5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【芸能】友近がテレビ番組で「元彼の浮気メールを見た」と告白したことについて、なだぎ武が反論? 

1 :禿の月φ ★:2010/04/19(月) 20:51:46 ID:???P
 お笑いタレントの友近さん(36)がテレビ番組で、
元彼が前の彼女に復縁を迫っていた浮気メールを見たと告白して話題になっている。
元彼とは、破局した同じ吉本所属のなだぎ武さん(39)ではないか、と憶測を呼んでいるのだ。

 TBS系で2010年4月13日夜放送の「クズメン撲滅委員会!」で、
加護亜依さん(22)が浮気現場目撃を告白したときのことだ。
番組に出演していた友近さんが、いきなり横やりを入れてきた。

■なだぎの浮気否定も、友近が意味深発言
「自分のやったことを棚に上げて、見たことに対して怒る人はやっぱり多いと思います」
友近さんはそれから、浮気現場でないものの、
「けっこう長い間付き合っていた人」のメールを盗み見たと話し始めた。
見てはいけないと分かっていたものの、怪しいなと思って見ると、
前の彼女とのメールだったというのだ。

 そこには、「やっぱりやり直せるなら、お前とやり直したい」と書かれていた。
何度もメールのやり取りが続くのを確認したため、
意を決して「どういうこと?」と問い詰めると、元彼は「何見てんねんお前!! 」と怒ったという。

 すると、司会の爆笑問題・田中裕二さん(45)が早速、
「それ、なだぎじゃないでしょ」とツッコミを入れた。(続きます)

ソース:J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2010/04/19064848.html
http://www.j-cast.com/2010/04/19064848.html?p=2
画像:http://www.j-cast.com/images/2010/news64848_pho01.jpg


4 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 20:54:15 ID:5o7n4Syw0
なだぎ優しいな

5 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 20:54:35 ID:PW9tGy27O
(´・ω・`) しかし友近を抱きたいオレがいる‥‥
彼女なら一週間ぶっ続けでSEX三昧してやる。いや、出来る。


6 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 20:56:07 ID:P5KDXES30
どうでもいいからどっちもTVから消えて

7 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:05:54 ID:mxYB1eXV0
なだぎもローカルでCM持ってるから
シャレになってないよなこれ。

8 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:06:53 ID:nessMlkT0
>>6
おまえがテレビを消せよ

9 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:07:23 ID:ID/RiE/X0
なだぎ武に女性の存在!
なだぎに密着する女性がいるらしい。

http://geinoujinentame.blog15.fc2.com/blog-entry-70.html

友近、嫉妬してたんだな


10 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:08:30 ID:hNMR0y+T0
なだぎやったんか。なぎだやと思っとたわ

11 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:13:54 ID:5UczcpLp0
ww
メール見てあまつさえそれをネタにした友近は最低だと思ったが
浮気したのにそれを逆ギレして言い訳するなだぎもクソ過ぎワロスwww
結局似たものカップルだったんだね

12 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:18:18 ID:dIaQsBsJ0
なだぎで笑った事がない。
何が面白いのかわからないんじゃなくて、やってる事は理解できるが
その笑わそうとやってる事が、昭和のクラスの人気者みたいなネタばっかり
でつまらないから笑えない。どこに需要があるんだか?…

13 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:34:42 ID:LEbp3FqW0
>>10
漢字で書くと間違えないんだけどね > 灘儀

14 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:39:53 ID:c5clJQ9fO
今のタイミングでそんな話したらなだぎだって言われるにきまってんじゃん
友近がバカだわ

15 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:42:12 ID:2HZ/XDkDO
芸能界翔んだカップル

16 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:51:45 ID:8CABwOjV0
クソ真面目なコメントしてどうすんだよスミス夫人wwwwww
笑えなくなるだけだろうがwwwwwwwこういう時こそ芸人の真価が問われるぞwwwwwww

17 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:53:56 ID:Ez7m0yUn0
加護不倫女は死刑でおk

