5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文芸】秋の夜長に読みたい国内ミステリー作家は?

1 :ホピ族の洛セ▲φ ★:2009/10/01(木) 00:24:44 ID:???0
「活字を読むのはニガテ」という人でも、一度ハマると抜け出せない本、それはミステリー小説。
最初は不安げに「読み通せるかな?」と短編作品を手に取った人が、数カ月後には
「もっと読み応えのあるものを!」と分厚い本を求めるようになっているケースも、珍しくありません。
折しも季節は読書の秋。20代ビジネスマンは、どの国内ミステリー作家の作品に注目しているのでしょうか?

Q、秋の夜長に読みたい国内ミステリー作家は?
1位 赤川次郎 23.1%
2位 宮部みゆき 14.3%
3位 東野圭吾 13.9%
4位 西村京太郎 10.2%
5位 江戸川乱歩 9.7%

■赤川次郎のミステリーが読みたい! その理由は……
・「ミステリーの大道だから」(25歳/自動車関連/設計)
・「現実離れしているようで、し過ぎてもいないストーリー」(28歳/ソフトウェア/エンジニア)
・「この人のものしか読んだことはないが、他の人のを読もうという気にもならない」(26歳/通信/SE)
■宮部みゆきのミステリーが読みたい! その理由は……
・「作品自体というよりも、好きなゲームや趣味が自分と似ている作家なので好感が持てる。
『名もなき毒』を読んでみたい」(25歳/メンテナンス/その他)
・「哀しいミステリーの話でも最後は希望を抱くような話が多い。久々に『火車』が読みたい」
(23歳/精密機器/営業)
・「高校の時から好き。先が読めなくてドキドキする」(24歳/ホテル/サービス)
■東野圭吾のミステリーが読みたい! その理由は……
・「東野圭吾はミステリーのみならず、その中で丁寧に心情も描いているから」(26歳/鉄鋼/マーケティング)
・「内容は難しいが、文章は読みやすい。オススメは『白馬山荘殺人事件』」(23歳/建築/営業事務)
■西村京太郎のミステリーが読みたい! その理由は……
・「電車が好きなので、この作家の作中によく出てくる時刻表の描写やトリックの感覚が好き」(28歳/小売/販売)
・「弱者への優しさが感じられるから」(26歳/電気/設計)
■江戸川乱歩のミステリーが読みたい! その理由は……
・「グロテスクなところがあるから」(25歳/金属/財務)
・「全体のストーリーが面白い」(28歳/繊維/企画開発)
http://news.ameba.jp/cobs/2009/09/46393.html

2 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:25:49 ID:eNXktAC00
金田一の最近のを読んだら糞過ぎてワラタ

3 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:26:05 ID:lucEzsvm0
ピンと来ない面子だ

4 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:26:08 ID:t4UQcvjT0
ファミコン探偵倶楽部

5 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:26:10 ID:wDvZk5G80
赤川次郎ってまだ人気あんの?

6 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:26:11 ID:ACLknwYm0

いいえ!存在自体がミステリーな・・・


   吉 本 ば な な 

 
                 これです!

7 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:26:30 ID:Y6R/EwOa0
団鬼六

8 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:26:34 ID:EBHW7/yY0
殊能将之
新刊出して

9 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:27:19 ID:lkV4FjHC0
清涼院流水だろ

10 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:27:39 ID:g6/qiXOC0
今年も残すところ3か月ですね。

11 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:27:49 ID:+WkqeM0rO
夜長を満喫するなら京極だな。

12 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:28:07 ID:ij5UJwhA0
高村薫

時間があるときに長編を一気に読んでふらふらになりたい。


13 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:28:29 ID:AOUAYdL+0
原ォにきまってんだろボケどもが

14 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:28:58 ID:ydGnUhhI0
ミステリーとかよりまずはショートショートの方が5分10分で一話読めて楽

15 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:29:19 ID:wDvZk5G80
ミステリーって読み終えたら用なし

16 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:29:25 ID:ij5UJwhA0
原ォっていまなにやってんだよ

17 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:29:38 ID:Z929/oJt0
クソばっかだから


エルロイ読んどけエルロイを

18 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:30:14 ID:IwLkK7GW0
思ったんだけどさ、
「秋の夜長」ってあるじゃない。

だけどただ日が落ちるの早くなるってだけで
勤務時間短くなるわけじゃないし
帰宅する時刻たいして変わるわけでもない。

それなのになんで夜が長いから何かしろって
ことになるわけ?

19 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:30:29 ID:eukrfxin0
バナナはおやつに入るんですか?

漫画や図鑑は読書に入るんですか?

20 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:30:29 ID:AOUAYdL+0
>>16
それを言うな

信じて待つ。それだけだ

21 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:31:19 ID:UIvZ9/RwO
清張さんはないのか

22 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:31:22 ID:fthoBwfyO
>>17
法月さんですか?

23 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:31:41 ID:lBtn6iiO0
ミステリーの大道ってなんだよコラ。

ミステリーの王道だろがコラ。


24 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:32:15 ID:0/C5ZIIX0
「夏」だったら小野不由美か京極夏彦が入ってただろうに

25 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:32:52 ID:/I6lN5R20
江戸川乱歩って驚異的だよなw
現行作家のなかに割ってはいるんだから。
てゆーか、そういう意味でも乱歩だけが本物だろ、そのランクの中では。

26 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:33:04 ID:t4UQcvjT0
>>18
夜明けまで寝ない人が多いからだろ

27 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:33:07 ID:kwTdFyrh0
さんまの迷探偵

28 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:33:27 ID:DkNqhGZs0
じゃあ、オマイらのおススメを聞こうか (´ー`)

29 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:33:46 ID:NdsETKEH0
ビートたけし殺人事件

30 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:34:12 ID:JAy7k/SW0
>>17

>>1 は国内ミステリーって書いてるだろ
   無視すんな

てか、エルロイのLAシリーズの続編(完結作?)はいつ出るんだ?

31 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:34:42 ID:K2yaStLN0
20代とは思えないアンケートだなあ…

32 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:35:08 ID:vTJ5bXQ2O
何、このミステリー読んだ事のない40代がハナクソほじくりながら適当に書いた記事。
いまどき、多少でもミステリーに興味ある奴で赤川次郎なんか選ぶわけがない。

33 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:35:17 ID:RNhRCFadO
森 博嗣

シリーズもの一回読んで、2周目が面白い。


34 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:35:32 ID:K2yaStLN0
>>28
横山秀夫にハズレなし

35 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:35:49 ID:DvHLM+EN0
赤川次郎なんて今41の俺が中学の時に人気作家の筆頭だったよ。
まだ一番て・・・いくら稼いだんだろ。

36 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:36:05 ID:o0RaQJPx0
そもそもなぜミステリに限定する。
SFを読め。

37 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:36:08 ID:MtNaqPJFO
京極夏彦

38 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:36:17 ID:eD7s22p2O
赤川とか西村とか、ミステリーとは呼ばないだろ。
ミステリーと言うからには魅力的な謎がないとね。
JRを乗り継いだだけのアリバイ(笑)俺でも書ける(笑)

39 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:36:23 ID:F3+4cRYd0
5位の乱歩がすっごい違和感。

40 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:36:25 ID:r8E7xC5XO
加納朋子とか北村薫とか若竹七海らへんかな
血生臭くないやつ

41 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:36:39 ID:7nlWgTEt0
矢作俊彦だろうjk

42 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:36:45 ID:lZqC0ISX0

死者を操る霊界総理・ネクロマンサー鳩山のベストセラー

「新・鳩袋」
追求すると自殺してしまう、友愛に満ちた都市伝説を集めた一冊

「恐怖献金」
毎晩12時になると「今日は1万えーん」とポルターガイストに
連れられた死者が献金にやってくる

「うしろの邦夫」
不思議な取材に会い窮地に陥ると背後から「かあちゃんも反対してたぞー」と
邦夫がやってきて足を引っ張る

「一郎がくる!」
国会などでいじめられた相手を「ウラミハラサデオクベキカ」の言葉とともに
黒魔術で自殺や火事にさせてしまう痛快コミック

「私腹のはらわた」2009年 日本 監督:鳩山由紀夫
主人公がコネで入ったとある議員の政治資金管理団体。
そこはなんと個人献金者の内8割が既に死んでいる人間だったのである…。


43 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:36:53 ID:t4UQcvjT0
>>28
湊かなえ

44 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:38:24 ID:/I6lN5R20
>>39がすっごい痴呆っぽい

45 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:38:32 ID:6OSu0K3tO
おいおい、夜長には小栗虫太郎「黒死館殺人事件」だろ
これ読まずにミステリ語んなってくらいの定番なのに……
同じ20代社会人として恥ずかしいわ赤川とか

46 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:38:34 ID:NmAxTpq4O
東野はほんとに読みやすい文章を書くよな

47 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:39:09 ID:nqEyhuWn0
随分と大衆的な感じだな。ビジネスマンというと賢そうだけど
仕事してればみんなビジネスマンか‥


48 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:39:12 ID:IJ5guDqGO
清張は別格扱いなのか?

49 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:39:13 ID:H16nY+in0
西村京太郎、
鉄道ものばっかり書いてるのかと思ったら
初期にはすげえ面白いの書いてるんだな
殺しに双曲線とか、傑作だと思ったわ

50 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:39:35 ID:fthoBwfyO
安吾読み返し

51 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:40:10 ID:o0RaQJPx0
乱歩とか言われても、少年探偵団のイメージしかない。

52 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:40:24 ID:ILjLmIkkO
大阪圭吉だろ

53 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:41:02 ID:lkV4FjHC0
>>28
二階堂禿人

54 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:41:07 ID:Qn1Y7UcF0
夜長と言っても労働時間が変わるわけじゃないのに
秋でも読書なんかゆっくりできねえよ

55 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:41:16 ID:6cwCamTc0
東野の秘密はまじオススメ

56 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:42:08 ID:pag+sIly0
>>34 同意。横山秀夫はいい
異論は認める

57 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:42:14 ID:K2yaStLN0
この5人で70%以上締めてるの?おかしくね?

この謎を誰か解いてくれ!

58 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:42:16 ID:F3+4cRYd0
>>44
だってぇひとりだけ死んでるしぃ〜

59 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:42:40 ID:LlJk7Uwz0
>>51
孤島の鬼は読んどけ
もっと軽いのからなら人間椅子

60 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:42:45 ID:h9klW2Za0
>>8
twitter読めばいいじゃない。

61 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:42:49 ID:lkV4FjHC0
横山秀夫は国語の教科書読んでる気分になる

62 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:43:20 ID:XdIt/JxC0
海老名みどり

63 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:43:49 ID:Yb1i1Um90
>>28
歌野晶午

あの読後感の悪さは尋常じゃない

64 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:44:05 ID:dY0bKgpk0
火車って妖怪かと思ったら火の車なんだな
馬鹿だと思った

65 :4PT ◆4PToQvwrUo :2009/10/01(木) 00:44:22 ID:cBOVMWgEO
十津川警部とカメさんが好きで、アリバイトリックはおまけだわ

66 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:45:11 ID:H16nY+in0
>>53
人狼城の恐怖は面白かった
ああいう設定の話は大好きだ

67 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:45:39 ID:VkN7Td7t0
都筑道夫全集出ないかな

68 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:45:40 ID:wDvZk5G80
火車に最後に希望があったっけ。
読むと寂しい気持ちにしかならなかったが。

69 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:46:02 ID:Y630W2VE0
ねらーよ、清流院流水はいいぞ…!

けけけ

70 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:46:20 ID:fYKbQjFF0
文庫で海外ミステリーが売られてるのにわざわざ国内のものを読む理由がない

71 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:46:34 ID:NdsETKEH0
>>63
密室殺人ゲームや舞田ひとみはある意味爽快だったぞ
死体を買う男が一番好きだけど

72 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:48:18 ID:DBnyqqYEO
綾辻行人の『殺人鬼』読んでお腹痛くなった。
我孫子武丸の『殺戮に至る病』読んで吐きそうになった。


73 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:50:12 ID:4pA4INvI0
折原一かな

74 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:51:07 ID:lGVw1ksK0
島荘と綾辻が入ってないなんて…

75 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:51:08 ID:wQLZ53C50
>>52
いいけど、秋の夜長にゃ著作全部一晩で読めちゃうかもしれないぞ

秋の夜長は小難しいトリックの本格ミステリー長編がいい

76 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:51:24 ID:K2yaStLN0
法月倫太郎も好きだ

77 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:52:09 ID:H16nY+in0
>>73
暗闇の教室は面白かった
暗い森もなかなかよいぞ

78 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:54:09 ID:387qjMlP0
2chのランキング

1 位  東野圭吾        
2 位  京極夏彦      
3 位  島田壮司    
4 位  森博嗣        
5 位  綾辻行人    
6 位  有栖川有栖      
7 位  宮部みゆき    
8 位  横溝正史        
9 位  泡坂妻夫      
10位  江戸川乱歩    

79 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:54:43 ID:vF7sDpAyO
犯人はヤス

80 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:55:08 ID:JUPWczJt0
20歳で赤川次郎読んでたら引きますか??
見た目は女っぽいですがw

81 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:55:21 ID:wKYwqZKY0
原遼って、もうミステリー書いてないの?

82 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:55:44 ID:zj1Mb57O0
ハードボイルドなら、大沢在昌の新宿鮫シリーズ最高
特に毒猿と屍蘭はハンパなくいい

83 :28:2009/10/01(木) 00:55:57 ID:DkNqhGZs0
>>34 横山秀夫 「ハズレなし」とな?
>>43 湊かなえ  最近、女流作家が頑張ってるな
>>53 二階堂禿人 名前が違う気がするが気にしない
>>63 歌野晶午  そういうの嫌いじゃないぜ

 φ(。。 )メモメモ 全部、読んだことない。
 ありがとよ。読まさせてもらうぜ

84 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:56:15 ID:81RtzWf6O
赤川次郎の小説は文章がほぼ会話だから読みやすいんでしょ。

85 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:56:39 ID:NdsETKEH0
>>80
全部揃えてたら尊敬する

86 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:56:41 ID:xX7NjWP80
ミステリーじゃないけど小野不由美はそろそろ12国記を完結させて欲しい。

伊坂幸太郎って読んだことないけどどう?

87 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:57:32 ID:pUf7Na5OO
法月綸太郎 真面目なミステリー

88 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:58:32 ID:lGVw1ksK0
>>80
小説なんて好きなの読めよ

89 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 00:58:34 ID:DBnyqqYEO
赤川次郎の小説てページの下半分くらい空白よな?

90 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:00:23 ID:eQwpaJIJ0
赤川次郎って女子高生とか若い女の子が主役の話が多くてねぇ。
三毛猫ホームズとかまだ続いてんのかな?

91 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:00:32 ID:K2yaStLN0
岡本綺堂
風情を感じられるのもいい

92 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:00:35 ID:C4ThDezcO
>>49

西村京太郎の「殺しの双曲線」以外のおすすめ教えて。

あと赤川次郎は「マリオネットの罠」以外のおすすめを頼む。

93 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:00:38 ID:nqEyhuWn0
基本作家の好き好きはあるけど、大抵の作家は2,3冊読んだら、たいくつだったりはずれがあるけど
西村京太郎は何十冊読んでもはずれがない。
読者を楽しませる作りの部分はエゴを排して徹底している感じがする。

94 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:01:13 ID:B/mVTltD0
赤川次郎は赤川次郎であって、ミステリー作家というイメージがまるでないw
そんくらい作家の長者番付ぶっちぎりで1位の時代が長く続いた。。
本の出しすぎで結局、一冊も読んでない作家の典型だ。
昔、友達が「長い夜」がおもしろかったよとやたら勧めてくれたけど
結局、まだ読んでない。。

95 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:01:29 ID:7bOD2tj+0
>・「この人のものしか読んだことはないが、他の人のを読もうという気にもならない」(26歳/通信/SE)

・・・どれだけ薄っぺらい26歳だよ。さすがゆとり。

96 :クロミ ◆f7JRhiNfc6 :2009/10/01(木) 01:01:38 ID:PmZU4ZEL0
ラブクラフト インスマウスの影いいよ
あっ国内か!

名前出すのも反吐がでるけど友成純一

97 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:02:25 ID:EBHW7/yY0
>>60
見てるけど新刊読みたいっつってんのにあれ読んでどうすんだよアホか

98 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:03:23 ID:60fcW3L20
>>86
宮城出身なら読むべし

99 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:03:24 ID:KWdJ3ENv0
江戸川乱歩や横溝正史は殺人の裏にある当時の風習・地域性・人間関係が特殊で
より一層ミステリーに感じる。
乱歩に至っては死体の発見現場がリアルなニュースより芸術的過ぎて恐ろしい。
活字を読んで脳内で映像化する為に脳みそフル稼働しても追い付けない楽しさがある。
彼らの小説をリアル世界で遭遇したら気が狂うだろうな。

100 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:03:33 ID:FCt1Rx+9O
横溝正史

101 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:04:28 ID:hIcxpt5q0
綾辻行人の「殺人鬼」、かな?

102 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:04:34 ID:0/C5ZIIX0
「ああいいちろう」は誰のキャラだったかな
実家に置きっぱなしだけどあのシリーズ好きだ

103 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:04:45 ID:42fwsizb0
洋物の読みやすくて本格推理の傑作は
アガサクリスティのABC殺人事件
エラリークイーンのエジプト十字架の謎
アルセーヌルパンシリーズの虎の牙

104 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:07:44 ID:C4ThDezcO
>>102

泡坂妻夫ね

105 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:07:47 ID:4tbsSpQD0
僕は、電車や、時刻表を、見るのが、好きだから、秋の夜長は、
「西村京太郎かな」
と、うちの弟は、云った。

106 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:07:47 ID:CF6pF/uFO
北村薫はいいですよ
読後感がどれも爽やかです

107 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:07:48 ID:EtKR3WDp0

 安楽椅子探偵の新作マダー?

