5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やる俺達2炎上目

797 :代打名無し@実況は野球ch板で:2009/09/22(火) 20:16:06 ID:Yw3uSqsIO
本拠地、西武ドームで迎えた楽天戦
中継ぎが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年はCS無理だな」の声
無言で帰り始める選手達の中、中島は独りベンチで泣いていた
日本代表で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト…
それを今の西武で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすればええんや…」中島は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろう中島ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰って筋トレせんとあかんわ(笑)」中島は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、中島はふと気付いた
「あれ…? お客さんやん・・・・?」
ベンチから飛び出した中島が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように「オーオーオー!ライオンズ!」が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする中島の背中に聞き覚えのある声が聞こえてきた
「中島!守備練習だぞ!」声の方に振り返った中島は目を疑った
「わ・・・渡辺監督?頭もフサフサ・・」「ナカジ、何勝手にナベさんを引退させとんのや!」
「清原さん…」中島は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:平野 2番:辻 3番:中島 4番:清原 5番:デストラーデ 6番:鈴木健 7番:秋山 8番:伊東 9番:石毛 投手:渡辺久
暫時、唖然としていた中島だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には希望しか無かった
「か・・勝てるやん!」
GG佐藤からグラブを受け取り、グラウンドへ欽ちゃん走りで走る中島、その目に光る涙は絶望とは無縁のものだった…
翌日、ベンチで冷たくなっている片岡が発見され、大沼と小野寺は病院内で静かに息を引き取った



401 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)