のようにツインテールだったんだ…」

憂「それは…怖いね」

梓「紬先輩ならともかく律先輩と唯先輩が…」

憂「そうだね〜、あ、その紬先輩がポニーテールで扉の前にいるよ」

紬「ぐすっ…そんなに似合わないですかこれ…」

梓「いや、似合わないなんて言ってませんよ、いやほんとですから、というかツインテールの話ですから!」

紬「ほんとですか・・・?」

憂「あーずにゃーん!」

梓「ほんとですって、あと憂は悪乗りしない!」

憂「あずさ二号厳しいよあずさ二号」

梓「その呼び方はだめー!」

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 02:13:02.32 ID:E7dv2/i/P
紬「あーずにゃーん♪」

梓「わっ、な、なんですか!?」

紬「梓ちゃんみてたら抱きつきたくなっちゃったー、あーずにゃーん!」

梓「わわっ、だめです、クラスのみんな見てます、てかもう授業はじまります!」

紬「何をいっているの、今からお持ち帰りするから関係ないわ!」

梓「誰かお助けぇー!」

紬「しゃらんらしゃらんら〜♪」

憂「南無…」

284 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 02:22:57.04 ID:Jg9PEzzd0
支援

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 02:30:28.85 ID:uv2Pfv6tO
ID

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 02:33:37.19 ID:E7dv2/i/P
梓「見てないでたーすーけーてー!」

紬「皆さま失礼いたしました、それでは♪」

ピシャッ

A「…ひ、平沢さん、今のは、一体・・・?」
憂「なんといえばいいんでしょう…」



紬「うふふふふ」

唯「あ、ムギちゃんいたいた、授業はじまっちゃうよ」

紬「悪いけど、本日は早退します」

唯「どうして?」

紬「梓ちゃんとにゃんにゃんするからです♪・・・だめですか?」

唯「ダメデスヨ♪アズニャンハワタシノモノダカラダメダヨ♪」

梓「唯先輩の所有物になった覚えはありませんが…」

287 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 02:37:47.36 ID:2f3OosX4O
1時間麦茶さんにムギちゃんハーレム!

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 02:40:12.25 ID:E7dv2/i/P
>>287
申し訳ない阻止です

唯「サアイマスグアズニャンヲヒキワタスノデスソシテワタシトニャンニャンシマショウネアズニャーン」

梓「壊れた!唯先輩が壊れた!」

紬「せっかく手に入れた梓ちゃん、簡単に手放しはしません!」

唯「ナラバシカタガナイ・・・シヌガヨイ!」

紬「この勝負負けるわけには!」

律「瞬獄りーーーつ!」

唯「あべしっ!!」

紬「いてえぇよぉ!」

律「さ、梓、こっちだ!」

梓「は、はい!」

289 :魂魄:2009/09/10(木) 02:40:17.32 ID:0QP7vFDU0
『夢の世界 一つ目』

澪「お〜い!!和〜!!」

和「澪〜、どうしたの? 今日はここに来るの早いじゃない」

澪「うん、仕事が早く終わったんだ」

和「そうなんだ」

澪「ねえ? 和」

和「何?」

澪「私達が出会って、どのくらいたつのかな?」

和「う〜ん・・・・・・わからない。私も、いつここに住み着いたのか憶えてないよ」

澪「そうなんだ。ごめんね、変なこと聞いちゃって」

和「いいって。私も忘れかけてたことだから・・・あれ? 澪どうしたの? うれしそうな顔して」

澪「うん、何て言うか・・・こんな毎日がずっと続けばいいな〜♪・・・て、思ってさ」

和「続くわよきっと・・・あ、ケーキ買って来たんだった。食べる?」

澪「うん、食べる食べる!!」

〜END〜

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 02:47:47.30 ID:E7dv2/i/P
>>288の続きで
梓「はぁっ、はぁっ、助かりました…」

律「ここならだれも来ないな…なぁ梓」

梓「はいっ、きゃあっ!?」

律「ふふふ…」

梓「な、なにを…」

律「にゃんにゃんしよう、あーずさ…」

梓「り、律先輩まで…」

律「大丈夫、痛くはしないからさ…」

梓「まずいまずいまずい・・・そうだ!」

律「まずは上着から…うわっ!?」

梓「カチューシャとって、あずにゃんがぁ投げたぁー!」

律「あ、ちょっと、私のカチューシャがっ!?」

梓「拾いに行った、今のうちにっ!」

291 :魂魄:2009/09/10(木) 02:55:29.66 ID:0QP7vFDU0
『夢の世界 二つ目』

?「・・・・・・せいだ・・・・・」

唯(まただ、誰がしゃべってるのかな?)

?「私の、せいだ・・・・・」

唯(あなたは誰? どこから来たの?)

?「私のせいだ、私のせいであんなことになったんだ。私さえいなければ・・・・・」

唯(よくわからないけど、あなたは悪くないはずだよ)

?「・・・・・・あなたは誰?」

唯(私は唯、平沢唯だよ、あなたの名前は?)

?「私の名前は、なー・・・・・・・・・」

唯(ごめんね、よく聞こえなかった。もう一度・・・て、まって!! どこに言っちゃうの!?)

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 02:56:44.11 ID:uv2Pfv6tO
色々支援

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 02:57:39.50 ID:E7dv2/i/P
>>290の続き
梓「もう、どこに行けばいいんだろう…」

梓「とりあえず、教室戻らないと…」

澪「梓、一体どうした?」

梓「ごめんなさい、今ちょっと」

澪「ちょっと待てって!」

梓「あにゃあっ!」

澪「落ちつけって、この時間に廊下走ってるってことは何かあったとしか思えないんだ」

梓「いやその…」

澪「とりあえず話してみてくれないか?」

梓「は、はい・・・実は・・・」

294 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 02:58:53.18 ID:Jg9PEzzd0
支援

うぐぅ、だが寝ます

オヤスミ☆

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 03:01:51.70 ID:E7dv2/i/P
澪「それで逃げ回ってたってことか」

梓「はい…もう怖くて怖くて…」

澪「そうだな…よし、一緒に早退しよう!」

梓「え!?」

澪「このまま校内にいても狙われるだけ、だったらいっそ脱出するのが一番いいはず」

梓「確かにそうかもしれないですけど…」

澪「話は後でちゃんとつけるから」

梓「・・・わかりました、その案にのります」

澪「そう決まれば話ははやい、行くぞ!」

梓「ちょ、ちょっと早いですよ!ひぇぇぇ!」

澪「つ、疲れた…」

梓「はやっ!早すぎますよ!」

296 :魂魄:2009/09/10(木) 03:02:09.38 ID:0QP7vFDU0
続きです>>291のです
続きは今日中に書けるといいです

ガバッ!!

唯「・・・・・あれ? なんだ、夢か」

梓「どうしたんですか? 唯隊長」

唯「最近変な夢を、見るんだよ」

梓「どんな夢ですか?」

唯「私に話しかけてくるんだけど、誰だか分らないんだよ」

梓「へ〜・・おかしな夢ですね」

唯「だよね」

唯(でも、言いかけてた、「なー・・・」の続きはなんていうのかな?)

梓「唯隊長!! 早く隊に行きましょう」

唯「うん、先に行ってて!! すぐに行くから!!」

梓「わかりました。先に隊に行ってますね!!」

唯(・・・ま、いった。どうせ夢だし・・・あずにゃんに怒られないように、早く行かなきゃ・・)


297 :魂魄:2009/09/10(木) 03:03:26.22 ID:0QP7vFDU0
もう遅いので寝ます>>296の続きはかならず書きます


298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 03:11:06.54 ID:uv2Pfv6tO
>>294
おやすみ


>>297
一旦乙

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 03:11:36.56 ID:E7dv2/i/P
皆さまおやすみなさい >>295の続きです
澪「外に出たはいいけど、どこに向かおうか…」

梓「考えてなかったんですか」

澪「出れればいいと思ってたんだ」

梓「とりあえず、私の家にきませんか?」

澪「え、大丈夫なの?」

梓「今日は両親は夫婦旅行に行っていませんから大丈夫です」

澪「そっか、じゃあ、行くか!」

梓「はい!」

和「忘れ物よ」

澪「バッグにベース…和、ありがとう!」

和「早くいきなさい、処理はしとくわ」

梓「私のも…あ、ありがとうございます」

澪「よし、改めて出発だ!」

梓「はいっ!」

投げやりぽいけど、終わり

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 03:12:49.51 ID:uv2Pfv6tO
>>299
なん……だと……?



301 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 03:13:52.26 ID:2f3OosX4O
麦茶さんの願いを叶えるのもまた私の役目なのです

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 03:32:07.00 ID:uv2Pfv6tO
45分梓

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 03:33:02.73 ID:UBGVYZKkO
ss

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 03:54:39.17 ID:UBGVYZKkO
阻止もしたし明日は早いから寝の方向で…

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 04:00:10.46 ID:uv2Pfv6tO
おやすみ

306 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 04:11:12.27 ID:2f3OosX4O
1時間午後の麦茶さんに紬さんハーレム!

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 04:19:23.77 ID:uv2Pfv6tO



308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 04:27:18.72 ID:uv2Pfv6tO
誰も(略)症候群(通称:NMTN症候群)にまかせて投下



澪「律ー大丈夫かー?」

律「何とかな」

澪「動けるか?」

律「上に乗ってる瓦礫が邪魔で無理そうだ」

澪「こっちもだ。助けが来るまで待つしかないな」


澪「まさかこんなに大きい地震が来るなんてな」

律「おかげで私の家も私達もこの様だよ」

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 04:28:22.55 ID:uv2Pfv6tO
律「なあ澪」

澪「何だ?」

律「今年の合宿も楽しかったな」

澪「急にどうした?」

律「また行きたいな」

澪「当たり前だろ。そのためにも早く助けに来てもらわないとな」

律「ああ」

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 04:29:10.58 ID:uv2Pfv6tO
律「本当に家が壊れちまったのか」

澪「……ああ」

律「つらいなあ。色々と思い出がある分」

澪「勉強会をしようと言って律が私のを宿題を写すだけだったりな」

律「よりによってその話かよ」

澪「聡君ともよく遊んだな。聡君は無事なんだろうか……」

律「あいつはそうそうどうにかなるタマじゃないって」

澪「だといいけど……」

律「澪は心配性だな」

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 04:30:10.33 ID:uv2Pfv6tO
律「澪は小学校の頃から泣いてばかりだったな」

澪「な!!」

律「男子にいじめられたとか転んだとか」

澪「な、何で今そんな話を!!」

律「こんな状況だけど今は泣かないんだな」

澪「そうだな……」

澪「律がそばにいるからだと思う」

律「何だよそれ」






312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 04:31:06.38 ID:uv2Pfv6tO
男「おーい!こっちに人が埋まってるぞー!」

澪「救助が来たみたいだな」

律「ようやく私達の体が掘り出されるみたいだな」

澪「そろそろいくか」

律「ああ」



終わり


313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 04:52:21.85 ID:uv2Pfv6tO
いい感じに薄暗く人も少ないから散歩でもしてくるか

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 05:16:59.13 ID:uv2Pfv6tO
東の空が明るい
鬱だ

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 05:36:49.01 ID:uv2Pfv6tO

http://imepita.jp/20090910/197570


http://imepita.jp/20090910/198190


http://imepita.jp/20090910/198610


http://imepita.jp/20090910/199380


316 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 05:58:33.12 ID:Rf1ErOZIO
おはよう
頭がくらくらする…寝るのが遅すぎたんだ!