108 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:08:18 ID:42fwsizb0
和物の読みやすくて意外に本格推理の傑作なのは
西村京太郎の名探偵シリーズ
出版順に読むほうがイイね

109 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:09:02 ID:VoutwaLe0
読みやすいのがいいな
宮部みゆきは読みやすいけど最近は時代劇ばかり書いてるんじゃなかったっけ

110 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:09:03 ID:ZRM1gsTcO
折原一

111 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:10:45 ID:J65ew/RD0
宮部みゆきの時代物が面白いと聞いたから読んでみたいなぁ

112 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:10:48 ID:GhbfwZ+v0
>>38
「マリオネットの罠」「殺しの双曲線」「赤いクルーザー」あたりを読んでみ。

113 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:11:24 ID:JUPWczJt0
かまいたちみたいに閉鎖されたお話のは
ないですか?
ちょっとコミカルで

114 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:12:19 ID:ACUCLzDp0
今野敏


ただしオカルト系と格闘技系以外な

115 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:12:20 ID:EhYyvwY10
>>28
有栖川有栖のシリーズには、『学生アリス』ものと『作家アリス』ものとがあるが、
『学生アリス』ものはとりあえず読んで置け。

『月光ゲーム』⇒『孤島パズル』⇒『双頭の悪魔』⇒『女王国の城』の順番に読むのが基本だが、
このシリーズは完璧なロジックに学生サークルの青春小説という要素も濃いので、小説として面白い。


ここまで挙がっていない名前であれば、柄刀一(つかとう・はじめ)は本当にお薦め。
彼の作品に『OZの迷宮』という連作短編集があるのだが、何と、作中とんでもない理由で探偵が入れ替わったりする。
この作品のとんでもない=素晴らしいところは、文庫の『あとがき』までが作品の重要要素であるという点だ。
アマゾンで購入してでも、読んでみるといい。

島荘はなぁ…
作品の当たりハズレが激しいから…

116 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:13:21 ID:VoutwaLe0
綾辻行人みたいな”本格派”ってなにがいいんだかわからない

117 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:13:55 ID:lkV4FjHC0
>>113
ある閉ざされて雪の山荘で

118 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:14:23 ID:vRyBWSbl0
東野圭吾の>>117

119 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:14:32 ID:NdsETKEH0
>>114
ドラマ化されるって聞いたときはてっきりSTの方だと思ったんだけどな

120 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:15:19 ID:2dUEMYtLO
20代なら新本格の作家が名を連ねていそうなもんだけど

121 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:16:18 ID:42fwsizb0
泡坂妻夫なら乱れからくり

122 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:16:19 ID:Vq/Jx2HZ0
ポートピア殺人事件

123 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:16:21 ID:lkV4FjHC0
ある閉ざされた雪の山荘で、だった

124 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:16:21 ID:J65ew/RD0
>>116
歌野晶午とかも本格にはいるんだろうか

125 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:16:56 ID:XTrDmKHb0
なんか最近実録事件モノしか読んでないなぁ・・・・
有栖川とかみたいなのってなんか馴染めない
ねぇだろそんな犯行/動機って思ってしまって
フィクションぶりを楽しむべきなんだろうけどどうも受け付けない

読みやすいんだけど人間心理がドロドロしてて
読後に絶叫したくなるみたいなのが読みたいな

126 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:17:05 ID:0/C5ZIIX0
>>104
おお!ありがとさん

127 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:18:17 ID:gpcxgmAS0
西村京太郎の「名探偵シリーズ」はえがった
とくに「名探偵が多すぎる」が最高

128 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:18:48 ID:PD7ssV3FO
有栖川有栖がすき
あとは戸梶圭太

129 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:19:01 ID:z0Uz0dUl0
20代には横山秀夫とか受け付けないの?

宮部とか東野はいかにもって感じだけど
とっつきやすいと言えばとっつきやすい

130 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:19:26 ID:wDvZk5G80
北村薫は「秋の花」が好きだなあ。


131 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:20:54 ID:Umqdz2W40
海堂尊は?

132 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:21:05 ID:EhYyvwY10
>>116
綾辻とか法月とか我孫子とか、あの辺の京大ミステリー研究会出身の作家は、『新本格派』な。
ミステリー小説の歴史上、『本格派』といった場合、横溝正史や高木彬光とか昭和30年代後半から40年代前半で、
一度絶滅した流れだから。

松本清張が登場して、所謂『社会派』と呼ばれる一連の作品を次々と発表したので、探偵+トリック=『本格派』という流れが、
以前にも増して一段も二段も下に見られるようになってしまった。
『ゼロの焦点』の時刻表トリックなんて、本格のトリックなんだけどね。

で、70年代からコツコツと一人で『本格』の旗を掲げ続けた島田荘司が、上記の京大ミス研や
自分の家にアポ無しで小説の書き方を尋ねに来た歌野晶午らを講談社に紹介して続々とデビューさせたのが80年代。

有栖川有栖も時期的にはかぶるのだが、ルートが違うので俺としては『新本格』とは呼びたくないなぁ・・・

133 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:22:29 ID:JUPWczJt0
>>117
>>118
もう読んじゃったw
しかしあの主人公はどんなやつなのかな

134 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:22:52 ID:ILjLmIkkO
泡坂と言えば「しあわせの書」
よくまあ、あそこまでやったよw

135 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:23:01 ID:fs/uzyhxO
多島斗志之の作品は秋冬に合う

136 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:23:05 ID:xX7NjWP80
宮部の時代物は町人が主役ってのが面白い。
江戸時代の食文化とかすごく細かくて
下町の地理に詳しければもっと楽しめるかも。

>>115
>『女王国の城』 シリーズ新刊出てたんだ。見るよ!

岡嶋二人でてない。
99%誘拐面白いのに。昭和でこの小説書けるはすごい

137 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:23:16 ID:k+gvoXFQ0
キバヤシもミステリー作家みたいなもんだろw

138 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:23:28 ID:NdsETKEH0
>>131
このミスでデビューしたってだけで、
バチスタ以外はミステリーってわけじゃないような

139 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:23:29 ID:VkN7Td7t0
>>130
覆面作家シリーズがなんか好きだった

140 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:23:43 ID:0ugDZoFu0
>>113
森博嗣の初期作品
基本的に全て密室もの

141 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:24:14 ID:42fwsizb0
明智小五郎や金田一耕助好きなら
新世代ミステリーの
二階堂黎人の『地獄の奇術師』がたまらなく面白い

142 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:24:27 ID:Yb1i1Um90
>>71
分かるw
屈折感や不謹慎さが好きw

143 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:24:46 ID:lkV4FjHC0
>>133
人格転移の殺人とか

144 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:25:11 ID:IQhHheeK0
倉知 淳の星降り山荘の殺人は良いよ。
森博嗣はS&MシリーズとVシリーズの対比が凄い。

あとは、曹操が犯に(ry

145 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:26:04 ID:Yb1i1Um90
ドグラマグラ挙がってないのか
秋の夜長に発狂しようぜ

146 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:26:18 ID:i1Q1ZUBd0
赤川次郎のはお手伝いさんが一家をメチャクチャにするやつと
プレハブごとクレーンで持ち上げて密室殺人するやつくらいしか
読んだことがない

読みやすいというより読みやすすぎるな

147 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:26:33 ID:JUPWczJt0
>>143
ある閉ざされて雪の山荘での主人公ってハーフみたいでイケメン
なんでしょ?
でもほとんど主人公の描写が少なくて、最後に推理するのは寒気がする

148 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:26:36 ID:K2yaStLN0
>>113
貫井徳郎 「蝶番の問題」

短編だけど、謎が解けたときの爽快感があるよー

149 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:27:45 ID:EhYyvwY10
>>136
『女王国の城』は、ガチで面白い。
去年?出たばかりなので当然に単行本しかないし、しかもとんでもないヴォリュームなので
3,000円弱位するが、それだけの価値は間違いなくある。

但し、15年近く経ってからのシリーズものの続巻なので、アリスやマリアや、先輩たちや、
何よりも江神二郎のキャラクターを把握しなおした方がいいと思うので、『双頭の悪魔』くらいから読み返すことを
お薦めする。

…ある意味、キャラ小説なので、キャラを忘れると辛いでしょ?(´・ω・`)

150 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:28:11 ID:NdsETKEH0
黒死館、ドグラマグラがでたなら、虚無への供物も挙げなきゃな

151 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:28:23 ID:R7Mxmd3H0
>>92
西村京太郎は今も面白いけどやっぱり初期の作品が素晴らしいよね。
社会派として弱者や被差別者に温かい眼差しを向けてるしね。
お勧めは「天使の傷痕」、「四つの終止符」や十津川警部が初登場した
「赤い帆船」なんかいいんじゃない・・・・

152 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:28:54 ID:fPbg6jb5O
京極、綾辻、島荘、有栖川、小野不由美、摩耶雄嵩、横山秀夫
最近は石持浅海に嵌まってる。伊坂も今読んでて、わりと好き

153 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:29:15 ID:ljQXiy1tP
何だこれ?リーグが違うだろ。
ちゃんとリーグを分けろ。

154 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:29:29 ID:42fwsizb0
本格推理を読むのが面倒な人は
映画「マインドハンター 」
これは面白いよ

155 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:29:50 ID:ILjLmIkkO
有栖川なら双頭より孤島パズルの方が好きだな。

156 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:30:03 ID:lkV4FjHC0
>>147
まったく憶えてない

157 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:30:46 ID:avPizGfL0
鵺の鳴く夜は〜♪
全て上手くいきそうで〜

158 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:31:27 ID:gpcxgmAS0
>>156
もう一回読めるな

159 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:32:53 ID:IQhHheeK0
>>155
二人でボート乗ってるシーンが凄い好き。

160 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:33:46 ID:xX7NjWP80
>>149
あぁ、今名前出されるまですっかり忘れてた。
江神だけはかろうじて覚えてるな。

そういえば「館シリーズ」も最新刊読んでない。
時間足りないなぁ

161 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:34:14 ID:Fwtls7S0O
宮部、京極あたりかなぁ

162 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:34:21 ID:FSD+z+Q/0
馳星周が面白いって聞いたから3冊ほど読んでみたが、内容が全部同じだった

163 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:34:58 ID:xB1568Js0
>>81
去年末あたりのどっかの雑誌に寄稿したときに、
「来年の早い時期に」と言っていたがもうすでに10月。

164 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:35:37 ID:9JPeoIkS0
>>147
ハーフみたいなんて描写あったっけ?久我でしょ
どっちかってとイケメンってより何考えてるか分からないけど魅惑的なキャラだった記憶があるが

165 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:36:53 ID:JUPWczJt0
>>164
女子二人の会話で
両方言われてる

166 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:37:08 ID:C4ThDezcO
>>151

レスありがと。
ちらっとAmazonで調べたらおもしろそう。

とりあえずブックオフで探してみる。

167 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:37:55 ID:hoI7QOXN0
早く麻耶は新作を書けよ

168 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:38:28 ID:EhYyvwY10
>>160
綾辻の『館』シリーズはなぁ・・・
『時計館』とか『人形館』あたりは面白かったのだが、『暗黒館』は完全な地雷だったからなぁ・・・

綾辻ならむしろ、『殺人方程式』シリーズのほうが面白い。
作者曰く、『ちゃんとした』本格を書こうとしたらしいが、その成果は出ている。
キャラも立っているしw

>>113氏が言った『雪の山荘』=クローズド・サークルものであれば、同じ綾辻の『霧越邸殺人事件』は結構面白い。
コミカルでは決して無いし、むしろ幻想的だが、一読の価値はある。

169 :28:2009/10/01(木) 01:38:49 ID:DkNqhGZs0
>>115
もう社会人だから、学生サークルもの?とも思うが・・・ 読んでみるぜ(´ー`)
柄刀一って人は、見たことも聞いたこともないんで
作者そのものがミステリアスで余計に期待してしまうな φ(。。 )メモメモ

170 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:39:34 ID:hoI7QOXN0
>>168
時計館は面白かったよな。ただ、人形館が面白いだと…?

171 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:40:04 ID:NcWO5DImO
取り敢えず赤川次郎って言っとけみたいな感じですかぁ?

172 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:42:46 ID:fNGh3ifqO
綾辻だと「殺人鬼」が強い印象かな

173 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:42:49 ID:lkV4FjHC0
綾辻のは迷路館が好き

174 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:42:57 ID:R3TgOdxoO
横溝正史や江戸川乱歩は好きなんだが。
東野圭吾とかは何から読めばいいのかわからなくて未読。
親切な人が貸してくれたけど結局読んでない。
適当に海外物ばかり読んでたけど、西村京太郎辺り挑戦してみるか。

175 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:44:39 ID:Xi1ppIEU0
おれはアガサ大人買いしたわ
アクロイド殺し
いちおし・・・只今ナイルに死す

176 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:46:04 ID:dFjWlDjq0
いまだに赤川次郎や西村京太郎が入るのか。信じられんな。
まあ、たしかに読みやすくて、いいけど。

俺だったら、
1 北村薫
2 折原一
3 東野

かなあ。いまは。


177 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:47:26 ID:EhYyvwY10
>>170
綾辻の『人形館』は賛否が分かれると思うけど、俺としてはアレは有りだw
ただ、読み終わった直後に暴れだしたくなる人がいるということも、認めるw

『十角館』は面白かったけど、あのノリであればその後に出た歌野晶午の『生存者、1名』の方が面白い。
『水車館』は、メイントリックが横溝正史の非・金田一ものの完全なパクリ。
『迷路館』は、馬鹿馬鹿しいくらいのギミックが俺好みだが、如何せん、登場人物が入り組みすぎる。
『時計館』と『人形館』は、文句無しに面白い。
その次の作品(名前は失念した)は、島田荘司に全く同じようなトリックがあった。

そして、『暗黒館』は、100%純正まじりっけなしの地雷。

178 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:47:31 ID:DYRlAk4j0
今野敏 「同期」
柳 広司 「ダブルジョーカー」

179 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:48:39 ID:Ugo/XuXl0
ここまで森村誠一なし。

180 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:49:02 ID:9wUTttJ3O
火災清はサマー・アポカリプスから『哲学』まで。

竹本ピアノは『匣』、トランプ、カケス。

日影丈吉は短編のみで。

海野13は『深夜の市長』

181 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:50:58 ID:YJVuAgiK0
森村誠一は青春の源流が良かった。ミステリーじゃないけど

182 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:50:59 ID:iNZJT6bxO
原りょう

183 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:51:17 ID:r9ArT2wM0
中島らもさんもミステリーやってるから混ぜてくれ

184 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:51:56 ID:9JPeoIkS0
>>165
そうだっけ?覚えてなかったサンクス
『ある閉ざされた』はあんまり考えさせられる話じゃないから秋の夜長向けじゃない気がするよな

185 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:52:02 ID:ILjLmIkkO
連城の戻り川心中なんかもいいな。

186 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:52:17 ID:qRYMvT200
東野の本は展開が都合よすぎな印象があるんだけど

187 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:53:58 ID:42fwsizb0
新本格推理なら
麻耶雄嵩の翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件
がお薦め

188 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:54:01 ID:Ugo/XuXl0
東野だとパラレルワールドラブストーリーが良かった。

189 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:54:11 ID:xX7NjWP80
自分も時計館すき。
殺人鬼系はダメです。グロすぎて。

折原は最初は面白いけど
毎回同じトリックなのがちょっと飽きてきた。

190 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:54:29 ID:mg5jKTBkO
島田壮司
松本清張
横山秀夫


191 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:56:44 ID:jIGs8ujtO
横山秀夫の第三の時効

192 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:56:44 ID:EhYyvwY10
>>186
それを言い出すと全てのミステリー小説が、ご都合主義の権化だからw
ベーカー街の住人にしても灰色の脳細胞にしても、皆、かなりご都合主義だろ?(´・ω・`)

もし、貴殿がご都合主義の要素を完全に取り払ったミステリーを読みたいのなら、
A.バークリーの『毒入りチョコレート事件』を読むことをお薦めする。

酷く単純な事件の真相を暴くという『解釈』論について、実に6つ(7つ?)の全く異なる解法を提示するという
メタ・ミステリー小説だから。
こんな小説がクリスティやクイーン、J.D.カーと同じ時代に書かれたのだから、とんでもないんだけどね…

閑話休題

193 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:57:05 ID:xX7NjWP80
本格じゃないけど服部真澄のGMOもおもしろい。
遺伝子組替を植物じゃなく昆虫でやってた。
スケール大きくて面白いよ。

194 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:59:00 ID:wrgn9SI+O
海堂尊だな

久々にミステリー物読みたくなってきた!
よ〜し、今からブックオフ直行だー!

195 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:59:03 ID:Ugo/XuXl0
松本清張なら西海道談綺が面白かった。
ミステリーと呼べるか微妙だが。

196 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:59:47 ID:hoI7QOXN0
横山秀夫は最近ちょっとイマイチな印象だな。それでも面白いんだけど
初期の頃が本当に外れがなかっただけで

197 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 01:59:49 ID:Oc3Y43DJO
島田荘司
>>1
知ってる名前をあげただけって感じだなw


198 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:00:18 ID:DYRlAk4j0
海堂尊、最近のはつまんない

199 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:01:08 ID:CaUsXujJ0
市橋文哉だな。ドキュメントだけどリアルミステリー
って感じ。
何回も読めるし。
熟読すればするだけ面白い。

200 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:01:21 ID:0acsJfG00
1はどう考えてもアンケートねつ造してるでしょ
普通は横山秀夫と東野圭吾のワンツーになるはず

201 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:01:27 ID:DYRlAk4j0
横山秀夫病気なの?今年本出てないだろ
横山秀夫なら「第三の時効」が面白い

202 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:01:47 ID:MUi4/WwC0
>>16
前作直後に本を早く書けるテクニックを開発したとか言ってたのにどうしたんだろう

203 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:02:51 ID:0acsJfG00
>>192
ワセミス出身・50代とお見受けした

204 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:03:04 ID:9JPeoIkS0
>>186
確かにね。
理系の人らしく人物の繊細な心理描写より”事実”を書くのに長けてるかな。そこが読みやすさに繋がるんだけど
でも赤い指 天空の蜂 昔僕が死んだ家なんかはちょっと違うかもしれない 後殺人の門も

205 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:04:12 ID:DYRlAk4j0
でも横山秀夫とか男臭いの嫌いっていう人結構いるからね

206 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:04:13 ID:EhYyvwY10
ちなみに、>>1で挙がっている作家の中では宮部みゆきさんは大好きな作家だけど、
彼女の時代劇ものと少年を主人公にした一連の作品は好きだが、
『理由』や『火車』は嫌いだ。

元々、俺の体質に社会派が合わないからなんだが…

そんな彼女の最高傑作は、『汝が隣人の犯罪』だと思う。
この短編集は全て傑作だが、中でも『サボテンの花』は30ページしかないにも拘らず、
完璧なミステリーだと思う。

207 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:05:16 ID:wrgn9SI+O
そういえば、俺のミステリー小説デビューは、
コインランドリーに落ちてた>>1にも出てる宮部の『火車』なんだなー。
洗濯終わるまで暇で読んでたら…ハマるハマる!
不思議な出会いでしたw

もちろん落とし物なので、元に戻して即行中古買いに行きましたYO!

