5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【韓国】 「三国遺事」の「延烏郎と細烏女」は日本の古代王国建設説話〜細烏女は卑弥呼だった[12/15]

1 :蚯蚓φ ★:2009/12/17(木) 00:30:13 ID:???

1285年、僧侶一然が「三国遺事」を書いた延烏郎(ヨノラン)と細烏女(セオニョ)とはそれほど長く
ない合計237字からなる話ですぐ読める。しかし、その中には韓日間の交流の話が含まれており、
色々な事実を語ってくれる。

新羅国第8代阿達羅尼師今4年(157年)、東海(日本海)の海辺に延烏郎と細烏女の夫婦が暮ら
していた。ある日、延烏郎が海に出たところ突然、岩に乗せられて日本に渡ってしまった。日本の
人々は彼が平凡な人ではないことを知って王に推戴した。夫が帰ってこないので細烏女は夫を探
して海辺に出かけたところ、岩の上に夫が脱いだ履き物があった。細烏女がその岩の上にのぼる
や、すぐまた岩は細烏女をのせて日本に行った。王は彼女をむかえて貴妃とした。

すると新羅では太陽と月が光を失った。阿達羅王は使節を日本に送って延烏郎と細烏女に新羅
に戻ることを求めた。しかし延烏郎は「私がこの国に来たのは天がさせたことで、どうじて帰ること
ができようか。私の妻が織った薄絹がある。これを持ち帰って天に祭れば、光を取り戻すことがで
きるだろう」と語った。(中略)

韓日古代史を研究するイ・ヨンヒ教授(ポスコ人材開発院)は説話の形式で簡単に記録されている
この説話を韓日古代史を理解するとても重要な事件とみるべきであると話す。特に説話形式で書
かれた西暦157年浦項トギにあった製鉄技術集団が大挙日本に進出した事実を明らかにしてい
るということだ。(中略)

イ教授は「'日本書紀'を見れば日本第11代王、垂仁3年3月、新羅王子アメノヒボコが来て播磨
国に留まり、彼はこの時、玉、矛、鏡など七種の神宝を持ってきたという記録に注視しなければな
らない。また'古事記'や'風土記'などにも「アメノヒボコ」がしばしば登場し、特に'古事記'には妻が
日本にきたという記録があると明らかにした。日本に行った妻の名前はアカルヒメで'真っ赤な玉'
すなわち「アカタマ」が変身した女性としてこのように呼んだのだろう。

「アカ」は私たちの古語「坊(アガ)」が日本音化されたものであり、「ア」は本来「終わり」を現わした
単語だったが、すべての「刀類」を意味することもある。「カ」とは「変える」という意味と見られる。し
たがって「アカ」とは「刀類粉砕」すなわち「鉄器製造」を意味し、「タマ」とは「タム」で「一番上」「親
分」の古語で「アカタマ」とは「鉄器製造の親分」を意味する私たちの古代語で解説できるということだ。

このように見る時、日本古代史に出てくる新羅王子アメノヒボコと関連した話は三国遺事に出てく
る延烏郎と細烏女の説話と絶妙に合致する、とイ教授は結論付ける。

イ教授はまた細烏女夫婦が日本に渡ったことにより、新羅の太陽と月が光を失ったのは製鉄技術
者集団が日本に発ってしまったので高炉から火が消えたことと解釈する。イ教授は卓越した想像
力と韓日古代史の博学な知識を土台に、この説話が含むもっと深い意味を引き出している。

それなら細烏女は誰か。(中略)阿達羅王20年(174年)新羅が使節を送った倭の女王、卑弥呼が
細烏女と同一人物ではなかっただろうか。イ・ヨンヒ教授は「日本書紀」に登場する神功皇后が卑
弥呼であり、その卑弥呼がすなわち細烏女であると分析した。

このような主張を要約すれば「延烏郎と細烏女」は浦項の人で当時の製鉄技術など先端技術を日
本に伝えた人物だけでなく、日本古代王国を建設した主人公であることを知ることが出来る。した
がって延烏郎と細烏女の歴史的意味と説話の中に含まれた韓日古代史の真実を見て浦項が鉄
とは無関係な都市ではないことをもう一度悟ることになる。

チン・ヨンスク記者

ソース:慶北日報(韓国語) 浦項市'延烏郎細烏女'は日本古代王国建設の主役(抄訳)
http://www.kyongbuk.co.kr/main/news/news_content.php?id=465196&news_area=120&news_divide=&news_local=&effect=4


2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:31:22 ID:dvhFzrfT
日本を絡めないと何も語れない韓国

3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:32:31 ID:hq+4lzcA
卑弥呼さまにげてー

4 :丸に抱き沢瀉 ◆kamonG6GgE :2009/12/17(木) 00:34:01 ID:a28ocS3+
これは新しいな・・・まぁ本文で卓越した想像力とか書いてあるんでただの妄想だな

5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:34:14 ID:TGc9JRaT
日本古代史以外で朝鮮を語ろうとしたら熊しかいない件

6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:36:02 ID:vm/oe0Ae
>>1
>イ教授は卓越した想像力と韓日古代史の博学な知識を土台に、
>この説話が含むもっと深い意味を引き出している。


こやつの卓越した想像力だけは認めざるをえない

7 :ドラゴンランス ◆sWtt3TqIbU :2009/12/17(木) 00:36:10 ID:jKvfxIkA
>岩に乗せられて日本に渡ってしまった


Σ(;´△`)エッ!?

8 :◆OraMYUrmo2 :2009/12/17(木) 00:36:50 ID:SMHA5ODs
>>1

蚯蚓の旦那、いつものように3行でまとめて下さいw

9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:37:05 ID:eTl4JOyD
神功皇后は三韓征伐したんだよね。
神代の出来事だけど。

10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:38:29 ID:p84lrboS
卑弥呼って生涯独身を貫いたんじゃなかったっけ?

11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:39:08 ID:drNWi/Br

まーた始まった!

とにかく日本と関わりあいが持ちたくてしょうがないんだな朝鮮人(笑)



12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:40:02 ID:xmyFsW4w
なむぎょ先生ではなかったか。

13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:40:25 ID:B9Ssq4Zq
ニダニダニダニダスムニダ
佐渡佐渡佐渡佐渡新潟で
拉致をしよう 取りあえずマンセーでーす

トンチンカンな答えだって 朝鮮人の常識で
自称ロケット 飛ばして南北統一

皺寄せはわまりの国に
放火と強姦で叩かれ涙がにじむ…アイゴー
あっそぼー! トンスルで犬食い競争

ニダニダニダニダスムニダ
朴・鄭・「・李・全・金妍兒 ヒトモドキ キムチが主食だ
ゴロゴロゴロゴロまいて ファビョファビョファビョファビョ
火をつけて空を見よう 将軍さまにマンセーでーす マンセーでー

ユメでユメで日本に 謝罪を要求してたよ
ファビョンでマンセー三国人

朝鮮族は滅びないよ 七千万人はいるかもね
うそくさコメディー 演じて賠償請求

たまにあるいい話しもフィクション
だってだってそんなのすぐバレるから…いやだよ

やけくそ! 絶対被害者ヅラね

はてハテはてハテはてな
ニダニダニダニダニダ様は 同胞の子 苛めてないよね
ほらホラほらホラ吹いて
チョワヂョワチョワヂョワ合図にして 集まろう 場所はどこ
板門店 板門店

白頭山のてっぺん 登ってちょっとお休み
半島のファシズム三流以下

やっぱやっぱちがうよ独島は竹島…だめだよ

やけくそ! 東海 日本海じゃねー

ニダニダニダニダスムニダ
朴・鄭・「・李・全・金妍兒 ヒトモドキ キムチが主食だ
ゴロゴロゴロゴロまいて ファビョファビョファビョファビョ
火をつけて空を見よう 将軍さまにマンセーでーす マンセーでー

ユメでユメでみんなと アリラン歌っていたよ
ファビョンでマンセー三国人
          ____                       、_ _____
    _/::::::::::::::::::::::::::<       _ ___        >       `丶_
.   /:::::::::,、::::::::::::::::ヽ::::::ヽ     >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、   イ  l/{/l{ /   ヘ\     > ̄ ̄ ̄ ̄ `ー、_
 _/::::l:::::W \::{\l\ヘ::::V⌒l   7´.:/.//{.:.:.:.{.:.:.:.:ヽ.:ヽ   _}/V==  ヽ{\{ハ.   l    〃ミ7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イィミ)
.(⌒ヽj:::::{≡≡_}―{_≡_ハ::ト、_ノ __乂/レ /ハ/V\イ.:.:|.: ハ ( _Y "r‐-   == ∨ 〉|.(^ヽ((ミ7.:./レ八.:.:ト、{ヽY_彡⌒)
  l>'/\l" ̄ { ̄ ̄〕_",ィ人/. (__ヽY ==   ==リVX_厶. V >ゝ   `>"/ ,イ⌒) `く ∨)Y ≡ ∨≡≡爪/゙7
  `ヘ  \丁「 ̄ }_ハ. /    \ゝ" _V ̄〉 ""厶/∨ ) V 代>‐ァ<, ィ'´ >'´   \)人"  マフ  "j川/
     \_/  l ̄〈:  Y       \l {{二フ 7 ´ / ̄   ヽ{  {:} {/{  /       ヽ))`下斤 ̄(((
      }  l  ヘ: 〈         / ヾz〃 {_ /        },       r'´          (  V/  Y⌒
わっしょい!わしょしょい!!わっしょい!わしょしょい!!わっしょい!わしょしょい!!

14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:40:28 ID:BMNTVeQ0
237文字?
般若心経とどちらが長い?
あ、でもハングルで書いてたら237文字なんかすぐに使い果たすよな。


15 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:40:50 ID:lyElB7KN
また新ネタかよw
三国遺事自体、日本の神話をヒントに書かれてんだから
内容が似通ってんの当たり前だろ
だいたい13世紀にもなって書かれた”神話”なんて出してくんなよw

16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:40:56 ID:mu21R812
卓越した妄想力か

17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:41:40 ID:BxHTT02h
相変わらず時系列がw

18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:42:29 ID:Po50BErP
またこの話か。。。
同じ話題をいつも繰り返してるよね。
日本と朝鮮ってよっぽど関係がないんだな。

19 :J.A.C.K.:2009/12/17(木) 00:42:56 ID:f9G3e62N
さすがに何が何だかさっぱり訳が分からない

20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:43:06 ID:hq+4lzcA
>イ・ヨンヒ教授

この人、写楽は韓国人と言ったバカじゃなかった?
まったく似ていない絵を持ってきて、写楽は韓国から来たスパイだと妄想抜かしてた記憶が。

21 :◆OraMYUrmo2 :2009/12/17(木) 00:43:33 ID:SMHA5ODs
>>10

それを言ったら、日本書紀では卑弥呼を神功皇后に比定してますがなw

>>15

まあ百歩譲って三国遺事と記紀に共通点があるとして、そこから卑弥呼を引っ張り出すのはw

22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:43:38 ID:bzQYWFdH
日本の学会も、卑弥呼にこだわり過ぎじゃね?

23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:45:04 ID:YUbDQc7z
ナムギョ先生の人気に早速パクってきたか

24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:45:13 ID:Po50BErP
>>15
前に出てたよ。
山陰地方の退職教員がこの話に感動して絵本を出したとかだったかな?
元の話が半島から逃げ出した神様に戻りたくないと断られたんだから、心温まる話でもないと思うが。

25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:45:28 ID:rgREHc3M
>>1

どうせ、たいしたことは云ってない。


26 :蚯蚓 ◆MIMIZU/ZLU :2009/12/17(木) 00:46:30 ID:/gMFctjQ
>>8
「三国遺事」に出てくる延烏郎(ヨノラン)と細烏女(セオニョ)のお話は、
浦項の製鉄集団が日本に渡ったことを表したもので、
彼らは日本古代王国を建設して、細烏女は卑弥呼と呼ばれました。

アメノヒボコの話は、日本に渡った王族の話を加えただけ。

27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:46:31 ID:yLEmctkF
今週のイ・ナムギョスレ…ちがうのか?

28 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:47:02 ID:FN9rEWPI
またトンデモ朝鮮物語かよ
いい加減朝鮮ファンタジーに飽き飽き

29 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:47:35 ID:bGmgtnaW
>>25
むしろ天女の羽衣のパクり
千葉にあやまるべき

30 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:48:04 ID:u1oi18gV
その当時すんでた倭国系の元祖朝鮮人は朝鮮半島から追い出され、
そのDNAは日本に住んでるんだよ。

日本語と言語発音分類も違う、仏教徒でもない、ましてや朝鮮半島に住んでなかった、
朝鮮語の朝鮮人が李氏朝鮮以前の歴史を語れるわけないでしょW


31 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:48:08 ID:/idFgxqD
えっ285年?そんな昔の朝鮮の古文書なんてあったっけ?と思ったら1285年じゃねえか
卑弥呼なんて248年に死んでんだぞ

32 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:49:08 ID:wtO32ONS
朝鮮人てバカだろ?