18 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 21:54:41 ID:XZqfUee80
友近と付き合ってなだぎって人も売名成功したんだし
もうどっちもどうでもいいから田舎に引っ込んどけ

19 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 22:02:29 ID:+7G1N0SP0
>>12
最近出来た彼女がなだぎで爆笑しててちょっと冷めたw

20 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 22:15:19 ID:COhbDV3LO
ホントどーでもいい

21 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 22:22:32 ID:LHPYHJjp0
携帯見るなよ

22 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 22:26:19 ID:qSUJg4My0
なだぎさん、しっかりした文章書くんだな

23 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 22:44:08 ID:P7MWUYNA0
まぁ制作がTBSだからな

24 :名無しさん@恐縮です:2010/04/19(月) 23:50:36 ID:3qkcW0aU0
なだぎはキャラだけだからな。
とんねるずとかが昔やってたコントの変なキャラを1人でやってるだけだ。

25 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 00:50:06 ID:A+FjyMc+O
> 「けっこう長い間付き合っていた人」
>「何見てんねんお前!! 」

なだぎじゃん。

26 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:00:16 ID:hPKQmHES0
なぎら健一?

27 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:02:51 ID:hPKQmHES0
忙しくなるわね!

28 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:08:04 ID:M7P65VNr0
いい年したオッサンが「そう」を「そー」とか書くなよwwwアホ丸出しじゃねーかwwwww

29 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:09:02 ID:hWi+ic210
浮気なんて、当事者以外は、あーそうなのっていう気持ちにしかならないんだから
本人達があーだこーだ外に向かって言ってるのが見苦しい

30 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:25:02 ID:SPr6lW180
え・・・・俺なだぎ面白いと思うんだけど世間では異質な存在なのか?
ピン芸人ではバカリズムも好きなんだが・・・・

31 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:27:47 ID:dv7mnWiM0
友近ってプライド高そうなイヤミな女だよな
あからさまに「自分はいい女」みたいに振る舞う節が多々ある
ババーじゃねーかw

32 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:41:26 ID:CJMPrXdW0
友近わざとだろ

33 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:41:33 ID:+dpvtFwe0
>>28
センスが80年代なんだよ
本当のオッサンだから許してやれ

34 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:45:13 ID:Lag85oOc0
> 意を決して「どういうこと?」と問い詰めると、元彼は「何見てんねんお前!! 」と怒ったという。

へー関西弁の元彼か

35 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:49:26 ID:r9G1oU920
「やっぱりやり直せるなら、お前とやり直したい」

恥ずかしいメール暴露されたもんだな

36 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:55:55 ID:LSpqvKOr0
女の芸人が女を感じさせるようなこと言うと
ドン引きなんだが。

37 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 01:56:20 ID:0yecukDm0
なだぎの浮気性はずっとまえから言われてたしなー

38 :名無しさん@恐縮です:2010/04/20(火) 05:41:49 ID:1lprqmtX0
なんで女って別れた原因を浮気に持っていきたがるんだろう

39 :名無しさん@恐縮です:2010/04/21(水) 22:29:36 ID:fMxeyE8G0
よく友近みたいな女となんかつき合う気になったものだ。
あの濃い顔もキツい性格も三日で嫌になる。

40 : ◆4Ct1mBgbzo :2010/04/24(土) 09:34:15 ID:59U+2Vfk0
そうだな

41 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 10:40:29 ID:Co98h9yr0


42 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 13:47:17 ID:kPDO2tS/0
          , ─、─  、
        / /   \  \
      _/__/___   ヽ   ヽ
    <._____.>、 |    l       
    /⌒| \   /   | `/⌒ヽ
    |  | (・ )` ´( ・)   l/ /   |
   ヽ_/  (__人__).     lノ   ノ  <俺は売国くんだ♪売国ランドの王子さま〜♪
     ヽ   |r┬-|      、_ /
       ヽ、ヽ__/___ /
         /|/||\/ヽ