208 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:05:22 ID:nqEyhuWn0
ここにあがるような、ミステリーの人気作家や作品の売上げがのっているサイトとかてないのかな

209 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:06:26 ID:xX7NjWP80
島田荘司はたくさん読んだけど
「ハリウッドサーティフィケート」がすごく難しくてもう
高校生くらいだったかなぁ

210 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:07:07 ID:YJVuAgiK0
ここまで森博嗣の名前なし

211 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:09:20 ID:1TUFmziWO
高村薫だろ
異論は三人しか認めない

212 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:10:57 ID:xX7NjWP80
自分も宮部では「火車」かなぁ。
本人が一切登場しないのにものすごく鮮やかに
人物が描写されるのに感動した。
宮部の小説は最後の何十ページを読むために
長い長い前置きを読んでるみたい。

犬目線とか財布目線とかの変り種もおもしろいよね

213 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:11:10 ID:EhYyvwY10
>>203
確かに都の西北出身ではあるが、ワセミスにはかすりもしてなければ、ましてや50代でもない><
もう少し、若い。

>>209
島田荘司は、一時期、スランプに陥っていたからねぇ…
俺は『暗闇坂〜』でとんでもないご都合主義がでてきて、唖然とした覚えがあるが。

御手洗潔ものであれば、『占星術』と『斜め屋敷』、それに『異邦の騎士』と短編集を押さえれば
十分ではないかと…
いや、新刊が出たら買うけどさw

214 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:11:24 ID:DYRlAk4j0
高村薫はもうミステリー書いてないし

215 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:12:16 ID:t9WIOCMbO
京極と江戸川乱歩かな
綾辻と島田荘司、小野不由美もいいな
あと本格派好きには否定されても
二階堂禿じゃなかった黎人が京極と乱歩の次に好きだ
読書したいな。夜泣きで寝ない子供を
抱っこでトントンして携帯で2ちゃんやるのが精一杯

216 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:13:04 ID:PD7ssV3FO
アビコは初めて読んだのが腹話術人形のやつでハマれなかった

217 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:13:08 ID:DxK89gOIO
貴志が入ってないのか…

218 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:13:20 ID:vRyBWSbl0
横山秀夫は警察側がカッチリしすぎてるからミステリーって感じが薄いんじゃないかな
探偵的ポジションじゃないとこういうランキングで上位に来ない
俺は好きだけどね

219 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:13:22 ID:YJVuAgiK0
島田荘司は短編の方が良い。山手の幽霊とか紫電改とか
長編はどんどんつまらなくなっていく・・・

220 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:14:01 ID:r9ArT2wM0
>>211
マークスはあとがきが一番おもしろかったな

221 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:15:43 ID:1TUFmziWO
>>214
んなこたあ知ってるよ
喧伝だよ、喧伝

222 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:15:54 ID:o/30PQRq0
島田荘司って解決部分以外はスゲーおもしろいよなあ
「ねじ式ザゼツキー」とか「水晶のピラミッド」とか
物語は糞ツマランがトリックが超絶バカでおもしろかったのが「斜め屋敷」
「占星術」「異邦の騎士」「奇想」の3つは今の島荘を思うと奇跡

223 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:16:01 ID:6peMxUzc0
秋の夜長なら内田康夫の浅見光彦シリーズだな
軽く読めるのが良い

224 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:16:38 ID:EhYyvwY10
存命の日本のミステリー作家で、質・量ともに当代最高だと思うのが京極夏彦だな。

妖怪シリーズって、本筋とは関係無い(ように見える)あの異常なまでの薀蓄が、俺の心を鷲づかみするぜ。
『鉄鼠の檻』を読んだ後なんて、それまで全く興味の無かった『禅』の関連書を読み漁ったくらいだしw

ただ、長い。
分厚い。
しかも、読み始めると確実に一気読みモードに入るから、結果として必ず身体を壊す…

桑原桑原

225 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:18:22 ID:xX7NjWP80
>>217
あれはミステリー?
でも黒い家面白いよな。
個人的にはクリムゾンの迷宮が怖かったわ。

だめだ。本読んでないのにすでに眠れない。


226 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:21:12 ID:0acsJfG00
貴重な時間をウロボロスのうんこで浪費

227 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:22:12 ID:u+KIoYpy0
秋の夜長は時代劇に限る

228 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:22:15 ID:DYRlAk4j0
>>225
硝子のハンマーとか書いてる、つまんなかったけど

229 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:23:27 ID:1TUFmziWO
>>224
京極は秋の夜長に読むものか?
暇作って、眉間に気合い注入しながら、立ち向かっていく本だろ

230 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:26:40 ID:4qQzNdvk0
ここまで出てないとこで、道尾と米澤と中嶋と池井戸が好きかな
あと初期の舞城は衝撃的だった

231 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:29:29 ID:Qp1kl7TX0
京極夏彦って京極堂以外で面白いのあるの?

232 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:29:47 ID:NdsETKEH0
>>231
どすこい

233 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:30:59 ID:zntuZIsY0
乱歩でいいだろ

234 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:32:54 ID:KbzEU/Hh0
俺なんて好き嫌いが激しいから、読んだ作家の10人中9人は消えたなぁ。
ミステリーなら、貴志祐介、奥田英朗、横山秀夫あたりが生き残ったわ。

235 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:34:11 ID:u+w8t3ap0
北森鴻
西澤保彦

236 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:34:14 ID:Oc3Y43DJO
>>226
あれは斬新だった。
舞城も少し好き

アーヤは劣化したのが残念無念

237 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:34:17 ID:1eR/1DD/O
京極の、後味の悪い話みたいなハードカバー本があったのが
気になっている。
読んだかた、どんな感じですかね?

238 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:34:26 ID:fPbg6jb5O
>>231
巷説百物語シリーズも、わらうイエモンも面白いよ。
原案書いた狂言も良かった。
ルーガルーは未読

239 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:34:27 ID:JUPWczJt0
道尾っていうやつのやばい!!
妹が実はトカゲとか鬱になるw

240 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:35:45 ID:wDvZk5G80
グロいミステリーって体調が悪いときに読むと、その後本格的に寝込んだ時に
思い出して祟られたみたいになる。

241 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:38:22 ID:EhYyvwY10
>>239
オチを言うなや、オチをw

でも、あの作品確かにヤバイな…
読み終わった後に心に残る、澱のようなどす黒いものが何とも言えない…

あの作品を『リアル』に解釈すれば全く救いは無いし、ファンタジーの亜種だと捉えると所謂『アンファン・テリブル』ものだし…

いい意味で、読後に足下がグラグラとなるような、妙な浮遊感(でも快適なものではない)を感じたね。

俺の中での『咀嚼』がまだ終わっていないので、未だにミクシのレビューには書いていないんだが・・・

242 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:41:05 ID:blEkoFeUO
みちおしゅうすけの何が面白いのか良くわからない。
少なくともミステリーではないような。

243 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:41:43 ID:Oc3Y43DJO
>>213
斜めと占星術は傑作だよね
個人的には異邦はあまり好きじゃない

アトポス 水晶のピラミッド龍ガ亭あたりは推理小説とゆーか読み物として好き
切り裂きジャックもなかなか

つか最近のは諸事情によりあまり読めてない。

244 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:43:14 ID:VMvKeOwX0
赤川次郎だけは勘弁してくれ

245 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:46:09 ID:4abq0SE60
宮部みゆきはどうにも表現というか文章が稚拙すぎる

246 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:47:22 ID:YJVuAgiK0
宮部作品には瀟洒って表現が必ず出てくる

247 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:48:00 ID:1TUFmziWO
マニアックすぎね?
誰か十津川警部の話しろよ
つーかこのランキングが嘘くさいがな

248 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:53:57 ID:uuvk0vXf0
渡辺啓助、大下宇陀児、甲賀三郎あたりを読んでおけ( ・ω・)y─┛〜〜

249 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:55:45 ID:jsQXZbMMO
20代で赤川次郎はまだいいとして、西村京太郎?
あれ50以上のオッサンやじーさんが読むもんだろ

250 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 02:57:28 ID:VcbKA61J0
邪道かもだけど、野沢尚はもうちょっと読みたかったな

251 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 03:02:12 ID:EkPHK7dtO
ヴァン・ダインです

252 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 03:05:23 ID:XFJJzvKqO
東野圭吾の白夜行

こんなミステリーがあったのかと本当にビビったわ

253 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 03:10:50 ID:LO69IvOR0
横山秀夫、東野圭吾かな。どれ読んでも面白いし文章も読みやすい。


254 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 03:18:54 ID:h9klW2Za0
>>97
ミステリではないけど
新刊みたいなもんだろ。
エッセイかなんかだと思って読めよ。

255 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 03:33:34 ID:fn2nIRtdO
「裏切りの明日」(結城昌司)

256 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 03:56:41 ID:d2n+uSrl0
ネタでも蘇部健一の名前は出てこないんだなw

257 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 04:32:53 ID:h+hmoQYk0
東野にしても宮部にしても日本語の文章がうまくない
話の内容はおもしろくともどうもさめる

258 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 04:48:30 ID:cTfKoeyJ0
何で伊坂幸太郎が入ってないんだよ。
矛盾だらけの東野より面白いのに。


259 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 06:05:55 ID:rtTxXAodO
久生十蘭おすすめ
「魔都」日本版24
「地底獣国」日本版ジュラシックパーク
「黄金遁走曲」ライトノベル
凄いのはすべて50年前に書いてること。ただ、手に入りにくい

260 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 06:37:44 ID:uX7VgsqW0
ミステリー作家ってアホばっかだよなw

261 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 06:53:42 ID:qRM6RoLrO
乱歩は小学生向けだかのシリーズを図書室に通い詰めて読みあさったな
同時にホームズやルパンも読んでた
乱歩は微妙に伝奇的と言うか怪奇小説的な感じ
ホームズは割と真っ直ぐに探偵物
ルパンは冒険活劇小説に推理要素が入ってる
方向性の違いがなかなか面白かったわ

ところでこのミスで取り上げられた事もある冲方はどうですか
個人的にミステリ要素はほとんど無いただのSFだと思ってるがw

262 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 07:20:56 ID:QRshGJpF0
近年の「このミス」に同意できないことが多い

263 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 08:30:10 ID:lucEzsvm0
>>262
ミステリーの枠が広がって対象が増えたから?

264 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 08:42:11 ID:hh5xWtqE0
「新参者」読んだけど女房を質に入れてまで読むほどでもなかった。

265 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 08:49:00 ID:2wBFNUNwO
竹本の名前が全然出てこないけど
ミステリ扱いじゃないから?
たんに知名度がないから?


266 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 08:49:44 ID:/37cf2DG0
笠井潔が入ってない段階で素人のランキングだな

267 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 08:53:35 ID:M49U/HmX0
おどろおどろしいのが読みたいな

268 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:02:54 ID:u8zvRHtWO
大阪好きなら、黒川博行
…まあ、ミステリっちゅうか…だけど

疫病神、国境 オススメ
特に国境、堂々と北朝鮮ネタw

269 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:09:16 ID:KxCrHaa40
赤川次郎、西村京太郎、内田康夫
このあたりは誰が読んでるのか分からん。

270 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:10:26 ID:zF04HLx2O
北村薫とか米澤穂信とか

271 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:15:35 ID:HHyCXAFS0
イオリン T T
あと歌野の葉桜がなんちゃらかんちゃら

272 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:18:30 ID:ll2plRDc0
・「内容は難しいが、文章は読みやすい。オススメは『白馬山荘殺人事件』」(23歳/建築/営業事務)

こいつアホだろ。
東野圭吾のどこが難しいんだよ。

273 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:23:09 ID:uXCG8ana0
・「この人のものしか読んだことはないが、他の人のを読もうという気にもならない」(26歳/通信/SE)

こいつもアホだと思う

274 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:25:22 ID:SXY4d+GKO
>>258
伊坂w
なんだ、ゆとりか

275 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:28:13 ID:Hv5wgrYpO
基地外が好きな人には折原一さんのミステリをオススメします。

276 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:30:06 ID:ruwxe7So0
>>115
月光ゲームしか読んでないが、推理パズルにストーリーをつけただけで、
どこが青春小説かと。

277 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:31:15 ID:xj3WFok70
20代ビジネスマンが選んだにしては
10年前のランキングといわれても違和感がないなw
結局の所、年に1冊読むか読まないかの人が
思いつく名前を適当に挙げただけのランキングじゃ…

278 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:33:21 ID:QNCsVufKO
本当のミステリーオタクが読むわけじゃなく、あくまで一般的な素人読者が読むミステリーのランキングでしょこれ?

赤川次郎や宮部みゆきは初心者や普段小説を読まない人たちにとっては読みやすい小説だと思うよ。

279 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:34:13 ID:ohvoAvqQ0
折原一あたりが無難だろ

280 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:34:31 ID:v34IdQbtO
赤川次郎は傑作が多いらしいからな
実はネームバリューと中身が噛み合っているという

281 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:35:58 ID:FrZZCquoO
>>272
だよな

しかもオススメが白馬山荘かよっていう…まぁ人それぞれだけどさ

282 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:36:41 ID:fNGh3ifqO
>>222
『斜め屋敷』のトリックは笑えたなw
『占星術』と『異邦の騎士』は好きだ

283 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:37:54 ID:lucEzsvm0
十人十色ですなー

284 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:38:58 ID:vIaPNCwu0
陳舜臣
デビュー作は推理小説。日中をまたにかけたストリーが多くて面白い

285 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:40:18 ID:FaCumc8ei
>>266
夜長に手首の折れそうな分厚いミステリにひたれるよな、読んでも読んでも終わらないw

286 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:45:08 ID:/Sk2n+R20
>>130
異議なし。
読み終えて何気なく最初のページを開いたらry

287 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:45:39 ID:ypzJZmTxO
全くミステリーではないが時間があるなら
北方謙三、三国志は是非読むべき。

288 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:50:56 ID:/Sk2n+R20
>>287
水滸伝はどうですか?


289 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:55:44 ID:6SYuU01U0
>>177
「眩暈」と似てるアレだろ?
黒猫館であってるっけか?やべえボケてきたかな・・・

綾辻は殺人鬼と時計館と十角館が好きだ

290 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:58:09 ID:id2goez6O
本陣殺人事件

291 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 09:58:31 ID:55cJJiXNO
初心者にも通にもオススメできる作品なら「大誘拐」、これ1本。
適度な長さと読みやすさ、内容、質、ほのぼの感と素晴らしい結末、文句なし。

軽いものなら黒川博行のクロマメシリーズもいいかも。

292 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:01:59 ID:vIaPNCwu0
>>288
横レスだが、個人的には水滸伝のが面白かった
三国志は人物伝みたいになってて、ひとつの物語を読んだ感じがしない
最終巻読んだあと、しばらく完結したって気がつかないようなつくりだし。

それと、両方とも吉川栄治あたりの「王道」の作品を読んでないと
作品の面白さが分からないかと。特に水滸伝は、話しを完全に書き換えてるから

293 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:02:38 ID:8TQ+4SW40
赤川次郎、殺人よこんにちはとさようなら好きだったな。

294 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:05:28 ID:2lDdzQGM0
島田荘司の御手洗シリーズ読めよ
死んでも嫁

295 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:05:58 ID:EhYyvwY10
>>289
俺も、今、手許に現物が無いのではっきりしたことは言えないが、『黒猫館』でよかったと思う。
メルシw

>>291
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

天藤真(てんどう・しん)の作品は、どれをとっても人間に対する慈愛に満ちていて、読んでいてホッとするよね。

特に『大誘拐』は、

@本当の悪人は誰一人居らず、

A誰一人として傷つかず、

Bその上、100億円の身代金のTV実況生中継

というとんでもないカタルシスが得られる素晴らしい作品だわ。

最後の『対決』シーンも見事だけど、圧巻はやはり身代金の受け渡しシーン。
だけど、文字情報だけだと分かりにくいというのも事実だから、北林谷栄、緒方拳主役の映画版も、是非見てもらいたいね。
あそこまで原作に忠実に、しかもキャスティングまで完璧に作られたミステリー映画なんて絶無だから。

296 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:07:02 ID:5YbzU2ERi
ずっこけ3人組

297 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:08:14 ID:A1aH4aSs0
乃南アサ

298 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:08:37 ID:EAqE5JgcO
最近ミステリーも連作短編しか読めてないなあ。柄刀一と米澤穂信くらいか。


299 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:09:59 ID:zn3XmdnUO
貴志祐介
青の炎は良かったなぁ
黒い家と天使の囀りはちょっとトラウマ

300 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:11:25 ID:JWrvljn30
火車は面白いお

301 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:11:45 ID:kZcVGc3b0
赤川次郎はエンターテイメントであってミステリではないと思うのは俺だけか?

302 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:11:46 ID:RR4HbRL+0
清涼院流水を本屋買う。
ブックオフとか古本屋で買ってはいけない。
読み終わった時には、犯罪者のボーダーラインを簡単に越えられる。

303 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:13:12 ID:5YbzU2ERi
わいはほんまにあほやろか

304 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:14:03 ID:cKRnfmPK0
胡桃沢耕史って知ってる人いるのかね

305 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:15:09 ID:pGLqN/z0O
折原一は読み続けるとパターンが分かってくるけど、初期の頃はワクワクしたなぁ

306 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:15:13 ID:2ScYndx10
お前ら厨某だな
秋の夜長といえば、新堂冬樹だろ

307 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:15:30 ID:m2Vyh0ot0
赤川次郎って小学生とか中学生が読んで楽しむ小説じゃないかな?