二十分紬

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 06:12:04.16 ID:uv2Pfv6tO
おはよう

運動不足なのに調子に乗って歩き回ってたから疲れた




阻止

318 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 06:14:52.62 ID:Rf1ErOZIO
調子に乗るくらいなら走れよwww


しかし…今日はなんだか寒いな…もう季節の変わり目か…?

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 06:18:18.16 ID:uv2Pfv6tO
走ったら筋肉痛で今以上の惨状になる


確かに寒いな
季節の変わり目は服の調節が面倒だ

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 06:44:37.96 ID:JN+WBwTVO
http://imepita.jp/20090910/242390

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 06:45:11.23 ID:RokUIomA0
ぐっもうにんえぶりばでぃ!


昨日は調子に乗って窓を全開にしてみれば寝たんだが、朝めっちゃ寒くて泣いた


うぅ……鼻水が止まらないよぉ><

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 06:46:33.78 ID:uv2Pfv6tO
>>320
御神体か


>>321
つ 新聞紙

323 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 06:46:45.39 ID:2f3OosX4O
5分午茶むぎレム

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 06:46:56.44 ID:RokUIomA0
>>320
ふとましい……

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 06:48:07.69 ID:RokUIomA0
>>322
顔が汚れちゃうよぉ><

326 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 06:51:43.59 ID:2f3OosX4O
麦茶ん!

327 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 06:54:52.58 ID:RokUIomA0
唯「私のidがういなので今日1日はこの酉でいようと思います」

憂「特に私と関係する言葉は入ってなさそうですが」

唯「私たちのカップリングを書くときに使用する酉なのです」

憂「それだけですか」

唯「はい」

憂「そうですか」

328 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 06:57:46.90 ID:2f3OosX4O
唯「憂!」

憂「お姉ちゃん!!」

ギュウ


終わり

329 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 06:59:20.77 ID:RokUIomA0
>>328
服は脱いだ

330 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 07:02:55.58 ID:Rf1ErOZIO
>>320
なんだこのドラム缶は…太いな…

331 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 07:04:22.13 ID:RokUIomA0
>>330






風呂浴びてくるか30分麦茶妹

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 07:04:31.83 ID:uv2Pfv6tO
そんましのIDが憂なら俺は憂のヒモ

333 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 07:05:58.82 ID:RokUIomA0
>>332
そんなひとはいませんので無効です


>>333なら憂は俺の嫁

334 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 07:09:18.77 ID:2f3OosX4O
>>329
あらら・・・風邪引きますよ



唯「憂〜アイルランド〜」

憂「はいはいアイルランドじゃなくてアイスだからね〜 はいっ」

唯「あんがと〜 ペロペロ」

憂「・・・」

唯「ペロペロ」

憂「・・・」

唯「チュパ」

憂「・・・///」

唯「ガブッ サクッ」

憂「・・・ちょっとお手洗いにぃ〜」

唯「? あ、はずれだ」

335 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 07:11:12.65 ID:RokUIomA0
>>334
風邪などとっくに引いてます



ズボン脱いだ

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 07:17:28.69 ID:uv2Pfv6tO
何だ露出狂か

337 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 07:19:16.05 ID:2f3OosX4O
>>335
続きませんから
ちゃんと服を着てくださいね
御体をお大事に

憂「あの・・・風邪 早く治るといいですね」

338 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 07:23:24.16 ID:RokUIomA0
>>336
えっ

>>337
風邪は腐れ縁の友達です、どっか行け
とりあえず休んでる暇は無いので治るのは遅くなりそうです
憂ちゃんが口移しで貰ってくれたらねー



今度こそ風呂

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 07:27:00.01 ID:uv2Pfv6tO
<●><●>

340 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 07:28:27.74 ID:Rf1ErOZIO
>>331
やめとけ…もし貰ったとしても絶望するぞ…

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 07:32:03.34 ID:uv2Pfv6tO
10分麦茶奴隷

342 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 07:34:15.89 ID:2f3OosX4O
羨ましいことをっ・・・!させませんよ!///

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 07:37:41.54 ID:uv2Pfv6tO
弱々しいヘタレ野郎を罵りながらこき使う
是非やってみたかった

344 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 07:51:10.15 ID:2f3OosX4O
5分私は麦茶さんの嫁

345 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 07:51:20.66 ID:Rf1ErOZIO
やめてくださいやめてください
肉体的にも精神的にもしんどいですから!

346 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 07:52:47.38 ID:RokUIomA0
5分麦茶妹

347 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 07:54:00.04 ID:Rf1ErOZIO
>>345
なんとタイミングの悪い…>>343に言うはずがまさか遅れてしまうとは…

348 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 07:56:33.04 ID:RokUIomA0
30秒以内にレスがあれば麦茶は俺の妹

349 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 07:57:28.70 ID:RokUIomA0
むぅ……

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 07:58:17.64 ID:uv2Pfv6tO
>>347
仮に>>344に言っていたとしてもあながち間違ってない内容のような気もするけどな

351 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 07:59:17.23 ID:2f3OosX4O
まぁ阻止しないと


麦茶さんと重なってしまうなんて・・・どうしてだろう

352 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 08:06:42.96 ID:Rf1ErOZIO
何で俺の妹とか俺が大人気なんだ…?今日はどうなってやがる…




お仕事行くか…あと二日寝るとポケモンだ

353 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 08:09:12.91 ID:RokUIomA0
行ってらっしゃいフヒヒ

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 08:10:34.24 ID:uv2Pfv6tO
井寺

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 08:20:24.26 ID:uv2Pfv6tO
唯「ムギちゃん腕相撲しよう」

紬「いいわよ」


唯「痛い痛い!腕が折れる!」

紬「ごめんなさい唯ちゃん。強すぎたかしら?」




昨日言われた唯х紬ネタを全然思い付かない

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 08:34:22.69 ID:JN+WBwTVO
全然外寒くねえじゃねえか
暑くて死にそうだ

357 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 08:38:42.59 ID:2f3OosX4O
>>355
それは私のこと?

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 08:48:51.82 ID:uv2Pfv6tO
>>357
いや
この発言>>107

359 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 09:22:16.28 ID:2f3OosX4O
1時間麦茶さん!

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 09:38:57.74 ID:uv2Pfv6tO



361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 10:00:37.53 ID:JN+WBwTVO
一時間鶏肉さん!

362 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 10:03:15.37 ID:2f3OosX4O
10分麦茶さんの奴隷

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 10:05:03.21 ID:Gurntysj0
 

364 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 10:27:05.55 ID:2f3OosX4O
5分こまさん

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 10:37:03.68 ID:UBGVYZKkO
>>364
おめでとうございます

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 10:44:01.22 ID:uv2Pfv6tO
5分麦茶VS大阪のDQN達

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 10:52:44.69 ID:JN+WBwTVO
5分そんまし

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 11:00:06.91 ID:JN+WBwTVO
20分梓

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 11:14:28.47 ID:Gurntysj0
ぷ「誰」

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 11:51:37.90 ID:JN+WBwTVO
30分「梓」

371 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 11:54:32.79 ID:2f3OosX4O
30分午後の麦茶さん

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:03:22.82 ID:UBGVYZKkO
今日は○分××の日?

じゃあ
10分律


373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:12:21.06 ID:JN+WBwTVO
ぎりぎりか

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:17:27.26 ID:uv2Pfv6tO
嫌いな講師の講義だけ評定が露骨に低いwwwwwせっかくレポート内容で媚びたのにwwwww




テストが微妙だったのに優をつけてる講師は何なんだ

375 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/10(木) 12:17:42.99 ID:nhMRA0e70
出席日数不足で8単位落とした自分か華麗に10分ムギちゃん

376 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 12:20:51.93 ID:Rf1ErOZIO
させませんよ!




最近天倉を見かけるたびにキュンキュンしてる自分がいる…末期すぎて死にたい…

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:20:58.17 ID:uv2Pfv6tO
>>375
休みすぎだろ阻止

378 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 12:21:13.80 ID:Jg9PEzzd0
>>374
そっちは成績評価が優とかなんだな

うちはAとかA+とか、不可はfailのF

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:22:55.95 ID:JN+WBwTVO
>>376
お前天倉はガチホモニートだぞ?

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:23:54.44 ID:uv2Pfv6tO
>>376
そんなおかしくなりつつある麦茶さんに>>366をお願いします


>>378
評定の表記方法って大学によって違うのか
うちは優、良、可、不可だ

381 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 12:26:30.14 ID:Rf1ErOZIO
>>379
名前のせいで女の子じゃないかとイメージしてしまうんだ
病気かな…
ついでになめたんとか(何故か)鶏肉や目次、あとがきまでも女の子じゃないかとイメージしてしまうし…どうしちまったんだ俺…

382 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 12:27:22.96 ID:Rf1ErOZIO
>>380
だめ、俺が死んじゃう!間違いなく死亡遊技だからそれ!

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:27:26.62 ID:JN+WBwTVO
>>381
なめたんとえろびとこまけぇことは良い人は女だよ

目次はロリコンだよ

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:27:50.54 ID:uv2Pfv6tO
>>381
こわい

385 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 12:28:54.09 ID:Rf1ErOZIO
>>383
えろびは違ったよ…髭を生やした男だったよ…

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:29:30.15 ID:UBGVYZKkO
ウチは二年まではA+〜Dだったけど運用方針が変わったらしく優から不可になりますた…
簡素化されて今までA+だったものが優に統一されてショックorz

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:31:44.92 ID:JN+WBwTVO
>>385
天倉とのオフ会はいつですか?

388 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 12:32:04.56 ID:Jg9PEzzd0
>>381
何故にわたくしが入っていないのじゃ!?

>>380
こっちは無駄にCまであるから四段階だお (^ω^)

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:32:23.97 ID:uv2Pfv6tO
>>386
A+AB+BC+CD+Dか

そりゃ簡素化されるわ

390 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 12:33:32.17 ID:Rf1ErOZIO
>>388
キングですから


仕事戻るじぇ

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:33:54.49 ID:uv2Pfv6tO
いてら

392 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 12:35:03.69 ID:2f3OosX4O
>>379
それは違います
一応否定はしますね






梓「実は・・・私唯先輩のことを・・・」

澪「梓!それだけはだめだ!うん!やめとけ」

梓「やっぱりそう言われるんですよね・・・でも私もう自分の気持ちから逃げたくないんです」

澪「まさかマジなのか?」

梓「はい」

澪「う〜ん とりあえず事情は分かったけどこの事はまだ誰にもいわないほうがいいよな?」

梓「そうですね いずれ明かすことになるかもしれないですけど」

澪「う〜ん・・・これは弱ったなぁ。。。」

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:36:40.66 ID:uv2Pfv6tO
私怨

394 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/10(木) 12:36:47.23 ID:nhMRA0e70
>>381
あるうぇ? 声をしらなんだ?

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:39:08.13 ID:uv2Pfv6tO
>>394
多分皆で木炭木炭言ってるせいで女っぽいイメージがついてるんだと思う

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:40:05.81 ID:JN+WBwTVO
鶏肉はそんましが嫁とか妹とか言ってるからだろうな

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:44:01.96 ID:uv2Pfv6tO
>>396
……



あとがきは?