な、

バカだよな?

33 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:50:50 ID:gJ/h+gJE
>>1
そもそも時代が違うんだがww

34 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:51:50 ID:drNWi/Br

自慢の三国遺事すら日本が朝鮮征伐をして清正が持ち帰らなきゃ読む事すら出来なかったくせに…



35 :◆OraMYUrmo2 :2009/12/17(木) 00:56:32 ID:SMHA5ODs
>>26

ありがとうございます。

「いつものことだ。たいしたことは言ってない。」

36 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:58:33 ID:NQmjitv/
>>三国遺事
原本もない、300年後の写本のみの史料だろ。
史料として質が悪いね。

37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 00:59:39 ID:jRcOeNVc
>>36
それは「三国史記」
「三国遺事」は千年後の創作神話だから。

38 :革マル印のカスタード:2009/12/17(木) 01:00:41 ID:w0VLNau4
>1
アタマイタイ…
ひぐらし15分位進めてから寝よう…
明日もいつも通りのバ韓国でありますように…

39 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:05:50 ID:mWJbSQuo
日本書紀や古事記がファンタジーだと主張する朝鮮人が
日本書紀や古事記を根拠に語るのは滑稽ですな

40 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:07:27 ID:NPRPKB1h
卑弥呼(日巫女)=ヤマトトトヒモモソ姫で崇神天皇の姉だ。


41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:08:20 ID:hlF5ZKTa
ん?
卑弥呼時代の資料は
日本にも朝鮮にもなかった筈だが…
まだ漢字も輸入できてない時代だろ?

と思ったら1285年に書かれた資料ww

42 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:13:31 ID:ubnE37yE
>>1
そういうストーリーなら、
製鉄技術を持つ氏族が大陸から朝鮮半島を通って日本に来ました、
新羅は製鉄技術を持って無かったので困りましたって話になるんじゃない?

鉄の真髄を持つ一族がどこからか東に流れ来て日本に渡った。

43 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:15:00 ID:u5VFK72Y
阿達羅王20年(174年)新羅が使節を送った倭の女王、卑弥呼が
細烏女と同一人物ではなかっただろうか
阿達羅王20年(174年)新羅が使節を送った倭の女王、卑弥呼が
細烏女と同一人物ではなかっただろうか
阿達羅王20年(174年)新羅が使節を送った倭の女王、卑弥呼が
細烏女と同一人物ではなかっただろうか


??????

44 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:20:48 ID:5BIvL6ae
見事なまでのアクロバット三段跳び論法
芸術点満点をあげたい

45 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:24:42 ID:KSjFVN/c
自国の歴史書があれば少しは説得できるのに

46 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:27:43 ID:ZS6S+iS/
要するに結論としては、半島は日本帝国領と訴えてる訳かw

47 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:33:11 ID:UF6AQpSE
とりあえず日本と中国からしか歴史を語れない切なさがにじみ出てますなw

48 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:33:25 ID:ucWRXwA/
”高炉”から火が消えただと。
もしこれが事実なら、鉄鉱石から銑鉄を取り出した世界で最初の民族となり、歴史が覆ったことになる。
歴史的に高炉が最初に作られたのは、1709年だからなあ。
いやあ、優秀な民族だこと。

49 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:33:25 ID:wlcpNtLE
>>1

ウソをついてでも日本を貶め
自分を無理やり上に置いて
ようやく安心できるのか?

いいかげん独り立ちしろよ
乞食野郎

50 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:37:10 ID:drNWi/Br

<;`Д´>岩に強制連行されたニダ!

<丶`∀´>でも絶対に帰らないニダ!!

(´・ω・`)岩にすら罪を擦り付けるとは、やっぱ朝鮮人は昔から朝鮮人なんだな…



51 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:37:27 ID:A+hL8w95
>1285年、僧侶一然が「三国遺事」を書いた

日本書紀が成立したのは720年。

52 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:37:46 ID:h5CBllvA
日本列島は韓国人の物






http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1260836475/l50



53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:43:50 ID:z/4zbpTN
キョロキョロ
  ∧_∧ ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
≡(・∀・;≡;・∀・)< どうしよう…こんな所でウンーコがしたくなっちゃったよ…
   (    )     \____
   人  Y
   し(_) スサノオ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ラッキー
          ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         (* ・∀・)< と思ったらこんな所に便器があるじゃん♪
         /,   つ  \_________
        (_(_, )
    ブリブリ 人しし'  ∬ もわ〜
      ∬ (;;:::.:.__.;) ∬   もわ〜
    ∬ (;;:_:.__〃⌒.),,   !
     (/⌒つ<丶`∀´>つ
 ~つ                  | i'
 /               。/   !
/                /},-'' ,,ノ
i、        ,i' _,,...,-‐-、/    i
..ゝ        <,,-==、   ,,-,/
 )       {~''~>`v-''`ー゙`'~
 {        レ_ノ

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          {\
          .,iト .゙ミ.
       ._,,yr!″  《yyy,,,,_
      ,メ″`∀ .{l厂  ´゙)z
     .l|<丶`∀´>l厂丶`∀´゙lly_
    .,ノミly <丶`∀´>    ,メ゙゙\.
   ,i「  .゙\u,,,,,,__  .___,,,yr!″  .¥
   《 <丶`∀´>⌒゙゙¨⌒′<丶`∀´>il|、
  ノ'\   <丶`∀´> <丶`∀´> _yl¨゙《y
  i|′ .゙\u_      <丶`∀´> _,yr厂  ゙ll
  li,<丶`∀´>.゙゙^冖¬─ー¬冖゙¨′   .メ
  .\,_   <丶`∀´>  <丶`∀´>   ,zl「
   ゙゙\u,,_  <丶`∀´>    .__,,yrll^″
      ¨^〜---vvvvrr冖¨¨′
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ノ      ゚.ノヽ  , /}
            ,,イ`"     、-'   `;_' '
   ,-、  _.._,,-'' ̄         (,(~ヽ'~
 )'~  レー' 人            i`'}
 ~つ   . (  _)            | i'
 /   <丶`∀´>       。/   !
/     ( __ )       /},-'' ,,ノ
i、        ,i' _,,...,-‐-、/    i
..ゝ        <,,-==、   ,,-,/
 )       {~''~>`v-''`ー゙`'~
 {        レ_ノ
ノ         ''


以上、古代朝鮮の建国神話


54 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:46:30 ID:uT1TMigp
三国遺事なんて捏造本は書かれた自体13世紀末で
由来の怪しい古書を引用するなど、史書としての問題点は少なくない。
古い歴史文献の無い朝鮮人の自尊心を満足させるための
ファンタジー捏造本に過ぎないんだよ!
チョンは今も昔も嘘で塗り固められた下司民族っちゅうこっちゃ!

55 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:53:06 ID:k45uC8yT
朝鮮の惨めな歴史が全て、夢だったらいいのになって何度も思った。
だから、書いてみた。書いて夢になると信じて。

56 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 01:53:46 ID:F+kMmNpg
卑弥呼はおそらく崇神の叔母のモモソ姫だろう。

57 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 02:08:00 ID:bIXQ/O4b
古事記によると、アメノヒボコの曾孫の曾孫が神功皇后なんだよな。
で、その神功皇后は三韓征伐して朝鮮半島を属国化した訳だ...

でも、>>1の記事を書いた朝鮮人は神功皇后の三韓征伐や任那日本府の記述には
必死に否定してるんだよなぁ。彼ら朝鮮人には都合が悪い存在だから...

以前も米国でこんな騒ぎを起こしてたし..↓↓

【米国】韓国系市民ら、神功皇后の新羅征伐を描いた絵巻物に反発。美術館側に是正要求(中央日報)07/08/03
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1186438292/

韓国の歴史って日本書紀や古事記の内容を基準にしてるくせに、テメーらに都合が悪い部分は「捏造ニダ!」とか
「愛が無いニダ!」とか言って駄々こねるんだよな。奴ら、中国の歴史書と一緒に展示したら納得するのかね?

58 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 02:40:08 ID:z+mDt7II



またコリエイト?





59 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 02:44:50 ID:dU4ZgipW
日本は何から何まで韓国に世話になりっぱなしだなあ。
本当に何一つ恩返しが出来ず、迷惑ばかりかけて申し訳ないな。

60 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 02:52:43 ID:z/4zbpTN
具体的に..

61 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 03:01:29 ID:PoAnZ2xC
>>1
平和な島国に殺傷能力の高い鉄製の武器を持ち込んだのは朝鮮だったのか

62 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 03:05:33 ID:57Up8NjC
朝鮮人ももうそろそろ日本離れしたほうがいい。
いつまでたっても自分たちの本当の文化が成熟できないよ。
どんなに日本の歴史を捏造しようが、日本の文化の源流を主張しようが永遠に自分たちのものにはならないよ。
自動車や家電が売れて一喜一憂してもその元はあくまでも日本技術の亜流でしかない。
一から自分たちでできるものを探してゆくことが大事じゃないかと思うがどうだろうか。

63 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 03:14:03 ID:tlcUURLy
237文字ってウチの小学校の校歌より短い件

64 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 03:17:37 ID:4o99uu+k
>>62
ここはそういう本当に韓国の人々のためになる事を
書き込むことろじゃありません
まともな事はよそで言って下さい

65 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 03:21:44 ID:j6iKYJ71
どうせそのうち「邪馬台国は韓国にあった」なあんて言い出すんだろ

66 :Ta152 H-0 ◆Tank/Ja2RQ :2009/12/17(木) 03:23:21 ID:pWgvrP0G ?2BP(1617)
>>65
「高天ケ原は韓国にあった」は既出ですけどね。

67 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 03:25:31 ID:2i45QHsx
日本のよいものは根拠は無いけどこじつけて韓国起源

日本の朝鮮人の犯罪者、悪党はスルー

科学でもなんでもないだろww

せめて、両方起源を主張しろよw

68 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 03:33:20 ID:z/4zbpTN
『日本書紀』の一書では、高天原から追放されたスサノオは、新羅に降り、「私はここには居たくない。」
と言い息子の五十猛尊(イソタケル)と共に土船で出雲へ渡ったとある。そのとき高天原から持ち帰った
木々の種を、韓(から、朝鮮)の地には植えず、大八洲(おおやしま、日本のこと)に植えたので、大八
州は青々とした地になったと言う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA

ウリナラ変換↓↓↓

日本の神々は全て半島出身ニダ!!ウェーハッハ!!

【日韓】洪潤基教授:「日本人が崇拝する菅原道真は新羅人の子孫。素盞鳴尊も天照大神も新羅人」(世界日報)07/05/08
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1178799854/

単なる中継地だったのに、出身地扱いしてるしw
つうか、神にも見捨てられた朝鮮半島....哀れ。

挙げ句の果てに、に"『高天原』はウリナラ起源"などとほざいて記念行事なんてやってるし...

【韓国】 金海伽耶大学、「高天原祭」行事開催〜講演「高天原はどこか?」や歴史体験など(中央日報)08/04/10
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1208001486/
【韓国/新刊】応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった 朴炳植(朝鮮日報)[09/05/11]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1242030823/

69 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 03:36:14 ID:Mytu4fLm
で、卑弥呼の時代に>製鉄技術集団
がいた痕跡はあったのかな?

70 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 04:08:24 ID:OxGS82pi
ひとつも証拠のない話されてもな
まず「三国遺事」に日本に渡ったってほんとに書いてあるのかなってことと
なんでそんなの信じちゃったの?
とか古代朝鮮語をなにで(間違って)知っちゃったのかとか
語彙の変遷のソース出せとか
もうねこいつらほんとに教育ちゃんと受けてきてるのかな


71 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 04:29:29 ID:dJcYSnX5
なんであいつ等はこんなに日本のこと意識してるの?
自分より下だと思うなら、無視すればいいのに

72 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 07:18:39 ID:8AiSRpMr
>>71
分かってるクセにw
いけずなお方www

73 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 07:33:35 ID:oJ2eSk1D
>>71-72
ストーカーだから?

74 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 08:01:46 ID:QNDm8DuO
まーたはじまった


75 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 08:19:16 ID:tbJi0vk/
13世紀に蒙古支配の反動で突然作られた、括弧書きの「史書」で日本の古代を語られてもなぁ。

確かに、日本統治前の朝鮮を、現在の韓国では古代と呼ぶことがあるが。

76 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 08:37:04 ID:wCsGyzN9
卑弥呼はウリナラ起源ニダ!
チョッパリに謝罪と賠償を要求シル!