308 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:16:17 ID:EhYyvwY10
>>304
『翔んでる警視』、キタ━━(゚∀゚)━━( ゚∀)━━━(  ゚)━━(  )━━(゚  )━━(∀゚ )━━━(゚∀゚)━━!!!!! w

あのシリーズは、まだコンピュータが物珍しい時代にそれをフル活用した先駆けの作品だと、記憶している。

個人的には、郷ひろみ+志穂美悦子ヴァージョンのドラマが好きだった。

309 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:18:21 ID:/2AspgZY0
赤川次郎ってまだ読んでる人いるの?初期作品は傑作も多いけど近作は誰も読んでない
と思ってた。違和感のあるランキングだなぁ・・・。
赤川次郎から東野圭吾、宮部みゆきに移った人はまず赤川次郎には戻らない。



310 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:18:25 ID:NJpBCzkA0
赤川で有名ミステリーってあるんか?
マリオネットの罠?だとかを読んだが
内容酷かった。真犯人が心情の描写を偽るとかありえない事が出てきた。

311 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:19:16 ID:jrBNE56Y0
>>279
折原一って前から読んで、ひっくり返して後ろから読む本あったよな。

312 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:19:36 ID:cKRnfmPK0
>>308
おおお知ってる人いた!
俺は『翔んでる警視』シリーズは全部持ってるんだよ
秋の夜長の読書にまた読み返してみようと思ってる

313 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:21:01 ID:7S4OKOMW0
石持浅海
最近好きなんだけど
ここまであんまり名前出てないな〜

314 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:23:04 ID:Hv5wgrYpO
>>305
折原一のはハマるけどハマって色んなの読み続けると飽きるw
でも、〜者シリーズは一気に読んでも面白かった。

他の作家だと、三津田信三、道尾秀介、日明恩とかまあまあ◎

315 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:23:16 ID:JAA7Yso80
白馬山荘はないわ

316 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:25:41 ID:2ScYndx10
星降り山荘読んでない奴は読んだほうが良い
あまりオススメしないけど

317 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:29:29 ID:QlSrTbBNO
赤川次郎ってまだ書いてるの?
そもそもミステリーが手放しでもてはやされた時代は過ぎただろ

宮部みゆきは時代小説のほうが面白い印象だし、俺はね

318 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:29:54 ID:NGlMkhFu0
二十代でこのランキングはおかしいだろと思ったが、
まあ普段から読書、もしくはミステリを読んでる人間がアンケの対象になってるわけじゃないんだろうな。
とりあえず知ってる名前挙げとけみたいな感じ。

それなりに読む層からアンケ採れば東野、宮部、伊坂が確定で、
残り二枠が京極、森、島田、乙一、横溝、乱歩あたりだと思う。

319 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:30:15 ID:Hv5wgrYpO
赤川次郎は10代に読んでから読んでないなー。
東野圭吾とかも一時期ハマったけど、この2人のは読んでる時は漫画みたいに読めて面白いけど、あとから振り返ると印象に残らない作品も多くて、なんつーか…「好きな作家」と言うには「浅い」し、売れすぎてて引くよね

320 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:31:12 ID:7heHanu4O
東野圭吾以外は賛同できない

321 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:31:47 ID:dZth0gaGO
>>229
ワロタw

322 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:32:59 ID:I4r7rPwq0
>>317
時代物は江戸の町の描写がわかりやすくていいな


323 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:36:42 ID:EhYyvwY10
>>317
>>322
宮部さんの時代小説には、ハズレがないな。
俺個人としては、『ぼんくら』シリーズや『霊験お初』ものなどがすきなのだが、
ファンタジー小説の色合いが強い『あかんべえ』も面白いと思う。

宮部さんの作品をきっかけに、俺は池波正太郎や柴田練三郎に突き進んだなぁ、学生時代。

宮部さんの時代小説を読んだ直後に『しゃばけ』シリーズを読むと、あまりのレベルの差に愕然とする…

324 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:39:20 ID:8nNQOWAm0
清涼院流水読んだら、どのミステリーもおもしろくなった。

325 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 10:40:12 ID:pEedg/vr0
斉藤栄の初期の頃や魔法陣のシリーズが好きだった

326 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 11:01:21 ID:fn2nIRtdO
白昼の死角

327 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 11:59:35 ID:ohvoAvqQ0
井上夢人って最近どう? 岡嶋二人のころは好きだったんだけど。

328 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:07:03 ID:XCqI6mIwO
>>327
オルファクトグラムだけ読めばおk
まあ別に他もつまらないわけじゃないけどね

329 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:12:53 ID:/Sk2n+R20
>>292
丁寧なレス、ありがとうございました。
平凡社の中国古典文学大系の水滸伝は読んでいるので
北方に手を出すか迷ってました。読む決意ができたので
順次文庫を仕入れてゆきます。

330 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:14:46 ID:LUWxKfU8O
京極夏彦の「覗き小平次」「笑う伊右衛門」かな


331 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:14:53 ID:IQoAzXUM0
真保裕一や、藤原伊織が好きだ。
とくに「奪取」は、お勧め。

332 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:17:57 ID:yN2CghR0O
>>291, 295
おいらもナカーマに入れておくれ。
今まで読了してあれほど後味の良かったミステリーはないかも。井狩本部長がちょっとだけ気の毒だけど。

映画も北林・緒方拳がグイグイ引っ張っていって、脇役たちも良い味だして。
岡本喜八晩年の名作だと思う。

333 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:22:06 ID:v00H8s3JO
>ミステリーの大道

要するにバットを短く持つってことか

334 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:23:00 ID:/ikrpX+O0
>>329  王進好きにはたまらんですよw

335 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:28:14 ID:Kh8GYd+g0
>>58
(○´Д`)(´Д`●)ネー

336 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:36:12 ID:deTwJR/gO
江戸川は、短編ばっかなイメージ、長編で面白いのないのか?

337 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:37:51 ID:+7l6C+Nb0
2

338 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:40:14 ID:g51QZV3rO
だから京極夏彦はミステリー作家じゃないと何度言えば(ry

339 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:48:22 ID:hlkTSHXt0
>>336
やっぱり長編なら「孤島の鬼」だろう。異論は・・・認めない。
乱歩の長編は通俗的というか、娯楽性が高いものが多いよ。
いわゆるミステリーって感じではないから評価されにくいだけで。

340 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:54:24 ID:pf74J6V/0
麻耶雄嵩って最初読んだとき衝撃うけたな。こんなもん書いていいのか!?って思った
漫画の金田一少年とコナンだったら金田一派、ミステリーの雰囲気がちゃんとあるから

341 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:54:58 ID:ohvoAvqQ0
パノラマ島綺譚もいいよ

342 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 12:58:06 ID:2ONSvFGlP
このランキングまじかよ?
赤川次郎wwwwwwwww


343 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 13:03:40 ID:DWK+TytbP
倉阪鬼一郎は序盤と中程までが最高。オチは大抵くそだけど好き
どっちかというとホラーよりだけど

344 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 13:05:20 ID:OqlPxM37O
あれ、伊坂は?

345 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 13:08:12 ID:ll2plRDc0
>>344
ミステリーじゃないんじゃない?

346 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 13:11:21 ID:iRcJGZjL0
赤川西村はとっくにつまらなくなってる
特に西村はジジイで、ケータイの着信履歴すらわかってないw
そんなんで警察小説書いてる

赤川西村より、内田康夫のほうがいい
浅見シリーズはまだ面白いから

347 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 13:12:37 ID:hlkTSHXt0
赤川次郎も初期は良作があるよね。マリオネットの罠とか三毛猫の最初のとか。
西村京太郎も名探偵シリーズとか殺しの双曲線とか。
内田康夫は・・・ドラマしか分からんw
山村美紗は意外に不可能犯罪ものが多くて俺は好き。

この4人はミステリー読み始めの頃に馬鹿にしがちだけど、埋もれた良作を見つけるのは楽しい。

>>344
伊坂や京極は(もしかすると森も)一般文芸として扱われることも多い。俺も伊坂はミステリーではないと思う。
広義のエンタメではあると思うけどね。あ、オーデュボンの祈りはミステリーとしても面白かった。

348 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 13:28:28 ID:+t6VomrY0
1冊読めば十分だろその辺の作家はw
読書なんていかに読む本の無駄をなくすかがテーマなのに

349 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 13:30:05 ID:OqlPxM37O
>>345
このミステリーはすごい!ってので受賞してた気が

350 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 13:48:42 ID:jWUlT9H80
>・「ミステリーの大道だから」(25歳/自動車関連/設計)

王道の間違いか?大道ってこういう使い方する?

351 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:02:39 ID:OqlPxM37O
おおみち?

352 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:06:10 ID:fhnKyZUW0
確かに大道がまだ活躍しているのはミステリー

353 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:07:53 ID:ll2plRDc0
バットは短いの選手寿命は長い

354 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:09:30 ID:hlkTSHXt0
推理@
おおどう(←なぜか変換できない)状態だった

推理A
大家+王道=大道(読み方はたいどう)

推理B
大道のいまだ熱狂的なファン

355 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:17:54 ID:7F7bv6my0
赤川次郎なんて対象年齢高校生までのものだと思うんだが1位なのか・・・

小学生の頃「俺本読んでるんだぜ、すごいだろ」とか言ってる人が
ずっこけ三人組読んでの発言だったくらいのイメージだわなんか。

356 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:20:56 ID:c/5+n6ze0
男は黙って大道

357 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:22:15 ID:OqlPxM37O
キドカラー大道

358 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:29:59 ID:BMoIf/QS0
ここまで海野十三は無いみたいだな

359 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:30:56 ID:nQOVdetL0
青山剛昌
日本で一番売れているミステリー作家

360 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 14:38:19 ID:Dc0zdZ6tO
>>359
青山はヤイバ見て、ここまでツマラナイ物を書ける人が居るんだなと感心したのを覚えてる。
この事があり映画のやつは青山が本を書いてるとは思えん、別の人間が書いてると勝手に決めつけてる。

361 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 15:10:59 ID:2JbcGwuJ0
大江健三郎がいいよ、眠くなるから安眠誘導で明日への活力になる

362 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 15:31:40 ID:9JiKJjcm0
西、むら、きょうた、ろう、なん、か、読みたいか?

363 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 15:37:28 ID:L3qq3zAI0
横溝正史は、今読んでも面白いって感じるのが実は戦後すぐの作品だったりと、やはり
日本を代表する本格推理作家の筆力は凄いなぁって感じるね。

364 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 15:57:06 ID:fXsg0DuyO
最近読んだ20人くらい作家の中じゃ
東野
道尾
今野(隠蔽捜査シリーズのみ)
が好きだな。
東野は何かの短編集でも書いてたが
情景描写や心理描写をなるべく省くみたいだね。
だから読みやすい。

365 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 16:10:15 ID:ll2plRDc0
>>364
締め方も特徴的だよね
あまり引っ張ることなく余韻なく終わる。
俯瞰の景色で終わるというか
ブルータスの心臓とかその極み。
容疑者Xでさえも、そういう締め方なのか・・・・という。
とにかくドライなんだよね。


366 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 17:26:33 ID:iXVP2bpK0
海老名美どり

367 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 17:29:30 ID:vIaPNCwu0
西村京太郎って凄い才能だよな。松本清張の一作品をぱくって大金稼いでる

368 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 17:37:46 ID:Nb50L7BTO
赤川でしょうがないだろ
つーか、文学としては評価されづらいジャンルだしな
現代に近づく程きつくなるから横溝は運が良かった
宮部はオタク向け、西村は枯れてる

369 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 17:49:13 ID:/Sk2n+R20
高木彬光も忘れないでください。
刺青殺人事件
人形はなぜ殺される
成吉思汗の秘密
破戒裁判

370 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 18:20:19 ID:aSaZr+yy0
乱歩はわかるw 無性に読みたくなって一気に読み返したりすることある。
しかも読み返すたびにハマり度が増していく。

371 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 20:37:42 ID:cTfKoeyJ0
何で木下半太が入ってないんだよ
東野みたいな矛盾だらけのアホ小説よりアホなのに。

372 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 20:57:01 ID:L3qq3zAI0
>>358
「振動魔」が最高だなw

373 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 21:58:52 ID:DQ1Ui6Ay0
殊能将之のクオリティは異常

窓音タソ(*´Д`)ハァハァ

374 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:09:43 ID:ONi8ULBn0
赤川二郎は秋の夜長に30分で読みおえてしまうから駄目

375 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:11:21 ID:fgA+G7k60
>>313
ノシ
あまり出てこないね、寡作だからか
好きなのはアイルランドの薔薇、扉は閉ざされたまま

376 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:19:20 ID:qtea2fbQO
宮部みゆきは、はずれが無いな

ファンタジー以外は

377 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:21:00 ID:lgeQbuSlO
赤川次郎はクセがなくて読みやすいね。

378 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:21:24 ID:F8RiR16wO
毎秋、殊能センセーの新作を待っているんですが

379 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:22:24 ID:DQ1Ui6Ay0
ミステリはくだらなすぎる

380 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:24:27 ID:T1T/kQSl0
何で国内限定なんだよ

381 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:26:54 ID:NJpBCzkA0
殊能のハサミ男みたが酷い作品だった。
オチが序盤でよめる。
我孫子や貫井の類似作品と比べ遥かに劣る。

382 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:27:48 ID:rtTxXAodO
なんで山田風太郎がないんだ!

383 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:28:27 ID:l9U1E1fMO
綾辻行人
有栖川有栖
歌野晶午

384 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:33:47 ID:F8RiR16wO
山口雅也が出てないが古いんかね
あと、ロートレック荘事件とか不連続殺人事件とかミステリー作家以外の人が書いたのとか

385 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:34:48 ID:/NuJoyAb0
伊坂人気ないね、「アヒルと鴨とコンロッカー」、「オーデュポンの祈り」なんか好きだけどな

386 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:36:45 ID:DQ1Ui6Ay0
>>381
死ね

387 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:37:56 ID:NJpBCzkA0
>>385
ミステリーとはちがくね?
人気あるし、2chでも評価はかなり高いだろ。
自分は理解出来なかったが・・・

388 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:39:00 ID:jWq+sntWO
西澤保彦「七回死んだ男」
古処誠二の自衛隊のやつ、たしかUNKNOWNと未完成だっけ。
どっちも面白いと思う。
両者とも、最近の作品は読み切れてないけど…
古処は戦記ものじゃなくて、自衛隊の書いてくれないかなー。

389 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:39:05 ID:AgCsv7TtO
横溝正史

390 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:40:30 ID:Fpqq4xKNO
>>387
むしろ世間受けして2ちゃんでは内容がないと叩かれてる印象があるな。

391 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:41:29 ID:LLLrepPsi
>>378
こどもの王様から何年経った?
いつか出るのかな、新刊…

392 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:41:47 ID:GMhBexm8O
本詳しくないので、恥ずかしいが。
阿刀田高と松本清張を読んでいます。

このスレは参考にします。歌野って葉桜の何ちゃらの人?

393 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:43:45 ID:YWbGsNGEO
小栗虫太郎

394 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:46:15 ID:kv5+6Ma30
国内に限定する意味が分からん。

395 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:48:47 ID:NR1HeBMbO
乙川優三郎、時代小説家だが霧の橋はミステリー要素もある秀作

396 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:49:06 ID:mLYuH3XiO
根本的によくわからないのが
こういったアンケートはだれを対象に読んで欲しいんだろ?
本屋で月いくら位使う人がターゲットなんかしら

397 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:51:45 ID:yIdl2lyN0
>>388
タック&タカチシリーズの新作が出たよ

398 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:55:15 ID:/KewcLbF0
赤川、内田、西村は根強いファンが多いんだろうな
うちのかーちゃんなんかは内田、西村の大ファンだし
俺からしたら何が面白いのかわからないがな

399 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 22:55:51 ID:ij2WXyGX0
>>388
古処のその二作品好きだわ
面白かったし続編読んでみたいな

400 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 23:02:01 ID:LKn4kvff0
>392
葉桜の季節に君を想うということで2004年のこのミスに選ばれてたな。

401 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 23:12:42 ID:QRshGJpF0
>>183
ガダラの豚が大好きです!読み返しても楽しめる

402 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 23:25:39 ID:LO69IvOR0
ガダラの豚は、ミステリーなのかな?
俺にはイマイチだったなあ。
中学、高校生ぐらいで読んでたら良かったかも。

403 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 23:28:03 ID:H2OXzgc40
>>402
一巻は本格ミステリー
二巻は冒険小説
三巻はオカルトサスペンス

404 :名無しさん@恐縮です:2009/10/01(木) 23:36:55 ID:KFRwWTfZO
まぁ、本人もよくわからんようになっちゃったって言ってたし

オカルトギャグってところ?