43 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 17:55:57 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが、自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか?
あくまで個人的見解であるが、「思い入れの差」だと思う。つまりその映画のテーマやキャラクターに強く関
心を抱ける作品の音楽には力が入るが、そうでないとやっつけ仕事になりやすいということだ。 例として『砂
漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主人公は独裁者ムッソリーニ
から国を守るため戦った男の物語である。このことは同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略され、多くの犠
牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。 対して『ザ・メッセージ』はイスラム教の
ために戦った男の物語であり、キリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに違いない。 また
『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じことが言える。『将軍たちの夜」はナチスの戦争犯罪とそ
の追及の物語であるのに対し、『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援し、その結果自身が破滅する一族
の物語であるため、やはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であったに違いない。それで
は、この『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジャールにとってベスト
スコアの一本である。 この物語は未開の地に赴き、そこで自分たちの王国を築こうとすろ男たちの物語であ
る。異邦人の目から見た異文化というテーマは、 まさにジャールにとって最も強く創作意欲を掻き立てられる
ものであり、そのことは彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。 アラビアのロレンス、ドクトルジバ
コ、インドへの道など全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの例に当てはまるだろう)。 ジャー
ルはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだが、この音楽に込められた多国籍の文化に対する強い愛情と畏
敬の念は、長い時を経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている

44 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 17:57:30 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが、自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか?
あくまで個人的見解であるが、「思い入れの差」だと思う。つまりその映画のテーマやキャラクターに強く関
心を抱ける作品の音楽には力が入るが、そうでないとやっつけ仕事になりやすいということだ。例として『砂
漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主人公は独裁者ムッソリーニ
から国を守るため戦った男の物語である。このことは同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略され、多くの犠
牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。対して『ザ・メッセージ』はイスラム教の
ために戦った男の物語であり、キリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに違いない。また
『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じことが言える。『将軍たちの夜」はナチスの戦争犯罪とそ
の追及の物語であるのに対し、『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援し、その結果自身が破滅する一族
の物語であるため、やはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であったに違いない。それで
は、この『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジャールにとってベスト
スコアの一本である。この物語は未開の地に赴き、そこで自分たちの王国を築こうとすろ男たちの物語であ
る。異邦人の目から見た異文化というテーマは、まさにジャールにとって最も強く創作意欲を掻き立てられる
ものであり、そのことは彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。アラビアのロレンス、ドクトルジバ
コ、インドへの道など全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの例に当てはまるだろう)。 ジャー
ルはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだが、この音楽に込められた多国籍の文化に対する強い愛情と畏
敬の念は、長い時を経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている。

45 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 18:04:57 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか
?あくまで個人的見解であるが「思い入れの差」だと思う。つまりその映画のテーマやキャラクターに強
く関心を抱ける作品の音楽には力が入るがそうでないとやっつけ仕事になりやすいということだ。例とし
て『砂漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主人公は独裁者ム
ッソリーニから国を守るため戦った男の物語である。このことは同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略さ
れ多くの犠牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。対して『ザ・メッセージ』は
イスラム教のために戦った男の物語でありキリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに
違いない。また『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じことが言える。『将軍たちの夜」はナチ
スの戦争犯罪とその追及の物語であるのに対し『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援しその結果自
身が破滅する一族の物語であるためやはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であった
に違いない。それではこの『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジ
ャールにとってベストスコアの一本である。この物語は未開の地に赴きそこで自分たちの王国を築こうと
すろ男たちの物語である。異邦人の目から見た異文化というテーマは、まさにジャールにとって最も強く
創作意欲を掻き立てられるものでありそのことは彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。アラ
ビアのロレンス、ドクトルジバコ、インドへの道など全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの
例に当てはまるだろう)。 ジャールはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだがこの音楽に込められた多国
籍の文化に対する強い愛情と畏敬の念は長い時を経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている。