77 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 08:48:42 ID:u50yhjSQ
赤の語源は「明るい」

ちなみに
黒=暗い
青=淡い、な


余談が過ぎた

78 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 08:53:59 ID:UBUk47F9
つながるっ!わしの火の民、鉄の民族仮説が・・・

79 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 08:54:18 ID:LenuCmoR
以下、余談ながら

春は「晴る」
夏は「暑い」
秋は「明らか」
冬は「冷ゆ」

80 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 08:58:23 ID:8yqVUF/4
>>1
これから、学会に働きかけて、韓国の妄言プロパガンダに対抗していこうと
真剣に思っている、
小沢一郎の騎馬民族征服説ぶち上げ以来、政治プロパガンダに研究者らが
敢然と立ち上がるべきだと強く感じるに至った。

賛同いただける諸氏にも、研究者らに対する直接の働きかけをお願いしたい。

日韓同祖論を己の「利権獲得」の為に使う政治リーダーが出現するとは、よもや
思っても見なかった。

81 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 09:00:12 ID:YVpQ+QHs
...年代が混乱して無いか?ちょっと年表に起こしてみろよ.

82 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 09:42:46 ID:m8UUX2nY

素人の俺が一言

・延 烏郎
・細 烏女

名前からして、対馬当たりに住んでいた倭人ではなかろうか?
烏(からす)なんて名前は倭と同じで見下した呼び名だから。


83 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 09:44:00 ID:/nBQibY6
>>80
がんがれ。
超がんがれ。

84 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 09:47:24 ID:Lg3nVkVK
いつも韓国のこういう歴史の記事読んでも納得、理解できない…  

読解力が下がったか…?

85 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 09:52:37 ID:mfhDxjcO
そもそも三国遺事自体が13世紀の著作で裏づけが無い。
昔から朝鮮人の書くことは信憑性が無い。竹島に関する記述のいい加減さでわかる。
朝鮮人は昔から妄想と事実の区別がつかない劣等民族なので。

86 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 09:59:46 ID:Os6Bvoig
朝鮮人の捏造に本格的に対抗するために学会を立ち上げるべきではないか?
右派はそろそろしっかりとまとまるべきだよ。本部を東京の置き、
会合やら機関紙の発行もそうだが、それを産業に育てあげるべきだろ。
本当に日本が亡国するぞ。戦わないと滅びるぞ。

87 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:08:54 ID:8DpINvuh
>>8
>「延烏郎と細烏女」は浦項(ポスコ)の人で当時の製鉄技術など先端技術を日本に伝えた人物だけでなく、
日本古代王国を建設した主人公であることを知ることが出来る。
※ヒミコだといってます。
>イ教授(ポスコ人材開発院)は卓越した想像力の持ち主。

88 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:17:06 ID:Vq+tmQHb
そうだよな。朝鮮人が書いた本だったら嘘に決まったようなもんだろ。
今の朝鮮人の学者でさえもが、1の有様なんだから、朝鮮人が書いたと言うだけで、
イエロー教授のES細胞の論文並みの如何わしさを仮定してから語るべきものだよな。

89 : ◆65537KeAAA :2009/12/17(木) 10:20:08 ID:2rc2KG0P ?2BP(3072)
合計237字からでも捏造(W

90 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:20:24 ID:m4eNvcUB
>>1
>イ教授は卓越した想像力と韓日古代史の博学な知識を土台に、

妄想力だろw

91 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:23:50 ID:KhkPV0Of
>>86 歴史については「新しい歴史教科書を作る会」とかいうのがすでにあるだろう。

 常に日教組が目の敵にしている。

92 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:25:27 ID:z3WRhqCl
まさか13世紀の文献を根拠に、卑弥呼を語るとはな。

当時の中国の文献でさえ、記述不明瞭で邪馬台国の位置が特定出来ないというのに。

93 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:27:06 ID:E/D5JMd8
>合計237字からなる話ですぐ読める

漢字読めんだろうに

94 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:44:17 ID:8DpINvuh
>>93
400字詰めの作文用紙1枚の約3分の2程度ですね。

漢字を読めなくても、漢字事典を引きながらで
読める量なのでは?

が、あいつら日本と中国の古い書物に、(椒)という字があるのを、
勝手に(椒=トウガラシ)と脳内変換で翻訳してたからなぁ

日本の文献では、トウガラシ=唐辛子だわ
椒なら、こしょう または山椒です。で、実際に、日本の文献には
半島の人は、トウガラシが伝わる以前は、山椒を好んで食べていた。
と、書いてある

95 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:49:17 ID:547oB+/h
どれもコレも推論だな。

96 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 10:54:05 ID:WBVDU9O+
そもそも三国遺事自体が戦後創作されたモノなのにw

97 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 11:07:56 ID:6aLBdSjm
過去にどんないきさつがあろうとも今現在は全く別の国だという事が理解できずにいる事が朝鮮の悲劇。

98 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 11:16:28 ID:B60/2dVR
卑弥呼は朝鮮人とか言ってるの?

ほんとにこいつらはどうしようもねえな

99 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 11:20:04 ID:+bgYMZd3
1000年後の文献からでっちあげるなんて頭おかしいの?

100 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 11:34:15 ID:4OqE2NKc
>>七種の神宝
○○の七つ道具とかそんな感じだなww

101 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 11:47:12 ID:qzUZQobh
『三国遺事』延烏郎と細烏女

ttp://d.hatena.ne.jp/kuonkizuna/20080103/p1

第八阿達羅王即位四年丁酉。東海濱有延烏郎細烏女。夫婦同居。
一日延烏歸海採藻。忽有一巖(一云一魚)、負歸日本。
國人見之曰:此非常人也。乃立為王
(按日本帝記。前後無新羅人為王者。此乃邊邑小王。而非真王也)

第八代阿達羅王の即位四年(157年)丁酉。東海の浜辺に延烏郎(ヨンオラン)と細烏女(セオニョ)がおり、
夫婦で暮らしていた。ある日、延烏が海中で海藻を採っていると、突然、岩(魚ともいう)が出現し、
(延烏郎)を乗せて日本に帰った。国人はこれを見て「これは並みの人ではない」と言い、王に擁立した。
(思うに、日本の帝記は、前後に新羅人で(日本の)王と為った者がいない。要するに、
これは辺境の邑落の小王であり、本当の国王ではない)。

102 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:06:14 ID:mfhDxjcO
この物語は史実の反映ではなくただの民話とみるべき。

ようするにこれは男が海で溺れて死んで、妻が海に飛び込んで後追い自殺をした。
というよくあるたわいもない民話に過ぎない。

死んだことを海の彼方のあの世(日本)の王になったと言っているだけ。
現に死んでいるから帰ってこないではないか。

浦島太郎が竜宮城で王になった、といった類いのお話に過ぎない。

103 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:30:42 ID:HnZZCe+0
そのころ朝鮮は村でしかなかった。いいや森?


104 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:34:44 ID:HnZZCe+0
国が隣なだけで一緒にしないで。
人格とか顔の形とか全然違うじゃん。ブサイクチョン

105 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:37:09 ID:LW/JaACN
自分探し必死杉だろチョンwwwwwwwwww

106 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:38:48 ID:oLdEJbB+
>>103
獣道なんじゃね?マーキングだらけで大変だったらしいがw

107 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:43:51 ID:F+kMmNpg
>>101
この伝承の人物が日本書紀側の伝承のアマノヒボコの可能性はあるな。
アマノヒコボは最終的に但馬に落ち着いたんだが、そもそも新羅王の祖先の故郷がタバナ(丹波)くさいんだよ。
最後は結局先祖の故郷に落ち着いたんだろうか?

108 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:47:56 ID:koQNKRF8
卑弥呼の時代の朝鮮って
確か帯方郡とかいって
ギ(何故か俺の携帯では変換出来ない)の領土だった筈なんだけど?

109 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:49:04 ID:quKaf2oT
また…コリエイト=コリアンファンタジーでこじつける…w
歴史はそういうものじゃないのに…

110 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:54:13 ID:bXuTRdkb
要するにとんでも本を正当化するには、日本や支那の記録になすりつけないと無理ってかw
馬鹿鮮人には、何の記録も残せないからなw無能チョンども

111 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 12:56:15 ID:vdtNL7Uw
朝鮮って筋金入りの馬鹿だろ。
なんで1285年で、しかも外国で作られたもので
それから1000年ぐらい前の事がわかるんだよ。
しかも最古の歴史書が1145年成立したものの国の
資料が参考になると思うか?
今だって1000年前のことなんか正確にわかっていないのに、
参考資料以前のものを証拠として扱うなや。

朝鮮の歴史学者って皆こうなのか?

112 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 13:04:23 ID:mdd521mT
13世紀前後の日本の著名な歴史文献(関連文学・日記含む)

東鑑
玉葉
愚管抄
明月記
保元物語
平治物語
平家物語
承久記

他にもあるが、日本でこれだけの著作物が書かれた時代に
岩に乗せられて帰れなくなったニダ、なんて書いてホルホルしてる連中っていったい

113 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 13:29:16 ID:NlgzR5MN
チョンは言いたいこと言って気が済んだら帰りなさい。


114 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 13:33:57 ID:tuT7PqO+
> 1285年、僧侶一然が「三国遺事」を書いた延烏郎(ヨノラン)と細烏女(セオニョ)とは
> それほど長くない合計237字からなる話ですぐ読める。

13世紀になってから坊主が書いた原稿用紙半枚程度の文だけが根拠かよ。
何の意味も無い。

115 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 13:36:30 ID:mfhDxjcO
朝鮮人は昔から日本に憧れていたんだなwww

日本に住みたくて仕方が無い。

「在日王にウリはなるニダ!」

116 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 13:56:21 ID:8DpINvuh
>>114
それってテレビの水戸黄門を見て、
歴史の勉強をするようなもんじゃね?

あるいはNHKの大河ドラマを史実と思いこむような

117 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 13:57:46 ID:ZWRb5yFR
 







チョンメディアソースで糞スレ立てんな、チョン洗脳担当統一教会宣伝工作員






 

118 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 14:06:06 ID:X0UmpKGj
とりあえず、日本が大好きなのはわかったwww

119 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 14:24:43 ID:APivp0Zs
>>116
一応、ある程度は時代考証をしているであろう時代劇と、何から何までフィクションのチョンドラを同列にする
のは如何なものかと。

120 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 14:56:20 ID:8DpINvuh
>>119
水戸黄門と、NHK大河ドラマの時代考証は、
カセットコンロが出てくる、チャングムのようなちょんドラといい勝負だよ。

あってるところは、何年に誰が死んだ。ってとこくらいで。
あの有名な、信長の、明智にどくろ酒を呑ませたシーンなんか
NHK大河ドラマの影響で、私は子供の頃
ずっと史実だと思ってたんだよ

江戸時代にかかれた創作大衆小説の私本信長記にも、別の演出で
明治以降に、だれが脚色したか?ソース不明のエピソードじゃないか!

NHK大河ドラマの最大の罪は、創作と史実がごっちゃまぜで、
これはフィクションです。って訳注をいれないまんま流してるから
見てる人は、みんな全部ソース有りの史実だと思ってるってとこだよ

121 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 14:59:11 ID:AyRQpopz
どうでも良いが、アメノヒボコが追って来た女性は、神秘的な現象で新羅に出現したけど、
「故郷の日本に帰らせて頂きます!」と言って、日本に帰って来たんだぜ。それを追って来たのがアメノヒボコ。

ついでに言うと、その後の新羅関連のには「アメ」がついてないのに、アメノヒボコには「アメ」がついてるから、
日本側としては、元々遠い親戚程度に思ってたのが新羅の王子だったわけで。神功皇后の母方の先祖でもあるし。

てか、新羅の建国神話自体が、スーパー倭人「瓢公」の活躍だし。新羅の神話時代から、
日本人(と思しき人)が、新羅に渡って活躍し、勢力圏持ってた事を示してるだけだろ。

スサノオ伝説でも新羅に行ったけど、「これは酷い」と日本に戻って来てたろ。そういう例を示してるわけで。
更に、帰化人の「新良貴」氏なんかは、神武天皇の兄弟が半島渡って新羅建国した。私はその子孫です、と申告してた。

少なくとも元は日本人だと思ってた連中が普通に帰って来てただけでしょ。だから古代日本は新羅を「裏切り者」と見ていた。
まぁ、新羅と言っても、当初は部族連合だろうから、最初は日本系の部族が強かったが、段々追い出されたんだろうな。

新羅と疎遠になった頃にも、新羅から日本には「留学生」が来てて、僻地に飛ばされても日本に残った位だし。
出戻り感覚があったんだろうし、そういう事例も古代から多くあったんだろう。

122 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 15:16:29 ID:APivp0Zs
>>120
史実として見てないけど、そこまで酷かったのか?
でも、チョンみたいにありもしない色付きの服だの、どこのゲームかファンタジーの世界の甲冑だよwww
って程は酷くないだろ。

123 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 15:41:52 ID:6coJ6eSN
>>122
大河だって単なる小説のドラマ化なんだから基本的に史実じゃないw


124 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 15:56:25 ID:APivp0Zs
>>123
なんて言うか…。日本のは、小説のドラマ化って言ってもそれ相応に資料を集めて書くもんだよな。
まぁ、その資料にどれだけ忠実に書くか(書けるか)は、作家の力量とかによりけりだろうけど。
でも、あいつらのは「中国の史書に一文あった」のを、当時の資料が殆どないのを良い事に捏造し放題
当たり前だろ。
歴史的事実に基づいて創作も織り交ぜ、ってのと最初から捏造上等。ウリが気分良くなれればそれで良い。
ってのは根本的に違うと思うんだ。

125 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 15:58:52 ID:APivp0Zs
あと、時代劇で見て事実だと思う。→後から違ったのを知って受け入れるのと、ドラマで見た!!ソースはチョングム!!
ウリは間違っていない!!って言う違いもあるし。

126 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 16:24:36 ID:Gv1rI86c
高炉てw

127 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 16:35:47 ID:bjBJZgbu
浮く岩って軽石か何かですか?