405 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 02:03:33 ID:9inRj8fCO
幻獣少年キマイラ。
時間がある人は是非…。
ミステリーではないですが。

406 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 02:17:50 ID:QhhNTmOR0
「血と骨」梁石日
爆笑の連続、腹筋崩壊

407 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 02:20:37 ID:QhhNTmOR0
>>401
>>402
プロレス的であり山田風太郎テイストが合ったらツボ。

408 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 09:41:40 ID:V1BxknHUP
山田正紀のミステリーが好きだな
シリーズものをすぐ放り投げるところ以外は

409 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 09:43:44 ID:bLIgIhECO
異邦の騎士かな。御手洗の

410 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 09:45:47 ID:kG6WVyxJO
森博嗣

411 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 09:48:44 ID:EYNdonr40
新本格派みたいなのってもう人気ないのかな?綾辻とか

412 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 09:52:43 ID:gnwtCFLPO
ミステリーは見るものだよ。

413 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 10:02:06 ID:Uw7l5Bj+0
男としては
新宿鮫シリーズ
佐久間公シリーズの大沢をおす。
もしくは朝倉恭介シリーズの楡周平。

414 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 11:05:15 ID:62timYXA0
西村、京太郎に、決まっている、と、僕は、思った。

415 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 11:08:43 ID:BXIbMVsxO
>>410 作を重ねるごとに薄味になってきてるね。

416 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 11:10:56 ID:wal18mQG0
黒川博行

417 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 11:14:18 ID:0saGO7B80
麻耶雄嵩だな。
あの人の狂いっぷりは半端ない。
神様ゲームのような鬼畜作品を子供向けに書く真性作家。

418 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 11:44:20 ID:sJO+cNu4O
森博嗣はすっかりミステリー風味のキャラクター小説だけど
各シリーズ完結した時に、この世界にきちんとケリをつけてくれるのだろうか

419 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 11:53:15 ID:RE9hJyxW0
新本格って、なんか仲間うちでネタつつきあって悦に行ってただけで
言うほど面白くない
友達が綾辻、有栖川、森、竹本、京極なんかにどっぷりはまってて読まされたけど
なんか知らんが本を出せば出すほどを追うごとにつまらんくなる

420 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 12:07:14 ID:bvc+ev310
東野は最初に読んだ「怪しい人々」って短編集が
ラノベみたいなノリで全く受け付けなかったので
なかなか他を読む気になれないでいる。

京極堂も最初に読んだ「ウブメ〜」のオチに
がっかりしたので他を読む気になれないでいる。

日本人作家で好きなのは横山秀夫や大沢在昌とかだけど
最初に出会った作品て大事だよなあと思う。

421 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 12:28:24 ID:LrCKaY1gO
あと何年後かにアンケート取ったら山田悠介が上位にランクインしそうで恐ろしい
ゆとりはやたら山田が好きだよな

422 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 12:32:33 ID:cuobl0SEO
山田も東野も変わらんだろ
京極に至ってはラノベだし

423 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 12:42:06 ID:C5Ir3ljC0
横溝正史や松本清張が5位内に入っていなくて1位が赤川次郎・・・

424 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 12:42:16 ID:+rk0cP7B0
海外だったらジル・チャーチルの主婦探偵ものが面白いのう
何故か日本でドラマになってるが・・・

425 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 12:50:26 ID:k7R88EPyO
>>422
京極の本はライトじゃないぞ

426 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 15:40:07 ID:tQ2cdPtXO
東野圭吾は上手いとは思うけど物足りない
加賀シリーズだけ全部読んだけど読んだ後、なんか足りないと感じてしまう

427 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 15:43:00 ID:FWplL/Wz0
赤川次郎ならさらっと読めるからいいんじゃないの
私はアガサクリスティーがいいな

428 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 16:07:28 ID:tQ2cdPtXO
>>327
ダレカガナカニイルとメドゥサしか読んでないけどダラダラと長い印象
設定は面白いけど序盤で盛り上げるだけ盛り上げていきなり失速する
終盤はやっつけ仕事臭がして読了後感じるのは、「もったいない」

429 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 17:42:03 ID:JqrWRk4E0
>>423
赤川次郎って中高生向けと思ってたが、普通の大人も読むんだな(苦笑)

430 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 17:57:16 ID:Xk57YOs20
>>422
京極の本は筋トレ道具だろうが

431 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 17:59:40 ID:VWGYKYti0
>>426
東野は、無関係の奴をぶっ殺しておいて
ぶっ殺した奴にばかり同情的だから飽きるし矛盾を感じるから
数を読むと飽き飽きするんだよな。
トリックも陳腐だしさ。

映画がヒットした「手紙」も「容疑者X」もアホ専用小説&映画。
誰が可哀想って殺されたババアとホームレスが一番可哀想なのに
そこは完全スルーwアホとちゃうんかと。

432 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 18:09:30 ID:LygkJL900
泡坂妻夫一択です

433 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 18:16:25 ID:me2mI+U60
綾辻の館シリーズは出なくなったけど
もうアイデアが枯渇した?

434 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 18:23:39 ID:CDim0MYt0
蒲生佳貞のミステリーは凄いけどな

435 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 18:24:02 ID:1hx2HfFOO
赤川次郎なんて読んでいる事を公言するのが恥ずかしいわ

436 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 18:29:35 ID:wOzVXcG30
鯨統一郎と殊能将之って、同一人物?
読感的には、ブレインは同じで書き手が違うのかな、とか思ってるんだけど。

437 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 18:31:36 ID:aHurQLfAO
東野、赤川、伊坂、
この三人だな、世界でも通用するレベルだ

438 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 18:42:59 ID:A0ScF9hJ0
厳密にはミステリ作家じゃないんだろうが、結城昌治がオススメ
今の時代にはかっこつけ過ぎてアレなのかもなとも思ったりするけどな

439 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 19:12:27 ID:ZEqP8t9bO
岡嶋二人は「焦茶色のパステル」が好きだったなあ。
ダビスタで競馬にハマった時期だったからツボにクリティカルだった。

法月は「頼子のために」で軽く鬱って以来、トラウマになってて他のが読めないorz

440 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 19:19:38 ID:2FQ9mIBA0
>>414
餓狼伝説の作者の方ですね!
サインしてください!

441 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 19:23:23 ID:ltqJ1N9X0
ミステリーじゃないけど麻生幾かな

442 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 19:28:04 ID:GeL8Pl7F0
>>433
アイデアはともかく、頭髪は枯渇しつつある。

443 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 19:46:46 ID:3KKuSu4n0
横山秀夫が生きているのか心配だ

444 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 19:48:15 ID:ADjxXoO6O
たしかに宮部みゆきの理由だけは認める。

445 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 19:49:57 ID:oVlmh17p0
国内だったら殊能将之にきまってんだろ。

446 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 20:07:07 ID:Zj2tZc0g0
西村京太郎は読んでるだけで、あたかも自分が旅行してる気分になれるのでいい。
プチ現実逃避したい人にお勧めw

447 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 20:12:31 ID:VlS7ZSeqi
う〜ん みすてりぃ〜〜


448 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 20:13:02 ID:Usc1ObgEO
若竹七海が好き


449 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 20:16:26 ID:jJMBxWPoO
社会派推理はマジつまらん

450 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 20:40:04 ID:R0Zx7nwgO
宮部みゆき(笑)

451 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 20:51:41 ID:d71EbplV0
京極夏彦とか小野不由美のほうがしっくりくる

452 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 20:55:38 ID:fJxmYxbdO
>>222
俺は逆に中盤以降が楽しめた
御手洗シリーズは前置きが無駄に長い印象

453 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:01:30 ID:f+PJRloZO
>>445
シュノたんは春から梅雨にかけてくらいに読みたい

秋は…西澤保彦あたりかなあ。麻耶もいいけど、
麻耶とか京極夏彦はやっぱり冬が本番

頼むからみんな新作書いてくれ

454 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:03:34 ID:CEn/CDuT0
松本清張の短編がいいなー

455 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:07:38 ID:SKI6JOKx0
>>450
語りが上手いうえにプロットも抜群、キャラクターも魅力的で常に甘すぎず厳しすぎず
抜群のバランス感覚で物語をつむぐ大衆作家としては完璧な作家と思われる宮部だけど
この作家は不思議なくらいアンチが多い。作家としては極めて珍しい高卒なので学歴し
か誇るものがないような人にはいらつく存在だからという説もあるけどどうなんだろう。

456 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:07:51 ID:oVlmh17p0
>>453
西澤はこないだ新作が出たな。

457 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:10:26 ID:Bg8s0jwNO
>>446
十津川シリーズは、初期の赤いタンカーとか消えたタンカーが全てだな。

458 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:12:00 ID:Jk9AR17B0
>>445
殊能って面白いけど邪道というかズルイ気がする
結局、綾辻とか有栖川の美味しいとこ取りというか茶化してるだけ
漫画で言えば幕張の作者みたいな感じだな

「美濃牛」「黒い仏」「鏡の中は日曜日」どれも面白かったけど本筋の部分がいまいち



459 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:13:44 ID:f+PJRloZO
綾辻の残り毛毟ったら
ショックで少しはまともな物書く頃に戻るかな…

460 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:18:29 ID:f+PJRloZO
>>458
麻耶とか舞城とか流水大説読んだ後だと
あの軽さであの内容書き切るのがいい

461 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:20:08 ID:NKWLaiM0O
今、放送してる内田康夫とか

462 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:20:33 ID:HLrZcDXi0
二階堂黎人かな

京太郎、最近読んだ「子守歌殺人事件」?だったかな、
なんかいろいろとひどかったw

463 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:24:35 ID:pt8CBh0X0
赤川、西村読んでるのとかww
俺は横溝、清張読んでるんだぜ

っていう人間が一番恥ずかしいなぁ

464 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:24:44 ID:cl7Ick6z0
>>9


465 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:27:45 ID:ADjxXoO6O
気楽に読めれば何でもいいだろ。
D坂とか踊る人形なんかは単純に感動したわ。

466 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:28:30 ID:tTGTzv+AO
宮部みゆきなら「魔術はささやく」が好きだ。
宮部は大作より、あのくらいコンパクトなのがいい。
でも模倣犯は面白かった。映画は唖然としたけど。

467 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:34:35 ID:zAHZ+vP40
>>466
理由は受けつけなかった。
宮部さんの原作を映画化するのは難しい気がする。
好きなのは「鳩笛草」ラストしんみりするんだよなぁ

468 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:37:13 ID:P/p0oLBT0
ウロボロスの偽書のエロシーンで何度抜いたことかw

469 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:39:20 ID:WaQ3j76UO
初めて警察小説を読む奴は最初に横山秀夫を読むのだけはやめたほうがいい
そのあと別作家の並の作品じゃ物足りなくなってしまう
第三の時効は2000年代最高の短篇集

470 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:43:21 ID:zAHZ+vP40
>>469
ほ〜、警察小説はあんま読んだことない
海外の警察署長だけ・・。
よし読んでみよう

471 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:46:33 ID:Q/a3T3ky0
岡嶋二人は「人さらいの岡嶋」といわれただけあって誘拐ものが面白い。
「焦茶色のパステル」「明日天気にしておくれ」とか「99%誘拐」とか。
あんまり長編は向いてないと思う。


模倣犯、キャストみて見るきなくなった。
「長い長い殺人」はドラマでもそこそこ面白かった。


472 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:51:41 ID:oVlmh17p0
>>458
どうせエンタメだったらあれくらい割り切ったほうが面白いな俺は。
綾辻とか有栖川とかあのへんの新本格とか言ってる連中は肩肘はってるわりには
本筋もトリックも……だしそう考えると殊能は寡作にして打率高いと思うが。
それに案外クラシックな趣あるよ。

ああ、いくら割り切ったといっても流水大説は論外ねw

473 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:56:35 ID:I44FZDi7O
東野圭吾は、白夜行と幻夜しか読んでないんだけど他のオススメはなんですか?

さまよえる刃は面白い?

474 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:57:11 ID:uIRmonk9O
佐藤大輔・・・ってミステリーじゃないし故人(かも)だし。

475 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:57:36 ID:feM66B2IO
私のベスト5

・夏樹静子
・横山秀夫
・東野圭吾
・宮部みゆき
・今野敏

476 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 21:59:15 ID:blALCgnK0
赤川次郎=「ミステリーの大道だから」


。゚(゚^∀^゚)゚。 ぶぁっはっはっはっは!!!
。゚(゚^∀^゚)゚。 ぶぁっはっはっはっは!!!
。゚(゚^∀^゚)゚。 ぶぁっはっはっはっは!!!
。゚(゚^∀^゚)゚。 ぶぁっはっはっはっは!!!
。゚(゚^∀^゚)゚。 ぶぁっはっはっはっは!!!

馬鹿かよ死ね w


477 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:00:21 ID:i1AItFpAO
>>473
白夜行と幻夜が面白かったなら殺人の門をすすめる
というか映像化作品は外れない

478 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:01:03 ID:xyuHThFH0

ネラーが選ぶマジで「やられた」と思ったミステリー小説 [2007/8/12暫定版]

【我孫子武丸】 「殺戮にいたる病」
【綾辻行人】  「十角館の殺人」
【泡坂妻夫】  「しあわせの書−迷探偵ヨギガンジーの心霊術」
【歌野晶午】   「葉桜の季節に君を想うということ」
【倉知淳】    「星降り山荘の殺人」
【小泉喜美子】 「弁護側の証人」 
【島田荘司】   「占星術殺人事件」
【殊能将之】   「鏡の中は日曜日」  「ハサミ男」 
【筒井康隆】   「ロートレック荘事件」
【中西智明】   「消失!」 
【麻耶雄嵩】  「螢」
【三津田信三】 「首無の如き祟るもの」



479 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:02:08 ID:4kpix1Y90
ミステリーらしいミステリーがない、昨今のエンタメ小説には飽き飽きだぜ。
まあ、俺が作家デビューしたときには、オマイラを10年は飽きさせないぜ。

480 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:02:58 ID:q8LeIuyOO
>>473
最近のだと聖女の救済・使命と魂のリミットが個人的にオススメ

さまよう刃はおもしろいけど白夜行以上に精神的にくるw

481 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:02:58 ID:J+ZePLtVO
>>473
さまよう刃は150万部の大ヒット作品なだけあって、面白いですよ。
父親の復習は不発に終わって、最後は刑事に射殺されますが

482 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:03:28 ID:qBQxbNBhO
葉桜の爺にはまじでビビった

483 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:04:27 ID:DjhI8wH60
上スレ読まずに書くのだが
おまえら
鈴木光司で何点?
おれはそれを基準に考えるわ

484 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:05:19 ID:kOkk0M8uO
秋の夜長の淫夢

長編で頼むよ(;´Д`)ハァハァ!

485 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:05:47 ID:XfR/7v/aO
>>481
ネタバレ死ね

486 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:05:56 ID:63HhQzBZ0
我孫子は入ってなかったか・・・
新刊読みたいんだが

487 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:06:52 ID:Njo9yYP4O
やっぱりシドニーシェルダンと十津川亀井コンビの西村京太郎だわ

488 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:06:57 ID:zAHZ+vP40
>>481
ぉい。。
ネタばらすなよ!
まだ読んでないのに!

489 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:06:59 ID:MX5Thiil0
>>478
それ、かなり変だよな
一番上の殺戮なんて別に必然性のあるトリックじゃないもん
こうなったから、これがこう、みたいな論理的なことじゃなくて
単なる「え!そうだったの!」的なトリックは好かん
気持ちがいい騙されじゃないもん

>>481
事実かどうかは関係なく、お前みたいなレスは死んだほうがいいよ
携帯厨には分かってもらえないかもしれないけど

490 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:07:31 ID:9qQAR2Bf0
さまよう刃の映画、女子高生の父親が寺尾って
歳取り過ぎじゃね
父親というより、おじいちゃんって感じ

491 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:07:41 ID:5kjOhVwU0
小説はウソだからツマラン
ウソならもっと通報されるような緊張感とかがないと

492 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:08:41 ID:q9joAv/MO
今東野圭吾先生の赤い指を読んでる
結構面白い

493 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:09:22 ID:l/sLSKP40
東野なら変身が面白いよ!
これも累計発行部数110万部というヒット作品だ
マジメな青年がキチガイに変わっていく様子が面白い
ドラマか映画でやってほしい

494 :優様LOVE ◆ABIRU.s16o :2009/10/02(金) 22:11:08 ID:Shs0I/ta0
2位 宮部みゆき 14.3% 
3位 東野圭吾 13.9% 

こいつらはミステリー作家なんだろうか?(^_^;)

495 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:11:14 ID:yFO4MLBu0
つ 流水大説

496 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:11:53 ID:XfR/7v/aO
>>493
もうした。玉木宏で。

497 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:12:52 ID:2amJ2FUuO
十津川警部は流し読みにはちょうどいい

498 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:13:08 ID:MX5Thiil0
>>493
大きな声では言えないが、実はもう映画化済みと・・・

499 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:13:57 ID:9qQAR2Bf0
変身の映画は見たことないけど、なんかいろいろヒドイらしいね(´・ω・)

500 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:13:59 ID:CFjo6p9c0
京極夏彦が入ってないぞ!

501 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:15:01 ID:q9joAv/MO
加賀恭一郎は堤真一がいい

502 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:15:59 ID:2yXkd+mFO
赤川次郎と西村京太郎が入るんなら内田康夫がなぜ入ってないんだ、入ってもおかしくはないだろ、常考……

503 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:18:40 ID:GaUkjF2h0
占星術殺人事件
硝子のハンマー

途中で犯人が分かったアナタは偉い!

504 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:21:29 ID:MX5Thiil0
作家として作品を出せるのは才能
寡作はそれだけで罪
いくら「ミステリ」作家を名乗っても、何年も休んだり
「ミステリ」的な形式や伝統を声高に叫んでみても
寡作の前にはファンは逃げていくよ
新本格を名乗るあの人やこの人や、思い当たるのがたくさんいるだろ

505 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:22:38 ID:Q/a3T3ky0
>>504
小野不由美のことか!

506 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:22:44 ID:8cJxpijl0
おっと、井上夢人 好きなオレが通りますよ

507 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:23:23 ID:oA2lSlXtO
>>135
最近好きになって読み始めたんだけど、
絶版で探しても見つからない作品があるのが悲しい。
離愁、黒百合、症例Aおもしろかった。
でも黒百合は秋じゃなくて夏か…

508 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:23:48 ID:N2p94nIT0
>>1
なぜ京極が入っていない!

ミステリーとして認めないからか?

509 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:24:41 ID:pMOc0yKBO
占星術殺人事件 だな。

510 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:25:22 ID:9qQAR2Bf0
金田一が占星術をパクってたよ

511 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:25:39 ID:NI/wTcD6O
東野一位じゃないんだね。伊坂が入ってないのは厳密な意味でミステリーじゃないからなのかね?10代にウケてるだけだからか?