46 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 19:31:00 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが、自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか?あくまで個人的見解である
が、「思い入れの差」だと思う。 つまりその映画のテーマやキャラクターに強く関心を抱ける作品の音楽には力が入るが、そうでないと
やっつけ仕事になりやすいということだ。 例として『砂漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主
人公は独裁者ムッソリーニから国を守るため戦った男の物語である。 このことは同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略され、多くの犠
牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。 対して『ザ・メッセージ』はイスラム教のために戦った男の物語であ
り、キリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに違いない。 また『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じことが
言える。 『将軍たちの夜」はナチスの戦争犯罪とその追及の物語であるのに対し、『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援し、その結
果自身が破滅する一族の物語であるため、 やはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であったに違いない。

それでは、この『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジャールにとってベストスコアの一本である。
この物語は未開の地に赴き、そこで自分たちの王国を築こうとすろ男たちの物語である。異邦人の目から見た異文化というテーマは、
まさにジャールにとって最も強く創作意欲を掻き立てられるものであり、そのことは、彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。
アラビアのロレンス、ドクトルジバコ、インドへの道など全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの例に当てはまるだろう)。
ジャールはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだが、この音楽に込められた多国籍の文化に対する強い愛情と畏敬の念は、長い時を
経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている。

47 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 19:32:58 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが、自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか?あくまで個人的見解である
が、「思い入れの差」だと思う。 つまりその映画のテーマやキャラクターに強く関心を抱ける作品の音楽には力が入るが、そうでないと
やっつけ仕事になりやすいということだ。 例として、『砂漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主
人公は独裁者ムッソリーニから国を守るため戦った男の物語である。 このことは同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略され、多くの
犠牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。 対して『ザ・メッセージ』はイスラム教のために戦った男の物語
であり、キリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに違いない。 また『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じ
ことが言える。 『将軍たちの夜」はナチスの戦争犯罪とその追及の物語であるのに対し、『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援し、
その結果自身が破滅する一族の物語であるため、 やはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であったに違いない。

それでは、この『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジャールにとってベストスコアの一本である。
この物語は未開の地に赴き、そこで自分たちの王国を築こうとすろ男たちの物語である。異邦人の目から見た異文化というテーマは、
まさにジャールにとって最も強く創作意欲を掻き立てられるものであり、そのことは、彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。
アラビアのロレンス、ドクトルジバコ、インドへの道など、全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの例に当てはまるだろう)。
ジャールはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだが、この音楽に込められた多国籍の文化に対する強い愛情と畏敬の念は、長い時を
経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている。

48 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 19:34:17 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが、自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか?あくまで個人的見解である
が、「思い入れの差」だと思う。 つまりその映画のテーマやキャラクターに強く関心を抱ける作品の音楽には力が入るが、そうでないと
やっつけ仕事になりやすいということだ。例として、『砂漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主
人公は独裁者ムッソリーニから国を守るため戦った男の物語である。 このことは、同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略され、多くの
犠牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。 対して『ザ・メッセージ』はイスラム教のために戦った男の物語
であり、キリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに違いない。 また『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じ
ことが言える。 『将軍たちの夜」はナチスの戦争犯罪とその追及の物語であるのに対し、『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援し、
その結果自身が破滅する一族の物語であるため、 やはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であったに違いない。

それでは、この『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジャールにとってベストスコアの一本である。
この物語は未開の地に赴き、そこで自分たちの王国を築こうとすろ男たちの物語である。異邦人の目から見た異文化というテーマは、
まさにジャールにとって最も強く創作意欲を掻き立てられるものであり、そのことは、彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。
アラビアのロレンス、ドクトルジバコ、インドへの道など、全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの例に当てはまるだろう)。
ジャールはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだが、この音楽に込められた多国籍の文化に対する強い愛情と畏敬の念は、長い時を
経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている。

