5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【プロ野球】新市場開拓、海外も視野・・・30億円超の赤字球団も存在、経営努力を重ねても黒字化できない閉塞感が球団に広がる

1 :絶望φ ★:2009/12/24(木) 23:22:42 ID:???0
 2004年に球界再編騒動が起きた結果、新規参入した楽天をはじめ、日本で最古の
歴史を誇る巨人までが、さまざまな形で経営努力を進めるようになった。「興行から
ビジネスへ」の命題を、12球団が共有する。日本プロ野球選手会がストライキを
決行してまで、12球団体制を存続させたプラス面といえるだろう。

 「ストライキの意味はマーケットを縮小しなかったことと、球団の経営レベルが大幅に
改革されたところにあると思います。球場などの構造的な問題(高額な球場使用料)は
あるにしても、各球団が5年前とは比べものにならないほど頑張っています」

 オーナー側が球団数削減に動いた04年、これに反対した当時の古田敦也選手会長
(元ヤクルト)のブレーン役を務めた選手会顧問弁護士の石渡進介弁護士は、球団側の
変化を評価する。

 しかし、黒字の球団は巨人などほんのひと握り。30億円超の赤字を抱える球団も
存在する。連結決算の時代でもあり、厳しい経済状況が続けば、近鉄やダイエーが球団を
手放した04年のような事態が起きる可能性を、完全には否定できない。経営努力を重ねても、
簡単に黒字化できない閉塞感が、多くの球団に広がってもいる。

 日本プロ野球組織(NPB)は、ほんの15年前までは国内球団間の競争だけで済んだ。
それが野茂英雄投手(ドジャースなど)の米大リーグ(MLB)入りを契機に、メジャーリーグとの
競争にさらされるようになった。MLBは球場施設や年俸の面でNPBをしのぐ。
MLBとの格差が広がれば、選手の流出が続くのは自明の理だ。

 「本当に抱える問題は何か。マーケットにお金が入ってこないことです。球団単位でできる部分は、
大方やり尽くしています。これからは1チームのマーケティングではなく、リーグ全体の
マーケティングを考えないといけないと思います。NPBとMLBは、チーム対チームの
競争ではなく、リーグ対リーグのマーケット規模の競争をしているわけですから」

(続く)

http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/091224/bbl0912242256010-n1.htm

160 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)