512 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:27:03 ID:I44FZDi7O
>>477>>480
ありがとう。
読んでみます。

>>481
ありがとう。
でもネタバレ…

513 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:30:47 ID:dOYM75ye0
>>508
上位陣は皆癖が無くてすごく平易な文章で書かれてるって
共通点があるな。本当に読み物として面白い作家はランク外…

京極夏彦とか文章だけはとっつきにくいけど、内容はかなり大衆向け
で面白いのにね。

514 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:31:07 ID:gA4nh9kM0
>471
クラインの壺、おもしろかったけどなあ。

515 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:34:01 ID:AjiDVeao0
人も死なない犯罪も起きない、ほのぼのミステリー

雑破業『さくらの季節 なばかり少年探偵団』(富士見ミステリー文庫)

516 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:36:19 ID:7tC+SpPiO
ミステリー好きなら
横山
奥田
はハズレはない
奥田はミステリー限られてるが。

517 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:39:32 ID:Q/a3T3ky0
>>514
クラインの壺は面白いけど
岡嶋らしさがあまりないと思うんだ。
もうほぼ井上夢人。

ただ、あんなゲームできたらすごくやりたいと思った。
20年も前に書かれたとは思えない。

518 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:41:21 ID:APjPF2Fc0
>>145
大槻ケンヂと穴井夕子か

519 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:43:26 ID:PhzW+uVk0
ディケンズ、バルザックはミステリ

520 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:44:33 ID:GaUkjF2h0
(本多孝好+金城一紀+伊坂幸太郎+貴志祐介)÷4
のような作品を書いてみたいものだ。。。

50万部は堅いだろうなぁ。

521 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:44:46 ID:u2T75UBL0
岡本綺堂の半七捕物帖だな。
おっと、吉田茂か?って突っ込みはなしだ。

20代ビジネスマンじゃ、捕物帖は無理かw

522 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:47:25 ID:sPRTFlTnO
皆川博子はまだでてないな。
長編も良いが、「結ぶ」とか短編に衝撃を受けた。

523 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:48:19 ID:empqnzVRO
京極堂シリーズの新作はよ出さんかい

524 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:52:09 ID:ac/FNKGY0
赤川次郎の作品は最初に登場する人物が犯人。

525 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:52:41 ID:twqMkl/t0
明らかに、知らないから適当に名前挙げた感じのランキングだよな。
20代ビジネスマンねえ。
「秋の夜長に読みたいラノベ作家」のほうが熱い回答がよせられそうだが。

526 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:53:36 ID:w5B8SWk1O
久坂部羊はどう?

527 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:56:07 ID:TYGwsrlyO
>>514>>517
そんなあなたに高畑京一郎の「クリス・クロス」をオススメしたい
超マイナーな気がするけど…

528 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:57:16 ID:wAzBmUMT0
>>478
【筒井康隆】の「ロートレック荘事件」は本職のミステリー作家が同じもの書いたなら非難轟々だろうな。
俺も見事に騙されたけど。


529 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:57:24 ID:6zRNpyOA0
>>16>>20
なんか近年、けっこう書いてるイメージがあるけどな。随筆集2冊出したし。
まあそのまえが寡作すぎるだけかもしれんがw

530 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 22:59:19 ID:sPRTFlTnO
>>521
城昌幸の若様侍と都筑道夫のなめくじ長屋も良いよね。

531 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 23:05:02 ID:m0cAvROC0
こういうスレほんといいね。
冷めてた読書熱が沸々とわいてくる。
そんなわけで俺の最近読んだ中で印象に残っているのは

伊坂さんの「ゴールデンスランバー」
ミステリーかどうか微妙だし、上ですげぇ貶されてるけど
ゆとりで中二病の俺にはたまらなかったとです^q^

あと岡島二人の「クラインの壷」とか京極夏彦の「魍魎の匣」
も面白かったです。

でも個人的に第一位は占星術。これは譲れないw

532 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 23:09:20 ID:pjWXoW+C0
宮部みゆきは登場人物の心理状態を平易にあらわしてるし
キャラクターもどこにでもありそうでかつ
馴染みやすいものがおおいのに
なんであんなに映像化すると地雷なのか・・・・残念だ
東野とかなんだかんだいいつつそれなりのドラマや映画になってるのに

533 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 23:23:40 ID:oVlmh17p0
>>504
別に作家の人生とかどうでもいいから面白いのが読めればいいよ。
作家の生活のためにそこそこレベルを量産されてもなあ。
長編10作くらい書いてくれりゃそれでいい。

赤川次郎と西村京太郎だけでも全部読んだら1000冊超えるだろ。
あんなの全部追いかけてる奴がいたら怖いわ。
うそ。えらいです。いたら尊敬する。

534 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 23:27:56 ID:SKI6JOKx0
>>532
宮部みゆき、京極夏彦、大沢在昌、高村薫、逢坂剛・・・。みんな映画になると失敗
する。東野圭吾は半々くらいだけど横山秀夫みたいに映像化がほとんど成功してる作家
もいるんだよな。

535 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 23:53:43 ID:TnGCfF5J0
>>534
映像化はスティーブン・キングですら失敗作が多い
成功作はスタンドバイミー、ショーシャンク、グリーンマイルなど
本職であるホラー以外から出ている

536 :名無しさん@恐縮です:2009/10/02(金) 23:56:57 ID:OntOkKCv0
一昨日の深夜、50代と間違われてしまった ID:EhYyvwY10です。

>>534
宮部ファンとしては、『模倣犯』の映画を見て頭がくらくらしたことを覚えている。

映像化して、大成功だったといえる作品は、二つしか知らない。
市川昆監督の横溝正史『悪魔の手毬唄』と岡本喜八監督の天藤真『大誘拐』だね。

前者は、ある意味、映画が原作を超えてしまった(特にED)稀有な作品だし、
後者は、原作と補完しながら読むことによって、作品世界の理解が相乗的に深まるという名作だわ。

537 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:02:08 ID:FWplL/Wz0
赤川次郎をばかにして偉そうに他のミステリー作家読んでるって言うひとが恥ずかしい

538 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:02:52 ID:hk/lO7cW0
虚無への供物もおすすめだが
1日で読みきれなくて寝たら夢でうなされた

539 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:04:42 ID:OntOkKCv0
>>537
馬鹿にはしていない。
俺だって、『三毛猫ホームズ』のドラマをガキの頃に見て、原作に手を出してクリスティを読み漁る切欠になったのが、
小学生の頃だから。

ただ、赤川作品って、高校生くらいで卒業するものではないかと…

540 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:06:01 ID:Luur8euJ0
赤川次郎と言う作家は敬意に値する
赤川次郎も読んでいる人も別にいい
赤川次郎しか読まない人はどうかと思うけど

俺は通なので、東野圭吾ばかり読んでるぜ(`・ω・´)

541 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:06:44 ID:GTPui4riO
坂口安吾の「不連続殺人事件」は秀逸

542 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:08:11 ID:ujBjnyX10
赤川作品でロリコン要素のあるのは吐き気がしてくるけど

543 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:11:30 ID:vmmfK24Ki
赤川次郎は入門書なんだよな
そういや三毛猫の妹は結婚したのか?

544 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:12:19 ID:L8JqU5Qx0
そういや高田崇史の名前が出てきてないな。

545 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:16:38 ID:8fe6IYLAO
http://w.upup.be/?uPT4H8OuWo

546 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:17:41 ID:p63TZxjo0
赤川のは安く売ってるしサクッと読めるから、暇つぶしには大いに助かるw

547 :∀ラスカル ◆xMeN8RBOyI :2009/10/03(土) 00:21:01 ID:1LqgRrTx0
>>536です。
面倒くさいので、別の板で使っているコテをつけます。

>>546
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

たとえば、新幹線や国際線での出張の際に、文芸春秋に疲れた頭に売店で買った
赤川次郎や西村京太郎の文庫は、最高だよなw

548 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:23:54 ID:OOfLb8ef0
占星術殺人事件は
冒頭からしてゾクゾクする…w

549 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:28:40 ID:y4rSblMBO
>>544 歴史ロマンってジャンルと疑ってなかった
千波シリーズは割と好きだった。血でないし

550 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:30:35 ID:RvSnNAZA0
魍魎の匣


これ以外の京極堂シリーズはほぼゴミ

551 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:38:12 ID:9eA0JlhX0
>>549
千波シリーズは途中のクイズで考え込んで
ページ進まなくなることがある。
短編なのが軽く読めていい。

本格派の書く短編てけっこう好き。
二階堂の「クロへの長い道」とかサトルシリーズとか

552 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:46:13 ID:cROMv2utO
>>539
俺はガキだけどあなたのような大人はみっともなく見えるよ
別に年食った人が楽しんでもいーんじゃない?
俺は赤川のは古さを感じず読めるからすごいと思うけど

553 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:49:30 ID:CBarFenj0
「こいつう!」とおでこをつついて
女の子が舌をだして「えへ!」とか
赤川は古いとかそういう次元を超えてるな

554 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:55:03 ID:1Ounc1K00
宮部みゆきはファンタジー小説以来読んでないや
少年大好きすき・・・w

555 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 00:58:58 ID:cROMv2utO
>>553
そうそう、ほぼ会話とキャラで成り立ってるから
トリックとか完璧な辻褄とか期待してないし、あーそういや携帯ない時代のか
って読み終わって気付く感じ
西村作品は時刻表がいつ登場するかが楽しみ

556 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:02:37 ID:p63TZxjo0
赤川のは星新一のショートショートと一緒で、基本的に中高生がジャンルへのとっかかりとして
読む物だと思う。
もちろん、大人も十分楽しめるがね。

557 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:09:24 ID:L0bd9c64i
>>550
えぇ?鉄鼠とかジョロウグモもダメ?
きびしいなぁ

558 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:15:33 ID:NECpux/o0
つまり赤川は本を読まない人間をこのジャンルに引き込むだけの
知名度と力を持ってるわけか
・・・どうみても超一流じゃないか
個人的に赤川は数冊しか読んでないけど、赤川は子供の読むものとか
赤川はいずれ卒業するもの、みたいな認識の人って、かっこ悪いと思う
2chで言われる中二病とたいして変わらんよそれじゃ

俺の好きなのは黒川博行
あんまこのスレで出てないのを・・・と思ったら、数回出てたけどw
コンビ刑事物、美術関係、ヤクザ物とかが多い人だけど
その会話のテンポとかが好きかな
活字で読む関西弁の会話の質なら、トップクラスだと思うよ
ヤクザ物じゃ二宮桑原物もいいけど、迅雷とか好き 大博打も
やることなすこと負けてばっかりのエッセイも面白い

559 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:22:21 ID:VnqenYBQO
寡作だけど雫井脩介も良い
序盤の読者を引き込む力は凄まじいものがある
それが終盤息切れするのが残念なんだが、「火の粉」はかなりおすすめ

560 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:26:35 ID:QauwIRMX0
たまにいるウザい蕎麦好きみたいな見方の人がいるのは残念だなぁ…
個人的にはミステリーはうどんだと思ってるから余程合わない限りは
有名作家はそれぞれのよさがあるし大体面白いって。
赤川も年1出るシリ−ズ(杉原だっけか?)は地味にずっと読んでるし、
読み方を問わずに物語に引き込む力は凄いんじゃないか?
卒業するものとかって考え方は理解に苦しむ。

ただ、綾辻みたいに力のある作家の作品のレベルが下がってる(個人的にだけど)ようなのは
悲しくなる。

561 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:28:27 ID:0XjxGlQ5O
>>557
鉄鼠と絡新婦はおもしろいよね
京極堂は陰摩羅鬼だけ最後まで読めなかった

562 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:28:52 ID:n5qt3m2fO
阿刀田高とロアルドダールが被るんだよな
あとフィリップKディック

563 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:33:56 ID:XW79RJxS0
松本清張の2時間ドラマ臭さが嫌い

564 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:36:24 ID:I7zCVv+Z0
でも現実は2ちゃん

565 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:40:04 ID:xrY29ciXO
北方か赤川の三毛猫ホームズ

566 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:42:05 ID:XW79RJxS0
>>527
NHK FMで聴いた

567 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:45:56 ID:1ZE1Kq2/0
つ夢野久作

568 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:52:45 ID:3EkXnwxNO
>>567
ドグラマグラ最強

569 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:56:18 ID:ysHK6QSt0
今まで出てないのだと浅暮三文かなぁ。『カニスの血を嗣ぐ』でやられた。
某有名ミステリ作家に嗅覚設定パクられた時は少しムカついたw

570 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 01:57:53 ID:rOkmAqiM0
高村薫、マークスの山読んだときはめちゃくちゃ面白くてすげーと思ったが
次に照柿を読んだときにすべてが崩れ去った。めちゃくちゃつまらない。
なんでベアリング工場の様子と不倫をぐちゃぐちゃと書き続ける必要があったのかまるでわからん。



571 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 02:00:15 ID:rOkmAqiM0
>>247
十津川シリーズなら、北帰行殺人事件だっけか、橋本豊探偵篇の
1つ目がよかったな。あとは天使の傷痕、四つの終止符とかの社会派から
殺しの双曲線の鮮やかさも素晴らしかった。

572 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 02:09:55 ID:n5qt3m2fO
新宿駅の地下通路が手長猿の形になってるのが
ポイントのミステリーがあったよな

573 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 02:10:05 ID:1bG8YgaMO
洋書だけど
ヘンリー・デンカー『復讐法廷』
トマス・ブロック『超音速漂流』
は初めて読んだ時、どんでん返し?に驚嘆した。
ブロックの作品は2〜3年前に改訂版が出版されてるけど、
あれは”改悪版”なので出来たら初版本で読んでほしい。
デンカーの作品も出版社を替えて
つい最近復刻されたばかりなので
大手の本屋に行けば平積みされてるものと思われる。
この間、紀伊國屋で平積みされてたのは確認してる。
秋の夜長に読むにはピッタリの作品かと。


574 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 02:32:55 ID:O86LcrfS0
>>570
年齢的なものもあるのかもな。
40近いおっさんだが、照柿のほうがジンときた。
マークスも好きだけどね。

575 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 02:57:24 ID:9eA0JlhX0
>>572
島田荘司「踊る手なが猿」?

576 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 03:18:44 ID:fgBsPLQ40
東野圭吾のお奨めは天空の蜂

577 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 04:19:12 ID:fR9hJX0s0
俺の好きな山田正紀もないのか

578 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 04:20:19 ID:3PYBT0utO
安楽椅子探偵の新作マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

579 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 08:10:31 ID:02r6nmAxO
>>514
クラインの壷おもしろかったね。
NHKのドラマみてから原作を読んだ。
ドラマは映像が綺麗だった印象がある。


580 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 08:25:24 ID:NojcIIwkO
内田康夫って人気ないの?



581 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 08:41:05 ID:KUHu0SKx0
>>568
『ドグラ・マグラ』は王道だけど、短編もすごく濃厚でいい。
』ドグラ・マグラ』に次いで人気の『氷の涯』から、異色の時代物『名君忠之』までどれも好きだ。

582 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 08:41:08 ID:e3vaQGB/0
綾辻行人かなぁ・・。

583 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 08:41:43 ID:8tsZPTDW0
今日の1本

584 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 08:50:39 ID:TiWzhVb50
今どきの中学生の読書感想文は
有栖川とか二階堂とか(しかも短編)で書いてきやがる
中身はネタバレ込みのあらすじオンリーだったり


585 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 08:52:24 ID:fcYva6Qg0
「レディ・ジョーカー」面白いと思って読んでったら
最後になって自分が読んでたものがホモ本だった事に気づいた
ありゃねーわ

586 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 09:25:36 ID:LTW/qvaUO
占星術殺人事件
私が殺した少女
アラビアの夜の種族

587 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 10:41:15 ID:wRi7FEkI0
>>366さんは、もっと評価されていいw


>>478
綾辻氏の所に『時計館の殺人』も追加をお願い申し上げますw

588 :∀ラスカル ◆xMeN8RBOyI :2009/10/03(土) 10:44:37 ID:1LqgRrTx0
>>584
ウチは、山田悠介の『親指さがし』で書いてきた奴がいた…
作品のチョイスもそうだが、あまりにも内容が稚拙だったので、没にした。

そうしたら、次は『テニスの王子様』の小説版で書いてきやがった。
全く改善が見られなかったので、それも没にした。

最後の最後、俺が短編で感想を書きやすかろうということで紹介した浅田次郎『鉄道員』、
30ページの最初の10ページしか読まず、しかも粗筋だけ書いてきやがった・・・

閑話休題

589 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 10:55:37 ID:PWjciMs50
>>584
今ってか小中学生ってそんなもんじゃね?指定でもない限りは
自分も真面目な本を読むのが面倒だったときはラノベで読書感想文書いてたよ
漫画で書いてるヤツもいたな、突っ返されてたけど
ちなみに現在三十代

590 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 10:59:50 ID:0v8AhaKA0
>>478
綾辻行人は
 『どんどん橋、落ちた』
が凄い「やられた」よ。

591 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 11:06:24 ID:fcYva6Qg0
>感想文
本を読ませる事が目的ならまともな本以外は禁止だろうが
文章を書かせる事が目的なら読む本は何でもいいと思う

592 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 11:30:27 ID:l8lhoa1j0
>>588
今の小学生、中学生に名作文学を読むようにすすめるから
活字離れがすすんでるような気がするんだけどどうだろう?
高校生くらいで森鴎外、太宰、三島がやっとだろうと思う。
それだったらせめてライトノベルでも読んでたほうがいいような気もする。

まあ、山田悠介はアレだけど

593 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 11:32:13 ID:ZE8k1R010
江戸川乱歩は過大評価だよ
つまらんよこいつ

594 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 11:40:55 ID:LWjuCKV60
横山秀夫の短編はいいぞ(・∀・)
なにげない文章が伏線だったりしてあっと驚く

595 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 11:53:17 ID:b79Mi7+yO
この時期だと小野不由美の黒嗣の島とか
学会員しか居ない街に一人紛れ込んでしまった様な不気味さが良い

赤川はマリオネットの罠が面白い

596 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 11:53:38 ID:T8Z/G0l50
ここは大藪春彦で

597 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 11:58:50 ID:4dnQqkPMi
>>584
二階堂でも人狼城だったら誉めてもいいな

598 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 11:58:53 ID:jlFoSKEtO
東野はあの頃僕らはアホでした路線の作品の方がいいと思う

599 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:00:21 ID:VD4mXymt0
赤川次郎とか読んで「読書してます」とか
恥ずかしくて言えねえな。

600 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:01:21 ID:s9GqMr79O
道尾秀介のシャドウとカラスの親指は面白かったな
一晩で二冊読んじまった
三津田信三もちょっと重いけどお勧め


601 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:01:49 ID:PQLEDoX2O
赤川次郎は読みやすいチープさが売りであり欠点だよな