398 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 12:45:58.01 ID:RokUIomA0
鶏肉さんは私のメイドさんです

399 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 12:46:41.79 ID:Jg9PEzzd0
ダイヤのクイーンにすればよかったお (^ω^)

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:47:51.31 ID:JN+WBwTVO
>>397
喋り方とかじゃね?

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:49:05.16 ID:uv2Pfv6tO
>>398
働きたくないです


>>399



>>400
確かに少し女っぽいか

402 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 12:51:07.44 ID:RokUIomA0
>>401
じゃあ私と一緒に寝ましょう

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:51:47.97 ID:uv2Pfv6tO
>>402
養ってくれるのならかまいません

404 : ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 12:53:00.75 ID:RokUIomA0
>>403
では先にベッドインしておきますね

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:55:45.30 ID:uv2Pfv6tO
>>404
おやすみなさい



本当に昼寝をしてきます

406 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/10(木) 12:57:24.18 ID:nhMRA0e70
しかし落とした単位取り戻すための仮カリキュラム組んだらデッドスケジュールになってしまった/(^o^)\

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 12:58:55.05 ID:RokUIomA0
>>405
おやすみなさい


私はこれからまたダンスの特訓ぶっ続けコースです

408 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 13:01:48.38 ID:2f3OosX4O
>>399
スペードのナイト




澪「梓 まず冷静になろう」

梓「・・・」

澪「私は未だに信じられない 多分梓は気の迷いだ」

梓「・・・さぁ どうでしょうかね」

澪「・・・梓 この後空いてるか?」

梓「大丈夫です」

澪「むぎのバイトの様子を見に行こうな」

梓「・・・」

澪「ささっいこいこ」

409 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/10(木) 13:02:42.55 ID:nhMRA0e70
>>399
ここは敢えて2chのジョーカー

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 13:06:32.99 ID:UBGVYZKkO
まあ優か良か可なんでわかりやすいですが…

そして呼ばれた気が…

411 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 13:10:24.70 ID:Jg9PEzzd0
ババ抜きしてくなった

412 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 13:19:32.11 ID:2f3OosX4O
紬「いらっしゃいませー」

澪「おっすむぎ 今日も張り切ってるな」

紬「あら澪ちゃんに梓ちゃん 二人してこんなところでなにしてるの?」
澪「いやぁちょっと梓がお腹すいたーって唸ってたからまとめ役の私としちゃ黙ってられないからな あっ○ッピーセット2つ」

紬「かしこまりました」
紬「はいっどうぞお待たせしました ○ッピーセットお二つになります。ごゆっくりどうぞー」

澪「よしっ梓 二階で食べるか」

梓「はい」

413 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 13:33:58.70 ID:2f3OosX4O
10分琴吹紬さん



澪「で 結局気持ちは変わらないのか?」

梓「はい」

澪「そっかぁ…じゃあ頑張ってな」

梓「え」

澪「そんなに言うんだから気持ちも固いはずだし もう私がどうこういえる立場じゃないきがする」

梓「唯先輩 に 告白」

澪「そうか 頑張れ」

梓「はいっ」

こうして中野梓の恋物語は始まりの1ページを迎えたのである。
ー終ー

414 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/10(木) 13:37:16.12 ID:Jg9PEzzd0
>>413


415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 13:39:21.99 ID:UBGVYZKkO
>>413
乙っぽ♪

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 13:57:06.18 ID:6vRayvi2O
>>413
おっちゃんでちゅ

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 14:47:00.90 ID:6vRayvi2O
ほしゅでちゅ

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 15:07:25.06 ID:UBGVYZKkO
唯「あ〜う〜〜」

唯「う〜〜〜あ〜〜」

唯「秋バテだぁ〜〜〜」

梓「年中バテてばかりじゃないですか」

憂「バテてるお姉ちゃんも可愛いよねー」

今、自分自身がまさにそうで…

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 15:38:30.75 ID:+3/MGUahO
唯「転校生が来たよ!」

律「どんなやつだ!?」

澪「き、緊張する……」

紬「お茶用意しないと…」


ガラガラッ


?「おーすっ」

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 15:40:59.09 ID:+3/MGUahO
唯「初めてまして〜平沢唯です」

澪「あ、秋山……澪です」

律「容姿端麗!頭脳明晰!田井中律ですっ」

紬「琴吹紬です」


?「よろしくーっ」

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 15:44:11.71 ID:+3/MGUahO
?「あっ!このケーキ食って良いか!?」

紬「え?……ど、どうぞ…」

?「は〜むっ……もぐもぐ」


?「うんま〜いっ」

唯「お名前なんて言うの?」

?「あ〜……あ!ケーキ床に落としちゃった…」

?「パクッ」ヒョイ

澪「え……拾い食い……」サーッ

?「3秒るぅるぅだってヴぁ!!」

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:01:10.19 ID:JN+WBwTVO
みさおなら俺の横で(ry

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:28:10.76 ID:JN+WBwTVO
また過疎らせてしまった

20分梓

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:28:53.08 ID:E7dv2/i/P
今帰ってきた阻止

正座してるムギちゃんかわいいよ20分紬

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:29:16.98 ID:JN+WBwTVO
早過ぎだろ阻止

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:55:26.02 ID:JN+WBwTVO
また過疎りました!! 憎いねこのスレストッパー野郎!!

30分梓

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:57:56.68 ID:DStBuqswO
阻止させていただく

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:03:15.73 ID:tg3Yh6px0
律ちゃんはあぐらが合いそうだ

30分律

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:14:31.34 ID:JN+WBwTVO
阻止

430 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 17:41:48.94 ID:Rf1ErOZIO
ただいま



よく考えるとハトケータイも字面からして女の子っぽいにほひが
あとパンツとか…はないな、メンヘラ女のイメージとか俺は経験ないから出来ないし

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:49:25.02 ID:GNHe7DZ60
麦茶とえろびと俺以外女
さぁ麦茶、隣の部屋に行こうか…

432 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 17:52:45.76 ID:Rf1ErOZIO
>>431
いやそれはおかしい
九割男だろうが女だと思いこむのが最高の楽しみ方だろ






あれ?なんかおかしいね最近の俺…
やっぱりムギちゃんが最高なんだよ!うん!

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:22:03.55 ID:uv2Pfv6tO
5分全員幼女

434 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 18:30:04.08 ID:Rf1ErOZIO
>>433
なんということでしょう

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:30:39.30 ID:UBGVYZKkO
>>432

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:36:50.46 ID:uv2Pfv6tO
>>434
麦茶んおかねちょーだい

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:42:56.25 ID:RokUIomA0
とりにく「>>436

そんまし「あー! またとりにくちゃんがむぎちゃんをいじめてるー!」

とりにく「ちちちちがうよぉ」

むぎちゃ「うそ! それならどうしていじめるの?」

とりにく「そ、それは……もじもじ」

そんまし「それは?」

とりにく「むぎちゃんがかわいいからついいじめたくなるんだよぉ……」

むぎちゃ「とりにくちゃん……」

とりにく「ごめんね? きもちわるいよね」

むぎちゃ「ううん。とりにくちゃんのきもちうれしいよ」

とりにく「むぎちゃん……」

そんまし「ゆりはぁはぁ」

438 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 18:45:02.45 ID:Rf1ErOZIO
>>436
いやでござる!いやでござる!




紬「ここのところSSが少ないわね…」

唯「これはどげんかせんといかんね」

律「しかし麦茶は…」チラッ

麦茶「あうあー?うーあー?」キャッキャッ

澪(天倉)「ほーら麦茶さん、天倉ですよ〜^^」

澪(秋山)「これはひどい…」

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:45:33.99 ID:uv2Pfv6tO
>>437
がんばっててきとうなようじょでへんかんしようとしたけど
やっぱりはいた

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:47:22.75 ID:uv2Pfv6tO
>>438
(ポルノ)映画化決定

441 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 18:56:29.30 ID:Rf1ErOZIO
>>439
とりにくちゃん…だいじょうぶ?

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:03:12.45 ID:uv2Pfv6tO
>>441
↓にへんかんできたからだいじょうぶ

りつ「みおちゃんおかねちょーだい」

つむぎ「あー! またりっちゃんがみおちゃんをいじめてるー!」

りつ「ちちちちがうよぉ」

つむぎ「うそ! それならどうしていじめるの?」

りつ「そ、それは……もじもじ」

つむぎ「それは?」

りつ「みおちゃんがかわいいからついいじめたくなるんだよぉ……」

つむぎ「りっちゃん……」

りつ「ごめんね? きもちわるいよね」

みお「ううん。りっちゃんのきもちうれしいよ」

りつ「みおちゃん……」
つむぎ「ゆりはぁはぁ」


443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:06:29.87 ID:RokUIomA0
>>442
なぜへんかんしたし



ようやくいえにつあたからかたかたにかえる

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:06:33.52 ID:wYgSZdnI0
>>444ならとりにくは俺のようじょ

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:09:53.56 ID:uv2Pfv6tO
>>444
おにいちゃんおこづかいちょーだい

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:10:26.10 ID:wYgSZdnI0
>>445
おじさんのきんのたまをあげよう

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:13:46.52 ID:uv2Pfv6tO
>>446
YesロリータNoタッチ

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:15:05.71 ID:wYgSZdnI0
>>447
ロリータは全身を使って愛でるもの

スレがようじょなうちになにかようじょもの書くか

449 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 19:17:17.83 ID:Rf1ErOZIO
>>442
むぎちゃ「つ…つづけて」

ムギちゃん「は…はやくぅ」

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:17:23.80 ID:uv2Pfv6tO
期待

451 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 19:20:14.38 ID:Rf1ErOZIO
>>448
むぎちゃ「ぜんしんをつかうなんてみとめない!おじさんはわるいロリコンだ!」

ムギちゃん「そうよ!そんなのただしいロリコンじゃないわ!」

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:22:17.88 ID:wYgSZdnI0
唯「飽きました」

梓「なんというはやさ」

唯「PCがクラッシュしたせいでどこまで書いたのか解らなくなってしまったせいですよ」

梓「言い訳する人は嫌いです」

唯「すみません」



和「>>451

唯「ロリコンにいいもわるいもありません」

梓「私は善人です」

453 : ◆Heaaunpf3c :2009/09/10(木) 19:23:25.95 ID:Gurntysj0
40000000万ヒット記念
アニメキャプ参考

ttp://imepita.jp/20090910/495370/5191

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:24:39.87 ID:wYgSZdnI0
>>453
ふぅ……

455 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 19:25:46.35 ID:Rf1ErOZIO
>>453
編集画面貼っとるぞ
なにやってんの!

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:26:12.87 ID:uv2Pfv6tO
>>452
そんましがあきたならろりーたまいすたーのむぎちゃがかくしかない


>>453
編集画面……

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:29:01.76 ID:wYgSZdnI0
>>456
なぜばれてるし

ROMってよう……

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:30:12.06 ID:Gurntysj0
編集画面?