128 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 16:52:14 ID:v4rkL2eT
朝鮮のキチガイは日本について語るな

129 :J.A.C.K.:2009/12/17(木) 16:55:51 ID:NbRRTVUd
浦島太郎の物語の主人公は
浦島太郎のお父さんとお母さん

130 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 16:57:22 ID:WXbOvyZE
しかし 三国遺事はどこまで信用できるんだよw
資料としては 日本書紀とか古事記よりもそうとう怪しいだろ。
特に古い話ならなおのこと。

131 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 17:06:39 ID:8DpINvuh
>>130
>しかし 三国遺事はどこまで信用できるんだよw
>資料としては 日本書紀とか古事記よりもそうとう怪しいだろ。
>特に古い話ならなおのこと。

どこまでというレベルではなく、全く信用できない。
書かれた年代が新しすぎるのと、史料なしで1000年以上も過去の事を書いている。
内容が実話でも、伝聞でもなく、架空のおとぎ話の世界を書いてます。

>>1を見ても、夫が岩にのって海を渡り、
日本にって王様になった。って話をあなたは実話だと信じますか?

132 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 17:42:03 ID:mdd521mT
>>120
俗説にせよ、信長が浅井長政ら頭蓋骨を箔だみにして盃にしたってのは、かなり古くから伝えられた話で
チョンの妄想と同一視すべきじゃないだろ。
てか、大河ドラマはもともと小説が原作。歴史資料の不明な部分を想像や演出で埋めることはある程度
いたしかたない。その辺の判断は読者視聴者の責任だろ。

歴史的にありえない矛盾したことを事実として出してしまったり、さらにはそれによって視聴者を一定の思想に
誘導しようとすることこそが問題だわな。。

まぁこの逸話なんかは事実にせよ虚構にせよ、シナの戦国時代の趙襄子の故事に因んだものだってことは
歴史オタなら容易に想像付くわけだしな。


133 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:03:50 ID:8DpINvuh
>>132
>俗説にせよ、信長が浅井長政ら頭蓋骨を箔だみにして盃にしたってのは、かなり古くから伝えられた話で
>チョンの妄想と同一視すべきじゃないだろ。

かなり古くから伝えられた話で はなく
明治に書き換えられた創作。

元ネタの一次ソースには、そんなネタはない。
信長に従えた人が書いた(信長公記)には、
戦勝祝いの宴は、めでたき事かな と、
みな歌や踊りでにぎわった。
と、あるだけです。その宴の参加者の記録にもない。

参加者しか知り得ないネタなのに。

そこに創作を加えた人は、有名な人です。
名前忘れたけど、梅の字がついていたような。

浅井長政ら頭蓋骨を箔をはって、飾り物にした。(杯ではない)
それをみて柴田勝家が、信長を諫めた。

と、脚色
これが江戸時代に書かれた小説
で、明治の頃になると、どくろ酒にして、明智に飲ませた
と、だれかが脚色

信長は江戸時代から人気がありすぎて、色んな人が本を出してます。
それが江戸時代からの脚色なので、存在しないエピソードが史実のように
膨らみまくってます。
俗説ではなく創作の小説だよ。

134 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:17:52 ID:BxHTT02h
史劇はどの国にもあるだろうけど、
物書きや記者がドラマをソースに挙げるってことはさすがにないね。

135 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:19:27 ID:8DpINvuh
>>132
その話が俗説じゃないってのは、

小説の作者がわかっていて、本人が(信長公記)を元ネタに
おもしろく創作を加えました。
って、作者本人がいってる。

それがさらに元になっていろんな人が書き換えてます。

はっきりと小説家が、私の創作です。といってるのを
俗説というのは、チャングムといい勝負。
NHKは、江戸時代の創作物を、まるでひとつの俗説、一説であるかのように扱ってる時点がまずいと思うぞ


136 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:31:02 ID:bfy20FfX
嫌韓の人々の突かれると最も痛い弁慶の泣き所は、古代日本の歴史だということを
韓国の人はよく知ってるようだ。

137 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:33:26 ID:Vq+tmQHb
三国遺事って、何時書かれたんだ。
昔,昔、虎が煙草をすってた頃の話って、何時のことなんだ?
朝鮮半島に煙草が煙草として入ったのは何時の時代なんだ?

この書物を根拠に出来る朝鮮人は、韓流時代劇もどきファンタジー、ドラマでも
史実として引用するようになるのか?
 

138 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:35:04 ID:9bAz8a8p
半島併合のエクスキューズがが正しいことを裏付けたいのかね?

139 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:42:59 ID:6W1BgE1U
>>136
で、いつもの捏造と・・・。
嫌韓がいる理由も理解できてないないんだな。哀れな脳味噌だ。

140 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:44:36 ID:AXVh5yUX
小沢の暴走が凄まじい・・・・・
問題動画がどんどん拡散されています。

小沢民(日本名:小沢一郎)国家主席「天皇陛下の行動は、日本政府が自由に決めることが出来ると憲法に規定されている。 」

【わが祖国】小沢民主席、韓国で売国講演PART1/5【済州島】
http://www.youtube.com/watch?v=xI9Dv8XFqto
【わが祖国】小沢民主席、韓国で売国講演PART2/5【済州島】
http://www.youtube.com/watch?v=MmG_O3QSWic
【わが祖国】小沢民主席、韓国で売国講演PART3/5【済州島】
http://www.youtube.com/watch?v=DW476hwzoDo
【わが祖国】小沢民主席、韓国で売国講演PART4/5【済州島】
http://www.youtube.com/watch?v=IE60ix-LMcU
【わが祖国】小沢民主席、韓国で売国講演PART5/5【済州島】
http://www.youtube.com/watch?v=TM1aknZwpWs
       
〜小沢の問題発言・妄言・虚言・妄想の数々〜
・日本は植民地支配の謝罪として在日韓国人の方々に参政権を差し上げる義務がある。
・参政権付与に反対する民主党議員は、党議拘束をかけて徹底的に弾圧するので来年の通常国会で必ず可決する。
・韓国人が日本を許してくれれば、いつでも天皇陛下を訪韓させることができる。
・韓国人が日本に移り住み、初代天皇になった。
・仁徳天皇陵を発掘したらはっきりするはずである、と著名な先生が唱えている。
・これ以上言うと日本に帰れなくなるが歴史的事実であろう。
・天皇陛下も「桓武天皇の生母は百済の王女だった」と認めている。
・日本人は自立心が足りない国民だ。
・日本のニートは全部親が悪い。子供より親の教育をしなきゃいけない。
・朝鮮半島南部の地域権力者が海を渡って来て今の奈良県に政権を樹立した。
・韓国ドラマ『チャングムの誓い』が大好きでずっと視聴していた。
・キムチがあればご飯を何杯でも食べるほどキムチが大好きだ。
・信念を曲げないのでマスコミから嫌われている。マスコミがイメージダウンを狙っているせいでは。
・日本の男は最近全然駄目。


141 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 18:47:35 ID:fko0DVXU
>>139それしかないんだからイジメるなよ
本当に哀れな民族だよなぁ・・

142 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 19:05:29 ID:IghYPFst
>>136
糖尿はぶちょ先生、夜もお勤めご苦労さまです!

143 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 19:09:58 ID:ZJZu3XAb
>>1
13世紀も終り頃になって出た本なんて、信用できるか、カス。




144 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 19:26:25 ID:ZJZu3XAb
日本じゃ箸墓古墳が卑弥呼の墓でほぼ決まりとか言ってる時に、
岩に乗って日本に渡った朝鮮人が卑弥呼だとか、程度低すぎるだろ。

やはり文明人にはなりきれなかったようだな、チョウセンヒトモドキ。

145 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 19:29:58 ID:mdd521mT
>>135
いやだからもともと創作物だろうに。
俗説なんて学問的根拠がない以上大差ないんだし。

明らかな歴史的事実に反しない以上作者が演出や想像盛り込むのが
歴史小説って奴だろうが。真正な歴史研究とは違うんだぞ。

146 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 20:01:50 ID:1GxaZufg

高炉?2世紀に?

あと、浦項製鉄所って新日鉄の指導でできたんだよな?

147 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 21:19:36 ID:8klzIEc1
>イ教授は卓越した想像力と

をいww
歴史の「検証」と「こじつけ」は違うんだけどなあw

148 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 21:27:44 ID:VPm6IG2V
因みに 箸墓古墳のある巻向の上の桧原神社は

伊勢神宮だといわれ、3月(いわば籾撒きの季 農初め) 10月(収穫後の豊穣の季)に

真向かいの 二上山の雄山の頂上に 夕日が落ちることから 巨大な「暦」だといわれている

因みに 二上山のふもとは古来「岩戸」と呼ばれている

149 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 21:57:41 ID:kpgLkA1W
>日本古代王国を建設した主人公であることを知ることが出来る

>>1は知らないみたいだが、アメノヒボコの曾孫は垂仁天皇の命で
当時の菓子としては最高の果実を、艱難辛苦の末持ち帰ったが
垂仁天皇の崩御を知り、天皇の御陵に果実を供えて殉死しているのだが

そして景行天皇は、この帰化人の曾孫の忠誠心を哀れみ、御陵の池の中に墓まで作らせている
・・・どう考えても、アメノヒボコの子孫は天皇家に仕えていたとしか思えん

呉善花さんの著書「攘夷の韓国・開国の日本」にもあったけど

スサノオが日本生まれの子供たちをつれて新羅に帰ったら
「こんな木の無い国は嫌だ!」と子供たちが日本へ帰りたがるので
粘土で船を作って出雲に戻り、日本で植林に励んだ後
子供たちを日本において、一人で半島に帰り根の国(死者の国)へ行ったって話がある

>>1の「延烏郎と細烏女」にも似たような感じがする
天がさせたは口実で「木の無い国」は嫌だったんじゃないのか?
もっとも「鉄器製造の親分」だったら当然だろうし





150 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/17(木) 22:04:07 ID:luo9QV44
朝鮮人の正体がハニワ原人だっただとぉー!?

え?違う?

151 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 00:54:34 ID:+1Q/zckn
>>149
> スサノオが日本生まれの子供たちをつれて新羅に帰ったら
> 「こんな木の無い国は嫌だ!」と子供たちが日本へ帰りたがるので
> 粘土で船を作って出雲に戻り、日本で植林に励んだ後
> 子供たちを日本において、一人で半島に帰り根の国(死者の国)へ行ったって話がある

一次ソースは何?