602 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:08:17 ID:uMPM4b4bO
あんまり「これを読んでる奴は馬鹿」とか良くないと思うよ
悪しきスノビズムだよ

603 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:09:37 ID:iUIIeZeVO
コズミック読め
分かち合いたいんだ

604 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:09:40 ID:dK+Y3kpY0
「四畳半襖の下張」 野坂昭如

605 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:10:24 ID:d5ynIEYP0
高校生くらいの時は、赤川とか西村とかは良く読んでたなあ。
でも、社会人になってからは、読まなくなったね。

606 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:12:20 ID:uMPM4b4bO
ミノタウロス

607 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:13:41 ID:gcjx2Xs70
もう赤川なんて中身スカスカすぎて読めなくなってしまった
子供のころは悪魔シリーズとか吸血鬼シリーズとか刑事と女子大生とか
好きだったんだけどなぁ。短編での母子相姦の話とかは結構本気でゾッとしたし
乱歩も読めなくなっちゃった、昔ならごまかせたことが今の技術ならもう
ごまかせないのがわかっちゃうから
横溝…は今もまだ読めるっちゃ読めるけど乱歩とどっこいどっこい

星のおじさんは昔も今も十分面白く読めるんだがな。ミステリってわけじゃないか
宮部は軽いタッチのなら読めるんだけどミステリとなるとどうも重い
東野はあんまり印象残らないんだよね スルーっと目が進んじゃう
逆にくどすぎるのが小野冬由美なんだけど、秋の夜長にじっくりってんなら
小野が一番いいかもしんない

608 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:19:42 ID:1/m8ucmjO
日本人の書いた小説なんて全部糞w

609 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:33:55 ID:XiU4SX/00
佐野洋

610 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:41:23 ID:ODD51GlYO
金田一は文章が可愛いすぎる
凄惨な内容でも文体にキュンとしちゃうのが難点

611 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:47:51 ID:ji+r8vktO
歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」だっけ?
あれ大好きなんだけど3回以上読む気にはならない。久々に読もうかね

612 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:50:21 ID:1whTCM6bO
>>603
ジョーカー、カーニバル、彩紋家まで読んだぞ
コズミックが一番マシ
そして俺が救われることはなかった……

613 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 12:58:34 ID:Z7QaRgsbO
恩田陸、まったく出てないなw

614 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 13:35:06 ID:GA5OErI90
社会人になってからほとんど読まなくなったな。
最近は実用書とか知識本ばっかりだ。

615 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 13:41:29 ID:iuGiO0/J0
50ページあれば終わる内容を、無理矢理3〜400ページにしてるようなミステリーばっかりだよ。


616 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 13:43:48 ID:p63TZxjo0
>>589
俺も、乱歩の短編の感想文を出したら、さすがに教師の目が点になってたな・・・・(^^;)

617 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 13:50:14 ID:yCECeFXL0
>>570
わかるなー。おんなじようなこと思った。
工場とかの描写自体はいいなあと思うんだけどね。
まあ主人公は別人、マークスとはシリーズじゃない、と思い込めば
もやもやの収めどころが見つかるかも。

つーかこのコブズオンラインアンケートってなんなの。
ランキングもよくわかんないけど
コメントの文もなんだかみっともない。

618 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 14:32:37 ID:s1zO7P/u0
発売当時、長すぎて読む気がしなかった綾辻の暗黒館を図書館で借りて読んだ
時間の無駄だったw

619 :∀ラスカル ◆xMeN8RBOyI :2009/10/03(土) 14:33:18 ID:l4EQOSvG0
>>616
乱歩作品でも『人間椅子』とか『黒蜥蜴』あたりで感想文出されたら、
俺だったら、生徒指導室に呼ぶかカウンセリングを受けさせるなw

620 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 14:42:18 ID:Br83ZUe+0
綾辻とかいわゆる「新本格派」と自称してる狂大ミス研の奴らの名前をあげてる馬鹿はなんなの?

621 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 14:56:09 ID:NIOxW5ilO
俺は三津田信三がオススメだな

首無しとか最高傑作だと思う

622 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 14:59:29 ID:5j/lwohb0
>>618
あのハゲはもう厳しいな


623 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 15:13:00 ID:7KUVdvFY0
>>585
当時、単行本発売が冬コミ前で、腐女子は絶好のネタが来たと喜んだに違いない。

高村薫は同じ作品を単行本→文庫本と続けて読むチャレンジを一度すすめる。
文庫化で全く違う内容の場合あり。

624 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 15:15:05 ID:Gd2Sc1N80
赤川次郎と星新一は小説を読む取っかかりには最適。



まあ、この二人をいっしょくたにするな、という反論は認める。

625 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 15:21:53 ID:iuGiO0/J0
赤川次郎は間違いなく面白い。中高生には特におすすめ。
でも何冊か読むうちに物足りなくなってくる。
そのうちに「ハズレ」を引いて赤川次郎卒業。

626 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 15:24:15 ID:Cg4J19ud0
横山秀夫はいいよな
いろんな警察小説読んだけど、あのヒリヒリした感じは他の作家にはない

627 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 15:46:43 ID:zzUSSXqBO
うそ?!
これまで桐野夏生なし?!
なんで?!

628 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 15:52:10 ID:V8FEh+RBO
きしゆうすけは早く新作書いてくれ!

629 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 15:53:59 ID:p63TZxjo0
>>624
赤川・星新一・乱歩の少年探偵団シリーズ・シャーロックホームズ物、なんかを読んで
次第にミステリー好きになっていくのかな?

630 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:11:08 ID:XW79RJxS0
>>584
読書感想文は、指定図書で「ドキドキしました」「ワクワクしました」「ビックリしました」「感動しました」「面白かったです」「○○みたいな人になりたいです」
みたいなニセ文章を全力で創作するもんだったなあ

631 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:14:59 ID:mpl6BChX0
>>626
同意
そして横山を読み尽くしてしまった俺に
誰かオススメを教えてくれ
ちなみに大沢も読了済

632 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:15:58 ID:NinCOPHh0
ウヨのビタミン押川春浪とか

633 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:17:48 ID:Aqbc/oWW0
>>631
俺はまだ横山が残ってるから
こういうスレをすすめる

好みにあいそうなミステリを紹介しあうスレ 8
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1241518748/

634 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:18:33 ID:FT9JkqIBO
>>613
嫌いじゃないな。でも大衆受けはしないかも。
最近そこそこ知名度上がってきたと思うんだけどな。

635 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:19:00 ID:FMFCk7f00
伊坂は?

636 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:21:29 ID:Br83ZUe+0
【レス抽出】
対象スレ:【文芸】秋の夜長に読みたい国内ミステリー作家は?
キーワード:辻真先



抽出レス数:0





おまえらにはがっかりだ

637 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:21:30 ID:u8goAlTj0
>>630
大嘘こきまくって教員に媚まくった読書感想文が
大賞とってからというもの、すべてアホらしくなったわ
あいつら、何もわかってねえ

638 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:23:26 ID:2I2rsSUR0
北村薫の円紫さんシリーズと、加納朋子の駒子シリーズが好きだった
けど、北村の最近の作品、駒子シリーズの最新作読んだら昔の持ち味が
なくなってて萎えた

639 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:26:42 ID:2I2rsSUR0
ここまで高村の「リヴィエラを撃て」なし
一番好きなんだけどな

640 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:28:38 ID:YJWulPenO
>>636
迷犬ルパンに用はねえ

641 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:28:52 ID:XW79RJxS0
>>637
嘘付いてるのはマシなほうで、祖母が亡くなったとかそう言うのと絡めて文部大臣賞とか取ってるようなのに幻滅した
ちょうどいいときに亡くなってくれて良かったねwとしか思えなかった俺は腐ってるがそれでいいわもう

児童文学の大半は、教訓は兎も角、これと言ったインパクトをもたらしてくれるもんじゃないから
感想文なんて書かせても読後感を損なって冷めるだけだ

642 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:31:10 ID:Br83ZUe+0
>>640
おまえってやつは…

643 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:32:24 ID:a++kek2KO
日下圭介は文章が上手くてお勧め。
入手難しいかもしんないけど。

644 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:33:45 ID:508ALcFLO
平山夢明さん

645 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:35:55 ID:mpl6BChX0
>>633
サンクス

646 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:35:59 ID:AiaL2P8LO
「秋の夜長に」って接頭語の意味がないランキングだな

647 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:36:23 ID:eRxuOg2d0
松本清張入ってないのか

648 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:38:37 ID:YJWulPenO
>>642
…本当は全部持ってる

649 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:40:40 ID:74z8RFMgO
海堂剛だな。それ以外考えられん

650 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:41:18 ID:Br83ZUe+0
>>648
牧薩次も嫁

651 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:45:29 ID:9ySMLT8v0
栗本薫と西尾維新

652 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:53:38 ID:p2mCKZUi0
本 ゲーム 映画
頭に良いと思われる順に並べよ

653 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:54:52 ID:ozrWFfOO0
最近、新井素子が読みたくなった

654 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 16:58:34 ID:U8TAJvN10
そういやちょっと前に芸スポに横溝正史のスレたってたな。
いろいろ語れて楽しかった。

655 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:04:56 ID:Fqy5DemGO
SOPHIAの街かな

656 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:11:41 ID:SiKOogemO
東野さんのはあまりドキドキしないからなぁ。
ミステリーじゃないけど、安部公房の砂の女とか箱男とか怖くて面白い。

657 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:11:57 ID:07hryHc00

やっぱ、島田の「占星術」、綾辻の「十角館」はガチでしょ


658 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:13:33 ID:Gd2Sc1N80
>>637
オレも似た経験が。読書感想文を書いてなくて、夏休み最終日に読んだ本の
中身のあらすじをほとんど写して、自分が感じたように書いた感想文が
3ヵ月後に旺文社の全国読書コンクールに入賞してたのには青ざめたわ。
コンクールに出した現国の教師も教師だが、審査員もどうしようもねえ。
あいつら、本当にわかっちゃねえw



659 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:17:20 ID:vI63koTV0
ちらほら出てるけど、三津田信三。
超おすすめ。

660 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:21:34 ID:He0LwdIV0
道尾秀介面白いね
軽いからさらっと読めるし

661 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:24:01 ID:1uDkwCmaO
何なのこの巨人・大鵬・卵焼きみたいなランキングは

662 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:37:45 ID:p2mCKZUi0
星新一って子ども扱いされてるけど
結構深い気がするのだが

663 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:42:35 ID:IdbqbPtK0
>>657
個人的に綾辻の作品は登場人物の名前を覚えられなくてせっかくのトリックも不発

664 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:44:48 ID:Aqbc/oWW0
>>662
星新一を子供扱いしてる奴なんてみたことない

665 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:46:00 ID:ozZia6yRO
ミステリーってジャンルはなぜか読む気しない。

666 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:51:36 ID:ayu4FzMr0
寝る前にミステリーって気分悪くないか?

667 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:52:24 ID:IdbqbPtK0
>>666
あんまり恐いやつだとトイレにいけなくなる

668 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:54:01 ID:iuGiO0/J0
怖いミステリーなんて、そんなに無いでしょ。

669 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 17:58:37 ID:Br83ZUe+0
ガキの頃は横溝を寝る前に読んでトイレに行けなくなったことが多々あるw

670 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 18:16:52 ID:jYEifDap0
長編読むと疲れる
中編ぐらいがいい
京極も巷説百物語の方が好きだな

671 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 18:17:04 ID:IdbqbPtK0
>>668
ポーとか横溝とか京極のハコとか

672 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 18:23:21 ID:dpXVmsW6O
>>664
簡単に読めるから軽く見られてる場合も結構あるみたい

まあ、御三家の小松左京の過小評価よりいいんじゃね

673 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 18:27:55 ID:maUxoADV0
吉村達也

674 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 18:28:42 ID:U8TAJvN10
もしかしたら、星新一の作品が国語の教科書に載ってたのを、
イメージ的に「子供扱い」と脳内変換してしまったんではないだろうか。

675 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 18:33:05 ID:7W9e4Z4YO
藤原宰太郎の一択だろーが

676 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 18:45:48 ID:TuVb05wlO
さ あ ふ る え る が い い

677 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 20:41:12 ID:YVV5XtK80
>>674
NHKでやってたアニメなんかををたまたま見て、そのイメージでやっちゃったのかもよ

678 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 21:02:19 ID:wBKMqVzU0
>>478
泡坂妻夫は他にいっぱい良いのがあるのによりによって
「しあわせの書−迷探偵ヨギガンジーの心霊術」かよ

679 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 21:11:31 ID:wBKMqVzU0
日本のミステリーベスト10

1)乱れからくり
2)湖底のまつり
3)花嫁の叫び
4)喜劇非奇劇
5)迷蝶の島
6)11枚のとらんぷ
7)死者の輪舞
8)妖女のねむり
9)亜愛一郎の狼狽
10)天井のとらんぷ

異論は有り得ない。

680 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 21:21:27 ID:fgBsPLQ40
>>679
奇術探偵曾我佳城全集

681 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 21:22:42 ID:wBKMqVzU0
>>680
11番として認める
特別にだぞ

682 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 21:24:07 ID:XW79RJxS0
>>679
そんな漫画みたいなのばっか読んでないでベルクソンやロラン・バルト読めよ
面白いぞ!

683 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 21:45:31 ID:wBKMqVzU0
>>682
どっちがだよ

684 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 21:48:29 ID:XW79RJxS0
>>683
お前がだろ

685 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 21:58:19 ID:NmsDZZ4IO
>>682
なんかこういう白人コンプレックス野郎はムカつくんだよな。
海外に住んでたせいか?

686 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:00:25 ID:wBKMqVzU0
>>685
まともに国内物読んだこと無いんだろ
そのくせ原書は全く読めないw

687 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:03:53 ID:mokAK1f20
赤川次郎たくさん読んだけどほとんど覚えてないな。
マリオネットの罠とかプロメテウスの乙女とかはおもろかった

688 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:03:57 ID:WrDeskzE0
もの凄いアホそうなランキングワロタwww

689 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:08:01 ID:NmsDZZ4IO
>>687
赤川は日本人でも別れるww
あれは中学生の本じゃないのかな?

690 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:09:27 ID:XW79RJxS0
>>686
読書を知らない馬鹿なID:wBKMqVzU0よ
オモチャみたいなしょうもないのばかり読んでないでもっとまじめになれ
国内?西田幾多郎とか和辻とか中沢とか有名どころいるだろ
アホかこいつは

691 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:10:31 ID:iyHcV6V60
>>1
これ秋も夜も関係ないだろw

692 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:11:41 ID:2kudo1AaO
乱歩についてのコメントが酷いw

693 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:12:40 ID:sLnFKcD30
夏なら樋口有介で決まり

694 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:13:10 ID:zIDwcmYiO
ロラン・バルトはおもいろいな
彼自身による〜はメタだし
S/Zは謎解きそのもの

海外コンプとか言ってる人は
西田や九鬼くらいは読解してらっしゃるんだよね?

695 :デブネコ ◆DEBU/4SWxE :2009/10/03(土) 22:13:55 ID:4k1qPd8i0
赤川次郎の小説読んでいたらその辺を歩いている女に声かければ誰でもセックスできそうな
感じになってくるから怖い。

696 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:15:15 ID:2kudo1AaO
名探偵コナンでいいじゃん

697 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:15:41 ID:Qo/HtGjs0
>>1
なぜみんな「王道」にふれない?

698 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:29:38 ID:yqAJcFTJ0
>>639
伝書鳩大好き
腐女子扱いされそうで人に薦められない作品だが、伝書鳩とキムはかっこよすぎ
まぁ登場人物死にすぎだけどw

699 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:39:32 ID:wBKMqVzU0
>>690
「オモチャみたいなしょうもない」
この稚拙極まりない表現何回使うんだ?
どこがどうおもちゃなのか素晴らしい海外文学で鍛えた表現力で解説してくれよ

700 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:45:55 ID:4mVCEe7B0
高嶋哲夫が地味に好きなんだが・・・
まだ知名度が低いのかな?

スピカとかイントゥルーダがよかった。

ただ最近は不調のような気がする。

701 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:57:39 ID:p63TZxjo0
>>696
結構有名なトリックパクッてるよな、1個や2個できかないくらいwww

702 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 22:59:52 ID:kx7m0Gc7O
三毛猫ホームズの運動会が嫌な話で好きだったわ。

703 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 23:01:33 ID:Aqbc/oWW0
>>701
おっと。金田一少年の事件簿の悪口はそこまでだぜ。

704 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 23:28:19 ID:XW79RJxS0
>>699
呆れた、海外文学の話なんか誰もしていないのに・・・
智の深淵から目を背けるだけでは何も進歩はない
智は深くそして高い。エッセ・イス・ミステリ、どこまでもどこまでも続く智の巨塔を登る快感はミステリ(笑)には望めまい
空想的でありながら現実的、そして能動的な快楽主義の権化。悩むのが嬉しく、不毛なのが不安。
>>679はおもちゃだ
元々オモチャとして構築された玩具だ、それに気付かないフリをするのはやめろ、目を背けるな。


705 :名無しさん@恐縮です:2009/10/03(土) 23:39:16 ID:MNKc6Zge0
>>704
ちなみに、各作品、どんなところがおもちゃなの?