459 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 19:30:54.92 ID:Rf1ErOZIO
>>456
そういやムギちゃんが幼女化させるストーリー物を放置してたの思い出した


りっちゃんを赤ちゃんにしたのはまぁいいが…この後がなぁ…澪はほっといても勝手に幼女になるから話の盛り上がりに欠けるし

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:32:46.17 ID:Gurntysj0
こうかね

ttp://imepita.jp/20090910/495370

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:33:16.84 ID:uv2Pfv6tO
>>458
例えば
これが普通の画像へのリンク↓
http://imepita.jp/20090910/197570

これが編集画面↓
http://imepita.jp/20090910/197570/0861


>>459
続け

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:34:28.52 ID:uv2Pfv6tO
>>460
そうそうそれ

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:39:49.11 ID:JN+WBwTVO
>>460
うますぎふいた

464 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 19:48:09.23 ID:Rf1ErOZIO
そういや40000万hitしてたんじゃないか

どうしよう…幼女絵描きたい…

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:51:30.72 ID:uv2Pfv6tO
>>464
幼女軽音部

466 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 20:02:34.47 ID:Rf1ErOZIO
よし決めた
幼女ムギちゃんの公式絵がくるまで幼女軽音部は描かない

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:07:12.52 ID:uv2Pfv6tO
つまり一生描かないということか

468 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 20:16:37.32 ID:Rf1ErOZIO
か…かきふらいならきっと…きっとやってくれるはず…!

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:22:07.63 ID:JN+WBwTVO
天倉と麦茶のラブホ実況じゃないの?

470 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/10(木) 20:37:17.09 ID:iRVLxbVAO
夜も更けてまいりました。ご近所の迷惑にならないよう、音量を下げてお楽しみ下さい。
この番組は、ステレオhi-fiを使用して、大音量でお楽しみ下さい。

471 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/10(木) 20:53:28.23 ID:Rf1ErOZIO
>>469
そんなわけないじゃない

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:54:37.03 ID:uv2Pfv6tO
<●><●>

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 21:20:45.75 ID:uv2Pfv6tO
20分梓

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 21:22:37.76 ID:wYgSZdnI0
ss

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 21:44:27.83 ID:JN+WBwTVO
20分中野梓さん

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 21:48:55.84 ID:E7dv2/i/P
秋ちゃんかわえぇのぉ

477 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 22:00:29.30 ID:2f3OosX4O
麦茶さん

478 :午後の麦茶 ◆Z/Yf8N8jXI :2009/09/10(木) 22:02:43.35 ID:RokUIomA0
はい

おやすみなさい

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 22:14:28.10 ID:GTnrsOU/0
>>470
愛にー気付いてくだーさーい

480 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 22:21:00.81 ID:2f3OosX4O
>>478
おやすみなさい

481 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/10(木) 22:28:41.24 ID:NVdgNB5bO
パソコンが完全にクラッシュしたどうしようもない/(^o^)\

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 22:57:51.75 ID:GNHe7DZ60
こんなスレ落ちちまえ

483 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 23:04:53.65 ID:2f3OosX4O
麦茶さんともうちょっとお話したかった・・・

484 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/10(木) 23:35:52.68 ID:2f3OosX4O
麦茶「むぎのす・・・好きな人は・・・?///」

紬「うふふ♪ みんな大好きよ」

麦茶「いやぁそういうことじゃなくて・・・」

紬「私にとって特別な存在はいないわ みんな平等よ」

麦茶「むぎゅ・・・もし今ここで俺がむぎゅに告白したらどうする?」

紬「えっ・・・」

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 23:36:17.28 ID:Gurntysj0
(´┗┛ー┗┛)

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 23:53:01.91 ID:E7dv2/i/P
唯「和ちゃんの眼鏡を後ろから…えいっ!」

唯「あ、あれ、和ちゃんが倒れた…」

唯「ど、どうしよう、まさかこの眼鏡には和ちゃんの魂をつなぎとめる呪印が…」

眼鏡「ひどいわね、唯」

唯「め、眼鏡がしゃべったぁぁぁぁ!」

眼鏡「早く肉体に戻してくれる?」

唯「は、はいただいま!」

唯「こ、これでよしっと、あ、起きた!」

和「あれ、唯どうしたの?そんなにあわてて?」

唯「和ちゃんは眼鏡が本体だったなんて…」

和「(いえない、さっきの腹話術だったとはとても言えない…)」

和「あれ?目の前で澪はどうして倒れているの?」

唯「さぁ?」


澪「ここは…?どうして川が目の前に…?あ、律っぽい天使が向こう岸で手招きしてる…」

487 :魂魄:2009/09/11(金) 00:29:58.81 ID:2wEPUVa10
日付が変わってしまいましたが>>296の続きです
?「起きろ〜!!」

唯(誰かが叫んでる)

?「起きてくれ〜!!」

唯(あれ? 今日はあの子じゃないのかな?・・・まって、今起きるから)

唯「う〜・・・ん、ふぁ〜・・・あれ? ここは?」

?「おお、やっと起きたか嬢ちゃん」

唯「うわあああ!?」

?「そんなおっきな声出さなくてもいいじゃろ」

唯「す・・すいません、あのう、どちら様でしょうか?」

?「わしか? ああ、わしの名前は「スリープ」じゃ」

唯「スリープ? ポケモンの?」

ス「そうじゃ、名前ぐらいは聞いたことはあるだろ?」

唯「う・・うん・・・・・・て、ポケモンがしゃべってる!?」

ス「嬢ちゃんもしゃべってるだろ。人がしゃべって、ポケモンがしゃべっちゃいけないルールは無いじゃろうが」

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 00:32:20.22 ID:rQFraQY6O
支援

そろそろ寝るか

489 :魂魄:2009/09/11(金) 00:50:15.01 ID:2wEPUVa10
続きです>>487
唯「た、確かに・・・・・というか、ここはどこ?」

ス「夢の中じゃ」

唯「は?」

ス「だから、夢の中にいるんじゃよ」

唯「ええーーー!?」

唯「『夢の中を行き来する程度の能力』?」

ス「そうじゃ、それが、わしらスリープ一族が持つ能力じゃ。普段わしらスリープはその能力を使い、人々の夢の中に入って、悪夢を食べて過ごしとるんじゃ」

唯「なんで、悪夢を食べるの?」

ス「譲ちゃんは、そういうことには詳しくなさそうだから理屈は省くが、嬢ちゃんも夢を見るなら悪夢より、楽しい夢が見たいじゃろ?」

唯「うん」

ス「だから、わしらが悪夢を食べて楽しい夢を見やすくしてやってるんじゃよ」

唯「へぇ〜・・・」

ス「・・・・・と、ついたここじゃここじゃ」

唯「何このドア? 周りにもたくさんあるけど」

ス「そのドアの一つ一つが夢の中につながっとるんじゃ」

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 01:20:03.20 ID:Y4JSil9U0
チェッチェック

491 :魂魄:2009/09/11(金) 01:26:57.84 ID:2wEPUVa10
何かけいおん関係なくなってきた>>489の続きです
唯「このドアみんなが」

ス「そうじゃ」

唯「じゃあ、目の前にあるこのドアもそうなのかな?」

ス「そのことなんじゃが、わしは嬢ちゃんに一つ頼みたいことがあるんじゃ」

唯「頼みたいこと?」

ス「ああ、最近このドアの向こうから少女が泣いてる声が聞こえてきててなぁ。可哀そうで可哀そうで、助けてやろうとしんじゃがどういうわけかわしの能力をでは、
ドアを開けることはできても中に入ることができないんじゃ。じゃが、嬢ちゃんは少女の声を聞くことができるんじゃろ?」

唯「うん、いつも名前を聞く時に目が覚めちゃうけど」

ス「だから、お願いがあるんじゃ。少女を救ってやってくれんかのう」

唯「救うって言ったって・・・・・」

492 :魂魄:2009/09/11(金) 01:30:35.02 ID:2wEPUVa10
 >>491の続きです
ス「安心せい、もしもの時はわしが助けてやるから」

唯「で・・でも・・・」

ス「ほら、さっさとドアを開けて行った行った!!」

ガチャ・・・

唯「ま・・待って!! うわあああああ!!」

バタンッッ

493 :魂魄:2009/09/11(金) 01:44:45.55 ID:2wEPUVa10
>>492の続きです
唯「ここはどこなの?」

?「・・・・・せいだ・・・・・」

唯「あれ? この声、あの子だ!!」

?「私のせいだ・・・・・」

唯「見つけた。あれ? この子どこかで見たような・・・?」

?「私のせいだ、私のせいであんなことになったんだ。私さえいなければ・・・・・」

唯「よくわからないけど、あなたは悪くないはずだよ」

?「・・・・・・あなたは誰?」

唯「私は唯、平沢唯だよ、あなたの名前は?」

?「私の名前は、なー・・・・・」

「ムダダゼ」

唯「誰!?」

「コッチダヨ、コッチ」

唯「・・・!?・・・あなたは!!」

「ヨオ・・・初メマシテトイウトコロカ、平沢唯サンヨ!!」

494 :魂魄:2009/09/11(金) 02:08:13.09 ID:2wEPUVa10
>>493の続きです
唯「あなたは誰? なんでこの子と同じ顔をしてるの?」

「オレカ? オレハソイツノ本能ミタイナモンダヨ」

唯「本能?」

「ソウダ。ワルイガソイツヲ渡シテモラウゼ。ソイツヲ殺シテ、オレガソイツを支配スルンダカラヨ!!」

唯「この子は絶対に渡さないよ・・・ぎー太!!・・・て、あれ?」

「馬鹿カオマエハ。ココハオマエノ夢の中ジャネエンダ、オマエノ能力ガツカエルワケガネエダロ!!」

唯「能力が使えなくたって、この子は守り切るよ」

「ソウカイ、ジャア・・・シカタネエカ、死ネ・・・」

唯(く・・来る!!)



