5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【研究】運動能力の遺伝子群解明へ 米国立衛生研究所

1 : ◆CRIME8u.mE @よろしく哀愁φ ★:2010/07/26(月) 07:06:34 ID:???0
運動能力の遺伝子群解明へ=そり犬のDNA解析―米チーム
7月26日4時42分配信 時事通信

米アラスカ州やカナダ北部で盛んな犬ぞりの長距離レースで優秀な
犬の集団は、シベリアンハスキーやアラスカンマラミュートとの交配
が進み、持久力に優れ、寒さに強いタイプの遺伝子群を受け継いで
いる可能性が高いことが分かった。

米国立衛生研究所などの研究チームが26日までにDNAを解析して
ほかのさまざまな品種の犬と比べ、成果を英科学誌BMCジェネティ
クスに発表した。

犬の品種改良は体格の大小や毛の長さ、色など、主に形態に基づいて
おり、従来のDNA解析も形態の違いに関する遺伝子の解明が中心
だった。研究チームは犬の運動能力に関する遺伝子群の解明を目指し
ており、研究成果は人間の医療やスポーツ科学にも役立つと期待される。

短距離レースで速い犬の場合は、猟犬として有名なポインターや
中近東・北アフリカに多い細身のサルーキとの交配が繰り返された
とみられることも判明。そりを自ら進んで引く勤勉な性格は、トルコ
原産で羊などの家畜を守る役割を果たしてきたアナトリアンシェパード
から受け継いでいると推定されるという。

アラスカでそりを引く犬は、19世紀末から20世紀初めのゴールド
ラッシュを支え、1930年代後半からはレース用に繁殖と改良が
続けられてきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100726-00000012-jij-soci

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)