152 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 01:20:20 ID:9RXQwYjq
朝鮮半島から製鉄技術持ったやつらが樹木を求めて来たことは史実だけど、
そいつら鉄作るために森っつか山の樹木丸ごと燃やし尽くすから現地の住民と軋轢起こしまくりだったんだよ
当たり前だが森がなくなりゃ地すべり水害天災発生しまくりだからな
ヤマト朝廷は製鉄民ではなく、製鉄民から鉄を召し上げる側だったわけで、
渡来人はタダの技術者でなく日本の支配者だったニダ!
とやりたい韓国人には非常にお気の毒ですが、支配層になれるわけがありませんw

そんで結局日本は国産の砂鉄を使って独自のタタラ製鉄を編み出すわけだしな

153 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 10:36:03 ID:a3LxbYxv
日本の製鉄はシナより古かったりする。
まぁシナじゃまだ遺跡発掘されてないだけなのかもしれんが、

シナの場合一大青銅器文明と言える文明で、鉄器以上に銅器が発達した奇妙な文化だったからな。
とにもかくにも日本の鉄器文化は大陸とは異質な発展遂げたことは疑いがない。
シナではとうとう玉鋼を作ることできなかった。

154 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 11:07:32 ID:l4U9akU4
あまりに臭くて神様に逃げられた話じゃん

155 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 11:16:53 ID:T/j95b6y
伝説で歴史を語るな。

156 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 11:22:05 ID:kOWcO1dV
日本人になりたくてなりたくて、夢にまで見る。
憧れも果てし無く、ここまで来たか、韓国人。

157 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 11:37:39 ID:YFT3+OBI
国民や渡り鳥のみならず
神様でさえも裸足で逃げ出す世界一優秀な朝鮮半島

158 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 11:44:43 ID:mmjdy8Kh
岩にしがみついて日本海に沈んでいったとさ。

159 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 11:45:46 ID:ZJ2fNthj
>>153
>日本の製鉄はシナより古かったりする。
>まぁシナじゃまだ遺跡発掘されてないだけなのかもしれんが、

>シナの場合一大青銅器文明と言える文明で、鉄器以上に銅器が発達した奇妙な文化だったからな。

奇妙というよりも、鉄がないと鉄器文明が発達しないからね

中国で火薬が発明された のも、火薬の原料である
硝石が天然で存在していたからだし
それも2箇所で

160 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 11:58:54 ID:lINWm+OD
日本のような古い資料がない韓国では、後の時代の新しい資料しかないのは気の毒だが、
鎌倉時代の元寇の後に書かれた話で日本の古代を語ろうとするのはナンセンスだろう。

161 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 12:10:51 ID:JT+ro0/D
この話が信じられないなら熊の神話を信じられるわけがない。
熊を頼りに生きてるんだから放って置いてやれ。
宗主国では熊の掌がご馳走なんだが、この熊の手とは、
もしかして朝鮮人の手だったりして・・・

162 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 12:19:44 ID:cT8sBwQS
>>156
幾ら足掻こうと出自やDNAは変えられないのにね…

163 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 12:41:14 ID:liOCs76K
■小沢韓国版■
「国事行為」で天皇陛下に韓国謝罪訪問つもり
■結局■
親善外交は「国事行為」で無い
■結論■
小沢が天皇陛下を韓国に売ってた事がバレる


164 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 12:47:27 ID:Z3de15n+
 >したがって「アカ」とは「刀類粉砕」すなわち「鉄器製造」を意味し、
 >「タマ」とは「タム」で「一番上」「親分」の古語で「アカタマ」とは「鉄器製造の親分」を意味する
 >私たちの古代語で解説できるということだ。

日本の古代語で「あか」というのは、ほとんど「明るい」「光り輝く」という意味にしか使われない。
それ以外ではインドのサンスクリットから移入された「水」という意味で使われる「アカ」があるだけだ。
朝鮮人はこんな出鱈目な説明をよくも恥ずかしげも無く書けるモノだwwww

165 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 13:06:37 ID:6CM+0xyh
×卓越した想像力
〇常軌を逸した妄想力

166 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 13:17:44 ID:cs+/7SO6
ばかんこく

167 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 13:23:52 ID:a3LxbYxv
>>155
伝説っていうか、単なるヨタ話だから。
書かれたの1285年で、その1000年以上も前の出来事だからね。

168 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 13:50:59 ID:TMicbUhj
>日本の人々は彼が平凡な人ではないことを知って王に推戴した。

どこの馬の骨か分からない奴が、突然やって来て そいつを王にするって… 
そんな集団いるのかよw

169 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 14:04:23 ID:+1Q/zckn
>>164
なんか、サンスクリット起源の日本語って予想外に多いよね。

170 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 14:43:39 ID:ZJ2fNthj
>>168
>日本の人々は彼が平凡な人ではないことを知って王に推戴した。

>どこの馬の骨か分からない奴が、突然やって来て そいつを王にするって… 
>そんな集団いるのかよw

朝鮮半島にはいたらしいぞ。
だんくんの親父がソレ


よそから神様がやってきて、半島の現地に棲息してた♀熊を現地妻として
獣姦

その畜生道に堕ちた、よそものが熊にはらませた
こどもがだんくん
半島を支配したそうよ

だから、あの国では現在でも畜生道(近親相姦)に堕ちまくってます!

獣とやるのも、母、兄弟、こども、孫を犯すのも
仏教では畜生道と呼び、汚らわしいとされてます

171 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 14:50:31 ID:Zjuliprg
>>168
普通バトルになるな

ギリシャにピラミッドが紹介された時のシチュエーションにそっくりだw
ヘロドトスが神官にギザのピラミッドの話を聞いたが、ヘロドトスの時代でも
ピラミッドが実際に建ったとされてる年から二千年ぐらい経ってて、
神官もよくわかってなかったという

172 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 14:54:15 ID:+Fi1GBz7
こないだまで文化がなんにも無くてみんなが真っ白い服着てうんこまみれだったのイギリス人にバラされてたじゃんwww

173 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 14:55:39 ID:3qWh4yAD
古代朝鮮は製鉄が盛んだった、と言う話はよく聞くけど、
なんでそんな国が江戸時代後期に石器をメインの武器として使っていたんだ・・・・?


174 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 15:00:39 ID:dPO+7QVG
さすが斜め上をいく想像力だww
どうしても日本に文明を伝えたかったことにしたいんですね

175 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 15:02:40 ID:a3LxbYxv
しかし、日本の神話は獣姦話ほとんどないな。
竜や蛇に姿を変えた、あるいは正体が竜や蛇だったてのはあるが、まんまてのは
あまり聞いたことないな。

176 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 15:34:38 ID:semTg6W4
>>36
多分、歴史をあんまり知らない人だろうけど、世の中の古典とされるもので、
原本が残っているものなんて、そうそうないよ。

まして、写本の時代なんて、オリジナルが残っていることは非常に稀。
だいたい帳簿とかちょっとした書簡とかばっかで、
古典作品で原本が残っているものは寡聞にして知らない。

177 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 15:41:11 ID:KN3aXGSw
そもそも古代の日本語を現代の朝鮮語で解釈するってのが間違ってるわけだが



178 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 15:45:58 ID:gEGgY29b
そう考えるのならなぜ韓国出身なのに、なぜかその地をスルーして中国と交易してたの?

179 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 16:41:35 ID:pk6cuBjJ
>>40
>ヤマトトトヒモモソ姫
って言ってみたかっただけだろ。

180 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 19:21:31 ID:+1Q/zckn
>>176
書かれた時代を考えて書けよ・・・
まあ、朝鮮は19世紀頃まで誇大だったと考えれば、それでいいのかもしれないが。

181 :180:2009/12/18(金) 19:22:50 ID:+1Q/zckn
× 誇大
○ 古代

なんでこんな変換するんだよorz

182 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 21:20:10 ID:semTg6W4
>>181
??
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E9%81%BA%E4%BA%8B

183 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 21:24:19 ID:+1Q/zckn
ID:semTg6W4って、日本語は話せるし書けるけど、意思疎通は難しそうだな。。。

184 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 21:47:43 ID:7CK6w7uR
>>181
現在でも誇大(妄想)…ってこでは?

185 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 22:42:20 ID:semTg6W4
>>183
だから、意味わかんないんだけど。
wikipedia によると、三国遺事の書かれたのが13世紀、
「最良のテキスト」が16世紀。これを>>36は揶揄してんでしょ。
でも、こんなのは史学じゃ、当たり前。

プラトンの写本は最古のもので、だいたい10世紀。
つまりオリジナルから1300年以上も隔たってる。
旧約なんか、レニングラード写本が最良のテキストだから、
モーセ五書の部分は、1500年の開きがある。

こんなにスケールは大きくないけど、日本だって同じことだよ。
古事記は著されてから現存最古の完全な写本まで650年、
日本書紀なら、もうちょっと短いかな。まあ、でもこんな感じ。

186 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 22:48:30 ID:+1Q/zckn
>>185
今まで調べてたのか。ご苦労様。
写本云々じゃなくて、書かれた年代自体の新しさと、補完資料のなさが問題なんだが。

187 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 22:50:45 ID:6PaDZEIX
I WISHは川嶋あいだった!
を彷彿とさせます。

188 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 23:04:17 ID:Zm2TsJ3t
>>185
13世紀って
日本だったらこの時代の著作物の原本あるいはそれに準ずる同時代の写本それなりに残ってるだろ。
たとえば愚管抄とか完本じゃないにせよ原本残ってるそうだ。三国遺事より古いじゃなかったか?
なんでそこでプラトンや聖書が出てくるのかがわからん。書かれたのいつの時代だよw

原本書かれた時点でその歴史事件が実際に起こった時代が1000年も前だってのに
最新の写本がそこからさらに300年も経ってるとしたら資料としての価値激減じゃないか。
ID:+1Q/zcknが言いたいのはそういうことだろ。

189 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 23:21:43 ID:B2rrAcau
日本に絡むな、キチガイ韓国野郎が!

190 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 23:30:08 ID:semTg6W4
>>185
いや、あんたのレス一々見てる程、娯楽に飢えてないんだけど。
(その価値もないしね・・・w)

>書かれた年代自体の新しさと、補完資料のなさが問題

え〜っとぉ、それについて、>>36>>176のやり取りのどこにあるんでしょうかあ? 

>>36は、「原本がなくて、300年後の写本しかないから史料価値低い」
って言ってるのに対し、私は、そういうのはよくあるっていうか、
それが普通だよって言ってるんですけど?
(三国遺事の逸話の歴史的信憑性も、>>1の人の解釈も全く問題になってない)
それに対して、全くとんちんかんなこと言ってるのが、あんたでしょうに。

191 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 23:34:06 ID:9RXQwYjq
>>173
火の元になる森林が少なくなったから半島の製鉄は衰えた
火を使わなきゃ製鉄はできない
植林しなきゃ木は増えない
土地が痩せてりゃ木は育たない

>>175
レアではあるが日本霊異記にはまんま蛇とのが書いてあったりして
中田氏されたりしててあれはエログロ
まあ国津罪に近親相姦と同列に「畜犯せる罪」としてリストアップされてるわけで
この話も仏教説話の因縁話として出てるんだけどw

192 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 23:38:00 ID:semTg6W4
>>188
>最新の写本がそこからさらに300年も経ってるとしたら・・・

私は三国遺事の本文批評がどの程度進んでいて、どの程度オリジナル
と開きがあるのか(ないのか)知らないから、価値激減とは断定できない。
もちろん、あなたは知った上で書いてるんだよね?
しかも、古事記はその倍離れてるけども・・・w

>日本だったらこの時代の著作物の・・・

日本の同じくらいの時代のお坊さんの書き物として、
正法眼蔵随聞記をあげてみると・・・

オリジナルは、13C後半
長円寺本は、17C中葉

400年近く開きがあるんですけど・・・w

しかし、別にこんなことは恥じることでも何でもなくて、ただその間に
存在したであろう写本が歴史的に消失したということに過ぎない。

というか、こんなことで天狗になるのは井の中の蛙。
新約文書は、20000超の写本郡、イーリアスは、600超。
源氏物語なんか、指で数える程度しか残ってないし。

>愚管抄とか完本じゃないにせよ原本残ってる

にわかに信じがたい話だけども、本当だとしたら、世界的にも稀有な例。

193 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 23:49:34 ID:semTg6W4
写本の数の話は蛇足だった。

それから、愚管抄のオリジナルの話、ググっても見つからない。
「原本」の意味を取り違えてるんじゃないかと思った。

194 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/18(金) 23:56:29 ID:Zm2TsJ3t
>>192
明月記なんかもばらばらに散ってしまってはいるが結構原本残ってるぞ。

つか今度は古事記かよ。
文献資料なんて時代が古くなればなるほど原本のロスト確立高くなるのに
「倍」って...



195 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/19(土) 00:19:34 ID:u3Qj2KSw
>>194
>明月記

そうしたら、世界的に非常に稀なケースだね。
私も初めて知った。高名な書家だからかな。
もっとも読んだことないので、古典と言えるのか知らんけども。

で、愚管抄の原本はどこにあるの?