495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 02:10:23.84 ID:aTWNgaFJO
支援

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 02:26:00.54 ID:rDsSY67cO
パソコン壊れて、リカバリーしたもののもう末期のようです。

497 :魂魄:2009/09/11(金) 02:29:02.11 ID:2wEPUVa10
元ネタは多分アレです>>494の続きです
読みにくい書き方してすいません
「ヤ・・ヤメロ、ヤメヤガレ!!」

唯「・・・え?」

「・・・チィ・・・【夢喰い】カ・・・・・クソッ、アノバク野郎・・・」

唯「バク野郎・・・まさか、スリープさんが・・」

「・・・・・ショウガネエ・・【夢喰い】をツカワレタンジャ、オレモココニイレナクナルカラナ。オイ、平沢唯。ソイツガオキタラツタエテオケ、オレハイツデモテメエヲ殺セルトナ・・・ヒャハハハハハ!!」

唯「ま・・待って!!・・・消えちゃった、何だったんだろ、本能って・・・」

?「私さえ・・私さえいなければ、はやてちゃんもスバルも死ななくて良かったんだ。私が悪いんだ!!」

唯「私は、あなたが何をしたかはわからないし、何が起こったのかわからないけど、あなたは悪くないと思ってるよ!!」

?「・・・本当に?・・私のせいじゃないの?・・・」

唯「うん・・・あなたのせいじゃないよ。だから、泣かないで」

?「・・・・・うん、ありがとう唯ちゃん・・・」

498 :魂魄:2009/09/11(金) 02:44:34.54 ID:2wEPUVa10
>>497の続きです
唯「あ・・ありがとう、スリープさん」

ス「いや、運よく嬢ちゃん達が近くにいてくれたからこそじゃ。それに、お礼を言うのわしじゃ、あの子を救ってくれてありがとう」

唯「お礼なんてされるほど役に立ってなかったよ、私・・それに、あの子はどうなったのかな?」

ス「心配はいらんじゃろ、これで、あの子もいい夢が見れるじゃろうから・・・」

唯「うん、そうだね・・・て、私はこれからどうやって、帰ればいいの?」

ス「それも心配はいらん、少し目を閉じててくれるか?」

唯「うん」

ス「1・2・3・・・もう目え開けていいぞ」

唯「うん・・・・・あれ、スリープさん?・・・て、もう朝なの!?」

梓「どうしたんですか? 唯隊長?」

唯「ううん、何でもないよ、うん、大丈夫」

梓「???」

唯(でも、結局あの子の名前聞けなかったなあ・・・)


499 :魂魄:2009/09/11(金) 02:46:47.80 ID:2wEPUVa10
>>498を修正です
唯「消えちゃった・・・?」

ス「おお、どうやら、終わったようじゃな」

唯「あ・・ありがとう、スリープさん」

ス「いや、運よく嬢ちゃん達が近くにいてくれたからこそじゃ。それに、お礼を言うのわしじゃ、あの子を救ってくれてありがとう」

唯「お礼なんてされるほど役に立ってなかったよ、私・・それに、あの子はどうなったのかな?」

ス「心配はいらんじゃろ、これで、あの子もいい夢が見れるじゃろうから・・・」

唯「うん、そうだね・・・て、私はこれからどうやって、帰ればいいの?」

ス「それも心配はいらん、少し目を閉じててくれるか?」

唯「うん」

ス「1・2・3・・・もう目え開けていいぞ」

唯「うん・・・・・あれ、スリープさん?・・・て、もう朝なの!?」

梓「どうしたんですか? 唯隊長?」

唯「ううん、何でもないよ、うん、大丈夫」

梓「???」

唯(でも、結局あの子の名前聞けなかったなあ・・・)

500 :魂魄:2009/09/11(金) 02:58:35.41 ID:2wEPUVa10
>>499の続きで、最後です 一度は書いてみたいSSでした
〜数日後〜

な「ごめんね〜書類整理や部屋の掃除を手伝わしちゃって」

唯「いいっていいって、最近なのはさん忙しかったでしょ?」

な「ま・・まあ、そういえばそうだけど・・」

唯「だから、整理や掃除が追い付かないのは仕方ないよ」

梓「そうですよ、少なくとも唯隊長の部屋よりは、片付いてますし・・」

唯「ひどいよあずにゃん。私の部屋も結構片付いてるもん」

な「ははは・・・あれ? うわああ〜♪ 懐かしいなこの写真」

梓「え? どういう写真ですか?」

な「私とフェイトちゃんが、小三の時の写真だよ」

唯「どれどれ・・あれ? この子・・あの時の・・」

な「どうしたの唯?」

唯「ううん、何でもないよ、何でも、アハハハハ・・・」

梓「おかしな、唯隊長です」

〜END〜

501 :魂魄:2009/09/11(金) 03:01:58.81 ID:2wEPUVa10
SS書き終わったので寝ます
みなさんおやすみなさいです

502 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/11(金) 04:55:14.28 ID:1NELnKoR0
>>501乙ですお。





やった!パソコン仮復旧したよ!

503 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/11(金) 05:26:33.14 ID:1NELnKoR0
目「誰もいませんね」

紬「何をしましょう」

目「PCケースをどうやって自作するか考えましょう」

紬「嫌です。ひとりでやっててください」

目「然様ですか」

紬「然様です」

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 05:27:59.07 ID:LlvuHpwlO
おはようございます

505 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 05:50:49.43 ID:0IopYeIkO
はいおはよう
今日は二時まで起きてみるかな…コンビニ行ってポケモン売ってくれたらいいけど…

506 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/11(金) 05:53:56.24 ID:1NELnKoR0
おはようございます。暇だからLiveTubeしようかな……

507 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 06:16:47.44 ID:0IopYeIkO
唯「寒いね、と問いかければ」

紬「寒いね、と君が答えてくれる」

唯紬「そんな冬の日」







国語の教科書に載ってた気がするけどこんなだったっけ…なんか違う気が…

508 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 06:40:54.73 ID:0IopYeIkO
ひやや〜誰もいないよぉ〜



10分紬…してもいいよね…?

509 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/11(金) 06:42:52.39 ID:1NELnKoR0
ラジオやりながら華麗に阻止〜。

510 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 07:16:11.01 ID:0IopYeIkO
唯「そんなぁ…」

紬「落ち込まないで唯ちゃん。次、頑張りましょう?」ニコッ

唯「…うん!私、頑張るよ!ムギちゃんのために!」

紬「…まぁ////」

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 07:23:40.47 ID:EQ/0pvPZ0
>>501


512 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 07:52:54.66 ID:0IopYeIkO
唯「また誰もいなくなったね」

紬「じゃあ10分唯ちゃんしようかしら」

唯「ムギちゃん////」

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 07:54:17.63 ID:LlvuHpwlO
誰もぷぷ

514 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 07:57:38.99 ID:0IopYeIkO
>>513
唯「ひっどーい!ムギちゃんが泣いちゃったじゃない!」

紬「グスッ…ヒック…」

515 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 08:02:17.23 ID:0IopYeIkO
仕事行く

早く終われ…!休みが欲しい

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 09:05:45.06 ID:rQFraQY6O
30分憂

517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 10:02:11.48 ID:LlvuHpwlO
ほす

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 10:45:15.84 ID:rQFraQY6O
今日は普段より過疎ってるな

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 10:55:21.52 ID:WujyxnWPO
10分紬

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 11:01:11.36 ID:Y4JSil9U0
(´┗┛ー┗┛)

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 11:34:56.11 ID:WujyxnWPO
麦茶「むぎゅ・・・大好きだ」

紬「はい」

麦茶「君の事が 好きなんだ」

紬「はい」

麦茶「俺と付き合ってくれ!」

紬「・・・」

麦茶「本気だから・・・俺・・本気だからっ!」

紬「青春ですね」

麦茶「でもそんな歳でもないけどね」

紬「何歳になっても子供の純粋な心をちゃんと持って自覚できる方は私好きよ」

麦茶「俺は・・・どうだろうな・・・」

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 11:51:20.59 ID:WujyxnWPO
30分紬

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 12:04:49.41 ID:rQFraQY6O
jmjgt mwmxgjtgmwhmwjijm

524 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 12:30:18.54 ID:0IopYeIkO
>>521
俺大丈夫じゃん…どうだろうなって言ってる場合じゃない

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 13:25:49.82 ID:LlvuHpwlO
フォッスュ

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 14:12:20.86 ID:WujyxnWPO
紬「好きよ 」

麦茶「えっ本当?」

紬「えぇ でもお付きあいはできないわ」

麦茶「どどどどうして!?」

紬「言ったでしょう?私にとって特別な存在はいないし作る気はないわ」
麦茶「そんな・・・俺はこれからどう生きていけばいいんだ」

紬「振られたからといって生きる気力がなくなるなんて情けないわ もっとシャキッと!」

麦茶「鬱だ・・・○のう・・・」

紬「まぁ・・・」

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 14:40:55.99 ID:D+AEWkymP
20分梓!

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 14:43:25.59 ID:rDsSY67cO
ところがすっとこどっこい!

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 15:19:56.22 ID:aTWNgaFJO
二日酔い気味で吐きそうです(^q^)

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 16:07:22.09 ID:D+AEWkymP
憂「30分お姉ちゃんがあまりに成功しないので他の人を消して回ります」

梓「スレがほろんでしまいます、それに実力で手に入れましょうよ」

憂「そうですね、冷静になります」

30分唯

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 16:08:43.61 ID:LlvuHpwlO
ぷっぷ

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 16:18:19.46 ID:EQ/0pvPZ0
おまえら…>>530に気をつけろ……
やつは…本気で…俺たちを………うわあああぁぁぁぁぁぁぁ

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 17:03:53.23 ID:TcuxNEsT0
唯「30分憂が成功しないから憂好きを消して回ります」

紬「そういうのはやめてください」

唯「消すといっても憂好きをムギちゃん好きに改宗させるだけです」

紬「いいぞもっとやれ」

30分憂

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 17:04:03.35 ID:EQ/0pvPZ0
 

535 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 17:20:40.31 ID:0IopYeIkO
>>526
やめて!高校時代に後輩に告白してふられたこと思い出しかけちゃったから!




当時は誕生日かバレンタインデーかホワイトデーか忘れたけど手作りぬいぐるみをプレゼントしたりとそれはかわいらしい青年でした…

>>533
紬好きは同時に憂好きでもある
覚えておくんだな

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 17:28:51.55 ID:iOhVww+XO
>>535
その可愛さを理解してくれる子じゃなかったんですね、わかります

537 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 17:37:49.34 ID:0IopYeIkO
>>536
たぶんそうだと思いたい

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 17:42:25.75 ID:OrF/aud30
麦茶かわいい

539 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/11(金) 17:42:35.09 ID:bYStA3KWO
>>535
>当時は誕生日かバレンタインデーかホワイトデーか忘れたけど手作りぬいぐるみをプレゼントしたりとそれはかわいらしい青年でした…

それで見た目が悪っぽかったら相手がギャップ萌えして付き合えてたかもね



こんばんちわ

540 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 18:06:57.09 ID:0IopYeIkO
>>539
いや、それはたぶんないんじゃないかな





後に告白した相手が在日だと知ってびっくりしたのは秘密だ!