49 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 19:35:51 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが、自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか?あくまで個人的見解である
が、「思い入れの差」だと思う。 つまりその映画のテーマやキャラクターに強く関心を抱ける作品の音楽には力が入るが、そうでないと
やっつけ仕事になりやすいということだ。例として、『砂漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主
人公は独裁者ムッソリーニから国を守るため戦った男の物語である。このことは、同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略され、多くの
犠牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。 対して『ザ・メッセージ』はイスラム教のために戦った男の物語
であり、キリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに違いない。 また『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じ
ことが言える。 『将軍たちの夜」は、ナチスの戦争犯罪とその追及の物語であるのに対し、『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援し、
その結果自身が破滅する一族の物語であるため、 やはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であったに違いない。

それでは、この『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジャールにとってベストスコアの一本である。
この物語は未開の地に赴き、そこで自分たちの王国を築こうとすろ男たちの物語である。異邦人の目から見た異文化というテーマは、
まさにジャールにとって最も強く創作意欲を掻き立てられるものであり、そのことは、彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。
アラビアのロレンス、ドクトルジバコ、インドへの道など、全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの例に当てはまるだろう)。
ジャールはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだが、この音楽に込められた多国籍の文化に対する強い愛情と畏敬の念は、長い時を
経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている。

50 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 19:37:38 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが、自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか?あくまで個人的見解である
が、「思い入れの差」だと思う。 つまりその映画のテーマやキャラクターに強く関心を抱ける作品の音楽には力が入るが、そうでないと
やっつけ仕事になりやすいということだ。例として、『砂漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主
人公は独裁者ムッソリーニから国を守るため戦った男の物語である。このことは、同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略され、多くの
犠牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。 対して『ザ・メッセージ』はイスラム教のために戦った男の物語
であり、キリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに違いない。 また『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じ
ことが言える。 『将軍たちの夜」は、ナチスの戦争犯罪とその追及の物語であるのに対し、『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援し
、その結果自身が破滅する一族の物語であるため、 やはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であったに違いない。

それでは、この『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジャールにとってベストスコアの一本である。
この物語は未開の地に赴き、そこで自分たちの王国を築こうとすろ男たちの物語である。異邦人の目から見た異文化というテーマは、
まさにジャールにとって最も強く創作意欲を掻き立てられるものであり、そのことは、彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。
アラビアのロレンス、ドクトルジバコ、インドへの道など、全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの例に当てはまるだろう)
。 ジャールはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだが、この音楽に込められた多国籍の文化に対する強い愛情と畏敬の念は、長い時
を経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている。

51 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 19:38:24 ID:+d8rfx3f0
ジャールが作る音楽は傑作も多いが、自身の作品を適当にアレンジしただけの凡作も多い。なぜなのか?あくまで個人的見解である
が、「思い入れの差」だと思う。 つまりその映画のテーマやキャラクターに強く関心を抱ける作品の音楽には力が入るが、そうでないと
やっつけ仕事になりやすいということだ。例として、『砂漠のライオン』と『ザ・メッセージ』の二作品で説明しよう。『砂漠のライオン』の主
人公は独裁者ムッソリーニから国を守るため戦った男の物語である。このことは、同じ独裁者であるヒットラーに国を侵略され、多くの
犠牲を出したフランス人のジャールにとって共感を抱ける存在である。 対して『ザ・メッセージ』はイスラム教のために戦った男の物語
であり、キリスト教徒のジャールには共感を抱きにくい存在だったに違いない。 また『将軍たちの夜』と『地獄に堕ちた勇者ども』も同じ
ことが言える。 『将軍たちの夜」は、ナチスの戦争犯罪とその追及の物語であるのに対し、『地獄に堕ちた勇者ども』はナチスを支援し
、その結果自身が破滅する一族の物語であるため、 やはり前者の方がジャールにとって強く共感を持てる題材であったに違いない。