>つか今度は古事記かよ

正法眼蔵随聞記だしてますがな。
都合の悪い部分はことごとく黙殺ですか。

てか、ひとつひとつ細かく調べていけば、この時代の文学だって、
現存最古の写本は結構時間が開いてるもんです。
西洋だってそう。


196 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/19(土) 00:27:53 ID:sTAaO2S9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%92%E3%83%9C%E3%82%B3
大昔からレイプしてたんだな、それも日本女性を・・・

197 :スケチン大佐 ◆KGB./87bn. :2009/12/19(土) 01:00:31 ID:vEUQMRbj
>>195
何かおもしろげな話になっているが・・・・

「最古の原本」と「いつ書かれたか」は違う問題だおw

例えば古事記などつねに後代の偽書説などがあったのだが
写本時の「魏音からの写し間違い」などから、書かれた年代に間違い無い事が分かった。

三国史記の場合、第三の史料やら、書式から年代が確認できないのが問題なのではないか?w

198 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/19(土) 03:28:35 ID:sW1ZVJcN
新羅って、もっとずっと後だろ

魏志倭人伝と同じように、朝鮮半島のことを
書いた魏志韓伝というのがある。

半島の北は中国の支配下。
南は小国の分立状態


199 :J.A.C.K.:2009/12/19(土) 06:58:17 ID:jGLYrksz
写本は写本でいいんだよね

ただそれが女子中学生のぴちぴちの肉体の写本なのか
どこの誰だか分からない婆さんの写本なのかが問題になっているわけで

200 :スケチン大佐 ◆KGB./87bn. :2009/12/19(土) 13:02:18 ID:vEUQMRbj
>>199
すらばしい喩えだwwww

201 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/19(土) 13:11:46 ID:u3Qj2KSw
>>197
やたら焦点がボケてるんだけども、私が指摘したのは、
あくまで>>36に対する>>176という一般的事実だよ。

私は三国遺事も、その史料批判の進展も知らないので、
これが本当に13世紀に書かれたものなのかも、
現存する諸写本間でどの程度、異読があるのかも知らない。
それについて問題にしたことはない。

>・・・書かれた年代に間違い無い事が分かった

話が反れるが、重要なのは細部だから。
古事記の真福寺本が、そのまま8Cのオリジナルを再現しているなどという
呑気な学者はいない。
どんな古典も、原型は藪の中。

202 :スケチン大佐 ◆KGB./87bn. :2009/12/19(土) 13:21:35 ID:vEUQMRbj
>>201
まま、言いたい事はわかるw

「写本」に価値があるかどうかといえば、それはナムに分があるw
しかし、半島のアレは書かれた年代に難があるので、
議論そのものが最初からチョトおかしいと思うンダナw

>古事記の真福寺本が、そのまま8Cのオリジナルを再現しているなどという
>呑気な学者はいない

いや、そういう事ではなくだね、
「古事記は実は平安あたりに書かれた偽書だ」という議論がずっとあったんだ。

それに対して、「写本の際の写し間違い」から、
これのオリジナルは8Cのものであるとしか考えられないという反証があったという話だなw


いずれにせよ、問題になっているのは「写本」であるか否かではなく、
「オリジナルの書かれた年代」という事だ。

203 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/19(土) 13:42:05 ID:BDcqlGta
>西暦157年浦項トギにあった製鉄技術集団が大挙日本に進出した事実
それは戦後日本が作ってやった製鉄所だろ頭腐ってるのか?

204 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/19(土) 14:25:36 ID:Z+2zD1YP
つか、職人が日本に渡ったら、普通は故郷なんだし請われれば情で戻る人も出るはずなのに全員一致で二度と戻りたくないほど朝鮮の職人の扱いが酷かったって話だろ?

205 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/19(土) 16:16:59 ID:rZ+6aE9U
おい、元宗主国様とは決着が付いたのかよw

206 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/19(土) 17:51:17 ID:R6gyz3W5
真実

・新羅で、寝てる女の陰部に突如虹が射し、赤い玉が出現する
・それを有り難がった牛飼いの男が赤い玉を持ち帰る
・牛飼いが牛を連れ歩いていると、アメノヒボコが「貴様その牛食うつもりだろ!けしからん!」と男を投獄
・いくら弁解しても信じてもらえない男は赤い玉をアメノヒボコに差し出し解放される
・アメノヒボコが赤い玉を置くと、玉が女に変身
・アメノヒボコ、女を嫁にする。女は料理上手
・アメノヒボコ、調子に乗って横柄な態度で嫁を叱りつける
・アメノヒボコの傲慢な態度に激怒した嫁が「親の国に帰らせていただきます」と日本へ
・アメノヒボコ、嫁を追って日本へ


卑弥呼とは関係ないわな



207 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 03:18:23 ID:vdiruGoL
箸墓古墳の倭迹迹日百襲姫が卑弥呼で三世紀中期に死去。
崇神天皇もほぼその時代で三世紀後半
さらに稲荷山古墳鉄剣の上祖オオヒコも、彼らと同時代のあの四道将軍の大彦だろう。
長年の発掘で3・4世紀代がついに実証され始めてきいて最近ワクワクしてるぜ。

208 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 03:23:30 ID:DE6ZED+Q
>>206
こうやってみるとアメノヒボコってまさに韓国人という感じだな

209 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 03:40:56 ID:9WZwPV1/
西暦157年頃って、倭人が朝鮮半島南部に住んでた頃で、
朝鮮半島南部には倭人の国家があった頃だな。

西暦200年代の魏志倭人伝にも、朝鮮半島南部には倭人の国家があったと書いてあるし。

210 :( ゜д゜)、ペッ:2009/12/20(日) 03:41:13 ID:vXXXCUpf

日本の技術をパクる
   ↓
ダンピング並みの安値で売って価格破壊というか市場破壊
   ↓
安値競争でシェアを広げ、市場掌握

・特許をパクるので研究開発費がかからない
・技術を持つ者を高給で雇いすぐに捨てる
・日本から輸入した製造装置で作って日本製部品・素材を組み立てるだけ (鵜飼の鵜)
・日本メーカーを偽装して営業
・損失を計上しないで系列子会社に着せてしまう粉飾決算
・不良在庫は子会社へ
・国際市場ではダンピングし、国内では高値で売りつける → 国民から搾取
・安い法人税、法人税のキックバック → 国民から搾取
・政府からの補助金 → 国民から搾取
・労組無し、幹部候補以外は40歳で定年 → 人件費圧縮・搾取

サムスンはパクることで開発コストを圧縮してた。
その上、国の援助も取り付けていた。

盗んだ技術を元に、ダンピング攻勢でシェアを奪う卑怯なサムスンのやり方は、
世界中から排除されないとね。
韓国以外の世界の企業は技術的な優位に立つため、新技術開発に投資して成果をあげ、
国際社会で勝ち抜こうとしいてるのに、そのルールを無視して、
他所が開発した技術を盗み、国を挙げての支援で量産化する韓国。

特許違反って泥棒だよね。

211 :( ゜д゜)、ペッ:2009/12/20(日) 03:42:02 ID:vXXXCUpf

/                                 \
|   アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ  |
\                                 /
   ̄V ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄
  ∧ ∧            ∧_∧        ∧,,∧
  (,,゚∀゚)       '' ̄ヽ  (  ゚∀゚ )       ミ゚∀゚ ミ
  ./  | ( ゚∀゚ ) .| ゚∀゚ .|  /つ⌒l'~O  ∧_∧  ミ  ミ
 (___ノ (∩ ∩) └ ー ┘ (l、__(_)___)( ゚∀゚  )  ミ,,,,,,,,,ミ
/                       ~~~~~~~      \

韓国起源説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC
嘘つき、恩知らず、卑怯、起源捏造(ウリジナル、コリエイト)、反日、侮日、
日本を見下す小中華思想、自民族優越主義的、人種差別的、民族主義、
「偉大なる民族史」に憧れる心情・劣等感→「韓国=世界一」という歴史観捏造

■韓国の歴史・文化略奪w 世界で認められるものは何でもすぐに韓国起源になってしまう!劣等感を満たす為w
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/kigen.html
■高麗棒子(チョン)は日本の威を狩る狐w 情けない民族w
http://ameblo.jp/campanera/entry-10133679243.html
■韓国の捏造教科書 ウリカトル図法w 大朝鮮帝国とかまじ憐れw 爆笑間違いなし!
http://chelsea2ki.blog63.fc2.com/blog-entry-6477.html

ハハハ                             イキデキネーヨ
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ハライテ-       ゲラゲラ
   ( ´∀`) < わははは         ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )  \_______   (´∀` ,,)、      ( _ ;)        シテクダサイ
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),     _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
  (__)_)  ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
          タッテ ラレネーヨ
           ワハハハ

212 :( ゜д゜)、ペッ:2009/12/20(日) 03:42:54 ID:vXXXCUpf
■弥生人=百越人

・中日共同調査団が発表、 「弥生人」の起源は江南地方か
福岡、山口両県で出土した渡来系弥生人と縄文人の人骨と比較。
結果、春秋戦国時代人と前漢時代人は弥生人と酷似。DNA分析では、
江蘇省徐州近郊の梁王城遺跡の人骨の歯から抽出したミトコンドリアDNAの持つ塩基配の
一部が、福岡県の隈西小田遺跡の人骨のDNAと一致した。
「文化的にも江南から影響有」という記事も見られる。

吉野ヶ里で発見された絹は、遺伝子分析により
前2世紀頃中国江南に飼われていた四眠蚕の絹であることが分かった。

中国江蘇省無錫市の越時代の貴族墓から出土した鐸(共同)右日本の銅鐸(弥生時代)
中国沿海部の江蘇省無錫市にある紀元前470年頃の越の国の貴族のものとみられる
墓から、原始的な磁器の鐸が見つかった。南京博物院(同省南京市)によると、
これまで中国各地で出土した鐸と異なり、日本の弥生時代の銅鐸によく似ている。
http://sawyer.exblog.jp/7178292/

・岡山県津島遺跡の水田跡でみつかった雑草の種89種は、
東南アジアから華中に懸けて分布する雑草が大半であり、
揚子江以北には見られないものが多い。

・稲作は中国江南から直接日本へ来た
朝日新聞「大陸稲作 直行ルート証明」「弥生の炭化米 DNAを分析 大阪・奈良の遺跡」
大阪・奈良の遺跡両方の遺跡から出た弥生時代の水稲の炭化米のDNA(遺伝子情報)を分析したところ
朝鮮半島出土の米とは一致せず、中国の米と一致した。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/266-4.gif
http://www.iza.ne.jp/images/user/20090917/613712.jpg

・『後漢書倭伝』
>朱崖■耳相近故其法俗多同
(倭国の風俗・習慣・産物・武器類などは海南島(越の領域)のものと同じだ)

213 :( ゜д゜)、ペッ:2009/12/20(日) 03:43:38 ID:vXXXCUpf

魏略に「倭人自ら太伯の後と称す」とある。太伯とは呉の開祖で、周の文王の兄。
倭王武の上奏文では、三司を開府したとあるが、これは周の職制のこと。
日本を「東方姫氏の国」とも言うが、「姫」氏は周王の姓。
そんなこんなで、林羅山などは皇室の姓が「姫」氏であった可能性を指摘した。

【2001.12.23毎日新聞 天皇陛下御誕生日の合同インタビュー記事】
「私自身としては,桓武天皇(在位781−806年)の生母が百済の武寧王の
子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています。
武寧王は日本との関係が深く、この時以来、日本に五経博士が代々招聘されるようになりました。
また、武寧王の子、聖明王は、日本に仏教を伝えたことで知られております。 」
http://inoues.net/korea/buneiou.html

百済王は倭人との混血を繰り返しており事実上倭人。
ちなみに百済と現在の韓国人とは文化的にも遺伝的にも無縁の異民族。

→韓国人は百済など周辺民族が残した文化遺産を、さも自分の文化であると詐称し、
 日本に伝えてあげたと日本を見下す小中華思想に染まって歴史を捏造妄想している、
 単に最後に流れてきた、日本人の直系とは全く異なる民族。

214 :( ゜д゜)、ペッ:2009/12/20(日) 03:44:28 ID:vXXXCUpf

日本はガラパゴス。縄文人は古モンゴロイドで大陸の民族とは全く異なる。

Y染色体D系統
 http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/89/Y-Haplogroups-1500AD-World-Map.png
YAP
 http://pds.exblog.jp/pds/1/200807/11/01/c0072801_23544288.gif

YAP+はタイにも10%ぐらいいるしグアムにも17%いる。
http://www.biomedcentral.com/1741-7007/6/45/table/T2
去年発表された中国の論文では日本のYAPは東南アジアから沖縄→日本へ入ってる。
D2は日本起源。
チベットのD3はプミ族から入ったとされてる
http://www.comonca.org.cn/PDF/2008/COMONCA02-011.pdf

215 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 03:46:21 ID:9WZwPV1/
>>9
三韓征伐を、朝鮮人は必死に否定したがるけど、実話に基づいてるね。
なぜかというと、関連する逸話が、細かすぎるほどに地方に残ってるから。