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 18:09:00.50 ID:Y4JSil9U0
(´┗┛ー┗┛) フンッ

542 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 18:19:15.32 ID:0IopYeIkO
そういや会社で図書カード貰ったんだけどなんに使えばいいんだ

今のところ欲しい本が無いに等しいから困る

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 18:23:00.98 ID:iOhVww+XO
けいおん!第3巻が出たら使えばいいと思います

544 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 18:26:24.39 ID:0IopYeIkO
>>543
持病の今すぐ使いたい病が…

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 18:49:19.72 ID:tutEm+BoO
>>540
そうか…












寿さんか

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 19:08:50.17 ID:iOhVww+XO
>>544
人がいない時に投下したくなる症候群の私と同じ病気持ちでしたか

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 19:44:29.92 ID:D3rCEYbB0
落ちちゃうよぉ><

548 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/11(金) 19:51:40.95 ID:bYStA3KWO
さて
昨晩くずのは!の続きを投下しようと思ったらおは4が始まってた
な、何を言ってるか(ry
な俺が投下開始

549 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/11(金) 20:10:28.19 ID:bYStA3KWO
凪「悪くはないよ。…この状況を知らない人には、『田井中律』として振る舞う必要が有るから、大変ではあるけどね。」
不敵な笑みを浮かべ、サグメが問いかけてくる。
サグメ「ほう。だったら、そのままにしておいてやろうか?」
律「断る!やっぱお互い、自分の体が一番しっくりくるからな!」
律がサグメを指差して答える。
サグメ「ふふ。どの道、戻してやる気はないがのう。」
紬「私から追い出された腹いせ、ですか。元神様にしてはひどい嫌がらせですわね。」
サグメ「ふん。何とでも言うがいい。… 時に、サマナー殿。」
サグメは凪に向き直り、語りかける。
サグメ「人と言うものは、自分の本心は他人に隠すものじゃ。そうであろう?」
凪「…何が言いたい?」
サグメ「単刀直入に言おう。その者達、本心ではお主を疎ましく思うておるかも知れぬぞ?」

550 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/11(金) 20:16:06.20 ID:rDsSY67cO
さてさて、じゅけん書き上げますか……。











畜生……グラボ完全に焼き切れた……

551 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/11(金) 20:32:38.67 ID:bYStA3KWO
凪が目を見開き、あたし達を見る。
が、すぐに首を横に振り、それを否定する。
凪「彼女達とは、何時も本音でぶつかり合っている。疎ましいなんて、思っている筈が無いさ。」
唯「そうだよ!私凪ちゃんの事好きだもん!」
澪「お前なんかに、私達の事をとやかく言われる筋合いはない!」
唯と澪が凪に同意する。
そうだ!
あたし達の絆は、そう簡単に壊れないぜ!
律「こんなみみっちい真似するなんて、随分小物だな!カミサマ!」
サグメ「………くだらん。少しも揺るがんのでは、仕返しの意味もないわ。今回は妾が退いてやろうぞ。」
そう言うとサグメは、あたしと凪の前に手を伸ばす。
何かに引っ張られるような感覚の後、気付くとあたしの隣には凪がいた。
ふう、元に戻ったみたいだな。
サグメ「もう一度だけ言っておくぞ。人は、本心を隠して生きるものだ。努々忘れるなよ、サマナー殿。」
そう吐き捨てると、サグメは姿を消した。

552 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/11(金) 20:54:20.46 ID:bYStA3KWO
翌日、音楽室

祝勝会と称して、いつものお茶会を始めるあたし達。
律「ふい〜。やっぱ自分の体は落ち着くわ〜。」
梓「いつも以上にだらけてますね…凪先輩まで…。」
ホントだ。
凪のやつ、机に突っ伏してるし。
唯「まあまああずにゃん、あんな事があった後なんだし、多目に見てあげようよ?」
梓「べっ別に、責めてる訳じゃないです!ただ…だらけてる凪先輩、可愛いなあって…。」
梓のやつ、なんか唯に似てきたな…主に感覚が。
凪「やっと普段通りに出来ると思うと、何だか力が抜けちゃって…。」
紬「あらあら。うふふ。」ニコニコ
澪「しかし、本当に災難だったよな、2人共。」
凪「ああ…戻れなかったらどうしようかと思ったよ…。」
律「全くだよ。もう二度とこんな事はご免だぜ。な、凪?」
凪は目を丸くしてあたしを見る。
律「…凪?」
凪「…あ、ああ…うん。そう…だね…。」
この時、あたしは気付かなかった。
あたしが何気なく言ったその一言が、凪の心を傷つけてしまった事に…。



第4話 入れ替わる魂 完

553 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 20:57:14.80 ID:0IopYeIkO
>>546
何言ってるんだい、全く別物だよ

554 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/11(金) 21:01:08.37 ID:rDsSY67cO
 年が明けてから三が日が過ぎた。嗚呼、数日も経てばセンター試験が待っている。儂は何をしただろうか?
否、何もしてはいない。何も努力していないことをしていたのだ。勉強、運動、部活、趣味、特技、生活、何もかもが中途半端……これでは単なる厨二病だ。
 さて、そんな自分の事はどうでもいいとしよう。しかし気になるのはけいおん部の面々だ。雰囲気が鋭く、露骨になったのは去年別れてからだった。
澪は兎も角として、唯や律からさえもその雰囲気が滲み出ていた。
「……ふぅ」
 机に投げ置かれていたスケッチブックを開く。
 はらり……はらり……
 紙が擦れる音と共に彼女達の姿が歪んだ構図で描かれていた。笑顔、泣き顔、寝顔……茶をする一コマ、演奏する一コマ。
それらが様々な画材や写真によってスケッチブックに切り取られていた。
「…………梓に電話しておくか……」

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 21:05:56.35 ID:rQFraQY6O
>>552


556 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/11(金) 21:25:08.98 ID:rDsSY67cO
 さて、携帯電話は何処にうあっただろうか? 確か枕の脇にあったはずなのだが……あれ……?
 落ち着け。KOOLになれ。まずすべき事は携帯電話に電話しよう。えー……
「良い頃はよおはようさんっと」
『こちらはMUUダケドです。おかけになった電話は電波が届かねぇとこにあるか、携帯の充電すっかり忘れて電池切れになってる馬鹿だから後でかけ直せ』
「馬鹿でさーせん」
 さて困ったことになった。携帯が見つからない以上は部屋を掃除しよう。勉強なんてする気は皆無なのだから、せめて掃除でもして、携帯を見つけて電話をしよう。
 そして2時間程経った頃。携帯はベッドと壁の間から救出されたのだった。
「中野……中野……っと」
 この電話があのようなことの引き金になるとはこの時は知る由も無かった。

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 21:36:46.08 ID:WujyxnWPO
麦茶さんかわいい

558 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 21:41:09.96 ID:0IopYeIkO
>>557
はい…え?







はい…

559 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/11(金) 21:41:40.04 ID:bYStA3KWO
謎の小袋投下(中身はお前の罪の数分のアボカド)



あの人は誰?
何故私を追って来るの?
私はあの人の何なの?
分からない。
何一つ。
あの人の事だけが、すっぽりと記憶から抜け落ちている。
でも…あの人が、私を追って来ている。
その事実が、堪らなく嬉しい。
嬉しいのに…。
「さあ、行くわよ。…もう、『ギータ』の事は忘れなさい。貴女のためにならないんだから。」
そう言って、私に旅立ちを催促する女性。
誰かは分からない。
彼女は、私に名前を教えてくれない。
ただ、あの人が…『ギータ』さんが、私にとって良くない、いつもそう言ってくる。
本当に、そうなんだろうか?
本当は、『ギータ』さんは、私を…。
…今は考えるのはよそう。
とにかく。
また、旅に出なくちゃ。
私を…『平沢憂』を取り戻すために…。



えっ
なにこれ続くの?

560 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 21:50:13.19 ID:0IopYeIkO
続けばいいんでない?なんてったってSSスレだし

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 21:59:38.03 ID:WujyxnWPO
麦茶「鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ」

紬「うるさいわよ」

麦茶「じゃあ付き合ってよ」

紬「お断りします」

麦茶「・・・」

紬「・・・」

麦茶「鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ鬱だ」

紬「まったくもぅ・・・しょうがないわね」

麦茶「ピクッ (計画通り・・・)」

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 22:26:31.07 ID:LlvuHpwlO
フォッスュン

563 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/11(金) 22:34:13.73 ID:rDsSY67cO
この流れ……安価絵か。
>>570くらいで

564 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/11(金) 23:02:43.10 ID:rDsSY67cO
ぬう……安価絵すら進まない……

おやすみなさい。

565 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 23:15:50.93 ID:0IopYeIkO
なんてこったい

566 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 23:36:08.03 ID:0IopYeIkO
10分紬

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 23:36:25.16 ID:+loClsy40
zdshrtふゅぃおp:@

568 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/11(金) 23:38:22.22 ID:0IopYeIkO
早すぎだろ、もっと楽しませろよ

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 00:03:10.81 ID:95R+E/WbP
最近の過疎率は異常

30分澪

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 00:04:18.39 ID:qsNIoNUg0
sdfgふゅい

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 00:10:07.18 ID:qsNIoNUg0
今日は一段30分梓と過疎ってんな

572 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 00:22:39.21 ID:G3XUKljrO
まったくだよ

そんな俺も今から寝ちゃうけど

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 00:46:11.52 ID:95R+E/WbP
なんか危なそうだから浮上

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 00:55:00.19 ID:x396KZppO
http://imepita.jp/20090912/032170
http://imepita.jp/20090912/032480

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 01:02:04.60 ID:hThpC1mnO
>>574
何故並べたし

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 01:46:23.80 ID:hThpC1mnO
10分律っと…

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 01:54:32.18 ID:95R+E/WbP
阻止するだけなのもあれだから何かしようと思ったけど浮かばないから阻止

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 02:30:26.52 ID:hThpC1mnO
じゃあ今度こそ

10分あずにゃん

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 02:44:30.93 ID:xae8PNJKO
畜生

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 02:59:32.10 ID:hThpC1mnO
やったぁ!

581 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 03:03:45.09 ID:0dZhbYF7O
天倉×麦茶さん

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 03:09:27.91 ID:xae8PNJKO
どうぞどうぞ

583 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 03:49:29.89 ID:0dZhbYF7O
30分午後の麦茶さん

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 04:00:11.53 ID:hThpC1mnO
そうはい神崎…でもないかな…

585 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/12(土) 04:19:08.12 ID:hThpC1mnO
暇だったので40000記念を今更ながら…
本当はSS出すつもりだったのですが間に合わず撃沈…5のときには必ず…
ttp://imepita.jp/20090912/152390

また例のごとく模写ですが…気にしない気にしない
…なんかムギちゃんがムギちゃんしてないですが…気にしない気にsh(ry

586 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/12(土) 04:52:05.57 ID:hThpC1mnO
そいえば気まぐれで10分あずにゃんしちゃったけど…りっちゃん好き好き人間なのに…りっちゃんごめんなさい><

でもけいおんのキャラはみんな好きだなぁ☆

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 04:58:35.13 ID:xae8PNJKO
>>585
ふぅ……
50000万時にも期待


>>586
律「<●><●>」

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 04:59:47.99 ID:HHKKnczWO
>>585
なんかそのムギあの娘に似てる……東のエデンの……ほら、ピンク髪の…な?

589 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/12(土) 05:11:26.76 ID:hThpC1mnO
>>587
SSスレなのに申し訳…あとふぅは自重してください><
そしてりっちゃんが一番かっこいいし可愛いよ♪

>>588
東のエデン知らなかったのでヤフったらなんとなくわかりました
確かにそんな感じですね…きっと眉毛が髪に隠れているから余計にムギちゃんっぽく見えないんですね…
眉毛眉毛…っと
やっぱりムギちゃんは麦茶さんが書いたあのムギちゃんに限ります><

590 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 05:49:01.40 ID:G3XUKljrO
おはようございません

>>589
まさか御神体とかなんとか言われてる奴の事か…?

しかし40000万hit記念に何か描いてる奴ばかりだな…俺も描かなきゃいけない空気なの?