706 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 00:30:18 ID:PC5vqCpdO
ミステリスレにわざわざ乗り込んできて、ミステリをバカにすることが「智」(笑)なんだw
さしずめフランス現代思想の洗礼をナイーブに受けてしまった「智的」(笑)大学生あたりだろ

707 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 00:32:57 ID:ue8oW2qp0
殺戮に至る病はオエッとなったな

葉桜も慟哭もハサミ男もバッチコイだったのに…

708 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 01:20:26 ID:tkxEkPSm0
>>701
コナンもよく続いてるよな
原作というかトリック考えてる奴何人居るんだか…

709 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 01:24:16 ID:ZY+R1+LXO
秋だから軽い感じで
米澤穂信あたりかなあ

710 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 01:38:03 ID:ZY+R1+LXO
ここまで舞城王太郎が出てないな
「煙か土か食べ物」意外とすきなんだが

711 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 01:44:20 ID:QZJCqKXk0
>>708
ゴルゴ13のプロットを考えるブレーンと一緒で、結構有名な作家とかが絡んでるのかもなw

712 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 01:47:20 ID:SOLv98pU0
>>43
> 湊かなえ

こんなもん読むやつは馬鹿だろ



713 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:20:52 ID:OzE1AeN1O
六枚のとんかつ

714 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:29:40 ID:pD+NMCAlO
俺も舞城の「煙か〜」好きだけど段落無いのが読みづらい…
あれが個性なんだろうけどさすがに読むのちと疲れる

715 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:31:28 ID:B57R6bav0
>>693
青春モノは好きだ
なんか甘酸っぱくなるw

716 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:35:42 ID:0701hx6PO
>>704
めんどくさいからおまえら外国語で論争してろよ
みんなマスターしてんだろ

こっちは読み飛ばせるし

717 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:36:55 ID:TM18zfpW0
柴田よしきって面白かった     1冊しか読んでないけど

718 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:38:59 ID:hQr8L1Sf0
>>42
湊かなえって告白だけじゃないの?
それも第1章と2章まで

まぁこれからなんだろうけど
まだ一発屋の可能性があるからオススメ作家とは言えない

719 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:49:31 ID:23G0CxiSO
折原一の仮面劇

720 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:50:23 ID:B57R6bav0
牧薩次

721 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:54:45 ID:FHyytcOKO
石持浅海はどうでしょう?

722 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 02:55:28 ID:sTHeMzmvO
東野圭吾の白夜行

これスゴすぎるよ

723 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:02:40 ID:83Z8x94nO
阿刀田高
小池真理子
松本清張
結城昌治


阿刀田高と小池は世にもやドラマに使われてる印象。初心者の自分には読みやすい。

724 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:08:47 ID:m921bgZPO
これホントに20代にアンケート採ったのか?
20年前の面子じゃん

725 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:11:48 ID:PpNJwy710
本屋の角川ホラー文庫のコーナーで立ち読みしてる奴のキモイ事といったら・・・
どこの本屋にも必ずあのコーナーにはキモイ奴がいる

726 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:12:54 ID:Mhx1FwJs0
西村京太郎を全巻読んだ人っているの?

727 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:13:05 ID:jKK1NhSj0
桐野夏生だけは全制覇してる。
最近のでは柔らかな頬、グロテスク、玉蘭なんかがオススメ

最近はエッセイで評論家にケンカうったりして
ちょっと迷走してる感はあるけどな。


728 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:14:02 ID:jKK1NhSj0
あ、あと高村薫も好きだ。
彼女はミステリー作家の範疇にいれていいのかな?

729 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:16:16 ID:Mhx1FwJs0
西村京太郎のウィキ見てワロタw
代表作品多すぎw

730 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:17:00 ID:tc0hHM390
赤川次郎ってもう一昔前の作家って感じがする。

東野圭吾の作品が難しいって、普段どんな本読んでるんだよw

731 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:19:39 ID:F3uEq/HCO
>>727
桐野夏生って読んだあと、すごい落ち込む。
ダークとかグロテスクとか、本当に無理。

732 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:22:45 ID:jKK1NhSj0
>>731
それは非常によくわかるw
最近では「玉蘭」読んだ後にヘナヘナとなった。

でも読んでる最中の清清しさったらないよ。マジで

733 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 03:23:31 ID:ClXOgUDe0
竜騎士07の好き勝手なミステリー読んだらほかのミステリーがヌルく感じるようになった

734 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 07:44:49 ID:1JfM1wm+0
江戸川とか横溝、小栗虫太郎が好き
あの時代の雰囲気とかが良いよね。
戦前とか戦後のカオスな感じの小説が好き。

735 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 07:47:04 ID:ZqzImyTN0
勝目梓はだいたい面白い

736 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 07:50:56 ID:KCsCptAb0
やっぱ宮部みゆきの「火車」が最高だな。

737 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 07:56:34 ID:QvImYtpeO
>>734
夢野久作や泉鏡花もいいよね

738 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 07:57:21 ID:IMROqbo00
>>728
いまはジャンル替えちゃったからね。
「マークス」や「照柿」等、初期のミステリは好きだった。

739 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 08:26:30 ID:IIM9aDRy0
占星術殺人事件
青の炎
葉桜の季節に君を想うということ

740 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 08:32:34 ID:hY2F25xB0
ミステリ好きって
リアル社会ではどういった感じの人々なの

いまいちプロファイルがわからんのよ


741 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 10:08:57 ID:40FNeGzQ0
>>727
東京島は読んだ。
性描写とか、読んでて気持ち悪すぎ・・・

742 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 11:30:56 ID:Fp/B7lDT0
北村薫読んだ後は
まるで自分がよっぽど性格や根性腐ってる人みたいな気がしてきて
話が面白くてもテンション落ちるので
笠井潔で殺伐分を補充

743 :名無し募集中。。。:2009/10/04(日) 11:36:57 ID:OgBCUQvDO
真珠郎
ダレカガナカニイル

744 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 11:39:52 ID:adPPiwuX0
>>740
俺のプロファイルでは
「ものすっごい普通の人」
そういう人が事件などを通して
自分のドノーマルな感覚と社会のズレを楽しむのでは、と予想している

745 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 11:44:09 ID:CmT7qP5eO
貫井の「慟哭」は素晴らしい。


746 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 11:48:32 ID:MGUoMT8b0
冨樫には赤川次郎の爪の垢を煎じて飲ませたい
さっさと連載再開しろ

747 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 11:53:06 ID:/ymOnpxJO
そう言えばミステリ板を荒らして、数々のトラブルや訴訟騒ぎまで起こしてたバカはまだ逮捕されてないのかね?

748 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 11:55:40 ID:5vywhyGDO
山田風太郎「明治断頭台」は傑作

749 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 12:28:54 ID:Ok7bTDToO
ポートピア連続殺人事件を小説化したらどんな感じになるのだろうか。

750 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 13:29:02 ID:0701hx6PO
>>749
犯人はヤスって本の扉に書かれてる

751 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 13:40:37 ID:QZJCqKXk0
>>749
ヤスを殴って殴って自供させる、変なスポーツ小説w
ミステリーにはならないw

752 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 13:43:52 ID:tkxEkPSm0
>>749
あのゲームのシナリオ考えた人は凄いよな
たぶんプロが考えたんだろうな
ファミコン時代のミステリゲームはワリとしっかりしたものが多かった印象

753 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 14:13:51 ID:XeK6dsEWO
>>752
えっ?えっ?

754 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 14:22:51 ID:B57R6bav0
東野は初期の青春モノ三部作が好き

755 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 14:32:08 ID:p/+Jd96W0
映画版の模倣犯が絶対一番

756 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 14:34:29 ID:tkxEkPSm0
>>755
最後爆発した意味が未だに分からん…
分かる頭のいい人居たら教えてくれ


757 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 15:41:39 ID:biZja1fW0
>>756
頭のいい人には爆発は見えてません

758 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 19:28:34 ID:oDaWAMW40
東野の本性は名探偵の掟と〜笑小説シリーズだと信じてる

759 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 19:36:55 ID:DRG2di0G0
>>590
どんどん橋は引っ掛からなかったが「ぼうぼう森、燃えた」で完全に考えを読まれた

760 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 19:44:09 ID:5skILng00
>>707
殺戮は大丈夫だったけど綾辻の殺人鬼はオエオエ言いながら読んだ

761 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 19:45:49 ID:5skILng00
>>721
地の文で天才天才持ち上げてる人物が全然天才に見えない

762 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 21:50:51 ID:b/6w+npN0
東野ねえ。
昔の赤川っぽくて。。

763 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 22:50:33 ID:tkxEkPSm0
>>753
な、なんだよ
何が言いたいんだよ

764 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 22:53:15 ID:HPqZvIgp0
貴志祐介

765 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:00:08 ID:0aINiE860
京極は夏か

766 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:05:52 ID:/dhBDsyA0
>>763
ポートピア考えた人はドラクエの人だろ?

てか赤川次郎舐めてる奴多いなー
三毛猫の初期とか魔女シリーズは凄いぞ

767 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:19:12 ID:d+zFDqSG0
いろんなところで絶賛される第三の時効だけど
残念ながらすんなりしっくりこなかった・・・
なんだろう、演劇のシナリオ読んでるみたいな感じ?

768 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:36:44 ID:x8FPuM8kO
フランス手淫

769 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:40:04 ID:CwTPX71j0
ここまで電脳山荘殺人事件は無しか。あれは名作だと思うんだがな・・・

770 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:45:21 ID:88K2jSfJ0
>>17
それってエロイの?

771 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:46:23 ID:/dhBDsyA0
>>769
あれは名作だな

772 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:47:40 ID:cAGDnNbbO
>>767
横山はあんまり文がよくないからな
造りもの感がしてあんまり入り込めないのは一緒だ
>>769
綾辻のパクりやし

773 :名無しさん@恐縮です:2009/10/04(日) 23:48:09 ID:2TemXg7oO
赤川次郎や西村京太郎は傑作も多いんだぞ
馬鹿にしてる奴はイメージで言ってるだけだろ

内田康夫は……まあいいやw

774 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 00:14:19 ID:kGoK8lxzO
香山滋もいれとこう。
「ゴジラ」の作者だが人見十吉シリーズ大好き

775 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 00:21:57 ID:dleonBd5O
芥川賞の最高レベル>西村の本気>赤川の本気>通常赤川>通常西村>芥川賞の最低レベル

776 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 00:28:44 ID:5mw/SQfC0
赤川次郎や西村京太郎の傑作は初期の数作
通常作品はバカにされてもしかたなかろう

777 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 00:32:19 ID:WVelsQHK0
>>776
それでもそのへんのキモオタが崇め奉ってる
ラノベなんぞより遙かにマシだから

778 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 00:38:06 ID:dleonBd5O
初めて読んだ西村の本が題名は忘れたけどなんか凄くゴシック趣味で、ずっと西村に対してそのゴシックのイメージしかない。
何て言うか、ミステリ界のサザエさん的位置にいる人がこういうゴシックなものを書いて良いのかと漠然と思った。
例えば、サザエさんで「カツオと炎の十字架」みたいなのやれないし。

779 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 00:44:22 ID:uh3XEpZz0
桐野夏生の名前が意外と少ないなぁ。
やっぱりああいう「精神に巣くう闇」を描く作品は男性はしんどいのかな。
話の展開もとことん救われないし。
残虐記、アイムソーリーママあたりは読んでる最中からへこんで仕方がなかった。

780 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 00:59:18 ID:dleonBd5O
松岡圭祐とか天童荒太辺りも心の闇みたいなのは書けてるのではなかろうか。
ドラマしか見てないんだが、犯人の演技とかヤバかった。

781 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:00:23 ID:UnPCReX40
グラスホッパー: 伊坂 幸太郎:

友愛の謎にせまる

782 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:02:45 ID:vj1t10y60
原ォの「私が殺した少女」
この一択

783 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:06:33 ID:WVelsQHK0
つーかミスオタは全く他人と会話する気無しだなw
ひたすら自分の言いたいこと書き捨てばっか

784 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:08:17 ID:NPIkhkEz0
う〜ん、ミステリーっていうカテゴリのせいで古臭いランキングになってるのかもなぁ
最近のエンタメってジャンルフリーなとこあるからさ。ミステリと思って読んでないとか?
大沢はハードボイルド扱いなんだろうし、京極は化け物扱いw

785 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:09:07 ID:lFWEDnRK0
>>34
同意
>>114
でも恋愛要素が入った隠蔽捜査の2だか3はあんまり好きではない

786 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:11:32 ID:dleonBd5O
最近の作家のミステリ率は異常。
純文学とかSF書いてる奴が馬鹿にすら思える。

787 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:13:02 ID:ZwcG4Jj1O
ノルウェーの森
避暑地の猫

788 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:13:04 ID:WFI6BBum0
夜長には京極か高村だな。読んでも読んでも終わらない

789 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:21:27 ID:u6PWO8j60
>>80
人の意見は、読書枠を広げる参考にするためだけにあるんでね?

好きなのがんがん詠むがよろし

790 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:45:28 ID:y/1SGjPlO
ミステリー作家ではないけど、栗本薫の「絃の聖域」は最後の緊張感がよかった

791 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:45:28 ID:pepnR4nU0
一番面白かったのは殊能将之の『ハサミ男』だな

792 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:56:37 ID:en6Us3n00
殊能は「黒い仏」が好きだ
あのトリックは小学生並みとよく言われるが、小学生にクトゥルフなんか書けん

793 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 01:58:25 ID:WVelsQHK0
>>791
ハサミ男の座談会が載ってるメフィストは
未だに捨てられずとってあるw
しばらく経ってからハサミ男が出版されてた時は驚いたな

794 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 02:01:24 ID:RJIo0skIO
つうか何で国内限定なの?
この時点で海外ミステリーに対する偏見がある

翻訳の世界を楽しめないなんて大損してるよ

795 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 02:03:44 ID:RJIo0skIO
つー訳で今から海外ミステリーもありな

Yの悲劇は傑作だぞ

796 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 02:03:44 ID:YOytxjhp0
>>790
後ろの締り具合がなんだって?

797 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 02:39:52 ID:7LFBRjhu0
>>772
ぱっと見の設定は似てるけど中身もトリックも全くの別物

798 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 05:11:42 ID:WkLWWgZ30
>>381
いや、裏に書いてある5行くらいの筋書きでオチがだいたいわかる最低作品。
「あの裏書きが実はひっかけだろう」と思ったら違ったというwww
あれはミステリ好きには子供騙しすぎる。

>>478
斜め屋敷も捨てがたい

>>657
ガチ

799 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 09:20:24 ID:2RZgm8eQ0
>>749
戦前のイギリスの探偵小説だが「レイトンコートの謎」というのがまさにそれ。

800 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 10:32:14 ID:TqQM+c6Y0
赤川にしろ宮部東野にしろ
メジャーな奴を腐せば通っぽく見えると思ったら大間違いだ

801 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 12:40:35 ID:oXemm7A+0
男なら西村寿光

802 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 13:29:11 ID:rdBX+kle0
ミスオタは普段板が超過疎ってるからって
こんなとこで張り切って語るのやめてくれよ恥ずかしい
人の話とか聞かずにひたすら自分の言いたいことだけで
見てて痛々し過ぎる

803 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 13:34:34 ID:O69CXc8H0
>>799
『レイトン・コートの謎』と同じということは、牧場の牛に決闘を挑んだりするのか?(´・ω・`)

804 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 13:35:58 ID:wK9YsmwKO
>>724
赤川はともかく西村はないよなw

805 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 16:36:34 ID:O6hE8f520
高村は女の陰が薄いときのほうが良かったなぁ
偏見だろうけど、女は作者の自己投影に思えてしまって萎える<なぜかモテる

でも寒くなると神の火やリヴィエラやマークスが読みたくなる

806 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 16:41:47 ID:WFI6BBum0
島田も綾辻も有栖川も面白くなかった

807 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 16:51:03 ID:vqg+h3fT0
>>801
ネズミとバッタのは面白かった。

808 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 21:51:08 ID:oljEcnwo0
カラマーゾフの兄弟
占星術殺人事件

809 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 21:54:56 ID:p3cvb9V7O
今旬なのは道尾秀介?

810 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 22:10:17 ID:cJOphGd2O
向日葵が咲かない夏、がびっくりするほど微妙だった

811 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 22:21:24 ID:JYzwkEoP0
最近「安吾捕物帖」を読んだけどたいへん楽しかった。
明治はいいな。
>>748 読んでみます。

812 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 23:14:51 ID:EJ1Oi6SQO
どいつも こいつもバカばっかりだな。

『Jの神話』
騙されたと思って読んでみろ

813 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 23:18:01 ID:6kYKjSnu0
わかった、『Jの神話』だけは絶対に読まないわ。


814 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 23:46:02 ID:2PP6HCv70
我が名はJ。キング・バトラーJr!

815 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 23:49:40 ID:tC7tpD2jO
京極堂の新刊いつ出るんだよ?

816 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 23:50:28 ID:G8W4OTCIO
東川篤哉

817 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 23:52:55 ID:GT2ctIb+O
ミステリーで、やってはいけない事
自分が犯人
警察が犯人

赤川次郎は、両方ともやってるなあ〜

818 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 23:56:07 ID:6kYKjSnu0
>>817
勝手にルール決めて叩くなよw

819 :名無しさん@恐縮です:2009/10/05(月) 23:56:36 ID:BIvz0wyl0
自分が犯人
探偵が犯人
警察が犯人
作者が犯人
読者が犯人
犯人いない


全部作例ある。ミステリーはやっぱり面白い。

820 :名無しさん@恐縮です:2009/10/06(火) 00:00:41 ID:5q5/RI6f0
>>814
SHP乙

821 :名無しさん@恐縮です:2009/10/06(火) 00:04:10 ID:GT2ctIb+O
>>818
バカ、ミステリーの一般に言われてる常識だよ。

822 :名無しさん@恐縮です:2009/10/06(火) 00:06:25 ID:6kYKjSnu0
そんな常識なんて無いです。
誰かが勝手に言ってるだけ。

823 :名無しさん@恐縮です:2009/10/06(火) 00:12:51 ID:Jb+r0VUN0
>>822
まあ、一般的に勝手に言われているだけだわなw

824 :名無しさん@恐縮です:2009/10/06(火) 00:15:25 ID:j1CLC92xO
二十代一般人のランキングならこんな感じになってると勝手に思ってた
1位 伊坂 
2位 東野 
3位 宮部 
4位 京極 
5位 松本?海堂?赤川

825 :名無しさん@恐縮です:2009/10/06(火) 00:17:15 ID:ySkyCpkk0
夢野久作『ドクラ・マグラ』
中井英夫『虚無への供物』

この二作は良かった。

826 :名無しさん@恐縮です:2009/10/06(火) 00:18:14 ID:ySkyCpkk0
ご免。
『ドクラ・マグラ』→『ドグラ・マグラ』

827 :名無しさん@恐縮です:2009/10/06(火) 00:25:49 ID:vOA0vXEc0
>>823
そんなもん、古典的探偵小説の戒めですから。
「中国人が出てきたらダメ」ってかw
そもそも「警察が犯人」なんて項目は無い。あんたが勝手に作った決まり事だよ。

160 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)