例えば、征伐のために出航後、嵐のときに、ここの島で嵐を避けたとかの
具体的な地名の小さな島があったりする。
地元民でないと、あんな小さな島、知らないよ・・・。

216 :( ゜д゜)、ペッ:2009/12/20(日) 03:48:13 ID:mGTbYL10

・穢(ワイ)族 = ツングース系エベンキ族
今、半島を席巻している朝鮮人の祖先「穢族」は、半島の新参者。
北方から半島へ流入してきた狩猟民で、農耕や牧畜をしてたわけじゃない。
自分の小便で顔を洗うと支那の史書に記された、蛮人「穢族」の子孫が朝鮮人。
高句麗や百済とは文化的にも遺伝的にも無縁の異民族だ。

韓国人朝鮮人、在日韓国朝鮮人の起源判明 (韓国とロシアの学者のフォーラムでの
発表であきらかにされた事実)
朝鮮民族とツングース系の代表民族であるエベンキ、エベン族とは
共通風習、歌、言葉などから、「朝鮮民族」とは同じ流れと分かる。

共通性:檀君神話の起源エベンキの神話と同じ熊と混血して生まれた祖先。

文化:アリランのルーツはエベンキのアリラン・スリー、仮面、オンドルなど
ちなみに半島ではアリランと言う言葉自体に意味は無い、
エベンキの言葉では意味はハッキリしているw

宗教:巫女ムーダン文化、ソッテ、チャンスン、草墳(埋葬文化)もエベンキがルーツ

朝鮮とエベンキ、ワイ族には、棒を立てたソッテ、トーテムポールのチャンスンが共通。
朝鮮の神社にあたるものであるソッテって、こんなものなんだよねw
いずれにしても、森を大事にする神社とは似ても似つかぬもの。
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2046m.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2052m.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2051m.jpg

これも、エベンキなどと同じ風習。中国や日本にはない。
チャンソンと呼ばれるトーテムポールの様な木像と同じで、エベンキ族と朝鮮でだけ見られる。
http://zaiwakan.hp.infoseek.co.jp/hanguku0311.files/image043.jpg
http://busan.nekonote.jp/korea/old/life/kokoro/chn.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2075m.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2073m.jpg
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2049m.jpg

中国の歴史書でも朝鮮半島への異民族流入と混血による民族成立の一端が垣間見える
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/tungus-tsusi/tungus-tsusi-1-gaiyou.htm

ツングース族の顔
http://img.tfd.com/wn/51/68A75-tungusic.gif

> 韓国人=檀君神話の起源エベンキの神話と同じ熊と混血して生まれた民族!
ぷっ、クマを獣姦して出来た子孫ですってよ!!!

217 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 03:52:08 ID:rlr8Yaea
>>216
つうか、単に朝鮮人がエベンキ族の神話やら風習をパクっただけなんじゃないの?
鮮人は何でもパクリまくるからね...

218 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 03:58:30 ID:NhjiO9eT
これほど明確な証拠があるというのに
日本人は右翼のプロパガンダに自ら率先して騙されようとしている

韓国人をご先祖様と認めるのが怖い
自分たちが崇めている皇室が実は韓国人の下層民で、
文化も科学も礼儀も最も送れた民族である事を認めるのが怖い
歴史を反省するのが怖い

いいかげんに目を覚まそうよ

219 :↑↑↑↑:2009/12/20(日) 04:02:44 ID:rlr8Yaea
釣り針太すぎw

220 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 04:03:03 ID:bin1Bo4D
この、いつもの
 「日本のAは韓国のBだった。」の「だった」なんだけど
完全にパターン化してる。
断言するのが、かの国の子供新聞。
信じきるのが、低俗民族。

笑ったり、怒ったり、あきれたりするのが我々。


221 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 04:05:15 ID:S/hFx1VJ
日本人が朝鮮から来たなら史記にそう書いてあるはずなんだよね。
でもどこにも書いていない。


例えば、初代新羅王の赫居世居西干と同一人物とされる瓠公は日本から渡っていた倭人です。
だから、ちゃんと朝鮮の史記にそう記されている。

『三国史記』
「瓠公者、未詳其族姓。本倭人。初以瓠繋腰、度海而来。故称瓠公。」
(訳)瓠公は倭人。初めは腰に瓢箪をぶらさげて、海を渡って来たことから、瓠公と称される

222 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 04:10:43 ID:yMrEpylj
>1285年、僧侶一然が「三国遺事」を書いた・・・事実を語ってくれる。
>157年・・・

千年以上前の事柄を書いた昔話を700年に事実とはw
仮定の上に推論を重ねて、いつも通りの結論を導く朝鮮思考w

223 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 04:12:16 ID:P+Pxuv4W
中国では戦国時代から漢代にかけて、東北アジアの諸民族の存在や居住地をかなりよく知っていましたが、
倭人のほうが韓人よりも四、五世紀も早くから知られていたのです。
もし陸路、朝鮮半島経由で倭人が中国に知られたとすれば、
途中の韓人がそんなに遅くまで知られなかったはずがないでしょう。
ところが韓人が中国に知られるようになったのは、やっと後漢に入ってからです。


朝鮮人の先祖は倭人ですね。

224 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 04:12:52 ID:0CwKJD05
ロックフェラーが世界を支配している現実をみろよ
そして、ロックフェラーは日本では在日朝鮮人や部落民を応援してんだってな
そりゃ、日本人がミジメでしょぼくなるよ。

225 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 04:15:38 ID:Y+mFGGOu
>>224
日本語しゃべらないで 

226 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 04:17:27 ID:rlr8Yaea
>>224
ロックフェラーに飼育されてる朝鮮人...
哀れよのうw

227 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/20(日) 04:24:49 ID:CDCd9dCR
ムーですら、も少しまともな電波を飛ばすぞ
チョンは何をやってもダメダメだな



228 :( ゜д゜)、ペッ:2009/12/20(日) 07:09:55 ID:mGTbYL10
>>227

http://9.dtiblog.com/k/kissme/file/20081105191113.jpg
http://9.dtiblog.com/k/kissme/file/20081105191209.jpg
http://9.dtiblog.com/k/kissme/file/20081105190817.jpg
http://9.dtiblog.com/k/kissme/file/20090421233309.jpg
http://9.dtiblog.com/k/kissme/file/20090726185912.jpg

週刊韓国経済哀号
http://kissho.xii.jp/1/src/1jyou99997.jpg
バックナンバー
http://kissme.dtiblog.com/blog-entry-222.html

229 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2009/12/20(日) 07:50:21 ID:LnABNVi1
毎度の事だけど
まーたはじまった。

230 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/21(月) 22:03:08 ID:ouTkJFE2
半島山岳部に今でも残っている太陽信仰、形態や時系列からみて、当時“邪馬台国がその一帯を支配していた”名残であると思われる。
アニミズムの学説としてかなり有力らしいけれどね〜

231 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/22(火) 00:57:49 ID:THtUW0Hq

もう世界中が「朝鮮人は嘘しか言わない。ノーベル賞候補学者を含めて。」と思ってると思うよ。

神様は日本人がいかに素晴らしいかを世界中に知らしめるために、いわば「反面教師」みたいな存在として造り給うたのだと思われ。

神様は不要なものは作らない。この世のものは全て必要なもの。
と、ある本で昔読んだけど、今しみじみと、それは本当だなぁと思うよ。

特許裁判でも日本が南朝鮮に勝ちまくってることだしさ。

232 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/22(火) 01:00:01 ID:THtUW0Hq
あ、もちろん、反面教師みたいな存在として造られたのは朝鮮人だよ。



233 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/22(火) 01:14:46 ID:LHnjXb0x
>>232
問題なのは反面を写す鏡が、著しく歪んでいることなんだよな。

234 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/22(火) 08:08:20 ID:v77JvZxX
延烏郎(ヨノラン)=アメノヒボコ(天之日矛)は、有り得そうだな。
細烏女(セオニョ)は、アメノヒボコの嫁の日本人だろう。
卑弥呼は3世紀前半の人物だから、年代的に見て有り得ない。

235 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/22(火) 08:14:37 ID:rmt/4eZN
全部は読んでないけど、13世紀の古文書でその千年前の歴史的事実を
証明できた、と言ってんの?
そこまで馬鹿だとは想像…できるなあ

236 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/22(火) 08:26:26 ID:jR4PqCOV
そもそも名前からして今のチョンとは無関係

237 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/22(火) 08:40:52 ID:OtI3cRpx
朝鮮人 今日もせっせと  嘘をつき www

朝鮮人 今日もせっせと  嘘をつき www

朝鮮人 今日もせっせと  嘘をつき www

朝鮮人 今日もせっせと  嘘をつき www

朝鮮人 今日もせっせと  嘘をつき www

238 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2009/12/22(火) 08:43:24 ID:3g2H5rXJ

  ∧_∧ 
 <丶`◇´>すぅ〜
⊂    ⊃
 (    )             ウソ ウソ
 〈_フ__フ          ウソ ウソ ウソ ウソ
               ウソ ウソ ウソ ウソ
  ∧_∧      ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ
 <丶`○´>はぁ〜ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ
 人 Y /      ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ ウ
 ( ヽ し       ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ
 〈_フ__フ       ウソ ウソウソ ウソ ウソ ウソ
                ウソ ウソ ウソ ウソ

239 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/22(火) 09:00:36 ID:ttI4oVWZ
ヒミカ

240 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/23(水) 09:14:54 ID:llW3Svmb
伝承はなんらかの史実性は持ってるからね。
これを即否定だと、日本神話も否定しまうことになる。

学者は人文(民俗)研究から、愛好家は浪漫から探って行く。
韓国の学者は民俗の基礎が、日本に頼って自ら収集をせず
そこから浪漫な解釈に入る。比較文化の素養と同じく社会文化的な
欠陥があるんだろうな。これに気付いて自説を展開すると現代では
呉善花さん、過去では反民族行為者認定される。まぁこれくらいにして

>>1は、愛好家としては興味深いところ。
漁師のオキナオミナの話は別に解釈があるが、アラヒトとヒホコの話の
中に出てくる赤玉を卑弥呼に推定するのは、今自分も考えているところ。
特にアラヒトの方は「聖王が居るので来日した」も付け加えている。
結果的には双方、赤玉の精に袖にされ、当時は居なかったって事になる。
そして伊都の王の話も出てくる。

しかし「アカ」が「アガ」ね。即、「アガシ(嬢)」を思い浮かべた。
正確な音が近いなら、日本では「赤ん坊」、また「イト」が「いとはん(嬢)」
というような、愛らしさの言葉の形成があったかもしれんね。

さて、ロシアに行った日本の兵が、イワンに「日本には太陽が二つある」と
言い、純朴なイワンは「ヘェそう」と目を輝かせたという、過去有名な話がある w
伝承はこういう所から始まるとすれば、
「ヤマトには日の御子がいる」と、砂鉄を採集しに行った連中が言ったら?
「明けの玉」とも呼んでいたかもしれん。w

241 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/23(水) 10:25:22 ID:rbxESjeC
朝鮮語ってハングルでは表現に支障をきたすほど同音異義語が多いらしいから
音で言語を解釈する事自体ナンセンスだと思うんだけどw

242 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/23(水) 21:16:05 ID:dmBhKDBT
258 :ZADIK:2009/01/23(金) 02:41:57 ID:6zupWjYG

邪馬台国の女王卑弥呼は、大本の出口なおと同じく瀬織津姫が因縁の身魂の女にお懸かりになって日本を統治なさっていた
それが日本の天照皇大神に対する崇拝の元型になった

【日月神示】瀬織津姫の筆先【天の弥勒】
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1231243759/
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/10180/1234424976/

この世の一切の事 〜瀬織津姫の筆先〜
ttp://zadik.web.fc2.com/

243 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/23(水) 23:42:25 ID:BxjOXx4v