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 05:51:57.84 ID:xae8PNJKO
>>590



592 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/12(土) 05:53:57.35 ID:hThpC1mnO
>>590
おはようです
御神体はムギちゃんの特徴をすべて網羅しているじゃないですか><
ネタとかじゃなくわりかしマジメにあのムギちゃん好きです!
あと、別に描かなくても書けばいいじゃないですか☆むしろSSのがスレ的にアリですよ♪

593 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 06:13:14.62 ID:G3XUKljrO
>>592
嬉しいこと言ってくれるじゃないの

SSは今のところ何も思いつかないしな…何か描くことにする。買い物行くまで暇だし

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 06:50:02.32 ID:xae8PNJKO
紬「父の会社が倒産して……」

唯「ふーん」

澪「今までご苦労様」

律「空っぽの財布に用はねえよ」

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 06:51:30.04 ID:OpxKx/vF0
京都一帯にGばらまいた

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 06:55:25.57 ID:xae8PNJKO
何故バレた


死にたい

597 :ウヒョー:2009/09/12(土) 06:59:04.31 ID:OpxKx/vF0
唯「なぜ休日に登校しなければならんのだ」

梓「どう考えても学園祭のせいです本当に」

唯「ありがとうございました」

梓「おい人のセリフ取ってんじゃねぇよ」

唯「すみませんでした」

梓「脱げ」

唯「はい」

梓「しゃぶれよ」

唯「……はい」

598 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/12(土) 06:59:28.67 ID:yCZYvJqG0
しかし桁数が何か激しくズレている気がしつつ40000万Hits記念にもう一枚描くとしよう……

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 07:02:22.96 ID:OpxKx/vF0
マジレスすると>>579で鶏肉かと思った
>>587で確信した
>>591で俺の嫁になった

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 07:02:54.85 ID:xae8PNJKO
>>597
あずにゃん2号「まあ頑張れや」


>>598
気のせいです
期待

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 07:03:54.83 ID:xae8PNJKO
>>599
なにそれこわい





紬「キャーゴキブリがいっぱい!!」

唯「外にもたくさんいるよ!」

澪「あわわ…………」

梓「澪先輩しっかりして下さい!」

律「くそっ!何でこんなことに」

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 07:04:40.50 ID:OpxKx/vF0
>>596
死ぬな

>>598
痴態

>>560
ぬこふんじゃた♪

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 07:06:56.29 ID:OpxKx/vF0
クソ、このボロ携帯め
やべぇ時間がねぇ……

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 07:10:27.49 ID:OpxKx/vF0
唯「緊張でおなかが……」

梓「私が食べている間に着替えるのだ」

唯「はい――えっ?」

梓「さすが、出来立てほやほやはおいしいですね」

唯「なにこれこわい」

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 07:16:45.44 ID:xae8PNJKO
>>604
つ 胃薬

606 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 07:22:16.24 ID:G3XUKljrO
紬「私はこの軽音部に入ったおかげで、たくさんの仲間に巡り会うことができた!もう私は逃げない、迷わない!仲間とともに戦い、仲間と共に生きる!それが…私たち軽音部よ!」

梓ガイスト「あなた…何者ですか…?」

紬「通りすがりの仮面ライダーよ、覚えておきなさい!…変身!」

http://imepita.jp/20090912/262430

607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 07:27:07.67 ID:xae8PNJKO
>>606
いつぞや澪がディケイドライバーをつけることが出来なかった
ということは同じくデ、ふくよか組の紬も

608 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 07:29:59.70 ID:G3XUKljrO
>>607
ムギちゃんがつけてるのは撮影用の本物ですので問題ありません

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 08:05:25.87 ID:OpxKx/vF0
ふぅ……




よし、逝ってくる

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 08:06:58.71 ID:xae8PNJKO
逝てら

611 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 08:07:23.03 ID:G3XUKljrO
どこへだ



なんか雨降ってきちゃったんだけどマジ信じらんない
ポケモン並びに行くんだからやめてよね、不吉な感じがするし

612 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 08:10:28.40 ID:G3XUKljrO
五人くらいが並んでるっぽい



早すぎたかな…

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 08:21:00.37 ID:xae8PNJKO
憂「いよいよポケモンHG・SSの発売日だね」

純さん「買う金がない」





予約以外で確実に手に入れたいなら早めに並んどけ

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 08:22:45.59 ID:x396KZppO
特典とかないなら別に並ばなくてもよくね

615 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/12(土) 08:24:37.91 ID:yCZYvJqG0
http://imepita.jp/20090912/301950
ということで改めて40,000萬ヒットおめでとうございます。

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 08:24:52.86 ID:hARRiPLHO
クリスタルはリメイクしてくれないんですかそうですか

617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 08:29:28.38 ID:xae8PNJKO
>>615
まさかの漢数字
まさかのED衣装

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 08:44:04.05 ID:95R+E/WbP
>>616
気長に待とうじゃないか
スイクンかわいいよスイクン

619 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 09:11:39.44 ID:G3XUKljrO
後一時間ちょいかな

長いよ…

620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:13:58.16 ID:O4z09SeV0
>>619
舞ってる間になんか書け

621 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 09:16:18.55 ID:G3XUKljrO
唯「ネタを」

紬「ください」

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:19:58.42 ID:O4z09SeV0
>>621
けいおん部の誰か「『けいおん!』に足りなかったもの?」


623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:24:28.44 ID:O4z09SeV0
>>621
憂「お姉ちゃん?起きてよ…?死なないでよ!」

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:26:53.84 ID:O4z09SeV0
>>621
唯「おっぱ…あいす〜」

625 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 09:26:56.49 ID:G3XUKljrO
>>622
唯「愛情」

律「勤勉さ」

澪「冷徹さ」

紬「激しさ」

梓「気合」

さわ子「劣情」

憂「憤怒」

和「実力」

純「そしてなによりも」

麦茶「眉毛成分が足りない!」

唯憂律澪紬梓さわ子和純「おいちょっと待て」




はいできました

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:30:09.80 ID:O4z09SeV0
>>625
律と和が的確かもしれない

ほかのネタも消化するんだ

627 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 09:30:21.76 ID:G3XUKljrO
>>623
憂「…あーさめざーめるとー きみのーぬけがーらがー」

唯「勝手に殺さないでよ」

憂「ごめんねお姉ちゃん!アイスあげるから!」

唯「わぁい!あいすぅ〜」





はいできました

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:31:01.52 ID:O4z09SeV0
>>621
律「かきふらい…食べちゃいけない気が…」

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:31:59.54 ID:O4z09SeV0
>>621
澪「新しいスピーカー買ってみたんだ」

630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:33:35.31 ID:O4z09SeV0
>>621
紬「……眉毛が取れた」

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:34:35.80 ID:O4z09SeV0
>>627
憂がアイスを殺した

632 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 09:34:49.06 ID:G3XUKljrO
>>624
憂「お…お姉ちゃんなら…いいよ////」スルスル

唯「わ、わかってると思うけど冗談だよ?」

憂「ほら、お姉ちゃん…チュパチュパ音立てて吸ってぇ…」ジリッ…ジリッ…

唯「や、やだぁ!憂がおかしくなっちゃった!こんな憂だいっきらい!!!」

憂「!!!!!!!(グサッ!!!!!!!!!!)…」ガクッ

唯「あれ?憂?ういー?」







唯「し、死んでる…息してない…!」







はいできました

633 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 09:41:17.14 ID:G3XUKljrO
>>628
唯「えーおいしいよ、食べなよ〜」

澪「そうだぞ律、カキは海のミルクと呼ばれててな、栄養満点なんだ」

紬「りっちゃん、もしかして苦いの嫌い?」

梓「律先輩にも苦手なものがあったんですね…」

律「おい待てお前ら、あたしがしてるのは作者の話だ」

唯「はっ!まさかりっちゃん…」

澪「枕営業を…?だ、だめだぞ律!認めないからな!」

紬「そうよ、考え直して!ただでさえ私も出番少なめなのに!」

梓「そんなんで出番をとっても嬉しくないでしょう!」

律「話を聞けーっ!」





はいできました

634 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/12(土) 09:41:38.08 ID:o/qFmidlO
>>629
Victorのウッドコーンスピーカーが欲しいんです……orz

635 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 09:45:31.38 ID:G3XUKljrO
>>629
澪「見てくれよこのかっこいい形状!惚れ惚れするだろ?」

澪「しかも音もすごくいいんだ!歪み無く音楽が聴けるよ!」

澪「こんなの持ってる私は幸せ者だなぁあははは」






澪「……何で独り言つぶやいてんだろ…箱に戻して寝よう」モソモソ




はいできました

636 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 09:49:31.53 ID:G3XUKljrO
>>630
紬「…どうしようかしら」

紬「…」ヒュンッ クルクルクル

紬「…あ、帰ってきた」クルクルクル パシッ ヒュンッ

紬「…楽しいかも♪」クルクルパシッ ヒュッ クルクル



紬「ブーメランがいいのぉ…」ムニャムニャ

澪「ブーメラン!」

唯「どんな夢見てるんだろう…」




はいできました

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:50:35.46 ID:xae8PNJKO
>>621
唯「断頭台?」

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:58:28.90 ID:xae8PNJKO
>>621
澪「私、実はふたなりなんだ……」

639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 09:59:22.58 ID:xae8PNJKO
唯「かわゆいねぇ」

640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 10:00:26.99 ID:O4z09SeV0
解除てす

641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 10:00:37.10 ID:xae8PNJKO
>>621
紬「視力が落ちました。なので眼鏡をかけることにしました」

642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 10:02:53.68 ID:O4z09SeV0
>>638 >>639 >>641
ありがとう
お礼にしょんべん中に出してあげるよ

643 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 10:03:11.87 ID:G3XUKljrO
うおおお買えたああああああ!!!



まさに戦場ワロタwwwwwwww開店と同時にみんな走り出してやんのwwwwwwwww

644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 10:05:29.36 ID:xae8PNJKO
>>642



>>643
何それ本当に怖い

645 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 10:11:03.86 ID:G3XUKljrO
買いに来てた中に幼女もいて、買えたか心配だったけど無事に買えたみたいでよかった

SSの見本パッケージなくなるの早かったな…ものの数分で消えたぞ…

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 10:19:51.67 ID:o/qFmidlO
>>645
唯「そーいえば、金は銀より高級だよね?」

憂「そーだねー」

和「でも、銀の方が高級品だったりした時代もあるのよ。おまけで言うと銀は電気伝導率、光の反射率も金属のなかで一番高かったりするのよ」

唯「へぇー……まぁ、何もポケモン関係ないけどね」

647 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 10:27:19.86 ID:G3XUKljrO
紬「当日買い!」




9/11

紬「斎藤、明日私はゲームを買いに行くわ」

斎藤「明日…というとポケモンですか、予約はしてありますが…」

紬「いいの、キャンセルしておいて!当日並んで買ってみたいの!」

斎藤「お嬢様、代わりのものに買いに行かせますからそれは」

紬「斎藤!!」

斎藤「ビクッ」

紬「…私は、一人で買いに行くの。大丈夫だから、誰も連れてこないでね?」

斎藤「は、はいわかりました…では明日、頑張ってください」

紬「もちろんよ♪(さてと…明日は二時間前には着けるようにしないとね)」モソモソ

斎藤「あれ?もうお休みになられるのですか?」

紬「明日は早いもの…じゃあお休みね」

斎藤「はい、消灯しますね」パチッ

648 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 10:38:52.95 ID:G3XUKljrO
紬「よくじつ!」



紬「ふぁ…もう七時ね、開店は十時だけど行こうかな」ムクムク

紬「朝ご飯は食べてると時間の無駄になっちゃうからこのまま行こうっと…行ってきまーす!」ガチャ バタン

紬「サイクリングサイクリングヤッホーヤッホー♪」キコキコ




紬「でんしゃ!」



紬「…暇ねぇ」

紬「モンハンでもやろうかしら…」ゴソゴソ

紬「…」ピコピコ

紬「…双剣初めて使うけどなかなか楽しいわね…砥石いっぱい使うのがイヤだけど…」ピコピコ

649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 10:40:16.64 ID:xae8PNJKO
支援

650 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 10:43:50.91 ID:G3XUKljrO
紬「おみせのまえ!」



紬「…誰もいないわねぇ」

紬「…こんな時でもモンハンモンハン」ゴソゴソ



紬「にじかんけいか!」



紬「あら、だんだん増えてきたわね…てんのうじステーションはなんだかワクワクするわ、時間がたつたびに上が開店していくもの」

紬「…それでもやることがないわね…モンハンモンハン」ピコピコ



紬「かいてんまえ!」



紬「…く…くる…!」ドキドキ

651 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 10:52:46.92 ID:G3XUKljrO
店員「はーい開店しまーす!いらっしゃいませ!」カチャッ

客「ウォオオオー!!!!」パタパタパタ!!!ドドドォッ!!!