それでは、この『王になろうとした男』はどうであろうか。『王になろうとした男』は間違いなくジャールにとってベストスコアの一本である。
この物語は未開の地に赴き、そこで自分たちの王国を築こうとすろ男たちの物語である。異邦人の目から見た異文化というテーマは、
まさにジャールにとって最も強く創作意欲を掻き立てられるものであり、そのことは、彼が残した傑作の数々を見れば一目瞭然である。
アラビアのロレンス、ドクトルジバコ、インドへの道など、全てこのことに当てはまる(刑事ジョンブックなどもこの例に当てはまるだろう)
。ジャールはこの音楽を一月ほどで作曲したそうだが、この音楽に込められた多国籍の文化に対する強い愛情と畏敬の念は、長い時
を経た今なお色あせることなく燦然と輝き続けている。

52 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 19:43:51 ID:+d8rfx3f0
80年代後期、日本がバブル真っ盛りの頃に作られた小松左京原作のSF作品で、映画の出来そのものよりも、音楽を巨匠モーリス・
ジャールが担当したことの方がファンの間では話題になった。ジャールといえば言うまでもなく映画音楽の第一人者であり、60〜70
年代の欧米の映画界で大作、話題作の音楽といえば、真っ先にこの人の名前が挙がったものだが、80年代後半になると、むしろP・
ウイアー作品のような小品(音楽自体は素晴らしいが)が多くなり、さらに90年代に入ると作曲数が著しく減り、ようやく参加した「激
流」は、ゴールドスミスに交代させられたことは、あまりにも有名である。そういう意味で「首都消失」はジャールの晩年の作品群の中
で数少ない大作映画であり、それが非ハリウッド作品であることは非常に興味深いことである。

それにしても東洋の島国の映画に「出稼ぎ」までしてジャールが大作に固執した理由とは何んなのだろう?それはやはり「巨匠」とし
てのプライドであろう。ライバルのゴールドスミスや若手の作曲家に次々と大作の仕事を奪われる中、例え日本の映画であっても、己
の実力を示すチャンスがあれば、敢えてチャレンジしたい。そんなジャールの強い想いが感じられる。実際「首都消失」の音楽を聴いて
みると、当時全盛だったJ・モロダーの音楽を強く意識したところもあり、ジャールもかなり自分のスタイルに悩んでいたことが感じられ
る。それでもこの「首都消失」は巨匠ジャールが放った痛快無比の一撃であり、ジャールのベストスコアでないにせよ、巨匠の名に恥
じぬスコアであることには間違いない。

53 :名無しさん@恐縮です:2010/04/24(土) 19:46:39 ID:+d8rfx3f0
80年代後期、日本がバブル真っ盛りの頃に作られた小松左京原作のSF作品で、映画の出来そのものよりも、音楽を巨匠モーリス・
ジャールが担当したことの方がファンの間では話題になった。ジャールといえば言うまでもなく映画音楽の第一人者であり、60〜70
年代の欧米の映画界で大作、話題作の音楽といえば、真っ先にこの人の名前が挙がったものだが、80年代後半になると、むしろP・
ウイアー作品のような小品(音楽自体は素晴らしいが)が多くなり、さらに90年代に入ると、作曲数が著しく減り、ようやく参加した「激
流」は、ゴールドスミスに交代させられたことは、あまりにも有名である。そういう意味で「首都消失」はジャールの晩年の作品群の中
で数少ない大作映画であり、それが非ハリウッド作品であることは非常に興味深いことである。

それにしても東洋の島国の映画に「出稼ぎ」までしてジャールが大作に固執した理由とは何んなのだろう?それは、やはり「巨匠」とし
てのプライドであろう。ライバルのゴールドスミスや若手の作曲家に次々と大作の仕事を奪われる中、例え日本の映画であっても、己
の実力を示すチャンスがあれば、敢えてチャレンジしたい。そんなジャールの強い想いが感じられる。実際「首都消失」の音楽を聴い
てみると、当時全盛だったJ・モロダーの音楽を強く意識したところもあり、ジャールもかなり自分のスタイルに悩んでいたことが感じら
れる。それでもこの「首都消失」は巨匠ジャールが放った痛快無比の一撃であり、ジャールのベストスコアでないにせよ、巨匠の名に
恥じぬスコアであることには間違いない。

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)