三国史記(新羅本紀)1145年より

14年 倭人が兵船百余隻で海辺に侵入。
59年 夏の五月に倭国と友好関係を結んで修交し、使者を派遣し合った。
73年 倭人が木出島を侵して来たので、王は角干羽鳥を派遣して、これを防がせたが、勝てずして羽鳥が戦死した。
121年 夏四月に倭人が東の辺境を攻めた。
173年 倭の女王卑弥呼が使わした使者が訪れた。(「二十年夏五月。倭女王卑彌乎。遣使来聘」)
232年 夏四月に倭人が金城を包囲。
233年 五月 倭兵が東辺を攻めた。
249年 夏四月に倭人が舒弗邯、于老を殺した。
287年 夏四月に倭人が一礼部を襲う。
289年 夏五月に、倭兵が攻めてくるということを聞いて、戦船を修理し、鎧と武器を修理した。
292年 夏六月に倭兵が沙道城を攻め落とす。
294年 夏 倭兵が長峯城を攻めて来た。
345年 二月に倭王が、書を送って国交を断ってきた。
346年 倭兵が風島に来て、進んで金城を包囲して攻めて来た。
393年 倭人が来て金城を包囲し、5日も解かなかった。
402年 三月に倭国と通好して、奈勿王の子、未斯欣を人質として倭に送った。
405年 倭兵が明活城を攻める。
407年 春三月 倭人が東辺を侵し、夏六月にまた南辺を攻める。
418年 高句麗と倭国への人質が逃げ帰った。
431年 倭兵が、東の辺境に攻めて来て、明活城を包囲したが、功なくして退いた。
440年 倭人が、南の辺境に侵入。夏六月にまた東の辺境を攻める。
444年 夏四月に、倭兵が金城を十日包囲して、食料が尽きて帰った。
459年 夏四月に、倭人が兵船百余隻を以って東辺を襲い、月城を囲んで進撃したが、追撃してこれを破る。
462年 夏五月に、倭人が活開城を襲い破り、一千名を捕らえて連れ去った。
463年 倭人が歃良城(梁山)を攻めるも勝てずして去った。
476年 倭人が東辺を攻める。
477年 倭人が兵をあげて五道に侵入したが、ついに何の功もなく帰った。
482年 五月に倭人が辺境を攻める。
486年 夏四月に倭人が辺境を攻める。
500年 春三月 倭人が長峯鎮を攻め陥した。
663年 倭国の水軍が来て、百済を助ける。
670年 十二月 倭国が国号を日本と改めた。
自ら言うところでは、日の出る所に近いから、これをもって名としたとの事である。
731年 日本国の兵船三百隻が海を越えて、東辺を襲う。



244 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/24(木) 16:23:24 ID:LvzHvbmt
>>240
>伝承はなんらかの史実性は持ってるからね。
と、いう保証はどこにもないんだ。

>これを即否定だと、日本神話も否定しまうことになる。
例えば、浦島太郎という伝承を史実性はないと否定しても、
日本神話を否定しまうことにはならない。

神話とおとぎ話はちがう。神話はそれを神様とあがめられた物証があるかどうか?が、
大事です。
ギリシア神話は、それらが神様と崇められたパルテノン神殿やら、
その年代の女神の石像やら、レリーフやら黄金の装飾品などがある。

日本でも春日大社の過去のものでも遺跡が発掘されてます。
三種の神器も実在してる
これらがあって始めて、その民族の神話となれる

伝承だけではただのおとぎ話。個人のネタ、創作と変わりがない。
延烏郎と細烏女に関する2世紀の壁画やら、神殿やら
年代測定された物証が出てきたら、
13世紀の坊主のヨタ話ではないと信じてあげます。

慰安婦のうそつきばばあのように証言だけじゃ、だーーーーめ!


245 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/24(木) 16:29:57 ID:BP4LPAwf
1000年女王はメーテルだった

豆知識な

246 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/24(木) 16:33:14 ID:PdSRbKEe
>>164その説も嘘くさい。
梵語の「argha(アルガ)」が「アカ」になるのはちょっと無理がある。

247 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/24(木) 16:40:44 ID:PdSRbKEe
ごめん、良く調べたら"アカ"は訛りだった。元は"アツカ"だった。

248 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/24(木) 20:07:16 ID:xE36R8u7
>>247
サンスクリットって百以上の種類があるって聞いたけど。
前に仏教関連の書籍あさってたときに、仏教は覚えるサンスクリットが2〜3種類だから楽なほうだと書いてあった覚えがある。
経典の主体はパーリ語なのかな。

249 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/24(木) 22:58:02 ID:4GpE4zLn
なんで粉砕が製造になるの?朝鮮人にはどちらも同じなの?
そう考えるといろいろつじつまが合うかもね

250 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/25(金) 04:37:34 ID:DZNBExwM
「朝鮮紀行」("Korea and Her Neighbours")
に書かれている李朝末期(約100年前)の朝鮮の姿

・貨幣制度が(ほとんど)ない。
・ソウルは世界有数の汚く悪臭のする都市。
・一般民衆の住む場所は藁葺きのあばら屋で、
通りからは泥壁にしか見えない。
・道はとにかく悪い。
Bird が見たSeoul
都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。礼節上二階建ての家は建てられず、
したがって推定25万人の住民は主に迷路のような道の「地べた」で暮らしている。路地の多くは荷物を積んだ
牛同士が擦れ違えず、荷牛と人間ならかろうじて擦れ違える程度の幅しかない。おまけに、その幅は家々から
出た糞、尿の汚物を受ける穴か溝で狭められている。酷い悪臭のするその穴や溝の横に好んで集まるのが、
土ぼこりにまみれた半裸の子供たちと、疥癬もちでかすみ目の大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわったり、
日向でまばたきしている。
ソウルの景色のひとつは小川というか下水というか水路である。蓋のない広い水路を黒くよどんだ水が、
かつては砂利だった川床に堆積した排泄物や塵の間を悪臭を漂わせながらゆっくりと流れていく。
水ならぬ混合物を手桶にくんだり、小川ならぬ水たまりで洗濯している女達の姿。
周囲の山々は松の木が点在しているものの、大部分は緑がなく、黒い不毛地のうねりとなってそびえている。
Seoulには芸術品がまったくなく、公園もなければ見るべき催し物も劇場もない。他の都会ならある魅力が
Seoulにはことごとく欠けている。古い都ではあるものの、旧跡も図書館も文献もなく、宗教にはおよそ
無関心だったため寺院もない、結果として清国や日本のどんなみすぼらしい町にでもある、堂々とした
宗教建築物の与える迫力がここにはない
http://photo.jijisama.org/OldKorea.html

251 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/25(金) 04:39:02 ID:DZNBExwM
茶道や盆栽の起源を捏造する韓国だが、かれらは侍も剣道も韓国起源だと捏造している。
しかし、盆栽の手仕事、剣道という体を動かす行為は儒教思想の半島が起源にはなりえない。
韓国では朝鮮王朝時代より「働くことは下層階級がすること」という認識があった。
儒教思想である。体を動かすことは低級であるとの間違った観念により、現在の韓国でも「職人」を
恥だと考える風潮が今なお強く残っているという。日本では、日光の眠り猫の左甚五郎や名刀を造る
刀匠や土木工事の名人二宮尊徳などは尊敬される対象である。支配階級であった武士自体がそもそも
が郷士であり、文武両道を尊び、体を動かすことはむしろ奨励された行為であった。
日本のこの様な社会意識が、世界中のどこにでもあった剣術という体を動かす行為に禅の精神性を持
たせ剣道という武道へと発展させ、世界中のどこにでもあった取っ組み合いを、大相撲という文化に
昇華させたのだ。体を動かすことを忌避しない社会土壌が技能と精神性を融合発展させた結果が日本
の剣道であり相撲なのだ。
一方の韓国では、剣道や相撲の起源が韓国にあるなどとの捏造を繰り返しているが、それらの行為は
儒教朝鮮では恥ずべき行為であることから、技能が発展する社会土壌がまったくなく、日本の剣道や
相撲の様な完成形の始祖であるわけがないのである。
世界中にあった剣の使い方や取っ組み合いの仕方が、日本文化により哲学的に熟成されたのが剣道や
相撲であり、これらは深い精神性と勤労の美徳がないと辿り着けない文化であり、半島人の軽佻浮薄
な民族性では造り上げられないものなのだ。
自国の儒教思想への理解もなく、ただ単に優れたものをなんでもかんでも韓国起源にする知的怠惰さ
には呆れてしまう。

252 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/25(金) 05:08:34 ID:nkOKxUce
>>149
『日本書紀』の一書では、高天原(天界)から追放されたスサノオは、新羅に降り、「私はここには居たくない。」
と言い息子の五十猛尊(イソタケル)と共に土船で出雲へ渡ったとある。そのとき高天原から持ち帰った
木々の種を、韓(から、朝鮮)の地には植えず、大八洲(おおやしま、日本のこと)に植えたので、大八
州は青々とした地になったと言う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA

ウリナラ変換↓↓↓

日本の神々は全て半島出身ニダ!!ウェーハッハ!!

【日韓】洪潤基教授:「日本人が崇拝する菅原道真は新羅人の子孫。素盞鳴尊も天照大神も新羅人」(世界日報)07/05/08
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1178799854/

単なる中継地だったのに、出身地扱いしてるしw
つうか、神にも見捨てられた朝鮮半島....哀れ。

挙げ句の果てに、に"『高天原』はウリナラ起源"などとほざいて記念行事なんてやってるし...

【韓国】 金海伽耶大学、「高天原祭」行事開催〜講演「高天原はどこか?」や歴史体験など(中央日報)08/04/10
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1208001486/
【韓国/新刊】応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった 朴炳植(朝鮮日報)[09/05/11]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1242030823/

ホント、チョーセン人って救いようのない阿呆だよなぁw

253 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/25(金) 05:35:32 ID:TT3xK8QT
>>1
157年当時、半島では日本をどう呼称していたんだ?そこが気になる

254 :皇桜院清余介俊水子 ◆DKbQQS2/WA :2009/12/25(金) 06:21:26 ID:DABZz/w7 ?2BP(111)
>>253
この歴史書自体が13世紀に書かれた「朝鮮半島に現存する最古の歴史書」ですので分からないと思われます

255 :240:2009/12/25(金) 06:54:40 ID:hJGr96AC
>>244
>慰安婦のうそつきばばあのように証言だけじゃ、だーーーーめ!

まったく、その通りですな。
あなたも、この韓国人慰安婦問題に対しては即否定はせず、
様々な角度で、検証された結果だと思います。

伝承やお伽話も、そのまま信じずに、物語の内容とは別に、
物語の創作、挿入の意図、伝承された理由、背景などを、
部分的な史実(性)として浮かび上がらせ、全体像を把握して
いく事が必要でしょうね。

日本兵とイワンの話は近年ですので、わかり易いのですが、
太陽が5つもある伝承が、現在の支那の稲作少数民族にあります。
日本兵が天皇を太陽と例えている点から、5つの太陽は
王ではないのか?とか、同じ稲作文化の中に、王を太陽にする
考えがあるのではないのか?南方諸島の神話との関係は?とか、
浪漫な興味は尽きません w


256 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/12/25(金) 23:33:59 ID:yBJlMymv
>>245
メーテルの母親だよ、それ。

257 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/01/01(金) 17:46:24 ID:STzweYEO
今更神功皇后との同一人物説をもっともらしく出して来てやがるw
この平成の世に至ってwww
一体何十年時間が止まってんだよ朝鮮半島はwww

258 :きっと右翼 ◆Kitto/LvYE :2010/01/01(金) 17:50:57 ID:SKEzzAPO
誰かと思ったら、ポスコの関係者か。
>イ教授はまた細烏女夫婦が日本に渡ったことにより、新羅の太陽と月が光を失ったのは製鉄技術
>者集団が日本に発ってしまったので高炉から火が消えたことと解釈する。

たたら製鉄で高炉を使うとな?

259 : 【中吉】 【700円】 :2010/01/01(金) 19:06:45 ID:YoOIsLA2
日本に製鉄をもたらした集団は何者だったのか、明らかになっていない部分が多くて面白いんだけど、
一応5世紀頃とされているから、朝鮮半島ルートだったことは疑いない。

ただ、その時代の朝鮮半島は戦乱の時代で、支那に対する朝貢交易によってもたらされた文物を対価として、
倭国にしばしば援軍を恃んでるんだよね。
要するに、2chでよく言われるように、半島は通り道だっただけと考えるのが一番素直な理解になる。
朝鮮に土着して、朝鮮様式として発達・発展してから日本列島にもたらされたとは考えがたい。
支那の製鉄民が半島で製鉄を行っていた点からしても、日本列島にやってきた製鉄民は、支那人そのものである可能性も高い。

具体的に朝鮮半島のどこからもたらされたのかという点についても、出土品の研究から朝鮮半島南端部、
伽耶地域からである可能性が高い。
>1の妄想は、時期的にも地域的にも無理がありすぎるなぁ。

それに、卑弥呼が製鉄民の出身者とするなら、古墳時代以降の製鉄民と農耕民の葛藤や共存過程に説明が付かなくなる。
だから、これも無理がありすぎる。

しかし、朝鮮人の大学教授ってのは、俺みたいなド素人さえ知っている程度の知識も持ってないのね。

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>6289>>5343b?W>>1522
[~>>8057>>7814>>2961>>4288>>8799'Rm#gU>>5078>>8488{CC>>5855s>>4687>>3336_>>5981>>2667h&>>1167E>>1456<|X
UMt★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)