紬「ひ…ひゃあ!?開店と同時にみんな走り出した!?」

紬「…はっいけない!私も走らないと!えーい!」タタタッ



紬「こうにゅう!」



店員「4180円になりまーす」

紬「はい、お釣りはいらないわ。楽しませてくれたし♪」

店員「!?…い、一万円入りましたー!」




紬「かんそう!」

紬「初めての当日買いはとても楽しかったわ!みんな走り出すから興奮が収まらなくて…機会があればまたやってみたいわね♪」


おしまい

652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 11:00:40.79 ID:xae8PNJKO



思う存分ポケモンをやってこい

653 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 11:31:45.26 ID:G3XUKljrO
うふふ楽しい

しかしまた過疎ったね

654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 11:42:28.16 ID:x396KZppO
コイルかマタドガス連れて歩けよ

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 11:51:35.03 ID:xae8PNJKO
10分コイル

656 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 11:55:25.35 ID:0dZhbYF7O
50分午後の麦茶さん

657 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 11:55:27.06 ID:G3XUKljrO
やだよぉリザードンがいいよぉ

658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 12:03:59.75 ID:x396KZppO
>>657
2秒で阻止するなんて……
そんなに嫌だったのか

659 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 12:09:16.02 ID:G3XUKljrO
>>658
天倉はまぁどんとこいです


連れ歩くならリザードン!

660 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 12:11:11.33 ID:0dZhbYF7O
麦茶「はぁはぁポケモンはぁはぁ」
紬「あ、あの麦茶さん?」
麦茶「はぁはぁチコリータはぁはぁ」
紬「どうしよう とてもじゃないけど割って入れそうもないわ・・・」
麦茶「ジョウトきたー(・∀・)ー!やべぇよ昔を思い出しちまうよ」
紬「うぅん・・・困ったわ」
天「どうしました?」
紬「あらぁ 天倉さんどうしてこんなところに?
天「麦茶さんの様子を確かめに」
紬「そう 麦茶さんはごらんの通りよ」
麦茶「ちょwハヤトとかwなつかしすwwポッポw相変わらずだな」
天「麦茶さん・・・とりあえず今日のところはそっとしておきましょう 誰でもワクワク感を邪魔されたら怒りますし」
紬「仕方ないわ・・・それじゃ天倉さんと私でどこかお買い物にでも行きましょうか♪」
天「はいっ私で良かったら♪」
サッ
麦茶「俺も一緒に行くぞ」
紬「むふふっ」
天「計画通りですね」

661 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 12:15:38.14 ID:G3XUKljrO
>>660
まだそこまで行ってないどころか俺が選んだのはヒノアラシだw

662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 12:43:05.89 ID:x396KZppO
30分梓

663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 12:49:05.84 ID:xae8PNJKO



664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 13:16:28.25 ID:O4z09SeV0
ケーキ食べながら保守

665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 13:19:40.67 ID:O4z09SeV0
甘ったりぃな
だがそれがいい

666 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 13:41:53.29 ID:G3XUKljrO
ポケウォーカーつけて家の中を歩き回りながら保守

667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 13:45:09.14 ID:xae8PNJKO
振るんじゃ駄目なのか?

668 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 13:48:06.83 ID:G3XUKljrO
振ってもあまり反応してくれないのよ
性能よくしすぎ

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 13:49:41.22 ID:xae8PNJKO
面倒臭い仕様になってるんだな

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 13:52:08.54 ID:J4Ss9oXH0
腰振ればいいじゃないか

671 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/12(土) 13:54:46.07 ID:yE1GghYu0
ポケモン買ったのか
ええのう

672 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 14:00:58.63 ID:0dZhbYF7O
麦茶「むぎゅのためならどこへでもいってやるんだからな!」

紬「まぁ///」

天「よかったですね」

麦茶「まぁ天倉はいなくてもいいんだがな?」

天「・・・言われなくても行きませんよ どうぞごゆっくり」

紬「さぁ行きましょうか」

麦茶「あぁ おっとポケウォーカーっと じゃ行こっか」

紬「天倉さんにはお土産を用意しておきますね」
天「ありがとうございます」

麦茶「むぎゅの買ってくれるお土産・・・羨ましすぎる!」

天「麦茶さんは一緒に行くんだからいくらでも買えますよ」

麦茶「いや男としてはな?」

673 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 14:12:01.70 ID:0dZhbYF7O
誰も保守してくれないから100時間琴吹紬さん

674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 14:18:26.04 ID:xae8PNJKO
落ちちゃう><

675 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 14:22:38.00 ID:G3XUKljrO
>>672
来てもいいのよ…?拒んだりなんてしないんだから…

676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 14:27:50.66 ID:xae8PNJKO
もう天倉と麦茶でホテルオフでもやってこいよ

677 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 14:29:36.13 ID:0dZhbYF7O
天「いってらっしゃ〜い」

紬「行ってきます」

麦茶「おいはやくいくよ」

紬「はいはい それじゃ」


天「・・・何やってるんだろ私・・・」

678 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/09/12(土) 14:44:00.45 ID:yE1GghYu0
ガチホモな流れなのか!?

679 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 14:58:45.40 ID:0dZhbYF7O
>>678
違います

680 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/12(土) 15:00:35.20 ID:hThpC1mnO
うほ

681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 15:02:55.77 ID:x396KZppO
>>678
ガチホモはあんただろ

682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 15:04:35.67 ID:x396KZppO
http://imepita.jp/20090912/542370
http://imepita.jp/20090912/542060

683 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 15:07:58.30 ID:0dZhbYF7O
>>682
下は貰いました

684 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/09/12(土) 15:15:20.07 ID:hThpC1mnO
>>682
いつだか私が描いたやつが…><

ttp://imepita.jp/20090912/548370

685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 15:29:03.04 ID:x396KZppO
やっぱ一番はこれだな
http://imepita.jp/20090912/557030

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 16:00:30.12 ID:x396KZppO
相変わらず過疎ってるな

30分梓

687 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 16:03:19.05 ID:0dZhbYF7O
麦茶さん・・・
どうして琴吹さんを・・・

688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 16:06:49.56 ID:95R+E/WbP
みんなポケモンやってるから過疎ってるのか

30分紬

689 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 16:10:07.52 ID:G3XUKljrO
>>687


ムギちゃんには何もしてないよ?

690 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/12(土) 16:27:24.26 ID:o/qFmidlO
暇すぎてうつらうつらしてたら8時間も寝てただと……

691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 16:49:32.56 ID:KMi21Mu10
ようやく文化祭が終わったぜ……
打ち上げ前に休憩休憩っと

692 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 16:52:51.32 ID:G3XUKljrO
>>691
リ…リア充め!

693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 16:55:24.04 ID:KMi21Mu10
>>692
どこがリア充なんだよ……

やべぇほっとしたら全身の筋肉が

694 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 17:10:51.38 ID:G3XUKljrO
だってほら…打ち上げ…

695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 17:13:58.49 ID:KMi21Mu10
打ち上げのどこがリア充なんだよ……

ここ数日抜いてなかったから今から抜いてくる

696 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/12(土) 17:35:03.78 ID:o/qFmidlO
>>695
文化祭の打ち上げに参加しない儂から見れば十分にリア充だと

697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 17:45:33.21 ID:KMi21Mu10
ふぅ……

>>696
参加人数が3/4なんだが……
ほとんど全員参加だぜ?

698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 17:51:35.82 ID:x396KZppO
リア充アピールうぜえ
死滅しろよ

699 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/12(土) 17:53:45.66 ID:o/qFmidlO
>>697
学祭係(以外学)「ねぇ、手伝って」
目「お断りします」
学「なんで?」
目「面倒だからです」
学「打ち上げ参加する?」
目「致しません」
学「なして?」
目「お金も時間もないからです」

といったのは去年の今頃

700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 17:55:48.21 ID:KMi21Mu10
>>699
おにゃのこに話しかけられる時点でリア充

701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 17:58:05.11 ID:o/qFmidlO
>>700
いやいや、学祭係(男)ですえ?

702 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 17:58:48.37 ID:G3XUKljrO
DSの充電器が見つからない
ちくしょうどこだ…!

703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 18:02:00.04 ID:KMi21Mu10
>>701
騙された畜生ッ!
謝罪と賠償をry

>>702
ごめん俺が持ってた




そろそろ逝ってくるか

704 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/12(土) 18:03:32.42 ID:eCKLMMcbO
打ち上げ?
なるほど、最近の学祭は打ち上げがデフォなのか



打ち上げがデフォなのか

705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 18:07:07.91 ID:O4z09SeV0
大事なことなので三度言います

打ち上げがデフォなのか

706 :天倉澪 ◆ER64J6XKva5u :2009/09/12(土) 18:08:18.25 ID:0dZhbYF7O
>>302
はいこれ
っ 充電器

707 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 18:12:10.16 ID:G3XUKljrO
>>706
ありがとう!


ってこれPSPのじゃん…

708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 18:12:38.17 ID:x396KZppO
大事なことなのでもう一度だけ言います


打ち上消えうせろリア充げがデ死ねリア充フォな俺が引導渡してやるよリア充のか

709 :目次@携帯 ◆index/9a7s :2009/09/12(土) 18:14:04.01 ID:o/qFmidlO
>>707
っスーパーチャージャー

710 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 18:37:10.52 ID:G3XUKljrO
>>709
なんぞそれ
おいしいの?

711 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 19:07:40.94 ID:G3XUKljrO
あったああああああ
妹の部屋にあったよおおおおお




本当盗人猛々しいなあいつ…爪切りとか充電器とか他にもいろいろ人のもの盗みすぎだろ…

712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 19:07:59.24 ID:hARRiPLHO
過疎だのう

713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 19:13:13.72 ID:x396KZppO
>>711
「DSの充電器盗んでナニしてんだよビッチ」って言ってやれ

714 :目次 ◆INDEX/woDo :2009/09/12(土) 19:15:34.86 ID:yCZYvJqG0
>>711
ウチも似たようなもので、昔は散々持ってかれましたぜ……ゲームコントローラー、GBA、MP3、マウス、キーボード、ギターと数えたらもうきりがない('A`

715 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/12(土) 19:18:55.42 ID:G3XUKljrO
>>713
最近家に帰ってこないからそれできないよwww
しかも無駄にアドレス変えまくるから音信不通状態だし

716 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/12(土) 19:55:37.45 ID:J4Ss9oXH0
(´┗┛ー┗┛)

216 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)